冒頭シーン


くわんすけ!!動揺が顔に出ておるぞよ!!(笑)


・・・あんなアリアリと顔に出てしまっては

  内野さんの演じる勘助はどこまでも若々しくて熱血なんですねえ

  腹芸ができないorz


あらすじはばっさり

一応、あらすじを踏襲して感想書いたら、混じっちゃたので

そのあたりかなり気まぐれ


感想

勘助は景虎と宇佐美が手を結ぶための方便というかダシというか

完全に利用されております

このあたり、Gackt景虎も、お人が悪い


宇佐美に言わせれば、隻眼の軍師という存在は目立ちすぎるようでーす

勘助、自分が隠密に向いていないことをそろそろ悟ってくれても(笑)


宇佐美vs景虎について

景虎が宇佐美を落とすまでにいたるテクニックについては

「してやられたなー」

そこまでの気遣い?をして宇佐美を篭絡(笑)してしまう景虎

不眠不休で宇佐美への対応策を練っていたとしか思えません


国を治め、戦に勝つことのみを考えているが故のこの強さ!芸術的手腕!!

という景虎の姿を描きたいのかな、と感じました


  その情熱は、浪には向けられないのかー。(ToT)



直江パパについて


父親にあるまじき、でも父親がよく陥りがちな無神経発言連発

そんな言われたかたをしたら、娘はドツボにはまりまっせ?

それにしても、ラストで、勘助を撃とうとした景虎を、さくっと止めたのは


グッジョブ(-_-v☆)


直江パパとは思えない素早い判断です。



嫡男・太郎君について


鼻に付く坊ちゃんぶりです。私的には。

演じておられる俳優さん(木村了君)のイメージが私的に

よろしくないせいもあるのだけど・・・


 ドラマ版、ウオーターボーイズで鼻に付く美形を演じてた・・・

 見方なのかそうでないのかはっきりしないこうもり男のイメージが。



ラストまで見ていて

大衆代表の勘助と芸術家肌の景虎

という二人の相容れなさが明らかになったんだな、と感じました

価値観があまりにも異なるがために、

謙信と信玄は対立し、川中島へなだれ込んでしまうのでしょうか?


戦争の必然、ということをチラと考えさせる一幕でした


それにしても

景虎が

「やつは主のことを考えてるのであろうな」と語っているときに

逆立ちして由布姫のことを考えてる勘助・・・


晴信はどーでもいいらしい(爆)

最後に100丁の銃を届けさせたのは姫のほうだったとしたほうが

しっくり来るようなもってき方だったです

 #でも最後は「おやかたさまー」なんですね

AD

コメント(24)