報告が遅くなって相すみません。てっきりOBだと思っていながらじつは東電に籍があるのではいかということになって確認作業をしていた、民主党杉並区議の安斉あきら氏(区監査委員)ですが、やっぱり東電社員でした。しかも給料が出ているそうです。顛末をマイニュースジャパンに書きましたのでお読みください。全文を読むには有料会員になっていただく必要があります。恐縮です。

 他の社員議員と疑われるケースについても確認中です。

 三宅勝久
===

「原発推進」杉並区議は現職の東電社員だった! 議員報酬+東電給料+労組献金で実質年収4千万円


東電ホームページなどを丸写ししたパクリ原発視察報告書で顰蹙(ひんしゅく)を買った杉並区の原発推進派議員(現職)・安斉昭氏が、現在も東京電力に籍を 置き、同社から給料を受け取っていることがわかった。東電広報も認めた。議員報酬と東電の給料で3千万円弱、使途が実質自由な労組系献金が1200万円あ るため、安斉氏の実質年収は推定で4千万円前後にのぼる。2007年4月の初当選以来、東電社員である事実を安斉氏が公言したことはなく、周囲からはOB だと思われていた。杉並区は東電から割高な「随意契約」で電力を購入しているほか、東電から土地の購入も検討中だ。安斉氏は区監査委員でもあり、契約先の 社員として利害関係者そのものであるが、説明責任を果たすどころか、ダンマリを決め込む傲慢ぶりを見せている。

http://www.mynewsjapan.com/reports/1549
AD