ありえない昼食

テーマ:

普段から昼飯は、「食いたいもん食う」がポリシーのオイラ。


朝はごはんにおかず一品。夕食はおかずのみか蕎麦。という粗食なため、昼飯くらいはいいものを、というのがその理由ですが、仕事の都合上時間がなくて吉野家やすき家で牛丼なんて日も少なくない。あとはラーメンか、会社近くの食堂ってパターン。大体700円~1,000円くらいだろうか。


ちょっと前に、村上牛を専門に食わしてくれる店 があるらしいとのことで、教えてくれた友人とこの前の日曜に行ってみました。新潟からなら高速も無料だしドライブもかねて。事前にネットで情報収集。いやがおうにも食欲を掻き立てる。万が一冷静な判断を失って高級メニューを注文しても大丈夫なように、7イレブンで金おろして出発です。


現地に着いたのは14時半くらい。着いてみて気づいたんですが、数年前家族で瀬波旅行に来た際、うちの父上が晩酌用の地酒をと寄ったお店でした。結構好評なお店らしく、県外ナンバーのクルマもちらほら。昼時は混むんで時間をずらして来たんだけど、それでも30分待ちと言われてしまった。肉屋も兼ねていて、サシの入った村上牛のカタマリは、見るものを圧倒する存在感。100g○千円のVIP食材にビビる。肉屋だけあって、冷蔵庫にはメンチなんかも並んでいる。お土産用に牛の形にカットされたステーキ用の肉が目を引いた。


30分待ちというわりに、割と早く席に案内されメニューを。

牛肉の刺身、サイコロステーキ御膳(友人)、A-4サーロイン御膳(オイラ)を注文。

友人は牛丼食って吉野家との違いを比べたいと言っていましたが、やはり場の雰囲気で高いメニューいっちゃいましたね(笑)

まず出てきたのが牛肉の刺身。なんていうか柔らかくてウマイ。普段味わえない味です。

次にそれぞれのメインが到着。なんていうの?テンションがおかしくなっている感じ?普段から一般人が食する普通の肉に慣れていて、それなりに牛肉に対するイメージというものがある。しかし、口の中で肉が解けていくというのをこれのことかと実感。タレもついていたけど塩で食うのもウマイ。肉って生だとサシが入っているのが良くわかるから、生で食べると柔らかさがサシによるものだと理解できるんだけど、火を通すと表面は見た目普通のステーキと見分けが付かなくなる。だからこそ違いにビビる。至福のひと時を過ごせました。

お会計2人で10,100円也。


・・・ってオイラの分だけで見ても、一週間分の昼食代なんですけど(大汗)



いいもの食った余韻なのか、おかしなテンションのためなのか、とても優しい気分で帰宅できました。きっと明日からの仕事も頑張れる(ような気がして)。



その日の夕飯は何だか胃がもたれて食べられませんでした(汗)



AD

なつやすみ

テーマ:

さてお盆休みも本日が最終日。

ぼくのなつやすみも今日が最後かと。


割と暇することなく終わりそうです。

といっても土日は世間一般に見れば暇してたんだろ?それ?ってな生活ではありましたが。

8月7日と8日にはPeaceの夏(=笹川流れ)の2回目でした。朝駆けの釣りは、やっぱ豆アジ大漁というのも飽きてきたので、せっかくだから生きたアジをエサにヒラメでも狙ってみようかと、アジを生餌とした仕掛けをさっとネットで調べ、手軽そうなのでチャレンジしました。

アジはバケツに入れておくだけだとすぐ弱って死んじゃうので、活かしバケツなるものを買ってみた。これはプラ製の折りたたみできるバケツの開口部にファスナー付きのネットが張ってあり、持ち手にロープが付いていることから、アジを入れたら海に投げておいてロープを手時かなポールや重石に縛り付けるというもの。

当然海の中だから水温は上昇することないし、酸欠も防げる。これのおかげで2時間前に釣ったアジも元気に泳いでいた。だけどこれの難点は海水が入っているバケツは重く(普段使っているバケツより容量多い)、ストレートなロープのため海から取り込むのが重労働。しかもちょっと手を滑らすとロープの摩擦で皮膚が削れる感じになってしまった。

しかし準備はしたけど全く大物が掛かることはなく、前回同様豆アジ大漁な感じに。

今回は参加者が少ないのがわかっていたため、少なめにしておいた。それでも40~50くらいはいたと思う。


釣ったアジは先月と同じく唐揚げに。

その油の処理の際、右ての親指付け根あたりに水ぶくれ付きのやけどをしてしまった。

絆創膏で水ぶくれ部分を覆うようにガードしたらその後痛みもなくイイカンジでした。


昼食を終えてからは海へGO!

前回と違い海の透明度全然良くて、シュノーケリングも楽しめた。・・・が、左目のコンタクト流されてしまった(汗)。その後はメガネ君で過ごすことに。

海流の止まっているところは、お湯になっていて海に入っても暑いくらい。それ以外も冷たい・寒いなんてことは全くなく何時間でも入ってられそうな感じだった。これだよ、これ。これこそが笹川流れの海だよ!と妙な興奮を覚えつつ、アジやベラなんかと遊泳です。

そうそう、岩場で女性2人がアジ釣りをしているすぐそばで、シュノーケリングしている人がいた。最初は何やってるんだろうと思いましたが、どうやら海の中をシュノーケリングで確認し、ポイントを指示しているような感じ。

でも、あまりつれてなさそうだった。アジも警戒するでしょそんな環境じゃ。


夜は北海道からお取り寄せジンギスカン祭り。やわらけーうめー!!


夏休み!!!って感じの2日間だった。




さて後半は、久しぶりにうちのココロのことでも書いてみようか。

まず、ココロの立ち位置から。


父母→ココロを孫として(無言のプレッシャーってやつです)

妹→ココロのお母さん

オレ→遊び相手


基本的にいい子なんですが、興奮してくると家中駆けずり回って噛み付いてくるのは相変わらず。


そんなココロを大体オイラが散歩に連れて行く感じになってきています。


休みの昼下がりにオイラを見つけると、目を真ん丸くして、口を横一文字にして、お座りしてこちらの様子を伺うかのごとく小首をかしげる。みた瞬間に期待の視線であることが理解できます。それを無視し続けると、「きゅ~ん、きゅ~ん」と可愛らしげな声を出し始める。興奮してオイラの手にじゃれ付いているときなんて「ガルルルルル」と歯をむき出しにして噛み付いてくる時とは大違い。

まあ、そんなココロをみて「しゃーない行ってやるか」となるわけですわ。


散歩といえばトイレ。

マーキング用に小出しにすればいいのに、最寄の電柱でいっぱい出してしまう。その後のマーキングは出ないか1~2滴で格好だけという感じ。大の方は近くの公園で行い、本能なのか多分便に砂かけて埋めようとするんだろうね。ちょっと離れたところから後ろ足で砂をかけようとする。ところが全然方向違いの方向に砂まいているからまったく意味ないんすけど。


散歩のコースはココロの中で大体決まっていているので、基本的に任せてます。

たまにクルマに乗せて普段とは違う公園に連れて行き散歩することもありますが、このときのココロは借りてきたネコみたいにいい子になります。基本的に散歩中は人目があるのでいい子ですが。

あまり長く散歩していると、「もうかえろう!」とオイラにジャンプして体当たりしてきます。だっこをねだっているのかもしれない。


だいたい30分くらいで終了します。特に今は暑いので夕方遅めに行くようにしてます。


どこかに出かけたり、遊んだりすることが休日の過ごし方のすべてではない。

身近にあるものでまったりするのも贅沢な休日の過ごし方だと思う。


そんな今年のなつやすみ。

まあ今日は遊びに出かけますが。



ネカフェ

テーマ:

最近復活した「ノー残業デー」を有効活用しようと思っているけど、これといってやりたいことも無かったのでとりあえずネットカフェに来るようになった。


読みたいけど買うまでもないものって結構ある。そういったものを読むのにネカフェは重宝する。(実際買いたくても置き場がないオイラの部屋の実情もあるが)

立ち読みして店員にプレッシャーかかるくらいならと、週一くらいで来ていると思う。

この更新も実はネカフェからだったりする。


まあのんびりやりますか。