ご覧いただきありがとうございます。
東京 埼玉の学習支援・カウンセリング えむ心理研究室です。

こころの専門家・臨床心理士と教える専門家・プロ家庭教師が、
国語の効果的な勉強方法を考えました。
受験や勉強で悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

今回は、中学受験のための国語の勉強方法についてです。

中学受験のための国語 勉強方法

中学受験の勉強をしている方、
中学受験を目指す小学生さんの保護者の方、

国語に関しては、
漫然と問題集を繰り返している・・・
点数がこれといって伸びない・・・
ということはありませんか。

中学受験の国語は基礎的な部分がしっかりしていればかなりな高得点が取れます。
中学受験において、国語は成績にかなり差が出る科目です。

国語で点が稼げるようにしておけば、
中学受験では非常に強力な武器となるでしょう。


中学受験 国語 勉強方法「漢字を身につける」

中学受験において、漢字のレベルアップは必須です。

ただし、難しい漢字の読み書きを憶える必要性はあまり高くありません。
漢字の、いうなれば「語法」「用法」を身につけましょう。

同音異義語、反意語、熟語の構造、否定語、四字熟語・・・
上記のようなジャンルで漢字を練習しておく必要があります。


中学受験 国語 勉強方法「問題文を音読する」

中学受験の物語文読解および説明文(論説文)読解は、
基礎的な国語力があれば十分、太刀打ちできます。

ただし、問題文をしっかり、誤解することなく読み取れることが前提です。

さらさらっと文を目で追うようにして読んで、
安易に思い込みで答えたところ、バツがついた・・・
というのは良くあるパターンです。

試験本番で誤解によるミスがないよう、
問題文の本文をしっかり読む練習をしておきましょう。

家で問題を解くときは、本文を必ず1回は音読するようにしましょう。

黙読と音読については、使う脳の機能が違う等、
近年、話題になってきていますが、

もっともわかりやすい違いは、そのスピードです。
音読のほうが、イヤでもゆっくり読みますね。

もちろん、声に出してゆっくり読めば理解度が上がる、というわけではありません。

これ、大事です↓

情景や台詞を、余すところなくイメージ(映像)として浮かべてほしいのです。

例えば、
物語文で、ふたりの人物が会話している文章だったら、

そのふたりがどんな場所で、どんな服装で、どんな表情で会話しているのか、

本文から読み取れるすべての情報を、
音読しながら頭の中に映像として、浮かべてください。

また台詞のトーンや声の大小、高低などを、音読に反映するようにしてください。


説明文(論説文)でも同じです。

書かれていることが昆虫のことだったら
その昆虫の細かいことまですべて、読みながら映像として思い浮かべてみてください。
歴史のこと、宇宙のこと、環境のこと・・・テーマがどんなものでも、同様です。

「とりあえず音読すればいいや」というのでは、
まったく効果がありません。

頭の中を遊ばせないこと。
五感で、本文を理解すること。
真剣に、本文を読むこと。

これが、音読のススメです。


***

中学受験の国語 勉強方法 まとめ

その1 漢字を身につけよう
その2 問題文を真剣に音読しよう

***


国語からは少しズレますが、
中学受験にとても大切なことがひとつあります。

それは、メンタルの強化です。

小学6年生はメンタル面の個人差がとても大きい年代です。
お父さんお母さんなら、おわかりになると思います。

思春期的な心性を持ち合わせている子もいれば、
すでにとても大人びた思考をする子もいます。
まだまだ児童期の真っ最中の子もいます。
また、反抗期真っ只中の子もいるでしょう。

この「メンタル面」が、受験に非常に影響します。

影響するというか、

他の中学受験生との差を生み出す

といったほうがフィットしますね。

中学受験は、メンタルとの戦いであるといえます。

高校受験や大学受験もメンタルが大きく影響します。

が、高校受験(中学3年生)や大学受験(高校3年生以上)と比べて、
中学受験は、「自我の成長度合い」によってメンタルの強化が難しいのです。

中学受験生のメンタル強化については
また別記事で書かせていただきますが、

中学受験を目指す方、中学受験を目指すお子さんのお父さんお母さんは、
受験科目や面接だけでなく、
メンタル面についてもぜひ、対策を練るようにご一考いただきたいと思います。


***

受験・勉強・学校などに関するご質問・ご相談は、
えむ心理研究室メールフォーム からお気軽にお送りください。
無料で簡単なアドバイスをいたします。

***



お読みいただきありがとうございます。
「中学受験」「受験のための国語」等について、
ご質問やもっと詳しく知りたいことなどがありましたら
お気軽にえむ心理研究室 メールフォーム よりお寄せください。
無料で簡単なアドバイスをいたします。

……………………………………………………………*☆*……
えむ心理研究室 臨床心理士×プロ家庭教師

HP:http://ameblo.jp/m-freeproject
メール:gt37fsi★yahoo.co.jp(★→@)
お申込・お問合せ:えむ心理研究室 メールフォーム

相談方法:ご自宅訪問 カフェ 電話 スカイプ メール
出張地域:東京 埼玉 練馬 板橋 池袋 新宿 三鷹etc.
……………………………………………………………*☆*……
AD