ロンドナーのロンドン生活~寄り道だらけの日常~

夫リチャ殿の妻として、栄養療法アドバイザーとして。いつでもどこでもチャレンジしちゃお。


寄り道ばかりのロンドン生活ですが、

ひとつひとつの経験や時間が線になっていくと信じて。


新たに栄養療法アドバイザーとして歩み始めています。

別ブログ「ロンドナーの美味しいカフェ」 で食について色々つぶやいたりしています。

 


もちろん!夫リチャ殿ペンギンロンドナーウサギ

不思議で可笑しなロンドンの日常も綴ってゆきます♪


NEW !
テーマ:

 

 

先週末にお散歩に出かけたときのこと。

 

 

 

近所の森では、こんなに綺麗にお花が咲いていました。

(▰˘◡˘▰)

 

 

 

水仙も終わり頃だけど、まだまだ綺麗。

 

 

 

 

そして、お散歩の目的は、

 

 

ここにあり!笑。

 

ベルギー発のカフェでクリームティをいただきます。

 

このカフェ定番のスペルトとキヌアのスコーンが売り切れてて、

しょうがないからフツーのスコーンにしたら、

 

バカでかっ!!

 

 

 

 

アフタヌーンティを終えて、

 

そーいや、近くだねぇ、と来てみました。

 

 

去年12月に亡くなったジョージ・マイケルの自宅前。

 

世界各国の国旗が飾ってあったよ。

世界各国からファンが今もまだ来てるんだね。

 

 

 

 

亡くなって早3ヶ月も経つのに、このお花の数々!

 

今は、自宅前の小さな芝生スペースに移されて。

直後は自宅前にわんさかあったけどね。

他の住人に迷惑ってことで、ここに移されたのでしょう。

 

 

 

 

やっぱり彼は偉大でした。

 

亡くなってから気づいても遅いけれど。

それでも、こうやって世界中の人から愛されていたことを知って、

天国にいるジョージは喜んでいるんじゃないかな。

 

 

 

その帰り道。

 

なんかいい香りがする〜!!!

 

 

このお花からでした。

 

 

週末に夏時間になったイギリス。

 

日も長くなって、19時でも少し明るいくらいになりました。

こうなってくると、もうワクワクしかない!

 

笑。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週の日曜日のお話ですが。

(ブログでは、まだまだ日本の国内旅行記中だったのであせる

 

イギリスでは、母の日でした。

 

今年、初めて知ったんだけど、

イギリスの母の日は、イースターの2週間前なんだって。

 

だから毎年、母の日が変わるんだ〜。

 

と、納得。

 

日本は毎年、同じですものね?

 

 

 

 

さて、今年の母の日は、ちょいと前倒しで、土曜日に。

 

 

リチャママの80歳のお誕生日ディナーの時にやってきたレストランで。

 

お家みたいな雰囲気で好きなのよー、ココ。

 

暖炉の上にあるボードには、本日のおすすめ魚メニュー。

 

 

 

前菜は、

 

Lobster & Crayfish Bisque

Tarragon Cream & Pepper Salsa

 

ロブスターのビスク

タラゴンハーブのクリームとチリのサルサ入り

 

Crayfishって直訳したら、「ザリガニ」なのよねー。

(^▽^;)

 

伊勢海老っちゃ、伊勢海老なんだけどさ。

もうすでにロブスターって書いてあるっしょ?

 

ん〜。

 

それか、本当にザリガニが入ってたのかな。

 

 

 

メインは、

 

Seabream

Sauteed Potatoes, Crab Fritter, Sweetcorn Puree & Baby Gem

 

鯛のソテー

ポテトのソテー、カニのフリッター、スイートコーンのピュレ、レタス焼き

 

やっぱりここのお魚料理は絶品ラブラブです!

 

レタス焼き、シンプルだけと焼くことで甘みが出てくるのねー。

今度、やってみよーっと!

 

 

 

デザートは、

 

Rhubarb Panna Cotta, Ginger Ice Cream, Rhubarb Jelly

 

やっぱり、なパンナコッタ!

パンナコッタはフツーのパンナコッタで、ルバーブは添えてありました。

 

同じく添えてあった生姜アイスも美味し。

 

ルバーブが美味しい季節になりましたね。

 

 

デザートと一緒に飲んだハーブティは、

 

モロッコミント。

 

ミント以外にも数種類のハーブが少しずつ入っていて、これも

美味しかったわ〜。

 

 

 

 

さてさて、3コースをしっかり食べた後は、

 

 

やっぱりこうなるよね。

(^~^)

 

今年の母の日は、小春日和で穏やかな1日でした。

 

 

 

 

桜と水仙の組み合わせ。

 

田舎らしい風景。

 

 

 

その後、リチャママ宅へ戻りましたが、

 

電話が使えなくなっていて、修理が来るまでに数日かかるというので、

(BTよ・・・もっとちゃんと働かんかいっ!)

 

携帯電話を購入しに、リチャ殿と二人でケンブリッジの街へ。

 

 

せっかくデパートに来たのだから、と

リチャママがずーっと使い勝手が悪い!と言っていた

ラジオの買い替えも買って。

 

携帯電話屋さんもデパートもラストミニッツで滑り込み。

 

滑り込み客は大嫌いなイギリス人ですが、

ケンブリッジのスタッフは快く対応してくれて助かりました。

 

携帯電話は、リチャママでも簡単に使えそうなものを買いましたが、

それでもやっぱり固定電話と使い勝手が違うので、

不安そうなリチャママ。

 

 

何度も何度も使い方を説明したりして。

 

 

ラジオも新しいのをセッティングして、

ロンドンの自宅に戻ったのは、23時過ぎ・・・。

 

ふぅ。

 

 

すごい忙しかったな、母の日。

チーン

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

東京では、2泊したのですが、

 

ほぼ友達と会う約束で埋まっており。

照れ

 

約束と約束の合間に東京観光。

 

 

本当は、皇居周辺の公園に入ってみたかったのですが、

行った日に限ってクローズ。

 

ん〜。

( ̄_ ̄ i)

 

 

で、リチャ殿ペンギンがその昔、

一人で散歩した(その時ロンドナーは友達と会うのに忙しかった)という、

 

新宿御苑。

 

 

 

 

 

 

一部の木々は、桜がちらほら。

(3月上旬のお話です)

 

 

 

 

まだまだ風が冷たい時期だったのに、

誇らしく咲く、力強いお花たち。

 

 

 

 

この桜もお見事!!!

 

 

 

 

 

誰かが、

この景色をニューヨークのセントラル・パークみたいって言ってたなぁ。

 

 

 

 

 

水仙も満開でした。

 

 

東京では、友達に会いまくり、

美味しいものを食べ、

ちょこっと観光もして、

 

札幌に帰るのでした。

(少なくともロンドナーうさぎは。リチャ殿ペンギンは今回、初の札幌)

 

 

 

 

がっつりピンボケしてますが。

 

夕方の羽田空港から雄大な富士山のお姿がっ!!

(京都から東京までの新幹線からは、真っ暗だったので見えなかった・・・)

 

 

 

 

今回の1週間の旅行は、

 

当初、金沢&白川郷だけにするか、

伊勢神宮だけにするか、

 

どちらかにしようと思っていたんです。

 

そしたら、友達が、

 

どっちも行っちゃえば???

悪魔のささやき。悪魔

 

って。

 

 

ジャパン・レイル・パスも(ロンドナーうさぎは)使えなくなるんだし。

日本周遊旅行は、もうできなくなるし。

(これからは、リチャ殿一人で行ってくれば〜?の世界になるし)

 

で、電車代とかいろいろ計算したら、

 

東京→金沢→白川郷→飛騨高山→伊勢神宮→京都→東京

 

にしてみたら、

 

1週間分のジャパン・レイル・パス代は

とっくに元が取れるじゃない!!

 

日本海側から太平洋側まで大移動でしたが、

全部一泊ずつで、

かなり忙しいスケジュールでしたが。

 

それでも、

 

とーっても楽しく、充実した旅行ラブラブになりました。

 

今回、時間がなくて行けなかったところは、

次回は個別で行こうと思います!

 

 

さて、

 

 

リチャ殿ペンギン in 札幌!は、やっぱり慌ただしく。

(-。-;)

 

 

それなのに、たった4日間の滞在で、

 

荷造りしながら、友達と会ったり、家族と遊びに行ったりして。

 

 

 

あっという間にロンドンへ出発の日となりました。

 

出発の日の朝。

 

3月上旬の札幌には、まだまだ雪が残っていて。

気温もやっと0度前後になったくらい。

 

それでも、山がこうして近くに見える風景は、札幌らしいなぁと。

ロンドンにはない景色ですからね。

 

 

 

 

新千歳空港へ向かう途中、綺麗な朝日が見れました。

 

 

リチャ殿ペンギンは、約10日間の日本滞在、

ロンドナーうさぎに至っては、約1ヶ月ちょっとの滞在。

 

今回も、あっという間だったなぁ。

 

 

 

 

 

機内雑誌がこんなことに。

 

ここへ戻るぜー。

てへぺろ

 

 

 

 

 

札幌→東京のフライトから見えた富士山。

 

 

 

 

この富士山を見ると日本人でよかったー!と思うのはアタシだけ?

 

 

東京で国際線に乗り換えて、

二人合わせて80キロの荷物とともに

無事にロンドンへ帰還するのでした。

 

 

やー、今回も長々と旅行記にお付き合いくださり、

 

ありがとうございました!!

 

 

ロンドナーにとって、日本滞在は、魂が蘇る時間です。

ココロも体も満たされて、

またロンドンで生活できるのです。

 

 

 

さて、これからまた、

しばしロンドン生活をボチボチ書いてゆきますね。

 

どうぞよろしくお願い致します!

 

ペンギンうさぎ

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

道を間違いそうになったところを

常勤している道端のガイドさんのおかげで

時間のロス無しに、無事に、

 

八坂神社へたどり着くことができるのでした。

 

ここにも、大勢の観光客が。

 

特に修学旅行生がわんさか。

 

まぁ、ん10年前は自分もその一人だったので、

懐かしい視線を向けながら、

てくてく歩いていたら、

 

ん?

 

リチャ殿の気配が感じない。

 

 

と、振り返ったら、

 

ずーっと遠くで修学旅行生に囲まれてるじゃないの。

( ̄_ ̄ i)

 

 

後で、どうしたの?と聞いてみたら。

 

どーやら、修学旅行生には、

 

ガイジンに英語で話しかけてみよう!

 

という課題があるらしく。

 

どこのお国から来ましたか?

 

とか、

 

どうして日本に来たんですか?

 

とか。

 

なんか色々聞かれたそう。

これって、どこだかのテレビ局でやってるやつのパクリですか?

 

その途中で必ず、ロンドナーと目が合うわけです。

修学旅行生もこっちを見てる。

 

どーやらリチャ殿は、

 

ペンギン日本人の妻を迎えにきました。

 

と言っていたそうで。

 

それ、なんか誤解されるだろー。

A=´、`=)ゞ

 

 

 

新婚ならともかく、どー見ても晩年の夫婦にしか見えないのに、

「迎えに来た」って、離別寸前の危機だったんですか?的に思われないか?

 

さて、その修学旅行生たち。

 

5、6人でグループを組んで、

歩いているガイジンに話しかけているようですが。

 

修学旅行生の数(100人は軽くいる)に対して、

絶対的にガイジンの数が少ない。

 

だから、一つのグループが終わって、

ロンドナーのところに戻ってくる間にまた別のグループにつかまって・・・。

 

リチャ殿、なかなか動けません。

チーン

 

しかも、話が終わったら、全員分の用紙にサインしなくてはならず。

 

リチャ殿、人生初にしてサインを求められる。

 

 

 

何はともあれ、

 

遠くで見つめるロンドナーのところに、やっと戻ってこれたリチャ殿は、

ヘトヘトで。笑。

 

日本の英語教育にご協力いただき、

誠にありがとうございました。

 

その辺を歩いている先生にも誰にも言われなかったので、

私が代わりに言ってあげました。

 

いいんですけどね。

でも、

観光できているガイジンさんも貴重な時間を割いているわけですから。

 

 

 

 

・・・というわけで。

 

 

 

修学旅行生と目を合わせないようにしながら、

逃げるようにして八坂神社を抜け出し。

 

 

 

次の地、知恩院にたどり着くのでした。

 

 

 

 

ここ、すごーーーーーーく大きいのね!!!

 

写真だと、その壮大さが、あまりわからないのが残念ですが。

 

 

これがただの門っていうから、またびっくり。

 

門をくぐったら、目を疑うほどの階段が目の前に。

 

その階段を上りきった写真が。

 

 

た、高いでしょ?

ポーン

 

 

 

 

 

 

知恩院の中にも入場してみたかったのですが。

 

やっぱり時間がなく。(ノ_-。)

(八坂神社で修学旅行生に囲まれてなかったら、ちょっとはあったのかも)

 

 

 

 

そして、次へ・・・。

 

 

 

この見事なクスノキがあるお寺をちょこっと。

 

 

 

青蓮院。

 

中には国宝があったりして、見てみたかったんだけどなー。

 

トボトボ

 

 

ここも外観だけ写真を撮ってパス。

 

 

 

そしてついに!!!

 

 

 

見えた!!

 

あれがガイジン京都散策コースの終着点。

 

 

 

 

平安神宮。

 

 

 

 

 

まぁ、ここもかなり広くてですね。

 

 

 

 

門をくぐって、ここにたどり着くまでも結構歩きましたが。

 

 

 

 

 

中に入ってからも、また広い。

 

(-。-;)

 

 

 

 

で、ようやく神殿の中へ。

 

 

 

 

中で、おみくじを引いてきました。

 

伊勢神宮では、おみくじはやっていないので、

今回、いろんな神社やお寺を回りましたが、

 

今回、初のおみくじでございます。

 

結果は、「吉」。

 

まぁ、こんなもんです。

大吉でもなく凶でもなく、ど真ん中。

 

人生、大きなことも小さなことも地道にやっているのが一番。

 

 

そんなわけで。

 

 

この後、バスに乗って京都駅へ帰ろうと思いましたが、

 

バスの中は激混みだし、

そのバスは渋滞でトロトロ運転だし。

 

ペンギンこのまま乗っていては、新幹線に間に合わない!

 

と、リチャ殿のとっさの判断で、

珍しくこれがいい判断だった!)

 

バスを途中下車して、

 

ドラマのように後ろからすぐタクシーがやってきて(笑)

 

タクシーに乗り込み、

ホテルへ一旦戻って荷物をピックアップし、

 

 

 

 

 

 

17時50分発の新幹線「ひかり」に間に合うのでした!

 

ふぅ。

 

 

やっぱり京都を半日で回ろうっていう方が間違いでした。

すみません。

 

 

 

イタリアはローマみたいに1週間くらい滞在して、

じっくりゆっくり京都を散策してみたいですね。

 

いつの日かきっと!

 

ニコニコ

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

朝起きたら、夏時間になっていました。

パジャマ姿のまま、せっせと家中の時計を直す私たち。

 

毎年思うことだけど。

 

やっぱり1時間損した気分になるなぁ。

 

そんな日曜日。

 

 

さてさて、日本国内旅行の続きです。

てへぺろ

 

 

 

高台寺のお庭。

 

ちょうどお庭の砂を直している光景にも出会えて、

リチャ殿がじーっとガン見しておりました。

 

ペンギンどうして、あんなに真っ直ぐに描けるの?

 

うさぎまぁ、これは訓練なんですかねぇ。

真っ直ぐ描くだけで10年はかかるんじゃないですか?

 

ペンギンそ、そ、そんなに?

 

真っ直ぐ描くだけの10年を一人想像するリチャ殿なのでした。

 

(-。-;)

 

 

 

 

 

さて、ここ高台寺は、ねねが晩年を過ごし、今も眠っているところ。

 

 

 

 

 

梅の花が綺麗に咲いた、穏やかな日でした。

 

 

 

 

 

この時は、全く知らないで歩いてたんだけど。

 

 

 

 

 

この階段を上ったところに、ねねが眠っています。

 

 

 

 

 

ねねが眠っているところから出てきたばかり。

 

ガイドさんの説明を聞いて、リチャ殿にもそれとなーっく訳して。

西暦で何年かわからなくて、ガイドさんと二人で、ん〜。

と考えたけれど。

 

まぁ、17世紀くらい、としか言えず。

(ノ_-。)

 

それでも、リチャ殿は、織田信長、徳川家康や豊臣秀吉など、

日本の歴史に鮮烈に残る武士の名前を知っていたので、

ちょっとは感動できたのではないかと。

 

ロンドナーは学校で習った歴史は一切覚えていず、

ほぼ大河ドラマからの情報のみ。笑。

 

 

 

 

 

ねねが歩いたであろう、お庭を散策。

 

ちょっとした丘もあって

(高台寺自体も丘の上にあるし、そのさらに丘の上)

 

京都の街を一望できる。

 

 

 

 

このバンブー(竹)林には、リチャ殿も感動。

 

夏は涼しいし、冬は暖かいのよ。

 

 

 

 

 

この高台寺を1時間ほどゆっくり見たせいか、

残りの時間が少ないことにびっくりする私たち。

ゲッソリ

 

 

 

 

 

 

さ、ガイジン京都散策コースは、まだまだありまっせ。

 

ニヒヒ

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

京都では、梅の花が綺麗に咲いておりました。

(3月上旬の話)

 

 

 

京都でびっくりしたこと。

 

やけに着物女子(カップルだと男子も着物だったり!)が多し。

 

なんで???

 

と思ったけれど。

 

どーやら、レンタル着物が流行ってるらしい。

若い子たちが、こぞってレンタル着物を着て、

京都の街で写真を撮りまくり、それをインスタに載せる・・・とか?

 

まぁ、日本の古い文化に興味を持ってくれることは大事ですが。

やっぱり写真撮影をする場所も時には考えて欲しいですね。

 

着物姿の女性も増えたけど、「ここは撮影禁止」の看板も増えたような。

A=´、`=)ゞ

 

 

 

 

 

清水寺からの道のり。

 

 

 

 

 

二年坂だか、三年坂だか?

 

こういう京都らしい風景に今まで出会ってなかったかも。

 

 

 

 

 

桜?もちょっぴり。

 

 

 

 

本日の天気予報が、曇りのち雨なんて嘘でしょ。

 

外れてくれてよかったけど〜。

 

 

 

 

 

趣がありますな〜。

 

 

 

 

ちょっと人が引いたところでパチリ。

 

京都らしい1枚になりました。

 

 

 

 

その後、丘の上へせっせと登ります。

 

 

 

 

そして、到着した高台寺。

 

 

 

 

高台寺からの景色をリチャ殿ペンギンはパノラマで撮ってました。

 

この外人用京都散策コース、結構、いけるんじゃない?

てへぺろ

 

 

 

 

 

高台寺の中に入場。

 

 

 

 

 

高台寺って実は、すごいところだったんですね。

 

 

 

 

入場して初めて知りました。

 

なんですごいかは、また次回💕

知ってる人は知ってる???

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

見どころ満載な街だなぁ、とつくづく感じます。

ニコニコ

 

 

なんか、朝の通勤ラッシュの風景みたいですが。

( ̄▽+ ̄*)

 

お昼ちょっと前の清水寺付近です。

 

京都駅近くのホテルに泊まったので、

朝、ちょっとの〜んびりして(それには理由が!それは後ほど)

 

京都駅の観光案内所へ行ったら、英語案内をしてくれるスタッフがいたので、

リチャ殿ペンギンが率先して話を聞き、

地図をもらって、スタッフがお勧めしてくれた、

外人用京都の街並みを歩くコース

行くことにしました。

 

これもスタッフが教えてくれた通り、

京都駅のバスターミナルからバスに乗ったんですが、

 

そりゃまぁ、すごい人で。

( ̄_ ̄ i)

 

バス停に長蛇の列!!!

 

すぐバスに乗れず、そこで20分ほど足止め。

(最初のバスは満員で乗れず、次のバスを待たなくちゃいけなかった)

 

で、やっとの思いで清水寺付近で下車したら、

上記のような通勤ラッシュの情景が撮れたわけです。

 

笑。

 

写真に写っている人は、ほぼ同じバスに乗っていた人たち。

 

 

その道をまーっすぐ行ったら、清水寺なわけですが。

 

私たちは、お腹が空いたわけです。

 

本日も朝ごはんお預け状態。

(昨夜、コンビニで買ったヨーグルト一つ食べたけど)

 

 

 

 

 

そしたら、リチャ殿ペンギンがこんなとこ発見。

 

ここもちょっと奥にあって、

メインストリートの通勤ラッシュとは無関係なくらいの静けさ。

 

 

 

 

中では、ひと家族が早めのランチを食べているだけ。

 

ここちょっとした穴場???

 

 

で。

 

 

 

 

これには、リチャ殿ペンギンもテンション上がります。アップ

 

抹茶プリン+餡と番茶

黒蜜もあります!

 

お茶の湯気がまた雰囲気あるでひょ?

 

この後、ランチを食べる予定で、

今はこのデザート系をチョイス。

 

 

 

なんかね、通勤ラッシュで疲れちゃったんです。

まぁ、ここまで結構な旅してきましたからね。

 

本日が最終日ですし。

 

でも、変わらず、本日も盛りだくさんですし。

 

 

 

静かなこのカフェでちょいとまったりした後は・・・。

 

 

 

 

 

はいっ!清水寺へ。

 

 

 

 

 

ここは、何度も来てますが、変わりませんなー。

 

変わらない、ということに安心感があったり。

日本は(札幌の地元を含め)、変わりすぎです!!

 

 

 

 

あぁぁ〜、あの茶屋!

 

高校の修学旅行で仲良し3人組で行って、大爆笑したところだ。

何が可笑しかったのか。

とにかく、笑って、笑って、楽しかった記憶しかない。

てへぺろ

 

 

 

曇り空でも、やっぱり映えますね、赤。

 

 

 

 

観光客でごった返す清水寺も、

ちょっとしたところでほっとできたり。

 

 

 

 

 

おっと!晴れてきた!!

 

実は、本日の天気予報は、曇りのち雨だったのですが。

 

朝、さぁ出かけよう!と思ったら大雨だったので、

こんな大雨に外出してもねー。

っと、せっかく京都にいるのにホテルでのんびりしておりました。

 

それでも、ずっとホテルにいるもの、もったいないので、

雨でも行ける美術館でも行く?

と出たんですが、その時は雨が上がっていたので、

外人用京都散策コースに変更したのです。

 

それが大正解!!!

 

結局、散策している間は雨が降りませんでした。

 

夜の新幹線に乗ったら、また雨がザーッと。

 

晴れ女、発揮しました。

(^~^)

 

 

次回は、盛りだくさんな散策の続きでーす✨

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ロンドンは先日、あんなことがあったのに、

翌日からすでにフツーモード。

 

メイ首相も言ってましたよね。

 

何事もなく、フツーに過ごしましょう。

それがテロに屈することです。

 

と。

 

だから、ブログもいつも通り、マイペースにやってまいります。

 

今日の朝もリチャ殿を見送ってから、

洗濯機に洗い物を押し込んでスイッチオン。

 

紅茶を淹れてパソコンの前に座る。

 

何気ない日常。

 

でも、かけがいのない日常。

 

こういう平和な時間がずぅーっと続きますように。

 

 

 

 

さてさて、ブログは日本の国内旅行記に戻ります。

ロンドンの写真も溜まってきてますからね。あせる

 

 

前回の記事では、

伊勢神宮で感謝の気持ちをめいいっぱい伝えたところまででした。

 

あ、そうそう、早朝から外宮&内宮へ直行で

 

朝ごはん食べてなかったんですよ。

 

 

で。

 

 

 

 

おはらい町。

 

江戸時代から伊勢神宮の門前町として栄えた場所。

 

N◯Kの朝の連続テレビ小説「あさが来た」で、あさのお義父さんが

死ぬ前にもう一度行きたかったなぁ

と言ってたところよ!

 

100件近い食事処やお土産物のお店が並んでる!!

 

 

で、朝ごはんの散策。

 

 

まずは、うの花ドーナツを一個買って、食べながら散策。

 

あっさりしていて、キョロキョロ見て歩いてたら、

いつの間にかなくなってた(食べ終わってた)わー。

 

松阪牛の串焼きなんてのもあって、心惹かれましたが、

 

リチャ殿が

 

ペンギンまずは、美味しいコーヒーが飲みたい。

 

と。

 

 

んで、沿道に小さく出ていた看板を見つけて、

ちょっと奥に入ったところにあったのが。

 

 

 

こんなカフェ。

 

ここまで、ほぼ匂い直感でやってきました。

伊勢神宮を参拝した後のリチャ殿のお鼻は本日も鋭いようです。

ニヤリ

 

 

 

 

中に入ってみたら五十鈴川を望む、いい雰囲気。

 

 

 

 

ロンドナーは、ここで

 

モーニングセット

 

をオーダー。

 

このコーヒーがね。

 

ご主人が一つ一つ丁寧に淹れてくれてるの。

 

リチャ殿は

 

ペンギン美味すぎる〜〜〜!!!

 

と、大絶賛。

 

2杯もおかわりしておりました。

(飲み放題ではありません)

 

実は、このカフェ、

ガイドブックにデカデカと載っている有名な甘味処でした。

 

五十鈴川カフェ

 

リチャ殿が食べていたクリーム・ブリュレも美味しかったし、

ショーケースに並んでいた他の手作りケーキも美味しそうでした!

 

 

思わず、まったりしてしまいましたが。

 

今度は、おかげ横丁の散策。

 

 

門前町の真ん中あたりにあって、レトロな町並みを再現したエリア。

 

ちょうどひな祭りの時期でした。

 

 

 

おかげ横丁で飲んだ、この甘酒が美味しかった〜。

 

先にこれを飲んでいた見知らぬおっちゃんが、

 

美味しいよー

 

と。

 

作っている人は、本当の職人らしく、

無言でじーっと甘酒をかき混ぜているだけで。

 

おっちゃんは、大阪からきたんや、と言っていた。

 

で、リチャ殿を見るなり、どこから来たの?

 

と話し始め・・・

 

最後は、EU離脱の話までしてお別れするのでした。

 

おもしろいわー、大阪のおっちゃん。

 

 

 

 

おかげ横丁をぐるりと回って、

 

再びおはらい町に戻り、

 

 

 

ここで赤福餅を購入。

 

伊勢ときちゃ、ここを逃しちゃいかんでしょー。

 

ちなみに、私たちが行ったのは3月1日で、

この赤福にも「朔日餅」ってのがあるそうで。

 

この日にしか販売されていな月替わりのお餅を変えるそうですが。

 

3月は、よもぎ餅だったんだってー。

 

朝4時の朝市の時点で売り切れるらしい。

 

・・・ので、当然、私たちは購入すら、見かけることすらなく、

フツーの赤福餅を購入。

(賞味期限が短いため、札幌の実家に持ち帰って家族みんなで食べましたとさ♪)

 

 

そして。

 

ここから私たちは、電車に乗って鳥羽まで行ったのさ。

 

なんで???

 

って。

 

そりゃ、「石神さん」に行くため。

 

地元の人々から「石神さん」と呼ばれているのは神明神社。

 

女性の願いを「一つだけ」叶えてくれる神社

有名だそうで。

 

ロンドナーのお友達二人(ロンドンに在住の日本人)も

ここでお願いをして、願いが叶った!!と喜んでいたのを覚えておりまして。

 

伊勢神宮に行ったならば、ぜひ!ここにも立ち寄りたい、と思ったわけです。

 

 

 

 

伊勢から、ちょっと遠いのは知ってたのよ。

 

でも、あんなに遠いとは!!!

ゲッソリ

 

伊勢から鳥羽までは、また「高速みえ」に乗って約20分。

鳥羽からバスで45分。

 

しかも、そのバスが1時間に2本くらいしかないの!!!

 

それを現地で知った私たち。

 

しかも。

 

夕方の17時には次の目的地に行くために伊勢市駅から

電車に乗らなければならず。

 

今の時点で13時30分。

 

行くことはできても、帰ってくるにはあまりにもギリギリな時間。

 

電車とバスの接続も思いのほか悪く。

 

バスターミナルと観光案内所を何度も往復して、

どうにかしていける方法がないかと走ってみたものの。

 

そんなロンドナーの姿を見ていたリチャ殿から、片道タクシーなら、

 

ペンギンそれくらいのお金は出すよ(片道6000円くらい)

と言ってくれたけれど。

 

それでもやっぱりギリギリすぎて、かなり危ない。

 

17時の電車には、どうしても乗りたかったので。

(これを逃すと電車と新幹線の乗り継ぎがうまくいかず、夜中の到着になる)

 

 

泣く泣く、

 

石神さんに行くのを諦めました。

笑い泣き

 

 

 

あまりにしょんぼりするロンドナーを見て、

観光案内所の人が気の毒に思ったのか。

 

代理の石神さんがあるので、

そこでお参りしてったらどうですか?と。

 

JR鳥羽駅とバスターミナルの間に

 

鳥羽一番街

 

という、ちっちゃなデパート(ほぼ海産物売り場)がありまして。

 

その2階の隅に、3つの神社の箱がポツンと置いてあります。

そのうちの一つが石神さん。

 

現地に置いてある同じ用紙もあり、そこに願い事を書いて願い箱へポン!

デパートの中だったし、仕切りもないし、

お隣では、おばちゃんが海産物をあさってるし、

 

ちょっとこっぱずかしくて、

ちっちゃくお参り。

 

こんなんで、

願いが叶うんでしょーか。

(-。-;)

 

乞うご期待!!

願いが叶ったら、叶った!とご報告します。

 

 

 

で、鳥羽からまた伊勢へ戻ってきた私たち。

 

かなり遅いランチの時間でしたが、電車の時間もあるため、

外宮周辺のレストランへ。

 

本当は内宮近くの言っちゃあ、門前町にある松阪牛丼を食べたかったのですが。

バス代がこりゃまた一人430円(往復で860円x2名分)かかるし、

もしかしたらまた時間ないかも、

ということで。

 

さっきの片道6000円のタクシー代を払おうと思った勢いはすでになく。

 

 

 

 

リチャ殿のガイドブックに載っていた松阪牛のお店へ。

 

悔しいから、

 

がっつりステーキ食べてやったぜー。

 

 

これを食べてすぐにホテルへ戻って荷物をピックアップし、

伊勢市駅へ戻ったら電車の時間。

(結果的に外宮周辺のレストランにしておいてよかったってわけ)

 

 

 

なんだか、バタバタだったけど、楽しかったな伊勢。

 

絶対戻ってくるからね。

 

石神さんへ行くなら2泊は必要ってわかったし。

 

 

 

ここから、実は京都へ向かったのですが。

 

近鉄線もあって、そっちだと直行で2時間くらいで京都へ行けるのですが。

近鉄なので、ジャパン・レイル・パスは使えず。

新たに近鉄でチケットを買うとなると

片道一人3240円 x 2名分=6480円。

 

さっきの、あのタクシー代6000円払うといった勢いはここでもなく。

 

おとなしく、時間をかけて京都へ向かいます。

JRだと、直行はなく、

 

また「高速みえ」に乗って一旦、名古屋まで戻り、

名古屋から新幹線ひかりに乗って京都というルート。

 

待ち時間を合わせて約3時間。

 

 

 

夜20時すぎに京都に到着。

 

ふぅ。

 

長い1日だったなぁ。

 

トボトボ

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

日本の旅行記は、ちょいとお休みして。

(・・・というか、前回の記事から2日も経ってるし・・・あせる

 

日本でもニュースになったと思いますが、

 

昨日の午後、ロンドンでテロ(警視庁はその目的で捜査中)がありましたが。

 

いつもは家に引きこもっているロンドナーですが、

 

昨日に限って、ロンドンの中心で友達と会っていました。

 

ランチという名の女子トークは、14時45分くらいまで続き、

15時くらいにレストランを出て、

 

トラファルガー広場へ歩いていたら、

(ここからホワイトホールを歩いて行ったら、すぐウエストミンスター)

 

すごい数のパトカーと救急車が勢いよく走っているじゃないの。

(渋滞で動けないパトカーや救急車も多数見かけました)

 

 

 

なんかあったんかなー。

 

 

 

くらいにしか思ってなかったんだけど。

 

 

そのあと、別の野暮用があってロンドナーは、

 

エンバンクメント駅

(のちに危険区域になり、現在は進入禁止)

 

まで歩いて行って、そこから地下鉄に乗ったら、即、

 

ウエストミンスター駅はただいまクローズです。

 

とのアナウンスが。

 

まぁ、野暮用はウエストミンスターではなく、その先の駅だったので、

素通りしただけですが。

 

地上では、あんなことがあったとは思いもせず。

 

 

そして、野暮用先に着いたらすぐにリチャ殿から電話が。

 

・・・で、状況を初めて知ったわけです。

 

それから野暮用を済ませて、帰りが心配でしたが、

(なんせ、またウエストミンスターを通らないといけないので)

 

野暮用先で、知り合ったイギリス人とスペイン人の方々と一緒に

「帰る方法」を検索し合って、

 

あちこちの道路が封鎖されているらしいから、バスじゃない方がいい。

地下鉄の方が比較的スムーズに運行されてるみたいだし、

ウエストミンスターを通らないように乗り換えていけば帰れるんじゃないか?

 

・・・という結論に達し、

 

初めて会った人たちなのに、熱いハグをして、お互いに

 

グッドラック

 

と言ってそれぞれの帰路につきました。

(まぁ、その後にリチャ殿からまた電話が来て、

私の帰り方を色々検索していたらしく、同じようなことを言っておりました)

 

 

ちょーっとだけ遠回りでしたが。

 

三回ほど地下鉄を乗り換えて(普段だと一回で済むところ)、

なんとか無事に自宅に到着。

 

その日の一部始終をニュースで釘付けになってみるのでした。

 

 

 

 

生きてるって偶然の連続なんだな、と

やっぱり思ってしまう。

 

あってはいけないことがまた起こってしまいました。

 

これがテロなのか、単なる事件なのか、

判断するには、まだまだ時間がかかりそうですが。

 

それでもやっぱり犠牲になった方々はいるわけで。

 

ロンドンの街のど真ん中で銃声が響くなんて、

もう起こってほしくありません。

 

 

犠牲者のご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

さて、翌朝も早朝から伊勢神宮にやってきました。

 

 

朝8時前には外宮にいたのですが。

 

さて、

 

タイトルにも書いた「朔日(ついたち)まいり」

 

伊勢神宮には、

毎月一日に早朝に参拝し、

無事に過ぎた一ヶ月に感謝し、

新しい月の無事を祈るという風習があります。

 

おかげ横丁では、「おもてなし」として朝市を開催し、

朔日限定の料理を早朝から振舞っているという。

 

それがさ。

 

その朔日朝市が午前4時ゲッソリから始まるのよ。

 

伊勢の朝も早いのねー。

 

 

 

 

さすがにそんな早朝に起きることは無理だったので、

コレ⬇︎だけは見ておこうと、8時前には外宮にやってきたわけです。

 

 

神馬牽参

(しんめけんざん)

 

毎月一日、十一日、二十一日に行われるそう儀式だそう。

 

 

 

 

 

「神馬」とは、皇室から牽進され、

外宮・内宮の両宮で飼育されている馬のこと。

 

この神馬が神職に導かれ、それぞれの正宮にお参りに行く儀式。

 

 

 

 

 

 

神馬には、菊花紋章が染め抜かれた馬衣をつけて綱に引かれています。

 

とっても神秘的な儀式を目の前で見ることができて、光栄でした。

 

最初、8時を過ぎても神馬さんがやってこないので、

 

どうしたのかしらん?

 

と、近くでお掃除をしていた巫女さんに聞いてみたら、

 

神馬さんの体調を見て出発時間が決まります。

 

とのこと。

 

なるほど。お馬さんの体調がやっぱり一番なのですね。

それを聞いてひと安心。

 

そうこうしているうちに、やってきてくれた、というわけです。

 

伊勢神宮では、

毎日、朝と夕方に神様へ神饌(しんせん=神様のお食事)をお供えするお祭りを始め、

年間1500回以上のお祭りが行われています。

 

そのうち拝観可能なものは、ごくわずかだそうですが、

そのうちの一つをこうやって見られたことは、すごい偶然を感じます。

 

旅行を計画した時、朔日まいりのことはもちろん知らなかったし、

3月1日に伊勢神宮に行かなくちゃ!と思ってもいなかったので。

計画した日がたまたま一日だった、という偶然。

引き寄せられた・・・という気持ちにさえなりますねー。

 

 

 

 

さて、神馬さんを見た後は、内宮へ移動するとしましょう。

 

外宮を出た道路の向こう側のバス停から内宮行きのバスが出ています。

 

それがさ。

 

片道430円もするの!!!

 

びっくり。

 

やっぱり最初に観光案内所に行って、安く行ける方法を聞いておくべきだったわ。

A=´、`=)ゞ

 

でも、バスの路線とか行き方とか、

わかりやすくバス停に表示されていたので便利でした。

 

何はともあれ、

 

バスで15分もすれば内宮前に到着。

 

 

内宮の入り口。

 

いよいよ内宮の参拝です。

 

日本一の神様、天照大御神がいらっしゃるところです。

 

伊勢神宮参拝のハイライト〜。

 

 

 

まずは、宇治橋を渡ります。

 

外宮では左側通行でしたが、内宮では、右側通行。

 

 

神苑を抜けて神宮の森へ入ってゆきます。

 

 

 

 

 

鳥居に優しい朝日が注がれていてなんとも神秘的!

 

 

内宮にも、いくつも別宮がありますが、

 

まずは、正宮を目指します。

 

 

とうとうやってきました。

 

天照大御神の御神前。

 

正宮を目の前にすると、なぜか体がプルプルっとして涙が溢れそうです。

 

 

 

 

 

どんどん近づいてゆきます。

 

心臓の鼓動はマックス!

 

日本一の神様に、今日の幸せの感謝を伝えてきました。

 

 

 

 

 

次は、別宮の参拝。

 

・・・へ行く途中に。

 

 

 

 

樹齢何千年?とも思われる木々が沢山あります。

 

こんな木々を見つけるたびに、そっと抱きしめたくなるロンドナー。

 

何千年も生きている木から何を聞きたかったんだろう。

何を感じたかったんだろう。

 

そんな気持ちさえ、おこがましく思えて、

ただただ木に抱きつくロンドナー。

 

もうそれだけでもパワーがもらえた気がしました。

 

今、こうしてブログを書きながら改めて写真を見ると、

この木々からもらったパワーを

ロンドナーの中でひしひしと感じます。

 

 

 

 

 

正宮の横を通り過ぎる時には朝日が光り輝いていました。

 

 

 

それから別宮である荒祭宮(あらまつりのみや)へ。

 

荒祭宮には、

天照大御神の荒御魂(あらみたま)をお祀りしています。

 

正宮で感謝の気持ちを伝えた後に、

ここで願いを伝えるとのこと。

 

・・・と、後でガイドブックを読んで知ったけど。

 

自然にここでお願い事をしていました。

ニヤリ

 

 

 

また神宮の森を歩いて、神楽殿へ抜け、そこでお守りを購入して、

 

 

それから、

 

風日祈宮橋を渡って、

 

風日祈宮(かざひのみのみや)へ。

 

ここでは、順風を期待して風の神様に手を合わせます。

 

 

 

 

 

橋から見えた風景。

五十鈴川に交わる島路川がゆったりと流れています。

 

 

 

 

朝日に照らされた神宮の森は、本当に神秘的。

 

 

 

 

 

ここにも樹齢1,000年以上の木が。

 

一つ一つ可能な限り、抱きついているうちに、

冷え切った体がポカポカ暖かくなってきたのを感じます。

 

 

 

風日祈宮の参拝の後は、参集殿(さんしゅうでん)で、ひと休み。

 

温かいお茶が無料で飲めます。

ふぅ。

 

ここまで朝ごはんお預け状態できましたからね。

 

 

 

 

伊勢神宮といえば、日本一の神様が祀られているところであり、

日本人であれば、生きているうちに一度は行っておきたいところ。

 

神様のことを語ったらきりがないですが、

ここでは二人の重要な神様だけ説明させてくださいな。

 

 

 

内宮で会った神様は、

 

天照大御神

(あまてらすおおみかみ)

 

伊勢神宮の主祭神で、世界を照らす太陽にも例えられる女神。

太陽は、あらゆるものの生命力と成長のエネルギーの源であることから、

天照大御神の神徳は生きるための力を授けてくれるものと考えられている。

 

そして、

 

前日に外宮で会った神様は、

 

豊受大御神

(とようけのおおみかみ)

 

天照大御神の食事を司る女神。

穀物を生育させる神の娘で、

名前の「豊」は豊かさを表し、「受」は食べ物を示している。

衣食住はもちろん、農業や漁業など、

あらゆる産業の神様として信仰されている。

 

 

 

 

私たちはすごい神様と会ったのです。

いや、会わせて頂いたのです。

 

 

 

 

 

さてさて。

 

朝ごはんがお預け状態だった私たちが次に向かったところは・・・。

 

うふふ。

 

わかるよね?

 

てへぺろ

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。