Blog内検索

Blog内を検索 WWWを検索

LINK
2010年11月22日

・上海万博で日本の愛する錦鯉を毒殺した中国 ~中国と中国人の本質が凝縮された事件~

テーマ:韓国・その他ニュース

日本人の愛する錦鯉を毒殺した中国:週間新潮コラム 櫻井よしこ

(前略)中国政府は、万博は大成功だったと自賛し、「改革開放政策を進める自信と決意を強固に、平和発展と開放を両立させる道を歩み、世界各国と連携を深める」と発表した。だが中国の威信をかけて「成功」させた万博で、中国の異質さを象徴するような事件が起きていた。10月15日深夜、新潟県長岡市が持ち込んだ山古志村の錦鯉が毒殺処分されたのだ。


 錦鯉を展示した高野国列氏が詳細を語った。氏は42歳、山古志村で60年の経験をもつ父に学び、約20年間、錦鯉を養殖、現在、長岡市錦鯉養殖組合(以下組合)の青年部長だ。

 「上海万博では生き物は展示出来ないそうですが、例外的に認められ、錦鯉を展示することになりました。今年5月頃、長岡市から話があって、準備に入りました。鯉は日本に持ち帰れないという条件でしたが、展示終了時点で中国の公共の施設か業者に贈ろうと、皆で決めました。経済的には大出費ですが、山古志と日本を代表するのですから、立派な美しい鯉を5匹選びました」

 いまは長岡市と合併した山古志村は、山古志牛の産地であると共に錦鯉発祥の地としても知られている。6年前の中越大地震のとき、底が割れて水が技けた池で多くの錦鯉が死んだ。人々はわが子を死なせてしまったように悲しみ、残された鯉を大切に育て、錦鯉養殖の伝統を守った。(中略)

■「病気があるため殺す」

 「中には食べられるかと尋ねる中国人もいましたが、美しい鯉に、皆、感嘆の声をあげていました。催事場はテニスコートー面分程しかなく、そこに15日午後8時までの2日半足らずで2万6000人が来て、身動き出来ないほどでした」 押すな押すなの2日半が過ぎ、15日の午後8時に展示が終わった。深夜までに片づけ、次に展示する京都の人々に明け渡さなければならなりそのとき、事件は起きた。「中国人数人が突然入ってきて、我々以外全員を外に出し、バタバタッと水槽を取り囲みました。物々しい雰囲気の中で鯉を指して、『病気があるため殺す」と言ったのです。私は思わず言いました。「病気なんかない。入国のときにきちんと検疫を受け、中国側も認めたでしょう』と。

 しかし、いくら言っても、『病気だ』の一点張りです」と、高野氏。 押し問答する内に全員、感情が高ぶり、高野氏が言葉を荒らげた。 「『ふざけるな、何年もかわいがって、作り上げてきた鯉を(殺すなんて)、人道的じやねえ』と言ってしまいました」と高野氏。 激しく言い募る氏を、仲間たちが止めた。「もう止せ」と言いながら、1人はボロボロと涙を流した。そのときだ、中国側が突然、水槽にドボドボドボと液体を注ぎ込んだのは。 「途端に鯉が痙攣し始めました。もう助けようがありませんでした」と高野氏。悔しさと悲しさと屈辱で呆然とし、氏はその後、何をどうしたのかよく覚えていないという。 錦鯉を上海万博で世界の人々に見て貰いたいと考え、生き物は搬入不可のルールに例外を設けるよう尽力したのは長岡市長の森民夫氏だった。(中略)

 長岡市は、上海万博出展は鯉を最終的に処分するという前提で行われ、契約書にもそう書かれていと説明する。殺処分は受け人れざるを得ない条件だったというのだ。だが、野上氏らは甫の説明を否定する。 「殺すという前提はありませんでした。契約書‥も交わしていません。ただ、日本に持ち帰れないことはわかっていましたので、中国に残して、中国の人たちに可愛いがってもらえればよいと考えていたのです」

 こう語りつつ、野上氏は言う。「かといって、私らは毒を入れた中国人を非難する気はありません。彼らは命令されたんでしょう。あとで彼らは電話をかけてきて、申しわけないと言ったそうです」

■自衛こそ合理的な解決

 謝罪の言葉を野上氏が本人たちから聞いたわけではなく、通訳から聞いたそうだ。客観的に見て、中国の官僚が政府の指示で行ったことを謝罪するとは考えにくい。だが、野上氏も高野氏も伝え聞いた言葉を額面どおりに受けとめる。

 「実は一連の様子はビデオにも写真にも撮ってあります。我々で、動画を公開するのがよいのか悪いのか、話し合いました。理事(野上氏)は公開しない方がよいとの考えでした。小さな尖閣問題みたいですね」と高野氏は苦笑する。野上氏も語った。

 「クスリを水槽に入れられた場面などを撮りました。けれど、もうそんなもの、見たくもない。思い出したくもない。大事な鯉を殺される映像を外に出して、摩擦をおこして中国と喧嘩したくない。我々は中国と親交を深めていきたいと願っているし、彼らもやがて、自分たちのやり方が相当おかしいと気づくでしょう」

 新潟の人々のこの優しさが中国人に通じる日は来るのか。評論家の加瀬英明氏が石平氏との共著、『ここまで違う日本と中国』(自由社)で指摘している。「広大な国で、第二次大戦前の中国には、上海をはじめとして、多くの大富豪がいたのに、今日にいたるまで、西洋美術館が一つもない」 彼らは洋楽は好むが、美術においてはゴッホもセザンヌもルノワールも、広重も歌麿も横山大観も捕方志功も、認めない。中国美術以外に価値を認めないと加瀬氏は喝破する。

 美しい姿で泳ぐ鯉の頭上に毒を振り撒くのは尋常ではない。この異常さは、日本人の感ずる鯉の「美しさやかわいらしさ」を感じとれないゆえではないのか。小さな生物への愛着を待ち得ないからではないのか。中国人の変化を期待して、鯉を死なせた悲劇を忘れるより、逆に未来永劫記憶して、二度と同じ目に遭わないように自衛することこそ、合理的な解決だと、私は思うのである。(後略)

人気ブログランキングバナー←最初にブログランキングのご協力お願いします。



 上記は、週間新潮11月25日号(11/18発売)に掲載された櫻井よしこ氏のコラムの抜粋です。(長文の為一部を省略しています。全文を読みたい方は購入してご覧ください)

 最初から鯉は日本に持ち帰れないというのは日本側も了承していたとのことですから、万博終了後の取扱方については、ある程度中国側に裁量が移ることは仕方がないことだったとしても、他国の代表が丹精込めて育てた美しくも優雅な鯉を、有無を言わさず即日毒殺処分とは、中国という国家と中国人というものの持つ、自分達の利益の及ばないものへ対する態度、そして生あるものへの倫理観といった性質を本当に良く現した例だと思います。それはチベットやウイグルで中国人が行っている非人道的な統治や大虐殺などにも直接的につながるものです。

 中国人達が錦鯉を毒殺している一部始終を収めたビデオがあるとのことですが、私はそれを日本中に公開して欲しいとも思います。今回のこのコラムでは、二度と同じ目にあわない為には日本人は自衛すべきだとくくられていますが、その為には日本人全体が、中国という国と中国人というものに対して、真実と正しい知識を身につける必要があります。先の尖閣問題で少しだけ実態は広まったようですが、まだその本質を知らない日本人は多いです。この事件の一部始終が収められたビデオを見れば、尖閣事件以上に日本人は中国と中国人の本質を知ることになるでしょう。


 錦鯉を目の前で殺された当事者の方達にとって、またあの光景を思い出すのはつらいと思われるのも十分わかりますが、他の日本人達が同じ目にあわないためにも、是非真実を多くの日本人へ伝えて欲しいと思います。



人気ブログランキングバナー←このBlogに何かを感じたらクリックして下さい。

参考書籍
日本を愛すればこそ、警鐘を鳴らす―論戦2010
櫻井 よしこ
4478013799


異形の大国 中国―彼らに心を許してはならない (新潮文庫)
櫻井 よしこ
4101272271

いいね!した人  |  コメント(43)  |  リブログ(0)

lancer1さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

43 ■馬鹿じゃねーの

アホ 帰れ

42 ■むかつく

くたばれ!

41 ■熱烈慶祝日本大地震!!

熱烈慶祝日本東北大地震及福島核洩漏!

讓你們所有日本人:生不如死!

廣島--長崎--福島萬歲!!!

40 ■強力領土資料本「国家の楯」で一大ブームを!

拡散を宜しくお願いします!

★拡散《超人大陸の収録で『国家の盾』を解説!》 http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-211.html インターネットにアップされるのは、11月29日からです。(靖国神社境内にて) 強力領土資料本「国家の楯」で一大ブームを!

★拡散《シンポジウム:【中国情報最前線:尖閣・国内中国人犯罪・反日から派生する今後の動向】最強の方々の主催です。是非若い方々にも周知拡散  ジャーナリスト・鳴霞、 外国人犯罪ジャーナリスト・坂東忠信、 ジャーナリスト・水間政憲(司会兼任)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-190.html

★拡散《仙谷問責までビンポイントの要請をもう一度!》 http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-210.html 民主党を終らせたい方、是非ブログ必見で公明党に要請をお願いします。

★緊急拡散《自民党は海上保安官に総選挙出馬を要請せよ!》 http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-201.html Sengoku38さんを自民から出馬させるための要請を!日本人がより防衛に目覚めさせないと日本無くなります!!!

39 ■無題

>中国美術以外に価値を認めないと

彼らの多くにとって美術品は高いから価値があるんだ。
それ以外の価値は認めないんじゃなくて理解できないんだよ。
そういう価値観がない世界で育ったんだもの。
そういう感覚は生まれて育ってれば自然に生まれるってもんじゃない。

38 ■無題

展示が終わり次第
上海市長や共産党幹部に献上する
とかでまかせ言えば
いきなり毒殺されることもなかっただろに。
もしかしたらそのまま幹部の元で
生き残れたのかもしれないのになぁ。
日本人って本当に正直者だよ。

37 ■たしかに

>小野まささん
確かにバランス悪い記事ですよね。

契約書云々いっていますが、長岡と生産者との情報交換がうまくいってないのではないでしょうかね。

中国とは鯉ヘルペスのことがまだ続いていますから、殺処分なのはしかたないかも。

いきなり毒で殺す中国のスタンダード、錦鯉輸出を軽く考えた長岡の下手な商売っ気、錦鯉生産者のばか正直さ。全部が悪いって感じでしょうか。


とりあえず、契約書の内容やら、中国とどういう話をしていたかをはっきりさせないうちは、かってに撮影内容は流さない方がよいでしょうね。中国に逆に痛い目くらうでしょう。

36 ■日本人は残虐な民族です

この詳細がわからない一件で、中国人の残虐性を非難するのは妥当ではないでしょう。

これでは日本人の残虐性・野蛮性を説いているシーシェパードの論法と同じですよ。




そろそろ在日認定か工作員認定来ますか?

35 ■生贄とされた錦鯉は可哀想だが...

今回の問題の本質は『長岡市の自業自得』でしょう。
先ず初めに、シナは鯉の持ち込みを禁止していた。そこへ長岡市が「価値ある日本文化の一つだから」と規則を曲げてもらって持ち込ませてもらった。
契約書が無く、完全に口約束とはちょっと考えられませんよ。
「持ち帰れない」というのは、長岡市側が養殖業者に対して言葉を濁して伝えた可能性も有り得ます。

私は今回の件を知って最初に思ったのは、まだまだ日本人の多くはシナの本質を到底理解しておらず、そして相変わらず底無しのお人好しだな、という事です。

かの新幹線の技術盗用に関しても、今さら後悔しシナのやり方は契約違反だと訴えているそうですが、本当に...今さら何をと言いたい。
そんな事はJR東海の葛西会長がとっくに訴えていました。

今回の件について、シナ人が日本人と本来相容れない、残虐な根底を持つ民族である事は置いておいて、結局は日本人の認識の誤りが招いた悲劇でしかない。
そして、それこそ我が子の様に育てた錦鯉を、長岡市とシナの共謀により殺された養殖業者が、それでもシナに今後輸出できるなら(金になるなら)と考えているとしたら、やはり浅墓としか言えません。

錦鯉は海外でも注目されつつありますから、その内に「中国産」が出回る事でしょうから。

34 ■Re:無題

>白袴さん
わかりやすい印象操作ですね。

33 ■次なる世界大戦への足取りは着々と進んでいる

国が違えば文化が変わる。
文化が変われば価値が変わる。
錦鯉は、日本にとって素晴らしい財産でも、中国からしてみれば病原菌を持つ危険な不利益物でしかないということ。
そして、どちらもお互いの意見を譲るつもりは全く無い。
現に尖閣問題でも、両者とも自軍への非は認めていないのだから、対立は永久的に続く。
どちらも意地汚い頑固オヤジの集団でしかない。
やがてそれは、話し合いでは済む話ではなくなり、自然的に実力行使による抗議へと発展する。

世界は変わらない・・・お互いを認め合うこと、お互いを理解すること、それができない人間共が作る世界は、崩壊の一途を辿るしかないのだから。
ここまで来たら、もう誰も止めることは出来ない。
ただただ、私たちは身勝手な判断と感情に任された程度の低い人間のせいで、これからの暗闇を押し付けられるしかない。

ここで言い合うのはもはや時間の無駄なのではないだろうか。

32 ■無題

中国さま大好きです☆

31 ■無題

飼ってた水槽全てひっくるめて除菌するっていう点では何もおかしくない。
会期が終わってすぐってのも、病気を持っている可能性を考えたら迅速な行動。
(病気はもってない、検疫済みだってのは論外ね。
検疫は特定の病気が対象で、他にどんな病気を持ってるかはわからないんだから)

一番の問題は、取引する相手の事を何も知らなかったこと、知ろうしなかった事。契約の内容さえ。
こんなの、自宅のカギをかけずにいたら泥棒に入られた、くやしい、って言ってるようなもの。
これで中国批判はどうかしてる。

けどまぁ、かわいそうなのは中国に対して自分の感覚が通用すると思っている点。
中国がらみの報道がマトモにあれば、少なくともこんな思いをすることはなかったようにも思う。

30 ■無題

なにやら嫌中嫌中と連呼している奴がいるが、今の中国に好きになれる要素があるとでも?
大陸の方がいるのなら是非とも教えていただきたい

29 ■マジレス?

 価値観を固定して終うと、笑的感覚も狂ってくるワケだ、まぁ、錦鯉を観て彼らが感じたのは、先ずは「食えないのか?(笑)」だったわけで・・、脳回路が嫌中に凝り固まり、「ユーモアの価値」すら解さないほど壊疽しているわけですから、これ以上の議論は無駄でしょう。

28 ■認識不足が為せる業

 価値観を固定して終うと、美的感覚も狂ってくるワケだ、まぁ、錦鯉を観て彼らが感じたのは、先ずは「食えないのか?」だったわけで・・、「錦鯉の価値」を理解して居ないわけですから、其れ以上の議論は無駄でしょう。

 万博に出展と云う名誉に、感情的に高揚している暇が有ったら、錦鯉を可哀そうだと思う気持ちが有ったら、少し冷静に成って持って行く前に確かめておくべきでしたね、錦鯉の価値の判らない連中に飼育などできるわけも無い位、理解できるでしょうに。

 現代のシナ人は野蛮人に過ぎないと云う事を理解して居ないからこういうことが起こるのだと思います、日本人は知らない事、わから無い事は、自分が知っている事で片づけてしまう迂闊さがありますが、それに気がつけていない人が大半です。

 「幾らなんでも・・」、と云う感覚は絶対に通用しない事を知らなくてはイケません。

27 ■無題

本当に残虐で恐ろしい国ですね、中国という国は。
今の中国はこういう国なのだから、日本側もいいかげんに中国との付き合い方を考えなければいけない。

26 ■無題

民主党政権になってからの最近の地方での政治の動きを見ていると、新潟をはじめ各地で媚中やら反日左翼的な事案が目立ってきていて、シナ工作員や在日成りすましなどが浸透してきているのでは、と感じているのは私だけでは無いでしょう。多くの日本人に覚醒していただきたい。

25 ■無題

チョンと韓国でドンパチが始まったらしい、いよいよチョン国の滅亡が始まったか。

24 ■無題

鯉の業者の方が大きく非難しないのは飼うことのコストやリスクを知っているからでしょう。
中国は嫌いだが飼えないから薬殺に関しては中国が悪いとは言えない。
情を持つ国なら飼うことの出来る人に譲るなど手は打ったでしょうね…。
まぁ、生き物を飼うと飼う側の責任として飼うか譲るか処分するかしかありませんから…。
飼うという契約がなかったのであれば薬殺もやむなしだが
育てた本人の目の前で薬殺はいただけない…
…やるせないな。

23 ■無題

支那人の外道っぷりは今始まった訳じゃない。
それに目をつぶって阿る、期待する日本人がメデタイだけ。

悔しいかな、そう言う日本人が多すぎる。
どれだけ痛い目に遭えば気がすむんだろう。

22 ■無題

休みのせいか、いろいろ来てますねー

21 ■航友会会長が「言論統制」と政権批判 民主党内からも撤回要求

http://blogs.yahoo.co.jp/success0965/archive/2010/11/22
北沢俊美防衛相らの指示で自衛隊行事での民間人に
よる政権批判を封じる防衛事務次官通達が出された
問題で、通達のきっかけとなる発言をした自衛隊のOB
などで構成する民間団体「航友会」の荻野光男会長(88)
が21日までに産経新聞のインタビューに応じた。
【前航空幕僚長の論文問題の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj10.cgi
【前航空幕僚長の論文問題タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい

20 ■ご苦労、プンフ君

>ピンフ君

だから句読点が無いんだって(≧∇≦)

正体バレちゃうよ(^w^)

19 ■なんだかなぁ

そもそも虐殺国家での万博など行くべきではなかったのではないか。支那の凶悪、破廉恥、非人道など今に始まったことではなく、有史以来延々と続いてきたこと。

支那とはそういう国なんだと、自分自身の身に起こって初めてわかったのですね。これに懲りて、日本国益を損なう行動は慎んでもらいたい。

平和ボケの日本人。

18 ■アロ さん に激しく同意

ほんとに、櫻井よしこは、頭の回路がヤバいね。

これ、普通に読むと「市」を批判すべき内容に思えますよね。

なんでもかんでも、「反中!反中!」してると
保守も昔の社会党みたいなイメージになりますなっ

17 ■無題

長岡市の怠慢を中国批判に転嫁ですか。


反中工作お疲れ様です。


そもそも中国だろうがアメリカだろうが一歩海外に出れば価値観が違うことなんていくらでもあるだろうて。

16 ■脳内変換ってすごいな。

 同じ事実鑑みでもこれだけ解釈違うことに驚愕しました。

 中国側が先年コイヘルペス流行りで大被害出して、現在禁輸になっているのを予め知っていた上で
 日本側が錦鯉販売したい都合ばかりから”殺処分”承知で”特例”要請し、展示許可に押し切ったわけでしょ。

 病毒はやらす危険性なくすために契約通り殺処分に処したのを、なぜ日本側が被害者ぶり中国側責めてる事態になっているのだろうか?

 きっとそのような人達は面白おかしく中国が悪いとさえ言えて自己満足でき事実関係はどうでもいいのでしょうね。

15 ■無題

追記でまた反感買うような事を書いてやろう。

>摩擦をおこして中国と喧嘩したくない。我々は中国と親交を深めていきたいと願っているし、彼らもやがて、自分たちのやり方が相当おかしいと気づくでしょう。
どんなに待っても連中は自分達のやり方がおかしいとは欠片も思わないし、黙って耐えているだけで深まる親交なんてもんも存在しない。
根本的に頭がボケている。
今までの日本の外交と全く同じ。
何の問題解決にも結び付かないどころか、目が見えているのか、頭が正常に機能しているのか本気で疑わしい。
お前ら、そんな方法で仲良くなった一人でも友人がいるのかよ、と。
下請けと親会社の関係なら何されてもヘラヘラ笑ってりゃいいんだろうけどな。

記事を読んで一番気持ち悪かった部分の感想を書いてみた。
書くだけ書いたけど、面倒臭えからスルー推奨だw

14 ■船井幸雄氏も危惧しだした

日本の若者よ、もっとしっかりせよ。このままでは日本は中国に占領される。

船井幸雄の今知らせたいこと 

http://www.funaiyukio.com/funa_ima/
このままなら某国に完全に占領されそうです。その時は日本語は禁止され、日本人のエリートは、みんな殺されるでしょう。そして日本は日本で無くなり、地球も銀河系もつぶれます。どうしても、これは阻止してもらわねばならないです。よろしく」と。

全文は上記のアドレス(船井氏のHP)でお願いします。

13 ■無題

アホだ・・・
度が過ぎるお人好しは客観的に見るとただのアホにしか見えん。
上海万博にのほほんと参加すること自体に疑問符が付くのに、更には激昂したり泣き崩れたり、でも喧嘩はしたくない、とw
日中友好大いに結構、一生カモられてろw
何度も書いてきたが、敵を敵として認識出来ないアホは表に出てこない方がいい。
記事の連中も大人しく鯉を育てていれば、余計な面倒に巻き込まれることも無かったし、大好きな日中友好に傷をつける事もなかったのにな。
中国は敵国だ。
過去もそうだったし未来もそうだ。
敵国と友好を結ぼうなんぞ口にする奴は敵のスパイか現実が見えてない阿呆かのどちらかだ。
しかも、黙りを決め込んで他者が同じ様な被害に遭っても知ったこっちゃないときたもんだ。
まあ、同じ様な被害に遭う奴はやっぱり同じ様な阿呆だろうからまあいいかw

いやあ、相変わらず下品だな、俺w

12 ■無題

おぞましい事件です。
読んでていてぞっとしました。
これが日本人しか感じ得ない感情だとしたら、私はこれを捨てる事はできないと思います。
そして同時に彼らを許す事が出来ないという感情も湧いてしまいます。
悲しい定めなのでしょうか。
決して分かり合える事のないものなのですね。
残念です。

11 ■無題

皆様、荒らしはスルーで、何卒お願い致します。

10 ■Re:無題

>本当に許せませんさん

もう少し日本語をちゃんと勉強してから書き込め。話はそれからだ。

9 ■無題

>できませんこの考えは一般的な日本人です私は一般的な日本人であり日本人はこう考える

随分と日本語の下手糞な日本人だこと。

8 ■無題

契約の問題だけじゃなく、チベット・ウィグル人の問題と錦鯉の問題を繋げて考えるのは流石に牽強付会だと思います。魚は人ではないですし。

人と動物の関係や感覚は民族によって様々です。それは生活習慣、産業や文化(宗教や料理)から形造られます。欧米人は犬や馬を可愛がりますが、鹿は獲物ですよね。豪州白人は鯨は大事にするのに、ディンゴやカンガルーには残酷です。蒙古人は馬を家族の様に大事にしますが、日本人がやらない去勢は平気です。日本人も泥鰌鍋は楽しみます。中国人は淡水魚といえば食料と考えるでしょうから、綺麗だとは思っても可愛いとは感じないでしょう。
結局、中国人が特別何かということはなく、単に違いであって、相互に尊重するか、相互に否定するかでしかないと思います。

チベット・ウィグル人に対する扱いは、通州事件や義和団事件、凌遅死刑などの存在と関係付けるのは理解できますが。
本当に非難すべきものが見えなくなりかねないということで、櫻井さんと管理人さんの感覚は、ちょっと私は受け容れかねます。

7 ■無題

酷い話です
きちんと話を詰めておかなかった日本側にも手抜かりがありますが、やはり大陸の人間とは決定的に何かが違うのでしょう
小さな命を憐れむことすらできない亜人間と友好関係など結べるのか、はなはだ疑問です
彼らはそうするのが良いと思えば、鯉を殺した時のような感覚で人間を殺せるのではないか・・・そんな気がしてなりません

6 ■共産主義思想かぶれは生き物も単なるモノでしかない

 まあ、契約では日本側に裁量がないので、鯉の殺処分は、仕方がないでしょう。しかし、この出来事は、共産主義思想に染まった人間が、いかに生に対して、死の尊厳とかいったものをないがしろにするものなのかを如実に表した出来事かと思います。

 また、櫻井さんのコラムの中にあるように中国美術以外は認めない風潮も、背景には共産主義思想家の思惑もあるのだと思います。

 ただ、はっきりしているのは、共産主義思想にかぶれた人は、人の命も、生物も単なるモノでしか捉えていないということです。

 つまり、たたき壊して(殺人)もそれが必要ならいとも簡単にしてしまうことである。

 旧ソ連、中国の文化大革命そして、私は個人的に思っているのだが、南京大虐殺は、中国共産党がやったのではないかと、それを日本人になすりつけた。それが真相なんかじゃないかと。

 そのほかにも、カンボジアのポルポトなど、共産主義に関わるものはたくさんある。また、相反する民族主義も同じようなこともしている。

 ところで、いまこれに似たようなことが起きている。というより、やっちゃっている奴らがいる。仙谷官房長官はその手あい。元活動家ともいえる。この活動家が、いまの日本を動かしている。ゆゆしきことだ。かといって民族主義的なものも困るが、それ以上にいまは仙谷だ。それに続くのが、輿石だ。こいつも共産主義者といってもいい。次に管。まさにこいつらこそ、日本の政界から追放させることが先決だ。

5 ■不思議

小野まささんに同意。
野上氏らには同情するが、処分方法を相手に委ねる前提の契約がされていたらあまり文句は言えないでしょうね…。

しかし、なぜわざわざ殺す必要があったのだろう?
中国にはない日本の魚固有の病気の感染を防ぐため?
殺すにしても薬を用いるのはコストがかかるし、何よりも、こういう時下っ端の係員なら、殺したと報告だけして家に持って帰って晩飯にするような気がします…。

ところで、#3の書き込みは日本人としては明らかにおかしいと思いますが、どうでしょう?w

4 ■これはどうなんだろう?

> 長岡市は、上海万博出展は鯉を最終的に処分するという前提で行われ、
> 契約書にもそう書かれていと説明する。殺処分は受け人れざるを得ない
> 条件だったというのだ。だが、野上氏らは市の説明を否定する。
>「殺すという前提はありませんでした。契約書‥も交わしていません。
> ただ、日本に持ち帰れないことはわかっていましたので、中国に残して、
> 中国の人たちに可愛いがってもらえればよいと考えていたのです」

これは可哀想だが、この野上さんという方達が安易過ぎると思う。
私も中国嫌いだが、これで中国に問題がある様な書き方をするってのは、櫻井さん、ちょっとバランス欠いているんじゃないのか。。。

契約書が事実どうだったのかという問題もあるけど、漠然と「中国のたちに可愛いがって」とか言ってる辺り、最終的に誰がどうするのか考えておらず、何となく善意で処理される(飼育し続けるのだってコストが掛かる、日本では問題ない菌が病気を引き起こす可能性もある)と考えていた辺り、駄目なんじゃないだろうか。それで傷付いたって自業自得としか言いようがない。

この人は迷惑は掛けてないけど、鯖江市の眼鏡産業を潰した親中市長の様な例もあるしね。自分の善意がワールドワイドで通用するという無邪気で押し付けがましい考えに苛立たされる私は、もう中国に毒されているのかも試練。

3 ■無題

自民党には呆れる限りですこれは自民党が引き起こしたようなものです自民党が中日関係を悪化させたためこのようなことになりましたなぜ自民党は中日関係を破壊し民主党の足を引っ張るのか理解できませんこの考えは一般的な日本人です私は一般的な日本人であり日本人はこう考える

2 ■無題

酷いですね……珍しく吐き気を覚えました。
やはり、彼らは私たちとは根本的に違うのですね。
以前、とあるブログで「アジアのガン」という表現を目にしましたが、
こういうのを見る度に、その通りだな、と悲しい気持ちになります。

勿論、そんな酷い人ばかりでないのは分かっていますし、
個人的にも何人か、善良な中国人の知り合いが居ます。
ですが、それはどこの国でも同じこと、悪い日本人も居ますしね。

1 ■こんな国と友好とは有害なだけ

外国とは、多少の文化の違いがあるもの。
しかし、こういった『生命に対する倫理』といった根元的な価値観を異にする者と友好な関係が結べるだろうか?
アジアなどと同じ地域でくくられてはいるが、命の尊厳などに対する考えは韓中朝などよりキリスト教圏の欧米諸国の方が日本に近い。
アメリカ・中国との等距離外交を謳った民主党と、価値観外交たる自由と反映の弧を掲げた自民党(麻生総理)。
どちらが日本と日本人のためになるか。考える余地すらない。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。