英語は一旦お休みして、健康管理をしながら行政書士を目指すブログ

現在、英検準1級・TOEIC970、一人で会社経営をやっている(社員0名)50代の男子です。
英会話のできるヘルシーな行政書士、第2種電気工事士&宅建士となって東京オリンピックを見に行こうと思っています。 



テーマ:
なぜ苦手なのかと冷静に考えてみましたが、学習量不足が原因でしょう。
ということで、これからは自分の住む街を実際に見ながらイメージを固めていこうと思います。
また、分かる範囲条文を読むようにします。
では早速始めましょう!
まずは都市計画法からです。ここは今後の学習にとって非常に重要なようなので、丁寧にやっていこうと思います。
 
5条1 
都道府県は、〜中略〜 一体の都市として総合的に整備し、開発し、及び保全する必要がある区域を都市計画区域として指定するものとする。
5条2
都道府県は、都市計画区域外の区域のうち、〜中略〜 準都市計画区域として指定することができる。
8条1
都市計画区域については、都市計画に、次に掲げる地域、地区又は街区を定めることができる。
一 用途地域
二 特別用途地区
二の二 特定用途制限地域
二の三 特例容積率適用地区
二の四 高層住居誘導地区
三 高度地区又は高度利用地区 以下省略
★都市計画区域=市街化区域・市街化調整区域・非線引き区域
8条2
準都市計画区域については、都市計画に、前号第一号 〜中略〜 掲げる地域又は地区を定めることができる。
13条7
市街化区域については、少なくとも用途地域を定めるものとし、市街化調整区域については、原則として用途地域を定めないものとする。
 
これらの条文を書き出した理由がありまして、市街化区域、市街化調整区域、非線引き区域、準都市計画区域、都市計画区域外・準都市計画区域外の違い(実際に見た違い)がよくわからないんです。(これこそ勉強不足のせい!)
 
今日は休みだったのでドライブに出かけました。昼食は「大砲ラーメン うきは店」です。322号線(田川経由)の一般道で行きました。(出発点は北九州市)
小倉南区の香春に近いあたりは市街化調整区域、田川は非線引き区域ですが用途地域が定められているところがあり、小石原・杷木は都市計画(準都市)区域外、うきはのラーメン屋さんは準都市計画区域です。思い出してみると、市街化調整区域と思しきところにはお店がなかったようです。そして準都市計画区域になったあたりからポツポツと店舗を見かけるようになりました。
 
幹線道路沿いは似たような街並みになりやすいのですが、それは用途地域のせいでしょうね。だとすれば、市街化区域、非線引き区域、準都市計画区域と区域が違っても同じような街ができるのが納得できます。
 
次は朝の散歩コースを研究しようと思います。
 
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「宅建」 の記事

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。