競馬予想:予想師・紀伊國屋のJRA重賞予想

競馬予想を公開し続けて21年。JRA重賞予想を行なう鬼才の予想師・紀伊國屋のコンテンツ。
狙いは三連複、軸馬は二頭、予想は三点、都合5頭で勝負を掛けることを
潔いとする。果たしてどうか、今週は!!


テーマ:

第59回京阪杯:11月30日(日) 京都競馬場
16時20分発走

流れの中で可能性を探る番組
58キロ以上で好走はない


主要路線とは違う流れ
歴戦のスプリンターはもう出番がない。この番組は「鬼の居ぬ間に○○」という結果を求めて参戦してくる馬が多い。そのために、紛れが多く、高配当が続出している。1200m戦となれば勢いだけで押し切ることができる。そのために一番人気は[2-1-0-4]と不振。上位人気は押し出された可能性が高く、決して、馬自体の実力評価ではないだろう。ただ、拠りどころとなる部分は何なのかということを考えれば、スプリンターとしての素養である。好スタートで、そのまま押し切ることができる力を持っているか否かということである。三歳馬であっても条件が適うなら好走できるだろう。[3-2-2-23]、複勝率23.3%。それほど驚くような戦績ではない。が、立ち向かうことができるのである。それが返って複雑化させている原因ではないかと思える。勢いは必要であるが、勢いだけでは勝ち負けが難しい。それらの点を踏まえて、きちんと走ることができる馬を選び抜く必要がある。

馬名 性齢 斤量 騎手名 鬼結
1 1 エピセアローム 牝5 54 ビュイック
1 2 ヘニーハウンド 牡6 56 菱田 裕二
2 3 セイコーライコウ 牡7 57 丸山 元気  
2 4 レッドオーヴァル 牝4 54 池添 謙一
3 5 ワキノブレイブ 牡4 56 内田 博幸 △1
3 6 アルマリンピア 牝6 54 川須 栄彦 捨馬
4 7 アンバルブライベン 牝5 54 田中 健 捨馬
4 8 アフォード 牡6 56 藤岡 康太  
5 9 ブルーデジャブ せん7 56 国分 恭介  
5 10 アースソニック 牡5 56 四位 洋文  
6 11 ブランダムール 牝5 54 藤田 伸二  
6 12 サカジロロイヤル 牡6 56 国分 優作  
7 13 ニザエモン 牡6 56 幸 英明  
7 14 スギノエンデバー 牡6 56 小牧 太  
7 15 ローブティサージュ 牝4 54 三浦 皇成  
8 16 サドンストーム 牡5 56 秋山 真一郎 △2
8 17 サクラアドニス 牡6 56 和田 竜二  
8 18 スマートオリオン 牡4 56 田中 勝春  

●主線はこの二頭の勝ち負け
普通というものは存在しない。比較対象と比べるからそういう話になるのである。ここではレッドオーヴァルを主軸に据えた。スプリンターズSに参戦して、この番組に回ってくるということはどういうことだ。「普通」であればあり得ない。逆に考えると脚を余していたのである。疲れもなくこの場に参戦して来たのであろう。どこまで走れるかということを考えてしまうと、この馬の主軸があり得なくなる。が、敢えて、そこはそれ、主軸として据えた。対抗にはヘニーハウンドを挙げる。休み明けでの好走は、この馬が走ることを待っていたことに他ならない。それを都合良くこの番組に参戦させてきた。勝ち負け必至として考える。いわば、ノリノリ状態と考えて良いだろう。
●番手にはこの三頭を挙げる
京都コースが好きなのである。そんな馬がいても良い。それがエピセアロームである。今回は最内に入ってしまったが、器用な展開ができるだろうと考えて▲単穴とした。やや間隔が開いたこともあるが、思い切った走りができるのではないかと考える。また、同様の考え方からサドンストームを推す。前々走は決して良い状態ではなかったこともあるが、この馬は叩き良化型なのではないかと思っている。ここである程度は勢いづかせて、冬場の短距離戦線をきちんと走らせたいものだ。そして、ワキノブレイブを挙げる。しっかりとした馬格を持ち、短距離戦ならではの走りで恵量を活かすと考えた。前走の切れ味は着差をものとものしないものがった。展開一つ、それに恵まれなかっただけと考える。
●取捨選択を迷った二頭
前走から2キロ増で参戦しなければならなくなったアンバルブライベンだが、本来であればハンデ戦に出走した方が良かったのではないかと思えるのだが、陣営がここに食指を動かされたのだろう。決して悪いデキではないと思うのだが、その走りがこのメンバーと互角に渡り合えるかと考えると無理があるような気がしてならない。が、間違えば、切れ脚があるだけにワイド連対までなら食い込んでくるかもしれない。それはアルマリンピアも同様だ。侮れない。ただ、前走同様、今ここでは著しい成長が窺えない。そのことを考えると良くて前走並というところか。

●捨てちゃえ馬
やはり、武器らしい武器がないことには勝ち負けにならない。そのため、アルマリンピアとアンバルブライベンがここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
4 レッドオーヴァル 牝4 54 池添 謙一
2 ヘニーハウンド 牡6 56 菱田 裕二
1 エピセアローム 牝5 54 ビュイック
△1 5 ワキノブレイブ 牡4 56 内田 博幸
△2 16 サドンストーム 牡5 56 秋山 真一郎
捨馬 6 アルマリンピア 牝6 54 川須 栄彦
捨馬 7 アンバルブライベン 牝5 54 田中 健


●結果
【配当】
単勝 7 1,130円
複勝 7 440円
16 990円
12 1,800円
枠連 4-8 5,090円
馬連 7-16 29,400円
ワイド 7-12 7,520円
7-16 8,680円
12-16 21,560円
馬単 7-16 51,340円
3連複 7-12-16 333,950円
3連単 7-16-12 2,029,240円

【着順】 【時計】
1 7 アンバルブライベン 1.08.3 33.6
2 16 サドンストーム 1.08.5 33.2
3 12 サカジロロイヤル 1.08.5 33.7
4 1 エピセアローム 1.08.6 33.7
5 9 ブルーデジャブ 1.08.7 32.6
6 5 ワキノブレイブ 1.08.8 33.8
7 3 セイコーライコウ 1.08.8 33.6
8 2 ヘニーハウンド 1.09.0 33.5
9 4 レッドオーヴァル 1.09.2 33.5
10 11 ブランダムール 1.09.2 33.5
11 10 アースソニック 1.09.2 34.1
12 18 スマートオリオン 1.09.3 34.4
13 17 サクラアドニス 1.09.3 33.8
14 15 ローブティサージュ 1.09.4 33.8
15 8 アフォード 1.09.5 33.6
16 14 スギノエンデバー 1.09.5 34.1
17 6 アルマリンピア 1.09.6 33.8
18 13 ニザエモン 1.09.6 34.7
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

第34回ジャパンカップ:11月30日(日) 東京競馬場
15時55分発走

地の利を活かせる日本馬が有利
それらを凌ぐ外国勢が参戦しているか


日本馬19勝、外国馬14勝という結果
地の利を生かすという考え方は孟子の世界観である。「天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず」。詳しくはネットで検索していただきたい。決して直江兼続のドラマではない、為念。走り慣れたところで走る、輸送を考えずに体勢を整えることができるということは大いに有利になる。それがこの結果、19対14。一番人気は[3-3-2-1]、二番人気[1-3-2-4]、三番人気[2-0-1-4]という結果。比較的、上位人気は信頼ができるという傾向はある。が、マイルハーフという距離、東京競馬場という長い直線と諸条件を考えていくと、89年にホーリックスが打ち立てた2分22秒2を、05年にアルカセットがコンマ1秒の更新。マイルハーフをこの時計で走り抜けることは至難の業。でも、できた。この先はどうか。馬齢的に見ると、三歳馬は[2-3-3-24]で複勝率25.0%、四歳馬が[4-4-2-29]で複勝率25.6%と結果に繋げており、五歳馬が[3-1-3-31]で複勝率18.4%という結果。六歳馬、七歳馬以上については外した。極めつけの馬齢時代にどこまで走れるかというところが課題である。天才的な走りができる外国馬が参戦してこない限り、概ね、日本馬勢で問題は無い。加えて騎手の巧拙が如実に出るため、日本馬に跨がる外国人ジョッキーという組み合わせは侮れない。それらを踏まえて予想を組み立てたい。

馬名 性齢 斤量 騎手名 鬼結
1 1 ジャスタウェイ 牡5 57 福永 祐一
1 2 アイヴァンホウ 牡4 57 ミナリク  
2 3 ジェンティルドンナ 牝5 55 ムーア
2 4 エピファネイア 牡4 57 スミヨン 捨馬
3 5 ヒットザターゲット 牡6 57 武 豊  
3 6 ハープスター 牝3 53 川田 将雅 △1
4 7 アップウィズザバー 牡4 57 ダシルヴァ  
4 8 デニムアンドルビー 牝4 55 浜中 俊 △2
5 9 イスラボニータ 牡3 55 蛯名 正義  
5 10 ワンアンドオンリー 牡3 55 横山 典弘  
6 11 トーセンジョーダン 牡8 57 ブドー  
6 12 タマモベストプレイ 牡4 57 津村 明秀  
7 13 ディサイファ 牡5 57 ブノワ  
7 14 サトノシュレン 牡6 57 川島 信二  
7 15 スピルバーグ 牡5 57 北村 宏司
8 16 フェノーメノ 牡5 57 岩田 康誠  
8 17 アンコイルド 牡5 57 戸崎 圭太  
8 18 トレーディングレザ 牡4 57 マニング  

●主線はこの二頭の勝ち負け
三連覇が掛かるジェンティルドンナではあるが、それを超えた成長見せているスピルバーグを主軸に据えた。牡馬と牝馬は牡馬が強いのである。2キロ減で参戦するジェンティルドンナではあるが、それを超える力を持ったと思えるスピルバーグに軍配が上がるだろう。いずれにしても、この二頭が主軸を担うことは間違いない、はずだ。
●番手にはこの三頭を挙げる
天皇賞・秋が主軸を占めることは間違いない。昨年ではあるが、その主軸となったジャスタウェイを▲単穴とした。課題として残るとすれば距離である。マイルハーフでの実績はなく、これまで連に絡んだことがない。その一方、東京コースとは相性が良く、それを活かすことができれば勝ち負けさえも脅かすだろう。また、三歳馬が三頭出走してきたが、その中でもやはりハープスターがクビ差程度の力差を付けていると思える。しかも、切れる脚、追えばどこまでも伸びるのではないかと思える脚質、東京コースには打って付けだろう。しかし、歴戦を戦って来た馬とは違う。その差をどこまで埋めることができるかは難しいと判断をした。そのために、△連下までとした。そして、デニムアンドルビーを推す。前走では急仕上げであったことが否めない。今回は万全の態勢で臨んできた。しかし、それが仇になるとも限らない。牝馬のマイルハーフは実に難しいものがあるそうだ。しかも、この馬自体が牝馬であることを自覚してきたようだ。それもまた厄介である。
●取捨選択を迷った一頭
私の中では正体不明になってしまったエピファネイアだが、東京コースと抜群に相性が良いという訳でもなく、天皇賞・秋での失速、否、伸び脚を欠いたという事実。これはどう評価するか迷った。如何なる評価を以てしても、今回の出走場を考えるとこの馬には出番がなさそうだ。武器らしい武器がない馬となってしまった。それが残念である。もしかして、と思う馬券に特はなし。

●捨てちゃえ馬
前述の通り、ここではエピファネイアは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
15 スピルバーグ 牡5 57 北村 宏司
3 ジェンティルドンナ 牝5 55 ムーア
1 ジャスタウェイ 牡5 57 福永 祐一
△1 6 ハープスター 牝3 53 川田 将雅
△2 8 デニムアンドルビー 牝4 55 浜中 俊
捨馬 4 エピファネイア 牡4 57 スミヨン


●結果
【配当】
単勝 4 890円
複勝 4 320円
1 320円
15 410円
枠連 1-2 970円
馬連 1-4 4,120円
ワイド 1-4 1,780円
1-15 1,980円
4-15 2,170円
馬単 4-1 7,800円
3連複 1-4-15 19,750円
3連単 4-1-15 91,790円

【着順】 【時計】
1 4 エピファネイア 2.23.1 35.0
2 1 ジャスタウェイ 2.23.8 35.1
3 15 スピルバーグ 2.23.9 34.8
4 3 ジェンティルドンナ 2.24.0 35.5
5 6 ハープスター 2.24.0 35.0
6 2 アイヴァンホウ 2.24.1 35.3
7 10 ワンアンドオンリー 2.24.2 35.4
8 16 フェノーメノ 2.24.2 35.3
9 9 イスラボニータ 2.24.4 35.9
10 12 タマモベストプレイ 2.24.6 36.7
11 8 デニムアンドルビー 2.24.8 35.5
12 5 ヒットザターゲット 2.25.2 36.0
13 17 アンコイルド 2.25.6 37.6
14 11 トーセンジョーダン 2.26.0 37.6
15 13 ディサイファ 2.26.0 36.8
16 7 アップウィズザバーズ 2.27.5 38.1
17 14 サトノシュレン 2.30.3 42.3
中止 18 トレーディングレザー -
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

第1回ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス:11月29日(土) 京都競馬場
15時45分発走

番組の昇格でG3戦となって開催
ハイレベルな展開になるのか


<>
オープン特別から昇格
競馬の裾野が広がることは良いことでもある。JRAにとっては嬉しい限りだろうが、基本的には昇格させた番組である。大きく毛色が変わるというものではない。この番組からはヴィクトワールピサやエピファネイアなどを排出している番組だけに、その内容が濃いものであるということはご賢察いただけよう。そのため、ここに参戦してくる馬で、勝ち負けになるための条件としては、前走で勝ち負けになっていることが求められる。ちなみに一番人気は[4-2-2-1]という結果。しかも、まだ二歳馬であるために2000mは長い。それをきちんと走ることができると目される馬でなければ参戦してこない。逆に考えれば、この番組に付け焼き刃で参戦しても意味がなく、きちんと参戦体制を整えて臨んできた馬がその力を発揮するということが言えよう。中途半端では勝ち負けはもちろん、良績に繋げることができない番組なのである。それらを踏まえてこの番組の予想を組み立てたい。

馬名 性齢 斤量 騎手名 鬼結
1 1 フローレスダンサー 牝2 54 川田 将雅
2 2 エイシンライダー 牡2 55 ブドー
3 3 ダノンメジャー 牡2 55 小牧 太
4 4 テイエムダンシング 牡2 55 小林 徹弥
5 5 シュヴァルグラン 牡2 55 内田 博幸 △1
6 6 ベルラップ 牡2 55 ビュイック △2
7 7 ティルナノーグ 牡2 55 武 豊
8 8 アイオシルケン 牡2 55 和田 竜二

<>
●主線はこの二頭の勝ち負け
少頭数となった第一回だが、若駒は少頭数が良い。不作為ながらも不用意な展開になりやすいものがある。そのためには影響が少ない少頭数が良いのである。その中で主軸に据えたのはティルナノーグだ。馬格としてはDI産駒らしくコンパクトに纏まっているが、筋肉質の柔らかさを感じさせる走りだ。バネが強いと言っても良いだろう。無駄な筋肉が無いのである。しかし、そんな馬が当たり負けをしないわけがない。なるべく外目から切れる脚を発揮できる展開にした方が良いだろう。対抗にはダノンメジャーを挙げる。綺麗な勝ち方ができるということは余裕があるということである。こちらの方が馬格がしっかりしている。残すは鞍上勝負というところか。
●番手にはこの三頭を挙げる
迷った結果だが、対抗にダノンメジャーを挙げて、▲単穴にはエイシンライダーを推す。僅差ではあるが、走りの内容が違うことと、こちらは下手に馬格があり過ぎて、今の段階では持て余しそうである。そのことを考えると対抗まで推し挙げられずにこの位置となった次第。また、2000m戦中心で走ってきたシュヴァルグランを推す。悪くはないのだが正体不明というところか。新馬戦で負けているところが気に掛かる。総合力の高さは感じさせるものの、それを走りに活かすことができるのかというところだ。そして、ベルラップを挙げる。前々の競馬ができることは武器なのであるが、今回は忙しい競馬になることが想起される。それにどこまで対応することができるのかというところが鍵だろう。難しさも見え隠れすることは確かだ。
●取捨選択を迷った一頭
今回は少頭数であるために、残り三頭が対象となった。きちんと走れそうな気配を持っているのはフローレンスダンサーか。が、語るまい。前述の五頭だろう。

<>
●捨てちゃえ馬
前述の通り、ここでは該当馬なし


<>
●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
7 ティルナノーグ 牡2 55 武 豊
3 ダノンメジャー 牡2 55 小牧 太
2 エイシンライダー 牡2 55 ブドー
△1 5 シュヴァルグラン 牡2 55 内田 博幸
△2 6 ベルラップ 牡2 55 ビュイック


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

第19回東京スポーツ杯2歳ステークス:11月24日(月祝) 東京競馬場
15時25分発走

新馬戦からの出走馬は注意
多少は理屈が分かった馬が強い


馬齢重賞戦の決め手は調教度合い
新馬戦からこの番組に直接参戦してきた馬が勝てない訳ではない。しかし、勝率を考えると14.2%と感心できるものではない。若駒の成長が著しく、昔ならずも、きのう取った杵柄冴えも儘ならない。まして、競走間隔が二ヶ月も空いてしまうと、走り方や走る意味さえも忘れてしまうのが若駒の特徴と言っても良い。距離も、この時期の馬にとっては長いものとなる。息切れや脚が上がらなくなると言うことも出て来る。ある意味、ここでの古いが朝日杯FSにつながることになる。ただ、新馬戦は勝てなかった馬よりも勝てた馬が良い。好位から抜け出して、きちんと勝ち負けになるということができるようになっていると調教もきちんとできているということが言えよう。距離の実績、調教度合い、近走の戦績などを考えながら予想を組み立てたい。

馬名 性齢 斤量 騎手名 鬼結
1 1 サトノクラウン 牡2 55 ムーア △2
2 2 アヴニールマルシェ 牡2 55 北村 宏司
3 3 グリュイエール 牡2 55 岩田 康誠  
4 4 ペガサスボス 牡2 55 内田 博幸  
4 5 ストリートキャップ 牡2 55 柴山 雄一  
5 6 グァンチャーレ 牡2 55 武 豊  
5 7 マイネルシュバリエ 牡2 55 柴田 大知
6 8 ジャストドゥイング 牡2 55 蛯名 正義
6 9 クラージュシチー 牡2 55 戸崎 圭太 △1
7 10 エミネスク 牡2 55 田中 勝春  
7 11 ソールインパクト 牡2 55 福永 祐一 捨馬
8 12 ディアコンチェルト 牡2 55 柴田 善臣  
8 13 スワーヴジョージ 牡2 55 四位 洋文  

●主線はこの二頭の勝ち負け
精神的には少しは大人人っているのだろうかと思える時期でもあるのだが、この時期の二歳馬は走ってみなければ判らない。主軸にはジャストドゥイングを推す。流れ自体はそれほど速いものではなかったが、上がり自体が32秒という時計はこの時期にしてはでき過ぎである。そのような走りができることは大いに評価できると考えた。対抗にはアヴニールマルシェを挙げる。三ヶ月の休み明けでの参戦ではあるが、この番組を待ち望んでいたといわんばかりの調教VTRだった。しっかり自分から競馬をすることを楽しんでいるようで、力強さも感じられた。良血馬ならではの走りを見せてくれるかもしれない。
●番手にはこの三頭を挙げる
札幌以来の参戦となるマイネルシュバリエだが、この馬もまたきちんと管理されてこの番組に臨んでくることとなった。自分で競馬をするということが判ってきたのではないかと思える調教VTRだった。きちんと走れる、力を出せる一頭だろう。また、距離短縮で臨むこととなるクラージュシチーも悪くはない。戸崎圭騎手に乗り替わっての参戦ではあるが、生来、器用さを持つ馬なのではないかと思っている。それを考えるとここでの走りも期待できるのではないかと思う。そして、最内枠に入ったサトノクラウンを挙げる。僅か一戦でこの番組に臨んできたが、決して悪くはない。前走並みの走りができれば、ここでの勝ち負けもあり得るのではないかと思えるほどだ。
●取捨選択を迷った一頭
勝ち切れずに未勝利戦をやっと勝ち上がってこの番組に参戦してきたソールインパクトであるが、どこまで成長しているか、非常に興味深いものがある。きちんと走ることさえできれば結果に繋がるのではないかと思っているのだが、どうも手向かいを気にしているようなところがある。それがそうでなければ良いのだが、果たしてどうか。

●捨てちゃえ馬
やはり、この時期の馬は明確な武器がなければ勝ち負けにはならない。この持論で考えれば、ソールインパクトはここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
8 ジャストドゥイング 牡2 55 蛯名 正義
2 アヴニールマルシェ 牡2 55 北村 宏司
7 マイネルシュバリエ 牡2 55 柴田 大知
△1 9 クラージュシチー 牡2 55 戸崎 圭太
△2 1 サトノクラウン 牡2 55 ムーア
捨馬 11 ソールインパクト 牡2 55 福永 祐一


●結果
【配当】
単勝 1 810円
複勝 1 240円
2 120円
11 560円
枠連 1-2 1,040円
馬連 1-2 1,020円
ワイド 1-2 400円
1-11 2,930円
2-11 1,140円
馬単 1-2 2,440円
3連複 1-2-11 8,130円
3連単 1-2-11 40,850円

【着順】 【時計】
1 1 サトノクラウン 1.47.9 33.8
2 2 アヴニールマルシェ 1.47.9 34.3
3 11 ソールインパクト 1.48.0 34.2
4 10 エミネスク 1.48.1 33.8
5 9 クラージュシチー 1.48.1 34.2
6 13 スワーヴジョージ 1.48.2 34.1
7 6 グァンチャーレ 1.48.2 34.3
8 12 ディアコンチェルト 1.48.4 33.8
9 3 グリュイエール 1.48.4 35.0
10 8 ジャストドゥイング 1.48.5 34.9
11 5 ストリートキャップ 1.48.7 35.4
12 7 マイネルシュバリエ 1.48.8 35.8
13 4 ペガサスボス 1.48.8 35.6
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

第31回マイルチャンピオンシップ:11月23日(日) 東京競馬場
15時40分発走

人気よりもマイル特性
本質的なマイラーの血が鍵となる


マイル実績が真意を問う
一番人気を考えるならば[4-3-1-2]と決して悪くはない。ただ、ご存知のようにマイル戦は勢いが肝心である。その上でG1戦であるために、息を抜くことなく、指定距離を走り抜けなければならない。差し詰め、人で言えば400m走のようなものだ。どこで息をしたのか忘れてしまうかのように走らなければならない。前哨戦と目される番組からの勝ち馬も少ない。天皇賞・秋参戦馬が出走してくれば侮れないが、天皇賞・秋で好走した馬は、敢えてここには参戦してこない。距離延長を臨まない陣営が、距離短縮となるこの番組を選んで参戦してくることがある。いわば、結果的には混戦の番組なのである。そのような条件下でどこまで走ることができるかと問われる訳だ。となれば、馬齢としても四歳馬、五歳馬が中心となる。三歳馬が[0-1-2-3]、四歳馬が[3-6-3-25]、五歳馬が[5-3-4-44]、六歳以上が[2-0-1-48]という結果。きちんと走れてこそ、マイラーの真骨頂、真髄である。マイル戦ということで、牝馬の戦績も悪くはないが、力量差は確実に出る。実績値を持った馬が勝ち負けになるという判断で予想を組み立てたい。

馬名 性齢 斤量 騎手名 鬼結
1 1 ホウライアキコ 牝3 54 和田 竜二  
1 2 エクセラントカーヴ 牝5 55 ムーア  
2 3 グランデッツァ 牡5 57 秋山 真一郎  
2 4 サダムパテック 牡6 57 田中 勝春  
3 5 レッドアリオン 牡4 57 小牧 太  
3 6 ダイワマッジョーレ 牡5 57 蛯名 正義 捨馬
4 7 エキストラエンド 牡5 57 ビュイック  
4 8 フィエロ 牡5 57 福永 祐一 △2
5 9 ワールドエース 牡5 57 ブドー  
5 10 ロゴタイプ 牡4 57 ルメール  
6 11 クラレント 牡5 57 田辺 裕信
6 12 ダノンシャーク 牡6 57 岩田 康誠  
7 13 トーセンラー 牡6 57 武 豊
7 14 グランプリボス 牡6 57 三浦 皇成  
8 15 ミッキーアイル 牡3 56 浜中 俊
8 16 タガノグランパ 牡3 56 菱田 裕二  
8 17 サンレイレーザー 牡5 57 川田 将雅 △1

●主線はこの二頭の勝ち負け
マイル戦である以上、勢いが肝心である。勢いがなければ推しきれない。主軸にはクラレントを据える。右回りでは好走実績が乏しいが、その乏しさがあったとしてもワイド連対までに入ってくる。そう考えての主軸である。なにせマイル戦。紛れがあって当たり前である。対抗にはトーセンラーを推す。勢いこそ今一つというところが無きにしも非ずだが、好走できる条件は揃っている。しかも、58キロから57キロへ、2400mからマイル戦へと宗旨替えでもしたのではないかと思えるほどの番組条件の変更。戸惑うことを活かした走りができるのではないだろうか。そう、差し詰め、もうゴール板なの?と思うかのような競馬になると考えた。
●番手にはこの三頭を挙げる
マイル戦での逃げ巧者ミッキーアイルを挙げる。悪くはないのだが、三歳馬である。力で押しきられる可能性は高い。その点を考えると▲単穴までだ。スワンSでも見事に逃げ切ることができた。その思惑通りの展開を許さないのが◎や○である。また、大外枠に入ったサンレイレーザーの仕上がりが良く見えた。▲と違って、切れる脚がない。長く良い脚を使うために、マイル戦では距離が長いのではないかと思える馬なのだが、調教VTRでは抜群の動きに思えた。侮れないこと、間違いない。そして、フィエロを挙げる。スワンSでは惜敗したが、その内容は決して悪いものではなく、ここに繋げるための走りだったといっても良いだろう。かだいは展開だ。流れが遅くなることはないと思うのだが、流れが遅くなるとこの馬もまた引き込まれることになる。
●取捨選択を迷った一頭
ダイワマッジョーレの調教VTRは実に良かった。近年、稀なるとまでは言わないまでも、久しぶりにやる気を出しているのではないかと思えるほどだ。好走できるだろう。ただ、どうしても展開に頼るところがある。それがどうか。難しさを持った一頭である。

●捨てちゃえ馬
手広く行くのであればダイワマッジョーレのワイドでも押さえてみるか。しかし、三連複で行くとなると、ここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
11 クラレント 牡5 57 田辺 裕信
13 トーセンラー 牡6 57 武 豊
15 ミッキーアイル 牡3 56 浜中 俊
△1 17 サンレイレーザー 牡5 57 川田 将雅
△2 8 フィエロ 牡5 57 福永 祐一
捨馬 6 ダイワマッジョーレ 牡5 57 蛯名 正義


●結果
【配当】
単勝 12 1,810円
複勝 12 390円
8 200円
3 600円
枠連 4-6 1,970円
馬連 8-12 3,890円
ワイド 3-8 1,990円
3-12 4,320円
8-12 1,160円
馬単 12-8 11,460円
3連複 3-8-12 25,760円
3連単 12-8-3 193,290円

【着順】 【時計】
1 12 ダノンシャーク 1.31.5 34.1
2 8 フィエロ 1.31.5 34.4
3 3 グランデッツァ 1.31.7 34.8
4 13 トーセンラー 1.31.8 34.1
5 7 エキストラエンド 1.31.9 34.3
6 14 グランプリボス 1.31.9 34.3
7 10 ロゴタイプ 1.32.0 34.9
8 9 ワールドエース 1.32.1 34.7
9 6 ダイワマッジョーレ 1.32.3 35.4
10 16 タガノグランパ 1.32.3 34.3
11 4 サダムパテック 1.32.5 34.6
12 2 エクセラントカーヴ 1.32.6 34.3
13 15 ミッキーアイル 1.32.8 36.1
14 5 レッドアリオン 1.32.9 35.7
15 11 クラレント 1.33.1 36.1
16 17 サンレイレーザー 1.33.1 36.2
17 1 ホウライアキコ 1.35.0 38.2
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。