IN VINO VERITAS

とあるヴァイオリン弾きの日々雑感


テーマ:
明日からしばらく、完全に「休める」日がないので…

ちょっと足を延ばして、等々力渓谷へ。



紅葉の見頃はもう少し先でしょうか…。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
日曜の午後、1時間ほどのサロンコンサート。

代官山、ヒルサイドテラス。
ハイソでありながらあたたかい空間。
こんな間近で悠貴さんのチェロを堪能できるとあらば、行かない手はない。


世の中に王子貴公子多かれど、彼ほど貴公子と呼ぶにふさわしいチェリストはいないだろう。

指板からふっと離れる左手が触れる空気さえも呼吸しているかのような、心地よいテンション。
歌うように紡がれていく音の糸。

フォーレのエレジーでは、クライマックスで思わず涙が溢れた。

こういう演奏を聴くと、本当に心が洗われる。
全身の毛穴が開いて、浄化されていくような…。

最高に贅沢なひとときでした。

たまにはそういう時間も作らないとね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

すっかり秋も深まり、スケートシーズン真っ只中。

学校の紅葉はまだこのくらいですが、寒くなりましたね…。

また少しずつ、更新していきます。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おめでたい話なので。
本来はデュオですが、一人でも寂しさはなく、終始あたたかい空気に包まれたライブになりました。
 
予定より少し早めに産休に入られた美穂さんは、途中、声だけのご出演(笑)
しかしそれだけでなく、演奏中ずっと、そこに美穂さんがいて、美穂さんのピアノが聴こえて、美穂さんの呼吸を感じました。
 
演奏している領さんも、お客さんも…会場にいたすべての人が感じる美穂さんの存在。
その一体感が、kaiiの世界を作りました。
 
一人だけど、独りではない。
孤独ではなくぬくもりを感じるライブでした。
 
時折…ベースも聴こえました。
kaiiとは直接関係ありませんが、Cielはなぜかカホンを叩く塩のやさんの姿が見えました(笑)
 
きっと、美穂さんを慕う共演者たちの心(魂)も応援に来ていたのでしょう。
 
領さんが奏でる「アメジスト」のピアノは、これから生まれてくる新しい命を思わせる…素朴だけれどピュアな響きが心に沁みました。
 
総じて、美穂さんの曲を演奏するフルートは素直であたたかい音色だったのが、とても印象的で。
領さんの曲は、冒険、挑戦、遊び心があって…。
 
期せずしてその対比も、面白かったです。
 
ところで、魁夷が愛した「二楽章」…
実際はモーツァルトのピアノ協奏曲を指しているのですが、魁夷自身の言葉にもあるように、受け手の自由な想像力で捉えると、この「二楽章」という言葉もまた、特定の音楽を指しているのではなく、何かのイメージとしての表現の一つのように思えてきます。
 
うまく説明できませんが。
一楽章ではなく。終楽章でもなく。間の楽章。
…というより「緩徐楽章」という意味合いの楽章であるような。
 
特に白馬シリーズの絵を見るときはいつも、そんなことをぼんやりと考えていました。
 
MCで領さんも似たようなことを仰ってましたが、白馬シリーズの白馬は、決して前面に出てくることはなく、協奏曲の主役でありながら、風景の中にひっそりと佇み、溶け込むような存在であること…。
その白馬は、ソリストの演奏というよりは、見る人の心の中で聴こえる旋律…なのかもしれません。
 
それもまた、魁夷が感じる「二楽章」の世界なのでしょう。
 
魁夷が二楽章を愛した理由に、また一歩近づけたような気がします。
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。