2010-02-13 18:55:51

『フィナンシャル・タイムズ』が内部留保の大幅削減こそ日本経済成長の最重要な要件と指摘

テーマ:大企業・内部留保の社会的還元を

 「企業による過剰な内部留保と投資機会の減少が組み合わさったことが、構造上の根本的問題になった」


 「日本経済の分野別に貯蓄と投資(収入と支出)のバランスを見ていくと、何が起きたのかよく分かる。1990年にはほとんど全分野で収支のバランスがとれていたが、そこへバブル崩壊の危機がやってきた。その結果の長期的影響が、日本の民間部門による巨額黒字の蓄積だった。しかし家計貯蓄は減りつつある。つまり、経済が「成長しなくなった」後、GDPに占める企業の内部留保が割合を増し、投資が減ったのが、民間黒字の最大の原因だ。そしてこの巨額民間黒字は資本流出と財政赤字という形で相殺されている」


 「企業による過剰な内部留保と投資機会の減少が組み合わさったことが、構造上の根本的問題になったのだ」


 「日本は今、内需主導の成長実現を目標としなくてはならない。最重要な要件は、企業貯蓄の大幅削減だ」


 「日本は寝ぼけた経営陣の手から資本を取り上げなくてはならないのだから、日本こそ企業支配権の市場が必要だと言いたい。経済界の既得権益に恩義のない日本の新政権は、企業行動を変えさせる政策をいよいよ採用するべきだ」


 上の文章は、すべて『フィナンシャル・タイムズ』(2010年1月13日付)に掲載された「長年苦しんだ日本から世界は何を学べるか」という記事に書かれているものです。(※全文はこちら→

http://news.goo.ne.jp/article/ft/business/ft-20100122-01.html  )


 ちなみにウィキペディアの『フィナンシャル・タイムズ』の説明は、「経済新聞として定評があり、ニュースの信頼性も高い。世界の企業の時価総額をランキングするフィナンシャル・タイムズ・グローバル500を毎年発表し海外では非常に有名である。本社はロンドンにあるが発行部数はイギリス国外の方が多い」とあります。


 その「経済新聞として定評があり、ニュースの信頼性も高い」と言われている『フィナンシャル・タイムズ』が、企業の内部留保を大幅に削減することが、内需主導で日本経済の成長を実現する最重要な要件だと指摘しているのです。


すくらむ-内部留保提言3


 ついでに参考資料として、上の表のように、内部留保が急増したのは1999年度以降で、その後、2008年度までの10年間に、209.9兆円から428.6兆円へ、218.7兆円増と、2倍以上に膨張した。売上高に対する水準も、15.2%から28.4%へ、13.2ポイントも上昇しています。

すくらむ-内部留保提言4


 内部留保を種類別に見ると、上の表のように、この間の増加額が大きかったのは、「繰越利益剰余金」、「積立金」、「資本準備金」および「その他資本剰余金」の順となっています。
(byノックオン。ツイッターアカウントはanti_poverty)

AD
いいね!(0)  |  コメント(40)  |  リブログ(0)

コメント

[コメントをする]

40 ■内部留保に課税検討か テレビ東京

http://www.tv-tokyo.co.jp/nms/tokyo_news/post_751.html
内部留保に課税検討か テレビ東京

鳩山総理大臣は共産党の志位委員長との会談し、経済政策や雇用問題などについて意見を交換しました。共産党によりますと、志位委員長が「大企業の内部留保でのおかげで日本経済の成長力が損なわれている」と指摘したのに対し、鳩山総理は「適正な課税を行うことも検討してみたい」と述べたということです。ただ、政府筋は「課税に限らず、いろいろな方策がある。そこだけ取り上げられると違ってくる」と指摘しました。

39 ■Re:社会主義

>タシマーヤさん
>難しい理屈を並べても・・
特に難しい理屈を並べたつもりはありません。高校生に理解できるレベルではないと思いますが、経済をサラッと流したレベルの方であれば特に難しいと感じないのでは無いでしょうか?
それよりも、ご自身が理解しようとしない。すなわち自分(達)の中途半端な知識が正だと闇雲に信じて、他人の発言に一切耳を貸さずに非論理的な自説を繰り返し行う姿勢に問題があると思います。

>まるで親の庇護にあり何不自由ない子供が「自由が欲しい」とだだをこねてるみたいですね。

国が親で子どもが企業を指しているのでしょうか?
それであれば、認識がかなり古いですね。
グローバル化が進んでいる今、国の政策なんて、足かせになる方が大きいですよ。
少しは現在の社会状況を俯瞰してみてください。

>「国の為に戦え」も社会主義でしょうか?
社会主義ではなく、全体主義に近いと思います。
少なくとも、資本主義ではないです。
資本主義(ここで言うと自由主義の方が近いとは思いますが・・・)では少なくとも、「国ためには戦いたくない」と言うことが言えます。

>「会社に従わない・金を入れない・嫌ならやめろ」。これは社会主義ではないのでしょうか。
資本主義とか、社会主義だとか言う前に
会社に従わないのであれば、企業としてミッションを持って仕事をしています。それに従わないのであれば、従業員を解雇することは可能です。
また、解雇しないまでも降格させることが可能です。
文句だけ言って、仕事しないで昇進するのは公務員くらいじゃないですか?
それが嫌だったら、自分で自分のやりたい事が出来る仕事に転職するなり、社内で力をつけて自分のやりたい事をやれるような地位に立てば良いのではないでしょうか?

少なくとも、社会主義、資本主義、自由主義、全体主義が全くわかっていないことがこれで明確になりました。なーんも難しいことば使ってませんよ。
少しは勉強する気になりましたか?

それよりもなんどもなんどもなんども書いているが、
「公務員の給料は民間の10分の1だ(意訳)」と言うあなたの虚偽の書き込みついて、なんら謝罪や修正が無いのはどうしてなのでしょうか?
に回答が無いのはどうしてなんでしょうか ?_?

38 ■無題

>「会社に従わない・金を入れない・嫌ならやめろ」。これは社会主義ではないのでしょうか。
はい。社会主義ではありません。資本主義です。

虚言をされる方の言葉は、どんなに声高らかに叫んでも信用されませんよ。資本主義的に言えば、「虚言を吐かれるタシマーヤ氏は信用できず、無価値の人間だ」といったところでしょうか。

>資本主義だからこそ国の庇護や便宜で大発展したのでしょう。
これも間違いです。
とりあえず、資本主義の勉強をまずしてみてください。

>労働者も奴隷ではなく自由に発言できた筈です。
そうです。自由に発言できます。ちなみに、自由の裏には責任があります。また、自由に発言できるので、人から批判をされることもあります。それに対してきちんと論拠を組み立てて反証することが求められます。とりあえず、叫ぶのではなく、様々な意見に対して、自分の論拠を通したいのであれば、実証データ等をつけて反証してください。

37 ■社会主義

難しい理屈を並べても社会主義化資本主義化の考察で無知をさらけだしてますね。
まるで親の庇護にあり何不自由ない子供が「自由が欲しい」とだだをこねてるみたいですね。
「国の為に戦え」も社会主義でしょうか?
資本主義だからこそ国の庇護や便宜で大発展したのでしょう。労働者も奴隷ではなく自由に発言できた筈です。今は「全体主義」で反論も許されないのですね「会社に従わない・金を入れない・嫌ならやめろ」。これは社会主義ではないのでしょうか。あなた方こそ北朝鮮に行ったほうが労働者を食うや食わずの完全奴隷化できピョンヤンでいい生活が出来るでしょう。

36 ■>名無し2さん、龍くん

私が龍くんの作文を読んで感じたことは名無し2さんがだいたい書いてくださったので

とくにつけくわえることはないです。

ただ、名無し2さん。

龍さんのこれまでのコメントを読んでいて感じたことですが、彼はたぶん小学校高学年から中学生くらいの方だと思います。
実際、社会にでてもいらっしゃらない方に企業会計だとか経済のメカニズム、経営の話をしてあげてもなかなか理解していただけないし、実感がわからないのではないでしょうか?

もし、龍くんが成人していて、ましてや社会人の方でしたら

「貧困問題にどうこういう前にてめぇのオツムが貧困なことを嘆け、このボケが!」


と言いたいところですが、まだ子供なんですからそのヘンはやさしく見守ってあげましょうよ。
ただ、どういう教育を受けたらこういう中学生に育つのか知りたい気がしますが。

龍くん。

たぶん、あなたが今のまま大人になっとしたら、日本はあなたにとってとても住みにくい国だと思います。
中学生のうちに英語でも朝鮮語でも中国語でも、一生懸命勉強して、あなたの求めるユートピアに移住する準備をはじめたらどうでしょう。
あなたにとってそれが一番だと思います。それもひとつの人生ですよ。
もしかしたら、受験勉強の真っ最中かな。なにしろ勉強、がんばってくださいね。

35 ■Re:資本主義の矛盾

>龍さん

>不安で貯金するしか大企業はできないわけだ。
>新しいものを作って売ることにおびえてね。
シャープも大規模投資して、液晶工場作ったし、東芝も半導体工場に大規模投資している。
作って売れると判断すれば、お金を使うし、売れないとわかれば、投資をしない。

現在のデフレの状況で新規の製品を作るリスクは増大しているは事実です。ただし、費用対効果が高いと判断したものについては上記のように投資を行っています。日々新製品が発表されていますしね。

そのために、企業では企画部隊、マーケティング部隊等を抱えて、何がいくらであればどれくらい売れるか考えています。

>自分たちで財産を溜め込み、不必要にためこみ、必要な人たちには回さない。
不必要かどうかの判断は財産をため込んだ人しか判断できません。第三者が不必要だというのであれば、根拠を明確にしないといけません。
内部留保を吐き出せ!と言っている方は企業が貯めた内部留保を不要な金額だという根拠を示した方はいらっしゃるのでしょうか?

必要な人に回さないということはよくわかりません。
企業は企業活動の中で得た利益から、従業員に給与、役員に報酬、株主に配当を配分しています。
これ以外に誰に何を配る必要があるのでしょうか?

>リスクを負っているから、お金をたくさんもらえるなんて論者のばかさかげんよ。
そんなこと誰が言ったんでしょうか?
私の解釈だと、リスクを負わなければ、大きなリータンは得られない。ただ、リスクを負ったから必ずリターンがあるわけではない。
です。
成功する可能性もあるし、失敗する可能性もある。
何もしなければ成長しないし、先細りになっていく。ただそれだけです。

>リスクを負ったら勝負しないのが資本主義だよ。それが現実。
資本主義を全く理解していませんね。
それ以前にリスクを負ったら勝負しないと不戦敗になりますがw

残念ながら、日本は資本主義社会です。資本主義を理解せずに否定するのであれば、日本の近所の資本主義以外の国家に移住されることをお勧めします。

34 ■資本主義の矛盾

不安で貯金するしか大企業はできないわけだ。
 新しいものを作って売ることにおびえてね。

 これが資本主義の矛盾のひとつ。

 自分たちで財産を溜め込み、不必要にためこみ、必要な人たちには回さない。これが資本主義の決定的な欠陥。現実。

 リスクを負っているから、お金をたくさんもらえるなんて論者のばかさかげんよ。リスクを負ったら勝負しないのが資本主義だよ。それが現実。

33 ■Re:不況でも上場企業の経常利益1・5倍 3月期予想

>「ユニオン」と「労働ニュース」アーカイブさん

その記事と、すくらむの記事の正当性に何の関係が。

前期比でやや改善、それも外需や政策効果によるもの、というだけの話じゃないですか。

32 ■不況でも上場企業の経常利益1・5倍 3月期予想

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010021601000879.html
上場企業の経常利益1・5倍 3月期予想

すくらむさんの記事の正当性が確かめられたわけですが・・・

31 ■うーんつかれるな・・・

>龍さん
>人の命を奪った株主にはその犯罪性に対して死を。
>経営者にも死がふさわしい。
>そしてそれを擁護している連中にも死こそがふさわしい。
犯罪って何の犯罪何ですか?
で、その犯罪に対する刑罰は死刑なんですね?
刑法第何条に違反しているのか教えていたけませんか?
ちなみに、ご存じないかもしれませんが、日本は法治国家で、私刑に関しては禁じられていますから。
そこまでの書き込みをされるのであれば、明確な違法行為がなければなりません。
ぜひあなたが考える違法性を正しく述べてください。また、その違法性が死に値することをぜひ説明してください。

あとの戯れ言はどうでもいいや。疲れたし。

30 ■Re:無題

>龍さん
>日本の賃金はこれ以上高くできないと言っているのだとしたら、その人は誰からも話しを聞かれなくて当然。
これもマクロとミクロを混同しているだけのお話。
自分の給料を上げたいんだったら、自分の価値を高めれば良いだけの話
他人の給料なんて気にするな。

>多くの人が低賃金で喘いでいる。
そうだろうな、今の給料で満足っていう人は少ないだろう。

>大企業がたとへ苦しくても、ちゃんと応分の負担で
うーん。大企業は自社の社員に給料を払ってるんだが、何が足りないのかな・・・・

>内部留保を取り崩すのは、社会的に必要だ
何でだろう・・・・
そんなことをしたら企業活動に支障が出たり、株主に訴えられる可能性があるだろうに、そのリスクを追ってまで私企業がやる必然性が見えない。

>ちゃんと数百兆円規模の財源を示すべきだろう
何でだろう。それって国の仕事じゃないのか?

>非正規を低賃金で雇い、特別剰余価値をしぼりとり破壊した・・・
特別余剰価値ね・・・、非正規労働者を低賃金で雇うと特別余剰価値が発生するのか?
資本論しっかり読んでから出直してもらわないとな・・・・

>その責任は万死に値する
じゃあ死刑だな。逮捕して死刑にすれば?

>増税で許そうと言っている
はぁ・・・・

>ワーキングプアで餓死、病死していった人が何万人いるだろう。
何人いるんですか?ワープワで餓死・病死と浮浪者の餓死・病死を分けて数字を出してくださいな。

以下どこまで続けられるか乞うご期待

29 ■意味不明だ

>龍さん

だんだんと支離滅裂になってきて、判読が難しくなってきた。

>労働者、非正規の労働者の賃金は著しく低い。
>最低賃金にへばりついている。これに異論を言うものはいないだろう。

非正規の労働者の定義は分かりますが、労働者の定義は労働基準法をベースに考えて、賃金を支払われるもの(主な所得が給与所得)という解釈でよろしいでしょうか?

給与所得者の平均所得は国税庁のH18年の調査で、435万円。
一方、最低賃金は面倒なので、丸めてみると、時給700円、1日8時間、年間250日として、140万円です。(最低賃金法よりかんたんに試算)
200万円以下の人は全体の23%(これも上記国税庁の調査からかんたん計算)

ということなので、龍さんのおっしゃる
>最低賃金にへばりついている。
がまずダウトになります

ちがうというのであれば、そのソースを含めてすべて提示してください。

って、ちょっと調べればすぐに出てくる数字だから、表現を変えるとか定義を厳密にするとかしないと、それ以降にいくら良いキーワードを並べたとしても(今回並んでいるかどうかは別問題として)、信用されなくなります。

他人を説得したいんだったら、自分の言葉の定義ぐらいしっかりしなよ。

以下反証は気力が続く限り続くかな?

28 ■Re:無題

>龍さん

あなたの頭の悪さには同情を覚える。

余剰資金は成長産業へ
http://rionaoki.net/2010/02/3134

非正規が増えたのは正規が守られすぎているからです。

OECDの対日勧告
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A3%E8%A6%8F%E7%A4%BE%E5%93%A1%E3%81%AE%E8%A7%A3%E9%9B%87%E8%A6%8F%E5%88%B6%E7%B7%A9%E5%92%8C%E8%AB%96

27 ■無題

 労働者、非正規の労働者の賃金は著しく低い。
 最低賃金にへばりついている。これに異論を言うものはいないだろう。

 そのことを知っていて日本の賃金はこれ以上高くできないと言っているのだとしたら、その人は誰からも話しを聞かれなくて当然。

 今多くの人が低賃金であえいでいる。だから、大企業がたとへ苦しくても、ちゃんと応分の負担として内部留保を取り崩すのは、社会的に必要だということに異論を言うものは、ちゃんと数百兆円規模の財源を示すべきだろう。社会のバランスがくずれたのは、非正規を低賃金で雇い、特別剰余価値をしぼりとり破壊した経営者と株主の責任であるのだから。その責任は万死に値する。死を持ってその責任をとらなければならないところを、増税で許そうと言っているだけなのだから、しっかりと増税に答えるべきであろう。

 たくさんのワーキングプアで餓死、病死していった人が何万人いるだろう。

 人の命を奪った株主にはその犯罪性に対して死を。経営者にも死がふさわしい。そしてそれを擁護している連中にも死こそがふさわしい。

 それくらいの怒りが充満していくことがわからないのかもしれないなー。もし自分たちが、なぜこんな貧困に陥れられているのかと自覚した人が大勢いたら、マリーアントワネットやロシアのニコライのように切り刻まれるだろうに。またその官吏たちのように叩き潰されるだろうに。歴史は残酷に繰り返す。歴史や社会は人の命や死をあざわらい、まじめに考えないものたちにその報いを下すだろう。近い将来。竹中平蔵の卑劣さを忘れないし、小泉純一郎の卑劣さを忘れない。それにかかわっていた御手洗や奥田らを忘れないだろう。

26 ■Re:民間のホワイトカラーは

>タシマーヤさん
>工場で働く製造部門の人達を「備品」としか見てないようですね。
→管理会計を学んでから出直してきてください。

>「国が面倒見るのは当然!」しかし出所が生き残って働いている人の税金からとなると「そんな奴らの為に『俺達の』税金を使うな!」
→今回の件とは全く違う話ですね。

>数値の利益よりももっと大切な「人の心」を忘れているのではないでしょうか
→残念ながら今回の主題から見れば、全く意味不明です。

公務員の人たちって、コスト意識無いことが良くわかります。この方以外はちゃんとコスト意識を持っているよう望みますね。

それよりも、「公務員の給料は民間の10分の1だ(意訳)」と言うあなたの虚偽の書き込みついて、なんら謝罪や修正が無いのはどうしてなのでしょうか?

ご自身の全く意味の無いご意見のみをただひたすら垂れ流すのであれば、時間の無駄ですよ。

しかし、論理的に反論出来ないとすぐに話題を転換する手法はどなたも共通していますね。

で、ちょっと書きこみしないと「反論出来ないだろうぇーっへっへ」となるわけですね。

25 ■Re:民間のホワイトカラーは

>タシマーヤさん

だからこそ余計な規制をなくし、同一労働同一賃金にすべきでしょう。米や加では、腕の立つ技術者は社会的地位も高いですし、逆に生産性の低い事務職は給与もそれなりです。



トヨタ本社の管理部門にいるノンワーキングリッチが肥え太る一方で、モノ作りの現場はどんどんやせ細っていくわけだ。
http://news.livedoor.com/article/detail/4519878/

24 ■民間のホワイトカラーは

工場で働く製造部門の人達を「備品」としか見てないようですね。景気によって調整でき、サービス残業激務要請「嫌ならやめろ。代わりは幾らでもいる」
それで捨てられた人達を「国が面倒見るのは当然!」しかし出所が生き残って働いている人の税金からとなると「そんな奴らの為に『俺達の』税金を使うな!」
勝手すぎるのではないでしょうか。数値の利益よりももっと大切な「人の心」を忘れているのではないでしょうか

23 ■無題

利益を上げることが使命の企業にだけ負担を求めるのはおかしいです。

オランダを見てください。

ワッセナー合意は政府の減税、企業の雇用確保、労組の賃下げ容認、この3方一両損で成立したものです。

既得権維持には熱心で、企業にだけ負担を求める労組の偽善にはあきれますよ。

22 ■追加

小泉改革の竹中氏、民間の旗手ホリエモンも、知事になったばかりの橋下氏も「最後には『生活保護』がある」と格差社会、リストラ、成果至上主義にはみ出さされた人に起業を勧める発言をしたではありませんか。年間自殺者3万人。責任は国よりも尻馬に乗った企業にあるのではないですか。
困った人に税金を使うのは反対。でも彼らの雇用の為に金を使うのは嫌だ。ではなく日本国民の為に企業も貢献すべき時代だと思うのです。

21 ■無題

まあ戦争放棄したのに世界第2位の軍事力を持つ軍隊「自衛隊」が税金の無駄、犯罪の少ないところに暇な警察官を配置するのも税金の無駄。
実際事件が起きてから配置を決めよと言ってる様な物ですね。
憲法9条により日本は戦後60年以上戦争に巻き込まれたこともありません。日米安保も「おもいやり予算」も税金の無駄遣いです。
かつてその軍隊や警察など「下級公務員」は貧しい農家の次男以下など「いらない体」を採用していた部分があったのです。しかし現在そういった雇用は「税金の無駄」「軍国主義復活」といわれる訳です。
企業から追い出された人にしろ生来の怠け者にしろ生活に困っている人を税金で救うのは憲法で保障された「生存権」なのです。
その人達をいかに自活させるかは企業の協力無くてはありえません。それが所謂「国威高揚」にも繋がると思うのです。

20 ■Re:反論への反論

>pikkipikkiさん
>経済については高校で習っただけで、経済についての知識はネットで知っただけの知識だけど・・
と、主張される人のblogのエントリーの"政治・経済"に90エントリー以上されるのか?と言う疑問はさておき・・・・

>金が市場を回れば回るほど景気回復になるのとはちがうんかな?
これはそうだと思いますよ。
回り方として、どこにどう回るのか?という検討が必要とは思いますが、原則は間違っていないと思います。

ただ、
>内部留保や特別会計等の市場に回らないお金は、景気を悪化させる死に金ではないのですか?
については、Nox2だと思います。
一つ目のNoとして、特別会計のお金が市場に回らないと言うことはNoだと思います。
これは、配分こそ課題があるとして、少なくとも最終的には民間企業に仕事が降りてきていますので、市場にお金は回っています。
二つ目のNoとして、内部留保などの死蔵された(とあなたが思っている)お金は景気を悪化させる要因にはならない。と言うことです。
内部留保は単に留保されていて、何も使われていない(と思われる)お金ですから、これで景気を悪くさせる理由になりません。
(景気が良いときに死に金作るのは景気を悪化させる要因と見られる可能性がありますが、現状では悪化させる要因とは見られる可能性は低いです)

また、現在は期末の現金残高のみが騒がれていますから、期中に大きな投資を行い、期中に同等以上の回収を行った場合でも、現金残高が増える可能性があります。この場合は、内部留保ですが、景気に刺激を与えたお金になっている可能性があります。(そこらへんは各社の財務諸表を精査していませんので判断できません)

まあ、どっちにしろ企業からお金を奪うのではなく、積極的に投資が出来る環境を作っていかないとお金は回らないでしょうね。

しかし、高校生にも判るようにと、一生懸命考えて書いたのに、それに対して何らリアクションせずに自分のご意見だけを押し付けて、あまつさえ高校生にも判るように書けと要求までしていることに対して何も感じないんでしょうか?

19 ■「未来への貯蓄」ねぇ

>4年間私立の大学に通うために600万円貯金しました。
>一方、日本は貯蓄大国です。国民の貯蓄額は1,000兆を超えています(すいません、正確な数字はおさえていません)。
>それに目をつけたアジア各国や欧米の人があなたの家族に向かって「日本は貯蓄額が多いから、お前の家の600万円から300万円おろして、働いていない人にあげろ。」と言ってきました。
確かに、家族はまだ働けます。でも、給料が今のままもらえるかどうか判りません。
>この先家を改築したり、車を買い直す必要があります。
>そのようなときにあなたの家族であればどう考えますか?どう感じますか?どう行動しますか?

 上記引用と違って、ぼくは先日滋賀県であった「徘徊中の高齢者の手押し車から現金7000万円が見つかった」事件の方を思い出しちゃった。 「進学費用」とか「失業給付」とか「住宅保障」が、まさに「所得再分配」議論の中での話題であって、そういうのに「個人」が備えをしなきゃならないから(そう、葬式費用や「三途の川の渡し賃」まで!)、日本はいつまでも消費が回復しないわけだ。

18 ■反論への反論

ずっと詩作に没頭してきた僕自身は、経済については高校で習っただけで、経済についての知識はネットで知っただけの知識だけど・・やっぱり高校生程度にはわかるような説明であって欲しいなと思う。
もっと経済について詳しいらしい皆さんのよりわかりやすい説明が欲しいなと思う。
内部留保や特別会計等の市場に回らないお金は、景気を悪化させる死に金ではないのですか?お金が市場を回れば回るほど景気回復になるのとはちがうんかな?

17 ■追伸

>pikkipikkiさん
>という主張は、日本企業での内部留保がこれほど多くなった理由やそれが果たして正当なのかという視点が皆無です。

はい。ここが、マクロとミクロを混同しているという指摘なんです。

>日本企業が世界的にこれほど異常で、膨大な内部留保(景気回復を阻害する死に金)を溜め込んだ理由とは、非正規雇用や、赤字を理由の7年間の税金未納が原因だったのではないのでしょうか?
というのであれば、それを証明する必要があります。ちなみに、blog主の主張では証明したことになりません。
むにゅうさんがおっしゃられている通り、原因となる経済状況の変化は数多くあります(7年間というスパンで見ているんであれば)
それを単に非正規雇用とか、税金未納に原因があるという根拠を示す必要があります。

また、内部留保が景気回復を阻害する死に金とも書かれていますが、それが事実かどうかも証明してください。

高校生だろうが、中学生だろうが自分の書いた言葉には責任をもってください。
若い内からそのような責任について、考えることができる良いチャンスですからw

なお、貴殿のご意見は反論にもなっていません。根拠ない書き込みは反論ではなく「戯れ言」という事だということも理解すべきでしょうね。

16 ■Re:名無しさんへの反論

>pikkipikkiさん

経済に無知なら、
『日本企業が世界的にこれほど異常で、膨大な内部留保(景気回復を阻害する死に金)を溜め込んだ理由とは、非正規雇用や、赤字を理由の7年間の税金未納が原因だったのではないのでしょうか?』
という意見を述べる事自体が間違いです。

内部留保の話を高校生にわかるように説明するのは難しいのですが、例えば
あなたの家族があなたが大学に進学するためのお金を貯金していたとしましょう。
4年間私立の大学に通うために600万円貯金しました。
一方、日本は貯蓄大国です。国民の貯蓄額は1,000兆を超えています(すいません、正確な数字はおさえていません)。
それに目をつけたアジア各国や欧米の人があなたの家族に向かって「日本は貯蓄額が多いから、お前の家の600万円から300万円おろして、働いていない人にあげろ。」と言ってきました。
確かに、家族はまだ働けます。でも、給料が今のままもらえるかどうか判りません。
この先家を改築したり、車を買い直す必要があります。
そのようなときにあなたの家族であればどう考えますか?どう感じますか?どう行動しますか?

あなたの家族だけでなく、ご友人の家族ならどうしますか?
しかし、pikkipikkiさんのblogを読む限りでは、とっても「僕は経済にはほとんど無知なので」という言葉は白々しく感じますね。
ネタでやるならもうちょっと工夫してから発言することをお勧めします。
ねえ、2007年から詩を書き始めている高校生の道産子の詩人さん()笑

15 ■無題

>膨大な内部留保(景気回復を阻害する死に金)を溜め込んだ理由とは、非正規雇用や、赤字を理由の7年間の税金未納が原因だったのではないのでしょうか?

・日本政府が増税を行うと言っているから内部留保を増やして、増税に対応できるようにしている。

・会計基準が原価基準から時価基準に変わったため、株価の急激な変化に対応できるように内部留保を増やした。

・銀行に貸しはがしを行われないように、自己資金を増やすために内部留保を増やした。

複合的な理由から内部留保を増やしているのです。

14 ■名無しさんへの反論

《ミクロ的な視点とか、企業戦略として,何をすべきなのかの議論や主張が、一切されていないからです。
特に企業に金を出せと言っている人については、合計金額だけ、「こんなにあるんだから出せよ!」的な主張しかしていないと思われます。
だから、個別の企業がいくら余剰金があって、何にいくら使おうとするのかについては、各企業できちんと考え、精査すれば良いと思います。
経営者が考え、株主や従業員がチェックすれば良いだけであって、第三者がとやかくいう必要は無いと思います。(というのが私の当初からの主張ですが》
という主張は、日本企業での内部留保がこれほど多くなった理由やそれが果たして正当なのかという視点が皆無です。

日本企業が世界的にこれほど異常で、膨大な内部留保(景気回復を阻害する死に金)を溜め込んだ理由とは、非正規雇用や、赤字を理由の7年間の税金未納が原因だったのではないのでしょうか?
僕は経済にはほとんど無知なので、高校生にもわかるような説明をどうかお願いします。

13 ■Re:日本経済成長には過剰な内部留保削減が必要という事実

>Cornwellさん

私は当初から企業の内部留保を出せという意見についてはネガティブです。(それが、株主還元だろうが、雇用対策であろうが)
理由はかんたんで、FT紙についてもそうなんですが、(FT紙だからこそ)マクロ的な視点でのみの主張でしかありません。
ミクロ的な視点とか、企業戦略として,何をすべきなのかの議論や主張が、一切されていないからです。
特に企業に金を出せと言っている人については、合計金額だけ、「こんなにあるんだから出せよ!」的な主張しかしていないと思われます。

だから、個別の企業がいくら余剰金があって、何にいくら使おうとするのかについては、各企業できちんと考え、精査すれば良いと思います。

経営者が考え、株主や従業員がチェックすれば良いだけであって、第三者がとやかくいう必要は無いと思います。(というのが私の当初からの主張ですが)

12 ■日本経済成長には過剰な内部留保削減が必要という事実

> 読者さん
> この記事とすくらむさんの主張で一致を見るのは、企業の内部留保が過剰であり減らすべきというところですが、その点についてはここで議論している人々の誰も反論していないのでは

ブログ子の『トヨタもキヤノンも内部留保を使うが~』と『内部留保の還元でデフレ脱却』という記事に付いた批判的なコメントの一節を以下コピベ。
「財務諸表を勉強したほうがいい」「白痴」「簿記三級から勉強しな」
「ナンセンス」「妄想」「少しばかり勉強した人には鼻で笑われるエントリ」
「これは、そもそも論点になる問題ではない」「どこの大企業もそんな余裕ない」
「一見すると企業が必要以上にため込んだお金のように見えますが、これは会計上の話に過ぎません」
「企業会計を知っている人間ならば、だれでも理解できる基本的なことです。従って、内部留保は吐き出せ、という議論は全く企業実態を知らない人間の言う理屈で、ほとんど説得力を持ちません」
「「内部留保を吐き出せ」議論は、あまりに荒唐無稽で、社会的影響力を行使できる可能性はありません」
「この内部留保の問題は、価値観の差うんぬん以上に、勉強する気があるか、物事を正確に捉えようとするか気があるのか、そういう人間としての姿勢が垣間見えるもの」

上のコピベにあるように、「内部留保が過剰であり減らすべき」という事実さえも暴力的な悪罵で全否定だ。よって今回の『フィナンシャル・タイムズ』が内需主導の成長のために過剰な内部留保を大幅に削減すべきとの指摘は重大。まさに「この内部留保の問題は、価値観の差うんぬん以上に、勉強する気があるか、物事を正確に捉えようとするか気があるのか、そういう人間としての姿勢が垣間見えるもの」だからだ。

11 ■この記事は正論だけどすくらむさんの本意は?

pikkipikkiさんもしかして「経営陣の手から資本を取り上げ」ってところを「資本家の手から資本を取り上げ」か何かと勘違いしてませんか。「企業支配権の市場」っていうのは、株主によるコントロールが行き届いているという前提の上での健全な株式市場ってことでしょう。株主が資本を預けてるのに、経営陣(management)がちゃんと集めた資金を有効に活用してないのだから、いまいちどちゃんと経営に口を出せる投資家のところに支配権が集まるようにすべきって言ってるんじゃないですか。

これまですくらむさんの立場もわからんではないと思って読んでいたのですが、この記事を持ち出したすくらむさんの意図がよくわからないです。この記事とすくらむさんの主張で一致を見るのは、企業の内部留保が過剰であり減らすべきというところですが、その点についてはここで議論している人々の誰も反論していないのでは (「内部留保」の定義をめぐっての行き違いを除けば)。

10 ■この記事やすくらむさんの方が正論だと思う

ところで下記のWX氏のコメントの意味が全く意味がわからないのですが(記事内容のどこから下記の結論になるのかが不明)、高校生くらいの日本人にもわかるような説明をお願いします。(それと呼び捨てはちと失礼なのではと・・)
《記事内容は「内部留保は過剰投資という形で償却性資産に計上されているので、今後減価償却負担による赤字で勝手に削減されてくだろう」ということですよ。あとは株主権利の強化。
すくらむの主張とはまったく違うことが書かれているわけですが。日本の人件費は現状でも世界最高水準であり、これ以上増やせるわけもない。》
それと「日本の人件費は現状でも世界最高水準」というのは、大企業だけの話しなのか、それとも平均するとなのか・・もっと具体的にお願いします。派遣労働等で切り下げた賃金分が内部留保になっているのではと思うし内部留保や特別会計等の市場に回らない死に金が不景気の主原因なのではと思うが。

9 ■無題

>雇用者が賃金へと主張するのも全く正しい。


全く正しくないです。
剰余金は法的に株主のものです、勝手に賃金に廻して訴えられたらどうするんですか?

8 ■雇用者が賃金へと主張するのも全く正しい

>WX氏
>すくらむの主張とはまったく違う

そんなことはない。

個人資産を吐き出せと主張する企業自体が留保志向で自説逆行してるのは確か、資本がそれを配当に廻せと言うなら、雇用者が賃金へと主張するのも全く正しい。金が動くのは一緒、むしろ消費に直結するし。

7 ■無題

大企業の社長さんでさえ一サラリーマン。
労組の役職は役員への出世コース。
株主比率はトヨタでさえ創業家はたったの2%、他は普通のサラリーマンから引篭りトレーダーまで・・・

普通に社会出て働いていれば、このくらいのことは知ってるはずなんだけど、どうして階級闘争史観を持ってしまうかね?宗教か?

6 ■Re:無題

>せくさん
>コメント欄が急に静かになりましたね。

この記事はそのとおりだと思いますよ。
どう読んでも、FTが「内部留保を雇用対策に使え」と言っているように思えませんから。

blog主やせくさんみたいに事大はしませんが、意見の一つとしては良いのではないでしょうか?

それ以上のコメントはありませんがw

5 ■Re:無題

>せくさん

記事内容は「内部留保は過剰投資という形で償却性資産に計上されているので、今後減価償却負担による赤字で勝手に削減されてくだろう」ということですよ。あとは株主権利の強化。

すくらむの主張とはまったく違うことが書かれているわけですが。日本の人件費は現状でも世界最高水準であり、これ以上増やせるわけもない。

4 ■無題

「経済新聞として定評があり、ニュースの信頼性も高い」『フィナンシャル・タイムズ』の記事が出てきたとたん、コメント欄が急に静かになりましたね。
匿名で人を攻撃することが目的の人はつくづくお気の毒。
管理人さんにはぜひがんばって頂きたいです。

3 ■無題

これは正論だろうなあ。

株主の権利を強化することで、企業経営の無駄を省く。資本利益率を上げて投資を促し、企業を成長させて雇用を生む。

ここ20年ほど、日本企業は停滞しっぱなしだもの。

2 ■無題

配当増やせって話か

1 ■無題

>日本は寝ぼけた経営陣の手から資本を取り上げなくてはならないのだから、
>日本こそ企業支配権の市場が必要だと言いたい。

つまり株主の権利を強化しろと言ってるんで、取り崩して賃金に回せなんて馬鹿なことは言ってないですな。

コメント投稿

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。