勝てないときこそ

テーマ:
吹奏楽コンクールは思っているような結果はえられませんでした。
でも挑戦できたこと、いい演奏ができたことから、よかったんじゃないかと思います。

実は密かに年初から、今年は辛い年なんじゃないかと思ってました。
私の仕事でも、次男のコンクールでも、ここ数年にない負けがこみました。

そういう年もあるんだよね。
以前言われたのは、そういうときこそ振る舞いが大事だというもの。
腐らないこと、前を向くこと、挑戦すること。

そのうち勝てる日も来るさ。

AD

教育ママにならない選択肢

テーマ:
東大理IIIに子供を4人入れたお母様の話。
いや全くすごい。
理にかなっている。
素晴らしいと思いました。

先日高校の友達に何十年ぶりに会い言われたことの1つ。
「子育てに集中したらかなりの成果を出しそうだけど、そうしないんだね」
なるほど。
私はだいぶ昔から、下手したら自分が子供の頃から、教育ママにだけはならないと決めていた。
私は間違いなく猛烈な教育ママになり、それは子供にとってよくないだろうと思っていたから。

ふと、なんで勉強をがむしゃらにやらせる教育ママが子供によくないと考えたんだろう?と思った。
私は教育ママに育てられたのに。
半分以上直感なんだけど、これから教育ママの教育が通用しない世の中になるだろうと思ったのか何か、ほぼ確信だったし疑わなかった。

よく考えると、一般的には自分が受けた教育を是とするケースのが多いよね。
私はあまりそうじゃない。
親が知らない職業を選んだし、それが本当によかったと思うから。
親がサジェスチョンする職業はどうしてもオールドファッションだからね。
そうやって親の意見に左右されて、最適な職業選びができない人はたくさんいる。
そんな親に私はなりたくなかった。
どちらかというと、親になっても最前線で、こんなのがこれからはいいよって子供と話したかった。
子供の先進的な感覚を一緒に味わう大人になりたかった。
だから今の私がいる。

なんというか、今更なんだけど、あまりにも迷いがなかったことに気づいて不思議な気分。
神のお告げかな。
いいか悪いかはわからないけどね。

AD

感情のバランス

テーマ:
仕事では責任があったり、肩肘ははってないけどがんばらなきゃならなかったり。
それが嫌なわけでは全くないんだけど。
反動なのか、前よりも、家では感動したり、涙を流したりしたくなる。
自分にもそういう感情があることを確かめたくなる。
別に精神に支障をきたしてるわけでは全くなく、どっちも私で、どっちも大事にしたいだけ。
バランスを意図的に取りたくなる。

どんなに仕事をしても、人間としての原点は大事にしたくて、その思いがあるからかな。

でもおかげで、だいたいいつも穏やかな心でいられてる。
ありがたい。
AD

映画ドリーム

テーマ:
昨日、仕事の関係で、ドリームという映画の試写会に参加させていただきました。
よかった。
最初から最後までずっと共感と感動でした。
1960年代前半。
NASAで働く黒人女性たち。
能力が恐ろしく高く、差別をうけてもほとんど感情的にならず、賢く権利を勝ち取っていく。
そして、ロケットの有人飛行のコア部分に貢献していく。
第一人者は大事だという言葉は胸にしみました。

白人用トイレとそれ以外に分かれていて、トイレまで遠い距離を走って移動しなきゃならないシーン、何度も出てきたけど、私が大学のとき、トイレが4階にしかない校舎があったなーと思ったり。
多忙を極めて家に帰ると子供たちが騒いでたり。
ご主人たちも応援してくれたり。
いろいろ共感ポイントがありました。

彼女たちみたいに強ければ、いろんなことができそう。

個人的には、両親がちょうどアメリカに住み、兄を産んだ頃のアメリカの実話で、かつ女性の話。
母が完全にアメリカに感化され、これからは女性は成功しなきゃ、娘はそう育てなきゃというのが体感でき、私自身の原点をも感じました。

9月公開ですが、オススメです。
絶対に見てください。

体づくり

テーマ:
ジムは頻度はさほど高くないけど続いてます。
続けるのは大事。
それほどハードにやってないから、変化を感じるのが遅くなったけど、最近体幹がしっかりしてきた気がする。
相変わらず、仕事時の環境が悪いので、肩こり等の不具合はあるけど、姿勢を保つことはだいぶできるようになったと思う。
食べすぎても何とかなるようにもなり、体型も安定したかも。
若い時は細くてもいいけど、ある程度の年齢がいくと、ギスギスした感じを与えてしまうこともある。
特に私は色も黒いしね。
実際、若いときみたいに細くないから心配いらないか。笑

タンパク質を意識してとるようにしてる。
タンパク質を摂ることで、炭水化物に頼りにくくなるし、体や肌を健康に保てる。
運動して食べて、食べて運動して…ですね。



続き。
学級委員の価値を初めて認識した小4。
なるほど、意外と楽しいもんだと思いはじめた。
児童会の手伝いとかそういうのもやりはじめたな。
親には怒られた、そんなことばっかりやってんなって。
理由はよくわからないけど。
私がようやく一人前の自覚を持ち、それを楽しいと思うようになった経験だったのにね。

それから社会人になるまで、だいたい影のリーダー的な役回りが多かった。
生れながらの末っ子体質はかなり根強かったのかも。
というわけで、結果的に学級委員が一番のリーダー教育だった。

本格的なリーダーは社会人になってからかもな。
リーダーだから偉そうにするとか、そもそもリーダーは偉いとか思ってないのも、リーダー職にいようがいまいが実権を握らなければ、人々がついていきたいと思わなければ意味がないという考え方も、上記の経験に基づいてる。

そして元来がリーダーじゃないから、かなり肩の力が抜けすぎてる。
リーダーらしくないという人もいるだろうが、これが私だ。


軸はぶらさずに

テーマ:
残念ながらいい人、成熟した人、バランスの取れた人ばかりではない。
きちんとメールを書いたのに無視する人もいれば、私を宛先に入れないメールで悪口を書く人もいる。
そしてどちらも社会的地位がある方々。

そのような方々にも、もちろんきちんと対応はするけど、無茶な要求には応えないとか、何かあったときに優先的に対応はしないとか、そういうのはこちらの行動として全うだと思う。
だから本当は先方にも何もメリットはないのだ。

そして「人のふり見て我がふり直せ」であり、学ぶ機会を与えていただけたとも考えられる。
ポジティブに考えればね。

少なくとも、私は引きずられないようにしよう。
同化しないようにしよう。



その後。
気づいたことが。
身内に敵がいるのかもしれない。
だとするとだいぶ話が理解できる。
先日、足の引っ張り合いでいろんなことが起こる話を教えてもらった。
そういうのの1つかもね。

であればなおさら、同化しないようにしよう。

生きるということ

テーマ:
小林麻央さんが亡くなったのは非常に悲しく、一度もお会いしたことがないのに涙がたくさん出ました。
いつもblogをチェックして、前向きで感謝を忘れない内容に、私も前を向いて歩かなきゃと力をもらってました。
あんなにたくさんの人に感動を与えられる人が早く亡くなるなんて、本当に残酷です。
この世に生きていることの大切さを改めて感じている日々です。
ご冥府をお祈りします。



私は、ただひたすら走りすぎる人生に、こんなに走ってていいのかなと思うことがあります。
山を登っては頂上に着く前に、もっと高くて複雑な山を目指すことになり、でも一度登り始めた山を途中で降りられないから、一旦登る、でも頂上に着く前から「あなたのいる山はそこじゃないでしよ」と言われ、「さっさと頂上に行って、こっちを登り始めなさい」と感動のない頂上を味わってからまたゼロからより高い山を目指す。
なんとなく私の人生っていつもこう。
いつまでも終わりのない旅です。
でもそうすることで、明日も生きなきゃと思ってる感じでもあり。
自分が望んでこうしてるのかなとも思う。

なんにせよ、そんな私を見て、見てるだけで疲れながら楽しむ人がいたり、そんな私を見て、あんなにやれるなら自分もやれそうと思う人がいたり。
そうやって人々に影響を与え、私も影響を受け、生きてると、まさに人類が発展したのは、こういうことをお互いにできるからだなと考えたり。

他人のためではなく、自分が何をしたいかを考えなさいと言われたりするけど、これは世間体とか、他人から見た自分のステイタスより、自分のやりたいことという意味だと思う。
自分のやりたいことは究極的には何かと考えれば、人類に少しでも貢献できることなんだよなと私はあるとき明確に気づき、それからは他人の目は一切気にならなくなったし、自分の立場に対する不平不満を言うこともほとんどなくなった。
そしてひたすら山を登り続ける。

だからいいんだろうなと思う。
自分の人生をよりよく生きてるんだと思う。

いろんな仕事

テーマ:
たまにあるんだよね、めちゃ忙しいとき。
最近頻度が上がってるかも。
先週から今週にかけては本当にだいぶ忙しい。

先週は女性のグローバル会議があり、会社がスポンサーをしたのでそれに代表で出席。
刺激的だったけど疲れた。
並行して、研修の講師もやったからか、かなり肉体的にもこたえた。
でもあまり休むことなく、今週になり、会社の本国から偉い外人が来てるので、ただでさえお客様と会うのに忙しいのにさらに忙しくなり。
先週もだけど、英語を使うことが増えてきて、英会話レッスンの成果も出てきて、とりあえず英語で話すのにはあまり困らなくなった。うまいわけじゃないけど。
かつては外人への説明は資料を事前に作り、話す内容を考えて英語に訳すとこまでしておく必要があったのに比べれば格段によくなった。
聞き取れないことはあるけどね。

さ、あと少しがんばろ。

スクワット

テーマ:
GW中に、実は前から始めたかったスクワットを始めました。
だいぶ前、ジムに通う前に、スクワットをやろうと思ったけど、きつくてできず。
一旦忘れて、ジムに通って、筋トレを続けてました。
で、GW食べ過ぎたし、時間もあるし、スクワットでもやるかーと思い実行。
今度はできたんだけど、しばらくひどい筋肉痛に。
仕事に行く日だとちょっときつかったかも。笑
続けてたらちょうどGW明けには筋肉痛がない狀態に。

仕事中は、通勤はもちろん、日中もPCを持って電車に乗って、結構な距離を移動するのですが、GW明けは負担が少なくなった気がします。
やっぱり噂通り、スクワットは効くかも。