20日の第二京阪道路(京都市伏見区-大阪府門真市間28.3キロ)の全線開通を前に14日、橋下徹・大阪府知事ら約2500人が高速道路上を自転車で走るイベントがあった。

 完成前の高速道路を走るサイクリング行事としては国内最大規模といい、北海道から沖縄まで全国1万2000人近い応募があった。同時に、マナー教室なども開かれた。

 開通後は国道1号の渋滞緩和につながり、二酸化炭素排出削減も期待される。それでも、排ガスを出さないこの日の自転車の走りほどは、エコじゃない?【林田七恵】

【関連ニュース】
伊丹空港:「存続協定」見直し必要…橋下知事が発言
橋下知事:政治グループ設立へ意見交換 支持拡大は不透明
橋下知事:大阪市長と激論 生活保護や府市統合構想など
通天閣:恒例の「福豆まき」…ゲストに橋下知事
橋下知事:支持率70% 毎日新聞調査

業績悪化でお花見も自粛 宴会なし、予算カット企業が増加(産経新聞)
<愛子さま>「元気に通学されるように」宮内庁の羽毛田長官(毎日新聞)
【医薬最前線】第1部 ドラッグ・ラグの行方(5)繰り返される薬害、教訓に(産経新聞)
議会拒否「メディアへのお仕置き」=市民懇談会で説明-竹原阿久根市長(時事通信)
北、学校ぐるみで思想教育 生徒は「朝青」強制加入 保護者の寄付が活動費(産経新聞)
AD