▲この採集のために百均でツッパリ棒と自転車ロープを購入して作った採集網棚。計500円で完成。

 

 

 

 

2017年7月15日(土曜)

 

待ちに待ったヨッシーはんとの南会津外灯回りの日が

 

やって来た。

 

ヨッシーはんとは、これで4回目の共同採集になる。

 

あまりにもクワガタ熱心なヨッシーはん。

 

そんなヨッシーはんに感動した私が

 

南会津の大自然、そして出来れば天然のオオクワガタを

 

堪能してもらえたらとお誘いし、実現に至ったというものだ。

 

ちなみに過去の共同採集では

 

房総ヒラタ樹液採集、

https://ameblo.jp/kuwkuw0624/entry-12178972511.html

 

房総ヒラタの材割り、

https://ameblo.jp/kuwkuw0624/entry-12246907627.html

 

房総ミヤマの外灯採集

https://blogs.yahoo.co.jp/sgkbf219/65785956.html

 

 

を行なっているが、すべて目的種をゲットしてきている。

 

 

 

なかなか思い通りには行かない自然相手に

 

結果を出せているという奇跡。

 

今宵も何かが起こりそうな予感である。

 

 

クワガタ話に花を咲かせながら、あっという間に東北道を降り、車は徐々に

 

高度を上げていく。

 

目的の地は標高が700~800メートルくらいある。

 

自分達の千葉県は最高地でも400メートルちょいしかない。

 

遠征が始めてのヨッシーはんにとっては未知の領域に入っていくのである。

 

▲初南会津へ向かうヨッシーさん。。。

 

「ふじたいらさん、パーキングでは30度近くあってこれは暑くて大変だなぁと思ったのですが、

 

なんですかここは!!! 気温は25度。涼しくて快適ですo(^▽^)o」と。

 

そう平地で暮らす誰もが初南会津で感じ.る涼しさである。

 

真夏でも涼しい。。。

 

「ヨッシーさん、夜なんぞは15度くらいまで下がる日もあるんですよ」

 

「寒くて暖房入れた事もあるんですから~~」

 

 

気が付くと、すでにポイントインしていた。

 

 

ブナのお山が四方に展開し、透明すぎて碧や

 

エメラルドグリーンに見える清流。

 

ヨッシーはんの目の色も変わりだす。

 

 

 

 

「このアスファルトの上を71ミリが歩いていたんですよ」と

 

過去の初南会津を訪れた採集家たちにした話題をリピートしながら運転をする私。

 

 

 

 

本日は常宿である「民宿○ー君」に一泊二食の宿泊が決まっているが、夜中も

 

走り回る予定なので、途中村のコンビにで夜食を買い込む。

 

 

17時、○ー君着。

 

 

女将さんに挨拶をすると

 

本日は村尾さんというベテランのライトトラッパーも来ているとの事。

 

 

 

村尾さんは数年前の昆虫フィールド取材の際、

 

採集風景を写真に撮らせてもらった事のある方で、

 

 

数多くのライト採集の方々が

 

波動砲的な強い明かりで採集されるのに対して

 

丸型電球を少し大きくしたような昔ながらの全方向型ライトでやられる方なのである。

 

 

 

 

しかも、今年は息子さんと来ており、別々に採集するのだとか。

 

 

 

楽しみである。

 

▲この道25年以上のベテラン村尾親子。お兄ちゃんは子供の頃から一緒に付いて来ているので、キャリアは一緒です。過去に

オオクワ♂は50頭以上採集。オスですから♀は何匹

採ったのって感じです

 

 

 

18時が過ぎ、宿泊者が揃い夕食。

 

 

今夜は釣り人が3名、クワ採り人が4名だ。

 

 

 

おかずも多く、ご飯はお代わり自由なのでヨッシーさんも大満足。

 

 

 

「こんなに頂けるとは・・・」

 

 

 

村尾親子の席はすぐお隣だったので、

 

おかずをつまみながら恒例のクワガタ談義が始まる。

 

 

 

 

村尾父「ライトに来るオオクワはさぁ、他のクワガタと違ってライトの近くに落ちるのは

 

少ないよね。オスはさぁ、だいたい50ミリ台だと20メートル以内かな、60以上は30メートル

 

くらいを探さないといけないよね」

 

 

 

ヨッシーはん、ご飯を口に運びながらも、時々ポカーんと話に聞き入っています。

 

 

 

 

村尾父「みんなさぁ、遠くの山を照らしたがるけど、

 

ぼくはオオクワも飛ぶときは

 

なるべく障害物を避けると思うんだよね」

 

「だから川の上なんかを照らした方がいいと思うんだ」

 

「凄い光量のライトにしなかったのは、もう何十年も昔なんだけど、

 

○ー君でバーべQをやった時にオオクワのオスが2頭来たことがあってさぁ

 

ライトのパワーじゃないんだって考えたんだよね」

 

 

「なんなんだ、この人たちは・・・」という顔をして、

箸が止まっているヨッシーはん。

 

村尾さんの話は時々虫の気持ちになりきって話をされるので、

 

とても面白いし妙に説得力があるのです。

 

 

 

「村尾さんもちょこっと泊まってはオオクワのオスのデカイの採って帰っちゃうんだけど、

 

このお兄ちゃんもおとうさんに輪をかけたように採るのよねぇ」と配膳をしながら女将さん

 

がぽつり。

 

 

 

 

なんでも村尾親子は昨日は山形で採集。

 

 

 

 

お兄ちゃんの方が外灯採集で2♀を拾ったとか。

 

 

 

こちらのお兄さんの方は、いかにも採りそうな眼光鋭げな感じの方。

 

 

 

でも、スパスパと物事を言うし、さっぱりした感じでとても好感が持てます。

 

 

 

食事も終わり、一旦部屋に戻って採集準備に取り掛かります。

 

 

 

「ふじたいらさん、お腹もいっぱいになったし、虫の話も聞けたし良かったです」

 

「それにしても、食事をしながら親子でオオクワの話を

 

真剣にするなんて、

 

凄いことです。正に真剣勝負。本気の採集家ですね」

 

 

極真空手に情熱を注ぎ込んだヨッシーさんだけに

 

真剣、本気の採集家には心持って行かれるのであろう。

 

▲村尾親子のライトトラップ。これから別々の場所で採集を始めます。素敵な親子です。

 

 

 

ヨッシーはんが準備に取り掛かっている合間に私は駐車場に降り、

 

トラップ準備をする村尾さんとちょっとお喋り。

 

 

 

「そうそう、昨夜の山形オオクワ見せて下さいよ」

 

 

 

 

すると村尾お兄さんは採集ケースから2頭を取り出してくれました。

 

▲前日に村尾兄さんが山形の外灯で採ったデカ♀。迫力にたまげました。。。

 

「いや~~っ、いいですねぇ~」

 

 

 

「やっぱ、天然はいいなぁ・・・」と感激。

 

 

 

1頭は30ミリ半ば、もう1頭はデカ♀で40半ばはあるでしょうか。

 

 

 

ヨッシーはんにも見せたいなぁ、降りてこないかなぁと思いながら見ていましたが、

 

結局ヨッシーは現れず、村尾親子はそれぞれのライトトラップ地へ。

 

 

さぁ、我々ものんびりしてはいられません。

 

出 陣 で す   (=`(∞)´=)

 

ヨッシーはんを車に乗せ、エンジンをかけます。

 

 

 

 

「ヨッシーはん、さっきね、村尾さんの山形オオクワ見たよ」

 

「デカくて、ヨッシーはんにも見せたかったなぁ」

 

「まっ、明日見せてもらってもいいんだけどね」

 

と言うと

 

「ふじたいらさん、いやいや先ほどの食事の際の話が凄すぎて

 

先制パンチを食らっているので、

 

今そんなのを見たら逆に戦意喪失してしまいますよ~」

 

なるほど、そんな取り方もあるのか・・・言われてみればそうかもしれない・・・

 

 

 

 

「あのお兄さんも凄い方だと思います。もしかしたら自分と年が

 

近いかもしれません」

 

「あっ、そうかな、じゃ、明日聞いてみるね」

 

さっ、そんな採集家たちの本気に触れたヨッシーはんと外灯回りへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と思ったのですが、ここでもう一人

 

 

 

御挨拶をしておかなければいけない人がいます。

 

 

 

 

 

実は6月の房総ミヤマ外灯回りでもお会いしたあの方も南会津入りをしていたのです。

 

 

 

 

そう、その方は千葉の採集人・もっちゃんパパです。

 

 

 

 

もっちゃんパパは過去に5年続けて南会津外灯回りを一緒にした

 

クワ戦友でもあります。

 

なでしこ奪取採集記↓

https://blogs.yahoo.co.jp/sgkbf219/62410472.html

 

 

 

 

今回は自前のライトトラップでのオオクワ採集を目指します。

 

 

 

 

もっちゃんパパは工作が得意の方、

 

低予算でいろいろと考えては新しい採集兵器や武器を作ってしまいます。

 

 

 

 

 

なんでも出来上がった物を気楽に買う事が出来る時代ですが、

 

自分で工夫して作り上げるという努力は素晴らしいと思います。

 

 

 

 

そんな、もっちゃんパパには頭が下がります。

 

▲もっちゃんパパさんとヨッシーさん

 

ヨッシーはんは丁寧に挨拶をし、もっちゃんパパさんも可愛い後輩が

 

来たなぁという感じで微笑みかけます。

▲ネットやホームセンターでいろいろと取り寄せ、自分なりに

作り上げたライトトラップ。私は工夫するもっちゃんパパを

尊敬しています。 ※この場所は南会津町宿泊者のみが

行なえる許可された場所です。

 

 

 

こちらでも一人の採集家のパワーを感じたヨッシーはんは言います。

 

 

 

こちらに来ている方たちは

 

 

本気だ

 

 

本気の採集家の皆さんだ

 

 

 

 

マジ顔で呟きます。

 

 

その表情には冷や汗もありますが、

 

なんか嬉しそうな、そんな感じです。

 

 

そう、例えるならば

 

 

ドラゴンボールの悟空が自分より強い相手に

 

叩きのめされた後の

 

苦笑いに似ています。

 

 

 

 

さぁ、これから夜の戦いの始まりです。

 

 

 

 

第二幕に続く。

 

 

にほんブログ村 ↑ランキングに参加しています。

よろしかったらポチッとお願いします

AD

クワガタみたいなアゴ

テーマ:

 

先月の暑い日に房総南部で取材を兼ねたビーチコーミングを

 

しました。

 

取材の中でほんの一部分だけ使うので

 

20分ほどだったのですが、

 

その最中にツヤツヤのクワガタ虫のようなゴミ虫を見つけました。

 

後で調べてみると、

 

ヒョウタンゴミムシという名前の甲虫でした。

 

あまりにもピカピカしていて

 

綺麗だったので写真に撮っちゃいました。

 

なんでも千葉県では準絶滅危惧種なんだそうです。

 

サイズは2センチくらいですかねぇ・・・

 

 

にほんブログ村 ↑ランキングに参加しています。

よろしかったらポチッとお願いします

AD

昨夜は皆さん、採集に

 

飛び回っていたようでメールでのやり取りが

 

大変でした。

 

でも、そんな中、チバビさんから

 

GOOD MAILが飛び込みました。

 

 

簡単に事の成り行きからお話します。

 

チバビさんは千葉市に住む私のクワ友です。

 

一緒に内房や群馬、南会津も行ったクワ戦友でもあります。

 

チバビさんはとても忙しい人なのですが、

 

やはりクワクワ好き好き人間なので、

 

なんとか時間を作っては思い立ったように採集に行ってしまいます。

 

 

そんなチバビさん、今年は何か執念のような、ある意味異常な動きを

 

みせているのです。

 

6月20日に早くも単独南会津へ。

 

外灯採集のためです。

 

チバビさんはミヤマのデカイ奴が欲しいのですが、

 

実はオオクワも一昨年採っており、そのお嫁さんを探すという目的もあるのです。

 

初オオクワが♂の中歯という引きの方も珍しいかと思います。

 

 

「その宿題をやらなくてはいけないので・・・」

 

そんな事を申しております。

 

その時のメールでは

 


 

どーも~、南会津です。

 

コクワ3♀ ミヤマ少し大型死骸。

 

ライトトラッパー1組、現在の気温14~15度。

 

もうカエル、けろけろ

 


 

とアホなメールを送って来ております。

 

実際はかなり頭のいい方なのですが、クワ活ではアホになってしまうのです(世界のナベアツか)

 

おいおい6月から南会津かよ!!!

 

ずいぶんと余裕があるやっちゃなと思わないで下さい。

 

たしかに多少は余裕がありますが、

 

前記したように多忙な方なので採集に来るのは

 

仕事がキャンセルや午後から急に空きが出来た時がほとんど。

 

翌日も仕事や予定があるので、

 

宿に泊まる事もなく弾丸で帰ってくるのです。

 

7月に入ってからも

 


7月11日

 

南会津だよ~ん。(いきなりかい)

 

ノコ♂2、ミヤマ♀、コ♂♀5、アカアシ♀、ショボ~ん

 

ええっと、オスメスの記号文字化けしてない?

 

いま、22度。

 

月は満月に近い感じ

 


明日10時半に打ち合わせがあるので帰ります。

 

ノコだけお土産

 

ラーメン食べよ

 


7月26日

 

筋モン

 

うう~っ

 

(後は潰れたオオクワ♀の写真だけ)

 


とこの日も夜中過ぎに福島から千葉まで戻るクワ活。。。

 

これで今夏3回目の南会津のチバビさん。。。

 

3回の成果らしい成果はありません。

 

ミヤマ♂も無いし、オオクワは死骸のみ。。。

 

それでもチバビさんは行くのをやめません。

 

執念や根性があるかと思えば、ラーメン食べて帰りま~す。

 

と簡単に諦めて帰ってしまう時もあります。

 

不思議な人です。。。(・・;)

 

行く日も夕方まで仕事、採集の翌日も打ち合わせや仕事。

 

タフです。。。

 

 

 

私はその姿にクワガタ侍という言葉が口をついて出てしまいました。

 

 

 

その名前をメールで送ってあげると

 

「採る事よりも行く事が目的になってますから~残念」

 

と返って来ました(笑)

 

 

さてさて、そんなチバビさんから昨夜もいきなり

 

「夕方の仕事がキャンセル。シンデレラ採集に4度目の出撃!!??」

 

とメールが入りました。

 

さて、ここから昨夜のシンデレラ採集の始まりです。

 

チバビさんと同行しているような気持ちで書かせてもらいますね。

 

※チバビさん曰く、午前0時前に採集を終わらして帰ってしまうので弾丸ではなくシンデレラ採集なんだそうです。

 

*************************************************

2017年7月31日夜

 

せっかく体にムチ打って車を走らせて来たのに

 

栃木、那須塩原付近は雨。

 

なんだよ、まったく

 

チバビは4回目もダメかもと思いながらも

 

一人軽を走らせます。

 

他にも車はあるのですが、この車だとガソリン補充無しで弾丸採集が出来るのです。

 

山にはガスがかかっている・・・

 

 

「あああっ・・・」

 

 

だんだん南会津が近付いて来ます。

 

 

すると、どうでしょう。雨が止みました。

 

 

「おっ、いけるかも・・・」

 

ほんと、南会津の天気は分かりません。

 

天気予報はあまり当てにならないのです。

 

そう、それが南会津。

 

 

数時間後、ポイントに着くと、どうでしょう。

 

な、な、なんという事でしょうか!!!

 

 

気味悪いほど、空が真っ暗なのです。

 

こんな南会津は初めてです。

 

雨は降っていないのに黒い雲が全体を覆い、山の稜線も見えません。

 

ためしに車のライトを消してみると、何も見えません。

 

漆黒の闇。。。。。(゚_゚i)

 

怖くなったチバビは思わずブレーキを踏んで

 

辺りを赤く照らしたのでした。

 

気温は23度。

 

スタートです。

 

スタートと言っても仕事キャンセルからの出発だったので、

 

時刻は21時になろうとしています。

 

 

まあ、よくぞ千葉から来て、この時間から外灯回りを・・・

 

ほんまによくやります。。。私には出来ませんね。。。

 

 

しかし、今夜のチバビは一つの確信があったのです。

 

実は前回回ったときのメス死骸現場を見て、

 

得るものが・・・。ここも飛んで来るんだなぁと・・・。

 

 

だから、コースに迷いはありません。。。

 

そのコースを丁寧に攻めて行くのが今回のテーマ。

 

空は相変わらず真っ暗闇。雨もありません。

 

外灯採集にとって、これ以上の条件はありません。

 

 

しかし、不思議です。

 

 

前回、あれほどいた採集人が一人もいないのです。

 

誰も会いませんし、すれ違う事もありません。

 

 

真っ黒な空といい、違う次元にいるような・・・

 

そんな時間枠の中に

 

一人探索するチバビ。

 

 

外灯回りを始めてから約1時間が経過した頃です。

 

 

 

「いたよ!」

それが私、ふじへのメールタイトルでした。

 

 

そして、写真が一枚。

 

 

言葉なんていりません。

 

 

な、なんと、大歯のオオクワガタ。。。

 

 

こいつがチバビを待っていたのです。

 

 

凄いとしかいいようがありません。

 

 

こちらには隠れる場所が無く、近くに落ちていカブトメスに隠れようとしていたそうです。

 

 

この朗報をくわ友のわいわいさんに速報で流すと

 

 

「やっぱり努力する人には山神様は微笑んでくれます」と返って来たので、

 

間髪入れずにチバビさんに転送しました。

 

 

私は是非ペアを・・・と。

 

 

すると、また1時間後に

 

「鼻血ブー」というタイトルと写真がーーー

 

 

やりました。

 

ペアです。

 

お尻は怪我ですか?

と質問すると

 

腐った桃の葉が付いてるだけとの答え。

 

 

「そして、鼻血が出てTシャツ汚したので帰ります」

(ほんまに鼻血出てたんかい!!!(≧∇≦))

 

その後、チバビさんはラーメン食って帰ったそうです(笑)

 

帰宅は本日8月1日の午前3時半過ぎだとか・・・

 

南会津での採集滞在時間は3時間ほど。

 

なんちゅう採集やねん。

 

*******************************************

 

私、ふじたいらの方は本日の昼間千葉の中央図書館に

 

資料探しに出かけていました。

 

「おっ、ここからならチバビさんのところまでそう遠くないぞ」

 

タイミングが良かったら昼休みのタイミングでオオクワを見せてもらおう。。。

 

 

と、これまたタイミングが良く、昼はファミレスで食事をしながらオオクワ談義。

 

天然ペアを見せてもらいました。

 

メスは元気で動き回ります。

 

オスの形を見て、すぐに思ったことは

 

天然だ!!!(°∀°)b

 

という事です。

 

菌糸ではあまり見ない形をしています。

 

アゴが短く、そう太くはありません。

 

全体のフォルムに自然の恵みブナの恵みを感じます。

 

まったく個人的な感想なのですが、優しい野性味を感じるのです。

 

また、この形は放虫問題などが今ほど騒がれていない時代から

 

受け継がれた形。

 

以前、千葉クワガタ倶楽部の会誌編集をやっていた関係から

 

福島産の天然はよく目にして来ました。

 

過去の歴代の大物達に似ていたのです。

 

私は本棚から当時の会誌を引っ張り出し見てみました。

 

1頭は1994年に内房のK氏が採った71.6ミリ。

もう1頭もK氏が採集した68ミリ。こちらは1998年のものです。

 

 

他にももうひとつの形の系統があるのですが、今回のチバビさんの

 

オオクワオスは写真の系統ととても似ていたのです。

 

受け継がれる南会津のオオクワ、大切にしたいです。

 

 

このブログはチバビさんへのお祝いで書かせて頂きました。

 

みなさん、それぞれのスタイルでクワ活頑張りましょうね

 

 

 

 

 

 

 

◎オオクワ♂約59ミリ

       ♀約40ミリ

 

 

にほんブログ村 ↑ランキングに参加しています。

よろしかったらポチッとお願いします

AD
投稿写真

 

以前お世話になっていた社長宅へ行ってみると、孫の大ちゃんが「ふじさん、カナヘビ採って来たら卵産んだよ」と見せてくれました。

孵化までは約40日。誕生したらまたアップしたいと思います。

ちなみに卵は向きが大切で向きを変えてしまうと死んでしまうそうです。だから卵の真上にはマジックで黒点が打ってあります。

#卵産んだ #向き

 

 

 

北東北のオオクワガタ その五

テーマ:


7月27日午後11時過ぎに

クワ友のセキネさんより北東北での

ライトトラップ報告が入りました。

写真と共に簡単に公開致します。
 

こんばんは。

 

ミヤマは72ミリです。

 

 

 

オオクワは他に43の♀が2頭飛来しました。

 

リリースです。

 

 

ヨコヤマは1♀で卵をパンパンに持っていたので

リリースしました。

 

○○の橋から5キロくらいの場所です。

 


 

それにしてもセキネさんの♂の引きが止まらない!!!

 

 

にほんブログ村 ↑ランキングに参加しています。

よろしかったらポチッとお願いします

 

北東北のオオクワガタ その四

テーマ:

仕事で採集で北東北へよく行く

 

クワ友 セキネさんより4回目の採集報告が

 

入りましたので、いつものようにメール文は

 

編集してアップ致します。

 

 

************************************************

 

ふじ様

お世話様です。
実は○○○地域の翌日に再度○○で
♀を採取しています。
余りにも暑く、○○の山中で午後22時で25度ありました。
他に知り合いが2人やっていますが、
坊主との事でした。

昨日、帰京しました。
 

続けてこんなメールも↓

こんにちは。

暑い日が続いていますが、ふじさんは
精力的にお仕事をされているかと思います。
私は一度で二桁飛来は三度経験しましたが何も9月でした。
来週は○○町、○○、○○に行って参ります。

北東北産オオクワガタ♀42ミリ

 

にほんブログ村 ↑ランキングに参加しています。

よろしかったらポチッとお願いします

 

 

北?東北のオオクワガタ その参

テーマ:

 

7月19日深夜にクワ友のセキネさん

からまたまた採集報告メールが入りました。

 

セキネさんとは山形のレア産地で深夜に出会い

意気投合。以来、時々連絡を取るクワ仲間になりました。

 

 

以下が編集したメール文と写真になります。

 

************************************************

 

こんばんは。

 

今夜は○○○での採集でした。

 

中歯が1頭です。

 

ヨコヤマ1♀ !!!

 

ミヤマが40頭くらい来ましたが、○○○は虫が薄いですね。

 

集落のナトリウム灯には甲虫がいない。

 

山の中での灯火なら大型ミヤマも来ます。

 

 

※この辺りは北東北ではないのでタイトルには?を

付けてあります。

 

 

カミキリ屋さんの中では人気種のヨコヤマヒゲナガカミキリ

 

 

ライトトラップで♀無し、♂3頭という結果はなかなかないと思う。

左2頭が北東北、右が中東北の中歯。

 

 

にほんブログ村 ↑ランキングに参加しています。

よろしかったらポチッとお願いします

北東北のオオクワガタ その弐

テーマ:

 

 

 

2015年夏、

 

山形の誰もいないようなレア産地の山間部で出会った

 

クワ友のセキネさんより北東北のオオクワガタ情報が届いた。

 

2017年7月18日夜

 

ライトトラップにて

 

2♂♂が飛来。

 

他のクワガタは約60頭。

 

 

セキネさんの本命であるヨコヤマ(カミキリ)は来なかったそうだが、第二本命であるオオクワガタ♂が2頭も飛来するなんて凄い。

 

セキネさんは日本中を東奔西走し仕事をバリバリこなす方。

 

そんな合間にやる虫採りは最高の癒しなんだとか・・・。

 

今後も報告があればアップしていく予定です。

 

▲サイズは60ミリ前半と50ミリ半ばくらい。ライトで♂のみ2頭はなかなかないと思います。

 

にほんブログ村 ↑ランキングに参加しています。

よろしかったらポチッとお願いします

7/12・・・目ならし

テーマ:

 

 

7月12日は取材で南房館山へ。

 

気温31度の中を4キロ歩きヘロヘロに・・・あと1キロ歩いていたら熱中症に

なっていたと思う。

 

(その後は美味しいものを食べて温泉に入って何とか回復)

 

あとは夏のお決まり

 

外灯採集をしながらの帰り道。

 

軽く樹液を見て、先日ヨッシーはんと房総ミヤマを採った山間部へ

 

車を走らせる。

 

本日の目的は主に目ならしにある。

 

実は3日後にあのクワガタ熱心なヨッシーはんと福島県

 

南会津へ行く予定があるのだ。

 

もちろん南会津のターゲットは外灯に飛んで来るオオクワガタ。

 

ただ、オオクワガタは飛んできても何かの影側に止まったり、暗いところに

 

落ちたりと簡単に見付からない場合がほとんど。

 

その採集確立を上げるには自分自身の目や勘を慣らしたり

鍛えるしかないのである。

 

要はプロのピッチャーがいきなりマウンドで投げずに

 

ブルペンで十分肩を温めてから登板する事に似ているのだ。

 

マウンドは南会津の各ポイント、ブルペンは房総山間部。

 

肩は目に相当するのである。

 

 

 

途中、登山道にある台場クヌギや昨年樹液にミヤマが見られたポイントを軽く観察。

 

こちらはかなりの樹液量なのだが、クワガタが少な過ぎる。

 

(1頭だけミヤマ♀がいたが藪に落す・・・情けない(ノ_-。))

 

おそらく南の採集人がこまめに回っているのだろう。

 

かなり暗くなったので、房総の山間外灯コースへー車

 

一つ一つの外灯を見逃しがないように丁寧に見ていく。

 

20分も見回った頃だ。

 

縁石の脇に三角形の影。

 

 

ミヤマだ!! (  ゚ ▽ ゚ ;)

 

 

 

三角形に見えたのは前足を踏ん張っていたからだ。

 

 

「よし、取り敢えずは1頭確保~」

 

 

ちなみにこの場所は前回もっちゃんパパがマムシを捕まえて

 

記念撮影したというマムシポイントだ。

 

 

このラインではマムシを度々見かけている。

 

彼らも外灯に集まる虫や虫を求めて集まるカエルを狙っているのである。

 

 

気が楽になった私は数分後、またも

ミヤマと遭遇 ヽ(゚◇゚ )ノ

 

チビ♂だが、さっきよりは大きいかも・・・

 

 

房総のミヤマはそうそう大きい奴はいない。。。ヒラタもそうだが

 

なぜだろうか?

 

冬でも暖かいので積算温度の関係だろうか???

 

それならばサキシマやアマミなどは暖かいのに十分大きい。

 

ちなみに自分の記録は25年ほど前に樹液蹴飛ばしで採った70ミリである(千葉県南部産)。

 

 

 

その後、そんな個体には千葉はもちろん南会津でも会っていない・・・

 

 

移動~そして移動車

 

 

コクワの♀を発見。。。こいつはゴミ虫の如く早足で逃げ回り

 

写真を撮るのに苦労した。

 

 

続けてノコギリの♂

 

 

小ぶりである。

 

千葉のノコギリもそうそうデカイ奴はいない。

 

困ったものである。

 

 

この辺は2頭のミヤマを拾ったところからすると標高は100メートル近く低い。

 

なので高地性で涼しいところが好きな

 

ミヤマの生息地からはズレてくる。

 

まっ、2頭採れたし、後は気楽に帰路に着こう。

 

あっ、そうそうこの日はノコギリ、ミヤマ、シロスジと

 

カミキリ祭りでした。発生期にぶつかったようです。

 

 

▲コンクリートブロックの隙間にコクワ♂

 

 

 

3日後の南会津への軽い目ならしには

十分なったと思う。

 

 

 

さてさて、南会津のオオクワ灯下採集は

どうなる事であろうか???

 

 

20年以上も通っているが

 

 

 

いまだにワクワクしてしまうのである。。。

 

 

 

 

 

 

7月12日千葉県南部灯下採集成果

 

ミヤマ2♂♂

48.5ミリ

43ミリ

 

ノコギリ♂

 

コクワ1♂1♀

 

にほんブログ村 ↑ランキングに参加しています。

よろしかったらポチッとお願いします

 

16番目の月夜の幹這い

テーマ:

 

▲うっすらと東の空に昇りだした16番目の月

 

2017年7月10日

 

 本日は毎年夏季に頼まれる知人宅の草刈仕事。

 

この草刈は知人の庭だけでなく、周辺の道際も機械を使ってやるので、

 

一日がかりなんです。

 

しかも、昨日の日中は33度。

 

午後はへろへろになりましたよ

 

まっ、そんな状態でも帰りは樹液のクワガタを求めて行っちゃうんですね~。

 

今宵はかなりの遠回りをして九十九里平野へ。

 

 

第一ポイントからは昇り始めた赤い月がうっすらと見える。

 

どれどれ、トベラの枝先に垂れる樹液を赤いセロハンで覆ったライトで照らす。

 

ところどころに染み出す樹液。

 

こちらではコクワ♀とノコギリ♂を確認。

 

すぐ近くにあるタブにはコクワ軍団。。。

 

ヒラタは無し

 

 ▲タブの木に付くコクワ組

 

気温は九十九里浜の関係か、25度まで下がる。

 

湿度もそれなりにありそうなので、条件としては良である。

 

移動し第二ポイントへ

 

 

まずは昨年復活したマテバシイへ。。。

 

竹などが密集しているので、なるべく足音を立てないよう静かに近付く。

 

そして、ライトを

 

 

あっ

 

 

いるいる!!!

 

 

幹を這うヒトだ!!!

 

 

ヒラタ♂

ピッ、カシャ、ピッ、カシャ、ピッ、カシャ、ピッ、カシャと素早く写真を4枚。

 

よし、

 

おっと、危ない

 

あと、一歩遅かったらカミキリ穴に逃げ込まれていた。

 

いつも不思議に感じる事がある。

 

穴から離れて幹を這って樹液を吸うヒラタやコクワ。

 

こやつらは、離れていても自分の隠れる穴を

見誤る事なく最短距離で逃げ込もうとする。

 

それは目で穴を見ているのだろうか?

 

暗闇からいきなりライトで照らされているので、

目で確認しているようには

感じないのだが・・・

 

それとも自分のニオイをつけた足跡を追って

いるのだろうか?

 

それとも本能で覚えているのだろうか?

 

それとも微妙な空気の流れを察知して穴がそこにある事を

瞬時に感知できるのだろうか?

 

いつも不思議に感じるのだ。

 

まっ、とりあえず○○○産1頭採集。

 

7月最初の採集なので嬉しい~(´0ノ`*)

 

このポイントも数本見る木が点在。

 

次のニレやマテバシイへ歩く。

 

グワッグワッグワッ

 

カブト♂だ。上には♀の姿も!

 

もうすぐカブト祭りも近そうだ。

 

黄色っぽいシロスジカミキリの姿も何頭か確認。。。

 

そして、期待薄の低木マテバシイを覗き込む。

 

あまり期待していないが、幹這いヒラタが採れたばかりなので、テンションが上がり

 

いつも以上に丁寧に・・・・

 

 

 

あっ、

 

 

 

こいつ

 

 

 

ヒラタ

 

 

 

しかも♀~!!!

 

またまた幹這いだ

 

 

今日は幹這いの日なのだろうか・・・?

 

隠れるのが大好きなヒラタクワガタが2頭続けて幹を這っているなんて・・・

 

う~ん、面白い

 

警戒心ゼロ個体だ!!!(≧▽≦)

 

 オオクワもそうだが、時々そんな場面に出くわす時がある。

 

よし、次のポイントだ。

 

こちらは最近、ライバルが多くなったと聞くポイントだ。

 

あっ、いた

 

誰かがライトでマテバシイを照らしている。

 

なんだか、とても真剣に見ているので、私は通りすがりの地元民のふりをして

 

スルー。

 

上背もあって、短髪の方でした。

 

心当たりの方は教えてくだされ。。。次は情報交換しましょう

 

この後、こちらのポイントに戻り、見回しましたが、

さすがに主役級の虫はいませんでした。ただ、ノコギリは多くなりましたね。

 

カブトも多いし、房総のくわかぶ達のピークはこの2週間くらいかもしれません。

 

 

帰りがけは外灯だってチェックしちゃいます。

 

この地域もLEDが増えましたが、昔ながらの外灯には

たま~にクワガタが落ちています。

 

ヒラタメスも拾った事あります。。。

 

 

 振り返ると16番目の月が輝いていました(´∀`)

 

 

7月10日成果

 

 千葉県東部産ヒラタクワガタ

 

 ♂45.5ミリ、♀28ミリ

 

にほんブログ村 ↑ランキングに参加しています。

よろしかったらポチッとお願いします