青いそらにつき -気づき、遊び、表現、還る。

イタリアと日本を行ったり来たり。インテグレート・ヒーリング(Integrated Healing/通称IH)キネシオロジーと
フィボナッチ(アキュトニクス)を軸にしたセッションをしています。


みなさま、ありがとうございました。
また2018年秋に
再会できますことを楽しみにしています~♪


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お問い合わせなどお気軽に左側のメールフォームからか、
tomoko.it.IH@gmail.comまで、メールをお送りください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


テーマ:

 

3月ですね!
いかがお過ごしですか。
急に暖かくなったね。

さて、先日の2月末。
最後の会がありました。

写経だったのですが、
その前にお経について
お話させていただいて、
ワークでその世界に触れてもらい、
写経するという。

いや〜、楽しかった!

みんなからの質問も興味深くて、
そこからみんなで話の展開もあり、
ほんとシェアして頂けるありがたさと
面白さは、尽きることがないです。

頂いたご感想も素晴らしくて
ご紹介させていただきたいーと思ったのですが、
ご承諾をいただくメールもしてないうえ、
イタリアに帰る移動も始まるし、
わたしが感じたことだけをざざっと。



今、スピリチュアルと呼ばれ、
そこで表現されていることの内容と
お経の世界は、
同じ方向を向いてると感じます。

なので、
お経に触れてみるのも面白いと思います。
前からお経が気になっていたら、なおさら!
お薦めしたいです。
面白いことが書いてあるんですよ! 

でね、お経は「頭」だけでは
理解出来ない、掴みきれないと
わたしは感じています。
身体でも感じ取っていくのかなと。

例えば、

「匂い」の説明を聞いて、
どれだけ頭で理解したとしても
身体(鼻)で匂いを嗅がないと、
本当の匂いが分からないように。

身体でもそれを生きて、
感じとるところがある。

お経の世界はこんな感じかなぁと。

お経でいってることを読んで
頭で触れて、
身体のどこかに入って、
ある日、実際にその(お経が言ってる)状況にある…と
身体がわかったとき。
頭・身体・全存在で感じることがあるのではと
わたしは思います。

なんやえらい抽象的な表現になってごめんなさい。

ようは、
文字にとらわれないで欲しいな、と思います。
文字で表現しきれないことも沢山あるうえに、
そこにハマっちゃうと、全体が見えなくなる。
でも、
文字にしないと伝えられないんだよね。
ふふふ、面白い。


さて、わたしはイタリアへ帰ります。
みなさま、本当にありがとうございました。
今期の日本滞在では、
自分のうちに変化があっていろんなことが終わりました。
それについてもまた…気が向けば?!
お話させていただけたらと思っています。

これから移動が続き、
その後もゆっくりしていると思うので
こちらはしばらくお休みするかと思います。

みなさま、どうぞ芽吹きの春を☆

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

 

もう2月末ですね!ひゃー
いかがお過ごしですか。
近所で見かける梅の木の蕾が
花開いていました。
春ですねぇ。

先日、2月会を開催しました。
今回は夢についてお話させて頂きました。

寝ている間に見る夢には
情報が沢山詰まっててね、
面白いんですよ。

わたしも夢を見るたびに
ノートに書いているのですが
驚くときがあります。

顕在意識では自覚できていなかった
自分の状態が、夢の言語を使って
見せてくれててね…
ほんと、ビックリするよ。

あとね、夢に質問したりもできる。
ぼんやりした質問だと
ぼんやりした答えになっちゃうから
的を絞って質問する。
すると、はっきりした答えを見せてくれます。

そうだ!
悪夢は「悪夢」じゃないんですよ!!
怖いものじゃない。
悪夢っていわれるような夢ってね、

「おい!今の自分はこんな状態やで!!
 気づいてくれよ!
 (なんとかして、見ないふりしないで、とか)」

という、警報みたいなもの。
それなのに、目が覚めて

「はぁ…、夢でよかった」

と、それで終わりにしてたら
夢の警報は届いてない。
なので、夢を読み解き、
夢は何を自分に伝えようとしてたのか。
そこに気づいていくんですね。

ほんと夢は面白い!!
お話できる機会があって
本当幸せでした。
ありがとう♡


今期の日本滞在中は、
こうやって定期的にお会いできる機会があり
とても楽しかったです。

そしてなにより。
みんなのお話が聞けるのが鳥肌ものでね。
みんなの気づき、変容がほんと素晴らしいのです。



思ったんだけどね。

例えば、
大変そうな(と自分が思う)人が周囲にいたりすると

「あの人は、あんなに大変なのだから…」
「あの人は、あんな状況でも耐えてるんだから…」
「自分の大変さってまだまだ。何言ってんの私」

などと、自分が本当に感じていることを
見て見ぬふり、感じて感じないふりをすることがある。

これってね、極端な表現すると
自分を殺してるのと似てるなぁと思う。

だって、

自分が感じてることを無視して
自分を否定しているから。
自分がいないことになってる。

あの、自分を「こーだあーだ」と
言い聞かせる必要は無いと思うのね。
他人は他人。都合も違うのだから。
その瞬間、自分がそう感じたのは事実。
そのまま「自分はそう感じたんだ」と受け止める。

どんなに
小っ恥ずかしいこと
ドス黒いこと
えげつないこと
いやらしいことを
思ったとしても。

まずは、自分はそう思ったのねーと
受け止めてあげる。
認める。

自分に正直になる。
とことん。

これが鍵かなと思うのデス。


でね、
そもそものところでですね、
そんな小っ恥ずかしくて
ドス黒くて、えげつないのも
自分の一部分で
前からそうだったんですよ。

で、恐ろしいことに(?!)
すでに知人友人家族はみんな
知ってるのよ(ひーー)

必死になって
自分のドス黒さを隠そう、
取り繕うとしても
みんなは知ってるという、、


ひゃーー!
自分を思い返すと可笑しすぎる!
笑えるわ〜〜



定期的に開催させて頂いてた会で
お会いしていたみんなは
自分に正直で、そのままの姿を
自分を認めておられました。

それがこれまた美しくて素晴らしくてね。
どんどん透明感と輝きが増してる。

そのお姿を拝見するだけで
ああ、会えて嬉しいと思うのデス。

ワークショップをしようかなぁという
思いつきに応えてくださって、そして、
毎月の会にもご参加いただき、
本当にありがとうございました。

おかげさまで、
言葉では表現しきれないほどの
沢山のギフトを頂戴しました。
ほんとありがとうね。

来月早々にイタリアに帰ることもあり
今月も内容を変えて
二度の定期会を開催するので
最後の会が来週あります。
これも楽しみでねぇぇ。

ふふふと笑いながら用意してますよ!

みなさまもどうぞ
ウフフな残りの2月を☆
 

 

 

 

 

 


テーマ:

 

みなさま、やっほー
いかがお過ごしですか。
また寒くなるようだけど、体調はいかがでしょうか。

わたしは先日、お友達にご縁をいただき、
素晴らしい出会いがありました。
なんとも楽しい時間を過ごしてね、
ひゃーー!嬉しかったです。
でね、お話してたらいろんな気づきもありました。

今日はその中から「制約」に関してです。

ー ・ ー ・ ー ・ ー


わたしにとって「制約」とは、
嫌なことでした。

自由が無いと感じるから。

窮屈で制限される感じがして
自分がやりたいように出来ない感じもあって
嫌だったんですね。

それがですよ!変わったんですよ、奥さん!!


先日、出会えた方達とお話していたら
とあることに関して、どうやらみなさんは
(わたしが勝手に受けた感覚では)
制約を一応受け入れていらっしゃると感じてね、

特におひとりの方に関しては
「しょうがない」とおっしゃった!!

しかも、その方からは、
「本気でしょうがないと思い
 全面的にその制約を受け入れるようなエネルギー」を
わたしは感じてですね、衝撃的だったのです。

「えええ?!制約がしょうがない?
 そうなん??そうなの?!」

と、頭の中がショック状態。
でも同時に、わたしの内のどこかで
制約に納得している自分もいたんですね。

じゃあ、制約ってなんだろう?と。



で、思ったのだけど。


「制約がかかる」ということで、
守られてる部分や利点があると思ったんですよ。


まず、守られてるという部分では、

「制約をかけてくる」=「この範囲内でしなさい」
ということなので、
「この範囲内をしていると大丈夫ですよ」
と言ってきてることだと思うのね。

だから、守られてる。
自分はその範囲内のことをしていれば、
安全圏にいられるということなんだって。


あとね、
「制約をかけてくる」=「制限をつけられる」
ということなので、その制限内で行動しないといけない。

そこで思ったんだけど、

「制限」という枠の負荷がかかってくるということは、
それに反発する力も生まれるということ。
その反発する力は「創造力・想像力」なのかな、と。

だって制限の中で行動しないといけないもんね。
想像力を使って、どうやってその制限をかわして
行動していくかを生み出していかないと
動けないじゃん。

そう、まるで厳しい校則をどうやって
潜り抜けるか探る高校生かのように…

…というのは冗談ですが、
でもほんと、これくらいの遊び心で
自分の腕の見せ所なんだな〜と思った。
これって、自分の想像力がほんと高まるね。


でね、もう一つ思うんだけど、

人間って、無限の中の選択肢から
選び出すのは難しいときがあると感じてます。

ある程度、数が決まってる(制約・制限がある)方が
選びやすいのよね。

これね、イタリアから日本来る度に思う。

イタリアで何かを購入したい場合、
往々にして、種類は、ほんの数種類しかないのね。
だからこの中から選ぶのだけど、
日本に来た時にゃー、もう、種類がありすぎて、、、

ありすぎて何が何か分からなくなるときがある。
で、分からなくなって、結局、
選ばず・買わずに帰ったことがあります。

制約・制限がある方が
選択肢が少ないから便利な時がある。

ー ・ ー ・ ー ・ ー


…と、こんな感じで
制約って、悪いことだけじゃないなぁと
頭でも納得しました。良いこともあるねぇ。。

って「わたしが」制約を嫌ってただけなんだけど!

そこを払拭してもらえ、
結局すべてはわたしの概念なんだなーと
改めてしみじみした日でもありました。






 


テーマ:

 

立春は明後日という今日この頃。
春は確かに近づいているのだろうけど!
また大寒波がやってくるそうですね。
みなさま、体調はいかがですか?
どうぞ暖かくしてお過ごしくださいませね☆

わたしはおかげさまで風邪知らずで
連日外出しても元気な日々を過ごしています。

今日は、この間、坐禅会に参加した時に
気がついたことのシェアです〜

ー ・ ー ・ ー ・ ー


坐禅会に参加した日の朝。

ボブとちょっとしたことが
きっかけで口論になりました。

でね、そのときにボブは

「きみは瞑想やら何やらとやっているけど
 全然自分で(学んだ教えを)してないじゃん!」

と言ったんですよ。これ聞いて、
わたしは瞬間的にショックを受けちゃってね。


自分の意識では、
学んだ教えを日々自分に適応していた(つもりだ)けど

自分の奥の「向上心」が瞬間的にデカくなり
「幻想の姿
(教えを完璧に習得したらこういう姿であろうという形)」に
全然近づいていないと言ってきた。
まだまだだ、なにやってんの?って。

自分の奥にあった「自分はまだまだ」という
後ろめたさがドンと出てきて
罪悪感が込み上げてきた。


習ってきたことを自分に適応していないだなんて。
学んできたことを習得できてないだなんて。
何やってんの?と。


そのうちすぐに
「いやいや。これはボブの意見だから」
と、気がついたんだけどね。

でも、ボブの意見といえど、
一瞬でも、自分でそこに納得しちゃったほどの
後ろめたさがあるから、
罪悪感がしつこいんですよ。

気を取り直してみようにも
申し訳なさや後ろめたさがあり、
結局、坐禅中もこれがちらついてました。
(ああ、坐禅中ですよ!!どないや…)

もうしょうがないから、坐禅中だけど
ええいっっとその罪悪感を見つめてたらですね、、

突然ふわっと軽くなった感じがして
はっとしたんですよ。


「罪悪感」が悪いんじゃないんだって。


「罪悪感」そのものは悪くないんですよね、
罪悪感が起こる点、そこを見出す必要があるんだと
気がつきました。


例えでいうなら、

罪悪感は「包装紙」みたいなもの。
それを剥がして、
その下にある「物(核の部分)」を手にしないと。


わたしの今回の場合だと、
自分で自分を認めていないこと、
(学びを完全に自分に適応できていないこと)
自分のあるがまますべてを完全に肯定していなかった。
(学びを完全に習得出来ていない自分を肯定できていなかった)

そう、もう一歩踏み込むと、
自分に自信がないこと、
これが「包装紙(罪悪感)」につつまれた
「物(核の部分)」だったなぁ、と。


自分で自分を認めていない
ということは、
自分を殺している、と思うんですよ。

そして、
自分で自分を信じないということは、
他(他人?世間?社会?)を信じてることだと思うのね。


自分を信じないで他を信じてるって
変じゃないか?と思う。
しかも、自分で自分を認めず、
自分を殺してるなんてねぇぇぇ

…と、罪悪感の正体を見つけたら
気がついたら罪悪感は消えていました。

ー ・ ー ・ ー ・ ー


罪悪感は、わるくない。
別にあったって、持っててもいいんだなぁと。
それが出てくる点を見つけるだけなんだと思う。

大切なのは「漠然としたまま持たない」。

自分に正直に。
嘘をつかないで、
とことん正直になるのが鍵と思います。


罪悪感、あってもいいよーー




 


テーマ:



セッションご予約の受付は終了いたしました。
ありがとうございました!

ともこ







セッションのご案内です。

IH(インテグレート・ヒーリング)キネシオロジーを
ベースにしたセッションをしています。
アキュトニクス社の音叉を使った
「フィボナッチ・ヒーリング」も組み合わせています。
(*あなたの身体/筋反射がOKを出すと
  フィボナッチはさせていただいてます)

普段は、大阪市内のレンタルサロンを借りて
セッションをしているのですが、
出張も承ってますので下記をご参考ください。
なお、出張はカレンダーに打ち消しの線(こんなの)
入っていても対応できる日がありますので、
お手数ですがお問い合わせください。よろしくお願いします。

あなたとお会いできますことを楽しみにしています〜♪

あ、そうそう。
セッションに関して小さなお願いがあります。
香水はつけないで、来てくださいませ☆

精油みたいな完全に自然成分だと大丈夫なのですが、
「香水」だと、わたしの嗅覚には刺激が強すぎるのです。
セッションでは感覚をフル回転させているわたしにとって
負担になってしまいます。ごめんね。
なので、セッションへいらしてくださる時には
香水はつけないで来てくださると
とても助かります。ありがとう♡

ではでは、セッションのご案内です。

= = = = = = = = = 

《セッションをご希望くださっている方へ》
セッションはレンタルサロンを借りてしております。
なのでサロンへ空きの確認する必要がありますので
下記をご参考に、ご希望の日を第三希望までお書きの上、
tomoko.it.IH@gmail.com
までメールをお送りくださいませ。
初めて頂戴したメールは24時間以内には返事をしております。
なので、わたしからの返信がなかった場合、
なんらかの理由であなたのメールが届いていない可能性があります。
お手数ですが、再度、左側のメールフォームか、ここのコメント欄に非表示で
あなたのお名前とメールアドレスをお送りくださいませ。


《セッションに関して》
セッションに要する時間は、3時間ほど。
ときには、3時間半以上、4時間かかるときもあります。
なので、お時間には余裕を持ってご予約くださいませ。

セッションの場所は、
大阪府、大阪市科学館のすぐ近くにあるレンタルサロンです。

出張セッションもしております。
もし、マッサージテーブルをお持ちの方で
お部屋をお借りできるのなら、私がそちらへ出向くこともできます。
遠方への出張セッションもしておりますので
こちらもお問い合わせくださいね。

セッション料金は、20.000円。
セッションレポート付きです。

*もし、ご予約後にキャンセル、もしくは変更したい場合について*
サロンを借りている都合上、レンタル規約があり
サロンに一度予約した日は変更できないのです。
なので、一度ご予約くださった後にキャンセルとなりますと
「サロン代:2000円」を頂戴することとなります。
そして、変更の場合も、上記同じ理由で
セッション料金にプラスして頂戴することをご了承くださいませ。

ではでは、ご案内カレンダーです。

************************ 

2月 3日(土)〜28日(水)

あなたのご希望の日を(できれば)第三くらいまで書いて私へメールをお送りください☆
その後、レンタルルームに空き状況を確認いたします。
セッション開始のお時間は、カレンダーに時間が書かれていない場合、
9時から13時までの間で、ご都合の良いお時間をお選びください。
************************

以上です。

ご質問・お問い合わせなどお気軽に
左側のメールフォームか
tomoko.it.IH@gmail.com
までお送りください。

あなたにお会いできることを楽しみにしています~♪






テーマ:

 

みなさま、やっほ〜
いかがお過ごしですか。

今冬は寒いですね!
インフルエンザも流行っているそうですが
わたしの周りではそんな気配は無く
おかげさまで元気に飛び回っています。

先日は、キネシ仲間との集まりがありました。
そこでね「バナナクリームロール」なる物を
お友達が持ってきてくださって食べたんですよ!!

コッペパンにバナナクリームを挟んだパンで
ビックリしたのが、クリームですよ…
バナナ味があるだなんて!

しかもですね、面白いのが
「バナナクリームロール」と
「シガービスケット」のコラボ、

「バナシガ」
2018013104.png
(今日の画像はすべてお借りしています)

コッペパンの中に
こーれーでーもーかーと
バナナクリームをはさみ、
そこにシガー(たばこ形サイズ)フライの
ビスケットを挟んで食すのですが、

2018013102.png

パンの柔らかさと
ビスケットの硬さとで、
食感が忙しく、

パンとクリームの甘さと
塩気のあるビスケットで
甘いのと塩気が混じって忙しく、

なんとも面白い楽しい食べ物でした。

岡山特産?名物なのかな。
岡山いいね!楽しい〜
わたし的にはツボにはまって
楽しかったです。


あとね、岡山といえば
是非ともご紹介したいのが

紙屋本店「むし干大根」

2018013103.jpg

http://www.kiriboshi.com/index.htm

今までも切り干し大根は大好きだったのですが、
細くて固くというイメージがありました。

それがですね、くつがえったんですよ!!

紙屋本店さんの関取印「むし干大根」は
蒸気で蒸したものを乾燥させたそうで、
このまま食べても美味しい!

口に含むと、
乾燥しているけど少しふんわり柔らかく
噛み応えがあって、甘くて美味しい。
食べてると、さつまいもの干し芋を
彷彿させるほどでした!

「このまま食べても美味しいよ」と
教えてもらって、味見のつもりが
あまりの美味しさに本気で食べてしまい、
気がついたら袋の三分の一ほど
無心で食べてたという。。
それぐらいはまりましたよ、奥さん!

結局、調理せずに
まるでスナック菓子のように
食べてしまった「むし干大根」。

友人曰く
「戻し汁もすごく濃厚」だそうです。

思ったんだけどね、
今まで切干し大根が苦手だった方は、
この「むし干大根」だと、
イメージが変わるんじゃないかなぁと。

それぐらい、今までの切干し大根とは
違うものでした。
わたしの中では、大衝撃でしたよ!


今日は、岡山の面白・大好きのご紹介でした〜。


追記:今日は皆既月食ですね。
今、こちらのリンクで東京都内の皆既月食中継をしています。
よかったら☆

https://www.youtube.com/watch?v=vCVXztmZFe0
 

 

 

 

 

 


テーマ:

 

東京は雪が積もりましたね!
あなたのご近所ではいかがですか?
うちの近辺では雪は全く見かけず、
今日は風が強くて寒かった〜!
沖縄の最高気温を見ると暖かそうと思うものの、
日本全体的に寒さが厳しそうですね。
どうぞぬくぬくでお過ごしくださいね。

さて。先週末は、もう一つの1月会でした。
今回は、気軽なシェア会ということで
沢山お話を聞くことができて、
素晴らしさに唸るばかりでした。

人って、気づきがあって
それを行動に持っていくと、
こんなに軽くなったり輝いたり、
ここまで変容するんだなぁと。



わたしたちが生きてるのは「今」で、
永遠に続く「今」しか生きられなくて。

でも、生きる上での行動や思考というのは
過去に経験したことに基づいてる。

「今」しか生きれないのに
「過去」に基づいたデータから生きてるという。。

しかも、その過去のデータの中に
習慣が存在するんですよね。
気づいてないまま、なんとなく惰性で
続けていることとかがある。
でも、気づいてないから、そのまんま
文字どおりの惰性になってて、、、


だから
疑問や違和感が出てきた時はチャンス!


あれ?何?なんで?と見つめていくと
今までの習慣、惰性に刺激を与え
リズムが崩れて、
新しい習慣となる種が出現するのです


だからね、
そのためにもストップすることも
大切だな〜としみじみ思う。

日常生活を走り続けてると、
そのリズムに乗ってるから
ある意味、ルーティンっぽくなるというか、
自分の癖が見え辛いところがあるんですね。

だから、
ときどき、ふと止まって
小さなことに気をとめてみると
視点が変わってくる。


なんで私は今これをしてるんだろう?
なんで私は今これを選んだんだろう?


そして…
新しいリズムがやってくると思います!
 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

 

ワークショップでご一緒したみんなと
月に一度会う会。
今月は、新年を迎えた1月ということもあり、
新月の日にコラージュをしました。

「今の自分の内を表現し、
 アートとして見てみましょう〜」

と、みんなでコラージュしたら!

一緒に出来上がった作品をみていたら、
まさしく、それぞれの作品は
それぞれ自分自身だな〜と
関心したほどです。

終わった後で、参加くださったお一人が
「自分のお布団の匂いがする」と
秀逸な表現をしてくださいました。

ほんと!そんな感じ。

人そのままがアート作品になってて
とても面白いコラージュでした。

でね、このコラージュ、
自分が望む方向性やしたいことなども
見えるようでね、面白いんですよ。

作っている途中は気がつかないんだけど、
出来上がってから、気がつくことも沢山ある。

しかも、時間が経ってから、ハッとしたり。


わたしの場合ですが、
コラージュの真ん中に、大きく羽ばたいている
現在和風な大きめのワシの絵を貼りたかったんですね。

でも既に貼られている物があり、
それだけのワシのスペースはありません。

「うーーん、でも貼りたい、、
 むむー。

 あ、そうか。ワシの目に妙に惹きつけられてるから
 ワシの顔の部分だけ切り取って貼ろう!」

と、ワシの顔だけ貼ったんですよ。
直後はそれでよかった。


でも、出来上がって時間が経って。


日が変わって、作品を見てたら
やっぱり羽が欲しい、と感じたんですね。
で、なんであのまま
(羽ばたいてるままどーんと真ん中に)
貼れなかったんだろうと自問したんですよ。


もうすでに他の物が貼ってあるから?
スペースがないから?
周りから(他の絵が)押し寄せてるから?

でも、それでナゼ貼らない??




あ!
貼ることが「できない」と思ってたな〜と気づきました。
「無理だ」と思ってた。

今から思えば、他の物が貼ってあったって、
上から貼ればいいんですよ。
実際に、他の箇所では、
上から貼り付けた物もありました。

でも、羽ばたくワシは貼れなかった、貼ろうと思わなかった。
「スペースがないから出来ない」
と思っちゃったんですね。


で、これ、面白いことに、
わたしの日常的な思考そのもの!

わたしね、自分のスペースがないと作業が難しいですよ。
しかも、既に周りに何かがあると、
自分から押しやってでも「自分スペース」を
作ろうとしない。
周りが終わるのを待ってしまう
(周りに合わせる)ところがあるんですね。

これを目の当たりにさせられましたデス。

いや〜〜〜……

周りに何が押し寄せていても
そこで羽ばたけることは出来るだろう、と。
自分で自分のスペース/環境を
作っていかないといけないなーと
気づくことが出来ました。


イメージでワークしていくのは
深い心底から、そのままポンっと出てくるので
普段は顕在意識で気づいていないようなことが出てきて
とても面白いです。

今回のコラージュは、
年末頃にでもまた見直すと面白いと思います。
年始で自分はどういう状態だったのか、
自分がしたかったことをした?興味は変わった?
方向性はどうか、そこに行けた?もしくは変わった?
…などなど、気づけることが多いと思います。


今回は、以前ワークショップにご参加くださった方との
定期会で開催させて頂いたのですが、
コラージュだけの半日ワークショップをするのも
面白いな〜と思ったほど、楽しかった会でした。

もし、このコラージュにご興味を持ってくださった方がいらしたら
ご連絡くださいませね。


コラージュで、自分そのもののアート作品を作り、
自分を見てみましょう〜!

言葉では表現しきれない部分や
普段は全然気がついていないようなことも
見えてくること思います。



 


テーマ:

 

セッションで
「頭では分かってるけど、でも…」
という言葉を聞くことが続いてました。


そうなのよ、「頭では」なのよね〜


でも、実際、いざとなると
また前と同じような思考・行動をしちゃう、と。


これね、なんでだろう?と改めて思ったんですよ。
で、ハッと閃いたんだけど、
それはいくつか要因があって


1)まだ「誰かの言葉のまま」な状態
  自分の言葉に変換されていない

2)言葉に捉われている。
  言葉の表面上しか掴めていない。

3)体験していない(体験が足りない)


…だから、頭だけで分かっているような状態かな、と思った。
もうちょい突っ込んで話すとね、




まず、1の「まだ誰かの言葉状態」。

誰かから的確なことを言われて
「そう、そう!」と共感するものの、
自分の物・自分の言葉になってない。

その人の言葉のまま、なんですよ。

だから、自分の内にしっくり落ちてこない。

こういう時は、
「自分の言葉で表現してみる」。
すると、自分の中で嚙み砕かれて
自分に落とし込むことができるんですね。




次は、2の「言葉に捉われている」。

文字通りなのですが
「言葉だけ」に意識が向いている状態で
そこを超えていないのです。

これは感覚的なことにもなってくるので
文字だけで説明するのは難しいのですが、
わたしたちは感じたことを無理やり文字で
表現しているようなことがあるので、
「言葉だけ」では完全には表現できないんですね。

例えで言うと、
月(内容)を指差す「指(文字)」を見ているような状態。

その先の「月(内容)」を見て(掴んで)欲しいのです!!

なので、言葉だけ、表面の上っ面だけに捉われない。
その言葉が指すことは、何なのか。
自分なりに掴んでいくんですね。
ここには当たり・ハズレ、正解・間違いはありません。
あなたが感じたこと、ただそれだけです。
それでいいの。



3の「体験していない(体験が足りない)」。

これね、例えると

・スポーツジムに入会したけど、行ってない
・マルチ機能のランニングマシーンを買ったけど、走ってない
・水泳の秘技書を買ったけど、泳いでない

ことに似てるかな〜と。

そう!「してない」のに、
もう「してる/した」ような気になってる。

でも本当は「してない」から
「できない/できていない」んですよ。。


あるいは、実際に自分の生活に取り入れたばかりなのに、

・優秀と有名なインストラクターが付いてるものだから
(優秀で有名な人が言ってたから)

・マルチ機能なマシーンを買ったものだから
(いろんなワークショップに参加したから)

・秘技書を超読み込んだものだから
(いろんな情報は頭に積み込んだから)

だから、自分は出来るなどと思ってしまってる。
そんな状況だから、いざとなったときにも
やっぱり出来ないんですよね。。
で「頭では分かってる」となる。

こういう場合は、体験する・体験し続ける。
自分の生活の中に実際に取り込む。
取り込み続けるんですね。
すると「頭だけ」が身体に落ちてきます。



ー ・ ー ・ ー ・ ー ・ ー 

「頭では分かってるんだけど、でも…」
ということがもしあれば、
よかったら試してみてね。


自分の言葉に変換して、表現してみる。
言葉に捉われない、その奥を掴む。
体験する、自分の生活に取り入れる。


すると、身体にしっくり落ちてくると思います〜!




 
 


テーマ:

 

今までブログでも
「相手がすることは
 自分の内を映し出している」
みたいなことを書いてきたと思うんだけどね。

確かにそういうことが当てはまるだろうけど、
全てが当てはまるとは思わないんですよ(!)

あとね、この考え方は、ややもすると
「自分に問題がある」という考え方に陥りやすくなるかなぁと。
自分責めしちゃうのね。



…って、わたしのことです、ハイ。
今日は、うちで起きた出来事を例に
わたしの話です。



ここ数日、
ボブのために日本語翻訳など、
わたしがすること(ボブは出来ない)が
どーんといくつかあり、やったのだけど
ひとつだけやりたくないことがあって、
それはボブも出来るので

「わたしはやりたくないから
 あなたがやって」

と言ったらすっごい文句言われたんですよ。
「僕は君に対してそんなこと言わない」とか
「僕が頼んだことを(君は)しない」とか。

前までは、こんなことを言われたら

「わたしの中の何がこんなことを言わせているのか」
「わたしは何を間違ったのか、何がズレているのか」
「わたしは何を正すべきなのか」
「わたしは一体何を見ようとしているのか」

とまぁ、、、
ドラマで警察官が容疑者に攻め寄る勢いで
自分尋問してました。
自分責めになってたときもあったと思う。

今もね、そうするときもあるけど(あるんかいな)
最近はそっちの方向ではなく

「その時に、
 自分が思ったことを
(自分がしたいことや相手への要求を)
 表現する」ようにしています。

例えば、今回だと、声に出して

「わたしはあなたのために
 沢山のことをしている。
 それが、たったひとつのことを
 拒否しただけで、すべてが消えさられるのは
 かなわんわーー。
 というかさ、いつもあなたの足元に跪き、
 あなたの要望に常に応えるなんてこと出来ないから。
 あなたの召使いじゃないし」


と言いました。
言った瞬間、キツイ言い方したかなと思ってね、、
でも自分責めしないで
「わたしは言った(それで終わり)」にしました。
だって本当に「わたしは召使いじゃない」と
あの時に思ったから。

もしここで「感情が先走ってキツイこと言っちゃったな」と
思うことがあったり、謝りたくなったら
「キツイこと言ってごめん」などと謝ります。


でね、こんな感じで
自分に問題がある、と探すことを止め、
その時に自分が思うことを表現し続けてたらね、
確信したことがある。


自分に問題がある(正すことがある)のでなく
「自分を表現することが必要」なときがあるって。


相手にこう言われるということは…
相手がこうしてくるのは…
状況がいつまでもこうなのは…
…いったい自分の中の何がそうさせている?と
自分のどこが問題なのかと探すのでなく、

「自分はどうしたいのか」

それをハッキリ自分で表現するだけのときが
あるなーーと思います。


思ったんだけどね、
自分の中の問題探しは、
確かに有効でいろんなことがスッキリする。
でも一方、創造性に欠ける部分があってね、
次への展開にもっていくときが
難しいときがある。

しかもですね、
問題は探そうと思えば
キリなく永遠に見つけることができるんですよ。
終わらんよーー


なのでですね、

「自分の中のなにが引っかかっているのか」と
自分の内を見つめつつも
「自分を表現する」ことも同時に大切だと思います。

表現することで、自分の内が整理され
次への展開へと創造性も生まれてきますから。

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。