みんなといっしょに日本一周

応援してくれるみんなといっしょに、
自転車で日本一周する緑の人の物語。


テーマ:
【天気】雨のち雪(今シーズン初雪)
【走路】R2
【現在地】広島県竹原市
【宿泊地】道の駅「たけはら」

【走行距離】77km
【総走行距離】11891km

【話しかけてくれた人】1人
【総計】659人

【出費】1200円
【内訳】カブトガニ博物館、おはぎ

【特記事項】---
【走破地図】
みんなといっしょに日本一周-map

+-+-+-+-+

感動の余韻を胸に、朝まで爆睡。
道の駅の快適さもあって、8時すぎまでゆっくり眠れた(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-1
起きたらまだ風が強い。スカートがめくれないか心配だ(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-2
昨日は暗くて全然気付かなかったが、道の駅のすぐ近くにカブトガニ博物館。
今日は距離が短めで比較的観光時間があるから朝9時の開館を待つ。


みんなといっしょに日本一周-3
博物館前は公園になっている。これが特色あるところだから先に見ておこう。


みんなといっしょに日本一周-4
原寸大の恐竜のオブジェ(・`д・´;)
研究における推定の大きさや色をそのまま再現しているらしい。
プロントサウルスは体長21m。


みんなといっしょに日本一周-5
なぜカブトガニ博物館の前の公園で恐竜?という質問はナシにしてくれw
ディプロドクスは陸上・水中ともに生活しやすい形態。


みんなといっしょに日本一周-6
公園そのものは博物館とは別扱いだから無料で入れる。
朝からお子さん連れの姿もちらほら。恐竜キングが流行った頃は人気だっただろう。
足はヒレ状に進化している水中恐竜エラスモサウルス。


みんなといっしょに日本一周-7
どいつもこいつも顔が公園外や木の方ばかり向いており写真写りがよくない。
群れで生活するイグアノドン。


みんなといっしょに日本一周-8
そういえばカブトガニはどうしたのか。そんなことも感じ始める公園散策。
プロトケラトプスの化石は巣・卵・幼体・成体が揃って発掘されたらしい(・`д・´;)


みんなといっしょに日本一周-9
恐竜界のスーパースター、ティラノサウルス。
恐竜キングでは『金色』のカードで、持ってると崇められるw


みんなといっしょに日本一周-10
と、とてもかなう相手じゃない...(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-11
8mもある体でばさばさ飛んでるプテラノドン。
ドラクエ4で集団で出てきてギラをやられると全滅する危険アリ。


みんなといっしょに日本一周-12
じゃー、改めてカブトガニ博物館を探検!!!入館料は520円だった。

ちなみに、ここからはカブトガニ画像が大量に出てきます。
グソクムシとかフナムシとかゴキブリとかダンゴムシが好きな人ならいいけど、
そういうのが苦手な人は見ないほうがいい内容もあります。



みんなといっしょに日本一周-13
飼育棟と展示棟に分かれており、まずは飼育棟に行ってみた。


みんなといっしょに日本一周-14
水槽がこけむして汚れててわかりにくいす...(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-15
後から知ったけど、甲羅の上のギザギザにある黒い点がおめめだそうで(・`д・´;)
カブトガニの目って甲羅の下にあるのかと思ってたわ。


みんなといっしょに日本一周-16
ぴぎゃぁぁあぁぁあぁああぁ!!!!!おえぇぇえぇえぇええ!!!(´;ω;`)

いわゆるタッチングコーナーだが、エサのゴカイが常時放置でキモい&くさい(´;ω;`)
カブトガニのキモさも加わってまさにエイリアンにしか見えない(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-17
おっっっうぇぇぇぇええぇぇえ!!!
ときどきピクンと動くカブトガニ、底でうぞうぞ動くゴカイ。
まさにカブトガニの楽園やでぇ(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-18
小さいコイツが手のひらサイズ、でっかいのが手を2つ横に並べた大きさ。


みんなといっしょに日本一周-19
勇気を出してタッチング(´;ω;`)
つるぬめで固い甲羅、押したら嫌がって動く仕草、底でうぞめくゴカイ。
全てがキモエグワンダーランド状態(´;ω;`)
もちろん、手を洗う前にしっかりにおいだぞ!!!生臭いぞ!!!


みんなといっしょに日本一周-20
キモい施設やな...こんなとこに520円も払ったんか...他も期待できひんな...
そう思いながら展示棟へと足を運ぶ。


みんなといっしょに日本一周-21
4つ並んだアメリカカブトガニの水槽は全てカラ。
砂の中に隠れてたんかな?


みんなといっしょに日本一周-22
オウムガイの水槽は準備中。
入っていきなり2連続で何もない水槽が続いたから、大体のレベルがわかってしまう。


みんなといっしょに日本一周-23
海遊館にもあった、ホオジロザメの歯。上下の歯間が2m近くある(・`д・´;)


みんなといっしょに日本一周-24
ここのメインはカブトガニの大水槽でしょう!!!


みんなといっしょに日本一周-25
フリスビー大のカブトガニが2匹寄り添っている。
背中の赤いのは識別番号。


みんなといっしょに日本一周-26
ひっくり返ってるやつもいる。足がキモすぎエイリアン(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-27
おててよりも一回りもふた回りも大きい。
成体になると泳ぐことはほとんどなく、這って進むらしい。


みんなといっしょに日本一周-28
たぶん、口の中から口が出てきたり、緑の液体吐いたり、
エレベーター開けたら中に潜んでいたりする。
胸の中から肉を食い破って出てくる場合もあるから注意な(´;ω;`)
久しぶりにエイリアンの映画見たくなってきたわw


みんなといっしょに日本一周-29
エイリアンのオス・メス・子どもの見分け方。
子どもが15回脱皮するとオスになり、16回脱皮するとメスになる。

オスは甲羅の左右にへこみがあり、前2本の足はカギ爪になっている。
メスは甲羅が球状に丸くへこみがなく、前2本の足がハサミになっている。


オスはカギ爪でメスの甲羅をつかまえてつがいになる。
そこまで解説してくれているから、改めて大水槽を見に行くとより楽しめる!!!


みんなといっしょに日本一周-30
こいつはへっこんでるし、後ろからメスを捕まえてるからオスやな。


みんなといっしょに日本一周-31
捕まえられて逃げようとしてるこいつはメスか。
ちなみにメスの方がオスよりも一回り大きいサイズ。


みんなといっしょに日本一周-32
まだひっくり返っとったんかいなw

ってことは、ひっくり返ったら起き上がられへんの?死ぬの?
後の展示で説明があったが、長く伸びる尾(尾剣)が水中移動の舵の役割をし、
ひっくり返ったときも尾剣を反らせて起き上がるらしい。
残念ながら起き上がる場面は見られなかった。


みんなといっしょに日本一周-33
カメとか魚とかの化石。


みんなといっしょに日本一周-34
展示棟の中央はシアターになっていて、自動で映像が流れっぱなし。


みんなといっしょに日本一周-35
カブトガニ誕生の頃の化石なんかな?
たまに置いてある化石の意味がいまいちわからん。


みんなといっしょに日本一周-36
それにしてもキモい(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-37
カブトガニの進化の説明。
クモやサソリと祖先が同じで、共通点もいくつかあるんだとか。
キモいグループですね...(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-38
カブトガニ誕生から各地に広がる道のり。
現在は地球上に4種類がおり、北アメリカと東南アジアにのみ生息している。
日本では瀬戸内海近辺で網にかかる。


みんなといっしょに日本一周-39
種類ごとに展示されてあるが、とにかくでかい(´;ω;`)
いちばん大きいやつでピザのLかLLサイズくらいの大きさ。


みんなといっしょに日本一周-40
左がメスで右がオス。こうやって見ると差が歴然としている。


みんなといっしょに日本一周-41
レバーを操作してカブトガニの尾剣や手足を操作できる展示。
悪趣味すぎて大喜びしたが、調整不良か動きが悪い(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-42
展示もひとつひとつ興味を持って探索すれば意外とおもしろい。


みんなといっしょに日本一周-43
体のつくりや内臓・血液についての説明も詳しい。


みんなといっしょに日本一周-44
こうやって見るとクモにしか見えんわな。
1本1本が別々の動きしてうぞうぞしてるんやで(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-45
模型とわかっててもキモい(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-46
海で泳いでるときにこんなやつがおったらと思うと...(´;ω;`)
しかし安心してほしい。近海にいるとはいえ、水深12~13mほどだそうだ。
海水浴に行って出会うようなやつらじゃないぞ!!!


みんなといっしょに日本一周-47
卵から生まれる前のカブトガニの状態。


みんなといっしょに日本一周-48
ときどき中で幼体がくるりと回転して気持ち悪いw
成体になるとゴカイをエサにするのに、幼体はゴカイに食べられてしまうらしい。


みんなといっしょに日本一周-49
何年でどれくらい成長するかを示す年表。


みんなといっしょに日本一周-50
1,2年だと指先ほどの大きさしかないのが意外。
生まれたらガンガングングンズイズイ成長するのかと思ってたw


みんなといっしょに日本一周-51
10年15年経ってようやくこのサイズ。
ということは大水槽の彼らもこれくらいの年月を生きてるわけか。


みんなといっしょに日本一周-52
カブトガニの血液から、毒素検出用の薬が作られているとのことで、
我々人間にとっても有益な存在であることを自覚しよう。

エイリアンだの宇宙人だの言ってバカにしてはいけない(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-53
2階部分には恐竜の展示もあるが、なぜなのか全然わからん。
起源の古いものつながりなんだろうか(・`д・´;)


みんなといっしょに日本一周-54
人間がすっぽり口におさまる大きさのものが、壁にどかーーーんと飾られている。


みんなといっしょに日本一周-55
しぎゃぁぁあっぁぁぁあぁっぁぁあ!!!
外のオブジェ同様、原寸大で大迫力の恐竜の襲撃に、
あなたはおしっこ漏らさず耐えることができるか!!!



みんなといっしょに日本一周-56
まぁ、お子さんにとってはカブトガニなんてどうでもいいだろうし、
恐竜見て喜んでくれるならそれでも家族サービスは成功といえよう。


みんなといっしょに日本一周-57
手を入れたら噛まれる仕組みだったらどうしようとか考えながら手を差し出す。


みんなといっしょに日本一周-58
いきなり現れるぬりえコーナーに心の高揚を隠しきれない。
他に客がいない今なら、童心にかえって思う存分ぬりえできるぞ!!!


みんなといっしょに日本一周-59
壁を埋め尽くすほど並べられたぬりえには、カブトガニの姿はなかった...(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-60
ちょっとシアターでも眺めつつ休憩しようかね。


みんなといっしょに日本一周-61
全部で100人は収容できるほどの広いシアターでは、
古い映像が延々流れているだけでもったいなかった。
バレーのワールドカップとか写してほしいw


みんなといっしょに日本一周-62
カブトガニのことも少しわかって、最後にお別れを言いにいく。


みんなといっしょに日本一周-63
グロい外観はきっとファンを増やすことであろう...(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-64
こいつは1時間近くずっとひっくり返ったまんまだった。
10時間かけてゆっくり起き上がるような生活なのかもしれないw


みんなといっしょに日本一周-65
隣にいるおまえも、いい加減助けたれよw


みんなといっしょに日本一周-66
受付ではささいなおみやげものも。
ポストカードやクリアファイル、ストラップ、マグカップなど。
安いけど、カブトガニポストカードって送られてどうなん?w


みんなといっしょに日本一周-67
カブトガニ博物館の520円が高く感じられ、昼ごはんは丸亀で安く済ませる。
初のうどん・ご飯のコラボで400円(*´v`*)
どっちがどっちかわからんやろーwww


みんなといっしょに日本一周-68
少し走って広島入り。距離が短いからと油断していたら風が強すぎて泣ける。


みんなといっしょに日本一周-69
撮った写真整理しながら、風がおさまるのを待とう。
結果的にいえば、これが大失敗であった(´;ω;`)

風がおさまるどころか、少し強くなっている。
しかも気温が下がって雪が降ってきた。
これは予定通りに着くのは不可能やで...(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-70
追い打ちをかけるようにバイパス道路出現。
車専用だからチャリは迂回しないといけない。地味にうっとうしい。


みんなといっしょに日本一周-71
恒例のノンストップノンおしっこで激走。
しまなみ海道は次回渡るから今日の日はさようなら。

ということは、しまなみから先、ここからはもう通らないつもりで
観光場所があれば随時寄らなければならない!!!



みんなといっしょに日本一周-72
尾道駅は近代的な感じ。
この時点で残り距離が長く、明るい時間に到着するのは無理になった。


みんなといっしょに日本一周-73
実家の湖西線と同じ車両にテンションがプチアゲやでぇ!!!


みんなといっしょに日本一周-74
2号バイパスを避けて選んだこの県道75号が今日最大の失敗だったかもしれない。
20kmほど平地で川沿いを走って安心していたら、
最後の最後、道の駅の手前で標高200m近い8%の激坂峠。
指先・足先が凍りそうなのに顔・体から噴き出す汗。
途中で押したが冷気で手足が砕けるかと思った(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-75
無事に道の駅に到着。近所のスーパーで半額のおはぎ・草もちを買う。
1パック100円やで、恥をしのんでいっぱい買うやろw


+-+-+-+-+

のんびりしすぎたら痛い目を見るという典型のような日だった(´;ω;`)
今もそのスーパーでブログ書いてるが、外に出ると寒いんだろうなぁ。

1,2月の山陰が地獄のように寒いというアドバイスを各所からいただき、
沖縄滞在日程を再検討しているところ。

12月から3月末くらいまで滞在し、3/10の京都マラソンは飛行機で人間だけ移動。
このプランでいくと、スカイマークの往復飛行機代+1泊つきの旅行プランが
22000円くらいであるため、船でチャリごと往復するのと比べると半額で済む。

早期割引などもあるから、雨で停泊する日などにあらためてじっくり考えたい。
最近の朝晩の冷え込みからさらに寒くなると思うと
口からエイリアンが飛び出してしまう(´;ω;`)
AD
コメント(2)  |  リブログ(0)

けんちさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。