Blog内検索

Blog内を検索 WWWを検索

LINK
2006年02月09日

・「高砂義勇兵慰霊碑」落成 ~故郷に眠る大和魂を持った台湾人の英霊達~

テーマ:その他地域・その他ニュース

高砂慰霊碑1


「高砂義勇兵慰霊碑」移設と落成記念式典 :産経
≪李登輝前総統「日本人の善意が英霊追悼」≫
 【烏来(台湾台北県)=河崎真澄】日本統治下の台湾で太平洋戦争に日本兵として出征した先住民出身「高砂義勇兵」の戦没者を祭る英霊慰霊碑の移設と落成を記念する式典が八日、台北郊外の烏来(ウライ)郷で、前総統の李登輝氏や日本の対台湾窓口機関、交流協会台北事務所の池田維代表など、約百人の日台関係者が参列して行われた。
 慰霊碑は遺族らの手で一九九二年に烏来郷に建立されていたが、二年前に地権者に撤去を求められた。その窮状を伝えた産経新聞の記事をみた読者などから三千二百万円を超える義援金が寄せられ、日台関係者の支援により代替地への移設と再建作業が進められた。
 碑文に「霊安故郷(英霊は故郷に眠る)」と揮毫(きごう)している李氏は、「日本の人々の善意が台湾に届き、台湾の英霊を追悼し遺族を慰めた。慰霊碑には悲しい歴史を成長に切り替える力がある」として再建立をたたえた。
 また池田代表は、「現在の日本の繁栄が多くの台湾の方々の尊い犠牲の上に成り立っていることを、日本人は片時も忘れてはならない」と強調した。
 慰霊碑の管理団体で遺族が昨年設立した社団法人「台北県烏来郷高砂義勇隊記念協会」の簡福源理事長は、「これで日本の軍人軍属として勇敢に戦った高砂義勇兵の慰霊碑を永久に残すことができる」と再建支援した日本の関係者に感謝の言葉を述べた。産経新聞社から羽佐間重彰取締役相談役が式典に参列した。

 戦時中日本軍に志願し、大和魂を持って勇敢に戦った台湾原住民高砂族の慰霊碑。土地整理と資金不足の為に撤去の危機にありましたが、日本からの多くの募金が実り、無事移設され、昨日落成式が行われました。
 高砂族のことは当Blogでも幾度か取り上げていますし、他のサイトでも詳しく取り上げられていますので多くの方がご存知だと思いますが、ここに高砂族のエピソードを改めていくつか紹介したいと思います。
 
「おにぎり」
 ある元日本兵は、同じ部隊で戦い、戦死した高砂族を慰霊するため、この碑に赴き、そこで昼飯にと差し出されたおにぎりを見て、いきなり涙を流し、慟哭をはじめたそうです。「俺はこの握り飯を彼の前で食うことはできない。」と。彼の部隊は東南アジアで作戦中、食料不足で飢えに苦しみました。そこで足腰が強く、ジャングルに強い高砂族の兵士が、遙か後方の基地まで食料を取りに行ったそうです。しかし何日待っても帰ってこない。様子を見に行ったら、彼は部隊まであと少しというところで、両手一杯の米を抱えて餓死していた。米を持ちながらの餓死。信じられるでしょうか。餓死するほどの限界に達しながらも、多くの日本兵が心待ちにしている食料には一切手をつけなかったのです。慟哭した元日本兵は、そんな彼の霊前で握り飯を食うことができなかったのです。

「大和魂が欲しかった」
  国籍が変わった事で、軍事貯金に在った筈の給料も、当然の様に支給される軍人恩給さえも受け取られない。負傷し台湾に戻った高砂義勇兵は”生きながらの英霊”となっても、何の恩恵も受けられないでいた。しかし、戦後高砂義勇兵の一人は当時を思い起こし日本語でこう言った。

台湾は日本国の一部。あのときは日本のため、天皇陛下のために誰もが進んで 戦う気持ちが強かった。日本精神。大和魂ですよ。血書志願したのに兵役検査で落ちて、一晩泣いた人もたくさんおりますよ」

更に高砂義勇兵の一人はこう言った。

ヤマトダマシイが欲しいから志願した。学校で習った。肉弾三勇士。あんな写真が欲しかった。私は軍属で、階級もない。靴もない。蕃刀1本だけ。靴が無いのは特別切り込み隊だから。音がするでしょ。訓練のときも、船に乗るときも裸足。みんな裸足。それから、ソロモン行って戦争した。最後はタマもなくなって、銃も捨てた。蕃刀1本で突撃するんです。」
 靴も、階級も、勲章も、そして結局は”手当て”さえも手にすることなく、蕃刀1つでジャングルを駈けた高砂勇士が確実に手に入れた物が一つだけある。それは現在の我々日本人では到底手に入れる事のできない大和魂であった。

「勲章が欲しい」還ってきた台湾人日本兵より
「もっと早く来てくれたらよかった」「もっと早く来てくれたらよかった」
 帰り際にその男は、私の姿が見えなくなるまで、何度も何度もこう叫んだ。防犯用に金網 がはまっている自宅の土間のなかから、両手で金網をしっかりつかんで。さも囚人が鉄格子 のなかから娑婆に向かって叫ぶがごとく。
 名前を蔡江漢(民族名・ダイシタンガ、日本名・立山信吉、78)といった。第二回の高砂義勇隊でニューギニア島のポートモレスビーとニューブリテン島のラバウルに従軍したという。突然の来訪者が日本人だと知って、蔡はこう切り出した。「一円も返ってこないじゃないか」。

(従軍時の給料などで)軍事貯金に何百円もあった。でも戦争終わって一円も返ってこな い。(日本政府に)何度も申請したがだめだった。(敗戦時に)日本人の隊長に言われて( 高砂義勇兵はみな)通帳もなにもかも書類、一円、二円の札(軍票)も焼いた。分かったら 捕まると言われてね。(家にあった書類も)戦後、国民党にみつかったら危ないと思って、 焼いてしまった。日本なくなってしまって。貯金何もなくなった。
 勲章もらえるばずだ。貯金だめなら勲章ほしい。 あんなに勇敢に戦った。この村では男全員が志願した。あるものは片目(目が不自由)でも 志願して訓練いった。勇ましい男だと。誰も置いて行かれたくない。
 島では迫撃戦。ニューギニアでアメリカ兵とぶつかった。蕃刀と三八式歩兵銃と弾八十発 だけ。見事にやっつけた。イモやサトウキビ、サトイモ、島にはなんでもあった。山ブタや 鳥を銃で撃って捕って、日本兵に食べさせた。食べ物探すの(高砂義勇兵の)仕事。日本兵 (食糧の現地確保は)できなかった。
 ソロモンのあと、東京に着いた。宮城崇拝して本当に涙流れた。そこで休んで台湾に戻っ た。もう役目終わったと言われて。でも二十歳のとき。何もしない寂しいでしょ。(まだ戦 争中だというのに若い自分が村にいるのは)重苦しい。もう一回、志願したら、巡査に「上等だ」と誉められた。陸軍志願兵で訓練のために台中に送られた。そこで半年訓練受けたら 終戦(になった)。勲章もらえるはずだ。
~中略~
 今の日本?そりゃいい気持ちでないよ。そのとき(従軍を志願したとき)はそのとき。今は今でしょ。終戦で戻ってずっと農業してた。苦しかった。食べるだけ。 もう遅いよ。もっと早く来たら(書類など)何でもある。もう遅いよ。
 家を辞して坂道を下りながら蔡の叫びが遠くなっていくのを聞いた。ほんとうの囚人は鉄格子のこちら側にいた。

 当時、日本という国に所属していたことを誇りに思い、日本という国を守る為、そして自らの民族の誇りの為に、文字通り命をかけて勇敢に戦った高砂族の戦士達。そんな彼らに日本は十分な補償もしておりません。それに対して、「貯金だめなら、せめて勲章ほしい」と訴える元日本兵である高砂族の老人。彼は日本に賠償金を求めているのではないのです。自分が軍で働いて、貯金していた給料をもらえないだろうかと訴えているだけなのです。そしてそれがかなわぬなら、かつて日本の為に、日本兵として勇敢に戦った証である勲章をせめてもらえないだろうかと。その心中を察すると、心が暖かくも重くなります。
 
 本来日本が建てなければいけないはずの慰霊碑も、最初は台湾人の手によって建てられました。彼らの恩に、日本は何も報いていなかったのです。それが資金不足の為に撤去の危機にあると聞いたとき、多くの日本人からの募金が集まり、そして再建されたということは、高砂族の英霊の方々へ、少しながらも日本人が恩返しできたのではないかと、嬉しく思えます。私も小額ながら募金させて頂きましたが、心から良かったと、晴れやかな気持ちでこのニュースを聞きました。

 かつて日本人として、日本の為に戦った台湾原住民高砂族の英霊の方々が安らかならんことを心からお祈り申し上げます。
 
 そしていつの日か、私も自らの足でこの地を訪れ、一礼を捧げたいと思います。


参考サイト:高砂義勇伝~異国で眠る皇国の戦士~

人気ブログランキングバナー←このBlogに何かを感じたらクリックして下さい。

日本ブログ大賞2006にエントリーしましたのでよろしければ投票をお願いします。

参考書籍:
還ってきた台湾人日本兵
河崎 真澄
4166603086

台湾人元志願兵と大東亜戦争―いとほしき日本へ
鄭 春河
4886561624
いいね!した人  |  コメント(33)  |  リブログ(0)

lancer1さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

33 ■無題

台湾のことを想うと、涙が止まらない…。

なんとしても、台湾に日本統治時代を知る世代が生きている間に、感謝と尊敬の意味を込めて、勲章と補償を実現して欲しい。
中韓に吸い取られている血税の何百分の一でいいから、台湾の為に使って欲しい。
「日本の為に命をかけて戦って下さったこと、心より感謝します。決して忘れません」と。
みんな高齢だ。もう時間がない…。
底知れない悪意を向けてくる中韓ばかりに迎合し、真の友人を蔑ろにしている今の日本に、絶望的な気持ちになる。



32 ■無題

管理人さん推薦の書籍、「台湾人元志願兵と大東亜戦争―いとほしき日本へ」 の著者 鄭春河氏が去年の暮れにお亡くなりになったんですね。享年87歳だとか・・・悲しいです。
日本統治時代を知るおじいさんやおばあさんが段々少なくなっています。

【嗚呼大東亜戦争】   鄭春河著
ttp://www.senyu-ren.jp/AA/AA.shtml

31 ■一緒にされたくない台湾人

やっぱりいることはいますよね。でも、それは亡くなられた子供だったり孫だったりするわけで、実際のところ本人の意思に因るものではないことも多いです。
まあ、何にしても一緒に戦ってもいない朝鮮人よりははるかにマシかと。

30 ■無題

都合の良いとこだけ見て美化しすぎるのもマズくない?
報いるべき人に報いるのは当然だとしても、
「一緒にされたくない」or「知らんがな」
という台湾人も当然いるはず。
(現地の人々も我々もまた当時を知らない世代ばかり。)
美談に浸りすぎるのも少々困る。

個人的には、周辺国と著しく価値観(文化+教育)が違う中で、共通項の多い彼らは貴重な隣人だと思っているで、日本政府ももうちょい重視して欲しい。

29 ■台湾の皆さんありがとう

私たち日本人は台湾で「戦前は我が国がお世話になりました。ありがとうごさいます」と台湾のとうさんたちに言うべきです。台湾人への恩を今まで日本は仇で返してきました。国は台湾との国交回復をする気がないようなので、民間レベルで台湾人に特にとうさんたちに「ありがとう」と言いましょう。

28 ■無題

失った貯金や未払いの給料を補償するくらいのことが、どうして出来ないんでしょう。韓国や中国に掠め取られている金額をそちらに回すべきです。
今からだって出来るならやっていただきたい。

27 ■無題

日本人以上に日本人らしい精神を保持している姿には敬服致します。
そろそろ政府は台湾との国交やら補償等を真面目に考えなきゃいけないですね、日本にとっての真の友好国はどこなのかと。

あんな特亜バカ3国とは早々におさらばすべきですよ!

26 ■台湾同朋!

やっと本当の意味での台湾との友好の道が開けたように思います。

政府は台湾に対してはないがしろなので、国民がしっかりと誠意をこのような形で示すことが大事ですね。
この碑が他の国の慰霊碑の様に極東三馬鹿の連中に汚されません様に・・・。

25 ■無題

何度読んでも涙が出る。私はこの人たちに会いに台湾に行って日本精神を学びなおしたいくらいです。日本人から生まれたものが日本人なのではない、日本精神を持つものが日本人なのだと深く深く思いました。

24 ■無題

二度目で恐縮ですが、これまで中狂にくれてやったODAを全額もし台湾政府に供与していたとしたらどうなってましたでしょうね。
皆さんのご意見を拝見していてふと思ったものですから、、、

23 ■マジでむかつく!

戦時中は『同朋』として、共に戦い、戦後も『日本人の心』を持ち続ける方々に補償しない日本政府は馬鹿かよ!
自分達から徴収した『血税』を使うなら、こういう所に使って欲しい。
金を貰っても、当たり前としか思わない輩に渡すなよ!

22 ■日本人か否か

裁判をしたとしても,そんなレベルでしか人を区別できない。
が,我々が同胞と思える相手であって,相手方も我々を同胞と思っていて,実に「魂も一緒」であって「死を目の前にして行動も一緒」。
そんな人たちであれば,仮に現在,我々の国に税金を払っていないとしても,当然,何らかの恩恵が与えられるべきでは?

21 ■無題

こういうエピソードを聞くと、日本人であることを誇りに思う。

20 ■議員立法で

旧軍人・軍属への補償と言うか、感謝の意を伝える特別な法律をつくれないものでしょうか。徹底的な空襲により壊滅状態にあった終戦直後の日本にとっては金銭的に報えなかったのでしょうが、今は違います。

ひとつ条件がありまして、反日運動をしていないことを条件にしましょうね。

19 ■皆様に

激しく同意

こういう高砂族のみなさんへの保障なら
税金使われても文句ありません
むしろほんとそっちに使ってほしい

極東●鹿三国に経済支援なんぞする必要ないから
そのぶんこの方たちに回していただきたいです

この記事読んでまた
「日本の戦後処理が…」とか
「台湾に保障してないから」とか
どっかのサイトから●上とか●田あたりが
なだれこんでこないだろーな(^^;)

18 ■気高き誇りと、下卑た嘆き

大戦時、日本統治下にあった台湾からも多くの烈士が赤心を胸に戦場へと赴いた。ある者は戦友の危急を救うべく糧秣を届ける途上に力尽き、またある者は大和魂を矜持として、蕃刀一つで敵陣へと身を躍らせた。
彼らの裡にあったのは、ただ、気高き誇りのみであった。
60年の歳月を経た今、果たして我々は老兵たちの恩に報いているだろうか?。名を惜しみ命を捨てた英霊たちに、感謝の誠を捧げているだろうか?。
一方で、ありもしない悲劇までをも上乗せして非を鳴らす者たちがいる。大戦時には存在していなかった者が、先祖の嘗めた辛酸を晴らすべく、無理難題、傍若無人の狼藉三昧。あたかもそれが当然の権利であるかの如く。
彼らの裡には、いったい何があるのだろう・・・。

17 ■二階を罷免に追い込もう

面白い企画のお知らせです。
媚中派のドン・二階俊博がインターネットテレビとやらに
のこのこ面を出すようです。
この機会に、官邸に二階の文句を言ってみませんか?

私は、早速東シナ海ガス田と、江沢民の石碑のことで
書き込みしてきました。(笑)

(以下引用)

読者より】媚中派の二階大臣に質問しよう

下記は小泉内閣メールマガジンの記事ですが、二階大臣への質問を募集しているそう
です。日本中に江沢民の記念碑を建てようとしたり、東シナ海のガス田試掘の許可を
取り止めたりした究極の媚中派ですが、なぜ中国に日本を売りたがるのか聞い
てみようと思います。また台湾に関する問題でも、やはり中国の台湾併合には賛成で
すかと聞いて見ます。日本を売る位だから台湾も売るのでしょうかと聞きます。二階
大臣に取り上げられなくても、官邸は読んで、二階が国民から軽蔑されていることが
わかるでしょう。チャンスです。敬具

--------------------------------------------------------------------
[政府インターネットテレビ番組ガイド]

●お知らせ
 <6CH>大臣のほんね
二階経済産業大臣が登場します。
   二階大臣に聞いてみたいことをお寄せください。
    「テーマ」欄に「二階大臣に質問」とご記入ください。
    100字以内で、2月11日(土)までにお願いします。

   ご記入はこちら http://www.kantei.go.jp/jp/forms/dokusha.html

※ 政府インターネットテレビ
http://nettv.gov-online.go.jp/

16 ■(・ω・)ゝ

感動!
お隣のバカ半島政府やバカ大陸政府に渡す金や技術を台湾に提供する方が世界のためだ。

15 ■それに比べて

強制連行されたから(真っ赤な嘘)、施設に非課税は
当たり前だ!とかぬかす連中は・・・人間として
恥ずかしくないんですかね?

14 ■無題

日本軍の戦術の稚拙さを思ったとき、いたたまれなくなります。
高砂族も、日本兵も、決死の気持ちで戦ったのに、軍の上層部はまるでアフォ…
正直、高砂族がかわいそうでなりません。
そして、現在の日本政府も。放置しておくとは何事でしょうか。

13 ■戦後責任

日本は逆の意味で「戦後の責任」を果たして来なかったんだなあ。ゆすりたかりをした上に反日に勤しむような連中に払う金があるなら戦時中に共に苦労した人たちを救済すればいいのに。

12 ■無題

本来ならこういう方たちに日本政府として補償をすべきなんですよね。
中国や朝鮮の話ばかりでなく、台湾の話もマスコミで取り上げるべきなのに・・・。
本当に今の日本は情けない。
こういう状況をちょっとでも変えるべく何かしないとなあ、と思います。

11 ■無題

もう何回読んでも本当に涙が止りません…
貯金したお金が戻ってこないならせめて、日本兵として日本を想い戦った事を認めて欲しい、その形として勲章が欲しい…

なんて日本人らしい台湾の方なんでしょう。名誉というものを大切に想う、昔の日本と同じですね。


本当にどこかの馬鹿なお国とは大違いです。賠償金と謝罪しか要求しない自分達と、台湾を見比べても、あのヘンの国民は何も感じないんでしょうか…

10 ■朝鮮人に盗られる金を高砂族に

朝鮮人や支那人に盗まれる血税は膨大な額です。
その血税を高砂族に渡すべきだった。

9 ■無題

今日初めてこのカテゴリを覗いてみたら、
こんなブログが一位になっていたとは・・・。
いえ批判ではなく、とても感激しての思いです(笑)。

高砂義勇兵の本、日本国民全員に読んでほしいと、
常々思っておりました。
もう、日教組やなんちゃって左寄りに
日本人が騙されていくところ、見たくないですもの。
こういったブログが一位になっているということは、
日本にとってとても良い兆候と、うれしく思い、投稿しました。
ま、極右は勘弁ですが、ね☆

8 ■台湾を見捨てるな

日本が本当に大切にしなくてはなららい国が台湾なのです。しかし、日本はそうしていない。現在日本に友好的な人達は殆どが年老いた方たちです。日本がこのままの態度でいるなら台湾も反日になる可能性が大です。今年は李登輝前総統が日本で自由に政治家などと会うことができ、靖国神社に参拝できるようにしてもらいたい。それは季さんが望んでることであり、彼のお兄さんも靖国に英霊として祭られているのだから当然です。日本の一部のアホ政治家と外務省に言いたい。「今年は絶対にそうしろ!でないと台湾に捨てられるぞ」

7 ■サヨクは死者を愚弄する人々

台湾の話を聞くと日本で靖国廃止、追悼施設建設、A級戦犯分祀と叫んでる連中が人間ではないのがよく分かります。

時代が移り変わろうと死者の尊厳と名誉を足蹴にするものは人間ではありません。

http://www.sankei.co.jp/news/060209/sei073.htm

保守とかほざいている中曽根元首相ですらこの発言ですから日本が復活する日はまだ時間がかかりそうです。

6 ■継承すべきもの

団魂の世代と其れに疑問を持たないまま成長して来た人々には理解出来ない不合理なんでしょうね。
本来不合理を含めて芸術や文化は成立しているのに・・。
例の害省人の成りすましは恥知らずですね。
高砂族の方々の姿勢に敬意を表します。

5 ■無題

こういう行為に対して何の恩義も感じない国家なんて腐ってるとしか言えない。健全じゃないよ日本。

4 ■無題

まったく日本政府は謝罪するならこういう方々に謝罪すべきだと思うね。
「あなた方の勇気と健気な愛国心に60年間何の敬意も払わずお詫びのしようもない」と何故言えない!

3 ■無題

はじめまして。
高砂義勇兵のHPは拝見したことがあります。「おにぎり」は何度見ても涙がでてきますね。
そんな話を見ても「台湾人は潜在的反日‥」などとほざく、共産党崇拝のバカサヨの心には
響かないのでしょう。
もし台湾人が反日になったのなら、彼らに報いることの無かった戦後の日本政府や私たちの
責任でしょう。

2 ■無題

「現在の日本の繁栄が多くの台湾の方々の尊い犠牲の上に成り立っていることを、日本人は片時も忘れてはならない」

本当にそのとおりだと思います。

1 ■無題

高砂義勇兵の英霊達へ、敬礼。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。