ketchup 36oz. on the table ~フードアナリストの小さな日記

映画中心のブログだったのですけれど、突然トラックバック機能がなくなってしまって…。どうしたものかと思っていたのですが、とりあえずコチラはコチラで再開します。料理のこと、お酒のこと、レストランのこと…“FOOD”な話題を語っていきます。


テーマ:

『イーグル・アイ』
製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ、エドワード.L.マクドネル
監督:D.J.カルーソ
出演:シャイア・ラブーフ、ミシェル・モナハン、ロザリオ・ドーソン、マイケル・チクリス、アンソニー・マッキー、ビリー・ボブ・ソーントンほか
配給:角川映画、角川エンタテインメント



eagleeye

(C) 2008 DREAMWORKS LLC. All Rights Reserved.



スティーブン・スピルバーグが長年にわたって構想を暖めていた題材-

それが映画の最大のウリになっているわけなのだけれど―。


そして、主演のシャイア・ラブーフは

『トランスフォーマー』、『インディ・ジョーンズ』に続いての、

スティーヴン・スピルバーグ作品。

気に入られてるんでしょうね、きっと。


この“超大作”と謳われるサスペンス・アクション、

冒頭部分の“どこかで、何度も、観たような”シーンに、ちょっと消沈。

それで題名が“イーグル”なものだから、

えっ、あの手のテーマなの?って。


でも、そこは天下のスピルバーグなのだから-と、この先の展開に期待もしつつ…。


無理な設定はありながらも、さすが前半はテンポよく進み、

それなりに迫力あるシーンに引き込まれていく…


ここまでは、予告編どおりの展開で、魅せてくれる。


そう、この映画は“予告編が良く出来ている”んです。



着想は面白いのだけれど、肝心の本編が

なんだか陳腐で古さを感じてしまうのは何故なのだろう。


いや、何故なのかはわかってるのですけれど。


最後まで、“どこかで、何度も、観たような”感覚が尾を引き、

クライマックスあたりで、決定的にがっくりする仕掛けには、別の意味でびっくり。


10年前なら、傑作と言われたのかも。

いや、7年前でも楽しめたかも。



スティーブン・スピルバーグが長年にわたって構想を暖めていた題材-


構想を長いこと持ってるままにしちゃうと、いけませんね。

映画はワインじゃないのだから。



それにしても今のハリウッド、

このくらいの脚本でも企画が通ってしまうのだろうか。

それが、スピルバーグの名の下に…であることが、なによりも哀しい。



イーグル・アイ プレミアムナイト “一夜限りの試写会”


イーグル・アイ 映画オフィシャルサイト


イーグル・アイ - goo 映画


イーグル・アイ@映画生活


2008年10月18日(土)丸の内ピカデリー1他 全国ロードショー


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。