小樽観光は着物レンタルで着付け、ロケーション撮影を楽しみませんか。

小樽アンティーク着物レンタル「乙女のきもの」

ドキドキ 乙女のきもの ラブラブ

着物レンタルはこちら
北海道小樽市稲穂2-16-6
J R小樽駅徒歩5分(完全予約制)
営業時間:10:00~17:00
(早朝や夜など時間外でも無料で対応可)
電話 0134-61-7447
iphone 090-6517-1304
メールフォーム (24時間対応)

テーマ:
 
 1930年代左右很 多的藝妓在小樽。 據說那個數是300人~500人。
一邊想當時的小樽,歷史的建造物
一邊排列
的街道背景以和服身姿攝影是確實藝妓的心情。
穿喜歡的和服享受小樽的街吧

  
 
 
 
 
 

  

 
  
 
 

 

 



  
 


I have kids kimonos 

 和服体験費用 一個人
路線 3800日元1小時(按稅)
路線 5800日元3小時(按稅)
1日(AM10點~19點)路線 9800日元(按稅)



頭髮組套1500日元
(按稅)頭飾出租服務
※換衣服時間是約15分。

 

     ⇓
預約·諮詢從這邊

I have many kawaii kimono

小樽着物レンタルやさん 乙女のきもの

Adress 2-16-6 inaho Otaru-si
(You walk 5minutes from Otaru station.)
Open:10:00~17:00

Phone  090-6517-1304
預約·諮詢從這邊 (24h Ok)


The map請告訴我的日期和時間。 我將在預訂時送的地圖。 關於預約退票費
因為只當日的廢除領受100%的退票費 請諒解。
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
歴史ある小樽のロマン溢れる街並みを昔きもので歩いてみませんか?


Japanese girls kawaii

Otaru canal 

 
sakura

 
 
by otarutemiyasennato

 kawaiine 
 by Jinricksha

国内外からたくさんのお客様に利用されています。
特に外国人は撮影スポットを見つけ出すのが得意です。
小樽の建物や景色を背景に素敵な写真を撮っていかれます。


by HongKong's photographer

 
by kitaitigarasu sanngoukann
 
by letao

旅の思い出に。。。
記念日に。。。
サプライズに。。。
歌のど自慢大会に。。。
年賀状用に。。。

様々な場面でお気軽に着物をご活用いただいています。

かわいいキッズたちもゴキゲン♪ kawaii
 
 
 


from Hongkong


レンタルお一人様料金(散策用)は

1時間コース  3800円(税別)
3時間コース  5800円(税別)
1日 コース   9800円(税別)

ご用意いただくものはなにもありませんので
ご安心ください。

※ただし、小物(バッグ・傘・扇子など)は500円~追加となります。

ヘアーセットご希望の方はアップにかんざしなどのレンタル付きで
1500円でセットできます。

 

   
 

小樽で着物レンタルで観光、楽しいですよ~^^


まずはお気軽にお問い合わせ・ご予約をお願いします。
当日のご予約もOKです。

予約制です。

お問い合わせ・ご予約はこちら
    ⇓
TEL:090-6517-1304
http://form1.fc2.com/form/?id=870428

English is from this.

小樽着物レンタルやさん 乙女のきもの

住所 小樽市稲穂2-16-6 れんげ洞のとなり
JR小樽駅徒歩5分(完全予約制)
営業時間:10:00~17:00
(早朝や夜など時間外でも無料で対応可)
電話 0134-61-7447
iphone 090-6517-1304 (+81-90-6517-1304)
メールフォーム(24時間対応)

地図はこちら


小樽乙女和服店変身日本古典美人~

1930年代左右很 多的藝妓在小樽。<,br.>據說那個數是300人~500人。
一邊想當時的小樽,歷史的建造物一邊排列 的街道背景以和服身姿攝影是確實藝妓的心情。

穿喜歡的和服享受小樽的街吧

和服体験費用 一個人
路線 3800日元1小時(按稅)
路線 5800日元3小時(按稅)
1日(AM10點~19點)路線 9800日元(按稅)


I have many kawaii kimono

頭髮組套1500日元(按稅)頭飾出租服務
※換衣服時間是約15分。 

   ⇓
預約·諮詢從這邊
和服租金的位置是按日期和時間不同。
請告訴我的日期和時間。我將在預訂時送的地圖。關於預約退票費
因為只當日的廢除領受100%的退票費請諒解。
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

1月末までの青の小樽運河クルーズに行ってきました~!

 

12月からはじまった小樽ゆき物語。


小樽の冬を盛り上げるため、小樽市内でさまざまなイベントが
あります。

その中のひとつが、こちらの小樽運河の青いライトアップ!
いつもは、ガス灯のオレンジの灯りがロマンチックで
ステキなのですが、この期間のみ、青くライトアップされて
これがまたキレイなのです!!

 

小樽運河の観光名所である浅草橋から見るのもキレイですが、
せっかくなら一度は小樽クルーズ船にも乗ってみたかったので、
1月までというので駆け込みで乗ってきました^^

 

この日は、朝から雪ひとつ降らないいいお天気。
しかも、ふつう雪が降らないということは気温が低く
空気が冷たいはずなのに、寒くない!

なんてよい日和なのでしょう!!!

私たちのためにある1日ではありませんか!!?

 

夜まで雪がふりませんように。。。と祈りが通じてか?!
まる1日雪降らず。

 

18時発のナイトクルーズに乗りました。

15分前くらいに乗り場である中央橋発着所についたので、
チケット売り場でチケットを購入。

ナイトクルーズ1800円ですが、小樽市民は300円割引きの特典が
あります。
1人が身分証明書を提示すれば、お連れの方も小樽市民でなくても
同じく1500円で乗れます^^

ちなみにナイトクルーズは日没時間により
運航時間が変わるので、事前に予約されたほうがいいです。

 

約40分の航海ですが、チケット売り場にはトイレもあります。
洗面所の鏡が船のイメージになっています。

 

天井の照明も小樽のガラス浮き球のシャンデリア。

乗船前に、係の方から注意事項や救命胴衣の説明が
5分ほどあります。
今まで、救命胴衣は使用したことはないそうです。安心^^

いざ、船に乗り込みます~!!

 

船もライトアップされていてキレイ^^(写真がボケボケ<)


冬はちゃんと屋根がついているのですね。

 

若い船頭さんがふたり乗っていましたが、
船頭さんと反対側が先頭一番前の席になります。

 

この日は10人くらいのお客さまだったので、
なんと一番前に座れちゃいました^^

座席にはちゃんと、あたたかくなるヒート?がついていて、
ホッと安心。
カイロもふたつ持っていき、服装もスキーヤーのごとく?
アジア人観光客と馴染んでる!?
モコモコに着こんでいったので、この日は快適でいられました。

 

出発~!!!

 

お兄さんの日本語と英語が少しだけ混じった説明つきです。

小樽運河の歴史がわかります。

https://youtu.be/6mh02k0oxmE

 

普段もガス灯の灯りが充分キレイなのですが、
青くライトアップされた運河はまたまたキレイで。。。

小樽倉庫群もツララが・・・。

 

運河の半分くらいまではライトアップされていますが、
北運河のほうは普段の小樽運河です。
でも、運河から小樽の街を眺めるのは、
船にでも乗らなければないことなので、いい体験です^

 

 

北運河まで来たらUターンで、中央橋へ戻ります。

 

イタリアのヴェネチアのような雰囲気なのかな、と
思ったら、青いのでそうでもなく、イタリアの青の洞窟みたいかと
思えば、またそれも違って・・・。

 

やはり、小樽の運河です<

 

最後に、写真を撮りたい方は、船の上で船頭さんが

撮ってくれました。

 


昼の顔、夜の顔、春夏秋冬の四季の顔、と
1年中いつ何度見ても飽きない、小樽の宝ですね~~~!!!

あ~~~楽しかった~~~!!!

 

 

今度はデイクルーズに乗ってみたいです^^

 

 

 


 

 

 

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

小樽の高台にある海宝楼へ行ってきました。

 

こちらは、坂を上っていくのですが、冬は着物では

ちょっとキツイかんじ<

坂の途中で増毛連山がキレイに見えて、

テンションがあがりました^^

ヤマキチ上の石蔵があったり・・・。

 

海宝楼はもとは小樽の豪商であった板谷商船の旧板谷邸で、
歴史的建造物に指定されています。

 

まえは露天風呂などもあったのですが、現在はそれらは壊され、
残された離れの客室で、お食事がいただけるようになっています。

今年の春~夏には、ホテルと隣接されるようで、
工事中でした。

 

なので、入り口にはショベルカーなどがあり、
風情は感じられず・・・。

 

しかし、玄関前は昔の面影があり、
歴史をかんじさせます。

 

 

和風建築とお隣には洋風建築の建物が
隣接していて、和洋折衷の建物です。

玄関を入ると、小上がりになっていて、
履物を脱いで上がると、ちょっとしたスペースがあり、
大きな花瓶に生花が飾ってあります。

天井のシャンデリアが素敵です。。。

正面突き当りを左へ通され、
和室が3部屋あり、一番奥のお部屋へ通されました。

障子の奥は回廊になっています。

着物でちょっと、撮影^^

 

天井が高くてやはりシャンデリアが素敵。。。

 

広々としたお部屋で、予約していた
お昼の花籠ランチをいただきました。

大きな黒い籠に女性好みにかわいく盛られています。

 

ごはんとお味噌汁、珍味がついています。

 

味は特にということはありませんが、
ここは雰囲気を楽しむのがいいかんじです。

 

デザートにフォンダンショコラ、コーヒー
がついています。

 

お食事が終わってしばらくして、
写真を撮りたいね、ということで、
入り口で撮影していたところ、
フロント奥の洋室が気になり、
スタッフの方にのぞいてよいか尋ねると
快く見学させてくださいました。

こちらは洋室で、天井が高くて
窓も高く、壁のシャンデリアや天井の
アーチなど、大正時代の雰囲気で、素敵です。


窓からは、海が見えてこの日は増毛連山が
とてもキレイに見えました。

ティーータイムのみでも利用できるそうです。
優雅な気分で静かに過ごしたいときなどオススメです!!

 

こういった、歴史ある建物は小樽の宝だと思うので、

壊さないでほしいですね。

 

 

小樽 海宝樓懐石・会席料理 / 小樽駅
昼総合点★★★☆☆ 3.6

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

久しぶりに着物を着ました。

 

しばらくどうしたものか腰が痛くて、
着物など着る気にもならず・・・。

 

着物って元気でないと着れないものですね。
体調のバロメーターにもなります^^

 

この日は小樽の歴史的建造物である海宝楼という
レストランへランチに行くということで、
大正時代を感じられるような大正時代のお嬢様風?
にしてみました。

百花繚乱なお花柄の小紋に
繻子の芙蓉をデフォルメしたような柄の名古屋帯を
合わせてみました。

 

和洋折衷の建築なので、
洋室をイメージしたのですが、
通されたのはなんと和室でした<
イメージが・・・ガーン><

 

小樽海宝楼の様子はこちらから

        ↓

http://ameblo.jp/kimonootaru/entry-12240462137.html

コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。