えむ心理研究室の定期オンライン家族相談についてご案内いたします。

 

 

◆えむ心理研究室のオンライン家族相談は、定期制・短期更新型のオンライン相談です

えむ心理研究室・家庭教師カウンセラーのオンライン家族相談は、Skype(スカイプ)を介して行います。

 

現在、次のようなコースがあります。

 

  • ひきこもり状態のお子さんを支援するための「親御さんコンサルティング」
  • 不登校状態のお子さんを支援するための「親御さんコンサルティング」
  • お子さんのやる気・成績をアップさせるための「親御さんコンサルティング」
  • お子さんへの関わり方を支援するための「親御さんコンサルティング」
  • 親子関係を調整する「親子カウンセリング」
  • 家族関係を調整する「家族カウンセリング」
  • 家族の話し合いをサポートする「家族会議ファシリテート」

 

Skype(スカイプ)とは、パソコンやスマートフォン、タブレット等でビデオ通話(テレビ電話)のできるソフト(アプリ)です。

 

日本全国、もしくは海外、どちらにお住まいでも、専門的な相談やアドバイスが受けられます。

 

Skypeがお使いの機器にない場合はダウンロード・インストールをお願いします。

 

パソコンの場合

携帯(スマホ)の場合

タブレットの場合

 

*Skypeの設定が難しい場合はご一報ください。

パソコン(あるいはスマホ、タブレット)をお持ちで電子メールをお使いであれば使用可能なビデオ通話(テレビ電話)方法にて調整させて頂きます。

 

 

 

◆親子・家族をめぐる「相互作用」に焦点化した専門的なオンライン家族相談です

親子や家族だけではなかなか改善しづらい悩みに対して専門的にアプローチします。

 

精神分析学や家族力動論を専門とする「家庭教師カウンセラー」が、丁寧にお話をうかがって「現状分析」「対応策・改善策」「変化のための実践」の3点を一緒に考えていきます。

 

・現状分析

「現状分析」では、親子関係・家族関係の力動(相互作用)に焦点を当て、まずは「今、お家の中がどんな状況になっているのか」を客観的に分析していきます。

 

また、親子関係・家族関係だけを見ていくのでは不十分であることがわかってきました。

親御さんやお子さん、またそのほかのご家族にとって関わりのある学校・会社・ご近所・親戚関係などを含めた全体的・社会的な力動(相互作用)の詳細をお聞きし、一緒に洞察・分析します。

 

 

・対応策・改善策

現状分析において相互作用の実態がわかると、おのずと「対応策・改善策」が見えてきます。

 

また、しっかり現状分析をすればするほど、今までとは全く異なる対応が必要だと気づくことが多いです。

 

対応策や改善策は考えついたものをいくつか試し、試行錯誤のプロセスを味わうことが大切です。

 

ひとつ、小さなことを変えただけで劇的に改善するおうちもありますし、

改善案をいろいろ試しながら模索し、徐々に良い方向へ向かっていくおうちもあります。

 

 

・変化のための実践

対応策や改善策を実践するには変化を伴います。

膠着状態が長ければ長いほど、変化には苦痛や恐怖が伴いますし、

変化が大きければ大きいほど、付随する不安・心配も大きくなります。

しかし、これらの感情は当然のことです。

 

頭ではわかっているけれどできない…

こうすればいいと思っても難しい…

 

このような新たな悩みも、家族全体がステップアップしている証拠と思って前向きに捉えましょう。

オンライン相談の時間を活用して、不安や心配を解消し「変化のための実践」をしやすくしていきます。

 

 

 

◆えむ心理研究室のオンライン家族相談 コース紹介

えむ心理研究室の家族オンライン相談は、親御さん(ご夫婦・ご家族)のコンサルティングと親子カウンセリング、家族カウンセリングがメインです。

現時点では次のようなコースがあります。

 

 

・親御さんorご家族対象のコンサルティング【お子さんの不登校支援】

不登校状態のお子さんがいらっしゃるご夫婦(もしくは親御さんと祖父母の方、ごきょうだいなど、不登校状態のお子さんのご家族2名様以上)とオンラインで相談させて頂きます。

 

 

・親御さんorご家族対象のコンサルティング【お子さんのひきこもり支援】

ひきこもり状態のお子さんがいらっしゃるご夫婦(もしくは親御さんと祖父母の方、ごきょうだいなど、ひきこもり状態のお子さんのご家族2名様以上)とオンラインで相談させて頂きます。

 

 

・親御さんorご家族対象のコンサルティング【お子さんの成績アップ支援・モチベーションアップ支援】

成績不振・学業不振・やる気がない・モチベーション低下等の状態のお子さんがいらっしゃるご夫婦(もしくは親御さんと祖父母の方、ごきょうだいなど、成績不振・学業不振・やる気がない等の状態のお子さんのご家族2名様以上)とオンラインで相談させて頂きます。

 

 

・親御さんorご家族対象のコンサルティング【お子さんへの関わり方相談】

不適応行動のあるお子さんや関わり方が難しいと感じるお子さんがいらっしゃるご夫婦(もしくは親御さんと祖父母の方、ごきょうだいなど、不適応行動のあるお子さんや関わり方が難しいと感じるお子さんのご家族2名様以上)とオンラインで相談させて頂きます。

 

 

・親子カウンセリング・夫婦カウンセリング・家族カウンセリング

冷静に話し合おうと思ってもついつい感情的になりがちな親子の話し合い・夫婦の話し合い、あるいは家族会議において、ファシリテーターとして携わらせて頂きます。

ご家庭ごとのテーマ(問題・課題)について、その中心者である(と思われる)お子さんもまじえて話し合う際にご活用ください。

 

 

 

◆相談者様を「2名様以上」にさせて頂く理由

えむ心理研究室の定期的なオンライン家族相談では、相談者様側には原則として「2名様以上」参加して頂いています。

 

 

・家族の2名が協力してお互いを客観視し一面的な見解を脱することができる

例えば、親子や家族で起きる問題において、親だけ、あるいは子だけに話を聞いた場合と双方から話を聞いた場合とでは、同じ話を聞いたとしてもかなり話の内容に差があることがあります。

 

同じ話を聞いたときに、親子の話の内容の差が小さいほど、親が見ている視点と子が見ている視点が似通っている、あるいは親が子を(子が親を)理解している、と判断できます。

(その家の相互作用によってはそれ以外のケースもあります。逆に親子の話の差が少ない方が問題・課題となるおうちもあります)

 

同じ話を聞いた時、親と子の話の内容が大きく異なるおうちは、少々病んでいると言えることが多いです。

親も子も自分のことに必死でお互いの立場を理解できないでいることが多く、そのお互いを理解できない期間が続けば続くほど、親子の溝は大きくなってしまうケースが少なくありません。

 

ご夫婦の場合も同じです。上記の親と子を、夫と妻に置き換えてお読み頂ければと思います。

 

 

相談者様を2名以上にすることによって、一面的な見方を避けることができます。

家族力動(家族の相互作用)がより明らかに、見えやすくなってきます。

 

そのために、オンライン家族相談は2名様以上の参加をお願いしております。

 

 

・ご両親がお互いをいたわりながらお子さんと接するのが大事

また、お子さんとの関わりに関しては、ご両親の相互監視…と言ってしまうと齟齬があるかもしれませんが、ご両親がお互いをいたわりながら、お互いにお子さんに対して適切な関わりができているかをチェックする機能が必要です。

 

例えば、「そんなに干渉していないんだけど…」とおっしゃるお母さんはよくおられますが、お父さんにお話を聞くと「いやいや、めちゃめちゃ干渉してるじゃん」というお話にもなります。

 

この例の場合、本来ならここで、ご夫婦でお子さんとの関わりについて和やかに相談していければ良いのですがいろんな事情・感情が重なってむしろ夫婦仲が良くなくなってしまう…という悪循環にハマるおうちが少なくありません。

 

そのせいで、余計にお母さんはお父さん(夫)を無視してお子さんに干渉しがちになるし、お父さんはないがしろにされた感によってさらに母子の関わりから逃げ出したくなってしまいます。

 

ぜひ、ご両親(ご夫婦)で、オンライン家族相談を活用してください。

夫婦の絆も深まります。

 

夫婦の絆が深まるとお子さんの不適応行動は改善します。

お子さんのためにも、ご両親、ご夫婦で、がんばっていきましょう。

 

 

 

◆オンライン相談の期間

オンライン相談は基本的には3ヶ月を1クールとさせていただきます。

3ヶ月で到達できそうな目標を初回面談~2回目の面談にて相談のうえ設定し、3ヶ月で一旦終結とします。

終結が近くなりましたら、相談のうえ、4ヶ月目以降の更新も可能です。

 

1ヶ月ごとにご入金頂きますので1ヶ月あるいは2ヶ月で終結することが可能です。

(1ヶ月〜2ヶ月で終了された場合は、後述する【無料フォローアップ面接サービス】の対象外となります。ご了承ください)

 

・オンライン相談のコース変更

コース(相談頻度)の変更は同月内ではお受けできません。  翌月のご入金までにお申し出頂ければ、翌月からコース変更(相談の頻度の変更)が可能です。

 

・オンライン相談のキャンセル(途中退会)

月途中での面接継続キャンセル(月途中での退会)は原則お受けできませんが、ご事情によっては相談のうえ承ります。

その際の残金はご指定の口座に返金致します。

振込手数料を含めた事務手数料1000円を月額の残金から引いた額を振込致します。すでに消化した面談の分は返金できません。ご了承ください。

 

・次回面談のキャンセル・予約日時変更

日時変更のご連絡はできるだけ速やかにくださいますようお願い申し上げます。

 

次回の予約日時を決めたけれどもお仕事や体調不良等で急に都合がつかなくなり日時変更をしたい場合、

予約日時の48時間前までにご連絡を頂ければキャンセル料は発生しません。

予約日時まで48時間を切ってからのキャンセルおよび予約日時変更は、3000円のキャンセル料が発生致します。

 

【月に4回コース】および【月に8回コース】の方は、月に1度まででしたら予約日時まで48時間以内のキャンセル・予約日時変更でもキャンセル料は発生しません。

 

キャンセル料は翌月の御代と合わせて当月末までにお振込ください。

当月で3ヶ月目で更新の予定がない場合はお手数ですがキャンセル料のみ当月末までにお振込みください。

 

・遅刻について

予約日時から20分を過ぎてもご連絡を頂けない場合は当日キャンセル扱いとさせて頂きます。

 

遅刻につきましては10分程度でしたら都合致しますが、家族相談ですのでお一人様だけお遅れになる場合はすでに準備できておられる相談者様との面談を始めさせて頂きます。

例えば夫婦でカウンセリングをされている場合でご主人がどうしても予約時刻に間に合わないけれども奥様が準備できているといった場合には、先に奥様との面談を開始させて頂きご主人に合流して頂く・・・等です。

 

ご状況・ご事情にもよりますので相談参加者様の遅刻時の対応についてはご家族毎に相談させて頂くことが可能です。

 

 

 

◆オンライン相談の料金

初回相談…50~60分:5000円

 

初回相談以降のオンライン相談料金はいずれも月額です。

頻度によって以下の3タイプに分かれます。

 

 

・月に2回…29000円/1ヶ月

2週間に1回のペースで相談を行います。

現状分析で一旦終結するケースと、対応策・改善策の気づきまでたどり着くケースが多いです。

あせらず現状分析をしたいご家庭、ちょっとずつ進みたいご家庭にオススメです。

 

・月に4回…49800円/1ヶ月

1週間に1回のペースで相談を行います。

現状分析から複数の対応策・改善策を見出すケースと、対応策をひとつふたつ実践し様子を見るまで到達するケースが多いです。

しっかり現状分析したいご家庭、じっくりと確実に変化させていきたいご家庭にオススメです。

 

・月に8回…96000円/1ヶ月

1週間に2回のペースで相談を行います。

詳細な現状分析からいくつかの対応策・改善策を見出し、変化のための実践をいくつも試し効果を実感できるケースが多いです。

膠着状態の長かったご家庭、洞察や分析に向いておりかつそれらに抵抗の少ないご家庭、さまざまな変化を家族で受け止め乗り越えていける覚悟のある方がひとりでもいらっしゃるご家庭にオススメです。

 

 

*カウンセラーが各ご家庭に集中して関わらせて頂くために、新規のご家庭の相談申し込みは毎月3件までとさせていただいております。

 

*相談中のご家庭の頻度や更新状況にもよりますが、初回面談後、1~6ヶ月お待ち頂くことがございます。ご了承くださいませ。

 

*相談時間は基本的には1回50分〜60分です。

 

*月に1〜2回、相談に加えて家族心理査定や家族描画療法、マンツーマン面接等、ご家庭毎に効果があると思われるオプションを組み込ませて頂きます。

その場合は1時間半〜2時間半ほどお時間がかかります。

 

*1クール(3ヶ月)終了された場合、2週間後〜1ヶ月後に1回【無料フォローアップ面接】(「その後いかがですか」的な振り返り面接:45分程度)を受けて頂けます。

 

*初回面談の料金はお申し込みフォームおよびメールのやりとりでご予約日時が決定次第、お知らせする入金先へお振込みください。

 

*定期面談の開始後、2ヶ月目3ヶ月目に関しましては、月末までに次の月の月額料金をご入金ください。

 

*恐れ入りますが振込手数料はご負担頂きますようお願い申し上げます。

 

 

 

◆各種機関との連携

医療機関、行政など各種機関とは可能な限り連携させて頂きます。

また、こちらから各種機関との連携を提案することがございます。

特に、以下の場合はオンライン相談だけでは改善が難しいことが多いですので適切な機関への訪問を提案させて頂きます。

 

・不登校やひきこもりが長期に及んでいる場合

・発達の特性が疑われる場合

・虐待やDVがある場合

 

*特に、虐待やDVに関してはお住いの地域との連携が欠かせません。ご了承ください。

 

 

 

◆オンライン相談を適用できないご家庭

次のようなご家庭にはオンライン相談はむしろ逆効果となる可能性がございますので相談をお引き受けしかねることがあります。あるいは即時中断をさせて頂くことがございます。ご了承ください。

 

・症状・心理状態などからオンライン相談の適用が難しいと判断される場合

・オンラインでは受け止めるのが難しい症状や課題がある場合

・お時間を守っていただけない場合

・予約時間以外にメール、電話、スカイプ等をされる場合

・現実検討力の低下や良識の欠如がうかがえる場合

・心療内科・神経科・精神科等へ通院中でオンライン相談について主治医の許可が得られていない場合

・各種機関との連携について共通理解が得られない場合

・カウンセリング・コンサルティングの進め方について共通理解が得られない場合

・激情に任せて大きな声や物音を出される場合

 

 

*****

 


ご覧頂きありがとうございます。


オンライン家族相談をご希望の方は えむ心理研究室 メールフォーム からお申込みください。

 

 

 

……………………………………………………………*☆*……
えむ心理研究室 臨床心理士×プロ家庭教師

HP:http://ameblo.jp/m-freeproject
メール:gt37fsi★yahoo.co.jp(★→@)

お申込み・お問合せ:えむ心理研究室 メールフォーム

相談方法:ご自宅訪問 カフェ スカイプ等
出張地域:東京 埼玉 練馬 板橋 池袋 新宿 三鷹etc.
……………………………………………………………*☆*……

2018/2/20 更新

 

AD
 

えむ心理研究室の学習支援とカウンセリングにおけるお約束および注意事項です。
 
生徒さんや保護者の方と家庭教師カウンセラーがお互い和やかな雰囲気の中で勉強や相談をするための、また、生徒さんの心身の健康とやる気アップにつながる専門性の高い指導レベルを維持するための、大事なお約束と注意事項になります。
 
学習支援やカウンセリングを検討中の方はお手数ですが下記をご確認くださいませ。
 

 
**********
 

【料金の目安と割引制度】

家庭教師カウンセラーの御代の目安および割引制度の詳細は料金システムのページにてご案内しております。
ご確認くださいませ。
 
 
 

【予約について】

予約は先着順に受け付けています。
お申込みタイミングによってはご希望日時が埋まってしまっていることがございます。
 
特に初回面接につきましては、お手数ですがお申込みの際は第3希望くらいまで(こちらからお知らせした予約可能日時以外でも構いません)お教えいただけるとご予約お取りしやすいです。
 
現在大変予約が混み合っております。
特に土日や平日夕方以降をご希望の方は1~2ヶ月以上、初回面接をお待ちいただく可能性がございます。
どうぞご了承くださいませ。
 
 
 

【当日連絡用の電話番号】

予約日時が決まりましたら電話番号をお伝えします。

当日、面接場所に到着されましたらご連絡ください。
予約時間の前後15分を含め、お電話お受けできます。
 
恐縮ながら予約時間の5~10分前までは移動中のこともございます。
もし電話に出なかった場合はお手数ですが少し時間を置いておかけ直しくださいますようお願い申し上げます。
 
例)予約時間が 9:00~10:00 の場合、 8:45~10:15 まで電話連絡可能です。

※面接予約時間以外は電話をおかけにならないようにお願い申し上げます。
予約時間外の連絡は必ずメールをお使いください。


 

【電話相談について】

電話は遠隔で会話ができるツールということで便利ではありますが、その便利さと顔の見えなさというものが時に相談者様とカウンセラーの相互理解を妨げる要因になります。
 
また、電話はどうしても「通話相手と話す」という心理作用が強すぎるため、相談者様に「自分で自分(や自分に関すること)の問題を解決する」という自己意識を育ちづらくする要因にもなります。

当研究室は電話相談について検討を重ねた結果、
親御さん・お子さんともに電話相談は基本的には1回、45〜50分のみで終了とさせて頂きます。
相談内容・相談頻度によってはその限りではございません。
まずはお申込み時に詳細をご相談ください。
 
 

【スカイプ相談について】

予約日時が決まり次第IDをお知らせします。
予約時間になりましたらIDをコールしてください。

スカイプ相談も、生徒さんの性格やより良い授業の進め方を考えた際、状況によっては3〜4回に1回程度直接対面での授業・相談の機会を作って頂くようお願いすることがございます。 
 
ご遠方にお住いの方には大変恐れ入りますが、何卒ご了承くださいませ。
 
 
※ 現在次のような相談においては定期的なオンライン相談(スカイプを用いたビデオ通話相談)を行っております。
  • 親御さんコンサルティング
  • 不登校支援
  • ひきこもり支援
  • やる気アップ支援
  • 成績アップ支援
  • お子さんとの関わり方相談
  • 進路・受験等の教育相談
  • お子さんの学校生活改善
  • お子さんのおうちでの生活改善
  • 親子カウンセリング
  • 受験の悩み(受験ノイローゼ等)改善
  • 難関校専門メンタルコーチング
 
こちらのページ↓もご覧ください。
家庭教師カウンセラーの定期オンライン相談に関するご案内
 
 
 

【電話・スカイプ面接の入金先】

電話相談およびスカイプ相談の御代は、振込みにてお願い申し上げます。

メールで、もしくは相談時に予約日時決定後、3日以内に以下のいずれかにお振込みください。
予約日時までにお振込みが確認できない場合は申し訳ありませんがキャンセル扱いとなります。ご了承ください。

「定期オンライン相談」をお申込みの方は月額制になりますので前月末までに翌月分の御代をご入金ください。


<銀行の場合>
ゆうちょ銀行 〇三八(ゼロサンハチ)支店 普通 8260674 イシワリ ミナコ

<ゆうちょの場合>
記号 10300 番号 82606741 イシワリ ミナコ

※ 入金頂く前に必ず振込人様のお名前をお知らせくださいませ。

 
◆ 入金後のキャンセル・予約日時変更
(後述する【予約のキャンセル】の項目も合わせてご覧ください)
 
入金後の予約キャンセルと予約日時変更は予約日時の48時間前まで可能です。
キャンセルの場合は手数料1000円を引いた額を返金致します。
メールにて返金先口座情報をお知らせください。
 
予約日時まで48時間を切ってからのキャンセルおよび予約日時変更はキャンセル料3000円がかかります。
キャンセルの場合は3000円+手数料1000円を引いた額を返金いたします。
 
定期オンライン相談の方の予約日時変更は月に1回まででしたらキャンセル料は発生しません。
月に2回目以降の予約日時変更は、予約日時まで48時間を切った場合キャンセル料(3000円)がかかります。
翌月分のご入金時にキャンセル料を合わせてお振込みください。


 

【予約のキャンセル】

予約をキャンセルする場合、もしくは予約日時を変更する場合は出来るだけ速やかにメールにてご連絡くださいませ。
キャンセル料につきましては以下の通りです。

◆初回面接のキャンセル:
特にキャンセル料はかかりませんが、
初回面接予約日時の前日・当日にキャンセルをされ、再度ご予約をお取りいただく場合、
初回割引料金は適用できなくなり、通常料金での面接となります。

◆継続時のキャンセル:
学習支援がメインの場合は、キャンセルや予約日時変更は月に1回まででしたらキャンセル料は頂戴しません。
また、予約日時の48時間前までにご連絡いただければキャンセル料は発生しません。
予約日時まで48時間を切ってからのキャンセルや予約日時変更が同月2回め以降は、1回につき3000円のキャンセル料がかかります。
変更の場合は出来るだけ早めにご連絡くださいませ。
授業や相談に関する抵抗などの心理状態が関係している場合は、キャンセルや日時変更については別途相談の上決めさせていただきます。

カウンセリングやコーチングがメインの場合は、
予約日時まで48時間を切ってからのキャンセルや予約日時変更はキャンセル料3000円が発生いたします。
予約日時変更は、予約時間の48時間前までにご連絡いただければキャンセル料は発生しません。

※ 直接対面授業・直接対面相談をしている方で、インフルエンザやノロウィルスなど感染性の症状がある場合は上記の限りではありません。
無理せず授業前にご連絡ください。

恐れ入りますが何卒ご了承くださいませ。
また、ご連絡いただけず無断キャンセルとなった場合は、
授業や相談の継続が不可能になることがございますのでご注意くださいませ。


 

【遅刻について】

カフェ等で待ち合わせての面接の場合、出来るだけお時間守っていただければ幸いですが、
交通機関の遅延などによる10分程度の遅刻でしたら可能な限り都合致します。
10分を過ぎますと、都合させていただくのが難しくなります。

遅刻による割引制度は設けておりません。
例えば、料金が1時間7200円の方で予約が10:00〜11:00の場合、
20分の遅刻により面接時間が10:20〜11:00となった場合も7200円の料金がかかります。

交通機関の遅延以外の自己都合の遅刻や頻繁な遅刻がある場合は上記の限りではありません。都度相談させていただきます。

予約時間から20分間はお約束した場所にてお待ちしますが20分を過ぎてもご連絡がない場合、当日キャンセル扱いとさせていただきます。
遅刻される場合は出来るだけ速やかにご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。


 

【ご住所のお取り扱い】

継続してカウンセリングやコーチングを受けてくださる方には、ご住所をお教えいただいています。
当研究室の確定申告の際にのみ使用します。
ご住所のすべてをお教えいただく必要はありません。
例えば、
板橋区板橋1-2-3 Mマンション101号室
の場合は、お教えいただくのは
板橋区板橋1-2-3
もしくは
板橋区板橋1-2 Mマンション
くらいまでで構いません。
 
当研究室からお手紙の類をお送りすることはありません。
個人情報はかたくお守りします。


 

【訪問カウンセリング・訪問学習支援について】

高校生以上の男性の方、医療機関に通院中の方、長期の不登校・ひきこもりの方等の場合、基本的にはご自宅訪問でのカウンセリングおよび学習支援はさせて頂いておりません。
カフェorファミレス、公園等、面接場所をこちらから提案させて頂きます。
訪問支援の内容によってはこの限りではありません。まずはご相談ください。


 

【営業時間と休業日について】

平日・土日祝日、いずれも営業時間は8:00~23:00です。
面接場所や相談内容、前後の予約状況によって時間を限定させていただくことがあります。

当研究室は不定休となっております。
学会・研修・研究などで2~3週間程度お休みさせていただくことがあります。ご了承ください。


 

【カウンセリングおよび学習支援の終結について】

長期の調査研究などによりカウンセリングおよび学習支援を当方の事情で終結する場合は2週間~1か月前までにお知らせし、当方の知りうる限りの適切な機関へご案内いたします。
紹介状の発行はおこなっておりません。何卒ご了承ください。


 

【学習支援および心理相談の継続について】

以下のいずれかの項目に当てはまる場合は、
家庭教師(カウンセラー)と生徒様およびご家族の心理的信頼関係の構築が妨げられる可能性、
また、生徒様およびご家族の心身の安全にリスクがおよぶ可能性がありますため、
当方では学習支援や心理相談をさせていただけないことがございます。
また、学習支援や心理相談開始後に以下のようなことが発現した場合、
当方でのサポートは難しくなりますので面接を中断し他機関へご案内することがございます。
(他機関への紹介状の発行はおこなっておりません)
何卒ご了承ください。
 
  • 症状等から心理カウンセリングや心理面を考慮した学習支援の適用が難しいと判断される場合
  • 専門的な危機介入が必要な問題(虐待等)が現在進行形であり、当事者に心身の加害・被害を自覚していただけない場合
  • 授業・カウンセリング・コーチングの進め方等に関する共通理解および相談が困難な場合
  • 未成年の方および学生の方が保護者の方の許可を得ていない場合
  • 未成年の方・学生の方で初回面接に保護者の方が同伴頂けない場合(大学生のみ保護者の方がご遠方にお住まいでお越し頂けない場合は場合は初回面接時にお電話にてご挨拶させて頂くことで面談可能とします)
  • 20歳以上で心因性の症状や長期の心身の不調がある方で、学習支援やカウンセリングについて保護者もしくは配偶者の同意の得られない場合
  • お子さんの学習支援や心理相談について保護者の方と相談しながら進めることが困難な場合
  • お子さんの学習支援や心理相談、および家族カウンセリングについてご両親それぞれの意見が大きく異なり協力体制を築いていくのが困難な場合(現時点では困難だけれどもお互いの意見を尊重したりすり合わせたりしながら協力していこうとするお気持ちがある場合を除きます)

  • 学習支援や心理相談の適用について医療機関の診断・加療や適切な諸機関との連携が必要と思われる際に心療内科・神経科・精神科の受診・通院や諸機関との継続的な連絡をして頂けない場合
  • お時間を守っていただけない場合
  • 予約時間以外に電話やスカイプコールをされる場合
  • 予約日時の調整以外にメールをされる場合
  • 現実検討力の低下や良識の欠如がうかがえる場合
  • 心療内科・精神科等へ通院中で心理相談について主治医の許可が得られていない場合
 ※医療機関・学校等とは必要に応じて連携して学習支援および心理相談いたします
 
 

 
以上、ご確認いただきましてありがとうございました。
 
安心安全な学習支援と心理相談のために、何卒ご理解とご協力の程、よろしくお願い申し上げます。
 
 
 
……………………………………………………………*☆*……
えむ心理研究室 臨床心理士×プロ家庭教師

HP:http://ameblo.jp/m-freeproject
メール:gt37fsi★yahoo.co.jp(★→@)

お申込み・お問合せ:えむ心理研究室 メールフォーム

相談方法:ご自宅訪問 カフェ 電話 スカイプ
出張地域:東京 埼玉 練馬 板橋 池袋 新宿 三鷹etc.
……………………………………………………………*☆*……

2018/1/4 更新

AD

こんにちは。

プロ家庭教師による学習支援+臨床心理士による専門的な心理カウンセリングの えむ心理研究室です。

 


ご覧いただきありがとうございます。
 

今回は、面接でよく訊かれる「長所と短所」についての記事です。



   はっきりハキハキ、自信を持って!

 

 

長所と短所:まずは自己分析

 


「あなたの長所と短所を教えてください」

 

と面接官から訊かれた時、

頭が真っ白にならないために、準備をしておきましょう。


まずは自己分析です。

自分の性格や性質を、分析していきます。

 


「長所」と「短所」に分けて考える必要はありません。

 

面接用の「長所と短所」の知り方を、お伝えします。

 

 

 

「長所」だけ、メモに書く

 


ペンとメモ用紙を用意してください。


「ここは自分の長所だ」と思える性質を、メモに書き出してください。


次の手順のことも考えて、

横書きで、縦一列に、書いていくと良いと思います。



例えば、こんな感じです↓

 優しい

 器用

 面倒見が良い
 

 

いくつでもいいですが、

3つ~5つで十分だと思います。


最初のほうで思いつくもののほうが、

「長所」だと自覚している度合いが強いからです。


自覚している度合いが強いもののほうが、

面接でも言いやすいですものね。


 

 

 

「長所」の「短所バージョン」を、横に書き出す

 


次に、

書き出した長所の「短所バージョン」を、長所の横に書いていきましょう。


さっきあなたが書き出した「長所」は、

時と場合によっては、短所にもなりますよね。


視点を変えて、長所を眺めてください。


その「長所」が、極端になってしまった場合の考えると良いと思います。


あなたの長所が、極端になってしまったとき、

どんなデメリットがうまれるでしょうか。


例えば、


「私の長所は『ひとつのことをやり遂げられるところ』です」


という人がいたとします。


本当にすばらしい長所だと思います。

でももし、その長所が極端になってしまって、

「ひとつのことしかやり遂げられない人」だとしたら、どうでしょう。


そうすると、

「2つ以上のことを並行して器用にこなすこと」や、

「他のことが目に入らなくなってしまう傾向」が、

あらわれるかもしれませんよね。


「ひとつのことをやり遂げられるところ」

の短所バージョンは、


「2つ以上のことを並行して器用にこなすこと」や、

「他のことが目に入らなくなってしまう傾向」


だと言えます。



このように、

長所 の 短所バージョン を考えてみてください。


それが、あなたの

「面接の時に言うべき『短所』」

になります。


 

 

面接での「長所と短所」のこたえ方

 


面接で「あなたの長所と短所を教えてください」と言われたら、

ここまで作ってきたリストをそのまま言えば大丈夫です。


例えば、先ほどの例でいえば、



面接官:あなたの長所と短所を教えてください


あなた:はい。

私の長所は、「自分で決めたことを最後までやり遂げられるところ」です。

「2つ以上のことを並行して器用にこなすこと」は、少し苦手なところがありますので、

そこは短所だと思います。



というふうになります。


こうすると、


自分にとって悪いことや不利なことをほとんど言わずに、

面接官に、長所と短所を伝えることができます。

 

 

 

 

さらに自己分析を深めたい人は・・・

 


「もっと緻密な自己分析をしたい」

「この機会にもっと自分を知りたい」

そんなふうに思われる方もいらっしゃると思います。



さらなる自己分析を希望する方は、次のようなステップを踏むと良いでしょう。


①長所と短所をメモに書き出す

まず、さきほどの、長所を書いたメモに、

短所もプラスして書いてみましょう。


②「長所」「短所」と感じた理由やエピソードを書く

そして、あなたが「長所」「短所」と感じた性質が、

どんな理由から、「ここは長所だ」「ここは短所だ」と感じられたのか、

エピソードや理由を明記してみましょう。


例えば、


<長所>

優しい

 ・・・困っている人を見ると放っておけないから

   人に対して声を荒げて怒ったことがないから


といったふうに、です。


③家族や友だちにメモを見せる

家族や親しい友だちは、

あなたの気持ちを尊重しながらも客観的にあなたの行動を見てくれるはずです。


長所と短所を書いたメモを家族や友だちに見せて、

意見を求めましょう。

いろんな意見をもらえると思います。


「『自己主張できる』って言っても、お母さんの言うことに全部反発してるだけじゃないの」

「『勤勉』って書いてあるけど、ちょっと頭がカタいとこもあるよね」


など、厳しい意見ももらうかもしれません。


むっとすることも、ショックを受けることもあると思いますが、

相手は、せっかく意見を言ってくれたのです。


ケンカはせずに、感謝して受け止めていくと良いでしょう。


「自分を深く見つめるためだ」と思って、客観的に意見を聞いていくことが大切です。


 

 

 

「長所と短所」の自己分析がイマイチうまくいかない人へ

 


長所と短所の自己分析は、

自己分析に慣れた人でも、なかなか難しいものです。


人の「性格」や「性質」を測ったり記述したりするときの、

確固たる「基準」がないからです。


あなたが「自分には心優しい面がある」と思っていても、

他の人からしたら「自分に甘い」とか「優柔不断」と感じられる場合もあります。


人によって感じ方はいろいろです。


そして、人の性格や性質は、経験や環境によって変化していくものです。


本当は、定期的に何度も自己分析するのが理想的です。


長所と短所の自己分析には難しい面もありますが、

あきらめずに、自分を見つめる作業に取り組んでみてください。


きっと、もっと自分を知ることが出来ます。

そして、勉強や仕事に活かすことができます。


試験の面接がうまくいくように、祈っています^^

 

 

 

◆◆◆

えむ心理研究室の家庭教師カウンセラーは

マンツーマンの面接指導を承ります。

 

受験・就活の面接に自信が持てない方、

練習したけれどどうにも不安になる方、

これまでの受験や就活で「面接で失敗してきたorz」と感じている方、

本番に弱いなぁと感じている方、

あがり症・人見知りだと感じている方、

 

家庭教師カウンセラーと一緒なら、

面接の予行演習を納得いくまで繰り返し練習することができます。

 

和やかな心理相談を通して、

面接対策だけでなくより根本的な性格改善・コミュニケーションパターン改善も可能です。

 

家庭教師カウンセラーとの「面接対策」「性格改善」「コミュニケーションパターン改善」を検討中の方は えむ心理研究室 メールフォーム よりご連絡くださいませ。

◆◆◆


 

……………………………………………………………*☆*……
えむ心理研究室 臨床心理士×プロ家庭教師

HP:http://ameblo.jp/m-freeproject
メール:gt37fsi★yahoo.co.jp(★→@)

お申込み・お問合せ:えむ心理研究室 メールフォーム

相談方法:ご自宅訪問 カフェ 電話 スカイプ
出張地域:東京 埼玉 練馬 板橋 池袋 新宿 三鷹etc.
……………………………………………………………*☆*……
加筆修正の上、記事を更新しました 2017/8/25
AD

 

東京 埼玉 プロ家庭教師の学習支援×臨床心理士のカウンセリング

えむ心理研究室「家庭教師カウンセラー」です。

ご覧いただきありがとうございます。

 

受験生さん! 夏休み、どう過ごす?!

夏休みはライバルに差をつける時期!
受験生としてはうかうかしていられません。

しかし、夏は蒸し暑く、冷房との温度差で体もだるくなりがち。
また夏休みは「長期休暇」なのでついつい「まだ大丈夫」と気が緩みやすいです。

 

 

つまり、夏休みは・・・

 

 

「受験勉強にやる気が出ない」

 

とか

 

「受験勉強に集中できない」

 

といったネガティブな気持ちを、

 

「暑いから」

「だるいから」

「まだまだ受験序盤だから」

 

・・・という理由(勉強したくない言い訳?!)で正当化しやすい時期なのです。

 

 

危険ですね!


受験生さんの夏休みのやる気や集中力の低下を防ぎ、むしろモチベーションと勉強への集中をアップさせるためにはどうしたら良いでしょうか。

 


『「受験勉強にやる気が出ない」&「勉強に集中できない」時の対処法【夏休み編】』をご紹介します。


今回の『「受験勉強にやる気が出ない」&「勉強に集中できない」時の対処法【夏休み編】』は次のような方に参考にして頂けると思います。



【受験生さんの場合】

  • やる気度は70パーセントくらいあると思っている受験生さん
  • 自分は結構やる気あると思っている受験生さん
  • 今もそれなりに集中しているけれどももっと集中度を上げたい受験生さん
  • 夏休みでグッと成績を上げたい受験生さん
  • 夏休み中(もしくは休み明け直後)の模試で志望校の合格圏内に入りたい受験生さん


【親御さんの場合】

  • 受験生のお子さんが夏休みをどう過ごしたら良いか知りたい親御さん
  • 夏休みの勉強方法をおさえておきたい親御さん
  • 夏休みにお子さんがダレてしまうのではないかと心配な親御さん
  • 長期休暇になると気の緩みがちなお子さんを持つ親御さん




◆◆◆ 目次 ◆◆◆
「受験勉強にやる気が出ない」&「勉強に集中できない」時の対処法【夏休み編】
その1 スマホを手元に置かない
その2 勉強と休憩をハッキリ区切る
その3 昼夜逆転するなら意志を貫く
その4 すぐ見える場所に目標や煽りを書いた紙を貼る

青空

 

「受験勉強にやる気が出ない」&「勉強に集中できない」時の対処法【夏休み編】
 その1 スマホを手元に置かない


受験勉強にやる気を出して集中するにはどうしたら良いか。

まずは、勉強へのやる気を削ぎ集中を妨げるものを身の回りから排除していくことです。


えむ心理研究室では
これまでもたくさんの受験生さんのお手伝いをしてきていますが、
受験生さんの勉強への集中を妨げるものワースト1は、

やはり!……スマホです。


では、スマホの誘惑から逃れるにはどうしたら良いか・・・ 答えはひとつ。

 

 

◆机の上にスマホを置かない

「勉強するぞ!」と気合を入れたら
机の上にスマホは置かないこと。
 

勉強がそれなりに出来てやる気もそれなりにある受験生さんの場合、 この約束を守れるなら、その効果は学力・やる気の維持や伸びに如実にあらわれます。

 

 

◆中学生は受験中はスマホを持たない決断をするか、親御さんに預かってもらおう

中学生さんなら、お父さんお母さんに預かってもらうのが一番いいです。
少なくとも、勉強中は。


というか、中学のうちは自分のスマホなんて持たないのが一番です!
説明させて頂くとなると長くなるのでこれはまた別の記事で書きますが・・・

 

 

中学生でのスマホに関するトラブル、ものすごく増えています。
当研究室にも親御さん・お子さんからのスマホに関する相談、毎日のようにあります。
 
学校でネットリテラシーやスマホリテラシーを教える前にスマホの普及が速かったのが要因のひとつではありますが、
とにかく「周りがみんな持ってるから」と言って流されない!強い気持ちを持つのが一番です。

 

◆高校生は、スマホは別室に置こう

高校生さんなら、
少なくとも電源を切って
鳴らない状態にし、
勉強机から見えない場所に置く。

もしそれでも勉強中にスマホに手が伸びてしまうようなら
「何やってんだ自分は!」という自戒を込めて
別室に置きましょう。


親御さんに預かってもらっても良いです。
 
けれども、その際は
高校生にもなって親にスマホを預けるくらい強制的にスマホから離れないと受験勉強に集中できない・・・というのは「スマホ依存」であることを認識しましょう。

 

◆受験生に、スマホは百害あって一利なし

とにかく、学校でも塾でも予備校でも家庭教師でもだいたい言うことは同じだと思います。
 
 
「勉強するなら、スマホはやめとけ。」
 

脳トレの川島先生もおっしゃってます。
 

 

 

 

 

海外の研究者さんも、デジタル機器に触れ過ぎると認知障害が起こる可能性を指摘しています。

 

 

 

 

 

 
スマホをし過ぎるから勉強時間がなくなる、
だからスマホをしてはいけない・・・というだけではないんです。
 
 
スマホは知らないうちに脳を疲れさせ受動的な状態にしてしまいます。
快楽物質も分泌されてしまうようで、
ついついスマホを見てしまう。依存状態になってしまうのですね。
 
 
小さい画面で動画をじっと見ると、目や脳をすごく集中させ疲れさせます。
その集中は、勉強するときに使いましょう。
視力が落ちたり脳が疲れたりしてしまうと、勉強もしづらくなります。
 
 
また、
中高生が良く使うSNSには膨大な量の情報があります。
それらを取捨選択するなど処理するために使う脳の働き。
勉強に使う分に回したほうが良いのでは・・・?
 
 
スマホを机の上に置いておくと、
受信音や通知音が鳴るたびにそちらに気を取られ
せっかくの勉強への集中がリセットされてしまいます。
 
 
スマホのしすぎは依存症にもなりかねません。
 
 

◆受験生なら「スマホがないと不安」じゃなく「勉強してないと不安」が自然

冷静に考えてみてください。
 
受験生なら、
「スマホがないと不安」
ではなく、
「勉強してないと不安」
という気持ちになるのが自然だと思います。
 

意思を強く持って、勉強するときくらいはスマホから距離を取ってください。

 

 

 

「受験勉強にやる気が出ない」&「勉強に集中できない」時の対処法【夏休み編】
 その2 勉強と休憩をハッキリ区切る


受験生さんのうち、体力も精神力もやる気もある人にとっては、夏休みはガーッと長時間勉強する良い機会です。

しかし、夏休み明けにガタッと来ないという保証はありません。

↑二重否定文だったのでちょっとわかりづらくなってしまいましたが、
毎日7時間以上ぶっつづけで勉強していたら
どんなに体力・精神力・やる気がある人でも
何かの拍子にいきなりひどい疲労状態になることもあります。

そうしたら、スケジュール通りに勉強が進められないかもしれません。


ですので、できれば、勉強と休憩をはっきりさせて、

勉強するときは超集中して勉強する!
息抜きするときはゆっくりリフレッシュする!


・・・というメリハリをつけるのが良いと思います。

特に、いつもより時間を自由に使える夏休みこそ、メリハリを上手につけて心身の健康とモチベーションの維持および強化をはかりましょう。

 

 

 

「受験勉強にやる気が出ない」&「勉強に集中できない」時の対処法【夏休み編】
 その3 昼夜逆転するなら意志を貫く


ときどき質問されるのですが、
 
「夜型なのですが、勉強のために昼夜逆転しちゃうのってまずいですか?」
 
という点についてご説明します。


夏休みは昼夜逆転しやすいですよね。

 
前項でも申し上げたとおり、
いつもより時間を自由に使えるからです。

 
夜の方がやる気が出るし集中もしやすいという人は
(そのように思い込んでいる人も含め)
どうしても昼夜逆転型の生活になってしまうこともあるでしょう。


えむ心理研究室では、
昼夜逆転は絶対やめたほうがいい・・・とは申しません。

むしろ、
夜のほうが勉強しやすいのに・・・と不満を抱えたまま受験勉強に取り組むよりは
思い切って夜型にして、成績アップを目指すほうが良いケースもあります。

 

◆意志を貫けるなら昼夜逆転OK

夜は勉強にやる気が出て集中しやすいかもしれませんが、
みんなが寝静まり、誘惑も多い時間。

ちゃんと、勉強できていますか。

ついつい、youtubeとかwebマンガとか、読みふけっちゃったり、していませんか。


初志貫徹できる人だけが昼夜逆転を許されます。

 

◆昼夜逆転のリスクを把握して

昼夜逆転したい人は模試をしっかり受けて
昼夜逆転は、リスクがあります。

特に、完全昼夜逆転で勉強する人は、塾や予備校にも行かないということですよね。
つまり、自分を客観視する機会が減ります。

 

◆昼夜逆転するなら模試をたくさん受けて客観視を

昼夜逆転したい人は、
他の人より模試をたくさん受けましょう。

夏休み中に3回は受けたほうが良いでしょう。


そして、
一度でも「寝坊して模試にいけなかった」なんてことがあれば、
昼夜逆転生活はやめましょう。
基本的な生活習慣の中でしっかり勉強しましょう。
 
もちろん、成績が落ちてしまった場合も生活リズムの見直しは必須です。

 

◆中学生は基本、昼夜逆転NG

中学生には基本、昼夜逆転はおすすめしません。

ここまでのお話は、高校生さんと浪人生さんに向けてのお話でした。

 
中学生さんは、基本、昼夜逆転はやめたほうが良いです。


生活リズムを崩すと、身体の成長に良くありません。
背が伸びなくなったり、体重や体力に悪影響が出たりする可能性もあります。


思春期真っ只中ですから、身体のことは勉強以上に気になる人も多いでしょう。


結果、勉強以外のことに意識が向いてしまって受験どころではなくなってしまうこともあります。


中学生さんは、
夏休みも、
朝起きて適度に運動しちゃんをごはんを食べしっかり勉強し夜は寝る・・・
この、基本的な生活を送ってください。
 
それが、受験のため、ひいては心身の健康のためです。

 

 

 

「受験勉強にやる気が出ない」&「勉強に集中できない」時の対処法【夏休み編】
 その4 目標や煽りを書いた紙を貼る

勉強している場所からすぐ見えるところに、何か張り紙をしていますか。

勉強机から顔をあげると、すぐ見える場所に
「目標」や「煽り(あおり)」を書いた紙を貼っておくこと。
超おススメです。


よく、まんがとかアニメとかでもありますよね。

必死に勉強している子の勉強机の目の前の壁に
「◎◎大学合格!」
とか
「自分に負けるな!」
とか書いてある張り紙。


やる気がそれなりにある受験生さんにとっては、
  • 具体的な目標
  • 好きな格言
  • 自分を叱咤激励する文章
  • 自分を鼓舞してくれる文章

・・・などを大きく書いた紙を勉強机からすぐ見えるところに貼っておくと効果が大きいです。

見た瞬間に気持ちをグッと上げてくれますからね。

できるだけ大きな文字で見やすくしておくとさらに良いでしょう。

家の勉強机ではあまり勉強しない人は、
よく使う問題集・参考書、バインダーやノートに貼っておくのもおススメです。

 

 

 

 

以上、

「受験勉強にやる気が出ない」&「勉強に集中できない」時の対処法【夏休み編】でした。

ご覧頂きありがとうございました!

 

暑い夏を乗り切り、自信をつけましょう!!

 

 

 

 

 

★えむ心理研究室の家庭教師カウンセラーは、 全国でも数少ないプロ家庭教師&臨床心理士(心理学のプロ)によるマンツーマンの学習支援&カウンセリング・コーチングサービスです。

プロ家庭教師の「心理学を活かした効果的な学習支援」と臨床心理士の「専門的で和やかなカウンセリング・コーチング」が同時に受けられます。

「お子さんへの関わり方」「成績を上げるための親子関係再構築」等、保護者の方の相談も個別に承っております。

家庭教師カウンセラーの授業・相談をご希望の方はえむ心理研究室 メールフォームからお申込みください。

 

 

 

……………………………………………………………*☆*……
えむ心理研究室 臨床心理士×プロ家庭教師

HP:http://ameblo.jp/m-freeproject
メール:gt37fsi★yahoo.co.jp(★→@)

お申込み・お問合せ:えむ心理研究室 メールフォーム

相談方法:ご自宅訪問 カフェ スカイプ等
出張地域:東京 埼玉 練馬 板橋 池袋 新宿 三鷹etc.
……………………………………………………………*☆*……

2017/7/31 更新


東京 埼玉 プロ家庭教師の学習支援と臨床心理士のカウンセリング「家庭教師カウンセラー」の、えむ心理研究室です。

ご覧いただきありがとうございます。

今日は、夏休みに集中して勉強するための方法です。

熱中症対策も含んでいます。

受験生さんや夏休みの勉強をがんばりたい方だけでなく、猛暑をバテずに乗り切りたい方もどうぞご覧ください。


<目次>
夏休みの勉強方法
受験生と熱中症
暑い夏に集中して勉強する方法(身体編)
  その1「身体に水分を摂り入れよう」
  その2「頭寒足熱」
  その3「外に出るときのおまじない」
暑い夏に集中して勉強する方法(メンタル編)
  その1「目標意識の高い人は無理せず具体的な行動を!」
  その2「のんびり屋さんは勉強時間を決めて、守ることから!」
  その3「友だちと一緒に塾に通っている人は、後悔しないように!」

 

 

 

暑い夏! 気持ちもアツく! 勉強がんばろう!



夏休みの勉強方法

夏休みはライバルと差をつけるには最適!

長期休みに、集中して勉強して成績を飛躍的に伸ばすことも可能です。

夏休みに集中して勉強する方法について、いっしょに考えていきましょう!





受験生と熱中症

夏休みに入り、勉強にがんばろうとしているときに気をつけたいのが熱中症です。


特に受験生の方は、
受験に対するプレッシャーによるストレスや
毎日の勉強から来る疲労で
熱中症になりやすくなっています。


ストレスや疲労は
身体の免疫力や抵抗力を落としますから
熱中症になりやすいのです。


熱中症になると数日体調が戻らないこともありますから
体調管理に気をつけて、
集中して勉強できるようにしていきましょう。


熱中症を予防して、集中して勉強するためには、
「疲れたなぁ」と思ったら根をつめずに休むこと。
また、
あまり気を張らずに適度な緊張感の中で勉強に取り組むこと。
この2点を心がけてください。





暑い夏に集中して勉強する方法(身体編)

暑い夏に集中して勉強する方法・・・
それは、「体調を整えリラックスすること」に尽きます。

ここ数年、
夏は本当に暑く、過ごしづらい季節になりましたよね。

エアコンをつけていれば快適・ラクチンですが、
室内と屋外の温度差は意外と身体に負担がかかります。
また、
エアコンを効かせると空気が乾燥するので
ドライアイや風邪などの疾患になりやすくなります。


本来でしたら、
空気の乾燥による風邪の予防や身体の負担軽減のために
エアコンは避けたほうが良いのですが
今はエアコンつけずに部屋にこもっていたら命にかかわりますからね(汗

上手にエアコンと付き合うことも集中して勉強する方法のひとつです。



暑い夏に集中して勉強する方法 身体編その1
「身体に水分を摂り入れよう」


夏に勉強するときは、水分を摂ることを意識してください。

涼しい部屋にいると水分を摂るのを忘れがちですが、
勉強で疲れて部屋から出たとたんに
水分不足で一気に熱中症を呼び寄せてしまうこともあります。

また、
エアコンの効いた室内では
目も乾きやすいです。

目の疲れは頭痛や肩コリに直結します。
目の疲れは受験生の大敵です。

自分に合った目薬を用意して目の水分補給も考慮しましょう。



暑い夏に集中して勉強する方法 身体編その2
「頭寒足熱」


「頭寒足熱」という言葉を聴いたことがありますか。

頭を冷やし足を暖めることは、
古来から「健康に良い」とされています。

また、
頭寒足熱状態ですと頭がスッキリして身体の巡りがよくなるので、
勉強もはかどります。

バランスの良い「頭寒足熱」をキープすれば、
暑い夏でも効率の良い勉強時間を過ごすことができるでしょう。


勉強していると、
どうしても頭に血がのぼりがちです。

冷たい空気は下へ向かいますから、
足は冷えがちです。

・・・涼しい部屋で勉強しているときは、「頭寒足熱」とは逆の状態になっていますね。


えむ心理研究室の家庭教師&カウンセラーも、
夏場の「頭寒足熱」をキープするための方策をいろいろ考えました。


そこで、編み出した(?)のが
「レッグウォーマー」
です。
 

(シータ) si-taカラー春夏用レッグウォーマー リブ柄 Freeサイズ X04オレンジ
Amazon.co.jp

 


勉強するときは、↑こんな感じの薄手のレッグウォーマーを
足首あたりに着けてみてください。

着けるのと着けないのとでは、
下半身の冷え方が違うとわかってもらえると思います。

暑すぎず冷えすぎず、
ちょうどよい「頭寒足熱」を実現できます。

冷え性の人は、厚手のふわふわ靴下などを利用するのも良いと思います。

 

 

最近は夏場の冷え性対策グッズも充実してきています。

内側がシルクのレッグウォーマー(蒸れずに肌触りが良い)や、

腕と足兼用のレッグ&アームウォーマーもあります。

 

冷え対策グッズを探すのもなんだか楽しみになってきますね。

 

 

★自分に合う「グッズ探し」が「やる気アップ」につながる!

 

自分に合う夏場の冷え対策グッズを探す行動そのものが、無意識に「自分自身を大事にしている」という感覚を目覚めさせてくれます。

 

すると、適度な自尊心や自己肯定感が育ち、やる気アップへとつながります。

 

冷房による体調不良を防ぎ、なおかつやる気も出る!・・・一石二鳥ですね☆

 

 

ただし!

勉強から逃避したい気持ちがあると、「勉強に必要なことだから」と自分に言い訳して別の行動に走りがちです。

グッズ探しに夢中になり勉強時間が減ってしまった・・・なんてことにならないように気を付けてください。




暑い夏に集中して勉強する方法 身体編その3
「外に出るときのおまじない」


冷房でキンキンに冷やした部屋で勉強して、
急に室外に出たりすると
身体に負担がかかってしまいます。

そんなときは、
心臓などの臓器への負担を減らすことができるすごい「おまじない」があります。


涼しい室内から暑い外へ出るときは、
暑い場所へ出る瞬間に
「暑くなるよ」
と、自分に言い聞かせてください。

「自分に」というよりは「脳と身体に」言い聞かせるようなイメージが良いと思います。

それだけで、
脳は血管の収縮などに働きかけて、
温度差によるからだの負担を減らすことができます。


人間の脳というのはすごい部位で、
脳が「あ、これから暑くなるんだ」と認識するだけで
神経系が働いて、身体を暑さから守るための対応をしてくれるのです。

 

 

意識することが大事。
なんだか勉強と似ていますね。

 

 

★意識して、自分で自分に話しかけると成績も上がる!

 

また、「自分で自分に話しかける」という行動は客観視するチカラを育てます。

客観性は、成績を上げるためにとても大事な能力です。

 

客観性があればサボることが少なくなります。

「今サボったらどうなるか」ということが推測可能になるからです。

 

さらに、客観性が高くなると成績に対して敏感になり勉強への取り組み方が変わります。

成績的な自分の「位置」(偏差値的な意味でも社会的な意味でも)を認識しやすくなるからです。

 

目標設定やスケジューリングもより適切でモチベーションを上げるものが作れるでしょう。

 

ぜひ、自分の状況と周囲の環境を意識して、客観視するチカラを鍛えていきましょう。

 


暑さ対策も勉強も、
意識改革で乗り切りましょう!





暑い夏に集中して勉強する方法(メンタル編)

暑い季節に集中して勉強するには、
メンタルもかなり大切ですね。

「みんなと一緒に遊びたいなぁ」
「もっと自由な時間を作りたいなぁ」
「勉強する気が起きないなぁ」

・・・そんなサボリ癖ややる気のなさが出てきてしまうこともあるでしょう。


夏に集中して勉強するために、
性格別の、「メンタル面から見た効果的な勉強方法」を考えてみました。

参考にしていただけたらうれしいです!



性格別! 暑い夏に集中して勉強する方法 メンタル編その1
「目標意識の高い人は無理せず具体的な行動を!」


「すでに志望校が決まっている」
「受験は通過点。入学後にやりたいことが決まっている」
「第3志望まではっきり決定している」

・・・そんな方にオススメの勉強方法は、
「無理をしない」
「具体的な行動をしていく」
この2点です。

すでに具体的な目標がある人は、
行動も具体的なものにしていくことでバランスが取れます。

目標ばかり具体化していて行動がともなわないと、
「目標の理想化」が進んで、現実味を持たなくなる可能性があります。

夏休みのうちに、早くに具体的な行動に移るようにしましょう。

例えば、
「志望校の過去問を解く」とか
「模試を多めに受ける」とか
結果が数字として出る行動をするのがオススメです。


一方で、目標が決まっていて責任感も使命感も強い人というのは
無理をしがちです。

適度に生き抜きをしてください。
そうでないと受験前に燃え尽きてしまうこともまれにあります。

週に1日くらいは勉強のことを忘れて自分の好きなことをするのがオススメです。



性格別! 暑い夏に集中して勉強する方法 メンタル編その2
「のんびり屋さんは勉強時間を決めて、守ることから!」


のんびりしていて、周りから「やる気あるの?」と言われる方々は、
夏休みは「勉強時間を決める」ことから始めましょう。

勉強時間は、短くてもいいんです。
最初は15分くらいにしておくのが無難でしょう。

そのかわり、決めた時間は必ず机に向かい、
時間に見合った問題数を解いてください。

15分が出来るようになったら、次の週は30分に延ばし、
その次の週は1時間・・・と倍にしていってみましょう。

そうすることで、
「あら!がんばるようになったのね」と周りからの見る目も変わり、
周りからの見る目が変わることであなたの中の意識も変わります。

もちろん、自分で設定した勉強時間を守ることで
あなたの中の「自己意識」もどんどん良い方向へ変化するでしょう。
自信がつき、「もっと勉強してみようかな」と思うようになるでしょう。

「ほんとに~?」と疑念が浮かんだ方は、
まずは試してみてください。

何かひとつだけでも行動に移すことで、
相当気持ちに良い変化が生まれるはずですよ!



性格別! 暑い夏に集中して勉強する方法 メンタル編その3
「友だちと一緒に塾に通っている人は、後悔しないように!」


夏休みは、
塾の夏期講習に通っている人も多いことと思います。

塾に友だちと通っている人は、気をつけてください。

言っては悪いですが、
その友だちはあなたに良い影響を与える人ですか?

もし、その友だちが
あなたが塾でひとりで真剣に勉強したいのにおしゃべりをしてきて止めなかったり、
あなたが真っ直ぐ家に帰って復習したいのに「ねぇマック寄ってこうよ~」とダベりに誘ったりする人だったら・・・
どうするのが良いと思いますか?

正解はありません。
適度な息抜きは必要ですし、
友だちもとても大切です。

でも、
もし、友だち付き合いのために
自分の勉強時間を削っているとしたら・・・

友だちも大切ですが、
友だちと過ごしたために貴重な夏休みをムダにしてしまった・・・
なんて後悔することがないようにしてください。
そうしたら、その友だちにも失礼ですよね。
人のせいにしてはいけません。

自分のためにも、友だちのためにも、
「今日は、家で復習したいんだ」
「ごめん、ちょっと今日はがんばってもいいかな」
と、言える勇気を持ってください。

その勇気は、
勉強時間よりも大切な経験をあなたに与えてくれるかもしれません。

夏休みに、ひとまわり成長しちゃいましょう!


*****


お読みいただきありがとうございます。
「勉強方法」「夏休み中の勉強」「塾での勉強」「友だち関係」等について
学習支援や心理相談を検討中の方は

えむ心理研究室 メールフォーム よりお申込みください。
 

 

 

 

……………………………………………………………*☆*……
えむ心理研究室 臨床心理士×プロ家庭教師

HP:http://ameblo.jp/m-freeproject
メール:gt37fsi★yahoo.co.jp(★→@)
お申込・お問合せ:えむ心理研究室 メールフォーム

相談方法:ご自宅訪問 カフェ スカイプ メール
出張地域:東京 埼玉 練馬 板橋 池袋 新宿 三鷹etc.
……………………………………………………………*☆*……
2017/7/14 更新