つい先日も福岡で飲酒運転による痛ましい事故がありました。

その他、飲酒運転による事故も多発している現状です。

もし事故を起こし相手が死んでしまったら、

その命は絶対に戻ってくることはありません。

失った職も取り戻すことは出来ません。

結果として家族を不幸にすることも想像できなかったのでしょう。

それに反省している様子も伺えない!

この元狂員、何考えてんでしょう…


飲酒で懲戒免職、不服申し立て 横浜市元教諭 Sankei Webより引用


>今年1月に飲酒運転で懲戒免職処分になった横浜市立中学校の元男性教諭が、「免職は裁量権の乱用」として、横浜市人事委員会に不服申し立てをしていたことが11日、分かった。市教育委員会は平成16年に「飲酒運転は原則免職」と定めているが、飲酒運転による懲戒免職処分の不服申し立ては初めて。


>元教諭は、17年12月15日、ビールコップ1杯とウイスキー水割り2杯を飲酒。約1時間後に車で子供を迎えに行く途中、旭区内の飲酒運転の一斉検問で摘発され、罰金20万円の略式命令を受けた。この経緯を学校に報告し懲戒免職処分となった。


>市教委は16年7月、「飲酒運転は原則として免職。特段の事情がある場合には停職」と規定。市教委は、「校長会で飲酒運転をしないよう徹底指導した後に起こしたので免職が相当」と判断した。


>これに対し、元教諭は「処分は重すぎる。裁量権の乱用である」と指摘し、市人事委に不服申し立てを行った。背景には、17年10月、飲酒運転の一斉検問で摘発され学校に報告を怠ったのに、停職3カ月で済んだ市立中の男性教諭がいたことがあるという。


>飲酒運転で懲戒免職となりながら、人事委に不服申し立てをして免職が取り消された例として、17年3月の青森県職員、同年12月の大阪府の教諭などのケースがある。

~引用ここまで


この元狂員、1時間後に子どもを迎えに行くとわかっていて飲酒したわけですから、

確信犯であり、懲戒免職で当然と私は思います。

「飲酒運転は原則として免職」と決まってるわけですから、

処分が重過ぎることもなく、裁量権の乱用でも何でもありません。

こうやって不服の申し立てをすること自体、感覚がおかしいとしか思えません。

飲酒運転ももちろん悪いことですが、

それ以上にその後のこの男の態度に違和感を感じるのは私だけでしょうか?

絶対にこんな狂員に自分の子どもを預けたくないですね。

私見でした。



懲戒免職で当然!』と言いたい方、

ワンクリックを宜しくお願いします。

人気ブログランキングバナー 大

AD

コメント(13)