マクロミルへ登録




ブログタイムズ



サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン
2008-10-10 10:53:43

レミーのおいしいレストラン

テーマ:洋画 る~ろ

何だかこのアニメ、

評判良いので観てみました。

吹き替え版を鑑賞也。


フランスの片田舎で暮らすネズミのレミーは

天才的な嗅覚と味覚をもち、

一流のシェフになることを夢見ていた。

ところがある日、

家主に見つかり一族は古巣を追われ、

家族とはぐれたレミーはパリの高級レストラン“グストー”にたどりつく。

一方、厨房では亡き母の紹介状を手にしたリングイニが、

仕事を求めて訪れていた。

そこで働くこととなったリングイニだが、

大事なスープを台無しにしてしまう。

それを見たレミーは夢中でスープの味を調える。

その姿を呆然と見つめるリングイニ。

客席に運ばれたスープは大好評!

レミーが人間の言葉を理解していることを知ったリングイニは、

とんでもないアイデアを思いつく。


なんかあまり得るところのない映画でしたね。( ^ _ ^;

この映画は技術的に非常に困難なため、

CG界でタブーとなっていた食事シーンにトライして

成功させてしまった映画なのだそうだ。

確かに食べ物は結構美味しそうだ。

でもそれを調理するのがネズミってどうよ?

ってなる人は、この映画はだめだと思います。

CGアニメがもともとあまり好きではない私は

余計ダメだったのだと思います。

手ぐらい(いや足か?)洗ってよね。

目新しいテーマはないのですが

しっかり作られていると思います。

原題の「RATATOUILLE」はイタリアの料理の名前。

ちょっとキーになってます。


最後に出てくる評論についての

「辛口評価を書いた方が評価される」云々のモノローグは

耳に痛いですね。

私も好きで辛口になるわけではありませんが。。。f(^^;)

私の父親が以前、私に

「辛口の批評は誰でも書ける、褒める方が難しい」

と言いました。

そういえば亡くなった淀川長治氏のレビューは

批判が少なかっように思います。

彼のレビューは物足りなかく感じたけれど、

今思えば、淀川氏は本当に映画が好きだったんだなぁと思います。

私は、、、

言いたい放題でいきます。(爆)



ストーリー  ★★★
映像     ★★★
音楽     ★★★
総合評価  ★★★


人気blogランキングへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

laerl38さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。