黒澤公人のドキュメンテーションシステムの100年(1960年-2060年)

一次情報ダイレクトアクセス時代のドキュメンテーションシステム

以前の世界と以後の世界

(世界を分離させてしまう技術)


この技術は、改善、改革ですか?


いいえ! これは革命レボリューションです。

もう、前の世界に戻ることは不可能なのです。

このブログでは、革命前の世界と革命後の世界を追いかけているのです。






ホームページ再開のおしらせ(現在、引越し作業中ですが。)

黒澤公人のドキュメンテーションシステ ムのあり方を考える


 

 


 

テーマ:

国際基督教大学の卒業生で、全盲の石田さんの頑張る姿が、テレビのニュースで

紹介されていましたので、ご紹介します。

 

 

フィリピンの教育改善に協力を - NHK山梨県のニュース - NHKオンライン

 

17 時間前 - 山梨県内の大学生が企画した講演会では、1歳3か月で病気のため全盲になり、大学を卒業後、フィリピンに1つしかない国立盲学校で運営を支援しているNPO職員・石田 由香理さんが講演しました。 この中で石田さんは「フィリピンでは視覚 ...

AD
 |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

親子が参加 アイーナの裏側を探検

ニュースエコー 岩手放送 - ‎2017年1月7日‎
そして普段は立ち入ることができない屋上へ。岩手山の美しい眺めに見入っていました。アイーナの中にある、県立図書館の裏側にも入りました。書庫にはおよそ60万冊もの本が保管されており、管理番号をパソコンに打ち込むと、機械が自動で本を取り出す、最新の設備に目を ...
AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

クラウドファンディング がいろいろな場面で活用されるようになった。

以前には考えられないことだが、最近はほんとうにいろいろな場面で活用されるようになった。

東京芸術大学のSPレコード2万枚の救済に500万円のクラウドファンディングが呼びかけられた。なかなか、順調な滑り出しで、達成しそうな勢いである。

 

詳細はこちらを参照

巨匠の響きよ永遠に!藝大に遺されたレコード2万枚の危機を救う

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

年末、年始、部屋の掃除をした。

問題になったのは、溜まりまくった本。

この本を処分するしかないという結論になった。

結局、古本として売るしかない。

(ゴミとして、出せないので、古本として売るしか処分方法がない、)

リュックとカバンに詰め込んで、BOOKOFF へ。

なんと、6000円近くになった。

レシートを見ると、最高金額は500円。一体、それが、どの本だったのか、

もはや定かではない。

 

さて、そこから導かれた結論

限りあるスペースを限られた量しか収容できない。

限りあるスペースを増やさないためには、電子書籍を購入する

 

実は、電子書籍にした方が、読書率は、非常に上がる。

紙の本は、買った後、家の中で、すぐ行方不明読まれる可能性が激減する。

すでに、購入した本が、読まれることなく行方不明になっている。

(その意味で、電子書籍にして、最後まで読む本が多くなった。)

 

電子書籍には、場所を取らないというメリットがある。

 

しかし、ポケモンをやって見ると、システム上いろいろ上限にぶつかる。

基本設定は、ポケモンを収納できるポケモンボックスは、250個だ。(拡張も可能だが)

2016年7月から捕まえたポケモンは5000匹以上になっている。捕まえたポケモンの9割以上捨てたことになる。強化、進化したポケモンも、状況によっては、捨てていかなければならない。

ポケモンによって、捨てる技術を学んでいるような気もする。

 

限りあるスペースという問題には、捨てることで、対応するしかないようだ。

 

 

 |  リブログ(0)

テーマ:
日本人の盲人の女性が、フィリピンに盲学校をつくるための挑戦をしています。

目標金額: 8,000,000円 を、Readfor というクラウドファンディング
で、募集していますが、現在、275万円を募集しています。
まだ、のこり、500万円以上ですが、皆さんの応援をお願いします。

彼女は、国際基督教大学の卒業生で、学生時代から、活発な方でした。
今回も、困難な未来にむけて、頑張っています。

詳細は下記をご覧ください。

------------------------------------------------------------------
「障害者の可能性を閉ざさない フィリピンたった1つの盲学校の挑戦」

https://readyfor.jp/projects/ftcj_phspd/announcements/47515

現在の寄付総額: 2,750,000円
目標金額: 8,000,000円
終了日まで: 61日

 |  リブログ(0)

テーマ:

クラウドファンディング 経過報告  

現在80万円ほどが集まっています。あと、720万円 応援できる人は、よろしくお願いします。

 

国際基督教大学の卒業生なのだが、全盲の人。たった一人で、多くの人の未来を切り開こうとするという記事を見つけた。黒澤も、在学生時代にとても頑張っている姿をなんでも見かけている。全盲なのに、普通の学生より活動的な人でした。

 

その人がクラウドファンディングをやっているのですから、応援しないわけにはいきませんね。、もし、協力できる人は、応援お願いします。僅かな金額でも構いません。

 

Ready for のクラウドファンディングは、目標金額に達するまで、寄付の実施はおこなれません。90日後に目標金額に達していれば、申請した金額が引き落とされますので、ご注意ください。忘れたころに引き落としになります。(目標金額に届かない場合は、このプロジェクトは不成立として、引き落としは発生しません。)

 

障害者の可能性を閉ざさない フィリピンたった1つの盲学校の挑戦

 |  リブログ(0)

テーマ:

図書館は、資本主義経済の中では存在しえないシステムを存在させるシステムだ。

本来ならば、商品として販売されている本は、個人個人が買わなければならないはすだが、無料で、本を読むことを可能にしているシステムだ。そのためには、たくさんの法律を作って、その存在を支えている。

資本主義経済の中に、経済活動ではない、空間をつくったようなものだ。

重力の存在する世界に、無重力の世界を生み出したような世界が、図書館だ。

しかも、それは、地域を越えて、世界中の図書と、時代を超えて、何百年も前の時代にも

そして、空想の世界にも、宇宙の果てまでも広がる異空間でもある。

 

 

 |  リブログ(0)

テーマ:

国際基督教大学の卒業生なのだが、全盲の人。、たった一人で、多くの人の未来を切り開こうとするという記事を見つけた。

クラウドファンディングをやっていますので、もし、協力できる人は、応援お願いします。僅かな金額でも構いません。

 

クラウドファンディング 目標 800万円で、現在 33万円です。
 

障害者の可能性を閉ざさない フィリピンたった1つの盲学校の挑戦


認定NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン  

http://www.ftcj.com/pressrelease/1117_psd

 

フィリピンの視覚障がい者の95%は通学経験なし! 全盲の日本人NPO職員が支援プロジェクト立ち上げ
http://www.ganas.or.jp/20161117blind/

 

 

 

 

 |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。