黒澤公人のドキュメンテーションシステムの100年(1960年-2060年)

一次情報ダイレクトアクセス時代のドキュメンテーションシステム


テーマ:
「黒澤公人のドキュメンテーションを考える」というホームページがあったが、
コンテンツが膨大になり、すこし、整理しようと思っています。
あまりに膨大になりすぎて、十分な管理もままならないので、
一時閉鎖しました。

じつは、ホームページを管理するよいソフトがないのも問題なのだ。

1970年代に流行した知的生産の技術への挑戦への繰り返しなのだ。

この知的生産の技術は、かならず、破綻する運命にある。その運命は避けられない。

いつも、知的生産のスタートは楽しい。そして、大概うまくいく。

問題は、生産したものをどのように管理するのか。
B6カードが100枚、1000枚、10000枚になると、破綻 自然崩壊が始まる
フロッピーが、10枚、20枚 と溜まりだすと、破綻、自然崩壊が始まる。
ホームページ空間は、広大なスペースがあり、無限の広がりがあった。
だから、20年近くもデータを蓄積できた。
気を良くして書き込んで貯め込んでいたら、とんでもない量になっていた。
あたらめて、考えると、ちょっと、すごいことになっているのに、気がつぃた。

ここで、いつも、中断が発生する。知的生産を中断して、生産物の管理、整理に
膨大な時間と労力がかかるのだ。

それって、知的生産じゃないじゃん。

新しい知的生産の技術に、再々々挑戦するのか

それとも、現状を延命させるのか?

やはり、ここまで、来たら、再々々挑戦でしょ。



AD
 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。