05年に警視庁が摘発したバカラ賭博事件で、自分名義で借りたビルの一室を賭博場として貸し出したとして、警視庁組織犯罪対策特別捜査隊は26日、元駐日コートジボワール大使館外交官のヨザン・チャールズ・テリー容疑者(42)を賭博開張図利ほう助容疑で逮捕したと発表した。同隊は元外交官が賭博場を提供する見返りに指定暴力団稲川会系組幹部から約4000万円を受け取った疑いがあるとみている。

 逮捕容疑は、05年3~10月、港区南麻布のビル一室を賭博場として提供したとしている。ヨザン容疑者は容疑を否認しているという。22日に成田空港から入国したところを逮捕された。【村上尊一】

米国防長官「普天間進展喜ばしい」…防衛相に(読売新聞)
「赤い靴」の女の子像完成…異人さんの国へ贈呈(読売新聞)
<暴力団観戦>相撲協会に調査指示…文科相(毎日新聞)
中山太郎元外相、自民に離党届提出(読売新聞)
大雨 交通乱れる 神戸で土砂崩れ(産経新聞)
AD