大相撲名古屋場所で暴力団幹部が土俵下の維持員席で観戦した問題を巡り、川端達夫文部科学相は28日の会見で「維持員席というものが誰のどういうチケットなのか、どういう経路で渡ったのか、お金の流れも含めてはっきりさせていただきたい」と述べ、事実関係の詳細な調査を日本相撲協会に指示したことを明らかにした。

 また、プロ野球賭博にかかわったと一部で報じられた琴光喜関の調査についても「(本人の事情聴取だけでは)不十分。いろんな調査を努力して考えてやってほしい。事の本質の重大性、深刻さをどこまで理解しているかと思わざるを得ない」として、再調査を命じたことも明かした。

 不祥事の続発を受け、中井洽国家公安委員長からの提案で、文科省と警察庁との情報交換の場を設けることで一致したという。【本橋和夫】

【関連ニュース】
中国毒ギョーザ:袋の穴を発見できず残念 中井公安委員長
金賢姫元死刑囚:来日延期の見通し 中井拉致問題相
鳩山首相:福島氏の沖縄訪問に不快感「閣僚としてどうか」
足利事件:「捜査としては完敗」 DNA型鑑定の妄信自戒
中国毒ギョーザ:21日から日中警察会議

リコール制度改善を検討=国交省などに初の資料請求―消費者委(時事通信)
対処方針署名せず=閣僚辞任を否定―福島党首(時事通信)
<アムールトラ>障害抱える「ココア」満2歳の誕生日 釧路(毎日新聞)
地検検事取り調べ、一部を違法認定…大阪高裁(読売新聞)
鳩山首相「福島氏罷免の閣議決定、申し訳ない」(産経新聞)
AD