不登校 心を楽に♪一人じゃないからね 笑顔のブログ

不登校は経験した人にしかわかりません。
小学校6年から高校1年まで不登校だった息子は
夢に向かって元気に動き始めました!
今度はあなたと子どもさんの笑顔を取り戻したい~♪
名古屋から あなたのこと 応援しています~☆


テーマ:
●不登校 どうしてもジタバタしてしまう

みなさんおはようございます!さくらです。

どうしても、ジタバタしてしまう~

そんなお言葉をいただきました。

親や周りがジタバタすること。

子どもさんはそれをどう受けとめているのでしょう。

「ジタバタ」ってたった4文字なのに、ものすごくいろいろと想定されます。

たとえば?

ゲームの時間を決める、取り上げる、好きなだけさせる。

約束を守らないなら禁止、欲しいものやご褒美をあげる、願い事をなんでもやってあげる。

学校や地域の機関へ相談に行く、相談を受けさせる、本を読む、親が勉強する、解決できる方法を探す。

経験者の話を聞く、医者に連れていく、カウンセリングに行く、連れていく、アドバイスを受ける~等々。

どこなら?誰なら?この状況を変えられるか?

必死になりますね~

私も、仕事をし、学校から呼び出され、遅刻早退をくりかえし、誰にも心の奥を打ち明けられず…

孤軍奮闘していました。

それを横目に、息子は私のことを完全無視でした。

わざとか?と思うほど、目に余る行為からいろいろ起きて、ジタバタすればするほど状況はひどくなっていきました。


親どれだけ子どものためにと一生懸命動いたり、行動しても。

息子がシブシブ、一瞬その気になっても。

いざ!そのときがくると~

自分がやると言ったことさえ守れない。

ドタキャンにも限度がある!おまえはオオカミ少年か!

と毎回大ゲンカしていたけれど、結局。

息子は、思っても体がついていかない、できない状況だった。

そして親である私。

やることはあれこれ違っても、そのベースにあったのは。

”学校に行ってほしい”

だったような気がします。

行きたくても行けない。

その苦しさをわかっていながら?いえ、わかろうとせず?

なんとかして学校に行かせよう、行かせよう~としていたなぁ…

たとえ行かなくても、将来息子が苦労しないように、じゃあなんでもいいから手に職を!

ゲームがそんなに好きならゲームの仕事につけばいい、それがムリなら…

なにかないのか?と常に探しまくっていました。


なんだろうねぇ~

本当に息子のためだったのか?

私が、安心したかったのか…

たとえ親に連れられて、カウンセリングを受けたとしても。

いくら優しい言葉をかけられたとしても。

子ども自身が、俺はダメだ、私はダメだ…と心に壁を作り。

重い心で受けとめて凹んでしまうようなら。

苦しいばっかりじゃないかなぁ。

大事なのは、本人の心。

心が元気になることで、人から何かをうながされなくても?

自ら、やってみようかな~という気持ちがちょこっと出てくるかもしれません。

ちょこっととか、一瞬…

これがつぶやきになったりね。

でもどの程度の気持ちかなんて、本人さえわからないかも。

それに一喜一憂して考えてばかりいては、誰だって疲れます。


ジタバタしていませんか?

親もたまには自分自身のことも考えられるといいですね。

”頭ではわかっているけどムリだわ~”

とつぶやいているのは、きっと1人や2人ではないと感じます。

誰もが同じような道を歩んでいること。

1人じゃないからねっ。

今はずっと続かない。

いつもあなたのことを応援しています。
感謝をこめて。

ランキングに参加しています。
良かったら応援してくださいね。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ



AD
いいね!(90)  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事

テーマ:
●親ができることって?2

みなさんこんばんは!さくらです。

いつもお越しいただきありがとうございます。

親ができること、前回記事にたくさんのコメントをありがとうございます!

うれしかったです。

コメント返しをする前に、思っていたことを書いてみますね。


子どもが苦しんでいる。

休みが長ければ長いほど、学校という壁はドンドン高くなっていく。

ある日ちょっと風向きが変わって子どもが学校に行くと言う。

あれ?一歩踏み出そうとしている。

親はメチャクチャうれしい。(実際に行った、行かないは置いておいて)

でも、あんなに登校してほしかったのに、いざ!となると、心配になってくる。


勉強は大丈夫だろうか?

久しぶりの学校、どれだけ心細い思いをするのだろう。

友達は振り向いてくれるだろうか?

先生は声をかけてくれるだろうか?

ひとりでガッカリして帰ってくるのではないだろうか?

どうやって声をかけたらいいのだろう?

なんて励ませばいいのだろう?



もし、そんな妄想がふくらんでいるとしたら~

そこでストップ!


親ができることって、何があるのでしょう。

家での様子、友達関係、家族関係~

不登校は学校に行けないだけではありません。

外野が、この時とばかり意見してきたり。

夫婦関係がギスギスしてきたり。

いろいろな出来事が、これでもか!とわき出てきて。

イヤでも向き合い、ひとつずつクリアーしていかなければなりません。

中学、高校って思春期真っただ中。

子ども心もクルクル変わっていきます。

そんな子ども心を四六時中観察してどれだけ、わかろうとしても?

うるさい!といわれるか、無視されるか、心配しすぎと思われるか?(全部私です)

そんなものかも。

子どもと一緒に思い悩んで、もし?

心の中でかわいそうな子どもにしてしまったら~

本当にかわいそうな子どもになってしまうかもしれません。

泣きたくなるかもしれないけれど。

親が子どもの代わりに登校できないよね。

受験できないよね。


親には親の役目がある。

子どもは子どもの世界がある。

子どもの世界にまで親が入り込むことはできません。

学校という社会は、子どもが自分自身で、立ち向かっていくところ。

たとえ泣きながらでも、乗り越えていかなければならない場面も出てくるかもしれない。

だから、強くなる!

もし、泣きついてきたら。

よくがんばったねってあったか~く心から抱きしめてあげられたらいいね。


親ができること。

みなさんのコメントにあるように、さまざまです。

そして、私が思うのは。

心配しすぎない。

親が勝手に子どもの未来を決めつけない。

だいじょうぶ!って思うこと。


だって、なんとかなってくるかもしれないじゃん。


子どもが弱さ?本音?を出してくれる親になれたらいいな。

どんな時でも受けとめてあげられる大きな広~い心でありたいなぁ。

子どもはあっという間に成長します。

貴重な今の親子の時間。

だいじにしようね! 

いつもたくさんのコメント、メッセージを本当にありがとうございます。

1人じゃないからねっ!

今日もおつかれさま~

さくら

いつもあなたのことを応援しています。
感謝をこめて。

ランキングに参加しています。
良かったら応援してくださいね。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
AD
いいね!(121)  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

テーマ:
●親ができることって?1

みなさんおはようございます!さくらです。

目覚めよく5時に起きたけど~パソコン使えず。

あ~あ、とここでテンションを下げてはもったいない。

息子には息子の事情ってもんがある。

と、素早く切りかえる(笑)

いつまでもグズグズしなくなってきたこと、ちょっとうれしいかも。

書きたいことが書けなかったけど、しょ~がない、ムリしない。

ひと言でも書こうとパソコンに向かう自分を〇にしよう。


「親ができることってなにがありますか?」

前にも書いたよね?実はこれを今朝、書きたかった、

あなたは何ができると思いますか?

もしあなたが思うことがあったら教えてね!


さあ、月曜日!

思い通りにいかないこともしばしば。

わが身を振り返り日々改善。

今週もボチボチがんばりましょ~!

あなたの朝を、今日を、1週間を応援しています!

私もがんばります!

今はずっと続かない。

ファイト!

いつもあなたのことを応援しています。
感謝をこめて。

ランキングに参加しています。
良かったら応援してくださいね。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
AD
いいね!(88)  |  コメント(20)  |  リブログ(0)

テーマ:
みなさんおはようございます!さくらです。

6月のランチ会なんてまだまだ先~と思っていたら、月日が経つのが早いこと。

いよいよあとひと月あまりになりました。

「子どもさんが20歳前後で不登校とはいえないけれど、悩んでいるおかあさん対象のランチ会」

子どもさんの年齢は?とよく聞かれます、高校を卒業したあたりくらいから二十歳前半ころまでかな。

そのお母さんが対象です。

学校を卒業するとじっくり相談する場も少なくなります。

不登校とはいえないけれど、子どもさんの家での様子、親の気持ちなどを気楽に話せる場を持ちたいと考えました。

それぞれお顔を見ながら、ゆったりと話せるように少人数です。

たぶん…お話をしたって何かが急に変わるわけではないと感じます。

ただ、聞いてほしい、こんなふうでいいのかな?

ちょっとこんなこともあったんだけど…

愚痴でも悩みでも、まずは心から出さなくっちゃ。

一人でかかえていたら心が重くなるばかり。

たまには楽しくおしゃべりしましょう~ってひとときを、ぜひご一緒しませんか?

5回目になります。

けっこうご要望が多いので、どうしても!という方はお早めに申し込みをお願いします。

ただいまから募集します!


日時 平成28年6月26日(日) 11時30分頃から

場所 名古屋駅付近
 
人数 6名~8名

会費 2000円くらい(お食事・お茶代)


参加希望者はこちらまで(9名で締め切りました 21:15)

申込み・お問い合わせはこちらまで


お申込みをいただいても、 すぐにはお返事ができませんので ご了承ください。

人数が集まったらブログでお知らせして、後日個別にご案内をさせていただきます。

いっぱいお話しましょうねっ!

お会いできること、楽しみにしています!

いつもあなたのことを応援しています。
感謝をこめて。


ランキングに参加しています。
良かったら応援してくださいね。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
いいね!(43)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
●不登校 子どもを信じてきたか?

みなさんこんにちは!さくらです。

ブログのネタは手帳にドンドンたまるけど~

なんといっても肝心のパソコンが空かない。

家族でパソコンを共有しているご家庭は、使いたいときに使えないんだなあと思うと。

マイパソコンがあるってぜいたくですね。

当たり前のことに感謝です。

さて。

親御さんとお話をしていて、こういうことばをお聞きします。

「子どもを信じきれない」

う~ん、信じようとしている。

ダメだ、でも今度こそ!と繰り返す。

でもやっぱり~信じることができない。

あるよね~

あらためて、自分自身が渦中の時にどうだった?と振り返ってみると。

とてもじゃないけど、信じられなかったなぁ…

だって、どうプラスに見ようとしても目に余るというのか。

これでいいの?

信じることなんてできない。

心の奥にモヤモヤがうず巻いているのに…

信じよう。

信じなければ。

そればかりにとらわれると、想いとバラバラの自分自身にイライラしたり、凹んだりします。

今日のタイトルは私自身に対しての言葉です。

子どもを信じてきたか?

そう問われたら?

渦中のころは、信じられなかった。

だんだんと~かなぁ。


もし、信じきれないと思うなら?

しょうがない、

だって、無理に信じよう!と思うことで、さらに自分を追い込んでしまうかもしれないから。

なんとな~く、あるいは、ボンヤリと、こういうものかな?

それでも、いいんじゃないかな?

自分自身のハードルをどこまで上げるか。

そして、どこまで下げるか。。


さじ加減は自分自身がきめればいいさ。

大丈夫だよ。

さわやかな5月の空をながめながら、ボチボチいこうねっ。

明日朝9時から、二十歳ランチ会の募集を行います。

よろしくお願いします。


さくら

いつもあなたのことを応援しています。
感謝をこめて。

ランキングに参加しています。
良かったら応援してくださいね。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


いいね!(78)  |  コメント(19)  |  リブログ(0)

テーマ:
みなさんこんばんは!さくらです。

いつもおこしいただきありがとうございます。

不登校とひと言でいっても、実に幅広いです。

不登校と言えなくても子育ての問題はさまざま。

いえいえ、不登校ほど辛いことはない!

たしかにそうかもしれません。

辛いと思うその気持ち。

それはひょっとすると自身の想いもあるのかも…

人は一生でどれだけの人と出会えるのでしょう。

その人の何を見て、知っているのでしょう?

見えている部分は何%?

関心があるから引き寄せます。

あんなこと、こんなこと~

でも、それがすべてではないのかも。


あなたは誰と競争していますか?

上を見ればキリがない。

下を見ればキリがない。


オンリーワン!

人と違うからこそ、素晴らしい。

今は、「違う」ことが辛くてたまらないかもしれないけど。

その子らしさが輝く未来がきっとあなたを待っているよ。

さあ、前を向いて!いっしょにがんばろうね。

明日もファイト!

さくら


いつもあなたのことを応援しています。
感謝をこめて。

ランキングに参加しています。
良かったら応援してくださいね。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
いいね!(104)  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:
●不登校 自分はなんのために生きているんだろう?

みなさんこんにちは!さくらです。

日曜日、いかがお過ごしでしょうか?

私事ですが、昨日、携帯の機種変更をしました。

そこで、なぜかラインがうまく引き継ぎできず…

できたと思って開いた途端、すべてがまっさらになっていました!ガーン…

危機管理のなさを反省し、すぐに気持ちをきりかえました。

それにしても時間がかかること。

突然名前が消えた!と連絡をくれた友達もあり、うれしかったです。

休日で良かった、ありがとうございます。

さて。


人は、誰かの役に立ちたい~

わざわざ意識しなくても心のどこかで、そう思っているように感じます。

高校生ともなれば、バイトもできます。

たとえ学校に行っていなくても、探そうと思えばつながりはできます。

それが、中学生となると。

学校に行けないからといって、外に出てバイトをするわけにもいきません。

できたとしても、家のお手伝いくらいかな。

家にいても孤独感がどんどんつのっていく。

何かをする気力もわかない。

楽しいことさえ楽しいと思えない。

そんな心境で、家のお手伝いができるでしょうか…

もちろん、自らやってくれる子どもさんもいるので、すべてとは言えないけれど。

何をすることがない、じゃあ。

ゲーム、パソコン、テレビ、漫画、音楽~

親から見ると、なまけて遊んでいるように見えても仕方がありません。

「そんなことしているくらいなら学校に行ってよ。」

と、どうしても言いたくなるとき、ありますね。

(毎日です。という声がどこかから聞こえてきそうですが)



学校に行ってほしい。

ただ、学校に行ってくれればいい、と親は願うかもしれないけれど。

一番学校に行きたいと思っているのは、子どもさん自身だとおもいます。

家にいたって、なんの役にも立てない。

自分は、何のために生きているんだろう。

何かをしなければ、そこにいていけないなんて思って過ごしていたら。

苦しくて仕方がありません。

今は、学校に行くことが子どもにとっての仕事?なのかもしれない。

でもそれがすぐにはできないこと。

たとえ笑っていたとしても、重たい心を抱えていること。

やさしい気持ちでわかってあげられたらいいですね。


なんにもできなくても。

なんにもしなくても。

ゆっくり休めばいいんだよ。

ずっと今のままじゃないからね。

きっと、あなたらしくキラキラ輝く日が来るから。

一緒に乗り越えていこうねっ。

今はずっと続かない。

さあ、1週間が始まります。←まだお昼なのに、書いちゃってごめんね。

あなたのことを応援しています。

さくら


いつもあなたのことを応援しています。
感謝をこめて。

ランキングに参加しています。
良かったら応援してくださいね。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
いいね!(139)  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
●不登校 あなたは試されている

みなさんおはようございます!さくらです。

いつもたくさんのコメント、メッセージをいただきありがとうございます。

どんなタイトルにしようか迷いました。

この話題は、いろいろな視点から書けるし、まだまだ書きたいことがいっぱいあるので。

今日はこのタイトルですが、あなたの中でジックリ考えてみてくださいね。


子どもの不登校が始まって、ず~っと底辺にいたけれど…

やっと、やっと、ほんのすこ~し上がってこれた気がする。

見守るってこういうこと?

と思えるように感じたとき。

心ない言葉を食らって、ガ~~~~ン!

あ~まだまだだぁ。

経験者は語る(笑)

たぶん、私だけではなく、ここに来てくださる方は、多かれ少なかれこのような経験があるのでは?と感じます。

なぜせっかくよくなりかけているときに、このタイミングでくるの?

どれだけ悔やんでも、こればかりはどうすることもできません。

たとえ、その場面を回避できたとしても?

またその先に、同じような場面が想定されている?

生きていると、いろいろなところで、理不尽…と感じることがあります。

ここに来てくださる読者様の受ける思いは、不登校。

しかし、それは。

”今、学校に行けない”という事実があるだけ。

明日のことはわからないし、ひと月先、半年先、1年先のことはわからない。

不登校という3文字に色を付けているのは自分自身なのかも?

たいてい、まわりのなにげない言葉が視線が態度が攻撃してきます。

ことあるごとにイチイチ文句を言ったり、腹を立てていては。

まわりが壁に囲まれているようなもの。

悪意はなくても…

「学校には行ったほうがいいんじゃない?」

そのつぶやきにさえ動揺するときだってあります。

”わかってる、十分わかっている。

学校に行ったほうがいいということくらい!”

怒りなら、バネになるかもしれない。

でも、一瞬で天から地に落ちて、自分を責めてしまう人が多いです。

みんなやさしいから。

ググッとそれを心に押し込めると~何とも苦しくてしょうがない。

おもわずもらした言葉が誰かにつながってまた自分を苦しめるかもしれない。

はぁ…ため息しか出ない。

もう誰にも、何も言えない。

きついね…


そこで私は、大きな宇宙からのメッセージだと受けとるようにしています。

「強くなれ!大きくなれ!」


泣いたっていい。悲しんだっていい。グチったっていい。

心から出さないと、たまる一方だからね。

不登校がうっすらグレーだったのに、濃いグレーになって、黒くなったらたまらない。

いい返せない自分が不甲斐ないかもしれない。

でも、きっとそれらの人は、学校に行き始めたと知ったとしても、「あっそう~」くらいかもしれないよ。

また次の、何かを探すかも。

もちろん、本当に心配してくれる人だっている、心配する分ものすごく喜んでくれると思う。

凹むこと、できれば避けて通りたいけど~

しょうがないです。


少しずつでいい。

ず~っと引っ張らないで、どこかで区切りをつけませんか?

するとまた、試練が色々形を変えて、やってくる。

また凹むかもしれない。

生きるって、そういうもの。


あなたは試されている。


急には強くなれなくても、動揺する心の幅が、悩む時間が。

少しずつ小さくなるのを感じていけるはず。

それは、過去の経験があるから。

今度来たら言ってごらん。

「来たか、来たか、そう来たか」

あなたはきっと乗り越えていける。

愚痴でも文句でも悔しさでも~

いつでもはき出しに来てね。

1人じゃないからねっ!

いつもあなたのことを応援しています。
感謝をこめて。

ランキングに参加しています。
良かったら応援してくださいね。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
いいね!(125)  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:
●さあ!今だけを見つめて

おはようございます!さくらです。

ゴールデンウイークもおわり、いよいよ5月のスタートですね!

昨夜、小田和正さんの歌を聴きながら~

愛とともに、生きるメッセージを感じてきました。

今回のツアーのタイトルにもなっているオフコースの曲「君住む街へ」

こんなフレーズがあります。

”君の弱さを恥じないで

皆んな何度もつまづいている。”


本当だなぁ、誰だって、つまづくこともある。

人に言えないほどのどん底を味わっている人ほど、それを乗り越えてきた人は、強い。

たった一度きりの人生。

今がどうあれ先のことなんてわからない。

悔やんでばかりいても仕方がない。


さあ、あたらしい1週間が始まります。

まずは気持ちから!

この1週間、何を心がけて過ごしますか?

これをしよう!と1つ決めて、挑戦してみませんか?

人と比べるのではなく、昨日の自分と今日の自分を比べてみませんか。

今はずっと続かない!

いつもあなたのことを応援しています。
感謝をこめて。

ランキングに参加しています。
良かったら応援してくださいね。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ



いいね!(127)  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。