万病の元である冷えを効果的に解消できる腰湯




冷えと共にデトックスもできるので一石二鳥なのですが・・・




腰湯に限らず汗をかいてよいのは10月まで(目安)です




夏から秋にかけてたっぷり汗をかくのは




解毒を任せられる腎臓を手助けする有効な手段になります




でも、冬は陰の季節




冬に汗をかくと体の中の陽気が逃げていってしまうのと同時に




身体の中の陰分も一緒に連れ去られてしまうのです




陰分とは水分




ただでさえ乾燥しがちな冬の空気




これで水分まで奪われると・・・




今度は腎が弱ってしまうのです






だから、腎が弱るということは、生命力や活力が失われるということ




暖房による部屋の温めすぎ、過度の厚着、お酒の飲みすぎで




陰分を消耗してしまうと危険なのです




そんなわけで




もう11月




これからの腰湯は汗をかく一歩手前でやめましょう




季節には季節の養生があるのです






ホリスティックケアで身体とお話し-logo





鍼灸・美容鍼・疏泄マッサージ




ホリスティックケア・プアマナ(puamana)

AD