2010-03-27 18:18:47

派遣労働者の8割容認し使い捨て温存する政府法案 - 民主党は公約違反やめ派遣法の抜本改正を

テーマ:労働者派遣法の問題

 昨日、労働者派遣法の抜本改正をめざす院内集会が、全労連、労働法制中央連絡会、自由法曹団の主催で行われました。院内集会での自由法曹団幹事長・鷲見賢一郎さんと、「派遣切り」され、三菱ふそうと裁判でたたかう首都圏青年ユニオン・鈴木重光さんの発言要旨を紹介します。(byノックオン。ツイッターアカウントはanti_poverty)


 「改正」の名に値しない政府法案

  自由法曹団幹事長・鷲見賢一郎さん(弁護士)


 派遣法の抜本改正を求めるたたかいは、根本的には財界戦略とのたたかいです。財界戦略とは、日本経団連が打ち出している「雇用の柔軟化」などという名のもとの「労働者の非正規化」です。この「雇用の柔軟化」「労働者の非正規化」の中身は、企業が好き勝手にいつでも解雇できる使い捨て雇用の実現と、現在の正社員を含むすべての労働者の賃金を2分の1、3分の1に自由に切り下げることを可能にすることです。今回の派遣法抜本改正のたたかいは、そうした流れを許すかどうかの分かれ目となる大きなたたかいであると私は思っています。


 そもそも民主党は先の総選挙マニフェストで、「原則として製造現場への派遣を禁止する」「派遣労働者の雇用の安定を図る」「派遣労働者と派遣先労働者の均等待遇原則を確立する」「期間制限を超えて派遣労働者を受け入れている場合などに、派遣労働者が派遣先に直接雇用を通告できる『直接雇用みなし制度』を創設する」などを明記していました。


 ところが今回、政府が閣議決定した法案は、事前面接の解禁は削除されましたが、自公政権時代の政府案を引き継いだ改悪部分も含む大きな抜け穴がある明らかなマニフェスト違反、公約違反です。政府の法案では、派遣労働者は救われませんし、改正の名に値しないものです。


 改悪部分は、雇用契約申込義務の撤廃です。法案は、「専門26業務」で3年を超えて働く派遣労働者に対する派遣先の雇用契約申込み義務を撤廃しています。これでは、派遣労働者は、派遣先の直接雇用に移行する道を閉ざされ、臨時的・一時的なものである労働者派遣が常用雇用を代替することを無制限に許すことになります。そもそも「専門26業務」は、パソコンなどを扱う「事務用機器操作」など専門業務と呼べないものになっている問題も抜本的な見直しが必要なのです。


 政府の法案は、登録型派遣と製造業派遣を原則禁止するとしていますが、大きな抜け穴が2つあるため、現在の派遣労働者の8割が容認され、これまでの「派遣切り」「派遣労働者の使い捨て」は温存されることになります。


 1つは、製造業派遣で常用雇用を容認していること。2つめは、登録型派遣で専門26業務を容認していることです。


 結局、政府の法案では、下の図のように実際には派遣労働者202万人の8割が容認され、派遣禁止となるのはわずか2割、44万人だけです。

すくらむ-派遣法


 さらに、法案にある「直接雇用みなし制度」では、違法派遣などで直接雇用されても労働条件が派遣労働者と同一とされており、これでは労働条件の格差もそのままだし、6カ月やそこらの有期契約の1回目で解雇されることにもなります。この点においても、民主党マニフェストの「派遣労働者と派遣先労働者の均等待遇原則を確立する」の明らかな公約違反です。そもそも政府の法案には「均衡を考慮」するとしか書かれていません。


 また、登録型派遣を原則禁止するとして、一般業務への労働者派遣について、「常時雇用する労働者でない者について労働者派遣を行ってはならない」としている点も問題です。厚労省の労働者派遣関係業務取扱要領では、「常時雇用される者」、すなわち常用型派遣には、期間の定めなく雇用されている者の他に、短期雇用でも更新により1年を超えたり、1年を超えて雇用される見込みがあれば、常用型派遣になってしまうのです。結局、一般業務について有期労働者の派遣が許されることになり、労働者派遣契約の打ち切りと有期の雇い止めが連動する不安定雇用がはびこることになります。本来、一般業務については、期間の定めなく雇用されている労働者以外の労働者派遣は禁止すべきであるのに、この点でも抜け穴があるということです。


 上で紹介した図にもあるように、製造業派遣を原則禁止すると言っていますが、実際には製造業派遣労働者55万人の63%、35万人が容認されることになります。「原則禁止」される派遣労働者よりも「例外」として容認される派遣労働者の人数の方が多いという「改正」の名に値しない政府法案になっているのです。


 私自身、ホンダやいすゞ自動車を相手取った派遣労働者の裁判の弁護団にも参加していますが、いまの「派遣切り」の中でも製造業大企業がもっともやりたい放題です。08年10月以降に約25万人の非正規労働者が解雇されていますが、そのうち約6割が派遣労働者です。その派遣労働者のうち9割以上が製造業の派遣労働者なのです。「派遣切り」の9割以上を占める製造業派遣の6割以上を認める政府法案は容認できません。そもそも「例外」の方が6割以上も占めるという異常な政府法案ですが、例外なく製造業派遣は全面禁止する必要があります。


 こうした抜け穴だらけの政府法案は、閣議決定されてしまいましたが、まだ国会に提出されていません。いま全国で、派遣労働者の正社員化を求める裁判が多数おこなわれています。裁判の中で、「従事する業務は正社員と同一」「賃金は正社員の半分以下」「夜勤や労災の危険のある仕事を強制される」「何年働いても専門業務扱いで派遣社員のまま」など派遣労働者の過酷な労働実態が明らかになっています。派遣労働者は、正社員との均等待遇や正社員化を要求し、そのための労働者派遣法の抜本改正を願っています。派遣労働という働き方は例外とし、正規労働を基本とする抜本的な派遣法改正をめざしましょう。


 私は、政府の法案が容認する
 製造業の常用型派遣で「派遣切り」された
  首都圏青年ユニオン・鈴木重光さん


 私がいま望んでいることは、3つあります。


 1つは、製造業派遣の全面禁止です。2つめは、違法派遣の場合は期間の定めのない直接雇用とみなすということです。3つめは、派遣先の直接雇用の申し込みを撤廃しないことです。


 私は、三菱ふそうトラックバスで、登録型派遣でなく常用型派遣で働いていましたが、契約の中途で「派遣切り」されました。


 私は、三菱ふそうで4年間働いていましたが、その最後は今でもよく覚えています。私は、職場の敷地内にあるコンビニの中で、たった5分間の立ち話で解雇を言い渡されたのです。


 また、三菱ふそうで4年間同じ仕事を私はしていたのですが、所属する会社は4つも変わりました。「二重派遣」「偽装請負」「派遣」という形で変わっていったのですが、その都度、会社側からは働き続けたいのならこの選択肢しかないとされました。ですから、2つめの「違法派遣の場合は期間の定めのない直接雇用とみなす」というのはとても大事です。


 私が望んでいることは何も大それたことではありません。ただ、普通に働きたいということです。そのための法律をきちんとしてもらいたいということです。

AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

すくらむさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

16 ■無題

>名無し2氏
 現場の人間と経営陣をごっちゃにしてる。

15 ■派遣切すら・・・

パナソニックが、雇用の8割を海外で採用するらしいです。
派遣切りってことは、裏を返せばそれまでは雇用されていたわけで、これからは雇用チャンスすらなくなってしまうよ・・・。
ブログ主さんには、ぜひ自分の利害だけでなく、まだ職についてない・あぶれてしまった人のことも考えて、記事を書いてほしい。
もうこれ以上、苦しむ人を増やさないでほしいと切に願う・・。

14 ■無題

なりすましの荒らし公務員がいなくなって平和になりましたなぁ。

13 ■Re:無題

>abcさん
へええー
プリウスって、派遣切したからハイブリッドとして世界初の量産化ができたんですね。
キヤノンのコピー機が世界シェアNo1になったのは技術革新ではなく、派遣切りが成功の原因だったんだね。

この手の文章でこのレベルの回答しか書けない自分の能力の無さを反省すべきでしょうね

12 ■Re:無題

>中年失業者さん
非正規労働者でもその実績や人柄を買われて正規社員になっている人もいます。
(正社員にならないか?と言われても断っている人もいます)

最初から自分たちは範疇外として、努力することを怠るのであれば、「遠吠えすら聞いてもらえない」というのはあたりえの話でしょう。
中年にもなってそんなことすらわからないなんて同世代?としては非常に残念に思います。

11 ■無題

名無し2さん

先日、コメントさせて頂きました中年失業者と申します。

労働が商品であること、その対価として労働者が賃金を取得しているというのはその通りで、努力をすれば高い報酬をもらえるという今の体系について私は何もコメントしておりません。

ここで話題になっているのは製造業の労働者派遣制度の問題ですので、「負け犬の遠吠え」と言われてもその問題とはそもそもテーマが違っています。

多分、労働の付加価値を高めるとか、経営者に認めてもらって高い給与をもらうとか、そういう生き方は正規の正社員の方々の、社員としての能力主義の世界のことであって、派遣労働者は、会社からその能力を認めてもらうことそのものから外されているのです。

あえて反論させていただくとすれば派遣労働者は「遠吠え」すら聞いてもらえないことが、問題点だと考えます。

10 ■無題

誹謗中傷ねえ、おそらく公務員がいってきたのでしょうが、自分たちの「悪業」を第三者から指摘されるとたまらないものがあるのでしょうか?

9 ■無題

>名無し2さん
 なるほど、トヨタやキヤノンは「派遣切り」という努力をした訳ですね。
 素晴らしい努力だなあ(棒読み)。

8 ■Re:Re:労働者派遣法は抜本改正を

文章間違えました

(誤)努力して自分の付加価値を上げずに、
(正)努力もしないで、自分の付加価値を上げずに、

7 ■Re:労働者派遣法は抜本改正を

>中年失業者さん
『「労働」が商品化され、値引き競争にさらされるからです。』
非常に近視眼的な考え方ですね。

まず、労働(知的労働でも肉体労働でも)は広い意味での商品です。これは今も昔も変わりません。
雇用者は労働を対価に給料を貰っています。
すなわち商品と同じなんですよ。

現在非常に景気が悪いですが、それでも商品の価格を下げずに売上を伸ばしている会社(大中小企業いろいろ)もあります。
彼らは努力して、商品に他社の真似できない付加価値を付けて売り手有利に商売をして利益を上げています。
逆に誰もが作れるような商品は値下げ競争に巻き込まれています。

「労働」も同じです。他人が真似できないような付加価値の能力のある人間は今でも高い給料を維持しています。逆に誰でもできるような仕事しかできない人はリストラになったり、給料が下がってしまいます。そして、その企業から抜け出すこともできずにいるんです。
努力して自分の付加価値を上げずに、法律が悪いと叫んでも単なる負け犬の遠吠えでしかありません。
傍で見ていて気持ちイイもんではないですよ

6 ■無題

>ERさん
 近視眼的にしか物事を見れない人間の典型的な意見だね。

5 ■★コメントについて

ブログ読者の方から
コメント欄の誹謗中傷の度が過ぎるので
ブログ管理人の最低限の仕事として
誹謗中傷コメントのたぐいには
対処すべきとの御意見をいただいています。

この間、Yahoo!や、ライブドア、
はたまた2ちゃんねるなどでこのブログが
紹介され、様々な方がチェックされるように
なっているようで…

ひとりで何役にもなりすまして
連続コメントしたりする方も
いらっしゃったりするので、
今後は最低限のコメント管理を
したいと思います。
(※このような宣言をしなくても
普通は管理人がやらくちゃいけなくて、
私が今まで怠慢だっただけで、
申し訳ありませんでした)

というわけで、今後は、
誹謗中傷のたぐいのコメントは、
気がついた時点で削除しますので、
理性的なコメントをお寄せください。

4 ■Re:労働者派遣法は抜本改正を

>中年失業者さん

規制を強化してしまったら、中年失業者はもう人生終わりだよ。
新規雇用するインセンティブがないから。


そこのところを分かっているのかね?

3 ■労働者派遣法は抜本改正を

私も労働者派遣法は絶対反対です。

「労働」が商品化され、値引き競争にさらされるからです。

よく「派遣をなくせば失業者がふえる」ということをおっしゃる方がいますが、この理論はすでに破綻しています。それはもう今日の惨憺たる現実が証明しているからです。

1999年、派遣法改正は、財界の後押しで我々が知らぬ間に 「密かに、静かに」 成立しました。

日本の派遣法がどう改正されるか、いまが正念場です。

私たちは、派遣法を巧妙に残存させようとする動きを批判的に見ていく必要があると考えます。

2 ■緊急動議を提案致します

この、サイトを読んでいる全ての組織・個人に
対して緊急動議を提案したく存じます。

非正規労働の増加で何が発生したでしょうか
非正規労働者には超低劣な年収を強制し
正規労働者にはサービス残業を強制する事に
なりました(オラオラ、サービス残業を喜ばない奴は派遣労働者に切り替えるぞって脅せます)
このような正義に反する状況を正さねばなりません。
では、如何なる方法があるでしょうか?

全ての政党、議員、候補者にメールを送るのです(これなら、各個人が容易に実行可能です)

文章を考えてみました
「私と私の家族、友人、知人は派遣企業や請負企業を再禁止する政党・議員を支持します
派遣企業や請負企業を容認したり、形だけの規制でお茶を濁すような政党、議員には絶対に投票しません。
家族・友人・知人にもそのように働きかけます」

もしも、このようなメールが無数に政治家に送られれば派遣容認の流れは確実に変える事が
出来ると確信致します。
(各個人が自分なりに文章を考えれば効果も
倍増すると思われます)

緊急動議にご賛同頂ければ何よりの喜びです。

1 ■馬鹿だろ?

派遣禁止して、さらに失業率上がったらどうするのさ。
問題は「同一労働同一賃金」になっていないこと。
米や蘭にも派遣はあるが、全く問題になっていない。


製造業派遣、スタッフ本人も7割近くが「派遣禁止に反対」
http://www.garbagenews.net/archives/1024145.html
大企業2割が海外移転検討 製造業派遣の原則禁止で
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/090918/biz0909181939011-n1.htm
規制で失業率が上がりますと言いながら規制しようとする妙な人たち
http://blog.goo.ne.jp/jyoshige/e/708008f81ba2ef1c0b7632b52537e40b

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。