テーマ:
仁井です。

今週は交通事故の事案で医師面談が2件ありました。

1件は腰椎圧迫骨折,
もう1件は高次脳機能障害を負われた事案です。

いずれも症状固定時期,後遺障害の内容等について,
主治医の先生の見解を確認すること,
そして,後遺障害診断書の作成に必要な検査をしていただくこと
が面談の目的でした。

面談した先生はお二人とも被害者の方のことを考えてくださり,
後遺障害診断書の作成にも協力的な姿勢でした。

事案によっては主治医の協力を得られずに,
困り果てるというケースもありますので,
このような対応をしていただけると,とてもやりがいを感じます。

今後も面談を積極的に実施して,
適切な後遺障害の等級が認定されるように頑張りたいと思います。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
長船です。

もうすぐ子供たちの楽しい夏休みも終わりを迎えますが、今年も、亀山さんの夏越祭りに始まり、海峡花火大会、馬関祭りという下関の三大祭りにもれなく参加しました。

亀山さんの花火大会は、例年以上に綺麗でしたし、海峡花火大会は、例年通りの人手で、馬関祭りには、ミッキーマウスがやってきて大盛り上がりだったようです(残念ながら、僕はパレードに間に合いませんでした。)。

今年、僕は、上の3つに加えて、もう1つ祭りに参加しましたが、その祭りが一番記憶に残っています。

その祭りは、彦島の町内会の祭りで
出店もほとんど出てないような小さなお祭りでしたが、子供から大人まで、様々な世代の方が叩く平家太鼓の、リズムと音色に心を引き込まれました。
あのような小さな祭りにこそ、祭りの魅力が凝縮されていることを発見でき、素晴らしい夏になりました!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
仁井です。

交通事故被害に遭った場合,被害者の方が病院へ通院した際の治療費については,通常,加害者の方が加入している任意保険会社が支払いをしてくれます。
任意保険会社が直接,病院と話をしてくれて,直接病院へ支払いをしてくれるために,基本的には,被害者の方が治療費を一度立て替えるという事態は生じません。

しかし,これはあくまで,保険会社の協力のもとに成り立っている制度です。
そのため,保険会社が一定の期間が経過した後に,もう支払いはしないと主張して,
実際にも支払いをしなくなった場合,被害者の方としては治療費を自腹で支払うということになりかねません。

しかも,この保険会社による支払いは,一度,止められてしまうと,
後で支払いを再開することは非常に困難であるのが通常です。

そのため,いかにして,治療費の打ち切りにあわず,支払いを継続してもらうか,
ということが非常に重要になってきます。

当事務所で扱った治療費打ち切りの打診があった事案について,
解決実績としてまとめてみましたので,ご興味のある方はご参考にしてください。
http://www.lagoon-kotsujiko.jp/107/107799/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)