2009-09-12

ビートルズyoutube集

テーマ:音楽



2009年9月9日、ビートルズのスタジオ録音アルバムの
デジタルリマスター盤が発売されました。→[公式サイト]

(01)プリーズ・プリーズ・ミー
(02)ウィズ・ザ・ビートルズ
(03)ハード・デイズ・ナイト
(04)ビートルズ・フォー・セール
(05)ヘルプ!
(06)ラバー・ソウル
(07)リボルバー
(08)サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
(09)マジカル・ミステリー・ツアー
(10)ザ・ビートルズ
(11)イエロー・サブマリン
(12)アビイ・ロード
(13)レット・イット・ビー
(14)パスト・マスターズ


これらのうち、(01)-(13)は、
ビートルズ解散までにリリースされたスタジオ録音のオリジナルアルバムで
(14)には、(01)-(13)のアルバムには収録されていないシングルなどの曲が
収録されています。

ザ・ビートルズ・ボックス

¥29,313
Amazon.co.jp

ところで、もちろん私はビートルズ世代ではなく、
ずうとるびならかすかに覚えている世代(汗)です。

最初にビートルズに興味を持ったのは、他でもない
ポール・マッカートニーの影響です。
ただ単にポールのルーツを知りたいというキッカケで、
ビートルズの赤盤青盤と呼ばれている
有名なコンピレーションアルバムを聴きました。

1962-1966


1967-1970


そして、それが高じて
今ではオリジナルアルバムを全部持つようになりました(笑)。

今回のリマスター盤も欲しいなぁ~とは思うのですが、
そう簡単に欲求だけで買っちゃうわけにもまいりません(笑)。
ただ、どのくらい改良されているのかは、チェックしてみたいところです。

さて、

世間がビートルズで盛り上がっている中、
この記事では、リマスターCD発売を記念して
200曲をゆうに超えるビートルズの曲から
心を鬼にして50曲を選び(笑)、youtube集を作りました。

選定にあたっては、基本的には私の好みというよりは
なるべくベタなものを含むよう私なりに意図して選びました。
(私の好みはをつけてま~す)

なお、ビートルズファンの皆様で
「なぜあの曲が入っていない」と思われる方もいらっしゃると思いますが、
その場合は、ごめんなさい(笑)。

一方、ビートルズのことをまったく知らない若い皆様!
このセレクションを聴かれれば、
もうビートルズを見きったも同然と思います(笑)。
楽しんでくださ~い!


音譜アイドル系 TOP 10音譜



[Love Me Do]
[Please Please Me]
[From Me to You]
[She Loves You]★★
[All My Loving]★★
[I Want to Hold Your Hand]
[I Should Have Known Better]
[Eight Days A Week]
[Ticket to Ride]
[Help!]
(以上、リリース順)

ビートルズといえば、最初はアイドル系の色恋沙汰の曲ですよね(笑)。
このうち、I Want to Hold Your Hand 「抱きしめたい」は
USAでスーパーヒットし、ビートルズ人気を不動にしたものです。
どの曲を見ても、メロディーラインがわかりやすく、口ずさめる曲ばかりです。
私は、She Loves YouとAll My Lovingがたまりません。


音譜ロック系 TOP 10音譜



[Can't Buy Me Love]
[Day Tripper]★★
[Drive My Car]★★
[Paperback Writer]
[Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band]★★★
[Lucy In The Sky With Diamonds]
[Lady Madonna]★★
[Back in the U.S.S.R.]★★
[Get Back]★★
[Come Together]
(以上、リリース順)

ロック系は名曲ぞろいです。
どちらかといえば、初期の作品は横ノリで、後期の作品は縦ノリです。
他にもDon't Let Me DownとかOh! Darlingとか
TaxmanとかI Am the Walrusとかありますが、
泣き泣きお蔵入りです(笑)。


音譜ポップス/サイケ/ソフトロック/ジャズ系 TOP 10音譜



[A Hard Day's Night]
[We Can Work It Out]★★
[Penny Lane]★★★
[Strawberry Fields Forever]★★★
[A Day In The Life]★★★
[All You Need Is Love]★★★
[Magical Mystery Tour]
[Something]★★
[Across The Universe]
[The Long And Winding Road]★★
(以上、リリース順)

Penny LaneやAll You Need Is Loveの4ビート、
Strawberry Fields ForeverやA Day In The Lifeのサイケ、
SomethingやThe Long And Winding Roadのコンテンポラリーなど
変化に富んだ曲を楽しむことができます。
また、同じ曲の中で曲相ががらっと変わってしまうことがよくあります。
これはジョンとポールが別々に書いてそれをくっつけたりするのに
起因しているのでしょう。


音譜フォーク系 TOP 10音譜



[You've Got To Hide Your Love Away]
[Yesterday]
[Norwegian Wood]
[Nowhere Man]
[Michelle]
[Here, There And Everywhere]
[Hello Goodbye]
[Hey Jude]★★★
[Here Comes The Sun]
[Let It Be]★★
(以上、リリース順)

ビートルズといえば、ビートルズ詩集が売れまくったことからも
フォーク系のファンも多いかと思います。
ビートルズは、もともとはスキッフルというフォークの一分野
を目指したバンドでした。
私の知り合いのイギリス人も
ビートルズはフォークソングのバンドという認識をもってます。
そして私は、もうHey Judeがたまりませ~ん!
youtube動画でいえば、
2:16-2:19と3:10-3:14の4:13-4:16のポールのフレーズは
一生耳から離れないと思います(笑)。
上の作品以外にも、And I Love HerとかGirlとかIn My Lifeとか
Fool On The Hillとか、他にもフォークの秀作がいっぱいです。


音譜カヴァー系 TOP 6音譜



[Boys]
[Twist And Shout]
[Please Mister Postman]
[Money (That's What I Want)]
[Rock And Roll Music]
[Mr. Moonlight]★★
(以上、リリース順)

無名時代のビートルズは、多くのステージをこなす必要があったため、
ロックンロールの名曲をよくカヴァーしていました。
これらの曲も知らない間に耳について離れなくなっていました(笑)。
私はMr. Moonlightが大好きです。


音譜特別選考 4音譜



[Eleanor Rigby]
[Yellow Submarine]
[Ob-La-Di, Ob-La-Da]
[I Saw Her Standing There]

どうしても抜けちゃうものがありました。
クラシックのEleanor Rigby、
音楽の教科書にも載っているOb-La-Di, Ob-La-Da、
それとリンゴのYellow Submarineも絶対外せないですね。
もちろんこちらとペアーで(笑)→[イエローサブマリン音頭]
それと今回のCD発売に敬意を払って、
最初のアルバムPlease Please Meの一番最初に収録されている
I Saw Her Standing Thereを最後にエントリーしたいと思います。

以上で50曲! 無謀なトライアルでした(笑)。
なお、メドレーで聴くには先日紹介したStars on 45の
ショッキング・ビートルズがおススメで~す。

[The Beatles 1]
[The Beatles 2]
[12 Inch Version]


・・・というわけで以上がyoutube集でした。


ここから先は、
ちょっとだけビートルズのサウンドの変貌を
作品データを基に見ていきたいと思います。

なお、作品データ中のbyの列は曲の作曲者を表します。
ビートルズのオリジナル曲の公式のクレジットは
圧倒的に"Lennon & MacCartony"が多いのですが、
実際にはどちらかがメインとなって作った作品がほとんどです。
そこで、私の独自の知識でメインの作者を判定し、
次のように区分しました。

LM: ジョンとポールの共作
L: ジョン・レノンがメインの作品
M: ポール・マッカートニーがメインの作品
H: ジョージ・ハリスンの作品
S: リンゴ・スターの作品
B: ビートルズメンバーの共作
C: 他の作者のカヴァー作品


1Please Please Me - With The Beatles

西陣に住んでます-The Beatles: songs

ビートルズはこの2枚のアルバムによってUKでブレイクしましたが、
曲の構成を見ると、その後の時期と比較して
ジョンとポールの共作(アイドル系)と
カヴァー曲(ロックンロール系)が多いことがわかります。
とりあえず売れるまで、手探りをしていたのでしょう。


2A Hard Day's Night - Help!

西陣に住んでます-The Beatles: songs

シングルのI Want to Hold Your Hand 「抱きしめたい」が
USAでスーパーヒットし、世界のアイドルになったビートルズは、
カヴァー曲を減らし、ジョンの曲がほぼ半分を占めるようになります。
年長のジョンがリーダーシップを発揮した結果なのでしょう。
このころから良質のフォークソングが出てきましたが、
ロック曲は、Can't Buy Me Loveを除き、すべてカヴァー曲でした。


3Rubber Soul - Revolver

西陣に住んでます-The Beatles: songs

この時期になると、アイドル系の曲とカヴァー曲はなくなり、
フォークソングをベースに
ポップスやロックをときどき演奏するバンドって感じになります。
ポールがらみのロックの曲が人気の中心です。
ジョージがちらほら曲を作るようになり、ジョンの曲が減ってきます。


4Sgt. Pepper's LH Club Band - Magical Mystery Tour

西陣に住んでます-The Beatles: songs

このころのビートルズは
エンタなサイケデリックロックのグループへと変貌を遂げます。
コスチュームもいってしまってます(笑)。
ジョンとポールの共作が一時的に増えますが、
ジョンの曲は減り、ポールの曲が中心となります。
このころ、ジョンはオノ・ヨーコと出逢います。
ちなみに私は、Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Bandが
ビートルズのアルバムの中で一番好きです。


5The Beatles - Yellow Submarine

西陣に住んでます-The Beatles: songs

このころになると、
ヒゲぼうぼうになってコスチュームが普通になりました(笑)。
曲想はバラエティーに富むようになります。
ジョンとポールの共作が減り、
ジョンとポールが別々に曲を作るようになりました。
ジョージの曲も増え、グループのパワーバランスは
2強1弱1問題外(笑)って感じになります。


6Abbey Road - Let It Be

西陣に住んでます-The Beatles: songs

アビーロードはなんともソフィスティケートされたアルバムで
初期のナイーブなビートルズと比較すると年月を感じてしまいます。
この後、さらにテンデンバラバラとなったビートルズは解散します。


以上の経緯をグラフで見ると↓こんな感じです。

西陣に住んでます-The Beatles
(↑クリック拡大)

データは真実を語りますね~。

というわけで、ビートルズの特集はここまでです。


今週の土曜ワイドの犯人予測は、
[先週記事]にフライングして書いてあります(笑)。

今週の歴史記事は明日アップする予定で~す。
AD
いいね!した人  |  コメント(30)  |  リブログ(0)

kazuさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

30 ■bata-yanさんへ

ボックス版は買う勇気ないのですが、
ボックスの中に密かに入っているという
DVDが欲しいです~!
Amazonで中古が出るのを
密かに狙っていたりします(笑)。
ビートルズは奥深いです。
ビートルズのブログを始めたら3年くらいできそうです(笑)。

29 ■suginaさんへ

記事を書いた時には、心を鬼にしましたが、
今は罪悪感でいっぱいです(笑)。
In My LifeとかI Am the Walrusとか
容赦なく切ってしまいましたからね(笑)。
今回は購入するの我慢しようと思っていたんですけど、
バラ買いという手もあったことに
気づいてしまいました(笑)。

28 ■ひろゆきさんへ

私も聴きました。おしゃるとおりホントにクリアでした。
そして、今まで言葉には出てきませんでしたけど、
ひろゆきさんのコメントからあることに気づかさせていただきました
ビートルズって完璧にプログレなんですよね~!
そしてよく考えてみれば、10ccはペキカンにビートルズスタイルですよね!
チープトリックはビートルズからウィングスを経由してみたいな(笑)
とこあるかと思います。
ビートルズの英語はアメリカンではないですけど、
サウンズはもう紛れもないアメリカンですね。
たぶんスキッフルの影響でカントリーが入っているんだと思います。
KISSのI Was Made For Loving YouとGet Backは同じノリですね(笑)。

27 ■うぇる之介さんへ

ベスト50を作れるアーティストでさえそういないのに
ベスト50を作るのにこんなに罪を感じてしまうアーティストは
まず他にいないですよね(笑)。

26 ■京都のノンさんへ

ビートルズくらい「捨てる曲が少ない音楽家」って
他にはビリー・ジョエルとスティーヴィー・ワンダーと
ヴィレッジ・ピープル(笑)くらいでしょう。
結果として多くの曲が残りますよね。

25 ■オリオンさんへ

ホワイト・アルバムって一番真剣に聴きますね。
While My Guitar Gently WeepsとかRevolution 1とかいいですね。
Back In The USSRがあるかと思えば、
JuliaとかBlackbirdとか素朴すぎなのもありますし・・・(笑)。
ジャケットもある意味シックですね。
それと、Revolution 9については、いたいほどお気持ちわかります(笑)。
初めて聴いたときとか、5年ぶりに聴くときとかは
かなり革新的な超大作に感じますが、
2枚をとっかえひっかえヘビロテするときには
かなりへヴィーですよね(笑)。

24 ■とおるさんへ

モノBOXが人気あるようですね~。
パスト・マスターズがモノ・マスターズ
に変わっているのは笑いました。
気合の入ったファンの方々が
ビートルズの時代を忠実に再現するには
モノであることが必須なのかもしれませんね!
私は、Please Please Meから
Beatles For Saleまでのステレオを
聴いてみたいかなって思ってます(笑)。
ずうとるびって結構人気ありましたよ(笑)。

23 ■HIROCCIさんへ

ずうとるびは、笑点の子供大喜利に出ていた4人組が
若者に成長して結成したアイドル風コミックバンドでした。
なんと現在笑点で座布団運びをやっている山田隆夫さんが
中心メンバーだったんですよ~(笑)。
ちなみに私はビートルズよりもずうとるびの方を早く知りました。
ビートルズを初めて聴いた時、とんでもないギャップでした(笑)。

22 ■miyakeさんへ

私は最初からビートルズの音楽が当たり前にあった世代ですが、
彼らの影響を受けた現在の音楽をすべて忘れて当時の世界に行き、
ビートルズのオリジナリティーの凄さというものを経験してみたいです~!

21 ■荒鷲さんへ

日本のグループサウンズは特にビートルズの影響を受けたようですね。
海外の優れたものをマネすることにあまり抵抗感がなかったのでしょうか、
衣装からしてそっくりさんグループもいましたね。
ただ、「ずうとるび」はネーミング以外は
あまりそっくりではなかったような記憶があります(笑)。
Let It Beの16ビートはホントに美しいですね。

20 ■やす象さんへ

私も試聴してきました~。いい感じですね。
ただ、我が家はちゃんと音を聴くインフラがそろっていないので(笑)、
まだまだ買うには早いなと思いました。
リマスターってめちゃくちゃ大変な作業なんですよね。
私も傷だらけのLPレコード(汗)の曲をiPodに入れるために、
アナログ→ディジタル変換に挑戦したことがありますが、
神経が衰弱しました(笑)。
そうそう、リボルバーは秀作ぞろいというのですか、
Dr. Robertとか、絶対S&Gに対抗できますし、
I Want To Tell Youのピアノのフレーズとかかなり好きです。

19 ■おわらたまてんさんへ

お母様!気合が入っていらっしゃいましたね(笑)。
Yellow Submarineのレーザーディスクとは素晴らしい。
当時の最先端メディアですね。私は結局所有できませんでした(涙)。
Yellow Submarineは確かに映像と一緒に楽しみたいですね。
最初、Yellow Submarineってリンゴが作った曲だとばっかり思っていたのですが、
ジョン&ポールなんですよね。
話は横道にそれますが、私はアップル社はもしかしてリンゴが経営する会社?
と思ってましたし、ある時期まで、
マックはビートルズの資金で作ったコンピュータだと思ってました(笑)。
そうそう、ビートルズのベスト作った後、罪悪感に悩まされていま~す(笑)。

18 ■菊蔵さんへ

ちょっとリマスター盤を試聴しましたが、結構いい感じでした~!
ただ、前のものと一緒に聴いたわけではありませんので、
どのくらい違うかはわかりません(笑)。
そうそう、録音技術ってミュージシャンの進歩とともに進歩していきますよね。
ジャズのブルーノートがそうでした。
菊蔵さんも赤盤青盤を聴かれていましたか~。曲順を覚えますよね(笑)。
素敵なコミュニティーを運営されているんですね。
Venus & Marsは、ホントに起承転結があるアルバムです。
私もたまらなく好きで~す!Rock Showのエッセンスが詰まっているというか、
大衆的なサージェントペッパーみたいな感じですね。
これにJetが入っていれば・・・

17 ■とり~さんへ

購入されましたか~! 早い!
そして買われてすぐに気合が入ってますね(笑)。
私もこの記事書く前にずっと聴き続けていました。
きっと、長く聴いていられるのは、初期と中期と後期と全然違うのと、
同じ時期でもポールとジョンとレノン&マッカートニーとジョージで
曲調が全然違っているからだと思います。
特に、後期のビートルズは、みんなテンデンバラバラだったので、
快テンポのアメリカンロック(ブリテッィシュでなしに・・・笑)から
バラードまで、ホントに変化に富んでいますよね。
サージェントペッパーのジャケットのマリリンゴージャスです!
さすがとり~さんのような絵心のある方は目の付け所が違います(笑)。
私はドラクエみたいなアビーロードのジャケットに参加したいです!
座敷わらしのように(笑)。

16 ■fromkyotoさんへ

そうそう、80年代くらいのアーティストの皆さんは、
多かれ少なかれビートルズまたはソロになったメンバーの影響を
受けた人が多かったですし、たくさんの曲がスタンダードとなって
現在でも多くの人がカヴァーしてますし、いまだにCMに流れますし、
いまだに聞いている人が多くいますよね。ホントにグレイトです。
今回は、youtube集を作ってみて、ビートルズを見直すいいチャンスでした。
アビーロードは洗練されていますね。Golden Slumbersとか最高です!
AORのハシリだったのかもしれません。

15 ■こんにちは。

ボックス版を買おうか迷っています(^_^;)
kazuさんはもう買いましたか?
でもkazuさん、相変わらずすごいですね~
ブログの内容に感動しました。

14 ■おぉ~

心を鬼にしての厳選50曲(笑)
素敵過ぎですっ
まだ買ってないんですよねぇ
いやぁ
やっぱり気になっちゃうっ

13 ■今回のリマスター盤

すごくクリアな音になってますよ。
まぁパソコンじぁなく、ステレオで聴いての話ですが(笑)
ビートルズにはR&R、R&B、モータウン、ハードロック、プログレ、サイケ等、いろんな要素が詰まってます。
彼らがいたから後の、10CCやラズベリーズみたいなパワーポップ系のバンドから、トッド・ラングレンやチープトリックみたいなのも出てきたと思います。

個人的には今年、KISSの18枚組DVDBOX、KISSOLOGYや今回のCDBOXみたいなのがたくさん出ると、懐に優しくないので考えものです(爆)

12 ■大作ですね

やはりビートルズはいいですね。
ありがとうございました。

11 ■ビートルズ

凄くベタな表現ですが、永遠ですよね。特別なファンではないけれど、好きな曲が沢山あります。

10 ■☆す、すごすぎ~(≧▽≦)☆

50曲、おつかれさまでした(笑)

kazuさんらしい、完全保存版な記事ですね。

たまたま、読書の間の暇つぶしみたいな感じで、
2枚組みのホワイト・アルバムを購入したのがきっかけで。
ひと夏の間中、2枚をとっかえひっかえして聴いた思い出があります。

johnの大作、「revolution no9」は飛ばしちゃうんですけどね(;´▽`A``

9 ■無題

おっはよさんどすぇ

こんかいの
リメイクはアナログの
方が人気がある
みたいですね(^O^)
ずうとるび
残念姉の時代で―す(>_<)

8 ■ずうとるび?

知らないです(^^;)
ビートルズは有名な曲しか知りませんが
今なお古くさくないってすごいなぁと思います。

7 ■青春です。

青春時代ですが、永遠のアイドルですね。(*v.v)。

6 ■世代

ビートルズとずうとるび?・・・( ̄_ ̄ i)

確かにありましたね!私の微かな記憶は小学生ですがグループサウンズがやたら脳裏に残ってます・・・ 中学生後半期にフォークソングに興味抱きチョイスしたのがLet it beでした

5 ■昨夜

タモリ倶楽部で特集してました。
テレビのスピーカーで聴いてもハッキリ分かるくらい、
別の音になってました。
今まで聴こえなかったパートが聴き取れたり。
音の好みは人それぞれでしょうが、
私は今回のリマスター盤、俄然興味がでてきました。

私はリボルバーが好きです。

4 ■たまりません

私の母がミニスカ&ビートルズに絶叫世代でした。実家にはYellow Submarineのレーザーディスクなるものがありました。今となっては超レアアイテムですね。サイケチックな、今の時代ではひきつけをおこすとかいう理由で販売中止になりやしないかと心配になるようなものです。ですが結局、実家を離れて暮らすようになり、DVDを買いました。当のビートルズがこの作品をどう感じながら出したかは知りませんが、私のビートルズの始まりはすべてこのビデオからでした。心をどんなに鬼にしても。。。なかなかビートルズのmybest曲は選べないですが、mybestビデオはYellow Submarineです。

3 ■無題

今回の初リマスターは興味はありますが、買うことはないです。取り敢えず、全て持っておりますし、モノラルもビートルズの良さの一つと思っております。続けて聴くと録音技術もビートルズと共に発展していったことに気付きます。

ポールから入って、赤盤青盤。後追い世代の定番ですね。私も全く同じです。先日、別サイトのブログで同じことをアップしたばかりだったので、思わず頷いてしまいました。

別サイトにて京都コミュを主宰していますが、私を含めて殆どの方が洋楽好き。

ちなみに今日のブログはWINGS 「Venus&mars」を聴きながらアップしました。

2 ■保存版記事ですねヽ(〃'▽'〃)ノ

僕も予約して買いました。

夜中から後期のステレオ3枚を聴いて
今はMONO BOXのRUBBRR SOULを聴いている最中で(♪ミッシェル)リアルタイムです。
「朝までビートルズ」かなと思っていたら
「昼過ぎまでビートルズ」になりそうです。
徹夜ですね。

MONOも良い感じですよ♥

「サージェント…」のジャケット写真の中に居たいと思うのですが、
実際、デジタルの世の中の今なら可能ですね。
マリリンの隣りを希望しています。

1 ■さすがkazuさん!!

大作ですね!

ビートルズは今のアーティストにもすごく影響与えているし、私もビートルズが解散してだいぶ経ってから音楽聞くようになったけど、それでもこれだけ名曲を生んだビートルズの偉大さを感じるし、思い入れのある曲がいっぱいです♪
まとめてくださって感謝します☆

アビーロード、久々に聞きたくなりました。

コメント投稿

AD

マレーシアの旅行情報
マレーシアの旅行情報

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。