(元)無気力東大院生の不労生活

勤労意欲がなく、東京大学の大学院に逃げ込んだ無気力な人間の記録。
学費を捻出するために、不労所得を確保することに奮闘中。
でした。

記事に少しでも関係のあるものでしたら、コメント、トラックバック大歓迎です。但し、無関係と思われるものは容赦なく消させていただきます。


↑参加してます。

テーマ:

 Julian Singh『Open Data 101: The latest trends, challenges and research in government open data』を読了。

 

 簡素な作りの本で、ページ数の少なさ以上に、全体的な記述の少なさを感じるが、それぞれポイントは的確に押さえられており、現在のオープンデータに関する各種のトピックは網羅されている。全体の見取り図を得るという意味では、このくらい焦点を絞った方が良いということかもしれない。
 この分野は情報が直ぐに古くなるので、読むなら今という本。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 本日の結果です。

 

 中京1R ウインネプチューン 単500円・複1000円→3着(配当110円)払い戻し1100円

 

 そのうち勝ち上がるとは思うものの、最後の決め手が欠けるタイプかもしれない。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 クリストファー ユー『ICT実務のためのインターネット政策論の基礎知識: テクノロジー・ユーザー・ビジネスにより進化し続けるネットワーク』を読了。

 

 明らかに邦題が間違っていると思う。原題は書影にもあるように、「The Dynamic Internet」である。こちらの方が本書の内容を的確に反映している。
 インターネットがどのように「進化」してきたのかをまとめ、その後に邦題にあるような政策論に進むという流れ。政策論も、あくまで前段の「進化」の過程を踏まえた上での話であり、なかおつ、「基礎知識」なる何かが開陳されているわけでもない。
 きちんとした研究書であり、基礎知識を与えるような性格の本ではない。間違って購入する人はいないとは思うが、これではこの本を本来必要とする人たちにも届かなくなってしまう。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 島田裕次『情報セキュリティの基本』を読了。

 

 文字通り、情報セキュリティの基本をまとめた書。必要最低限をコンパクトにまとめている。
 経営層など特に技術的なところからは遠い層でも違和感を覚えることなく読み切れる内容になっている。
 より具体的な対策となると、この本では不十分なところもあるが、それも情報セキュリティの重要性が組織の中で共通認識として共有されれば乗り越えることが出来るだろう。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

  細川義洋『システムを「外注」するときに読む本』を読了。

 

 ストーリー仕立てで、システム開発にまつわり、ユーザー側とベンダ側で心掛けるべき事柄を解説していく。実質的に実務上で有用なページ数は限定されており、ある程度この事柄に通じた人には無駄な部分も多いと受け止められそうだ。ただ、そういう層よりは、もう少しライトな層に向けて書かれた本であると思う。そういう意味では、ストーリー部分の若干の陳腐さは、むしろデフォルメとして許容の範囲内だろう。

 この本を読んだだけで、書名にもある外注時のあれこれは全て解決出来るわけではないとしても、導入としては十分に機能する有用な書だと言える。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。