小樽観光は着物レンタルで着付け、ロケーション撮影を楽しみませんか。

小樽着物レンタル「乙女のきもの」
着物と小樽

ドキドキ 乙女のきもの ラブラブ

着物レンタルはこちら
北海道小樽市稲穂2-16-6
J R小樽駅徒歩5分(完全予約制)
営業時間:10:00~17:00
(早朝や夜など時間外でも無料で対応可)
電話 0134-61-7447
iphone 090-6517-1304
メールフォーム (24時間対応)

テーマ:

小樽の観光で欠かせないといえば、ルタオのチーズケーキや北一ガラス、

オルゴール堂などでしょうか。

 

観光の中心でもある境町通りには、おみやげやさんが

ズラリと並んでいますが、その中で私がよく寄るお店が

大正ガラスのかんざし屋さんです。

大正硝子館も建物や蔦のかんじがいいのですが、

やはり、和小物が気になるので、ついつい足を

運んでしまいます。。。

 

こちらには、つまみ細工やかんざし、髪飾り、

ガマ口財布などの和小物が並んでいます。

 

ランプなどのディスプレイもステキで、

たまに寄りたくなります。

 

最近、この近くにSouvenir Galleryという、

がま口バッグの専門のお店ができていて、

おそらく大正硝子さんの系列かと思われますが、

カワイイ店構えなので、入ってみました。

大きな布製のがま口バッグから財布まで、いろいろあります。

 

たびソックスやちょっとした小物もありました。

 

わたしは最近、タッセルにハマっていて

かわいいのがあったので、購入。

 

 

かごバッグにつけようか、壁)飾りにしようか、

ーにしようか、検討中^^

 

今年はピアスやリングやネックレスにも小さなタッセルが

流行っていますね^^

 

カーテンだけではないんですね^^

 

昔の御簾についていたのがタッセルのはじまりなのかしら?!

 

いずれにしても、和がアクセサリーなどにも

波及していますよね。

 

やっぱり、日本人の感覚はぬぐえないものなのですね~。

 

 

 

 

 

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

旧小樽区公会堂
明治44年、皇太子(後の大正天皇)の本道行啓に際してのご宿泊所として建てられました。
建物は和風の建築様式で、御殿、本館、付属建物からなります。

 

行啓後公会堂として活用されますが、市民会館建設に伴い、
昭和35年に現在地に移築されました。

この時、小樽区へ寄付を申し出たのが、
海運商として名を馳せた藤山要吉です。 

現在、9月11日まで、中が公開され、
自由に見学できるようになっています。

  
 

中へ入り、地下へ階段を下りると。。。
そこにはガラリと雰囲気が変わり、旧岡崎家能舞台 が。。。

 
 
 

檜の舞台で要所には佐渡産神代杉(じんだいすぎ)が用いられ、
格式がある能舞台で東北以北唯一のものといわれています。

鏡板の老松、唐獅子、若竹は狩野派17代秉信(もちのぶ)が描いたものです。
 
こちらも荒物雑貨商として財をなした岡崎謙が、大正15年、
入船町の自宅中庭に建てたものですが、後に市に寄贈され
昭和36年、公会堂隣接の現在地に移されました。


自宅に能楽堂をつくってしまうというのもなんとも贅沢なことを^^

むかしの商人はなんという太っ腹なのでしょう!

寄付ですよ、これらを。。。

すごいですよね~<

能面や衣装の一部なども展示されています。
 
 
 
 


能楽堂で観るお芝居や音楽などは本当に幻想的な雰囲気のなか
贅沢な空間・雰囲気を味わうことができますよ。



蜂谷 涼さんの舞台を観に行ったときの写真


機会があればぜひおすすめします。。。


旧小樽区公会堂 ・旧岡崎家能舞台

小樽市花園5丁目2番1号 






AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

6月になりましたが、例年になく寒いですね~<

 

空気がつめたくて、ストーブをつけたくなります。

 

6月は単衣の着物。

でも、寒いので気分的には袷でもいいくらい・・・。

単衣のウールなら少しはあたたかいので、

単衣の市松のウールの着物を着ました。

しかも、やはり寒くて市松の錦紗の羽織も羽織って

しまったくらい<

ウールは厚みがあるため、単衣で仕立てることも多く、

夏以外は1年中着られます。

 

ウールといっても、本当にちくちくするような生地も

あれば、上質なシルクウールのような肌ざわりのいいものまで

様々です。

 

このウールは結構なめらかな肌ざわりでチクチクしません。

シルクウールに近い生地で、着やすく、汚れても

お湯で手洗いできるので、とても重宝しています。^^

 

コーディネイトも、どんな帯合うので、あまり考えることなく

帯や小物で合わせることができます。

 

今回は、先週も使った単衣のかわいい柄のえんじの名古屋帯

にしました。

 

えんじというのも、意外に合わせやすく、帯締めや帯揚げも

えんじがあるとなかなか助かります。。。

 

からし色もしかりですね。

 

作業が多いときや、雨の日や、着物を汚してしまうかも?

というときには、ポリエステルのように気軽に洗えるウールは

重宝ですね。

 

お値段も安価なものからありますし^^

 

ただ、生地によっては案外着付けにくいので、

チクチクしたりかさばるウールよりも、シルクウールのような

ものがいいかもです。

 

気軽に着物で遊ぶには、柄によってはウールの着物も

楽しいですね!

 

 

 

 

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

知人のパーティーに誘われて初めて行きました。

 

札幌駅から、南北線真駒内方面に乗り、
4つ目の駅、幌平橋駅から徒歩3分くらい?
外に出ると、まっすぐマンションの奥にかわいい一軒家が
見えます。

 

 

1階はお店で、お米や調味料などがあったかな。

 

ゆっくり見たかったけど、
イベントだったので、そそくさと2階へ。

 

2階は一面広いスペースで、天井の梁が素敵です。

 

グリーンが置いてあって、どんな風にもアレンジできそうな
スペースです。

 

この日は、ギターとダンスのコラボで、
真ん中を空けてステージ変わりにしていました。

 

お料理はおつまみ程度となっていましたが、
手づくりのコロッケにベトナム巻?ピザにサラダと
ありましたが、どれも食べごたえがあっておいしかった
です。

こちらのお店はお米や無農薬にこだわっているようなので、
次回はランチでもゆっくりと来たいと思いました。

シャンデリアやアンティークなものが置いてあり、
雰囲気もとてもいいお店です。

 

駐車もできるので、車でもOKです。

 

 

 

あじと cafe日びの和食(その他) / 幌平橋駅静修学園前駅中の島駅
夜総合点★★★★ 4.0

 

 

 

 

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 

1930年代左右很 多的藝妓在小樽。 據說那個數是300人~500人。
一邊想當時的小樽,歷史的建造物一邊排列 的街道背景以和服身姿攝影是確實藝妓的心情。
穿喜歡的和服享受小樽的街吧

 

  

 

 



出租費用 一個人
路線 3800日元1小時(按稅)
路線 5800日元3小時(按稅)
1日(AM10點~19點)路線 9800日元(按稅)
古董和服出租費用
路線 7800日元1小時
路線 9800日元3小時
1日(AM10點~19點)路線 13800日元(按稅)


頭髮組套1500日元
(按稅)頭飾出租服務
※換衣服時間是約15分。

 

     ⇓
預約·諮詢從這邊


小樽着物レンタルやさん 乙女のきもの

住所 小樽市稲穂2-16-6 お花のKusaさんとなり
JR小樽駅徒歩5分(完全予約制)
営業時間:10:00~17:00
(早朝や夜など時間外でも無料で対応可)
電話 +81- 134-61-7447
iphone 090-6517-1304
メールフォーム(24時間対応)

着物コンサルについて 
着付け教室について


 和服租金的位置是按日期和時間不同。
請告訴我的日期和時間。 我將在預訂時送的地圖。 關於預約退票費
因為只當日的廢除領受100%的退票費 請諒解。
コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。