FUJITA'S BAR
2016年03月19日

がってん承知の助

テーマ:キングオブプロレスリング




いつもプレイしていただきありがとうございます



Mr.しもさんからお手紙が届きましたので


さっそく






モグモグ




それはさておき


まずはこちらの

『ハーマンさんにお手紙を書いてみた』


をご覧いただきたい



要点をまとめると大きく二つ


ほっこりプロレスvsファッキンガム宮殿の再戦において、

先日当ブログでも提案させていただいた、

双方に

【12弾真壁・3弾みのるの使用を禁ずる】

というルールを課するもの



これに関しては両軍の意が一致していたので

難なくルールとして適用されることとなった


これがひとつ



そしてふたつめは

Mr.しもからの提案


上記ルールに加えての

【グレートムタ使用禁止ルール】

を両軍に課することが提案されており、

今回はその返答記事となる


しかしこれにはまず先に回答を記すれば




全力をもって【NO!

と言わせていただこう



たしかに私も以前

グレード4における危機感を記事にしたことはある

しかしそれは真壁みのるのグレードずらしと

そのありあまる性能を問題視したのである


そして、我々にしてみれば、

グレード4をムタ一択で使ってきたわけではない



ときにムタを使い、

ときにムタというベビーへの抑止力と戦いながらも

勝ちを模索してきたという経緯がある




「ムタは試合開始前スキルもやっかいなら 当人も強い」


わかるわかる


しかし、

できうる限り公平にやることと、

勝ちやすくなるようにすることを

混同してはならない


ここでムタそのものを禁止にしてしまったら

本末転倒なのではないかと

これではグレード4を本来の形に戻すことはできない



私が言いたいのは

現状で常にムタには最強でいてほしい

がしかし、

【ベビーフェイスを無効化】し、【ヒール】を追加する

というスキルで

「どれだけのタッグが使われずに埋もれてしまっているのかな?」

「じゃあそのスキルがなければどこが強いんだい?」

ということ



なら端的に

ムタ使用OK


ただし、

試合開始前スキルの

【チーム内に【ヒール】と【グレーテスト】をもつレスラーが3人以上】

これを満たさない

これで良いのではなかろうか?



ん?

なんだかんだいってつかうのかよ!って?


上記を読んだだけでそう判断するのは実に浅慮



このルールはグレーテスト使いが多いファッキンガム宮殿には




ふたつの大きな不利が発生することをお気づきだろうか



まず



ムタ使用OK みのる使用不可となれば

グレード4ではこの組み合わせが考えられるだろう

しかし、

このムタ&カブキの時点で

【ヒール】【グレーテスト】がすでに二人


条件を満たさないためには

ムタ カブキと同時に、



これらのカードが同時に使用不可となる


これが一つ目



二つ目は

ムタ・カブキともに【ヒールの人数】によって強化される

スキルもちということ

※カブキはブーストの毒霧




チーム内に毒霧をブーストされているレスラーがいることで

フルパワーが出せる月面水爆もその最大威力を満たせない

※厳密にはダブルブーストなら・・・


その毒霧は

<<スキル>>

一定確率でこの試合のいずれかの対戦相手の
ガッツ-☆☆~☆☆☆☆

この値はこのチームの
スタイル〔ヒール〕の人数から相手チームの
スタイル〔ベビーフェイス〕の人数を引いた差に応じて上昇する。

使用者が「ザ・グレート・カブキ」なら、
一定確率でこの試合のいずれかの対戦相手の
ガッツ-☆☆☆☆☆

使用者が「ザ・グレート・カブキ」ではなく
「グレート・ムタ」か「TAJIRI」なら、
高確率でこの試合のいずれかの対戦相手の
ガッツ-☆☆☆


というように【ヒール】で固めないと最大威力が出せないうえに、

【グレーテスト】をもつ【ヒール】は使えない



ついでにいうと、



雪崩式フランケンもやはり【ヒール】の人数を参照する



すなわち、

どのへんが天井かしらんが、

極力【ヒール】で固めないと

せっかくムタカブキを使っても

最大威力は望めない ということ


そして三つ目は

そのためのデッキ作りを強要されること

ムタをどうしても使うのならね


以上を踏まえて

次回対抗戦を進めていただきたい

というわけでよろしこしこ


---こんかいのひとこと---

当人、高熱とめまいに
うなされているのでちょっとしりきれとんぼぎみで


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

かしんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿