海と森の妖精さまから体験談を賜りましたのでご紹介させていただきます。

実に感慨深いです!

 

==海と森の妖精さまより==

 

先生こんにちは♩

高次元将棋のモニター感想をお送りします。


高次元将棋を、日常生活のふとした時に脳内遊びに取り入れています。

 


イメージを超高速バチバチギュンギュンすると、なんかもう、頭が無くなりますね。

 

 

「自分がここに存在している」 という感覚の境目が無くなり、体中に風が吹き抜ける体感です。

 


自分という家の中にいて感じていた外の景色が、窓を開け放ち、抜ける風に触れる事で変わる。

例えるなら、そんな印象です。

 


内にいても、外の世界を捉える事も感じる事もできますが

内と外の境目がなくなり、直に味わう事によって

感覚や思考が追い付かないほどに、どんどん自分の中に流れ込んできます。

 


私は、正気・邪気や、霊格、波動の形など、直感で大体を捉え、菩薩のリングで確認するというやり方ですが

高次元将棋をするようになってからは、直感がより深い部分まで捉えるようになりました

 


これまでは、感情にしても霊格にしても波動にしても 「結果」 が最初に入ってきていたので

なぜ、そのような結果になったのか、なってしまったのかという」 を感じ取る前に感じてしまった 「結果」 に対して、悲しくて虚しくて自分が疲れてしまう事が多く、人間が嫌いという所で苦しんできましたが

「因果」 が同時に入ってくるようになり、納得できるようになってきました

 


生き方に迫る【RPGキャラ占い】いの 「見抜く」 に繋がる部分ですね。

第三の眼で観るという事は、ある意味、見えなくするのだと思いました。

 

 

こっちで見たり、あっちで観たり、楽しみたいと思います☆彡

 


オーラもぼんやりとわかるようになってきたので、引き続き脳内遊びします♩

基礎編➂も楽しみです!

 

 

海と森の妖精

AD