記事に少しでも関係のあるものでしたら、コメント、トラックバック大歓迎です。但し、無関係と思われるものは容赦なく消させていただきます。


↑参加してます。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

なかなかの追いっぷり

テーマ:競馬
2017-11-19 21:50:28

 本日の結果です。

 

 福島6R フィルムフランセ 単500円・複1000円→1着(配当単380円・複150円)払い戻し3400円

 

 なかなかの追いっぷり。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

今週も横山騎手で

テーマ:競馬
2017-11-18 23:26:25

 明日の予想です。

 

 福島6R フィルムフランセ 単・複

 

 今週も横山騎手で。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

UCC BEANS&ROASTERS クリームブリュレラテ

テーマ:飲み物
2017-11-16 08:00:39

 UCC BEANS&ROASTERS クリームブリュレラテ

 

 甘い飲み物。それ以上の印象がない。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

イェヘッケル ドロア『統治能力』

テーマ:書評関連-研究関連
2017-11-15 12:10:37

 イェヘッケル ドロア『統治能力―ガバナンスの再設計』を読了。

 

 オランダ学派に見られるように、「ガバナンス」というと多様な主体の参画やネットワークの形成が注目されるところである。対して、政治家を中心としたエリートの重要性を改めて確認し、その「統治能力」について理論的に考察するのが本書である。この企図からして、エリート主義の批判が当然に予想されるところ、そのあたりにも十分に配慮がなされた議論が展開されている。
 ただし、理論的な議論に留まり、はたして「能力」とは何かは最後まで曖昧だったように見受けられた。ガバナンスエリートへの教育の重要性の指摘や彼らが活用出来る専門知識を持った人材なり組織なりをエリートの傍に置くべしとの提案も、そもそもの能力や知識が判然としないので、今一歩ピンと来ない。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

宇野常寛『母性のディストピア』

テーマ:書評関連-一般
2017-11-14 01:37:35

 宇野常寛『母性のディストピア』を読了。

 

 2010年代における戦後サブカルチャー論の金字塔であると言って良い。
 取り上げられるのは宮崎駿、富野由悠季、押井守。
 題名にもある「母性」をめぐって、彼らの作品が読み解かれていく。その手際が鮮やか。バラバラに見えた点に鮮烈な一本の線が描き出されていく様子が鮮やかで、500ページを超える大著であることを忘れさせるくらい読者を引っ張っていく。
 今後、特に日本のアニメーションを語る上では必ず参照されるはずで、その議論の道標になる書である。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

勝ち馬の戸崎騎手の巧さが光った

テーマ:競馬
2017-11-12 23:23:57

 本日の結果です。

 

 福島6R クリノヴィクトリア 単500円・複1000円→3着(配当170円)払い戻し1700円

 

 横山騎手の騎乗に見どころはあるも、勝ち馬の戸崎騎手の巧さが光った。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

斤量差を活かしたい

テーマ:競馬
2017-11-11 23:27:38

 明日の予想です。

 

 福島6R クリノヴィクトリア 単・複

 

 斤量差を活かしたい。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

直線の勢いはあるも

テーマ:競馬
2017-11-11 20:21:41

 本日の結果です。

 

 東京8R ピンクブーケ 単500円・複1000円→6着

 

 直線の勢いはあるも、全体的に止まらない展開ではこれが精一杯か。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ムーアの剛腕で大外豪快にまくる

テーマ:競馬
2017-11-10 23:31:32

 明日の予想です。

 

 東京8R ピンクブーケ 単・複

 

 ムーアの剛腕で大外豪快にまくる。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

堀雅晴『現代行政学とガバナンス研究』

テーマ:書評関連-研究関連
2017-11-06 12:12:31

 堀雅晴『現代行政学とガバナンス研究』を読了。

 

 ガバナンス研究の潮流を整理した論稿が前半部。後半部は個別分野、具体的には大学とスポーツ分野に関してガバナンスという観点から論じた論考から成る。そして、最後の章はマルクスのアソシエーション論からガバナンスに接近する論考である。
 特に前半部分の学説の整理については、ガバナンスの研究の動向を理解する上で有用である。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。