クリスマスレッスンの募集はこちらから>>>

 

英国菓子とシュガークラフト教室 

コルチェスター

 

 東京都大田区 東急多摩川線 下丸子駅下車徒歩7分 

 HP はこちらから>>>
お問い合わせ、お申し込みはこちらから>>>

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-11-21

救世主 現る! 嫌われたクリスマスケーキ続編 

テーマ:イギリスお菓子とパン
好きで輝く!英国スタイル

東京都大田区下丸子 シュガークラフトとイギリス菓子教室 コルチェスター
守屋みどりです

 

 

嫌われたクリスマスケーキ 続編

 

昨日の記事の

https://ameblo.jp/lovly/entry-12329803084.html

 

続きです

 

 

なんとか

 

焼きぱなしのクリスマスフルーツケーキが

 

英国伝統のケーキで

 

ラム酒などの お酒をお好みで入れたりできるし

 

ようやく美味しいと 定着し出始め

 

イギリスは、こういうのなのね

 

となり、少しホッとしていました

 

 

シュガーペーストでカバーをするまでには

 

なかなか至らなかったのですが

 

それでも

 

イチゴのケーキ以外でも

 

受け入れてもらえて

 

美味しいと言ってくれて

 

ご家族にも好評なのだから

 

ようやく定着したイギリスのクリスマスケーキなのだから

 

それだけでも 嬉しかった

 

 

 

ここで

 

シュガーペーストカバーをオススメして

 

敬遠されたら

 

また、振り出しに戻ってしまう

 

 

 

それに

 

イギリス仕込み を押し付けてくる先生

 

と思われたくない

 

という気持ちが強かった

 

 

 

その間には

 

お菓子はフランスが本場で

 

イギリスは圏外 

 

プレゼントするならフランス菓子ならば堂々と出来るが

 

よくわからないイギリス菓子は、、、ちょっとね

 

美味しいけど、スコーンとか見た目も、、、地味だから

 

 

というニュアンスを感じたこともありました

 

生徒さんが、悪いわけではない

 

そう思うのは

 

それなりの世の背景もあるんです

 

 

 

 

先日、三越や伊勢丹で英国展があり

 

イギリスのお菓子や紅茶が大変な人気で

 

長蛇の列が出来ていたようですが

 

 

そんなこと

 

あの頃、一体、誰が想像したでしょうか?

 

 

 

さて、ある年に

 

前年度に続き

 

今年も作りたいという生徒さんが

 

イギリス人の知り合いが多くいて(日本に)プレゼントしたところ

 

懐かしい、美味しい、現地の味だ! と大好評で

 

とても嬉しかった と話してくれたんですが、、、、

 

 

「あの〜先生、、、、実は、、、

 

イギリス人の方に”なぜ、シュガーペーストでカバーをしてないの?”

 

と質問されまして、、、、」

 

この生徒さんはイギリスの食にとても詳しく

 

いわゆるイギリスファンです

 

彼女は現地のクリスマスケーキやミンスパイもよく知っていました

 

 

『あの〜

 

もし、出来たら、なんですけど、、、

 

今年はシュガーペーストでカバーするところまで

 

教えていただくことはできないでしょうか?

 

大変ですか?無理ですかね?』

 

 

と、驚きの発言が!

 

 

「で、出来るわよ! もちろん、出来ますとも!やってくれるの?!」

 

まさか生徒さんからこんな嬉しいリクエストが来るなんて!

 

喜び勇んでレッスンをしました!

 

 

 

すると、その生徒さんが他の皆さんに

 

「カバーされているのが本物なのよ ねえ、先生」

 

と言ってくださり

 

「みんなも絶対、やったほうがいいと思う!美味しいし、ステキよ〜」

 

 

 

なんと!この救世主の彼女の一言が

 

絶大なる影響を生み

 

勧められた他の生徒さん全員がカバーまでやってくれたのです!

 

 

 

その結果、

 

その生徒さん達が、また次の生徒さん達に伝えるという

 

伝言ゲーム現象が起きたのです!

 

 

 

今や すっかり定着した人気の英国伝統のクリスマスケーキ

 

 

 

フルーツの漬け込み からやるなんて

 

大変だと敬遠されるのではないかとハラハラし

 

一人で夜中までかかって

 

全員分のフルーツを漬け込んでいた頃もあった

 

 

 

その後

 

漬け込みが、手間暇かける特別感 と感じて

 

『おいしくなーれ って毎日、混ぜているんですよ!』と

 

ニコニコと楽しそうにやっていただけるようになり

 

 

カバーもデコレーションも楽しんでいただけるまでになりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多くの生徒さん達に支えられ

 

今の 英国伝統クリスマスケーキレッスンがある

 

 

あの時、みんなにカバーまでを

 

勧めてくれた生徒さんはキッカケはあったものの

 

私を見ていて、なんとかしたいと思っていたそうです

 

まさに、救世主

 

本当に、感謝の気持ちでいっぱいです!

 

みんな、ありがとう!

 

 

 

 

<番外編>

数年前のクリスマスレッスンのご案内の時

 

「私は、イギリスの後にドイツにいたことがある知ってるでしょ

 

今年は、シュトーレンもレッスンしますよ 本場の味ですよ〜」

 

『シュトーレンって、どんなお菓子ですか?』

 

「パンなんだよね?先生 ね?!」

 

「えー!ドイツってクリスマスにパンなんですかあ〜!? 私、ケーキがいいなあ」

 

『あ、、、それはね、、、違うの、、、、ドイツではね、、、、』

 

 

こちらも今や 

 

「売っているのよりずっと美味しいよ!」という救世主がたくさんいます

 

 

 

 

2回にわたる長い記事を読んでいただきありがとうございました

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クリスマスレッスン募集開始しました
気になるけど、まだわからないな、という方は
事前登録をしておくとリマインドメールを受け取れます
 

英国菓子とシュガークラフト教室 コルチェスター

東京都大田区 東急多摩川線 下丸子駅下車徒歩7分 

 

 

 HP はこちらから>>>


お問い合わせ、お申し込みはこちらから>>>

Tel:080-5079-4015

  インスタグラムはこちらから>>>

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-11-20

嫌われたクリスマスケーキ

テーマ:シュガークラフト
好きで輝く!英国スタイル

東京都大田区下丸子 シュガークラフトとイギリス菓子教室 コルチェスター
守屋みどりです

 

英国伝統クリスマスケーキクラス 

12/8(金曜) 10:30〜15:00 満席になりました 

12/22金曜日10:30〜13:30 満席になりました

ありがとうございます

 

12/2土曜日13:30〜17:30 残席2になりました

12/23土曜日13:30〜16:30 残席2になりました

 

その他のクラスは、引き続き募集中です

クリスマスレッスンの募集はこちらから>>>

 

 

 

今日は、英国伝統のクリスマスケーキレッスンを

 

始めた当初の頃のお話をしたいと思います

 

現在は、私が作ったクリスマスケーキを

 

皆さんにお出しすると

 

「わー!やったー!」と拍手 パチパチ〜とか

 

「いいんですか?先生 私達いただいちゃって

 

こんな手間ひま かけて先生が作ったものを ねえ」と笑顔

 

「今日、レッスン来てよかった〜 ラッキ〜」

 

という感じなんですが、、、、、

 

 

 

 

 

 

イギリスで英国菓子やシュガークラフトを学び

 

日本に帰国して教室を始めた時

 

クリスマスケーキは色々あるけど

 

お店によって、もちろん違うし

 

好みも人それぞれだから

 

どんなケーキが特に人気があるとか、おしゃれとか

 

そういうことは考えたことはありませんでした

 

 

シーズンがやって来て、通常のレッスンの際にご案内をしようと

 

 

「イギリスのクリスマスケーキは1種類なのよ

 

伝統的で美味しいので、ぜひレッスンで作って楽しんでね」

 

 

と、言うと

 

『え?! 1種類しかないんですか?』

 

『どんなケーキですか?』

 

『私、モンブランが好き!』

 

 

と言う流れに、、、、

 

 

 

 

「イギリスのクリスマスケーキは、フルーツケーキなのよ

 

それをシュガーペーストでカバーして、きれいなデコレーションをするの」

 

と答えると

 

 

『え!クリスマスにフルーツケーキ?なんですか?』

 

『私、フルーツケーキ好きじゃないです』

 

『シュガーペースト?って? アメリカのケーキ?

うちは、あまり甘いのは好きじゃないから、、、すいません』

 

 

 

クラスの雰囲気は、イッキにトーンダウン

 

これに、私はびっくりした

 

 

 

すると、私を気遣ってか一人の生徒さんが

 

『先生のお菓子 

 

食べたことないものばかりだけど

 

いつも美味しいです

 

普通のクリスマスケーキは教えてもらえないですか?』

 

 

『そう!イチゴの!』=笑顔

 

 

 

私は、もう

 

全く予想がつかなかった展開に

 

頭の中が半分パニック、、、、

 

 

その後の彼女達の話から

 

フルーツケーキはそう美味しいものじゃない

 

パサパサしている

 

 

そう思っていること

 

そして

 

シュガーペーストは食べたことはないが

 

頭が痛くなるほど甘い

 

 

と想像していることがわかった

 

せっかくのクリスマスに

 

そんなものを食べたくはない

 

子供に至っては無理すぎる

 

 

 

私は、まさかの 現実を知り

 

とてもショックでした

 

 

その時に思ったのは

 

自分がやろうとしていることは

 

日本で出来るんだろうか?

 

道は気が遠くなるほど先のような気持ちでした

 

 

 

そこで

 

まずは、私が作ったもので

 

シュガーペーストでカバーしていないものを

 

「騙されたと思って

 

1切れだけ 食べて欲しい」

 

と、お願いして試食してもらうことにした

 

 

すると

 

『これなら作ってみたい』

 

『全然、違うんですね 

 

私が知ってるフルーツケーキとは違う』

 

となり

 

まずは、シュガーペーストでカバーをしない

 

裸の状態でレッスンを開始しました

 

 

 

デコレーションは粉砂糖をふりかけ

 

プラスチックの柊を飾った

 

 

この状態のレッスンが数年続き、、、、

 

その後

 

ある生徒さんの一言で

 

状況はイッキに変わることになるのですが

 

それは、また明日のブログでお話ししたいと思います

 

 

 

画像は焼きあがった状態のクリスマスケーキ

 

 

クリスマス告知

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
クリスマスレッスン募集開始しました
気になるけど、まだわからないな、という方は
事前登録をしておくとリマインドメールを受け取れます
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 

 

英国菓子とシュガークラフト教室 コルチェスター

東京都大田区 東急多摩川線 下丸子駅下車徒歩7分 

 

 

 HP はこちらから>>>


お問い合わせ、お申し込みはこちらから>>>

Tel:080-5079-4015

  インスタグラムはこちらから>>>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017-11-18

クリスマスプレゼントにも!英国伝統クリスマスケーキクラス 12/8 残席1名になりました

テーマ:イギリスお菓子とパン
好きで輝く!英国スタイル

東京都大田区下丸子 シュガークラフトとイギリス菓子教室 コルチェスター
守屋みどりです

 

 

英国伝統クリスマスケーキクラス 

12/8(金曜) 10:30〜 残席1名になりました 

 

クリスマスレッスンの募集はこちらから>>>

 

 

 

 

 

 

東京も ですが、ロンドンではクリスマスイルミネーションが、輝く季節

 

最近は、観光客を楽しませるために

 

オランダやドイツからのグッズを並べたクリスマスマーケットもあるようです

 

 

 

 

イギリス人が、クリスマスと聞いて頭を悩ませるもの

 

 

それは、、、、

 

 

クリスマスプレゼントなんです!

 

日本だと、恋人や夫婦間など、限定したごく少ない人に対して だと思いますが

 

 

イギリスでは、ほぼ全員にプレゼントをします

 

私も友達からもらったことはありますが、誰しも家族全員プラス多くの人へ

 

となるので、両親、兄弟、甥、姪、恋人、に加えて義理の両親、兄弟、と続きます

 

 

それが毎年なんで、悩む&クリスマスショッピングが、もう大変な混雑!

 

 

 

 

 

何を買うか、迷うし、ショピングリストを片手に

 

電車やバスの中でも見知らぬ人同士が、情報交換

 

「昨年は、主人にはコレコレで〜 全然ウケなかった、、、」

 

「孫からはすでに10月にリクエストが来たが、それが見つからなくて、、、」

 

とか毎日話題に上ると言ってもいいほどです

 

実際に、何を贈るかは、人それぞれですが、

 

ほんの気持ち程度の場合もあります

 

 

私は友人から、きれいな包装紙の板チョコなんかも いただきました

 

いわゆる季節限定なので、クリスマス気分になるし

 

嬉しかったな〜

 

 

 

これは、HOTEL CHOCOLATE というお店の詰め合わせ

 

お酒やワインが一緒になっているものもあっておしゃれです

 

 

大きなリースのチョコ 

アーモンドの大きさからサイズがなかなかのものとわかる

 

イギリスの人達は、チョコレート好きですし人気があります

 

 

お子様用にも可愛いのが色々

 

お約束のソックス

 

私も子供の頃に、近くに住んでいた叔母が 

 

ソックスに入ったお菓子の詰め合わせをよく買ってくれて

 

宝石のように大切にして、嬉しかったのを思い出します

 

 

 

これは、クリスマスプディングに見立てたチョコ

 

迫力がありますね

 

 

チョコフレーバーのウォッカ 珍しいでしょ 男性用かな?

 

 

お店のチョコレートパーティーもあるみたい

 

 

 

さて、教室でもレッスンをしますが

 

イギリス現地のクリスマスケーキをご紹介します

 

 

 

これはBBCのサイトからお借りした画像ですが、焼き上がったところ

 

 

 

 

当教室もこんな感じ中はフルーツの漬け込みがたっぷり

 

シュガーペーストでカバーをしてデコレーションします

 

 

 

 

イギリスのクリスマスケーキは結構シンプルなデザインが多いです

 

 

 

 

 

シュガーペーストでカバーしてあります

 

でも

 

こちらはアイシングコーティング

 

 

 

 

 

昨年は、ペーストバージョンに加え、アイシングバージョンもレッスンしました

 

 

 

 

 

あなたも今年は、イギリスの家庭のアットホームなクリスマスを

 

昔ながらの手作り英国伝統のクリスマスケーキで

 

迎えてみてはいかがですか?

詳しくは、こちらから ダウン

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
クリスマスレッスン募集開始しました
気になるけど、まだわからないな、という方は
事前登録をしておくとリマインドメールを受け取れます
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 

英国菓子とシュガークラフト教室 コルチェスター

東京都大田区 東急多摩川線 下丸子駅下車徒歩7分 

 

 

 HP はこちらから>>>


お問い合わせ、お申し込みはこちらから>>>

Tel:080-5079-4015

  インスタグラムはこちらから>>>

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-11-13

英国伝統手仕事でフルーツを漬け込む

テーマ:イギリスお菓子とパン
好きで輝く!英国スタイル

東京都大田区下丸子 シュガークラフトとイギリス菓子教室 コルチェスター
守屋みどりです

 

 

クリスマスレッスンのひとつ 英国伝統のChristmasケーキ

 

丁寧に、フルーツの漬け込みをします 

 

 

 

 

画像の道具は 

イギリスの先生から受け継いだ大きなふるい

 

 

 

完成はこんなイメージ

これも生徒さんが実際に作ったものです

 

 

 

 

 

ご自宅にてカットしたところをステキに撮影してくださいました!

 

 

 

<受講した生徒さんからの感想が寄せられています>

シュガーで覆われているので、もっと甘いと思いましたが、

意外にもそうではなくしっとり口当たりが良かったです

厳粛な雰囲気。外国の味がしました。

 

イブに夫と息子と

食後、赤ワインといただきました。

画像は厳粛な感じを演出するため?キリスト誕生の馬小屋のシーンを置いてみました 笑

 

夫はドライフルーツのケーキが好きなので大好評でした

お酒とも合うのもいいよねと言っていました

 

ミンスパイは夫の田舎にも送りましたが、ヨーロッパ好きの両親は大喜びでした

レッスンではスパイスの配合など勉強になりました

 

 

文面から分かるように、この生徒さんはミンスパイも受講しました

 

 

 

ご家族で、ステキなクリスマスを迎えていただけて、良かったです

 

イギリスでは、クリスマスは家族とのスイートホームな時間

 

皆さんも今年は、そんな温かいクリスマス 迎えてみてはいかが?

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
クリスマスレッスン募集開始しました
気になるけど、まだわからないな、という方は
事前登録をしておくとリマインドメールを受け取れます
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 

英国菓子とシュガークラフト教室 コルチェスター

東京都大田区 東急多摩川線 下丸子駅下車徒歩7分 

 

 

 HP はこちらから>>>


お問い合わせ、お申し込みはこちらから>>>

Tel:080-5079-4015

  インスタグラムはこちらから>>>

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-11-11

山形県からの修学旅行生レッスン@ディズニーランド隣にて

テーマ:シュガークラフト
好きで輝く!英国スタイル

東京都大田区下丸子 シュガークラフトとイギリス菓子教室 コルチェスター
守屋みどりです

 

 

ダウンコートの人も見かけるようになりすっかりクリスマスに向かう季節になりましたが

 

夏のある日、山形県の中学校の先生からお電話をいただきました

 

私のHPを見たということですが、何か お菓子系の質問があるのかしら?

 

と思いきや

 

秋に東京へ修学旅行に行くので、企業訪問体験が出来ませんか?

 

というご相談から、やりとりが始まりました

 

 

 

ケーキやデコレーションに興味がある女子学生グループを連れて行きたい

 

とのことで、打ち合わせをして行くと

 

2泊3日で、朝から予定がいろいろあり 

 

私の教室まで来た後にディズニーランドへ行く 

 

ということで往復の時間を考えるとかなり難しい、、、、

 

う〜ん、どうしましょう、、、、とあれこれ相談をして

 

「じゃあ、私がディズニーランドの近くまで行きます!」と

 

正式に、ボランティア活動としてお受けすることになりました

 

 

 

担当の小田島先生は、一生懸命に生徒さん達のことを考え

 

普段の授業や業務があるにも関わらず

 

場所探し、確保に奔走してくださいました 大変だったと思います

 

教育に情熱がなければ、ここまで出来ない! 本当に素晴らしい先生です

 

 

 

 

しばらくすると、中学生のみなさんからお手紙が届きました

 

 

将来、製菓や料理の世界に向けて夢を持っていることや

 

とてもしっかりした考えを持っていることがわかり

 

私のHPを見て、たくさんの素晴らしい質問を送ってくださいました

 

 

 

 

体験レッスンはシュガークラフトの道具を道具を使わないでも

 

出来るものを考え、小さなバラをのせたクッキーを作ることに決定

 

 

 

 

イギリス菓子のショートブレッドも召し上がっていただくことにしました

 

これは、当教室のアフタヌーンティー認定取得した生徒さんに作ってもらいました

 

普段、教えている私ではなく 習いに来ている人が

 

こんな販売品のような菓子を作れるようになる ということを

 

リアルに感じてもらえるかな、と思ったからです

 

 

 

 

 

私も 将来の仕事を中学生が考えるにあたり 

 

その考え方やヒントになればという思いで オリジナルのテキストを作り

 

『未来の夢に向かって』と題したミニ講義もすることにしました

 

 

 

 

 

 

私の今までの経験や 教室のエピソードなどをお話しして

 

女子中学生 目がキラキラ〜 お肌ピカピカ〜 

 

みなさん、真剣に、興味を持って聞いていました

 

視野を広く持ち、一人一人の良さをどんどん伸ばしてほしい!

 

 

そんな思いから

 

人と自分を比べるな 比べるのは今の自分と過去の自分

 

いいところを伸ばそう!興味あることを追求してみよう!

 

ネット情報に惑わされすぎないで!

 

などなど、私もつい、気合が入りましたわよ〜 

 

 

 

 

 

 

実技体験のバラのクッキーのデモの後に、みなさんも作ります

 

 

 

 

 

みなさん楽しそうに作ってくださいました

 

 

 

 

小田島先生は国語の先生なんですが、一緒に作ってくださいました

 

 

 

 

 

みんな、上手に完成したよ! 記念写真はお約束のピース!

 

これから、みなさんは隣駅のディズニーシーへGo!

 

 

 

 

この画像はサイトからお借りしました

 

 

一生に一度の中学の修学旅行 いっぱい思い出を作ってほしいな

 

 

 

レッスンを終えて、今回ショートブレッドも作り、アシストをしてくれたNさんが

 

「いつか、

 

そう言えば修学旅行の東京で 

 

あのケーキの先生が、こんなこと言ってたな〜 

 

ってきっと思い出しますよ 

 

一つでも心に残ればいいですね」

 

と言ってくれた 私も、本当に心からそう思う 

 

小田島先生、中学生のみなさん ありがとう 私も楽しかったよ!

 

*中学生と先生の画像掲載許可を得て掲載しています

 

英国菓子とシュガークラフト教室 コルチェスター

東京都大田区 東急多摩川線 下丸子駅下車徒歩7分 

 

 

 HP はこちらから>>>


お問い合わせ、お申し込みはこちらから>>>

Tel:080-5079-4015

  インスタグラムはこちらから>>>

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

https://peraichi.com/landing_pages/view/mltx1

お問い合わせ

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。