W杯で日本代表が初戦に臨んだ14日、大阪市浪速区の通天閣では、いつものライトアップに加え、代表チームのチームカラーである青色のLEDライトが輝いた。

 日没とともにサーチライトに照らされた通天閣は、日本代表を応援するため側面に据え付けられた約60個の青いLEDの光が浮かび上がった。

 この日は展望台に鎮座する幸福の神様・ビリケン像も代表チームのユニホームに身を包み、「必勝」の文字が入ったはちまきを巻いて応援ムードを盛り上げた。

 応援の装いは日本代表が残る限り続ける。通天閣観光の高井隆光副社長(35)は「大阪を代表してエールを送りたい。ビリケンさんの御利益がチームに届きますように」と話していた。

【関連記事】
日本-カメルーン速報(1) カメルーンボールでキックオフ
本田がワントップ、俊輔はベンチスタート 岡田Jいよいよカメルーンと初陣
オウンゴール呼び込む鋭い飛び出し スター選手に近づくファンペルシー
ガーナの組織に驚き 「台風の目」になる可能性も 秋田豊氏
松井秀「一日本人としてW杯応援したい」

航空自衛官 帰宅途中の女性に痴漢(産経新聞)
<オンワード樫山>土の中で自然に分解されるスーツ(毎日新聞)
<新型インフル>広報、危機管理強化を 厚労省対策会議提言(毎日新聞)
菅首相、初日から「守り」の姿勢 「逃げる」晋作!(産経新聞)
首相動静(6月16日)(時事通信)
AD