梅雨も明け(たぶん)、連日の猛暑。

 

九州北部豪雨による被害に 胸が痛みます。

わたくしに出来ることは何だろうと考えつつ、被災された方々をただただ想う日々。

地震、噴火、水害……このような災害が起こるたび、わたくしたち人間は、なんというもろい地表に張り付いて暮らしているのだろうと思います。

 

大学を出てすぐの3年間、日田市の高校に勤務しておりましたので、日田での被害を耳にすると当時の同僚や生徒たちの顔が浮かびます。

また、その高校には筑後地方からも多くの生徒が通って来ていたので、心配はさらに膨らみます。

 

朝倉に住む教え子とはいまだにやりとりがあるため、被害を訊ねてみると、なんと実家が流され、両親が濁流にのまれたとのこと。

幸い奇跡的にご両親は助かったものの、お母さんは入院していると。

彼女(教え子)の家は無事だが、彼女は避難所のお世話をしているため、忙しすぎて実家の様子を見に行くこともできないと。

また道や橋が壊れてしまっているため、自分の所有する果樹園へ行くことすら不可能だと。

 

わたくしは驚いてすぐにお見舞いを送りましたが、なんの手助けも出来ないことが残念でなりません。

 

そのような思いを抱えつつ、この日を迎えました。

 

 

 

 

今回、風の音書店はお話会のオープニングアクトです。

 

ほんの10数分の作品とは言え、手を抜くことはありません。

事前にケイコさんから受け取った原稿をもとに、作品を組み立ててまいりました。

 

4つのパートから成る今回の作品。

 

①地球の誕生をイメージしたケイコさんの詩(書き下ろし)

②阿蘇地方に伝わる鯰伝説(ローカルメディア3 vol.4より)

③阿蘇神社の楼門崩壊と内村氏(阿蘇神社権禰宜)の言葉(ローカルメディア3 vol.4より)

④ローカルメディア3 vol.1の冒頭の詩(ケイコさん作)

 

これに組み合わせた音楽は

①流れは広く(イギリスのフォークソング)

②輝ける星よ(モンセラートの朱い本)

③五つの小品 木々、人、そして川(レオナルド・ブラーボ)

④天で幸福に生きるために(サンチャゴ巡礼の歌)

それぞれの音楽が、言葉の持つ世界を深めてくれて、よく響き合っていたと思います。

 

聴いて下さった方々から 「とても良かった」「胸にしみた」というご感想をいただきましたし、ケイコさんも大変感動してくださいました。

ローカルメディア3

 

ライブの後はケイコさんのお話会です。

 

 

 

ケイコさんは、前日 前々日と、日田の被災地に行って支援活動をしてこられました。

しかしその疲れも見せず、熊本地震後の各地域の復興への道のりを語ってくださいました。

 

復興がスムーズに行く地域は、

*住民同士の仲が良く、

*各分野にリーダー的存在の人がいて、

*普段から地域の行事などに協力して取り組む

という共通点があるそうです。

 

いざ災害が起こった時、一番役に立つのは、防災グッズよりも助け合える人間関係だと、ケイコさんは言います。

 

う~~ん、耳が痛い。

 

地域の子供会からも自治会からも脱退した我が家は、いわゆるご近所づきあいはほとんどありません。

 

興味深かったのは、日本各地に、災害ボランティアのプロがたくさんいて、どこかで災害が起こると、自前の重機を持って駆けつける という話。

NPOとして活動しているグループもあれば、会社の社長さんもいたりするそうです。

災害発生後 72時間以内に駆けつけるというからすごいですよね。

ボランティア同士 横の連絡を密に取り合って、的確に動けるようにしているのだとか。

 

彼らはみな、人に喜んでもらえることが何よりうれしいと言うそうです。

確かに、他者に貢献して共同体感覚を得ることが幸福だとアドラーは言いますよね。

でも、どんなタイミングでやってくるかわからない災害に、迅速に対応するには、超人的な瞬発力と気力・体力、そして愛と優しさが必要だと思います。

 

さて、ケイコさんのお話も終わり、いよいよハハパレ食堂。

 

 

 

ステキでしょ♡

ハハパレスタッフが腕によりをかけて作ったお料理の数々。

どれも美味しくて、話もはずみます。

 

 

 

こちらもどうぞ↓

ハハパレのブログ

 

今回の収益はすべて、ローカルメディア3に寄付されます。

 

風じん雷じんのM子さん、チャリティー営業お疲れ様でした。

有意義な活動に感謝します。

 

ケイコさん、素晴らしい活動報告、ありがとうございました。

 

ハハパレ&ケイコさんで日田にかき氷を持って行こうプロジェクトも発足。

8月4日に決定しました!

わたくしたちでも何か出来ることはないかと考えて、決めました。

楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
◇「ローカルメディア3 」編集長 澤田けいこさんお話会 ◇

 



独楽喫茶「風じん雷じん」さんのチャリティ営業最終日に、熊本から 澤田けいこさんをお招きしてお話会を開催します♪
けいこさんは、「ローカルメディア3」の発行人・編集長
ご本人が経験された熊本地震と、自らが立ち上げたボランティアチームの活動、そして1年を経過した被災地の今を ざっくばらんにお話していただきます。
オープニングアクトとして「風の音書店」によるミニライブあり♡

☆★☆★☆★☆★☆★

日時 7月15日(土)17:00~19:30
場所 独楽喫茶 風じん雷じん (大分市玉沢335−3)
参加費 1000円(ハハパレ食堂の軽食付き)...
※参加費は全て、ローカルメディア3に寄付いたします。
※要予約(定員30名)

 

ご予約は、風じん雷じん 097-541-1840 まで。


☆★☆★☆★☆★☆★

【澤田佳子さんプロフィール】

2011年東日本大震災の後、熊本県に移住。
阿蘇郡高森町に暮らしながら、2012年「ローカルメディア3 vol.0」を発行。
2016年 「ローカルメディア3 vol.3」 発行直後、熊本大地震に遭遇。
自らも被災しながら、すぐにボランティアを立ち上げ活動開始する。
SNSによる発信と支援物資の調達、炊き出し、農業支援など、多岐にわたる支援活動を展開。
2017年4月14日「ローカルメディア3 vol.4 熊本へのラブレター」を発行。

 

 

独楽喫茶 風じん雷じん のオーナーM子さんは、2011年の東日本大震災後、毎年7月にチャリティー営業期間を設けています。

その年ごとに趣向を凝らした企画で一週間営業し、売り上げを全て、被災地支援団体に寄付なさるのでございます。

 

今年は、「ローカルメディア3」への全額寄付を決め、営業最終日に編集長のけいこさんのお話会を企画。

オープニングアクトとして、風の音書店が、けいこさんの詩や 本の中のお話を15分程度上演いたします。

今回限りのスペシャルミニライブ♡

そしてけいこちゃんのトークの後は、真心込めたハハパレ食堂の軽食で懇親会。

 

残席10数名ですので、興味のある方はお早めにご予約下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 
AD

サロンパーティーにて、風の音書店ミニライブを行いました。

 

 

会場は、大分市高城のクロッシュ

 

6月24日(土) クロッシュ主催「6月のバースデーコンサート」が開催されました。

もちろん何月生まれの方でも参加できますが、6月生まれの方には素敵なプレゼントがあるのです。

あけみちゃんからのご招待で、風の音メンバーと、あけみちゃんのお友達数名がコンサート鑑賞。

 

初めて行ったクロッシュ。

スタインウェイピアノがあり、お部屋もエレガントでステキ♪

 

スタンドのお花はあけみちゃん作。

 

ピアノとソプラノの素晴らしいコンサートでした。

たくさんの聴衆で大入り満員☆

 

 

 

コンサート終了後、関係者以外のみなさまが退出なさるのを待って、ロビーにて あけみちゃん主催のパーティーを開催♡

 

 

あけみちゃんのフラワーアレンジは、今回も紫陽花が大活躍。

そして、ひまわりやブルーベリーも。

 

この日、ひそかに温めてきた作品を初披露しました。

まだ完成途上ではありますが(そしていつものように、ちょっぴりトラブルもありましたが 笑)、無事、上演することができました。

演目は、吉原幸子の詩&アストル・ピアソラの曲。

バンドネオンの代わりに鍵盤ハモニカを使って、曲を作りました。

これまでの風の音のイメージを覆す、超大人向けのアンニュイな作品。

風の音書店発足当初から 全作品を聴いてくれている あけみちゃんと百々さんの感想が、とても気になっていたのですが、たいへん良いと言ってもらえて、ほっといたしました。

今後は、さらに練りこんで仕上げていきたいと思っています。

 

 

 

そして、もうひとつ。

なんと、あけみちゃんが20年ほど前に書いた詩を、アンドレ・ギャニオンの曲に乗せて読む、というスペシャルメニューを上演いたしました。


詩の題名は、「帰り道」と「夏休み」。

どちらも、あけみちゃんが自らの子ども時代を描いた詩で、わたくしが大好きな作品なのです。

たくさんの植物や昆虫たちとともに、自然の恩恵をたっぷり享受して心豊かに育って行く 少女時代のあけみちゃん。

田舎の思い出は、現在のあけみちゃんを形作る大切な礎となっているのだということがしみじみ感じられるのです。

あけみちゃんが、とっても喜んでくれたことが、何より嬉しゅうございました。

いつもお世話になりっぱなしのわたくし達からの、ささやかな恩返しです。

 

さて、ミニライブの後は、みんなでお食事。

 

カフェ モイの、お野菜たっぷりのケータリング。

愛情込めて作られたお料理が、可愛く盛り付けてあります。

 

メンバーの中には、初めましての人もいましたが、みなさんすぐに打ち解けて、和やかで楽しい語らいのひととき。

 

そして、サロンオーナー千恵美さんからのサプライズのケーキも!

 

あ、作ったのは、カフェモイのウッチーです。

すごくかわいい!!

小さなお花の鉢植えをイメージして、バタークリームでデコレーションしてあります。

ひと鉢ひと鉢、全部違うのです。

もう、見ているだけで感動。

可愛過ぎて食べられない!!

 

 

 

……でも食べたけど。

 

 

クロッシュオーナーの千恵美さんは、フルートの名手。

ウッチーのムチャ振りに答えて、オカリナでの演奏を披露してくれました。

あたたかな音色のアニーローリー。

素晴らしゅうございました。

 

 

あけみちゃん、素敵なパーティーをありがとう♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

6月にはもう一つ、シュタイナー関連の講座が開催されました。

 

やはりドイツから来日したトーマス・ペドローリさんの直感コミュニケーションWS。

パートナーの麻理さんが通訳をしてくださいます。

 

風の音書店 音係のKodamaが主催して、昨年から始まった講座。

わたくしも2度目の受講です。

 

6月18日(日)10時~16時

臼杵カトリック幼稚園マリアホール。

 

2014年に風の音書店ライブをさせていただいた、素敵な会場です。

木の香りがして、明るくて、広さもちょうどよくて、とても心地よいホール。

 

今回も、あけみちゃん(此の花さくやAkemiさん)が、会場装花をしてくれました。

 

 

紫陽花をメインに、バラやヨウシュヤマゴボウなどを籠に盛り、10個吊るしました。

 

このお花があるだけで、清々しい初夏の風が吹き抜けます。

これらすべてを、なんと たった1時間で!仕上げたのです。

あけみちゃんの指示のもと、スタッフやお客様まで動員して(笑)、作ったんですよ。

すごいでしょ。

 

 

さて、午前の部が始まりました。

参加者 約20名。

 

まず、みんなで輪になって立ち、青いゴムボール(直径15㎝くらい)を使ったワークをしました。

たった1個のボールで、さまざまなワークを展開します。

ボールを落とさないよう、手から手へ 水が流れて行くように転がしていくワークでは、みんなの心がそのボールに集まり、静まっていくのを感じました。

そして わたくしには、その青い小さなボールが、この地球のように思えてきて、とても愛おしゅうございました。

後ろの人が投げ上げたボールを、振り向かずにキャッチするワークは、最も難しゅうございました。

自分の頭越しに、ボールが突然目の前に落ちてくるので、全身の感覚を研ぎ澄ませておかねばなりません。

一種の野生の勘が必要です。

面白いことになってきました。

 

 

昨年も体験した、水の動きのワークが、今年もまたありました。

障害物を作って、それを避けながらみんなで動いていきます。

水が流れるように、緩急をつけながらなめらかに動くのです。

 

その中で、1人だけ鬼を決めます。

鬼と正面で出会った人は、プレーヤーから外れていきます。

あくまでも【水】なので、前から鬼が来たからと言って、くるっと回れ右して逃げることはできません。

全体を見渡し、鬼の存在を確認しつつも、自分の水としての動きを止めることなくプレーし続ける。

これも、日ごろあまり使うことのない感覚を鍛える面白いワークなのです。

 

次に、3人のプレーヤーが、決められたある一点で出会うことを目指すワーク。

水としての動きを守りつつ、3人が、それぞれ違う方角からやってきて、同時にゴール地点で出会わなくてはなりません。

3人以外の人は周りで見ているのですが、けっこうイライラします(笑)。

せっかく2人がいいタイミングで出会えるのに、あと一人がちょっと遅い とか。

これは、鬼から逃げるより、もっと高度なバランス感覚が必要です。

 

 

傾聴のワークもありました。

2人組(AさんとBさん)になって、まず4分間、Aさんが話します。

たしか、自分がこれまでに経験したストレスフルな対人関係について、だったかな???

そんな感じのテーマだったと思います(不確か 笑)。

その間、Bさんはなるべく無反応を心がけます。

次に、Bさんが、1分間、Aさんの話の中で、特に印象に残った部分をフィードバックします。

それを受けて、4分間、Aさんが感じたことを話す というもの。

立場を入れ替える時に、座る場所も入れ替わるのが面白かったです。

4分間って、意外と短い。

無反応な相手に向かってしゃべることが、わたくしはちょっと苦手なのですが、黙って聞いてもらえる方が話しやすいという方も多く、新鮮な経験でした。

もやもやとした思いを、途中で否定されたり 中断されたりすることなく聴いてもらえるというのは、気持ちを整理するのにとても良いと思います。

言葉を使うワークなので、わたくしも今後取り組んでいきたいと思いました。

 

午前の部の最後に、麻理さんが詩を朗読してくれました。

読んだ詩は 谷川俊太郎の「生きる」。

連と連の間に、トーマスが即興でライアを奏で、心地よい感動が場を満たしました。

 

午前のみ参加の人たちとはここでお別れ……。

 

お昼は「臼杵屋 農民カフェ」の美味しいオーガニック弁当をいただき、午後の部に突入。

 

午後から参加の人も集合してみると、やはり約20名。

 

午後には、また違ったワークが展開しました。

 

その中に、超難しい遊びのワークがあって、わたくし、最後までよくルールがわからなかったのですが(涙)、簡単に説明すると、追う側と追われる側が一瞬で入れ替わってしまう鬼ごっこ とでも言いましょうか。

もともと運動音痴なわたくしは、誰よりも足が遅く、こういう遊びは初めから苦手意識を持ってしまいます。

参加者の年齢層が高めなので、複雑なルールの遊びは よく分かんない人続出で、その奥義を窮める所まではなかなか……(笑)。

 

でもでも!

とっても心に残ったワークがありました。

それは、外で行われました。

2人組になり、Aさんが目をつぶります。

Bさんは、Aさんの背中に手を当てて誘導します。

言葉を使わず、背中に置いた手の圧力や角度で、Bさんは、自分の連れて行きたい場所へAさんを導くのです。

まず、わたくしが目をつぶって誘導してもらう体験をしました。

日向から木陰に入ると、目を閉じていてもすっと暗くなったのが分かります。

そして、風の音と温度と香りを感じます。

大きな樹の幹のそばへ誘導され、その木肌に触れさせてもらいました。

ごつごつしているはずの幹の表面は、びっしりと苔に覆われていて、その苔はシルクの絨毯のようにあたたかくて乾いていてふかふかでした。

わたくしが夢中でその手触りを楽しんでいると、背中に置かれていた手は離され、しばらくわたくしは樹と二人きりになりました。

とても充足した感覚。

手を離されたことへの不安はまったくありません。

充分 苔の感触を楽しんだ頃、再びわたくしの背中に手が置かれ、今度はブランコに誘導されました。

目をつぶったままブランコに乗るのは初めて。

そっと後ろから押して手を離してもらうと、もう無重力の世界。

宇宙遊泳をしている感覚でした。

何の不安もない、自分の身体の境目さえなくなったような心地よさ。

右脳が喜んでいるのを感じます。

誘導するのも楽しかったけれど、目を閉じて世界を感じる方が断然楽しいと思いました。

この会場が幼稚園だったからこそ楽しめた素晴らしいワークだったと思います。

 

再び室内に戻り、トーマスのライアを聴きながら少し高次の自分と対話するワーク。

わたくしの最も苦手とするもの(笑)。

浮かんできた言葉やイメージを紙に書くのですが、わたくしにはほとんど何も浮かんできません。

でも、ライアの響きは素晴らしく、瞑想状態(というか睡眠の一歩手前の状態)を楽しみました。

 

最後に、トーマスのライアと麻理さんの歌を披露してくれました。

シンプルで美しい、草原に吹く風のような音楽でした。

 

 

6日に真理子さんのお話とワークに参加し、18日にトーマスと麻理さんのワークに参加しました。

これまでシュタイナーについてはほとんど何の勉強もして来なかったわたくしですが、その目指す境地が少しだけ分かってきたような気がします。

 

素晴らしい学びと気づきと癒しの6月!!

 

すでに次回が楽しみです♡

 

参加者のみなさん、ありがとうございました。

Kodamaちゃん、スタッフの方々、本当にお疲れ様でした。

感謝☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事後報告で申し訳ございません。

 

6月6日(火) 大分市の某公民館にて 昼と夜 2回のお話会を開催しました。

シュタイナー教育に関心をお持ちの方々、昼夜合わせて約60名にご参加いただき、癒しと学びの一日を過ごすことが出来ました。

 

風の音書店花係の 此の花さくやAkemi(以下、あけみちゃん)が、忙しさの合間を縫って、会場装花してくれることになり、わたくし、前日の早朝、紫陽花を集めに行ってまいりました。

まだちょっと時季が早く、ようやく色づき始めたばかりの紫陽花たちをあけみちゃんに託しました。

 

いよいよ当日、会場の両極には美しく花が飾られ、清々しい氣の流れる場が出来上がりました。

 

 

 

 

ミモザの葉やアザミ、ニゲラの実や野葡萄の葉、枇杷の実など、季節の草花をふんだんに。

そして天使のバラも♡

 

 

菩提樹の枝は、ユーカリままさんより♪

いつもありがとう!

 

 

講師の真理子さんです。

ドイツ在住で、長年シュタイナー幼児教育に携わっておられます。

 

真理子さんとは、音係Kodamaを通して不思議なご縁でつながっておりまして、次女ミキもドイツ留学の際たいへんお世話になりました。

そこで、真理子さんの来日に合わせて、わたくしがお話会を開催することにしたのでございます。

 

これまで、ライブやお話会の依頼を受けることはあっても、講演会を自ら主催するのは初めての経験。

公民館を借りるのも初めてで、なかなか新鮮でした。

 

さて、お話会スタートです。

 

昼の部は畳の部屋で、小さな子どもたちも一緒に楽しみました。

 

まずはじめに、真理子さんが みんなの掌に 順々に香油を塗ってくれました。

香油は真理子さんがブレンドしたもので、ホタテ貝の殻に入れてありました。

(この香りは、昼と夜とで違うものでした)

みんなは両手を擦り合わせて、その香りを鼻から全身に吸い込みます。

そして、心を静かにして、外から聞こえてくる鳥の声に耳を澄ませます。

 

真理子さんのライアに合わせて、♪ド レ ミ ファ ソ ラ シ ド  ド シ ラ ソ ファ ミ レ ド♪と、全員で音階をハミングします。

それから、半分の人たちは違うメロディーを与えられ、ハミングで合唱。

その時、自分の音も、相手の音も、ちゃんと聞こえているかどうかを確認。

初めのうちは、自分のメロディーを歌うことに必死で他の人の声が聞こえなかった人たちも、意識して聴くことでだんだん聞こえるようになってきました。

 

個人と集団の関わり、バランス感覚についてのお話は、まさに今のわたくしたちに必要な学びだったと思います。

 

印象的だったのは、二人組で向かい合って立ち、自分と相手との心地よい距離や角度を探るワーク。

正面に向かい合うより、並んだり 後ろに立ったり する方が話しやすいよね、という声多数。

 

二人組になって、一方が目をつぶって相手に向かって歩いていくワークも。

待つ方の人は、2mほど離れて立ち、歩いてきた人を受け止めるため、肩の高さで掌を前に向けて待ちます。

歩く人は、目をつぶって 待つ人に向かって歩きます。

前向きと、後ろ向きで、歩き比べます。

次に、待つ人が、歩く人の肩や背中に手で触れて氣を送ってから、もう一度同じことをします。

 

私自身の感想は、前向きで歩くより、後ろ向きの方が、受け止められたときの安心感が大きいということ。

前進して正面から受け止められると、ストップをかけられている感じ、逆に背中を受け止めてもらうと、サポートされている感じです。

氣を送ってもらってから歩くと、目を閉じて歩くことへの不安が少なくなり、受け止められたとき懐かしい感じがしました。

そして背中に触れてもらうことの心地よさを知りました。

 

真理子さんは、背中の感覚の重要性について話してくれました。

相手の背中にそっと手を触れながら話すと、言葉や思いを届けやすいということなど。

反抗期で、対話が難しい子どもとも、そうすると話がしやすいということです。

 

また、たいへん集中力を必要とする遊びのワークもありました。

他のことを考える余裕はなく、文字通り没頭して遊ぶ数分間。

 

「大人は、普段いろんなことを考えながら生活しています。でも、今の遊びの最中に、昔のことを思いだしたり、先のことを思い悩んだりするヒマはなかったでしょう。そのことだけに熱中していたはずです。それこそ“いまここ”に生きているということ。子どもたちは、毎日 そんな世界に生きてるるんですよ。」

 

子どもたちが何かに没頭している時間を、大人の都合で中断させることの理不尽さを思いました。

そして、そのようないまここに集中する力こそが、情緒豊かで自律的な人生を送る力を育むに違いないと思いました。

 

 

夜の部で印象的だったのは、二人ずつで遊ぶ目隠し鬼ごっこ。

追う側も、逃げる側も目をつぶったままです。

どちらも、時々拍手をして、相手に手がかりを与えます。

その他の人たちは、ぐるっと輪になって、二人が輪の外に出ないようガードします。

遊ぶのは二人ですが、彼らの動きを観ることも学びとなります。

 

わたくしも、プレイしてみました。

目を閉じると、方向感覚がマヒします。

音も、どっちから聞こえてくるのか、わたくしにはよく分かりませんでした。

そして、人にぶつかるのが怖くて、大胆に動くことができません。

でも、上手な人の動きを見ていると、周りの人を信じて俊敏に大きく動いていきます。

そして、相手が見えているかのように、拍手の音に正確に反応するのです。

視覚を奪われた状態にいて、いかにリラックスできるか、が大切なのだと感じました。

そして、その他の感覚を研ぎ澄ますことが肝心です。

 

講師を養成するためのワークショップでは、本物のナイフを持ってこの遊びをするそうです!

それって、遊びというか、格闘では……。

 

 

 

一つ一つのワークの後には必ずシェアタイムがあり、感じたこと、気づいたことなどを自由に発表します。

答えはありませんが、互いの気づきを共有することで、各々がメッセージを受け取るのです。

 

自分はどう感じたのか、自分の振る舞いにはどういうクセがあるのか、ということを絶えず突きつけられます。

それは、世界とどう関わるのか、という問題にもつながって行くようで、大変深い学びの一日でした。

 

ハハパレのみんなにはとってもお世話になりました。

その他にも、お手伝いくださった心優しい友人たち、本当にありがとう!

1人では絶対無理でした。

 

お昼のスイーツやサンドイッチ弁当を作ってくれた岩田さん

夜のマクロビ弁当を作ってくれたジャズ喫茶ネイマの喜美子さん

大変おいしゅうございました。

ありがとうございました。

 

梅雨入り宣言されたこの日、

お越しくださったみなさま ありがとうございました!

 

え~~聞いてなかったし!とおっしゃるブログ読者のみなさま

ごめんなさい。

次回はちゃんとブログで告知いたしますね。