佐ノ川谷藍子-ceramic works blog-

関西・大阪の陶芸家 佐ノ川谷藍子(さのがわやあいこ)のblog
Aiko Sanogawaya's blog from Osaka,Japan.


テーマ:
{E9A0B8A2-4590-4A4E-90F7-5371426225B1}
 
 
今回は五回目の展示。
 
土生神社は車のお祓いや初詣に大行列ができる神社ではなく、
冠婚葬祭のための広い駐車場や社殿もない。
 
地域の人々の日々のお参りの集積のような神社。
 
朝に鎮守の森で器を並べていると、
本殿やお稲荷さん、祠からの二回の拍手が絶えません。
 
 
 
{F82C61AD-4354-4C36-8CC8-30C07AF62B03}

 

 

岸和田自然資料館の学芸員さんによると、

 

土生神社を囲む鎮守の森はいわばタイムカプセル。

 

この地域に人間がいなかった状態を保存しているそうです。

 

 

 

{1557F1DA-F1D6-4D77-BB24-D1E161F76FF7}

 

 

他の社寺林ではコンクリートの遊歩道の整備や

枯れた・倒れた木の撤去でコゲラなどの鳥が巣を作れず、

うまく幼木などが育たないことも多いようです。

 

ここでは今は地域にみられなくなった動植物が

綿々と世代交代を続けており、

 

さまざまな鳥の鳴き声に包まれ、

貴重なミミズバイの木が群生しています。

 

 
{92A43C06-6B81-4DF6-848A-0E99BFE1CC5F}
雨柄こばち https://www.iichi.com/listing/item/267051

 

 

ご祭神は学問と豊穣の神さま、菅原道真公。

 

普通 陶芸は火の神様とか竈の神様でしょうが、

 

言葉の一音一音を整え、故事を織り込み、

行間に美を込める、

 

詩人の神様の方に心が寄ります。

 

 

 

{9DA98C0B-4B13-4146-9E6C-B479A1B8ABB2}

印花のマトリョーシカ鉢  https://www.iichi.com/listing/item/1164279

 

 

実は菅原家はもともと埴輪を作っていた土師氏でした。

 

祭器・土師器づくりだけでなく、

古墳づくりや葬送儀礼など大陸の技術に通じた渡来系の人々。

 

古墳づくりが行われなくなったころに

各地の土師氏が居住地にちなみ、

菅原や大江、秋篠に改姓したようです。

 

 

 

{B396009F-AAEA-421E-BCBE-5FA0EAA2B363}

藁灰釉のマトリョーシカ鉢  https://www.iichi.com/listing/item/1164287

 

 

今年の二月に九州の太宰府天満宮にお参りする機会があり、

 

興味が湧いて道真公の詩を調べてみました。

 

 

{CFC22788-7566-43D5-ACCD-8E87ABB12540}

鳥の蓋つき灰皿 https://www.iichi.com/listing/item/1164980

 

 

東風吹かば にほひおこせよ 梅の花

主なしとて 春を忘るな

 

 

など左遷後に読んだ

梅の和歌が有名ですが、

 

鳥も繰り返し道真公の詩に登場します。

 

 

 

{073D5977-CFCB-4172-84C6-822EE62FC270}

ミニチュア神亭壺 シュガーポット

https://www.iichi.com/listing/item/1164986

 

 

 

たまたま街頭に午後の閑を得て  (偶得街頭午後閑)

 

二三里外 出でて山を尋ねたり   (二三里外出尋山)

 
鳥はよく饒舌にして渓辺に聴く   (鳥能饒舌渓辺聴)


讃岐の国主だったころの歌の冒頭部です。

書類の山に辟易すると馬で山に入り、

詩情ある鳥の声や花の様子を愛でていたようです。

 

 

{C39F5F73-4631-44A5-8E7D-4D30004B4B56}
 

 

緑柳依依として白日斜めなり  (緑柳依依白日斜)

 

人跡 銷滅す 満庭の沙     (人跡銷滅満庭沙)

 

只だ今し暮に宿る簷間の鳥   (只今暮宿簷間鳥)

 

 
讃岐からから帰京したころ、

薨去した右大臣、おそらく源多(みなもとのまさる)の屋敷。
 
訪れる人の足跡が消えた夕暮れの庭、
のきに宿る鳥は道真公に重なります。

 

 

 

{8A59FF56-FDD3-4921-BC22-A160DEC5DB5D}
 
 
道真公のやはりという性質が表れている詩もあります。

藤原基経が無実の人を宇多天皇に配流するよう迫るに至って、道真公が基経に書簡をしたため、藤原氏が矛を収めるということがありました。

のちに宇多天皇は道真公を重用し、やがて藤原基経の子の時平が道真公を半ば罪人のように太宰府に左遷させ、
一説には刺客を送り太宰府に付いてきていた道真公の愛娘が殺されたと言われます。
 


{6EFB47A0-430E-4BB3-B7D2-CC163ADADCED}


冥感 終に白鹿の馴るること無かりき      (冥感終無馴白鹿)  


外聞 蒼鷹と喚ばるるを免れんことを幸(ねが)う        (外聞幸免喚蒼鷹)


応に政(まつりごと)の拙きに縁りて声名は堕つべし        (応縁政拙声名堕)


豈に敢えて功成りて善最に昇らめや     (豈敢功成善最昇)

 

 

行春詩というとても長い漢詩の後半の一部です。

行春というのは国主が春に国内を巡察する

つとめのことで、

当時 讃岐守だった道真公も毎年行いました。

 

 
{283B704C-797C-4E01-8D97-05FEB757E92F}
印花スープカップ  https://www.iichi.com/listing/item/1163931

紫陽花スープカップ  https://www.iichi.com/listing/item/1163924

 

 

「白鹿」は中国・後漢の時代に

出世を極め善政を布いた鄭弘(ていこう)が地方の太守だったころ、

行春に二頭の白い鹿が車の両脇に付き従う霊験があったという故事から、

 

「蒼鷹」は司馬遷の史記より、

若く向上心旺盛なため分かりやすい税の徴収実績で功を上げて

出世しようとする酷吏をこう表しました。

 

 
{EF46AACD-5E4A-43A7-9681-FF78D0DAD199}

 

 

冥が感じて 白鹿が私に馴れるようなしるしはついに無かった
 
外に聞こえて 私が蒼鷹と呼ばれることを免れれば幸いなことだ

 

政の拙さによって   冥外応じて  名声は堕ちるのでしょう 

 

あにあえて功が成ってから  最善の道に昇らめよう 



 
政を自分の仕事に置き換えて読むと、より味わいがまします。
 
 
 
{5C228F84-D739-41FA-865E-808EE8D36AB6}
レース地のスクエア皿 https://www.iichi.com/listing/item/1164873
木の葉地のスクエア皿 https://www.iichi.com/listing/item/1164883

 

 

そしてやはり

 

この森にもその精神が宿っているような気がします。

 

 

 

{02446507-4713-45C4-9695-56D4B386DAAC}
{C0DC4DC3-C762-4D16-A6FC-4F5D7BC4F8DD}

オリーブの葉っぱ柄 中皿   https://www.iichi.com/listing/item/1164290

 

 

白鹿を恃まず、蒼鷹のようと言われず、美の拙さに応じて、

 

 

{1FED82C8-AC81-4BD8-9B88-509AB710B564}

 

真の道に至るることを願います。

 
 
{30A0A84A-3BC9-46AF-9736-5FBEEE5739E3}
藁灰釉とコバルトの流れ 大鉢 https://www.iichi.com/listing/item/1164291



 

※土生神社鎮守の森 器展は基本 隔年開催です。

 



{AE877A38-BCE0-44F4-988B-1F6F7D1FE467}


 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
お気に入りに入っている「行きたい場所」のひとつ。
山口県の土井が浜遺跡(人類学ミュージアム)のHPを何気なく開くと…この土曜日にビックイベントのお知らせ✨

シンポジウム「人類学から迫る古代長江下流の稲作農民」

申し込めば一般聴講可能゚+。:.゚(*゚Д゚*)゚.:。+゚


{0784AC70-531E-41F7-AE0F-BD068CE0F65E}


新幹線や高速道路を調べると…山口県って東京くらい遠いのね…申し込みついでに土井ヶ浜人類学ミュージアムに電話して聞いてみました。

シンポジウムの会場は下関駅近くなのですが、博物館や近隣の遺跡へはバスの本数も少なく車が必要とのこと☆

フェリーを調べると、地元の大阪・泉大津港から関門海峡の九州側・新門司港(下関まで30分・土井が浜まで二時間)まで瀬戸内海を抜ける航路がありました船 これならマイカーで行ける!

泉大津から夕方のフェリーにマイカーと乗船、フェリーで一泊して翌朝 新門司港に上陸しました。





土井が浜に向かって響灘の絶景が続く海沿いの道路を北上していると、中之浜遺跡の看板を発見!

その場でググるとこちらも弥生時代のお墓群のよう。看板とGoogleマップで探すと、現代の墓地の裏手にありました。


{FCDD9BC3-BA8C-4891-9C27-1DC880887759}

{B30A0519-B665-4FBC-9501-3A9D4FDA1DFC}




「銅剣を埋葬した土壙墓」「左手を埋葬した壺棺」など被葬者それぞれのストーリがイメージできるプレートがあり、思いのほか長居できました。


あと数十キロ先の土井が浜人類学ミュージアムへ気分が高まります✨

その開館時間までまだ間があるので、現在の中之浜にも行ってみました。







コバルトの流れ 湯呑み
https://www.iichi.com/listing/item/1093635


土井が浜遺跡では、石棺と一緒に弥生人骨(精工なレプリカですが本物もあります)がドームに覆われ展示されています。


{D7DF709E-0E11-41AB-8AF6-7766C3D282E1}


砂浜の丘陵地に同じ方向、海を向いて葬られた人々。





貝輪を腕にいくつもつけたまま葬られた人、骨にまで達した矢じりが残る人、出産の際に乳児と共に亡くなり共に葬られた母子、


また風化が進んだ骨を再び集めた複数体(集骨)もあり、川原石のように積まれた頭がい骨がやはり海を見つめています。


{4A3E3A06-B71E-49D0-B2BF-4024E7BFD559}


渡来系の顔つきや独特の葬られ方から、
さまざまな研究の対象になっている土井が浜人骨。


{D61E5878-5A78-4E0C-9761-A5BF462C2661}


潜水と投網の漁業、
貝でつけた紋様の残る土器、
厚く葬られたシャーマンとみられる女性の存在、
南方との交易で得た貝から作った貝輪。





いくつかの人骨には現代でも
海女やダイバーに見られる耳の骨の異常があります。

{5596643D-95A5-475C-BF98-84695C38D314}



現在の土井が浜へ。


{5CCCF8DE-CBE8-4833-8755-576130A15CDA}


{04FC1D9E-C27F-466E-A895-9C94129A8993}
流水柄のマグ
https://www.iichi.com/listing/item/1093634


ホテルの近くの角島と元乃隅稲荷神社にも行ってみました。


{B103577F-1E18-424B-8C3A-5203F60E131B}



{4A712ED9-39F4-46ED-B932-78CA04C11F8A}






翌日は下関まで戻ってきてまる一日シンポジウムを受講。

撮影禁止でしたが、座った場所が先生席のちょっと後ろで、休憩時間のディスカッションなども盗み(?)聞いてその深い考察や意外な視点にうっとり✨



{2FA0FF6C-9B31-4E6D-8057-668CB3F2D669}


動物(家畜)考古学や医療分野から古代人骨を分析する先生方の研究発表。
中国で見つかった大量の新石器時代の人骨の特徴や分析と
そこからみえた初期稲作民 個々人のライフヒストリー、

調査から見えた狩猟採集→稲作畜産=人口爆発→✨文明✨の方程式。

私も受講前は
水田稲作をする渡来系弥生人の急速なスプレッドと戦闘の痕跡=春秋戦国時代の中国からの大量避難民?イメージだったのですが、

渡来人が少なくても、同じ島国イギリスの農業伝播と人口爆発の研究から、水田稲作で食料事情で優位になったことから起きた人口爆発で転換・説明可能なことなど、

もうご馳走講演の数々でお腹いっぱいヽ(*≧ω≦)ノ


{2A29D4E5-BD5F-4449-A001-6F9792DD0CD2}


稲作と人類の関係はご飯茶碗を作ってる自分としてはこの機会に是非深めたい知識だったのです。

また各地の文明で
農作のはじまり=戦争のはじまり
なので、戦史好きにもたまらない…✨(水や土地争いと作業におけるリーダーや富の誕生から)

講演と講評くださった先生の進めているプロジェクトの展開から目が離せません☆


http://www.inasaku-w3-kanazawa-u.com/index.html

http://doigahama.jp/koufulin/index.html


{17E416FF-BEE0-4D90-9A44-1F6E6644DE02}




そうそう古戦場(海戦)めぐりもできました!

関門海峡ではWikipediaを開きながら、壇ノ浦の布陣と出港場所、時系列ごとの位置チェック。
安徳天皇の赤間神宮にもお参りしてきました。

角島のボランティアガイドさんから
思いもかけずロシア・バルチック艦隊との日本海海戦の話も聞けたり☆そう言えば沿岸




{AD95C6C8-7B8E-4F0D-BCE5-36179E77E989}

{50273EC6-089D-405C-9D6F-2D8716DEFE7D}


最終日は
響灘の弥生人埋葬の特別展を開催中⬇
弥生人の男性にはメジャーだったらしい顔の刺青の重要資料が出た下関市の綾羅木遺跡(綾羅木考古博物館)と、




{E9447010-B5BB-48E9-98F3-CE6B69F1AB11}
{1323211D-6FF6-41FE-B3C9-6C789C44B1DC}



関門橋を渡って
海の正倉院、九州 沖ノ島の特別展中の九州国立博物館にも行ってきました。

沖ノ島の国宝の鏡、四つも観れました✨水の祭司場をかたどった巨大埴輪も素晴らしかったです(●´ω`●)




{C48CE01E-BB31-416F-ADE6-FEC11EF51413}

{8D4A24FF-FC5D-4C5A-AA66-A6FEAB050114}



梅の美しいころの太宰府天満宮、天神さまにもお参りできました。

まあそのせいで隣の九州国立博物館と合わせて 混みすぎ&周辺大渋滞で、
博物館は特別展しか観られなかったんですが…




{2787385B-0954-4B70-B80C-0DCFBB955EC6}


夕方、新門司港からフェリーに乗船波
翌朝 大阪・泉大津港へ帰ってきました。



長距離フェリーは修学旅行以来だったのですが、めっちゃ気に入りました✨船旅(≡゚∀゚≡)イイ!!


基本トラックの運ちゃんがほとんどで
みなさん部屋着でうろちょろしてるんですが、
豪華客船ぽいサービスも取り入れられていて、ドリップコーヒーやスイーツもお手ごろで本格派、

日曜日の便ではフルートのコンサートもあり、陸の電波を拾うWi-Fiで町の沖を通る間はネットも出来ました。

個室部屋は狭いビジホ☆テレビや洗面台、ティファールもありキレイ✨





なにより露天風呂が最高でした( ´Д`)=3 動く絶景で海風が気持ちイイ

またレストラン(定食屋)のカンパチのお刺身が旅行中一番美味しかった‼
下関のフグ刺や市場のお鮨もとても美味しかった中でです寿司

{8ADD2CBC-1D1A-4A3E-8EC6-81EC3FBA0860}



ちょっと時間はかかるけど船旅すっごく楽かも✨
またの遠出の機会が楽しみです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



泉佐野駅から徒歩五分。

オーナーご夫妻が旧街道の路地裏に見つけた二本の大木が前にある古い蔵、

取り壊しの話もあった蔵はテラスのあるカフェになりました。







ぼんぼり柄のとんかつ皿
https://www.iichi.com/listing/item/1050354


木金土の週三日営業、ここ「蔵のカフェ むくのき」で

私のつくった器たちが働いています。








カップ&ソーサに
ベトナムサンドとバナナケーキのためのお皿などを納めたのは去年の12月。


開店一周年の節目のこの冬、作品展の機会をいただきました。




オリーブの葉っぱ柄のスープカップ
https://www.iichi.com/listing/item/1050366





ちょっと急な蔵らしい階段をあがった二階がメイン会場。







座って、膝の上で器を手にとっていただける場所ははじめてです。

屋根裏なミニ窓もとっても素敵✨





普段はベトナムやマラウイなど海外赴任が長かったご夫妻が集められた絵やタペストリー、工芸品などが飾られています。

布や椅子などはそのままお借りしました✨








常連さんやマスターご夫妻の蔵に転居前のご近所さんもたくさんみえられて、お知り合い同士が器を挟んでばったり✨
お客さんにも恵まれました。


まあまあと二階にも注文のコーヒーやベトナムサンドが運ばれ目の前の机がみんなの良い長居ポイントになりました。






蔵のカフェ むくのき。

来年も同じ時期にと、ママさんと展示の相談をして器を引き上げました☆

一部は常設していただいている泉南市の「rojica(ロジカ)」さんと岸和田市蛸地蔵の「手作りショップ とうがらし」へ走る人







つぎの個展は来年春、二年に一度の
岸和田市「土生神社 鎮守の森 器展」クローバー

器展の場所の中で一番広い場所なので、この冬の間に
ゆっくりじっくりたくさん作ります。










AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。