• 25 Mar
    • ママの退院祝い

      先日、ママのところに滞在している叔母とママと私達と4人でご飯を食べに行ってきました。 元々、叔母が来てから、一緒にご飯食べに行こう!いつが都合いい?って聞かれてて、いつもの2箇所のPubのどちらかに行こう!って話になってました。 前日、どっちのPubがいい?と確認すると、突然、ママがボンの誕生日がもうすぐだから、その誕生日祝いだから、ボンがどちらかに決めていいよと え~、誕生日祝いなんて聞いてなかったのに~ さすがにママ達の前では口に出さなかったけど、ボンが僕の誕生日だったら、そのいつも行くPubじゃなくて、別のところの方がいいな~と。 それで、先日紹介したリニューアルしたPubもチェックしてみたんですが、メニューは普通すぎて、いまいちだったので、ボンがボソッと隣のインディアンレストランの方がいいなぁ~と言ってたのです。 でも、多分、ママはPubに行きたがってるよねって話をしてて、当日を迎えました。   当日もやはり、お店は、ボンに任せるって事になったので、ボンがだったら隣町のTHE RAM'S HEADの方がいいかな?と言う事で、そこに向かいました。 ディナーは18時からだと思ってて、18時ちょうど位に着くように行ったんだけど、どうやら17時~だった様で、既にテーブル満席(予約もあり)で、1時間位待てば入れるorバーエリアで食べてもいいとの事だったけど、バーエリアは食事には不向きだし、1時間も待てないねって事で、ここは諦めました。 平日だったのに、こんな早い時間からの混みっぷり、ビックリでした。 そこで、ボンがじゃあ、この隣のインディアンで、アーリーバード(19時までは、割引メニューがあるのです)って言うのはどう?と。 叔母は、インディアンでも言いわよ~って言ったけど、想像通り、ママは、インディアンの気分ではないわって。 (もし、本当にボンの誕生日祝いで、ボンがお店選んでいいなら、ボンが行きたいインディアンでいいよって言うべきですよね) 結局、いつもの近所のBrown Hareへ。 こちらは、母の日に予約できなかったPubです。       この暖炉のところに飾られてたハート柄のキャンドル可愛かったです。 沢山並んでるから、尚更いいのかなぁ?     こちらは、私の前菜、塩キャラメルチキン。 これ、先日、St.Patrick's Dayにここで飲んだ時にメニュー見てて、気になってたので、いつもは、滅多に前菜は頼まないけど、今回はどうしてもこれが食べてみたくって。 食べてみたら、あれ?どこがキャラメル?って位、全然キャラメルの味がなくて残念だったんですが、少し冷めて来るとソースが底に溜まってて、そのソースを舐めてみると確かにキャラメルの味がしました。 あ~、サーブされてすぐは、まだ温かくて、ソースが流れちゃって、本来の味が出てなかったんだ~と。 最近は、スイーツでも流行りの塩キャラメルですが、こうしてチキンと合わせるのも照り焼きチキンの様な感じ(ちょっと違うけど)で、美味しかったです。       左:ベイクドカマンベールチーズ(カラメライズドオニオンチャツネ付き) ボンと叔母がシェアしようか?って頼んだんですが、ママの前に置いたらほとんどママが食べてしまい、帰ってきてから、ボンが全然食べれなかったってちょっと怒ってました 右:マッシュルームフライ こちらは、ママが叔母とシェアしよう?って頼んだはず。 これね、マッシュルームの柄付で、パン粉付けてフライにした物だったんですが、衣はカリカリ、中はジューシーですごく美味しかったです。 結局、叔母とボンはこちらを沢山食べてた様な・・・     これは、私のメインで頼んだチキン、ハム&マスタードパイに皮付きポテトフライ。 ここのYukaフライ(ヤムイモのフライ)が美味しいので、アップグレードして、ユカフライを頼んだら、今日は売り切れたって言われたので、じゃあ、スイートポテトフライにしてって言ったら、それも売り切れたって。 ちょっと、今日はどちらも用意してなかったんじゃ?と疑ってしまいましたよ。     こちらは、叔母が頼んだローストベジタブルクラウンパイと皮付きポテトフライ。 クラウンパイって、蓋がしてないオープンパイの事を言うそうです。     ボンが頼んだロティサリーチキンハーフ。 ここのPub、ロティサリーが人気のPubなので、ロティサリーはいつも美味しいんです。 そして、サイドにケールコールスローを頼んだボン。 出てきて、思わず、これケールコールスロー?ってスタッフに聞いたら、そうだよって言われて、私も見て、えっ?これ、本当にケール?グリーンじゃないよね?茎だけ使ってるのかな?って言ってたんですが、食べたボンはこれキャベツみたい。多分、ただのコールスローって。 一度確認したから、ボンはいいやって、そのまま食べてたけど、本当のところ、どうだったんだろう?     こちらは、ちょっとぶれてしまいましたが、ママが頼んだガモンハムステーキ。 ガモンステーキには、目玉焼きかパイナップルが付く事が多くて、どちらかを選択することが多いんですが、ここでは両方乗ってました。 ガモンってハムなんですが、ちょっとしょっぱいんですよね。 でも、ここのは、塩っけが少なかった様です。   こう見ると、イギリス料理って、ほんとポテトとグリーンピースばっかりって思われちゃいますが、ほんともう少し違う付け合せしてくれてもいいのに・・・。     奥には、こんなキッズスペースもあります。 子供連れの家族にも優しいこんなキッズスペースのあるPubも最近は多いですね。     壁にこんな絵を発見 これ、以前THE RAM'S HEADに飾ってたのに似てる~と。 RAM'S HEADのは、顔の部分は羊だったんですけどね。 こういう絵って、こちらでは流行ってるんでしょうか? ちょっと怖いですよね~。   この日は、ママにとっては、病院・ケアホームを退院してから初外出になりました。 こうして連れ出せたのも叔母の助けがあったおかげかも。 こんな訳で、ママは、ボンの誕生日祝い兼ねてって言ってたけど、叔母とママの退院祝いだねって事で、ボンの誕生日は、ちゃんと当日にお祝いしてあげようと思ってます。

      17
      1
      テーマ:
  • 23 Mar
    • ロンドンテロとリニューアルしたPub

      皆さん、既にご存知かと思いますが、昨日の午後、ロンドンのウェストミンスター寺院エリアで、テロアタックがありました。 ニースやベルリンのクリスマスマーケットであった様に乗用車がウェストミンスター橋の歩道を走って、次々に通行人をはねて、乗用車も橋に衝突。その後、運転手が車から降り、議会敷地内に侵入を試み、阻止しようとした警察官がナイフで刺され、そのナイフで刺した男性は銃で射殺されました。 現時点で、通行人2名、警察官1名、警官を刺した犯人(テロリスト)の計4名がなくなり、負傷者は少なくも40名位になってるらしいです。その中の7名は、危険な状態で、今朝までに既にテロアタックに関連したと思われる7名が逮捕された様です。 犠牲になった方々には、心からお見舞い申し上げます。   私達の友達にもロンドンで警官をしてるD君がいるけど、彼の担当エリアは別のエリアなので、彼は無事との事。 今回、FBでロンドンにいる人達の安否確認がすぐできる様になってて、ちょっとビックリしました。 この安否確認は、本人が自分は安全だよってボタンを押すシステムなので、本人がログインして、安全だよってボタンを押さないとわからないのですが、ロンドン在住者だけではなく、たまたま、北西部に住むボンの友達がロンドンに遊びに行ってる様で、彼女もそのリストにありました。 これは、知り合いに自分は安全だよっていちいち連絡しなくてもすぐわかるから、便利なシステムですね。 まぁ、こういう形で安否確認しないといけない状況になるのは、なるべく避けたい事ですが。   さて、話は変わって、叔母がママの家に滞在中にみんなでご飯を食べに行こうと話していましいた。 ママと一緒に行くのは、最近は、2軒のPubのどちらかになってるので、たまには違うとこにも行きたいな~と、少し前にリニューアルしたPubへボンと下見に行ってきました。     以前、ここでサッカー観戦した時の記事で紹介した事があったと思います。 The Anchorと言うPubです。     お店の前には、こんな大きなイカリが飾ってありました。 今まで気付かなかったけど、ボンは以前からあったよ~って     中に入ったら、モダンな感じになってて、バーエリアは今、流行りなのかな?床フロアになってました。 近所のよくサッカー観戦に行ってるPubも数年前にリニューアルしたら、こんな感じになってたので、なんかちょっと似てる様な・・・     ここのPub、中が本当に広くてガランとしてて、雰囲気は昔ながらのイギリスのPubって感じで好きだったんだけど、何度かサッカー観戦に来た時もガランとし過ぎてて、サッカー見ててもなんか盛り上がりにかけるな~と言う感じがあって、そのうちに経営もあまり良くなかったのか、ビターは全部売り切れなんて日もあったりで、飲みにも来なくなってました。 奥の方を見ると、フェイクの柱ができてて、以前のガランとした雰囲気がなくなって、いい感じになってました。       ダイニングエリアは、カーペットですが、カーペットも新しくなって、家具も全て交換したのか綺麗になってました。 ただ、壁に貼り付けたと思われる板は、手入れされてないそのままの板むき出しで、敢えて、こういう板を使ってるのかもしれないけど、近くで見ると、なんだかちょっと汚い感じだったのが残念。     Belheven(ゴールデンエール)とLondon何とか(アンバーエール)を注文しました。 ビール飲みながら、早速、メニューチェック。 メニューは、ランチにはサンドイッチ類があって、ディナーは、よくある代わり映えしないPubメニューで、ちょっとガッカリ 一度、テナントが変わってリニューアルして、ダイニングエリアが素敵なレストランの様になってたのが窓から見えてて、気になってたんですが、リニューアルしてすぐだったのに、何故かしばらく閉鎖してたのです。 その後、又、新しいテナントになって、リニューアルオープンした様です。   せっかく、リニューアルしたから、目新しいメニューでもあるかと思ったけど、ごくごく普通のPubメニューと言う事で、私達がここに食事に来る事はないかな? でも、飲みに来るだけとかサッカー観戦に来るのは、又、違う雰囲気で、悪くないかなぁと。    

      23
      2
      テーマ:
  • 21 Mar
    • 中華のテイクアウェイ

      先日のSt.Patrick's DayにPubで軽く1杯飲んで帰る予定だったのに、結局2杯飲んじゃって、既に19時過ぎになってしまって、この日はタイカレーの予定だったけど、この時間から作っても遅くなるし、ちょっと面倒になっちゃったねって事で、久しぶりに中華のテイクアウェイにしました。 しばらく前から、ボンが中華食べたい!って言ってて、でもこの中華は、私が作る日本風の中華ではなく、チャイニーズカレーの事だったんです   うちの近所には、2軒中華のテイクアウェイがあって、すぐ1軒挟んで並んでいます。 インディアンのテイクアウェイも2軒あって、やっぱり2、3軒隣に並んでます。 こんな近くに2軒ずつあったら、みんないつもどうやって決めてるのかな?って思いますが、我が家は、ずっと前からお気に入りになったお店をいつも使ってるので、もう1軒の方はほとんど行った事がありません。   そのお気に入りだった中華のお店ですが、実は、前回行ったのが、4,5年前。 最後に行った時、味付けがどれも濃くてすごくしょっぱかったんです。 なんとなく、シェフが変わったのかな?ってイメージで、ちょっとガッカリでそれっきり行ってませんでした。   今回、もう1軒の中華も考えたんですが、最後に行ってから随分経ってたので、確認も兼ねて、もう1回行って見る事にしました。   金曜の夜とあって、店内は、結構ひっきりなしにお客さんが入ってきて、人気の様子。 うん、これは大丈夫かな~と。 そこで、見覚えのある人とバッタリ。 ボンが話し始めて、私も気づきました。 そうだ!ずっとうちのエリアを担当してたポストマン(郵便配達の人)だ~と。 昨年位から、彼が来なくなって、たまたま別の通りで偶然会った事があって、最近見ないね~って言ったら、担当エリアが変わったんだよって言ってたんです。 久しぶりの再会、そして、この辺に住んでるの?って聞いたら、隣町に住んでて、自分の家の近くにも中華のテイクアウェイはあるけど、ここの方が美味しいから、車で15分位だから、ここまで来る事多いんだ~って。 しばらくこの店には来てなかったけど、わざわざちょっと離れたこの店まで買いに来てるって聞いて、味は今も良さそうだから良かったと安心しました。     こちらは、プロウンクラッカー(海老せんべい)。 これは、注文してないけど、いつも無料で付いてきます。 ちょっと量が多いので、食べきれないんだけど、翌日になると湿気ってきちゃって、美味しくなくなるのが残念     今回、私達が注文したのは、こちら   BBQスペアリブ、シンガポールビーフン、ビーフチャイニーズカレー、フライドライス(カレーには、白いご飯かフライドポテトor 50p追加で、フライドライスが付けられます)。 カレーにチャーハン?ってすごい組み合わせだと思いませんか? でも、ボンはいつも中華のカレーには、このフライドライスを注文してます。 具は、卵しか入ってないので、チャーハンを食べたい時は、ちゃんと具の入ってるチャーハンを頼みます。     上の写真光っちゃって、よく見えないので、海老蒸し餃子をもう一枚。 これ、冷凍の市販品を蒸してるのかな? ちょっと皮が固くなってたのが、残念でした。   ボンは、中華って言うとスペアリブ注文する事多いんですが、このスペアリブ、私には、ちょっとしょっぱ過ぎでした。   以前は、ここのシンガポールビーフン、すごく好きだったんだけど、今回、しばらくぶりで楽しみにしてたんだけど、なんだか味が変わってて、前の方が好きだったな~とちょっと残念でした。 でも、具は、エビ、チャーシュー、チキンがたっぷり入ってて、量も多いの。 結局私は、1/3程食べてお腹いっぱいでした。 ボンも少し食べたけど、半分は残り、カレーとフライドライスも少し残ったので、翌日のランチに食べても十分な量でした。   ただ、今回すごく久しぶりに食べて、やっぱり味付けが濃くて、全体的にしょっぱくて、夜は、何杯お水を飲んだ事か?   たまにチャイニーズレストランとかにも行くけど、いつもやっぱり喉が渇くので、中華って全体的に味付け濃いかな?   どちらにしてもこのお店、味が濃かったのは前回に続き、2度目だし、今度中華が食べたくなったら、ずっと行ってないもう1軒の方にしようか~?って事になりましたが、次って、又、数年先になるかもしれないですね。  

      18
      4
      テーマ:
  • 19 Mar
    • ギネスで乾杯! ~St.Patrick's Day~

      昨日から、叔母がママのところに遊びに来ており、1週間ほど滞在する事になってます。 夕方にママの家に行って、叔母と会ってきてから、ちょっと夕飯に足りなかった食材を買いたくて、スーパーに寄りたいと言ったら、ボンがちょっとPub寄って行く?と。 (叔母が滞在してるから、夜に急にママに呼び出されたりする心配がないしねって) 今日は、St.Patrick's Dayだから、ギネス飲んで行こうか?と言う事で、隣のスーパーに寄って、買い物をササッと済ませて、お隣のPubへ。     St.Patrick's Dayは、アイルランドでは、盛大にお祝いされる祝日ですが、ここイギリスでは残念ながら、あまり盛り上がってません。 大きなロンドン等の都市では、パレードなんかもやってるかもしれませんが。 日本にいた頃は、3月17日前後の週末で表参道で大きなパレードがあって、アイリッシュパブ等で、その日はギネスがお安く飲めたりしたので、何度かパレードを見に行って、その帰りにアイリッシュパブに寄ったりして(私の場合、こっちがメインだったかも)結構、大きなイベントだったと思うんですが、こんな近くの国なのに、なんで盛り上がらないのかな?と言ったら、多分、歴史的な背景で、イギリスとアイルランドは仲が良くないからねって。 そういう事なんですね~   でも、せっかくなので、私達は、ギネスを1パイントずつ注文したら、スタッフの人にSt.Patrick's Dayのお祝い?って。そうだよ~と答えておきました   周りを見渡すと、やっぱりこの日はいつもより、ギネス飲んでる人が多かった気がします。     久しぶりに飲んだギネス、やっぱり、泡がクリーミーで美味しいですね。   ギネスと言えば、初めて飲んだのは、350mlの缶のギネスでした。 日本で仕事してた頃、仕事上で、ギネスの缶を調査してた事があって、買って飲んでみたんですが、これがね~、不味くて。 まさに納豆とコーヒーを足して2で割った味って感じで、数口飲んだけど、不味すぎて中身捨てました。 私がビール捨てるなんて、よっぽどだねって友達にも驚かれた位です。 それが、私とギネスの出会いでした。   それ以来、私の中では、ギネスは不味くて、飲めたもんじゃない!って思ってて、当時、英会話スクールの先生だったボンにその話をして、その缶は私が探してた缶とは違ったので、ボンに聞いたところ、君が買ったのは、350mlの缶だよね?って。 あれは、不味いけど、本当のギネス缶(輸入品)440mlの缶がSOGOで買えるよって教えてくれて、その日、ボン達の住む家でパーティーをするからって呼ばれてて、そこでその440mlのギネス缶を飲ませてくれる事になったのです。 その缶が、まさに探してた缶でもありました。   そう、その440mlの輸入品のギネスは、最初に飲んだのとは全然違う味で、缶なのに泡はクリーミーで、美味しかったのです。 ビックリしました。 最初に飲んだギネスは、何だったの?と。 その後、当時はまだ少なかったけど、いくつかあったアイリッシュパブに行くと、生のギネスが飲めて、生は更に美味しくて、ギネスも好きになりました。   もしもあの時、ボンが本物のギネスを紹介してくれなかったら、私、いまだにギネスは不味い!って思い込んでたかもしれません   日本にいた頃は、アイリッシュパブに行くと、ギネスやキルケニーなんかをよく飲んでたんですが、こちらに来たら、キルケニーは見た事ないし、ギネスは定番なので、どこのPubに行っても置いてて、目新しさが減ってしまって、ハンドポンプのビターを飲む事が多くなって、ギネスって、そう言えば、滅多に頼まなくなってたので、なんか久しぶりに飲んで、ダークビールはあんまり好みの物になかなか出会えないんですが、ギネスはやっぱり美味しいな~と。 この泡のクリーミーさは、なかなかないかなと。   本当は、軽く1杯飲んで、家に帰るつもりだったのに、結局、1杯で終わらず、もう1杯って、別なビールを頼んでしまいました     2杯目は、Ringwoodのゴールデンエールにしました。 こちらも美味しく戴きました。     バーカウンターには、こんな可愛いイースターツリーが飾ってあってありました。       こちらの飾りは、カラフルなイースターエッグが目を引きます。 そして、テーブルの上には、スーパーでも売ってるイースターバニーやイースター用のチョコで飾られてました。     奥にあった素敵なダイニングテーブル。 こんな大きなテーブルと椅子、家にも欲しいね、でも、大きすぎて、置けないな~なんて言いながら。   来週の日曜日は、母の日なんですが、こちらのPubで、18時以降は、お母さんはメインが無料で、終日プロセッコが1本£9.99で提供ってなってて、これいいんじゃない? ママもPubに行きたがってたし、今年の母の日は、ここでお祝いする?とスタッフにテーブル予約したいって伝えたら、終日既に予約で埋まってて、もう予約できないとの事 18時前は、母のメインも無料ではない様だけど、サンデーローストもあるから、人気の様です。 ちょっと残念でした~。  

      26
      4
      テーマ:
  • 15 Mar
    • MUJIのパクリ?! KENJI

      先日、久しぶりにプレストンのシティセンターへ。     花壇にミニ水仙が咲いてて、いい感じでした。 最近は、あちこちで桜も咲いてて、春らしくなってきました。     なんか見慣れないお店が出てたので、何のお店かな?と思ったら、ジャケットポテトを売ってるお店の様です。 こういう風に売ってるの初めて見たかも。   用を済ませて、ちょっとショッピングセンターをブラブラしてたら、うんケンジ     KENJIなんて、名前が付いてるお店、初めて見たけど、これ何の店? これは、やっぱり入っちゃいますよね。 見つけた時は、気付かなかったけど、こうして写真で見ると、MUJIみたいですね~   名前が名前だから、日本のお店?日本人のお店?なのかな?と半信半疑で入ってみたけど、なんか違和感あり。 でも、確かに日本風の可愛い感じの物もあり。     イギリスデザインのポストイット。 これ、お土産とかにも使えるかな?       コケシの様なデザイン、これもこちらではよく見かけますが、やはり日本をイメージしてるのかな? 爪磨き、爪切り、ハサミ等。     パーフェクトなお寿司を作れる?グッズの様です。 おにぎらずの様に細長いタッパーに入れて巻き寿司が作れるのは見た事あったけど、このタイプは初めて見ました。     これなんか、東南アジアとかで、よくお土産様に売ってる感じじゃないですか? でも、値段もお手頃で、確かに日本風とかアジアン風な感じの物が色々ありました。     これ、どうみてもMUJI(無印)のラベルをイメージさせるよね。 結構シンプルなデザインも多いんです。 お店のサインも赤字にKENJIで、ちょっとMUJIを真似てる感があるな~と。   FBにアップしたら、マンチェスターに住んでる友達が、うちの近所にもあるよって。 みんな、なんかMUJIのパクリ?みたいだよねって。 どうやら、このお店、プレストンとマンチェスターに2軒あるみたいで、北西部発祥のお店の様です。   でも、バックパックは結構、質もいい感じだったし、カラーペンとかも売ってて、日本のペン?と思えるペンも。 こちらのペンより、日本のペンの方が書きやすいから、今度買ってみようかな?   いや~、明らかにMUJIを意識して、パクってますよね~。 さてさて、このお店、全国展開になりますか? 今後が楽しみです

      31
      4
      テーマ:
  • 13 Mar
    • Hestonのチョコレートムースにリベンジしてみた!

      バレンタインデーの日にヘストン・ブルメンタールのチョコレートとお湯だけで簡単にできるチョコレートムースを作ってみたのですが、失敗しちゃったあのチョコレートムースリベンジしました。     先日、夜にふと何かデザート欲しいな~と思い、ずっとリベンジしようと思って、70%以上のダークチョコも買っておいたので、作ってみました。     Lidlで買ったこちらのチョコを使いました。       前回は、ちゃんと包丁でチョコを刻んだけど、お湯を足すから少し大きいままでもいいなと、手で割れる範囲で割っておき、そこに沸騰したお湯を加えます。     氷水を入れたボールで冷やしながら、泡立て器でかき混ぜます。       前回は、カカオ分が70%ないダークチョコとミルクチョコを混ぜてたので、かき混ぜてもかき混ぜても固まらなかったんだけど、今回は、ちゃんと固まってきました。   でも、どの位まで混ぜていいのか見極めが難しく、もう少しかな?とかき混ぜて、右の状態まで混ぜたら、混ぜすぎでした~ 見た目はいい感じだなって思ったんだけど、さぁ、いざ盛り付けようとスプーンで掬ったら、ちょっと固まり過ぎてて・・・ ヘストンも混ぜすぎないように・・・って言ってたんだけど、混ぜすぎちゃった様です それを無理やり器に盛って食べてみたけど、混ぜすぎたせいもあると思うけど、まろやかじゃないし、ダークチョコだけだから、なんか甘味も少なく、正直言って、全然美味しくなかった ボンもちょっと口を付けたけど、結局、一口で終了 前回の失敗後のアイスクリームの方が美味しかったねって結果になりました。   でも、もしちょうどいい状態で出来上がってたら、滑らかで美味しく食べれたかもしれないし、確かに思いついてすぐ30分もかからずに作れちゃうので、70%以上のチョコを買っておけば便利でいつでもすぐに用意できるけど、せっかく作るならもっと美味しいリッチな生クリーム使ったチョコムースの方がいいなぁと。   結局、うちでは、この失敗ムースを使って、翌日にブラウニーを作りました。     このブラウニーには、薄力粉の半分は、黒ごまきな粉と全粒粉を混ぜてみました。 どんな味に仕上がってるかドキドキ 上には、スモークソルトをふりかけてみました。     黒ごまきな粉混ぜたから味に影響でるかな?と心配したけど、意外と平気で、上にふりかけたスモークソルトがちょうど良い塩加減で、ホイップクリームなしでも美味しく戴けました。 よく、チョコレートケーキとスモークソルトが合うって聞いてて、やってみたいな~って思ってたんです。 ソイカプチーノと一緒に戴きました。     今回、カプチーノに使った豆乳は、こちら これ、昨年、ロンドンコーヒーフェスティバルに行った時に始めて豆乳を使ったソイラテ?ソイカプチーノを飲んだんだけど、まろやかで全然豆乳臭さもなくて、すごく美味しくてビックリしたんですが、このalproのプロフェッショナルって豆乳を使ってたんです。 その時は、カフェ等に降ろしてて、一般用には、まだ売り出してないって言ってたんですが、最近、ボンがネットで見つけて3本購入したので、おうちソイカプチーノ楽しんでます。 前回、豆乳マヨを作った時の普通の豆乳で作ったソイカプチーノは、豆乳の味が強かったんですが、こちらは、なんだか豆乳の臭みがなくまろやかでとっても美味しくて気に入ってます。 そうそう、このロンドンコーヒーフェスティバル、今年は残念ながら、友達の都合で参加しないそうなので、私がお手伝いする話もなくなりました。 昨年、行って楽しかったから、ちょっと楽しみにしてたので、残念です。   ブラウニーの上にかけたスモークソルトはこちら       うちでもBBQシーズンにはスモーク楽しんでて、最近人気のこのスモークソルトも作った事はあったんですが、ちょっとスモークが足りなくて、いまいちだったんですよね。 それで、市販品の味を一度試してみたいな~と買ってみました。 もうね、私達が家で作ったのに比べたら、スモーキーさが全然違うんです。 これは、やはり市販品の方がいいかな。   スモークソルトは、ちょっと料理にふりかけてスモークの味を楽しむのは勿論、チョコレートアイスやチョコレートケーキにも合うって聞いてたんですが、確かに甘さの中にちょっと塩味が入るので、最近流行りの塩キャラメルみたいな感じで、甘すぎず、ちょっとしょっぱさも合わさって、ちょうどいいバランス~って感じでした。   ヘストンのチョコとお湯だけで作る簡単チョコレートムースは、いまいちの結果になりましたが、そのチョコを使ったブラウニーは、黒ごまきな粉や全粒粉を混ぜて、気持ちヘルシー感のあるブラウニーで、でも美味しくできてたので満足です。

      22
      4
      テーマ:
  • 11 Mar
    • リハビリの為のケアホームへ

      前回のママの入院の記事の続きです。 文章ばっかりなので、ちょっと近所のラルフ写真で和んで下さい     Chorleyの病院で、OTからリハビリ兼ねて、ケアホームでの滞在を薦められたのが2月中旬の木曜日の午後。 ケアホームの空きを待って、週末が過ぎました。 ママ本人も毎日ベッドから起きて、病室にある椅子に座って新聞読んだり、本を読んだりして過ごしてて、これだったら、家に帰っても同じなのに~と零すようになってきました。 (プレストンの病院ではなかったんですが、こちらのチョーリーの病院では、なんと毎朝、新聞を部屋まで売りに来てたそうです。午後になるとお菓子を乗せたワゴン売りが来たって言ってました。これって、あまり動けない患者さんには、とってもいいサービスですよね。)   週末の日曜日、面会に行くと、その日、ママがフィジオと一緒に少し病院の廊下を歩き、その時にフィジオにもう家に帰ってもいいと言われたと本人は、私、もう家に帰れるみたいと言ってきました。 私達は、OTからは家に帰る前にケアホームでリハビリをする必要があるって言われて、今、ケアホームの空き待ちでしょ?と説明をして、ボンが何も事情を知らなかったフィジオがママが勘違いする様な事を言ったのでは?と怒り出し、ママも気分を害したり。   そして、月曜の朝、ママから今日、退院するから、コート持って来てね、車椅子持ってきてねと私達に電話がありました。 私達は、前日もママから退院していいって言われたって聞いたけど、OTからは、ケアホームでリハビリをするから、ケアホームの空き待ちって言われてたのに、どうなってるんだ?と木曜に色々話をしたOTとコンタクトを取ろうと電話するも留守電になり、メッセージを残しましたが、電話の返信はありませんでした。 病院には、ママが家に帰る時は、ケアラーを派遣してくれてる会社と連絡を取らないと行けず、48時間前に連絡する事になってる事は、事前に伝えておいたし、退院できる事になったら、病院から私達に連絡してほしい旨も伝えておきました。 昨年の入院時は、ママから電話が来て、夜、迎えに言ったら、本当は翌日の朝の退院で良かったとかあったので。 それで、私達は、月曜のその日はまだ退院できないはずだし、病院からの連絡もないので、ママが勝手に勘違いして、退院できると思ってるのかな?と半信半疑で、病院へ。   病院へ行ったら、ママが実は、家に帰れると思って、お昼を食べてから、トイレに行こうとしたら、又、足の痛みがひどくて、立ち上がれなかったと。 その後も正直、全然歩けてないし、ママもこの状態で家に帰されても、本当に動けるんだろうかと家には帰りたいけど、不安な気持ちがいっぱいになってた様子。 とりあえず、私達も退院はまだできないはず・・・と思いながら、看護師にどうなってるのか話を聞いてみると、やはり、退院ではなく、ケアホームの空き待ちになってると言われ、ママが何か誤解してた模様。 そのすぐ後に、看護師が来て、今日、ケアホームに移れる事になったと言われ、ママには、良かったわね。家に帰るまでの1歩前進ねって声をかけていきました。     週末までは、このケアホームに移される日を心待ちにしていた私達ですが、その日は、数日リハビリで動いたせいで、又、足の痛みが戻ってきてて、椅子から立ち上がるのも大変で、全然動けないママを見て、これで、ケアホームに移されたって、この状態じゃリハビリもできないし、これじゃあ、入院する前とほとんど何も変わってないし、又、動けなくなって、すぐに病院に送り返されるんじゃないかと心配もあり、OTと話をしたんですが、プレストンの病院で骨にも異常がないので、整形外科的にはもう何もできないから、後は痛み止めを飲んで、リハビリをして歩けるようになったら、家に帰っていいと整形外科の任務完了となって、後はリハチームに任されていたので、ここでは何もできないと。 OTは、膝のステロイド注射をこのチョーリーの病院で打ってから帰す事ができないか、色々動いてくれたんですが、一度、整形外科の手を離れてしまってるので、システム的に退院してから、再度手続きを始めないといけないとの事でした。 (OTも患者が病院に入院中なのにシステム的にできないと言うのはおかしいんだけど・・・って言ってたけど、まぁ、これが現実ですよね。)   結局、その日の夜、ママはチョーリーの病院からリハビリの為に薦められていたプレストンの病院近くのケアホームに移される事になりました。 病院からケアホームへは、病院側が手配し、救急車で搬送される事になってたので、私達は、家に帰り、翌日、ケアホームへ面会に行く事になりました。   その日の夜、ママからケアホームに着いたと電話があったんですが、ちょっと本人も不安が隠せなかった様で、ちょっと涙声で、あまり話もできず、翌日、会いに行くと言って、電話を切りました。     私達は、翌日の午前中、ケアホームに服等を数着持っていこうとママの家に寄り、必要な物をカバンに詰め込んでいたら、ボンが溜まってた手紙類を開封して、目を通してたら、何とそこには膝のステロイド注射の予約の手紙が紛れてました。 (このステロイド注射、次回は3月と言われてたので、私達もまさか2月に予約ができてたとは知らなかったのです。) 病院からと思われる手紙は、既に開封済だったんですが、この手紙はNHSのマークが封筒になかったので、病院からだと気づかず開封していなかったのですが、実は、その予約、その当日の夕方の予約になってました。 病院入院中から、退院する前に何とかこの膝の注射を早められないかと病院にはかけあってたのですが、それができなかったのに何とこのタイミングで、もし、1日開封が遅れてたら、この予約も危うく逃すとこだったけど、これなら間に合う!と言う事で、ケアホームに確認し、誰か連れて行ってもらえないか?もしくは、それができないなら、私達がママを連れ出して、注射してもらって来ると言ったら、私達が連れて行くのは構わないと言う事で、午後の面会の時間をずらし、夕方の予約の時間に間に合うように面会に行きました。 ママは、他の人達と一緒にラウンジにいて、車椅子に座らされていたので、そのままママを連れ出し、病院へ行って、膝のステロイド注射を2倍量で打ってもらって帰ってきました。 その日は、既に夕食時間をちょっと過ぎたところで、ケアホームに戻ったので、すぐに夕食と言う事で、ママの部屋に必要な物を置いてきて、私達も帰りました。     そして、翌日、面会に行くと、車椅子ではなくラウンジの普通の椅子に座ってるママがいました。 午前中には、フィジオとリハビリして、注射のおかげで、少し動ける様になったと。 その後、フィジオからうちに電話があって、ママの病歴、普段、家での生活について等、色々細かく聞かれ、説明。 後、1~2週間、リハビリをしたら、家に帰れる様になると思うと言われました。   ただ、チョーリーの病院入院中に幅の狭い歩行フレームを使って見るように言われた(家の中で使いやすい様に)のですが、ケアホームでのリハビリで、フィジオからは、ママにはやはり幅が狭すぎて、安定感がないので、普通サイズのを使った方がいいと言われ、普通サイズのフレームに戻す事になりました。 ケアホームでは、ほぼ毎日、フィジオとリハビリをし、歩行フレームの使い方や椅子に座る時の動き等、指導されていた様です。   その後、ママもだいぶ動きもスムーズになってきて、日中は、ケアホームの他の患者さん達と 一緒にラウンジで過ごし、ケアラーさんや患者さんと会話もできるので、意外とその生活も気に入った様で、病院入院中とは違って、家に帰りたい!、家に帰る!等と言わなくなり、私達も安心して、何回か面会をスキップできる様になりました。   毎週金曜には、ケアホームに美容師さんが来てくれて、髪を切ったりセットしたい人は、お願いできるとの事で、ママもほぼ1ヶ月ぶりに髪を切って、綺麗にセットしてもらえて、喜んでいました。 家に帰ってからもこれからは、この美容師さんに頼もうかしら?と。 自分で髪をセットできないので、毎週1回、近所の美容室に連れて行ってたけど、どんどん連れて行くのも大変になってきてたので、何度か家に来てくれる美容師さんを頼んだら?とは言ってたんだけど、滅多に外に出れないので、美容室に行って、美容師さんや他のお客さんとおしゃべりするのも楽しみにしてたので、なかなか足が痛い日でも、美容室行くのはやめなかった位なので、これには、ちょっと驚きました。 まぁ、実際、どうなるのかまだわかりませんが。   ケアホームでは、ママは背が低いのでベッドが少し高く、一人でベッドに入ったり、出たりができず、夜に何度かトイレに行きたくて、目覚め、ブザーを押してケアラーを呼んでもなかなか来なくて、トイレに間に合わず・・・が何度か続いたり、そしてその汚れ物をケアホームで洗濯してくれてた様ですが、気づくと下着やナイティー(パジャマ)がどんどん無くなって、戻ってこなかったり、ラウンジではTVが1台しかないので、見たい番組が見れなかったり、やはり気の合わない患者さんも中にはいた様ですが、おしゃべり好きなママは、色んな人と話ができて、意外と楽しかった様で、本人も思ってたほどケアホームでの生活も悪くないなと思える様になったみたいで、私達としては、今後の事を考えると一歩前進で、以前は、ケアホームには絶対行きたくないと言ってたけど、少し前向きにケアホームはいつも誰かの目が合って、助けが必要な時は助けてもらえるし、しゃべる相手もいて、食事も3食用意してもらえる(たまに食べたくない物のチョイスしかない事もあるけど)し、家に帰って一人でいるより、いいかも・・・なんて言うようになりました。   私達が長期で日本に帰省する時等は、いつも叔母がママの家に滞在してくれたり、叔父が様子見に来てくれたりしてたけど、これからは、ケアホームに滞在すると言う選択肢もできたかなと言う事で、マイナス思考にならなかったのが良かったです。   結局、ケアホームに入って、2週間半ほどで、家に帰って来る事になりました。 病院の入院から考えるとトータル6週間弱の入院生活になりました。     家に帰れると聞いて、勿論、本人も大喜びですが、せっかく仲良くなった人達との別れは、寂しかった様です。   ケアホームから家に帰る日は、私達が迎えにいくものだと思ってたんですが、朝、フィジオから電話が来て、フィジオがママを家に連れて帰ってくると言う事で、私達は先にママの家に行って、待ってました。 家に帰ってきてから、フィジオがすぐにママとベッドルームに行って、ベッドの入り方をチェック。 病院やケアホームのベッドとは、やはりサイズも違うので、ちょっと指導があった様です。   入院中にトイレには、病院で使っている補助フレーム付きの便座を置いた方がいいと言われ、それを設置済みでしたが、ちゃんと使えるかの確認等。   そして、これは以前から何度も私達が言っても聞く耳もたずだったんですが、フィジオからは、廊下に置いてる椅子(玄関ホール)をよけるようにと。 実は、玄関を入ると目の前、ベッドルームに行く入口前に半円型の小さなテーブルとアンティークの素敵な椅子が置いてあったのですが、フレームを使って歩くとその椅子やテーブルの足に引っ掛かったりして、まっすぐ進めなかったのです。 その椅子は、ママ本人は座ると立ち上がれなくなるので、使えませんが、見た目の問題だけで、そこに置いていました。 一度、私達がよけた事があったんですが、気に入らず、ケアラーに頼んで元に戻された事もあって、これだけは、なんとか動かしたかったので、ここはフィジオから言ってもらえたので、良かったです。 (帰った日にすぐ、なんか家の中歩き安くなったと思ったら、椅子を動かしたのね。元に戻したいわって電話してきたけど、これは、フィジオにも言われたし、歩きやすくなったんだから、戻す必要なないでしょって却下しました。ボンと椅子は、どうせ使えないんだから、ガレージにでもしまってしまおうかと話しています。)   歩行フレームもちゃんと両手で掴む様に指導されたので、紅茶等自分で用意してもテーブルまで運べないんじゃ?と思ってたんですが、フレームにトレイを付けてくれて、そこに物を載せたり中に入れる事もできる様になってました。 後は、最近は家の中では、歩行フレームを使ってましたが、杖も持ってて、歩行フレームを使い始める前は20年以上も杖を使ってたのですが、これからは杖は使わない様にと言われた様です。 杖を使うと片側にバランスがかかるので、膝に負担がかかるのと、バランスも悪いから、転倒もしやすくなるとの事。   夜中にトイレに起きる事もあって、ベッドから起きて、トイレに行くまでも時間がかかるので、トイレまで間に合わない事もあるので、コモードと言う椅子式のトイレ(病院等でも使ってる)も家に届き、寝室に置く事になりました。 (今日は、これでちょっと問題があったんですが、少しずつ置き場所や使い勝手がわかってくると思うので、慣れてもらうしかないかなぁ)   正直言って、6週間近くも家を離れて、24時間、誰かがお世話してくれる生活をしていたので、一人暮らしの生活に戻っても何がどこまで一人でできるのかわかりません。 多分、以前より、できない事が増えてると思います。 そして、今も筋の痛み等は、取れてなく、家に帰って、又、足を使うようになったら、もっと痛みはひどくなるだろうし、膝のステロイド注射の効果もどんどん効果が短くなってきてる気がするので、以前はプレストンの病院で診てもらってた整形外科医からは、ママの場合、半身麻痺しているので、関節炎の膝の手術はしても、その後の回復に時間もかかるし、手術は薦めないと言われていたけど、今回チョーリーのフィジオやケアホームのフィジオからは、脳溢血や脳梗塞等して、麻痺が残ってる人でも手術してる人はいるし、普通の人より、リハビリには時間がかかるけど、手術はできない訳ではないし、今後長い目で見ればやる価値はあると薦められたので、今後は、その手術をした方が良さそうだと思っています。 本人は、まだ、手術して、本当に動くこともできなくなって、車椅子生活になってしまうのでは?と心配してますが。   身障者なので、家に帰って来たら、今度は私達がいつ呼び出しがあるかわからない状態なので、単純に良かったねとはならないのですが、まぁ、しばらく様子を見ながら、今までの生活に少しずつ戻っていけるといいなぁという感じです。   まぁ、こう言いながらも昨日家に帰ってきたばかりなのに、今朝は4時半に電話で起こされ(時間考えて電話してきてよ~って感じ)、昼過ぎに行った時もちょっと大変な事になってて、先ほど、又、呼び出し電話あったりで、さすがに帰ってきて早々、これじゃあ、私達が、既に勘弁して~って感じなんですけど。 もう、本当にケアホームに入ってもらいたいって言うのが本音です。 その方が、本人にとっても安心だし、お互いにストレス減るのにな~。

      19
      10
      テーマ:
  • 09 Mar
    • ママの入院

      ママが3週間ほど、病院に入院し、その後、リハビリ兼ねてケアホームに入ってましたが、明日、ついに家に帰って来る事になりました。 記録の為に、その時の様子をちょっとここに書き記しておきたいと思います。   (写真は、関係ありませんが、ミニ水仙が咲いて、春らしくなってきました)   1月29日の夜からママが病院に入院しました。   元々身障者で、右半身に麻痺が残っている為、家の中でも杖や歩行フレームを使って歩いてるんですが、左半身で全身を支えている様な物で、足腰に負担がかかってきて、膝が痛い、筋が痛い、足首が痛いという事が多くなってきて、足は関節炎になっていると言われ、ここ数年は、定期的に膝にステロイドの注射をしてもらい、痛みを緩和させていましたが、この1年位は、ずっと筋が痛いと言っていて、それは膝に注射をしても痛みが治まらず、そのうちに太もも、ヒップの辺りにすごい激痛が走り、歩くのも困難、椅子から立ち上がる事もできなくなってしまったので、ついに救急車を呼んで、病院に搬送されました。 ヒップが痛いと言ってたので、救急病棟に運び込まれ、すぐにレントゲン写真を撮ったけど、骨には異常なし。 それで、入院して、胸囲のレントゲンに全身のCTスキャンも撮ったけど、異常なしで、その痛みの原因がわからず・・・。 多分、関節炎の影響で、痛みが出てると言う事で、しばらく入院する事になりました。   私達は、正直言って、病院に入院する事になってホッとしたんですが、なかなか原因がわからず、ずっとベッドに寝たまま。 そして、何度か病室を移動させられ、その度に混乱し、看護師に怒鳴ったり、私達に文句言ったり・・・。 3度目の移動の時は、1階の個室に夜、移されて、最近、物忘れもひどくなってきてるせいか、本人理解できずに、電話が来て、おかしな事を言ってて、翌日面会時間に会いに行ったら、あの女はどこ?私をここに閉じ込めてるの。ここはどこ?地下の部屋に閉じ込められてる。 廊下では、男性が香水を売買している。私には見える、誰かが自分の家に入って、キッチンの棚を盗もうとしている・・・etc。 さすがに私達も焦って、最近ボケてきたとは、思ってたけど、精神異常になっちゃったかも・・・と心配したんですが、どうもその個室が薄暗くて、窓から見える景色は、病院の中庭で、コンクリートの上にエアコンの室外機がいくつも並んでるだけで、その奥にも病院の建物が見えてる感じ。ドアは金属のフレームが付いた大きなドアで、窓は曇りガラスで小さく、余計、恐ろしく感じた様で、ここは、病院で部屋が変わっただけだと説明して、なんとか落ち着かせ、看護師と話して、個室がどうもダメな様だから、大部屋が空いたら、そっちに移して欲しいと頼んだら、すぐに空いて、移してもらえ、そしたら、他の患者さんもいて、やっとここは病院だとわかった様で、落ち着き、普通通りに。   後で、その病室移動を知らされた時、お隣カップルが面会に行ってたので、その時の様子を聞くと、病室移動を知らされる前から、ちょっと混乱してて、ここはあなた達の家?それとも私の家?あ~、病院だったわねって言ったりしてた様なのです(その日の午後、私達が面会に 行った時は、普通通りでした)。 よ~く考えてみると、最初の数日は、痛みがひどかったのでモルヒネ注射やガス麻酔なんかも使ってて、しばらく便も出てなかったので、多分、体内に麻酔成分が高濃度で残留してて、意識も朦朧としたり、幻覚みたいな物を見たりしてたのではないかな?と。   数日ここの病室で過ごし、同室の患者さん達とも仲良くなったみたいで、良かったのに、又、病室を移動させられる事に。 そしたら、又、怒り出し、今度は二人部屋だったんですが、夜に移動したせいか、看護師同士の引継ぎが悪いのか、移動前2日間は、昼間ベッドから起き、椅子に座らせてもらって、フィジオとリハビリもして、もう少しリハビリが必要だから、自分で立ち上がったり、歩ける様になるまで少しリハビリしながら、様子をみようということになってたのに、病室が変わってからの2日間(木・金)、又ベッドに寝かされたままで、フィジオとのリハビリもなし。 金曜に私達が、看護師と話して、どうなってるのか?聞いたら、フィジオに確認したら、ママはまだ痛みがあるから、少し休ませただけで、土日はフィジオはやってないので、来週になってから家族と一緒に今後、どうするか相談したいと言う事でした。 でも、水曜に別の病棟で、叔母が来てフィジオの先生と話した時は、このままリハビリを続ける話だったから、ただ単に引き継ぎがちゃんとできてなかっただけ。 確かに患者のファイルには記載されてる様だけど、夜に移動してきた患者のファイルをすぐにしっかり目を通したりしないのか、そのまま放置してただけの様な感じ。   土曜の朝にママから怒りの電話が来て、もう病院にはいたくないから、今日、退院するからと言う電話。 よくよく聞くと、朝の対応してくれた看護師がママは右側に麻痺が残ってるから、右側はあまり使えないのに、右側を使わないと行けない様な位置に立たせて、文句を言われ、ひどい対応されたから、もうこんなとこにはいたくないと。 本人は、家に帰れば、今まで通り、何でも自分でできるから・・・と言う。 でも、実際、まだ足に痛みは残ってるし、椅子から立ち上がったり、トイレに行くのも難しい状態で、家に帰れる訳がない。 誰もがわかってるけど、本人だけはそれは未だに受け入れられないのです。   看護師にも今の状態では、まだリハビリも必要で当たり前だけど、退院はさせられないと。 何度も看護師も私達も話して、とりあえず週明けのフィジオとのリハビリを待つ事に。 そして、日曜は、何故か翌日の月曜には家に帰れると思ってて、機嫌がいい。 まだ退院できないのは、私達はわかってたから、月曜に帰れないってわかったら、又機嫌悪くなるんじゃないかとちょっとドキドキ。   そしたら、午後に病院から電話で、Chorleyにある病院のリハビリセンターへ転院する事になったと。 Prestonの病院へは、うちから車で20分位だけど、道が混んでたりすると時間もかかり、午後の面会時間は、駐車場もすごく混んでて、50分位かかった日もあったし、毎日のお見舞いは、結構大変で、ちょっと疲れてきてたけど、今度は、別の病院へ。 Chorleyの病院は、うちからPrestonの病院へ行くよりも距離は2倍になるけど、高速使うと時間的にはそんなに変わらず。 病院も少し小さめで、看護師達も目が行き届いてて、いい感じ。 ママ本人も最初は病院を移されるって、怒ってたけど、着いてみたら、個室で、プレストンより綺麗だし、看護師達の対応もよく、食事も美味しくて、ホテルにいるみたいと好印象。 移った翌日からリハビリもして、少しずつ動ける樣になってきて、退院も少し近づいた感じで、落ち着いていたので、私達も安心しました。 そして、又、病室は移動する事に。 隣の病棟の個室へ。 なんで、こんなに病室移動させられるのかが、ほんとに疑問なんですが、これがイギリスの病院ではよくある事の様です。   OT(作業療法士)から、家で使ってる歩行フレームを幅の狭い物にした方が家で、使いやすいかもしれないからと、処方箋を出してもらい、幅の狭い歩行フレームを入手し、病院へ持って行きました。 ママが使ってみたら、使いやすくて、良さそうと。 フィジオからももう少しこのフレームで慣らしたら、そろそろ家に帰れるかも・・・と言われ、その言葉を聞いて、本人は明日には、退院できる!と喜んでいました。 まだ明日は退院できないのに、毎回この繰り返し。 そして、帰れないとわかるとすごく機嫌が悪くなって、他人に当たるしで、この気分の浮き沈みが本当に疲れます。   ママは、自宅では、朝・晩ケアラーに来てもらってて、病院に入院中に、サービスを中断したんだけど、退院する前48時間前に一度、アセスメントをする必要があると言われてて、病院にもその旨は話してるので、病院側で退院許可が出たら、それから2日待たないと家には帰れないのに、何回説明しても理解してないのです。 昨年も体中に発疹して、足もすごく腫れて、病院に1週間位入院したけど、その時は、自分で 無理やり帰るって言って、ケアラーが来れなくても私達が対応できると言って、勝手に退院の手続きを進めたので、今回は、これは絶対避ける事にしてました。   ただ、足の痛みは、入院した時よりはマシにはなってるけど、これは2週間ほど、ベッドに横になって歩いてなかったからと言うだけで、リハビリし始めたら、又、動く度に足が痛い!ヒップも痛い!と言い始めました。 骨に異常ないし、他にも痛みの原因が見つからないから、関節炎で、長い間、痛い足を庇いながら歩いてた事で、別のところに痛みが出てるんじゃないかと言われてて、これは痛くなったら、痛み止めを飲むしか対応できないと。 正直言って、この状態で退院させられても、家に帰れば、ずっと起きてる訳で、歩くんだから、足の痛みは又、すぐに悪化する可能性の方が高い。 そしたら、又、病院へ・・・とキリがないから、この痛みが治まってから家に帰してもらいたいけど、そううまくはいかないみたい。   でも、そんな中、ママが一人暮らしをしている事、そしてまだ椅子から立ちあがる時、トイレに行って、上手く立ち上がれない等、もう少しリハビリが必要との事で、医者からはもう既に薬等で対応できる事はないと言う事で、病院からリハビリ専門医がいるケアホームに移って、もう少しリハビリをして、一人である程度の事ができる様になるまで、そこに滞在する様に薦められ、ママも渋々了承。     とりあえず、ケアホームの空きを待つ事数日。 この時点で、既に病院に入院してから3週間ちょっと経過しました。   続く・・・

      23
      2
      テーマ:
  • 07 Mar
    • レモンカードタルト

      もうずっと前になりますが、湖水地方のファームショップで買ったレモンチーズを食べてみました。       レモンチーズとは書いてあるけど、レモンカードとあまり変わらない感じです。     こちらは、普通にトーストに塗ってみました。 焼いたトーストに塗るとちょっと溶けて、バターを塗った様な感じになります。 甘酸っぱくて、美味しかったです。 左半分に塗ったのは、下のクリスマスママレードです。       こちらのクリスマスマーマレードは、お正月にお友達からプレゼントで戴きました。 なんか高級そうなマーマレードです。 クリスマスマーマレードと言うから、クリスマスによく使われるスパイスが混ざってるのかな?と思って食べたら、スパイスはほんのり感じるマーマレードで、オレンジ濃厚で、とっても美味しかったです。 このマーマレード、マーマレードの王道とも言われるスペイン産のセヴィルオレンジが使われていました。 後は、クリスマスの定番クランベリーとスターアニス、クローブ、生姜、シナモン等が入ってますが、ほんのり香る程度で、スパイス強すぎず、バランスがすごく良いマーマレードです。   マーマレードは、こうして朝トーストに付けたり、ヨーグルトと一緒に食べたりしています。   上のレモンチーズ(レモンカード)、せっかくだからお菓子を作ってみたいな~と思い、残ってたパイシートとタルト生地を冷凍してたのを思い出し、それを使ってイギリスのお菓子、レモンカードミニタルトを作ってみました。     残り生地を無理やり伸ばして作ったので、あまり綺麗な出来栄えではないですが、こんな感じに出来上がりました。 わかるかな?クリームチーズの上にレモンカードを乗せた物(奥)とレモンカードのみ入れた物(手前)2種類作ってみました。     左がレモンカードのみ。上には、レモン酢のレモンスライスを切って飾ってみました。 右のは、クリームチーズの上にレモンカードを乗せた物。こちらは、ミントを飾りました。     レモンカードのみのは甘酸っぱくて爽やかで、これはこれで美味しいんだけど、クリームチーズを加えた方がマイルドで、クリーミーで、気に入りました。 クリームチーズには、砂糖も加えず、そのまま使ったけど、小さいタルトなので、レモンカードからの甘味で十分な甘さで美味しかったです。 ミニタルトは作るの面倒だけど、パクパクと食べやすいサイズだったのも良かったかも。   レモンカードって、今まで気になりながらも買った事なかったんだけど、トーストに塗っても美味しいし、こうしてお菓子作りにも使えるし、スコーンと一緒に食べてもいいし、スポンジケーキに挟んだり、上に載せたり、色々使えますね。 もっと甘くて、こってりしてるのかと思ったけど、レモンの酸味があるので、意外と爽やかで、これは、気に入ったので、又、他のを買って味比べもしてみたいと思います。 自分で作ってみてもいいですね。  

      30
      2
      テーマ:
  • 05 Mar
    • イギリスでも雛祭り

      3月3日の雛祭り。     我が家では、家にいる時は、毎年雛祭りのお祝いをしています。 今年は、お雛様にもミニ寿司ケーキと薄皮まんじゅうをお供え?してみました       昨年、日本帰省した時にお友達からもらった物。 梅の花の形してるのかな?なんとなく、お雛様と一緒に飾ってみました。   今年は、簡単にできる寿司ケーキを作りました。     薄焼き卵、卵1個分しか焼かなかったら、大きいケーキに載せるのがギリギリだったので、ミニケーキには、前回紹介した明太子の粉をふりかけてみました。     中央にスモークサーモンを飾って、中には蒸し焼きした鮭(ハラミ部分を冷凍してたので)をほぐしたものに青のりと自家製紅しょうがを刻んだ物を挟みました。 ケーキの周りは、白ごまと青のり。 青のりは、ちょっと古くなって、味が飛んでしまってた物を使ったので、青のりの味があまり感じられず、ちょっと残念 (青のりって、美味しいうちになかなか消費できないんですよね)     メニューは、寿司ケーキ、唐揚げ、ピクルス、人参サラダ、インゲン豆のくるみ味噌和え。     鶏の唐揚げは、ボンからのリクエスト。 添えたレモンスライスは、レモン酢に漬けてたレモンスライスを使いました。       人参サラダにもレモン酢のレモンスライスを刻んで使ってます。 インゲン豆は、胡麻和えにしようと思ってたけど、お寿司にもゴマ使ってるので、日本の友達からもらってたくるみ味噌を使って、ローストしたくるみをちょっと ふりかけました。 ピクルスは、大根、ラディッシュ、きゅうり、ミニトマト。 ラディッシュも一緒に付けたので、うっすらピンクになりました~。       お正月に友達からもらった日本酒で乾杯しました。 勿体無くて、ちょっとずつ飲んでたけど、これで、全て飲みきっちゃった~。 ボンも日本酒飲んでこんな料理を食べてると、日本にいる気分になるね~と。 これで、掘りごたつでもあったら、最高なのにねって話しながら戴きました     デザートには、前々日作った薄皮まんじゅうと一緒にお抹茶立てました~。 久しぶりにお抹茶も美味しかったです。 和食ですっかり癒された夜でした。     夜は、お雛様にもキャンドル灯して、キャンドルの灯りを楽しんでます。   今年もちゃんとお雛様を飾って(いつもの事ながら、数日だったけど)、しっかりお祝いできました。  

      24
      4
      テーマ:
  • 04 Mar
    • 薄皮まんじゅう

      今週は、日本人のお友達に誘われて、2日連チャンで別のお友達のとこでランチ会でした。 2月はママの事で、バタバタしてて、全然友達に会えてなかったので、今回は、なんとか参加できて、楽しい時間になりました。   1日目は、1年間限定で、プレストンに来ている日本人家族Yさんのお宅。 Yさんは、日本にいる時は、毎日終電生活だったので、ご飯支度は旦那さんの仕事だったらしく、この日も旦那さんが腕をふるってくれました。 写真は撮ってなかったのですが、メニューは、煮込みハンバーグ、ソース焼きそば、ポテトサラダ、ほうれん草のおひたし(彩りよく人参やもやし、ゴマも入ってました)、おにぎり、わかめスープ。そして、奥さんのYさんが卵・バター・砂糖不使用のケーキを作ってくれてました。 5名参加と招待してくれた御夫婦で合計7名。 日本人の旦那さんが、奥さんの友達女性ばかりに嫌な顔一つせず、こんなに沢山のメニューでおもてなししてくれるなんて、ビックリでした。 7人分(当初は8人の予定でした)も作るの大変だったと思います。 みんなで、日本の味を堪能。 みんなでワイワイおしゃべりしながら、食べる日本の味。 どれもとっても美味しく頂きました。 特に塩昆布と椎茸入りのおにぎりが美味しかったな~。 Yさんの作ってくれたマクロビケーキは、砂糖の代わりにりんごジュースとメイプルシロップを使ってて、バターの代わりにベジオイル。 Yさんは、パンみたいだけど・・・って言ってたけど、しっとりしっかり、膨らんでて自然の柔らかな甘味でとっても美味しかったです。   翌日は、別なお友達Aちゃんの家で、初対面のお友達も紹介してもらって、こちらも旦那さんお休みで家にいたので、7名で。 こちらもAちゃんがおでん作るよ~って言ってたので、おでんだったら、何持っていけばいいかな?と迷って、この日は、自分が食べたかった薄皮まんじゅうを前日の夜に作りました。     薄皮まんじゅうは、もう何年も前に1度作った事があったんだけど、今回は2度目の挑戦でした。 (レシピは、こちらを参考にしています。私は、生地19g、あんこ28g位で、普通サイズで作ってます)   あんこは、こちらのスーパーで売ってる小豆の水煮缶を使って、そこに砂糖を加えて、煮ました。       こしあんにするの面倒だったので、粒あんのままで 以前作った粒あんが冷凍庫に少し残ってたので、一緒に混ぜて、あんこ玉14個できました。     黒砂糖、白砂糖、水、醤油、塩を混ぜた物。 ここに重曹と薄力粉を加えます。       左がまんじゅうの皮。 30分ほど冷蔵庫で寝かせてから、丸く丸めておきます。 13個できました。 あんこ玉が1個多かったので、1個はそのまま食べました     あんこを包むのが結構難しいんですよね。 以前作った時、包み方が悪くて、あちこちあんこが飛び出したり、皮が薄くなってたりしたので、今回は、気をつけて、なるべく端の方を伸ばすようにして包みました。 この皮、意外と伸び難いので、ブチッって切れたりするんです     後は、蒸し器で12分位蒸します。     出来上がり~。 13個あったので、7個と6個で蒸し器に入れたので、こちら、ちょっと隣同士くっついたりしましたが、今回は、あんこが飛び出たのは1個だったから、なかなか上出来です。     前回作った時は、黒糖がなかったのでソフトブラウンシュガー使ったから、色がもっと薄かったけど、今回はいい色になってました。   この日はAちゃんのおでんと白ごはん、別のお友達が鯖の味噌煮作ってきてくれて、おでんも鯖も味噌煮も久しぶりで、すごく美味しかった~。   そして、私のこの薄皮まんじゅうもみんなに喜んでもらえたんだけど、もう一人のお友達はミニおはぎ(あんことゴマの2種類)で、もう一人が焼きリンゴ。 デザートいっぱい、そしてもうほんとに和の味で全部美味しく戴きました。       左はお土産にミニおはぎ1個ずつと焼きリンゴ1/4そして、日本からの栗おこしまでもらって帰ってきました。 焼きリンゴは、お菓子作り上手なお友達Rさん作なんだけど、中には、レーズンとラム酒、シナモンをちょっとふりかけて焼いてて、上にかけてるクリームはココナッツのビーガンクリーム。 缶に入ったココナッツミルクを冷蔵庫に入れておくと液体とクリーム分に分離するので、そのクリーム部分だそうです。これ、ホイップもしなくていいし、便利で、味も美味しくてみんなで気に入りました。 液体部分もミルク代わりに使えるとか? Aちゃんの旦那さんも和食も好きだし、私達がランチ会する時、お昼休憩で帰ってきてたりするといつも一緒に食べるんです。その彼は、今、健康状の問題で、乳製品が食べれないけど、、和菓子、ココナッツクリームの焼きリンゴは全部乳製品フリー(不使用)だったので、喜んで、一緒に和の味堪能しました。 この焼きリンゴにトッピングしたナッツのクランチが又、いいアクセントになってて、とっても美味しかったです。   2日間、日本食堪能したけど、今日は雛祭りだったので、今日も和食 今週は、日本週間になりました~ 雛祭りの様子は、又、後日紹介します。

      27
      8
      テーマ:
  • 01 Mar
    • パンケーキの日

      昨日(2月28日)は、イギリスのパンケーキの日でした。 パンケーキの日なんてあるんだ~って驚く人もいると思いますが、私もイギリスに来た1年目は、冗談かと思ってたんですが、この日は、イギリス各地でパンケーキレースが行われ、その日にパンケーキを食べます。 Pancake Dayとして呼ばれる事が多いですが、Shrove Tuesdayとも言い、キリスト教に関係しています。 (パンケーキの日については、以前、説明しているので気になる方は、こちらを見て下さい)     こちら、今年のパンケーキレースの様子をyoutubeで見つけたので、貼り付けておきますね。 仮装して、こうしてフライパンにパンケーキを載せて、時々ひっくり返しながら走ります。 いい大人がこんなレースするなんて?って思う人もいるかもしれませんが、もうこのレースは500年以上続いて、歴史あるレースなんだそうです。   残念ながら、以前プレストンでもパンケーキレースやった事があった様ですが、最近はやってない様で、まだ実物は見た事ないんです いつか、生で見たいな~と思ってます   パンケーキの日が近づくとスーパー等でもパンケーキ(既に焼いたもの)やパンケーキの材料があちこちで売られるので、そろそろパンケーキの日かな?とわかる様になってきました     日本でもよくスーパーでレシピを置いてたりしますが、こちらイギリスでもよく見かけます。 近所のスーパーBOOTHSで見つけたパーフェクトパンケーキのレシピ。 写真みてもらうとわかると思いますが、イギリスのパンケーキは、日本のパンケーキとはちょっと異なり、クレープみたいに薄めのパンケーキになります。 パーフェクトって書いてるから、思わずもらってきちゃいました   我が家も毎年、パンケーキの日は、イギリス式パンケーキはあまり食べないけど、パンケーキにちなんだ物を食べたりしてます。 例えば、日本式パンケーキと言う事で、お好み焼きだったり、デザートにブルーベリーリコッタパンケーキにしたり、フランス式ガレット(そば粉のガレット)とその時の気分で。   今年は、だいぶ前から久しぶりにガレット食べたいね~とそば粉を買ってたのに、ガレット作ってなかったのでガレットを食べました。     そば粉は、普通の粉より、ちょっとお高めですが、たまにはいいかな~と。 スコーンに混ぜたり、パン焼く時にちょっと混ぜたりしてます。 スコーンはいまいちだったので、今度はクッキーとか作ってみようかな? この粉でお蕎麦って打てるのかな?     ガレットは、以前、友達の義両親がフランスに住んでて、そのご近所さんにガレットの作り方教えてもらった~って聞いて、私もそのレシピをもらったんですが、なんかちょっと水分が少なめで、厚めになっちゃって、なかなか上手く焼けなかったんですよね。 今回は、BOOTHSのパーフェクトパンケーキのレシピを参考にしました。 ちょっと変えてるけど。   これが、ちょうどいい水分量だったみたいで、いい感じに焼けました。 ボンにも今まで作った中で、今回のが一番美味しくできてるって喜んでもらえました。 ただ、ボンはコレステロール高めなので、気を付けないといけないけど、卵もチーズもそして、最近は牛乳の代わりに豆乳使ったりしてますが、今回は、そば粉の味も楽しみたかったので、セミスキムの牛乳使っちゃったし、高コレステロールのディナーでした。 でも、ボンも好きなので、たまにはね。パンケーキの日だったし   中身は、見えてないけどハム、玉ねぎ、リーク、マッシュルームを炒めて、家にあったエメンタールチーズとコンテチーズを擦りおろしてそこに卵を落としてます。 蓋して卵に火を通してるので、ちょっとピンクになってますが。       こちらのビール、Lidlで見つけたんですが、初めて見るもので、フランス式ペールエールでした。 ちょっと気になったので買ってみました。 ガレットは、シードル(シードレ)と一緒にと言うのがフランス式の様ですが、シードレもイギリスのサイダーも家になかったので、フラン式と言う事で、開けてみました。 蓋がコルクになってて、ちょっとべルギービールみたいって思って飲んだら、あれ、この味、なんかどこかで飲んだ事ある味~って。 ベルギーのLeffe(レフ)にとっても似た味で、美味しかったです。

      30
      10
      テーマ:
  • 27 Feb
    • 嵐の後のLytham

      先日のストームドリスがやってきた日、夕方からボンがLythamという町に行く用事があったので、久しぶりに一緒に行ってきました。 この町、何度か紹介してますが、海沿いなので、普段から風が強くて寒いのに、この日は、ストームが来てた日だったから、一瞬、行くの躊躇ってしまうほど。 でも、最近、ママの病院やケアホーム通いばかりで、ちょっと気分転換にもいいかな?と。     Lythamの町は、この風車が目印で、春になるとここに水仙のフラワーロードができるのです。 うちの庭にも水仙が咲き始めたから、どうかな?と来て見ましたが、まだ全然花咲いてなくて、残念でした。 ストームはだいぶ落ち着いてきてたけど、空はどんよりしてますね。     こちらの建物、今は、オフィスか何かに使われている様ですが、ブループラークが付いてて、ちょっと素敵だったので、写真に収めてみました。       こちらは、民家だったんですが、この家の柵がなんだか可愛くて    ボンを待ってる間、この時間には、ストームはだいぶ弱まってはいたけど、それでも風が強くて寒くて、チャリティーショップや雑貨屋さんをハシゴしながら、中で少し体を温めました あるキッチン雑貨を扱ってるお店に入ったら、スタッフの方に、あなたこんな日によく出てきたわね~って言われちゃいました でも、風も少し落ち着きましたよ~なんて言ったら、確かに弱まってはいるけどねって。 ごめんね、今、この棚、商品並べ替え中で・・・と空になった棚を指さされました。 あはは・・・お客さんも来ないから・・・って模様替え中だったみたいです 確かに、この日は、メインストリートもどのお店に入っても人は少なかったです。 ここの町、ちょっとリッチな方達が多く住んでるので、チャリティーショップに置いてる物も結構いい物が多いんですが、この日は残念ながら、私の気に入った物は、見つけられず     思わず、目に入ってきたピンクのフラミンゴの傘のデコレーション。 目を引きますよね。   イギリスに来た当初、雨が多いイギリスなので、こういう長い傘を探したんだけど、なかなか見つけられず、折りたたみ傘が主流で、長い傘は、ゴルフで使う様な大きな傘しか見つけられず、なんで?って不思議に思った事がありました。 そのうち、住み慣れて来ると、イギリスは確かに雨が多いんだけど、土砂降りになったり、1日中雨が降る事は少なくて、霧雨みたいな雨だったり、ちょっと降ったり止んだりで、みんなあまり傘を使ってない事を知り、最初のうちは、いつも折りたたみ傘を持ち歩いてたんだけど、確かにすぐ止んじゃうので、いちいち片付けるのも面倒だし、カバンも重くて。 今では、私もすっかりイギリス人化して、雨が降ったら、ちょっとフード被って、折りたたみ傘も持ち歩くの忘れちゃって、時々大雨に降られて、あ~傘ないよ~ってなったり 最近は、時々長い傘も見かける様になったけど、今は要らないな~と。 だって、車で出かける事も多いから、そんなに傘いらないし、風も強いから、傘が役立たずの事も多いし、フード被る位で十分だったり。   なんかこの可愛いフラミンゴの傘を見ながら、そんな事を思い出して、写真撮ってたら、ボンの用事が終わった様で、合流。   この後、どうしようか?と、せっかくLythamまで来たし、ママの心配(呼び出しとかね)もしなくていいから、Pubで軽く飲んで行こうかと言う事で、Pubへ。     すっかり青空が顔出して来てました。 こちらは、ホテル兼Pub。 ここは、入った事なかったけど、雰囲気良さそうだったので、ここにしました。       名前忘れちゃったけど、どちらもビター(ペールエールと何だったかな?)です。 イギリスでは珍しく、右の泡(ヘッド)ちょっと多すぎだな~と       こちらの建物、結構古そうで、ステンドガラスの入った窓はオリジナルの様な感じでした。   カウンターの横にピザ釜があって、ピザ焼いてる人がいたので、ここのピザ美味しいかもねって気になりながらもこの日は、家に帰りました。 次回、チャンスがあればここのピザも食べてみたいな~。  

      30
      4
      テーマ:
  • 24 Feb
    • 春一番?!とヘーゼルナッツリキュール

      昨日は、ストームドリスが上陸し、イギリス全土で、強風が吹き荒れ、全国各地で大きな被害が出たところもあった様です。 (写真をピックアップしてるサイトがあったので、興味のある方はこちらから) こんな写真を見ると、私の住んでるエリアは、特に大きな被害はなくて、良かったな~と思います。 でも、本当に強風でここ数日暖かくなってたので、とっても寒かったです。 そして、今日はうってかわって、青空でとっても穏やか。そしてポカポカ陽気です。   日本では台風は年間を通して、1号、2号・・・と番号が付けられますが、イギリスではストームは、女性の名前、そしてハリケーンは、男性の名前が付けられるそうです。 そして、この名前も適当にピックアップしてるのかと思ったら、何とAから順番にアルファベット順に名付けられていくのだとか。 今回のドリス(Doris)は、Dなので、4つ目のストーム(嵐)って事になりますね。 アメリカでは、ハリケーンって女性の名前が付けられてた様な気がしますが、国によっても違うんですね。 ちなみにハリケーンは日本の台風みたいな物で、ストームの方がレベル的には弱い感じです。     先週は、本当に暖かい日が多くて、気温も2桁の日が多くて、先日は13℃にもなりました。 こちらは、我が家の水仙です。 2月中旬で、既に4つも花を咲かせました。 こんなに水仙が早く咲いたのは、私がこっちに来てから初めてじゃないかな? ママがChorleyの病院に入院中、そこへ向かう途中の中央分離帯のところに水仙が沢山植えられてるところがあって、そこも毎日どんどん花が咲いて、水仙の黄色がとっても綺麗でした。       昨日のストームで、ちょっと倒れ気味(左:2月中旬撮影、右:今朝撮影)になってます。   昨日のストームは、なんだか日本の春一番みたいな感じかな?なんて思ってしまいました。 もう、イギリスの春もそこまで来ています。     こちらは、チューリップ。 だいぶ伸びてきました。 毎年、植えっぱなしにしてたら、どんどん花が付かなくなっちゃったので、昨年は、球根を掘り起こしておき、先月位に慌てて植えてみました。 チューリップ大好きなので、花が咲くのが楽しみです。     こちら、雑草がすごい状態ですが、ブルーベル。 毎年、5月頃にはブルーベルでいっぱいになりますが、こちらも少しずつ茎を伸ばしています。   我が家には、スノードロップやクロッカスはないんですが、道端でも時々咲いてるのを見かけるようになりました。   最近は、ママの病院通い(今はケアホーム通い)で、時々、帰って来るのが遅くなったり、色々あって、かなり疲れた日等も多く、ついつい手抜きのディナーになる事も多かったんですが、先日も近所のお店のピザをテイクアウェイしました。       以前にも紹介したSlice of Sicilyと言うイタリアンビストロのピザです。 左がボンのオーダーしたサラミ、ソーセージ、ハムの乗ったミート尽くしで、私は、ツナとスモークサーモン、ほうれん草のピザにしました。 私達、ここのピザがお気に入りなんですが、ここのピザ生地がすごく美味しいんです。 今まで気付かなかったんだけど、何とここの生地、全てグルテンフリーでした。 グルテンフリーでもこんなに美味しいピザ生地になるなんて・・・と改めて感動しました。 こんな美味しいピザ生地作れるようになりたいです。 まぁ、石釜オーブンとかないとここまでカリッ、もちっとはできないんでしょうけど。   私達、ここでピザをテイクアウェイする時は、家で電話で注文してから取りにきてもいいのだけど、家から近いし、ここに直接来て、注文してお店でビール等飲みながら待つ事が多いのです。 こちらでは、イタリアのビールMorettiの生もあるので、それをよく飲みます。     今回、待ちながらメニューをちょっと眺めてたら、なんとくるみのリキュール(Nocello)と言うのを発見 私、果実酒とかハーブ酒とか作ってて、くるみのリキュールも気になってたんです。 それで、どんな味か飲んでみたいな~とどのボトルかな?とカウンターや棚に並べられてるリキュールのボトルをチェックしてたんだけど、探せず、スタッフにくるみのリキュールってありますか?って聞いたら、そのスタッフも私達が既にチェック済だった棚をチェックして、このヘーゼルナッツのリキュールしかないみたい・・・って。 でも、ヘーゼルナッツのリキュールも興味あるし、じゃあくるみじゃないけど、これ飲んでみたいな~って言ってたら、ボンが、僕も興味あるから頼んでみようと言う事で、1ショット注文してみました。 せっかくなので、ボトルも一緒に写真撮らせてもらいました。   このヘーゼルナッツのリキュール(Frangelico)、まず飲む前に匂いを嗅いだら、確かにナッツのこおばしい香り~ そして、一口飲んだら、美味しい ちょっと甘味があって、でもヘーゼルナッツの味がしっかりします。 以前、ベイリーズ(アイリッシュクリーム)のヘーゼルナッツ味が売ってて、結構好きだったんですが、あれより、美味しいねってボンと意見が一致しました。 勿論、そのまま飲んでも美味しいし、コーヒーに入れて飲んでも美味しそうだし、アイスクリームにかけたり、チョコレートムースやケーキに使っても良さそうで、これは気に入りました。 次は、くるみのリキュール見かけたら、又、頼んでみようと思ってますが、ちょっと自分で作ってみたいな~

      25
      6
      テーマ:
  • 22 Feb
    • 明太子の粉と豆乳マヨリベンジ

      月曜の夜、ママがChorleyの病院から、プレストンにあるNHS管理下にあるリハビリ用のケアホームに移されました。 ケアホームでは、入院生活とは違って、朝から服を着て、ラウンジやキッチンで他の患者さん(利用者さん)達と一緒に普段の生活に近い生活を送ります。 部屋は、個室になってます。 施設内には、OT(作業療法士)、PT(理学療法士)、ケアラー、ナースが滞在しており、必要な時に補助をしてくれる様です。 家に帰った時に、日常生活ができる様にここで、リハビリをして、普通の生活が送れるように慣らしていくといった感じ。 1週間滞在したChorleyの病院は、個室だったので、しゃべる相手はナースとフィジオのスタッフ達だけだったのですが、このケアホームでは、他の利用者さん達もいるので、おしゃべり好きなママにとっては、これも良いのでは?と思ってます。 ラウンジにはTVもあって、入院中に見れなかったTVがあるのも大きいかな? 病院入院中の色々な対応に不満はいっぱいあるんですが、この件は、又、機会があれば、ブログに綴ろうと思います。   さて、話は変わって、バレンタインデー前に日本に住む友達のみかんさんから、荷物が届きました。     箱を開けてビックリ。 生そば、そばのだし、温泉の素、明太子の粉、そしてチョコレートが2種。 そばは、私がこちらで買えるの美味しくないって言ってたからかな? 生そばなんて、嬉しい     中に入ってたみかんさんからの手紙には、私が芋焼酎好きって、覚えててくれて、この芋焼酎ボンボンを見かけたら、私とボンの事思い出して、贈りたくなってくれたんだって。 日本はバレンタインデー前には、珍しいチョコが色々出回りますもんね。 いや~、こんなサプライズは本当にとっても嬉しいです。   そしてもう一つのチョコは、ママへのプレゼント。 みかんさんは、その時、まだママが入院してた事知らなかったのに、何というタイミング~と驚いてしまいました。 日本の物は、包装も可愛いし、チョコ好きなので、ママも喜んでくれました。   今回、一番気になったのは、こちら     明太子の粉ですよ~。 こんなのあるんですね。 見た目はふりかけみたいな感じになってます。 これは、気になる~と早速使ってみました。     明太マヨのスパゲティー。 マヨネーズは、以前紹介した豆乳ドレッシングを使いました。 わぁ~、本物の明太スパゲティーの味~ 以前、キヌアを使ったなんちゃって明太スパゲティーを紹介しましたが、あれはあれで悪くはなかったんですが、やはり明太子の味はしなかったけど、これはまさに本物でした。 久しぶりに明太スパゲティー堪能しました。   豆乳ドレッシングですが、実はあの後2度ほど挑戦しました。 2度目は、コメントにて油の量を多くするといいと教えてもらったので、豆乳:油=1:2でミキサーを使いましたが、やはりドレッシング状に     ドレッシングになってしまったので、こちらは粗挽きマスタードを加えて、ちょっと味を変えてみました。   そして、3度目の挑戦。       違う豆乳で挑戦。 こちらの豆乳は、冷蔵保存で売られてて、豆ごと使った豆乳って書いてあったので、なんか良さそうと、これは成功しそうだなと使ってみました。 そして、ミキサーではなく、ハンドミキサーで。 なんとなく、ハンドミキサーの方が少ない量でもしっかり乳化しそうだなと思ったんですが、これも又、失敗で、またもやドレッシング状に この3度目の失敗豆乳マヨを使って、上の明太マヨスパゲティーにしました。 マヨにならない失敗の原因はよくわからないんですが、この豆乳、大豆たったの6%ちょっと。 飲んでもやはり薄い感じでした。 そして、やはり調整豆乳です。 その前に使ってた常温保存できる長期保存タイプの調整豆乳は大豆7%位でした。 やはり、もう少し豆乳濃度が濃くないといけないのかな?と思ってます。 しばらく豆乳ドレッシングを食べ続けてたので、少しお休みして、又、こちらはリベンジしてみるつもりです。     せっかくなので、ソイカプチーノを作ってみました。 この豆乳で上手くフォームされるかわからなかったのですが、悪くなかったです。 でも、豆乳の味がちょっと強く感じたかな?   明太子の粉を使って、もう1品。       タラモサラダって言いましたっけ? マッシュしたポテトに豆乳ドレッシングと明太子の粉をまぶしてみました。       これを春巻きの皮で包んで揚げました。 ちょうど残ってたカニカマをチーズと一緒に包んで春巻きを作りたかったので、一緒に。     この日は、ボンが友達と飲みに行って、夜ご飯はいらなかったので、私の一人ご飯でした。 ビーフン炒めとサッポロ黒ラベルと一緒に。 アサヒのスーパードライは、UK内の工場で作ってる様で、最近あちこちのスーパーで見かけますが、サッポロ黒ラベルは、以前、グラス型した変形缶では見かけた事あったんですが、瓶ビールはこの近くでは見た事なかったので、思わず買ってた物でした。 タラモサラダ入の春巻きも美味しかったです。 ボンはたらこも明太子も苦手で食べないのですが、残ってた春巻き、翌日に食べてみる?って聞いたら、食べてました。これなら、大丈夫!って。   まだまだ明太子の粉は残ってるので、もう少し明太味楽しめそうです。   日本帰省したのは、1年前だったので、しばらく温泉にも入ってないし、近々、頂いた温泉の素で、温泉気分も満喫しようと思います。   みかんさん、いつも素敵なプレゼントどうもありがとう。 サプライズも嬉しかったよ~。 又、遊びに来てね~。

      23
      6
      テーマ:
  • 18 Feb
    • 久しぶりの外食 @The Walton Fox

      ママの入院が長引いており、もう少しリハビリが必要と言う事で、リハビリ専門のケアホームに移されて、そこでリハビリしながら様子を見ましょうと言う事になり、ケアホームの空き待ちになっています。   結局、足の痛みは全くなくなった訳ではなく、3週間近くも病院にいるので、そんなに足を使ってないから、少し痛みが減っただけ。 新しい病院に移動してから数日リハビリで、歩いてたら、やはり又、足の痛みが出て、立ち上がるのにもトイレに行くのにも支障が出てるのです。 この足の痛みは、骨等に異常はなく、30年にも渡って、半身をかばいながら歩いてた結果、蓄積された物なので、そう簡単にはなくならないと。 今は、少しでも片側に負担がかからないように歩けるように指導されています。 でも、長年の歩き方やくせは、そう簡単には治らないんですよね   そんな訳で、早ければ今週末には、退院して家に帰ってきそうだったのですが、もうしばらく家には帰って来れなくなったので、私達としてはホッとして、夜の面会に行った後、帰りも少し遅くなったので、久しぶりにご飯をどこかで食べてから帰ろうという事になりました。     帰り道の途中にあるWalton Foxと言うPubへ。 ここのPubは、結構気に入ってて、以前は時々ママも一緒に来たりしてたのですが、駐車場が裏にあって、以前は、身障者用に駐車場側の裏口も開放していたのですが、いつからか閉鎖してて、裏から入れなくなってしまって、車椅子も押しにくい道なので、なんとなくここには来なくなってたので、本当に久しぶりでした。       このPub、雰囲気もとってもよく、結構中は広いので、結構人も入ってましたが、混みこみでもなく、落ち着く感じでした。   久しぶりだったので、メニューチェックして、あまり食べたい物なかったら、別のお店に行こうかと話してたんですが、気になるメニューもあり、ここで食べる事に決定。   二人で外食って、かなり久しぶりだったので、珍しく前菜も頼んでみました。     こちら、私が頼んだスモークダック(燻製鴨の胸肉)にブラックカラントソース、オレンジ、ミニサマープディング添え。 サマープディングって、普通デザートで戴く物なので、どんな感じかと思ってましたが、このブラックカラントソースもそうですが、このさっぱりしたフルーティーで酸味のある味が、スモークした鴨に合ってて、とても美味しかったです。 鴨と言えば、オレンジソースと思ってましたが、こんなブラックカラントのソースも合うんだな~と新しい発見です。     こちらは、ボンが頼んだエビとロブスターカクテル。 エビのカクテルは、よくカクテルグラスに入って出てくるので、そんなイメージだったのですが、お皿に盛られて、これなら軽いランチとしても十分かもと思える量でした。 エビも新鮮で、ロブスターの身はちょっとだったけど、美味しかったです。     こちらは、私が頼んだメインのシーフードリゾット。 リゾットのお米は、ちょっとお粥の様な柔らかさだったのが、少し残念でしたが、シーフードは絶妙の火入れ加減。 もしかすると、イギリス人は、もう少し火を通したいと思う人もいるんじゃないかな?と言う感じのレアだったのですが、ホタテもとっても甘味があったし、エビも新鮮だったので、とっても美味しく、リゾットの味は本当にいい出汁が出てて、とっても美味しかったです。 ただ、この添えてあったミニトマト。生だったんです。 グリルしたトマトの方が良かった様な?     こちらは、私も最後まで注文しようか迷った和牛バーガー。 最近、イギリスでもWagyuが食べられるところが増えてきた様です。 私達、まだイギリスでは食べた事なかったので、初でした。 友達情報では、ALDIで買える和牛バーガーのパテが安くて美味しいんだとか。 私、ALDIより、Lidl派で、あまりALDIには行かないので、まだ買った事ないんですよね。       ボンは追加でチーズもトッピング。 パテも大きくて、焼き加減も中がちょっとピンクな感じで、バッチリでした。 ジューシーで、味も濃くて、さすがにお肉自体が美味しいんだな~と。     何かソースはいる?と聞かれ、マスタードを頼んだら、こんなにたっぷり   ボリューム的にも前菜食べて、メイン食べても多すぎて、食べれないと言う事もなく、ちょうどいい量でした。 さすがにデザートは食べませんでしたが。   このPubと同じ系列のPubがうちからもそう遠くないところにあって、中に入ると、同じ感じのデザインになってて、一瞬、どっちにいるか疑うPubがあるんですが、そこのPubも何度か行って、気に入ってたんですが、最後にボンの誕生日で行った時、私が頼んだリゾットも美味しくなかったし、ボンの頼んだステーキもペッパーソースがすごく不味くて、それ以来足が遠のいてました。 イギリスって、以前行って、美味しかったから・・・と再訪しても美味しくなくなってたり、たまたまの当たり外れなのか、ガッカリする事なんかもよくあって、それなら、家で美味しく食べた方がいいな~と思って、滅多に二人だけだと外食もしなくなってたので、久しぶりにのんびり、美味しい物を戴け、大満足でした。 たまには、外食もいいな~と思えた夜でした。

      24
      8
      テーマ:
  • 16 Feb
    • バレンタインデーディナー

      イギリスでは、バレンタインデーには、カップルや夫婦でカードとプレゼントを交換するのが一般的。 でも、我が家は、数年前からカード交換はやめました。 同じ家に住んでいながら、カード交換し合う意味ある? イギリスは、カード大好きで、何でもカードを贈り合います。 クリスマスも奥さんへ、旦那さんへって。 うちは、クリスマスもいらないね~ってカード交換はしてません。 カード代だって、£2~3するし、それならいつも飲むワインより、ちょっといいワインやスパークリングで乾杯する方がいいなぁと。   日本のバレンタインデーは、何故か女性から男性へ愛を伝える日ってなってますが、イギリスでは、男性からも女性からも愛を伝える日。 そして、勿論ホワイトデーなんてありません。   我が家は、毎年、バレンタインデーにはボンがディナーを作ってくれます。 私は、日本風にチョコレートのデザートを作ったり。   今年は、ママが病院に入院してて、あまり余裕がなかったのと、ボンもデザートは作らなくていいと言ってたのですが、ちょっと試してみたい物があって、それを作って見る事にしました。   ディナーは、以前、安くなってて買ってあった冷凍していたポークラック。 ボンが、イギリス式にシンプルにローストしてくれました。     こちらで買うポークは、厚い皮(脂身)が付いてて、それをクラックリングと言って、カリッカリッに焼いて食べます。 クラックリングもしっかりできてました~。     ポークチョップを2つずつ分けましたが、食べたら、身も厚めで、結局1個食べてお腹いっぱいで、翌日に持ち越しになりました。 クラックリング部分だけは、当日食べた方がカリカリなので、そこだけ食べて、ポークチョップ1個残しました。     CAVA(スパークリング)を開けようかと思ってたんですが、ローストポークだったら赤が飲みたいねって事で、こちらのワインを。 ワインもディナーも美味しくて大満足でした。   さぁ、私が試してみたかったデザートですが・・・。 ヘストン・ブルメンタールってイギリス人の化学者みたいなシェフがいるんですが、オーストラリアの番組マスターシェフで、ヘストンがチョコレートに沸騰したお湯を加えて、混ぜるだけで簡単にできるチョコレートムースを紹介してました。 一度作ってみようとレシピを残しておいて、そのままになってたのを思い出し、これを試してみました。 ただ、作り置きができない様で、作ったら、すぐ食べてしまう様にと言ってたので、ボンがロースト準備してる時に私は作り始めました。     ヘストンは、チョコレート350g、沸騰したお湯425ml使ってたけど、さすがにそれは多いかな?と私は半分の量で。 お湯混ぜるだけなので、チョコレートの味だけで味は決まるかな?とダークチョコとミルクチョコを合わせてみました。     刻んだチョコレートに沸騰したお湯を加えて、氷をはったボールで底を冷やしながら泡立て器で、よく混ぜます。     固まってきたら、ボールを冷やすのをやめて好みの固さになったら出来上がり。 固くなりすぎないように注意だそうです。   でもね、いくらかき混ぜてもトロンとはしてきたけど、ムースほどの固さにはならず またもや失敗 (なんか最近、豆乳マヨと言い、私の実験、全然成功していません)   何が悪かったかよくわからないけど、さぁ、どうしよう。 プランBに変更。 固まらないから、ゼラチンを加えて冷やして固める事に。 この時点で夜の6時でした ゼラチンを溶かす為に温め直したので、4つのラメキンに生地を流して、2個ずつ冷蔵庫と冷凍庫で冷やして見る事に。   ディナー食べて、少し休憩して、夜の8時頃にムースを確認してみたら、冷蔵庫のムースは、まだ固まってなかったけど、冷凍庫のムースは固まってたので、良かったとホッとして、デザートを食べてみました。     デザートに添えようと思って買ってあった苺。 すごい大きい苺が入ってました。 横に置いたスプーンと比べたら大きさわかりますか?     普通の苺の長さの2倍位ありましたよ     この大きい苺、1個カットしただけで、二人分たっぷりでした。   さぁ、ムース試食!とスプーンを入れたら、あれ?固い!! 冷凍庫に入れてたので、アイスクリームになってしまってました でもね、失敗からの成功で、このアイスがなかなか美味しくて、生クリームも卵も入ってない、ただの市販のチョコレートに水を加えただけでこんな簡単に美味しいアイスになるんだ~って。ちょっとヘルシーなチョコレートアイスになりました。 隠し味に自家製オレンジリキュールも加えてたんだけど、残念ながらオレンジ風味は全然感じなかったです。   翌日の今日は、冷蔵庫で固めた方を食べましたが、こちらはムースになってました。 ムースも美味しかったけど、私的には、アイスの方が好みでした。   ヘストンマジック、なんでうまくいかなかったかな~?と再度ネットでチェックしてみたら、70%以上のカカオのチョコを使う事になってました。 (動画があったので、興味ある方、見て下さい→こちら)   私は、ミルクチョコと混ぜたので、70%ではなかったな~と。これが原因かな? これは、又、リベンジしてみようと思ってます。  

      30
      6
      1
      テーマ:
  • 14 Feb
    • 病院通い

      しばらくぶりの更新になってしまいました。 実は、ここ2週間ほど、ママが病院に入院していて、毎日、病院通いをしております。 元々、30年位前に脳溢血で倒れて、右半身麻痺が残ってて、身障者なんですが、年齢と共に正常な左側に負担がかかって、足に痛みが出てきて、数年前に関節炎と診断されて、それからは定期的に膝にステロイドの注射をしてもらって、痛みを緩和させてたんですが、最近は、膝や足首だけではなく、筋や太もも、ヒップに激痛があり、歩行も困難、椅子から立ちがる事もできなくなり、救急車を呼んで、病院へ搬送されました。 レントゲン写真もCTスキャンも撮ったけど、どこにも異常なしと言う事で、関節炎の影響ではないかと言う事で、しばらく入院して、休養して、フィジオとリハビリをしながら様子を見ると言う事になってて、今日、別の病院に移されて、そこでリハビリしていく事になりました。 今では、Prestonの病院へ通ってたのですが、今晩からは、Chorleyの病院へ。 Prestonの病院は、うちから5マイルほどでしたが、Chorleyの病院へは10マイルと倍の距離になります。 ただ、高速を使うと時間的には、そんなに変わらないかな? Prestonの病院は、午後の面会時間に行くと、病院に着く前から混んでて、ずっと行列ができてて、普段は20分位のところ、一度は50分位かかった事も。 今日は、夜の面会で行ってきたので、道は空いてたけど、午後の面会で行ったら、どうなるかな? まだしばらく、病院通いが続きそうです。     ママが昨日まで入院していた病室に行く途中に火傷を負った人がかかる科があったのですが、そこの掲示版にこんな掲示がありました。   要は、キッチンでの揚げ物から、火事を起こす事故が何と火事の1/5で、揚げ物をする上での助言とか、もし火事を起こしたら、どう対応すればいいか等が説明されてました。         でもさ~、病院のこの奥まったところにある火傷した人がかかる科に来る人にこんな説明したって、もう遅いんじゃないのかな?とか不思議に感じるのは私だけかな? しかも、この揚げ物の油は、鍋の1/3以上入れないようにとか、温度設定できる揚げ物器を使用しようとか、揚げ物している時には、絶対その場から離れるなとか。 後は、火事になってしまった時の対処法とか。 でも、こういう情報って、ここの科だけが必要な訳じゃないし、もっと病院のメインのところに掲示して、多くの人に見てもらわないと意味ないような・・・。 この国の人達、確かにフィッシュ&チップスとか好きだけど、家でそんなに沢山の人が揚げ物してるのか?そこも疑問です。   フィッシュ&チップスで思い出したので、だいぶ前になってしまいますが、叔母がママのところに滞在していた時、近所のフィッシュ&チップスでテイクアウェイ(テイクアウト)して、ママの家でみんなで食べました。   ママはフィッシュ&チップス大好きで、時々食べたいと言うので、ママに買って行く事はあっても私達、あまり普段は食べないので、このお店のフィッシュ&チップスはすごく久しぶりに食べました。   (写真は別の日の物です。)   ここのお店のオーナー、アンドレアは、キプロス人なんですが、2年くらい前かな?お店を他の人に譲ったのか、長期休暇を取って、他の人に託して行ったのか、別の人がお店を切り盛りしてたんです。 アンドレアのフィッシュ&チップスはすごく美味しかったのに、一度、その時に買ったら、いまいちで、特にボンはいつもグレイビーソースを注文するのだけど、そのグレイビーも美味しくなくて、ガッカリで、しばらく食べてなくて。   でも、昨年位から、アンドレアが戻ってきたよ!って聞いてて、アンドレアが戻ってきてからは、私達、初でした。 いつもは、ボンだけお店に行って、私は車の中で待ってたりする事も多くて、ほとんどお店には行ってなかったんだけど、この日は一緒に行ったら、アンドレアが、何?彼女?って。 妻だよって言ったら、あれ、結婚してたのかい?って だいぶ前に何度かは行った事あったんですけどね。 更に私に姉妹はいないか?と。自分の息子が独身だから、誰かいないか?と。 中国人はいい・・・とか言い出すから、私、中国人じゃなくて、日本人だけどって言ったら、日本人かい、日本人の方がもっといいわ~だって。アジア人びいきなのかな? 私が日本人だとわかって、ボンに寿司は好き?僕は寿司が好きなんだよとか色々言ってたな。       それで、何故か頼んでなかったカレーソースまでおまけしてくれたのでした。   久々に食べたアンドレアのフィッシュ&チップスは、魚は、カラッと揚がってて、身はふっくらで、すごく美味しかった。 フィッシュ&チップスと言えば、何度か紹介しているLythamのお店Whelan'sのが一番美味しいと思ってたけど、この日は、こっちの方が美味しかったかも。 ただ、チッピーのチップスは、Whelan'sの方がやっぱり美味しいけど。   カレーソースは、意外とスパイシーで、ちょっと中華のカレーに似てる感じでした。 そうそう、イギリスの中華には、必ずカレーが用意されています。 チップスとカレーを頼む人も多いとか。 インディアンカレーよりは、日本のカレーに似てるけど、でもやっぱりちょっと味は違うんですよね。 さすが、カレー好きのイギリス。 ボンが日本に住んでた時、中華レストランにカレーがなくて、ガッカリしたって言ってました  

      25
      10
      テーマ:
  • 08 Feb
    • 雑誌に載ってた和食レシピ

      最近は、ここイギリスでも普通のスーパーで日本食材やなんちゃって日本食が色々買える様になってきました。  少し前になりますが、出先でちょっと見てた雑誌の中に寿司サラダのレシピを見つけました。 最近は、こちらでも寿司は人気で、スーパーでもSUSHIとして海苔巻きや野菜巻き(ベジ用)等の寿司が入った寿司パックも売ってたりします(あまり美味しそうには見えないので、私は買った事ないですが・・・)。     写真の見た目としては、チラシ寿司風で悪くないですよね この写真じゃよく見えないと思うんですが、よ~く材料をチェックしていくと、何故か肝心の酢が入ってないの これじゃあ~、ただのライスサラダで、スシサラダとは呼べないのでは ドレッシングは、生姜、みりん、醤油、砂糖、ごま油、わさびを混ぜた物を使用しています。 ただ、驚いたのは、ゴマはフライパンで1分ほど煎るって書いてあるから、煎りごまになってます。 和食を意識してるのは、わかるんですが・・・ 寿司の意味、わかってないんじゃん     こちらは、先月のWaitroseの雑誌。 お好み焼きが載ってる~ イギリスで、お好み焼きまで認識されるほどになったのかな? 最後にスプリングオニオンを載せてるのは、いいとしてガリまで載せてるのは、どうかな? そして、まぁ当然だけど、ナイフとフォークで戴くお好み焼き。 なんか、おしゃれ感ありますね     こちらも同じWaitroseの雑誌に載ってた蕪のピクルスと蕎麦サラダ。 最近、こちらのスーパーでも蕎麦が買える様になりました。 一度、M&Sの蕎麦を買ったら、全然蕎麦の味がしなくて、表示をチェックしてたら、そば粉たったの20~30%しか入ってなくて だから、蕎麦の味がしないのか~とガッカリして、それ以来、こちらではそばは買ってなかったんですが、こちらの人は、そばをどうやって食べるのかな?と思ってたんですよね。 多分、健康に気を使ってる人達が食べてるとは思うんですが、お蕎麦も汁に入れて食べるより、こういう形の方がこちらの人には、受け入れられ安いですよね。   ちょっと違うよな~と思う物もあるけど、こうしてイギリスでも日本食ブームで日本食が色々紹介されると、やっぱり日本人としては嬉しいし、スーパーでも日本食材が手に入れやすくなるのは、有難い事です。 日本食は、寿司と天ぷらだけじゃないんだよ~と言いたいですね。

      37
      12
      テーマ:
  • 05 Feb
    • 恵方巻き?ただの太巻き?

      昨日は、節分だったので恵方巻きを作る事にしました。 結局、豆まきはしなかったけど     具材もちゃんと7種類用意してみました。       太めの乾燥大根が残ってたのを思い出し、これをかんぴょう代わりに甘辛く煮てみました。 太めなので、食感がいい感じなのです。   後は、スモークサーモン、卵焼き、アボカド、茹でエビ、カニカマ、きゅうり。 でもね~、ちょっと多すぎて、巻ききれなかった 適当に具をいくつか入れて、巻いて残ったのは、後で手巻き寿司にして食べてもいいか~と。     端までたっぷり入れようと欲張ったのがわかりますよね 本当は、このまま切らずにかぶり付くんだろうけど、さすがにこれ一人で1本かぶりつくのは無理だよね~と言う事で、切って、食卓に出しました 関西人には、怒られそうですね。 でも、恵方巻きって大人になってから耳にする様になって、私の住んでたところでは、食べなかったから、あまり馴染みがないのです。     いつも家では、手巻き寿司にしちゃうし、滅多に自分で海苔巻きって作らないから、久しぶりに作ったら、あまり上手く巻けなかったので、ちょっと遠目から     我が家でもお気に入りのししとうと呼んでるスペイン産のPadron Pepper。 軽く炒めて塩振っただけでシンプルに食べるのが好きです。   後は、マカロニサラダ。 こちらは、先日作った豆乳ドレッシングとレモン酢のレモンも使いました。 こちらは、豆乳ドレッシングだけだとサラサラだったのと量も足りなかったので、ちょっと普通のマヨも足しました。   マカロニサラダもあったので、結局手巻き寿司まで辿り着かず・・・。 残った具材と酢飯で、私のランチになりました。   太巻き久しぶりに作ったけど、やっぱり手巻き寿司とも違ってこれはこれで、美味しいですね。 たまには、海苔巻きも面倒と言わずに作ってみようと思います。 海苔巻きだったら、身近な材料で簡単に作れるしね。 ちょっと巻か方、少し練習しないとな~

      29
      6
      テーマ:

プロフィール

あーこ

性別:
女性
血液型:
B型
お住まいの地域:
海外
自己紹介:
イギリス人の旦那ボンと茶色(チャイ)と言う名の黒猫と生活していましたが、2012年夏に愛猫とのお別れ...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Free counters!
AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。