記事に少しでも関係のあるものでしたら、コメント、トラックバック大歓迎です。但し、無関係と思われるものは容赦なく消させていただきます。


↑参加してます。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

斎藤美奈子『文庫解説ワンダーランド』

テーマ:書評関連-一般
2017-02-20 12:22:22

 斎藤美奈子『文庫解説ワンダーランド』を読了。

 文庫本の解説を「解説」する。まともに解説なんてしていない解説がいかに多いことかということを大御所による解説も取り上げながら鮮やかに抉り出していく。
 本書を読むと、俄然、本文より解説が気になる存在になる。

 

 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

さらなる大物感

テーマ:ブログ
2017-02-19 23:45:50

 本日の結果です。

 

 京都9R ファンディーナ 単500円・複1000円→1着(単130円・複100円)払い戻し1650円

 

 さらなる大物感。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ここも通過点のような気がする大物感

テーマ:競馬
2017-02-19 00:05:41

 本日の予想です。

 

 京都9R ファンディーナ 単・複

 

 ここも通過点のような気がする大物感。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

安定の強さ

テーマ:競馬
2017-02-18 20:23:35

 本日の結果です。

 

 東京11R アルバート 単500円・複1000円→1着(配当単210円・複110円)払い戻し2150円

 

 安定の強さ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

池田嘉郎『ロシア革命――破局の8か月』

テーマ:書評関連-一般
2017-02-18 11:40:42

  池田嘉郎『ロシア革命――破局の8か月』を読了。

 2月革命から10月革命までの8か月間。この間の臨時政府の苦闘を描く。
その後のトロツキーやレーニンを中心に描けば、臨時政府は打倒されるべき存在として表現されるわけで、実際、そういうものをこれまで読んできた気がするが、本書はそういうものとは趣を異にする。
 8か月間、臨時政府も無為に過ごしたわけでもなく、多様な勢力のバランスを取りながら、苦心を続けていた。一人一人の登場人物の動きとともに、そのことが十分に伝わってくる好著である。

 

 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

これくらいの距離なら

テーマ:競馬
2017-02-18 02:25:58

 本日の予想です。

 

 東京11R アルバート 単・複

 

 これくらいの距離なら、現役最強。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

『日経ソフトウエア2017年3月号』

テーマ:書評関連-雑誌
2017-02-17 00:04:55

 『日経ソフトウエア2017年3月号』を読了。

 フレームワークの特集は着眼点が良く、100も取り上げたわりにはそれなりにひとつひとつに記述がなされており、悪くない。
 ラズパイを取り上げた付録も合格点。

 

 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

加藤康男『三笠宮と東條英機暗殺計画』

テーマ:書評関連-一般
2017-02-16 00:01:10

 加藤康男『三笠宮と東條英機暗殺計画』を読了。

 題名だけ見ると陰謀めいた話かと思ってしまうが、実際には三笠宮親王に直接インタビューした内容を中心に据えた本であり、迫力のある話が詰まっている。


 皇族へのインタビューというのは困難であろうし、このテーマがテーマなだけに、よくぞ聞き出したというところ。ただ、やはり踏み込みがたい部分もあったようで、明らかにしたようで実際には茫洋とした部分も残っている。状況証拠も組み合わせれば、著者が本書で書いたとおりのことが進行していたと言えそうだが。

 

 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

田中孝男・木佐茂男(編著)『新訂 自治体法務入門』

テーマ:書評関連-研究関連
2017-02-15 08:23:10

 田中孝男・木佐茂男(編著)『新訂 自治体法務入門』を読了。

 題名にあるように、新訂されたもの。以前の版は読んでいないが、最近の地方分権の流れを反映した改訂になっているはず。

 

 内容は基本的な事項をきちんとおさえており、いわゆる初学者でも無理なく読んでいけると思う。ただ、「法務」に関して心構えを説いた部分も多く、そういうものは、例えば自治体の職員として働くのであれば、そもそも採用試験を受ける前段階の話だと思う。どちらかと言うと自治体の現職職員を読者に想定した本だが、この本のレベルに達していない人が採用されているとしたら、それはそれで納税者として不安になる。

 公務員試験の受験生にこそ読まれて欲しい一冊。

 

 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

真山達志(編著)『政策実施の理論と実像』

テーマ:書評関連-研究関連
2017-02-14 18:35:50

 真山達志(編著)『政策実施の理論と実像』を読了。

 表題に沿った論文が集められている。結果として、出来不出来が分かれるところだが、全般的には参考になる内容の論文が多いように見受けられる。
 いずれにしても、冒頭に掲げられた編者による理論的に整理に対して、各論文の著者がもう少し自覚的に参照すべきだとは思われる。

 

 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。