クリスマスの息子たち

テーマ:
クリスマス。
長男次男は去年まで当然のようにサンタさんに手紙を書いてプレゼントをもらってたけど、今年は2人とも無言でやめた。
中2と中3は、本当に違う。
息子たちを見てると、子供と大人の境界線は中2と中3にあったと実感します。

三男の模試の国語の偏差値が見たことない数値で驚く。
なんだそりゃ。

次男は今日からアンコン合宿に。
今年は相当しぼられるでしょう。
先日奏でた演奏はすでにかなり高度だったから、先生は欲張るだろう。
次男は一番たくさん吹くパートだから大変だね。
今年はまだ一度も褒められてないなだって。笑

長男は今日から部活も休み。
年末年始無限の暇に突入。
僕は将来どうするのかな。
韓国好きだから、みんなにそのうち韓国に行くんじゃと言われたけど、行くのかな。
(次男の様子を見て)何か夢中になれるものがあるといいけどな。
なんて言いながら、睡眠をとり、ゴロゴロしてます。

そんな3人。
AD

無謀なのか?

テーマ:
前からその傾向があるけど、最近とみに規格外だと言われることが多い。


勇気があるというよりは無謀だから
普通そこでそんなことできないから


と言われる。

なんでか。

まずはあんまり人の言うことを聞かないんだけど、いいと思うことはかなり素直に取り入れる。
周りを見てると、「それ、いいですね」と言いながら、そういうのに限ってほぼやらない、代わりにやれと言われたことだけあまり意味を考えることなくやる、ってのが多い。
なので、私の価値観では、私の方がずっとまじめに物事に取り組んでる(人から見るとちがう)、わりとある程度まで結果が出やすい。
それを結果だけふりかえると、普通そんなことしないよねという見え方になったりする。

また好奇心が強い。
同じことをやってるとすぐに飽きちゃう。
次の展開がだいたい想像できるようになった時点で飽きちゃう。
なので新しいことをやろうとすると、どんどん無謀領域にも到達する。

みんなに嫌われるかもとかそういうことに関して、比較的無頓着だ。(もちろんあまり嫌われなくはないけどね。)
これは家族のおかげ。
親も兄弟も夫も息子たちも、私がちゃんと考えて行動することに対して、全員ついてきてくれる自信がある。
家族は強さの源泉になる。
無謀だと思えることをやれるのは、この部分が大きい。

最後に、上記の性格や状況により挑戦する機会が増えるわけだけど、挑戦してるときに幸運の風が吹きやすい。
逆に守りに入ったときは幸運の風は吹かない。
だからできるだけ挑戦する。笑



一昨年、仕事には幸運が必要で、幸運を呼び込むためには3つが大事だ、とスピーチした。

  現状に満足せず挑戦し続けること
  自分の利益のためではなく人のために動くこと
  ワークライフバランスを大事にすること

ちょっとかぶる部分とかぶらない部分がある。
考えながらまたまとめていこう。

AD

成績と演奏

テーマ:
最近次男ネタが多い。
また次男ネタ。

中間テストの結果はよし。
久しぶりにアンコンの演奏を聴いたら、かなりうまくなっていた。
これからが正念場。がんばれ!


先日お説教した件は、あまり何も言わないけど、彼なりに実践してるらしい。
ただ同級生のリーダーとぶつかると一歩も引かないらしく、強気な面を見せている。

次男って昔は私に似たとこのない人だと思ってたんだけど、やっぱり最近似てきたのかもしれない。
その強気は私では?笑
私も生まれつき強気なわけじゃないもんな。
思ったよりたくましく生きていくタイプなのかもね!
AD

次男にお説教

テーマ:
人にお説教する次男をどうかと思ってたけど、またしても疑問を呈する発言が。
下級生に対して優しさのない発言。

今度は私が次男にお説教。
1年生のときはアンコンに出たかったのに選ばれないぐらい下手で、2年生だってメインじゃなかったろ。
今年はファーストかもしれないが、そんな風にうまくなかった次男がファーストやることに意味があるんだ。みんなの気持ちがわかるはずなんだから。
それをまるで昔からうまかったみたいに人の演奏を認めないでどうする?
アンサンブルは1人だけうまくてもダメなんだ、それを去年学んだんじゃないか?
去年お前のパートをバカにした人がいたか?
去年お前の未熟な演奏をバカにした人がいたか?
そうやって8人が力を合わせて演奏したから心に響いたんだ。
今年のお前は、自分がうまいと勘違いして、人の演奏をなんだかんだ言って、アンサンブルをやる資格なんかない!
みんなでいい演奏ができるかどうかは、リーダーが誰であろうと、ファーストのお前の責任だ。
どうやったら1年生2年生がいい演奏ができるかを考えろ。
それもファーストのお前の仕事だ。

てな感じで、一気にまくしたてた。笑


一応神妙に聞いてた。


関係あるかどうかわからないが、今日は先生からほめられた。
間接的に。
去年は、何回も練習しなくちゃならないことに辟易として文句を言ってた次男が、今年のトップです、今は別人ですだって。
去年文句を言ってたのが笑えるですって。

今年の次男は本当に恵まれていて、去年に引き続き出るメンバーの中で、数少ない違うパートをやらせてもらってる。
それだけ可能性にかけてもらってるってこと。
成長しなきゃ申し訳ないのですよ。

お説教する次男

テーマ:
次男が友達にお説教したら、泣いちゃって、でもあとから「喝を入れてくれてありがとう」とメールが来たんだとか。
えー、そうなの?と思いながら聴いてたら、「人に説教したの初めてだな。ママとパパがいつも言ってるみたいなことがどんどん出てきてびっくりしたよ。親ってすごいもんだなと思った。」と言い出す。


んー。大丈夫かな?
しっかりはしてきたんだけど、優しさもちゃんと残してるかな?
とにかく次男はアンサンブルコンテスト命すぎて、人にも厳しくなっちゃう。
大丈夫かな?

長男は三男によく説教してるが、外ではやってないらしい。
成長したらしたでね。大変だわ。