久しぶりです

テーマ:

気付いたらまたっまたまたっこんなに時間がたっていましたねぇ。。。



みなさん更新&コメントレス遅くってほんとにほんとにごめんなさい><。



もうねぇ、年末年始旅行から帰ってきて録画してた紅白見てぽわぽわしながら過ごしてた私には、休み明けの仕事残業&接待残業&休日出勤目白押しデイズはキツかったであります~><。



…更新をサボってる間のこと…

この話の友達「二股ちゃん」…
彼氏と別れ、浮気相手だった男と付き合う方向にあるけどまだ付き合っていないらしい

この話の友達「不倫ちゃん」
現状維持

「アメリ」

Wさんと続行中らしい。(エビ子から聞いた)オイオイ

禁煙
続行中(パチパチ)




そんなこんなでしがらんだ2005年も終わり、2006年。

今年もがんばっていきましょう☆

AD

HAPPY NEW YEAR

テーマ:
あけましておめでとうございます。



更新&コメントレスが滞ってすみません><。

彼と年末年始にかけて久々に長めの旅行に行ってました^^

うーん、これから彼とはまたしばらく会えないけどなんくるないさであります。






さてさて、


今年の抱負は・・・


趣味を広げる。人脈を広げる。世界を広げる。


でいきたいです。







自家製パンを作ったり、ドイツ語しゃべったり、デッサン習ったり、友達のイベントのフライヤー作ったり、趣味の友達作ったり、いろいろやりたいよう。


AD

かわいい

テーマ:

なんだかあわただしい年の瀬。
社内の大掃除もあるし、何かと外出の多い季節だし、なにより一年の疲れがたまってなんだか体が重いわぁ。


な気分のlafayです。



なので今日は、ほんわかした気分になれる私の個人的な癒されサイトをご紹介。



まず。


かわいい夫


発言小町という掲示板で見つけたもの。
旦那のかわいいしぐさや言動を発言するトピです。
読んでいるとなんだか幸せな気分になれます。
私のイチオシは


家のダンナ、もう45歳ですが、なにかというと「ぴよ」というのが口癖なんです。
返事の代わりに「ぴよ」
ただいまの代わりに「ぴよ」

あんまり「ぴよ、ぴよ」言うので、
「鳥フルになっても知らないよ!」というと、
困った顔で「ぴよ~~~」

もう大笑いです。



まずはこれ。
45歳だって言うのに「ぴよ」ですよ!
う~ん、電車で見かけるオジサマたちにもこんなかわいい一面があるのかも…

他には、こんなものも。

私が怒ると「君はどこのクマくん?」ととぼける夫がいとおしかったりして・・


これはうちの彼氏もよくやりますね~
私が怒ると体をもじもじくねくねさせて


「うなぎです、こんにちは」

とか。
確かに怒りが一瞬とぎれますね~
(あくまで一瞬・笑)

あと、行動でかわいいというか律儀というか子供みたいというか…なのがこれ。

液体ハンドソープの減りがとても早いので、夫に「いつも、何回ポンプ押してる?1回だけでいいんだよ。」と言いました。

すると、次に洗面台に立ったとき、私の顔を見て「1回?」と確認してから、洗っていました。かわいい。

その数日後、私が手を洗っているとき、つい2回押してしまったら、「あれ!?1回じゃないの!?」と、まるで子供のように大騒ぎ。

本当は、使い過ぎない程度なら適当でいいのですが、夫にはその「適当」というあいまいな量が難しいらしいので、「1回」と言ってしまったのでした。



うーん、なんていうか男の人っていくつになってもかわいいところが残るもんなんでしょうかね^^




あと、同じアメブロ内の

彼女との戦いの日々

さんも癒されますねぇ。





まだまだ癒されサイト、開拓中です^^

AD

メリークリスマス☆

テーマ:

さて、まるで登場しないのですっかりお忘れの方もいそうですが、遠距離の彼氏が3連休ということで帰ってきております。

今日はおりしもクリスマス。


「レストラン予約したよ!」

「ありがとう、どこでなに食べるの?o(^-^)oワクワク」




「ん?銀座でふぐ。」



なぜ!?なぜクリスマスにふぐ!?


まぁ…ということですので、クリスマスではありますが思いっきり和食やさんにふぐを食べに行ってきますよ。

自分が「それ」に耽溺し、甘んじて快楽を享受しているとき

本当に自分に「それ」は必要なの?

と勇気を持って自分自身に聞ける人は少ない。




「それ」


っていうのは


「煙草」でも、

「不倫相手」でも、

「セフレ」でも、

「仕事をサボった休日」でも、なんでもいい。



多分、

「自分が「それ」を欲しているんだから自分には「それ」は必要なんだろう」

と曖昧に自分に言い聞かせ、納得し、挙句の果てには


必要なの!!!


と言い張るようになる。


自分の「欲望」を「必要」とはきちがえている人が多いように思う。



「自分に必要なもの」「自分が欲しいもの」とはまったく違うのに。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


「必要なもの」とは

魚にとっての水だったり、

犯罪者にとっての刑罰だったり、

大衆にとってのリーダーだったりする。



「自分に必要なもの」が、「自分が欲しいもの」だとは限らない。

子供には「教育」が必要だけど、子供は「教育」を欲しくないように。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


「欲しいもの」とは

女の子にとっての彼からの「おやすみ」メールだったり

40代サラリーマンにとってのマイホームだったり

大衆にとっての娯楽だったりする。



「自分が欲しいもの」は、「自分に必要なもの」だとは限らない。

私は今心の底から「煙草」を欲しいけど、私に「煙草」が必要でないように。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


禁煙しても、煙草が欲しい欲しいと考えている私がいる。

でも
煙草がなくなって、仕事に支障をきたしても、精神のバランスが崩れても、だからといって

「じゃぁ私には煙草が”必要”なんだ」

ということにはならない。




自明。



不倫をして、その男を失いたくない失いたくないと考えている友達がいる。

でも
その男がいなくなって、仕事に支障をきたしても、精神のバランスが崩れても、だからといって

「じゃぁ私にはあの人が”必要”なんだ」

ということにはならない。





自明。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


それはただ、欲してるだけ。

自分には「必要」ではないものでも、依存と中毒で、ただ欲してしまうだけ。

その渇望があまりに強くて、「これは自分には必要ってことだ」と勘違いしているだけ。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-



この話の子 と私の、共通の友達が結婚することになったので、式のことでその子とメールをしていた。




そしてまた。

また。

前回もそうだけど今回も私は彼女の不倫について、ひとっこともメールでは触れていない。


でも、


「私は結婚とかあんまり興味ない。
○○(友達)とかlafayとか結婚したらすごく嬉しいけど^^
でも自分はほんとに結婚願望ないんだ。
今の私には結婚より、△△さん(不倫相手)といる時間のほうがずっと大切だし、たとえ先がなくても今の私には彼が必要なの。

ただ単に幸せな恋愛よりも、私たちはずっとお互いを必要とし合えてると思う」


なんだろう。


この違和感。


必要を強調されると、強がりにしか聞こえない。




まるで



「トイレにはウォシュレットがどうしても必要なのよ!トイレはウォシュレットを付けられる運命だったのよ!ウォシュレットがないトイレにはもう戻れないの…」



と言っているのを聞いてるくらいのあほらしさ。




+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-



不倫だろうが浮気だろうが、強く思う気持ちだけ取ったらそれは本物だろうと思う。

ものすごく幸せなのなら、それは幸せなんだろうと思う。


言い訳などする必要はない。


でも、自分の行為に対し、


「必要」


を言い訳にするのはどうなのか。


「運命だったの」


と恋に酔うW不倫の奥様と同じくらい失笑を買うと思うし、なにより言葉に覚悟が感じられないと思う。



+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-




彼女に返信した。






「私もまだ結婚は具体的には考えてないよ^^;

まだまだ気にする年じゃないって。

結婚を焦ったりすることはないけど、安易に「結婚はしたくない、なぜなら今の私には彼が必要だから」と思い込まないほうがいいと私は思う。

そういう強い言葉は、思い込みに似ているよ。

本当に自分に必要なのは、自分が全然欲しくないものであることもあるよ。

お互い、今自分に必要なものはなにか、それを手に入れる努力をできているか、いつも考えながらいきていこう☆」


明日、大学のときの女友達3人でごはんを食べに行く。

(ちなみに、私のブログには浮気者ばかり登場しますが、実際には、浮気とも不倫とも無縁で生きている友人・知り合いも多いです。今回の友達もその類。)


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


彼女達は、非常に聡明で、それぞれのやり方でものをよく考えるタイプの人間だ。

クラブにも行くし、合コンもするし、要は普通に男が好きで、恋愛も大好き。




でも、3人とも恋愛も大事だけど「自分自身」があってこその恋愛だと考えて、自分のことも大事にするタイプ。



彼からメールが来ないの~><



なんてことで眠れない夜を過ごしたり、彼の言葉に一喜一憂して振り回されたりもするけど、



自分が進みたい道を探すことと、

自分の趣味・興味を突き詰めることと、

自分自身を輝かせること。




この3つにも恋愛以上に、貪欲。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-



よくいる

恋愛以外で自分を確立できない、

恋愛以外の自分に興味が薄い、


という女には私はなりたくないし、そういう友達はいらない。

偏狭な見方だけど本音。





明日会う子達といると、恋愛や仕事や日常に翻弄されてついつい忘れがちな「自分」が浮き彫りになる。


私の嫌いな恋愛偏重の生き方をしなくて済む。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


明日が楽しみ☆

モロッコ帰りの子のお土産話を聞きながら、汐留でランチなのだ。

おなかすかせていこう。

こんにちは!

更新とどこおってます・・・


というのも、こちら で書いたとおり、今私は禁煙中です。



で、禁煙初期ってほんっとに



「ものごとに集中できない」



んですね…


なんかものを真剣に考えようとしても思考がうわすべりするのです><


早く正常な頭の働きを取り戻したいよぉう

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
○アメリ話過去ログ○

後輩のアメリ(独身)、Iさん(既婚)と不倫
アメリ、Iさんにふられる
アメリ、自暴自棄。
アメリ、Wさん(既婚)と不倫開始
Wさん、ちゃらいクズ男だと発覚
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-



アイドルのデビューのきっかけって美少女コンテストだったりオーディションだったりすることが多い。
で、インタビューとかでそれに応募したきっかけを聞かれると必ず

「姉が勝手に応募しちゃって…」

とか

「叔母が写真を送っちゃって…」

とかの

「自分の意志ではないんだけど、いつのまにか…」型がなぜか多い。
アイドルのウェストが全員58cmなのと同じ、紋切り型の回答例。

でも佐藤藍子は昔、デビューのきっかけを聞かれて

「コンテストに自分で応募しました」

と答えていた。
彼女のデビューのきっかけとなったコンテストとは「美少女コンテスト」。

「私は美少女コンテストに自分の意志で応募したんだよ」

と公言する潔さにとても好感を持った。

なんでだろう。

自分のことを「美人」だと分かっていてそれに気付いていないフリをするよりも、自分のことを「美人」だと分かっていてそれを嫌味じゃなく言える、という方が「アイドル・タレントとしての自分への責任と覚悟」を持った人だなぁという印象を受けるからか。


「自分の意志ではないんだけど、いつのまにか…」


型 は、たとえそれが事実であったとしても、そこで


「私自身はそんなつもり全然なかったんです」



という思惑をチラチラ見せられると、ブサイクが「見せブラ」をわざわざ過剰に見せようとしているようなあほっぽさだけが残る。







お前の意志はなかったのか?
覚悟もなくそこにいるってことか?
そこにいる以上発生する責任も全部他人まかせ運まかせか?

と聞きたくなる。



+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-



…と、いうようなことを考えながら、

「最初はそんなつもりじゃなかったんです。でも、Wさんと話してて、いい人だなって思ってたら、いつの間にか流れで…」


と話すアメリの話を聞いていた。
アイドルでも不倫でも「そんなつもりじゃなかった」って便利な言葉だなぁ。




昨日アメリと会社帰りごはんを食べに行って、そして、まずWさんクズだった事件 のことを話した。

とりあえず事実だけを淡々と話した。

その後で、Wさんとアメリのことは聞いてるけどアメリはどう思ってるの?と聞いた。


そしたら最初はなにも言わなかったけどだんだんポツポツとしゃべりだした。

「私は…そうですね、そういうちゃらい男だって分かってました。私は好き、だったのかな…分かりません。でも、最初はIさんを忘れるための気休めだったのかもしれないけど、彼のおかげで今はIさんのこと忘れることできたから…」

「アメリー、きついこと言っちゃうけど、いちいち恋愛の心の動揺を男に静めてもらわなきゃいけないようじゃ、この先もどんどん男をとっかえひっかえしてかなきゃいけなくなるよ。誰かを忘れるために好きかどうか分からない男とセックスしたの?アメリの体はそんなに安いの?もっと真剣に考えなさい。」

「そんなつもりじゃなかったんです。でも、Wさんと話してて、いい人だなって思ってたら、いつの間にか流れで…」

ってかんじで↑この文句。

いつのまにかじゃないよ。
レイプじゃない限りセックスは女の同意がなきゃできない。
別に自己責任なんだからいつなんどき誰とやろうがいい。
「自己責任だと分かっている」なら。
でも、やる前も、やった後ですらも、アメリは「好きじゃない男とセックスした自分の意志」を認めようとしないし自分の覚悟からも逃げたがる。


もしアメリが

「Iさんを忘れるために最初からこうなるつもりで、Wさんとセックスしました。」


と言ったとしても

「アメリそれ安い女だよ。アメリは体でものを忘れたり考えたりすんの?」

って言いたくなるだろうけど、こうやって

「そういうつもりはなかった」

と言われると、安いだけじゃなく、体でも頭でもものを考えられない弱い子なんだなぁ、と思ってしまう。
あぁ、私は頭が固いのか。



「アメリ、ちゃんと考えることが怖いんでしょ?でもそうやって楽なほうに楽なほうに流れてるままでいいの?いいならもう何も言わないけど、一度なんでこんなに自分が次から次に不倫ばっかりしてるのか考えて。考えた結果、不倫したいならもう文句は言わないから、真剣に考えてみて。」

「…分かりました。考えてみます。それから…もう私からはWさんとは連絡取りません。」




Wさんが連絡してくるに決まってんじゃん連絡来たら会うんでしょ、と思いつつ、そこまで杓子定規なことを言ってもそれは私の自己満足だし、そんなん押し付けるもんでもないだろう。と思って


「そう。」



と答えた。


なんだかなぁ。



+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-




「そういうつもりは私にはなかった」



って本当に便利な自己正当化の言葉だ。


別に「人の道から一切外れるな。外れたら出家しろ。」なんて過激なことを言ってるわけじゃぁない。

ただ、人生の中のすべての「アクション」は事故でない限りは常に「自分が主体となって起こすもの」。
これを自覚しているかしてないか、は大事だと思う。

責任や覚悟とは言わなくても、ただの自覚を持っていたい。
望まない結果は、自分が望んだ結果でもあるのだと。




たとえば


妊娠しました。
それを告げたら付き合ってた彼氏に逃げられました。
中絶しました。


って話には同情するし、その彼氏はクズだと思う。
でも、そこで


「彼のせいで私の人生めちゃくちゃ…。」



なんて彼に責任を全部押し付けるのはどうか。


妊娠は1人じゃ出来ない。
自分の意志もあってセックスしたんだろ?
じゃぁ半分は自分の責任じゃないか。

と思うのは私の頭が固いから?




どうしよう。

最近のゴタゴタによって私はやけに頭が固くなって、人の気持ちへに「想像力」を働かせられない人間になっているのかも。







自分の価値観で、自分ならではの生き方を。
なんてことを望む一方で、私は

「誰かの気持ちを想像できる力=思いやり」

が自分に欲しいと渇望している気がする。


でも、今は心に余裕があまりなくて人の気持ちにまで考えが及ばない。





想像力。
思いやり。

共感や同調は無理にしたくないし出来ないが、想像力と思いやりは大事だ。

不倫と煙草

不倫をやめたいけどやめられない…そんな気持ちがちょっと分かりました。





というのも…!
私、本日から禁煙しております><うぅ

18歳から喫煙暦7年。
禁煙を考え出して3年目。
まずは節煙を…と半年前にタール1mgの煙草にしたら、一気に本数が増えて今では一日一箱ペース。



体に悪い…妊娠したとき胎児に影響が…そんなこと分かっちゃいるけどやめられない><


でも、もうやめるのです…決めたのです…
「よし、これが最後の一本!」
を2回繰り返しましたが…


絶対やめるのです…


もう禁煙を思い立ってからもう3年も自己嫌悪と罪悪感と戦いながら煙草を吸い続け、今日改めてこんな自分とおさらばしたいと思ったのです。



そして。


禁煙サイトで煙草のこといろいろ見ていたら、なんだか煙草は不倫と似ているなぁなんてことにふと気づいたのでした。



+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-



有名なアレン・カーの「禁煙セラピー」、あの日本支社の社長さんのブログ にこんなことが書いてありました。
うーんこれを読むとますます不倫と煙草は似ているような?


(以下そのブログより引用)


最近、お客さんたちの話を聞いて「やはり!」と思ったことがあります。
喫煙者はたばこを楽しんでいると言う一方で、たばこについて考えたことがないのです。
つまり、「どうしてたばこを吸い続けてきたのだろう?」というようなことを考えたことがないので、
「もう習慣だから…」や「いまさら止めても…」で片付けてしまうんです。
もっと言うと、「自分にはもう止められない」という暗示をかけてしまっているのです。
誰にもそんなことを言われたことはないのに。。。


うちに来るお客様の中には「こんなにたばこのことを話したり考えたのは初めてだ。」と
楽しそうにおっしゃる方が少なくありません。
喫煙の事実を見つめるのは怖かったけど、見つめてみれば楽しい「気付き」のある作業で、
気付くことにより「自分も元喫煙者になれるかも…」という希望を感じることができるのです。




それから、「子供のために止めてよ!」というのも逆効果のようです。
○○の為というと、その○○がなくなれば吸ってもいいのか?ということになってしまいます。
ですから、禁煙はあくまでも喫煙者が自分自身を大切にするための決断であることを理解してあげてください。

結論!
止めてもらいたい人には強攻に禁煙を迫るより、自分とたばこについて考えさせるように仕向けた方が良いと思います。


それにより、「なんか引っかかるなあ…」という気持ちで喫煙するようになればしめたものです。




なんとなく似ていると思いませんか?
不倫にしても煙草にしても、○○のために、は(逆効果とは思いませんが)確かに当事者への説得力としてはあまり感じませんものね。





「禁煙はあくまでも喫煙者が自分自身を大切にするための決断」


うーん確かに。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-



私も他にも煙草と不倫の類似点をいっぱい思いつきました。

○他者に被害を及ぼす可能性が高いのに、被害が目に見える形で現れないとそのことを実感できない
○自分にも多大な被害を及ぼす可能性が高いのに被害が目に見える形で現れないとそのことを実感できない
○お金がかかる
○依存性が高い
○始めるのは簡単・やめるのが苦しい
○何度足を洗っても、ふとしたきっかけですぐまた始めてしまう(再発しやすい)
○子供に悪影響



などなど…

いやもうほんとに思うのは…


始めるのはカンタンなのにやめるのはなんて難しいんだろう…

ってこと><


煙草吸いたいよう。

でもだめだだめだ、もう吸いません!!


いいきっかけなのでここに禁煙決意表明しておきます☆



不倫も煙草も、依存症になってしまう、ってのは嘘だ!
依存性なんて非常に低いそうだ!
自分の習慣と手持ち無沙汰な「さみしさ」からついつい手を出してしまうだけらしい!!


がんばれ私!



うう…煙草吸いたい…。