麻生泰オフィシャルブログ「過去は変えられない。でも、未来は変えられる。」Powered by Ameba

美容整形、豊胸、二重、眼瞼下垂、脂肪吸引、ヘアジニアス、発毛・育毛専門治療は、最先端医療の 【東京美容外科】 へ。

「きれいになりたい」 「かわいくなりたい」 という気持ちは、全ての女性の願いでしょう。
最新美容整形手術は、はかりしれない進歩を遂げたと言われています。しかし、決して魔法ではありません。
その方法が適している人に用いれば絶大な効果を発揮しますが、
そうでない人に同じ方法を用いてもさほど効果のみられないこともあります。
その施術方法の,その人なりの適応と限界を知ることが、整形手術成功のポイントとなります。
このブログは、日々、美容外科を専門に扱う現役医師が手術法の適応と限界について
誇大広告でない本音の情報を提供することを目的として作成しております。          - 麻生 泰 -

【麻生 泰プロフィール】 ⇒ http://www.tkc110.jp/user_data/doctor/asou.php
【東京美容外科公式サイト】 ⇒ https://www.tkc110.jp/
【東京美容外科AGA頭髪外来】 ⇒ http://www.tmcmen.net

テーマ:

東京美容外科鼻チーム(班)関連の第3弾です。

 

前回まではなぜ鼻チームを作ったのかについて触れましたが、今後は少し各論的なお話しをしたいと思います。

 

ジョン先生と出会ってから以前より、より多く韓国に行くようになりました。
レクチャーを受けたり、いろいろな病院に見学に行ったり、韓国の学会に参加したりしていく中で、現在の日本の鼻の手術と韓国の鼻の手術との違いといいますか、自分の今までの鼻の手術についての知識・考えが間違っていたと気づかされた事が多々あります。

 

その最大のものの一つは何かと言いますと日本では細いいわゆるシュッとした鼻を作る代名詞のようになっている手術法の鼻中隔延長手術なんです。

 

知らない方のためこの手術を簡単に述べますね。
鼻先を指で押さえると鼻の真ん中あたりに硬く触れる部分があります。

 

わかりにくいですかね??
うーんっ・・・
右と左の鼻の穴に親指と人差し指をいれてつまんでみてください。
真ん中に鼻の穴を左右に分けている硬い壁のようなものを触れると思います。
これが鼻中隔です。

 

 

これは実は軟骨といって普通の骨より少し弾力があり柔らかいです。
この鼻中隔が短いと短鼻と言って鼻全体が短かったり、外傷などで損傷されると鞍鼻といって鼻先がつぶれたような形態を示します。

 

日本ではほとんどないと思いますが、海外では覚せい剤を鼻で吸って、鼻中隔が溶けてしまって鞍鼻を起こす例もまあまああるみたいです(少なくとも私は見たことないですけど、日本でも最近いろいろと覚せい剤の話題は多いか・・・笑)。

 

話を戻しますと、この鼻中隔を延ばす手術なんです。
鼻中隔を延ばしますと、鼻先をツンと出すような効果、例えると鼻先につっかえ棒を入れるという感じです。よって、短い鼻は伸びて長くなりますし、丸い団子鼻もつっかえ棒を皮膚の下に入れるので鼻先が明確になり、術前より細い、いわゆるシュッとした鼻先が作れます。

 

この手術が普及する以前は、聞かれた事があるかもしれませんが、きれいな鼻先を作るためにはL型のシリコンプロテーゼを挿入して作っていたりしました。

 

 

しかし、このL型のシリコンプロテーゼなんですが術後初期はよいのですが、長期入れていると先端に圧がかかりますのでだんだん鼻先が上を向いてきたり(ブタ鼻)、先端の皮膚が薄くなってきて赤みが出たり、場合によっては皮膚を貫いて露出してしまうようなトラブルが頻発しました。

 

それに比べて、鼻中隔延長術は、通常、奥の方の鼻中隔の一部や耳介軟骨を採取して延長しますので、一番圧のかかる先端は自分の軟骨になります。

 

もともと自分のものですので当たり前ですが、生体親和性は抜群ですので露出する危険性などはよほどの場合を除いてありません。

 

この鼻中隔延長術を知ったのは確か十数年前の美容外科学会でベリテクリニックの福田先生が発表されていました。

 

自分の軟骨を使用し、出来上がりがL型シリコンプロテーゼをいれたようなシルエットで白人のような鼻であったので、すごく印象にのこっており、美容外科医として駆け出しの私もこのような鼻を作りたいと思いました(実はこの手術をみてすぐに韓国に教えてもらいに井上先生と行きました)。

 

 

また、少し道がそれますがその頃のベリテクリニックの先生方は今の私ぐらいのお年で開業間もなくの頃だったと思います。

 

東洋人顔を西洋人顔にするというコンセプトで輪郭形成や鼻中隔延長術を使った、その頃ではセンセーショナルな手術法を発表され、それまでの美容外科医の重鎮からすごくたくさんの批判を受けられておられましたが、言葉が適切かはわかりませんが、それにひるまない福田先生や中西先生のイケイケの姿勢を見て、その姿にも憧れていたような気がします(私や井上先生はなるべく学会などでは目立たないようにこそこそするというのがコンセプトだったので、笑)。

 

そうゆう私も、切らずに治す眼瞼下垂(オープンアイズ)を開発して発表した時には、批判を受けましたが今では受け入れられています。

 

しかし、十数年前では批判されていた事も時代が変われば変わるもんですし、新しいことは、始めは批判されるんですね。

 

また脱線しましたが話を戻しますね。

 

ここまでだけの話を聞けば “それじゃ、鼻中隔延長術はいいことばかりの最強の手術じゃん”と皆さんは思われると思います。

 

私も実際、以前はそう思ってました。

 

そして、L型シリコンプロテーゼを入れたいと希望される方や鼻先を延ばしたい、または鼻先を細く下方に下げたいなど希望される方には第一選択として鼻中隔延長術を提案していました。

 

 

しかし、最初の方で述べましたが、韓国に沢山行って、ジョン先生の手術を見学したり、韓国の鼻専門の学会に参加して知識が増えていく中で、鼻中隔延長術一辺倒のような日本の手術に疑問がわいてきました。

 

そして、当院の顧問のジョン先生にその辺のところを聞いてみたところ、衝撃的な答えをもらいました。

 

確かにジョン先生も私が質問した時点で『5~6年前までは9割程度鼻中隔延長術をやっていたよ。けど、今は1~2割程度の患者さんにしかやっていないよ。』って答えが返ってきたんです。

 

ほんとに衝撃的でした。

 

今回は脱線して長くなったのでその答えの詳しいことは次回の鼻のブログで書きますね。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
麻生 泰さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:

こんにちは、東京美容外科 麻生です。


今回は、大きすぎる胸の縮小手術に関して解説します。

 

胸縮小手術

 


 

胸の縮小手術とは

 

 

胸の縮小手術は、大きすぎる胸の乳腺組織や皮膚を切除し、体形に合う胸の大きさと形に整
える手術です。大きすぎて垂れてしまっている胸のお悩みを解決します。

 

 

胸縮小手術は切開方法によって乳輪周辺切開、垂直切開、逆T字形切開に分けられます。

 

 

乳輪周辺切開による手術は、乳輪の周りに円形の切開線を作った後、乳輪を中心に余分な皮膚と乳腺組織を切除し、乳輪の周りを縫合する手術です。

 

 

傷跡は乳輪の周りにのみ残り、徐々に目立たなくなっていきます。

 

 

乳房の肥大が軽度な方に適してますが、皮膚弾力が足りなかったり、胸の下垂の度合い
が酷い場合には不向きです。

 

 

垂直切開による手術は、胸の中央から垂直方向に皮膚と組織を切開し、内側の乳千組織を切除し、周囲の組織と皮膚を寄せて縫合することで、盛り上がった円錐形の胸を形作る手術です。

 

 

傷跡は、乳輪の周りと乳頭の下に垂直に薄く線が残ります。
胸の組織を利用して形を維持するので、手術後にも形が安定しやすいのが利点で
す。

 

 

乳輪周辺の切開よりも多くの乳房組織を切除できます。

 

 

逆T字形切開による手術は、乳輪周辺に皮弁を形成しつつ、乳房の下部の皮膚と乳腺組織を広範囲に取り除き、乳輪を皮弁とともに上に移動させ、乳房の形状・乳輪や乳頭の位置を調整し固定した後、皮膚を縫合する手術です。
切開の範囲が広いため、胸が特に大きい方や、弾力のなさや下垂でお悩みの方にお勧めです。

 

 

傷跡は、乳輪の下から乳房下溝に逆T字に残り、乳輪の周りにも残ります。
胸の大きい方で乳輪も大きい方は、同時に乳輪縮小も行います。


次回は、垂れた胸などの矯正手術に関して解説します。
豊胸・胸の手術なら、東京美容外科へお問い合わせください!
<フリーダイヤル>0120‐658‐958
http://www.tkc110.jp/yoyaku/

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
麻生 泰さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:

こんにちは、東京美容外科麻生です。
今回は、豊胸手術/バッグ挿入のための切開部位に関して解説します。

 

豊胸手術/バッグ挿入のための切開部位

 

 


 

切開する部位は腋、乳輪、胸の下、へその4通りがあります。

 

 

腋の切開は、腋の下のシワを2~4㎝程度切開してシリコンバッグが入るスペースを作る方法です。ケラーファンネルというロート型の挿入器具を使うため傷口も小さくて済みます。
日本では多くの患者様は見える場所の傷を嫌うため、ほとんどのケースは腋から行われます。

 

 

傷は腋に残りますが、実際はシワにまぎれて目立ちません。

 

 

乳輪周囲の切開は、乳輪と皮膚の境界線に沿って2㎝程度切開し、シリコンバッグが入るスペースを作る方法で、乳輪の直径が3.5㎝を越える場合が望ましいです。
乳腺組織を傷つける可能性があるため、現在ではあまり行われません。

 

 

乳輪の色素沈着の部分のため傷はあまり目立ちません。

 

 

胸下のシワ(乳房下溝)からの切開は、胸と上腹部の間の境に生じるシワを2~4㎝程度切開し、シリコンバッグが入るスペースを作る方法です。
特に大きなバッグの際に、腋からでは挿入が困難な場合に用いられる方法です。
二重平面などの緻密な手術の際にも用いられます。

 

 

大きくなった胸に隠れるため、傷はほとんど目立ちません。

 

 

へその切開は、へその上のラインに沿って皮膚の内側を切開し、乳房の下側の上腹部に皮下トンネルを作り、乳腺組織の下や大胸筋の下にバッグが入るスペースを作って丸めたシリコン袋を入れる方法です。
生理食塩水バッグにて用いられていた方法で現在はあまり使われません。
 

 

胸まわりに傷ができないのが特徴です。
現在では、腋や乳房の下からの挿入が一般的で、それもシリコンバッグの位置にも関係します。
いずれにせよ極力目立たないように施術を行いますのでご安心ください。


次回は、大きな胸を小さくする、胸縮小術に関して解説します。


豊胸・胸の手術なら、東京美容外科へお問い合わせください!
<フリーダイヤル>0120-658-958
http://www.tkc110.jp/yoyaku/

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
麻生 泰さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:

こんにちは、東京美容外科 麻生です。

 

今回は、豊胸手術に関して解説します。

 

豊胸手術

 


 

豊胸手術とは?

 

 

胸が小さい、垂れたている、谷間を作りたい、丸みを帯びたバストにしたい、左右の大きさを揃えたいなどと、胸に関するお悩みは尽きません。それらのお悩みに対して、体形に合わせて胸を美しく大きく整える手術が豊胸手術です。

 

 

豊胸手術では、主にシリコンバッグまたは自家脂肪を利用し、胸を大きく整えます。
他にシリコンバッグと自家脂肪を組み合わせたハイブリッド豊胸や、ヒアルロン酸を注入するプチ豊胸もあり、患者様の胸の状態とお悩みに応じて最適な方法をご提案します。
 

 

 

シリコンバッグを使った豊胸手術は、バッグの位置とバッグを挿入する切開部位によって手術方法が異なります。
 

 

 

胸は乳腺組織と大胸筋で構成されており、シリコンバッグを挿入する位置や深さは胸を形作る上で重要になります。

 

豊胸手術/シリコンバッグの位置

 

 

 

シリコンバッグを挿入する位置については、乳腺組織の下、筋膜の下、大胸筋の下、二重平面(デュアルプレーン)があります。それぞれ患者様の元々の胸の大きさや脂肪のつき方を考慮したうえで最適な位置をご提案します。

 

 

乳腺下法は、シリコンバッグを乳腺組織のすぐ下に入れる手術です。元々乳腺が発達している方、胸の皮膚や皮下脂肪が厚い方、出産や授乳のために胸にハリがなく下垂している方に適しています。感触が柔らかく、自然な仕上がりになりますが、触った時に豊胸バッグの感触が分かる可能性があります。乳腺自体を切開したり切除している訳ではありませんので、将来的な妊娠や授乳には支障ありません。

 

 

 

筋膜下法は、シリコンバッグを大胸筋を包んでいる筋膜組織の下に入れる手術で、筋肉が発達している人に効果的な方法です。乳腺下に直接バッグを挿入しないため、乳腺を傷つけてしまうリスクも軽減され、乳腺下法に比べバッグの形が表面に浮き出にくくなります。

 

 

 

大胸筋下法は、シリコンバッグを大胸筋の下に入れる手術で、筋肉がバッグを包んでいるため感触が自然で、触れても気づきにくいです。痩せ型で乳腺が発達していない方、胸の皮膚や皮下脂肪が薄い方に適しています。

 

 

 

二重平面法(デュアルプレーン)は、大胸筋の一部を切開し、シリコンバッグの上の部分は大胸筋下に置き、下の部分は乳腺下に置く手術です。バッグが頭側にずれるのを防ぎ、大胸筋下法よりも大きなバッグを入れることも可能となる、比較的新しい手術です。小さくて垂れている胸を大きく自然な形に作り上げることができ、胸の筋肉の収縮のために起きるシリコンバッグの変形を防ぐことができます。このようにシリコンバッグによる豊胸手術には、患者様の胸の状況に合わせて向き不向きがあります。

 


東京美容外科では、患者様に合わせて最適な術式のご提案を行っております。


次回は、豊胸手術/バッグ挿入のための切開部位に関して解説します。


豊胸・胸の手術なら、東京美容外科へお問い合わせください!


<フリーダイヤル>0120‐658‐958
http://www.tkc110.jp/yoyaku/

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
麻生 泰さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:

僕が統括診療部長を務めているAGAスキンクリニックの2015年度CMに出演してくださった篠崎 愛さんがなんとNHK総合『NAOMIの部屋』にて「今年注目のソロ・アーティスト」として出演するそうです。


放送は8月3日(水)深夜25:25スタート!


かっこいいダンスと歌を披露するそうです!楽しみですね!


実は僕もCM出演していて、歌声も聴いているので、、
CM中は歌を披露してくれたんですが、愛らしい雰囲気からは想像できないくらいしっかりした声で、 本当に歌が上手いんです!


篠崎さんの歌声是非聞いてほしいな~(*^_^*)

 

 

↑AGAスキンクリニックCM

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
麻生 泰さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み