子供を性的対象にした過激な漫画やアニメなどを規制する東京都の青少年健全育成条例の改正案で、改正案に反対する漫画家1421人と出版社10社が25日、連名で反対声明を出した。漫画家には、藤子不二雄Aさんやちばてつやさん、萩尾望都さんなど多くの著名漫画家が名を連ねた。

 声明は改正案を「表現の自由を損ね、漫画文化の衰退をもたらす」と非難。改正案で服装や背景などから18歳未満と判断できるキャラクターを非実在青少年との造語で規定することにも「定義が明確でなく恣意的な判断を残し、(表現の)萎縮的効果をもたらす」とした。

楽しい買い物、帰りもラクラク 文京区の商店街で宅配サービス(産経新聞)
民家火災で女性の遺体 千葉・富津(産経新聞)
郵政法案、7人が採決棄権=自民造反復党組(時事通信)
首都圏で歯科展開の医療法人社団が破産(医療介護CBニュース)
少年、遺族に初の謝罪の手紙=中2少女殺害、事件から4年―岐阜(時事通信)
AD