ランカ・リー公式グルっぽ会員番号48番です!
詳しくはランカ・リー公式グルっぽ を参照w

警告:メイプル関連の記事にコメントなどをする人は事前に必ずこの記事 に目を通しておいてください。

ベクターから来た人はここ(回り将棋)ここ(Almighty) からどうぞ~

マクロスFの感想書いてます。ここ からぜひ見ていってください。

blogram投票ボタン

↑参加中。このブログが良いと思ったらクリック。
メイプル・攻略ブログ

↑参加中。メイプル関連の記事を読んだらクリックお願いします。

オンラインゲーム・メイプルストーリーをやっているメイブレラン潟さんです。

以下メイブレラン潟さんのメイプルストーリーでの9月22日現在の情報を。興味のある人はすぐにコメントよろしくw


※単なる数友や後日捨てるような友はトモロク受け付けません。どうせ友達になるんなら絡みましょう。


☆なつめ☆

名前:潟実験用壱号

職業:市民

レベル:10

コメント:おすすめ通りに作ったキャラ。職業何にしようか迷い中。


☆すもも☆

シグナス騎士団キャラ4体あり。


☆けやき☆

名前:潟実験用弐号

職業:アークメイジ(雷・氷)

レベル:120

コメント:某友人のお誘いに乗じて作ったキャラ。青宮泉若太のオマージュ。通常魔だと意外とレベルアップが早いことに気付いた。


名前:潟実験用参号

職業:クルセイダー

レベル:80

コメント:指輪狙いで作成したキャラ。潟さんat仙台のオマージュ。


名前:潟実験用肆号

職業:ソウルマスター

レベル:73

コメント:シグナス騎士団育成実験用キャラ。1日100レベルはガセネタだと証明された。


名前:潟実験用伍号

職業:アーチャー

レベル:45

コメント:採集採掘用キャラ。ほとんど狩りしない予定(ぇ


名前:潟実験用陸号

職業:ストライカー

レベル:45

コメント:製作キャラ。こちらも伍号と同様。


名前:潟実験用漆号

職業:初心者

レベル:6

コメント:モンスターファミリア消費キャラ。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2013年12月16日(月) 09時24分23秒

12月15日に投稿したなう

テーマ:本日のなう


#ohatsu あれ?なう変わった?w
12/15 23:27

アメニューへのコメント、ちゃんぽんめんの件からなうに全く反映されてないwwwww
12/15 23:29

2013年12月08日(日) 18時52分29秒

地方鉄道あるある

テーマ:徒然なる日記
地方の鉄道あるある「乗車するときにバスみたいに整理券が必要」
日本はとても鉄道の発達した国で、日本全国に鉄道網があります。今回は、そこにスポットを当てた「地方の鉄..........≪続きを読む≫


残業続きでブログ更新をサボった潟さんです(ぁ
どうしても期日中に終わらせないといけないプロジェクトを抱えていたもので・・・w
でも残業でいいですよね、帰りに飲み行って親睦が深まるしw
職場にマクロス好きな人がいないのが残念だが

さて、話は変わりまして、ローカル線あるある。
色々鉄道旅行行っているのでツッコミ付け加えていきますかw
バトンにしてもいいかもしれないですね~w
東京が中心とか言ってるが、日本人の8割程度は地方住みですよ(ぇ
まあ、どこから地方と定義するかによりますが・・・www

●車掌さんがいない。
そんなこと言ったら、山手線とかどーなるのっ!?(ぁ

●後ろ乗り前降り。
浅野川線はたしか前乗り前降り

●乗車するときにバスみたいに整理券が必要。
天下の東北本線でも福島県・宮城県区間はだいたいこれ。

●車窓にいきなり墓地が現れる。お寺らしき建物はなく墓地だけ。
浅野川線にそんな区間があったな・・・(ぇ
つか北陸線にもあった。よく乗っていたせいか、北陸線の方が印象が強い。

●次の電車まで1時間以上待ちは当たり前。
変な保守工事とかで北陸線は1時間以上来なかったことあったっけorz
水曜が憂鬱だったよ;;
浅野川線は30分に1本だし、北陸線金沢~津幡もたしか1時間に2本はあったような・・・

●地域の人々が電車の時刻に合わせて生活している。
それはない(ぇ
ただ、もっと地方に行くとあるかもね。飯田線とか(ぁw

●SLの汽笛が響き渡るとお茶の時間またはランチタイム。大井川鐵道です。
知らん。てか定期運行のSLって大井川鐵道の専売特許では?(ぁw

●2両編成の場合、後ろの車両はドアが開かない。
ああ、そうそう。これこれ。
後ろ乗り前降りで書いたのがこれですわ(´・ω・`)
でも北陸線は2両でも全ての車両のドアが開かなかったような・・・(ぇ
↑自分で開けるパターンだよw

●山間の無人駅で降りると、車掌さんに「熊に気を付けて」と言われる。あえて路線名は伏せますが。
んー・・・
「本当にここで降りるの?」ってのはあったけど、熊は無かったな~
まだ乗ったことのない四国九州西日本か北海道の路線かな?

●無人駅で、しかも駅の周辺に民家がないのに、なぜか花壇がきれいに手入れされている。
身延線の某駅ですね(笑)

●駅に猫がいて地域の人気者。その猫がブログで紹介されて有名に。その有名猫がいつの間にか駅長になっている。その駅長猫が話題になって社長代理に。和歌山電鐵の話です(笑)。
たま駅長ですかw
会津鉄道の芦ノ牧温泉駅も猫で有名。

●ほんとはディーゼルカーなんだけど、電車と呼ばれている。
列車または気車(汽車)ですね~w
あるいは石巻線みたいに路線名で呼ぶか・・・

●車両の両側に運転台がある。
1両編成のローカル線にはよくある話ですね~
この前乗った江差線もこれでした。

●車両の運転席近くに大きなバックミラーが付いている。
あ~これは知らないですね・・・
単に気が付いてないだけかもしれないが(ぉぃ

●よーく見ると、車両がバスに似ている。
浅野川線乗ってそれ思ったw
ただ、オールロングシートなので中身はバスっぽくないのだが(ぇ

●無人駅の待合室にノートが置いてあり、思い入れたっぷりのメッセージが綴られている。
石川県のJR線の駅には駅ノート無かったような・・・
のと鉄道の笠師保駅にはあったかな。
あとは岩泉線の岩泉駅www
俺も書いたよww

●擦れ違いは駅だけ。しかも待ち時間が異様に長い。
磐越西線とかは信号場ですれ違うこともあったかな。
北陸線はすれ違いというよりも特急を先に行かせる長時間停車が結構ある。

●車内に中づり広告がない。
それはないw
中づり広告で○○県に入ったんだな~と判断。

●駅の広告が病院ばっかり。
だね~
それか医療系の専門学校や大学のみ。

●駅舎が喫茶店やそば屋になっている。しかもいつ営業しているか分からない。
ん?只見線七日町駅のこと!?
そば屋はどこだろ・・・?

●それでもコ◯コーラの自販機は稼働している。
意外と田舎はBO○○やペ○シが多いぞ。

●車窓の自然の風景が意外とダイナミック。
仙山線とか羽越本線とか・・・
いやw田舎だからダイナミックなので意外性は皆無。

●でも人家が少ないから夜景は寂しい。
●夜の車窓は自分の顔しか映らなくて切ない。
だね・・・
明かりが一切無いから自分の顔しか映らないww

●列車が発車してしまうと、駅がものすごく静かになる。
乗降車の時間だけしか改札を行わないのが原因かと思われ。
だってホーム入れないし(ぁ

●「◯◯線廃止反対」の看板がある。
あ~・・・どこかで見たな~w

●「乗って残そう◯◯線」という看板がある。
乗って残そう大船渡線。とかねw
石川線にもコレがあったっけ。

●そのわりには誰も乗ってない。
そんなことは無い。たくさん列車乗って満員列車は首都圏より地方の方がヒドいと分かった。

●通学時間帯だけは、すし詰め満員になる。
浅野川線に限って言えばそうなるかも。
でも不便であまり乗らないからな~・・・分からない(ぁ
この前、北陸線乗ったけど、日曜の昼間なのに超満員だったような・・・

●休校日は運休。
あ~・・・知らない。
土曜休日運休ってのはある。

●「前方に鹿がいるため停車します」という車内放送。
いまだに聞いたこと無い。
北海道かどっか?

●駅員が乗客全員と顔見知り。
だから俺みたいな他所者が来たら一発で鉄だと分かるんですねww

●景色の良い場所で、わざとゆっくり走ってくれる。
五能線ですねw

●乗客が自分だけの場合、「お客さんどちらまで?」と聞かれ、終点と答えると、他の乗客がいない駅は全部通過。
自分以外にも乗客がいる時にも聞かれますね~w青春18きっぷ派なので(ぁ
全部通過は今まで無かったですね~
時刻表にある駅全部停まりましたよ。乗客がいなくてもドア開けずに停まってました。

●のんびり駅にやって来るお年寄りを電車が待ってくれる。その遅れは運転士の華麗なテクニックで取り戻す。
たぶんその遅れを考慮してダイヤ組んでいるんだと思う。うん。
なので華麗なテクニックでも何でも無かったりして(ぁ
日本の鉄道は用意が良いのだw

●車窓から見える民家は、たいてい柿か大根がぶら下がっている。
その柿や大根も無くなっていて、ひもだけのパターンが大半(ぁw

●車両が都会で走っていた電車のお下がりで、再会に感激したり、甘酸っぱい思い出がよみがえる。
浅野川線の車両はそれらしいんだけど、よく分からない。
まあ、まだ若いからだろうけど(ぇ

●映画「男はつらいよ」のロケ地で、ポスターと映画スタッフの記念写真が飾られている。
それは知らない。
八戸線は映画(?)「あまちゃん」のロケ地らしい。

●遠くに見える国道沿いの方がにぎやか。
たまにそんな路線ありますよねー
信越本線とかかな?

●田舎だから、のんびり走るかと思ったら、意外と全速力。
北陸線は特急が多く走るため、かなりスピード出します。
田舎=新幹線ない=特急走る=スピードが速いという図式。
まあ、駅間距離が長いというのもありますが・・・w
2013年11月06日(水) 06時16分33秒

階段

テーマ:クチコミ番付
何階までなら階段使う?ブログネタ:何階までなら階段使う? 参加中



ブログいくつか投稿したのだが、なんか不具合で投稿されてないorz
それか見られないのかも。今後に期待(ぁw


さてさて、これ系も久しぶりだなw
何階まで階段使うかって話。

ごめんなさい。
2階までです(ぇ
やはりまだ後遺症というかなんというか・・・
歩いていて異物感というか脚が痛いことがありまして・・・
あまりたくさんの階、階段で行けないんですわ(´・ω・`)
幸い、今の職場にはこのことに理解のある人ばかりで良いのですが・・・
10代の頃は12階でも階段使ってたな・・・(ぁぁ

2013年11月02日(土) 12時47分14秒

新幹線開通前の乗り潰し地図

テーマ:旅行
$メイブレラン潟さんのブログ-乗りつぶし地図

JR東日本全線乗車達成!
なお、不通となっていた家城~伊勢奥津間は代行バスでしたが、復旧が極めて困難なため(廃止との噂も)点線で表示しておきました。(乗ったとしてみなす)

この時点で乗り潰した都道府県、路線を出してみます。

・乗り潰した都道府県
青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
福島県
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
静岡県
山梨県
長野県
新潟県
富山県
石川県
岐阜県
愛知県
滋賀県
三重県
奈良県
和歌山県

・残り1路線で乗り潰す都道府県
福井県(越美北線)
鳥取県(因美線)

・残り2路線で乗り潰す都道府県
(高知県)(土讃線、予土線)

・残り3路線で乗り潰す都道府県
京都府(山陰本線、片町線、福知山線)
島根県(山陰本線、三江線、山口線)
広島県(芸備線、三江線、可部線)
(愛媛県)(予讃線、予土線、内子線)
(長崎県)(長崎本線、大村線、佐世保線)

・残り4路線で乗り潰す都道府県
岡山県(宇野線、姫新線、因美線、吉備線)
香川県(予讃線、土讃線、高徳線、本四備讃線)
(鳥取県)(山陰本線、伯備線、境線、因美線)
(島根県)(山陰本線、山口線、三江線、木次線)
(大分県)(日豊本線、豊肥本線、久大本線、日田彦山線)
(熊本県)(鹿児島本線、豊肥本線、三角線、肥薩線)

路線別では・・・

・全線乗り潰した路線
江差線
海峡線
大湊線
八戸線
五能線
奥羽本線
花輪線
男鹿線
羽越本線
田沢湖線
北上線
陸羽西線
陸羽東線
左沢線
米坂線
仙山線
東北本線(支線、埼京線含む)
山田線(現在不通になっている区間含む)
岩泉線(現在不通になっている区間含む)
釜石線
大船渡線(現在不通になっている区間含む)
気仙沼線(現在不通になっている区間含む)
石巻線(現在不通になっている区間含む)
仙石線(現在不通になっている区間含む)
常磐線(現在不通になっている区間含む)
磐越西線
磐越東線
水郡線(支線含む)
烏山線
日光線
水戸線
両毛線
鹿島線
総武本線(支線含む)
成田線(支線含む)
(駅単位)武蔵野線
東金線
外房線
内房線
久留里線
京葉線
山手線
赤羽線
川越線
八高線
高崎線
信越本線
吾妻線
上越線(支線含まない)
白新線
越後線
弥彦線
飯山線
只見線(現在不通になっている区間含む)
篠ノ井線
大糸線
小海線
中央本線(支線含む)
身延線
横浜線
相模線
青梅線
五日市線
南武線(支線含む)
鶴見線
東海道本線(支線含む)
根岸線
横須賀線
御殿場線
伊東線
飯田線
武豊線
太多線
高山本線
北陸本線
七尾線
氷見線
城端線
小浜線
舞鶴線
草津線
湖西線
紀勢本線(支線含む)
関西空港線
参宮線
名松線
奈良線
桜井線
和歌山線
赤穂線
境線
木次線
伯備線
津山線
福塩線
呉線
美祢線

・一部区間が残っている路線
関西本線(JR難波-新今宮間)
大阪環状線(大阪-京橋-天王寺間)
阪和線(天王寺-日根野間)
山陽本線(厚狭-門司間と和田岬線)
山陰本線(京都-綾部間と宍道-東萩間と長門市-幡生間)
宇野線(茶屋町-宇野間)
姫新線(姫路-津山)
芸備線(塩町-備後落合)
本四備讃線(児島-宇多津間)

他路線は1駅たりとも乗っていない未乗路線です。

ちなみに・・・
JR東日本、JR東海は全線制覇。
列挙してみましょう。
・東北本線
・奥羽本線
・仙石線
・仙山線
・羽越本線
・信越本線
・磐越西線
・白新線
・上越線
・篠ノ井線
・常磐線
・水戸線
・両毛線
・武蔵野線
・川越線
・赤羽線
・山手線
・成田線
・総武本線
・内房線
・外房線
・京葉線
・東海道本線(東京~熱海、品川~武蔵小杉~横浜等)
・中央本線(東京~岡谷~みどり湖~塩尻、岡谷~辰野~塩尻)
・南武線
・鶴見線
・根岸線
・横浜線
・相模線
・横須賀線
・青梅線
・五日市線
・津軽線
・大湊線
・八戸線
・五能線
・花輪線
・北上線
・山田線
・釜石線
・大船渡線
・男鹿線
・陸羽西線
・陸羽東線
・石巻線
・気仙沼線
・磐越東線
・米坂線
・越後線
・弥彦線
・飯山線
・水郡線
・日光線
・烏山線
・吾妻線
・八高線
・久留里線
・鹿島線
・小海線
・大糸線(松本~南小谷)
ここまで東日本。ここから東海
・東海道本線(熱海~米原、大垣~美濃赤坂)
・中央本線(塩尻~名古屋)
・関西本線(名古屋~亀山)
・紀勢本線(亀山~新宮)
・御殿場線
・身延線
・飯田線
・武豊線
・太多線
・高山本線(岐阜~猪谷)
・名松線(ただし家城~伊勢奥津は代行バス)
・参宮線

ちなみにJR西日本。かなり乗ってないのいっぱいあります。
・山陽本線(厚狭-下関間、兵庫-和田岬間)
・山陰本線(京都-綾部間、宍道-東萩間、長門市-幡生間)
・大阪環状線(天王寺-京橋-大阪間)
・片町線
・JR東西線
・福知山線
・桜島線
・おおさか東線
・阪和線(天王寺-日根野間、鳳-東羽衣間)
・関西本線(今宮-JR難波間)
・宇部線
・宇野線(茶屋町-宇野間)
・越美北線
・加古川線
・播但線
・姫新線(姫路-津山間)
・吉備線
・因美線
・芸備線(塩町-備後落合間)
・三江線
・可部線
・山口線
・岩徳線
・小野田線

JR四国は本四備讃線児島~坂出以外全線未乗。
JR北海道は海峡線と江差線以外は全線未乗。
JR九州は全線未乗です。
2013年11月01日(金) 22時36分57秒

3つの特例の北東北旅行 その27~花輪線湯瀬温泉~大館編

テーマ:旅行
前回の記事では花輪線岩手県区間(一部秋田県区間)。
この記事では花輪線秋田県区間を見てみます。

$メイブレラン潟さんのブログ-八幡平駅
八幡平市は岩手県なのに八幡平駅は秋田県にあるという矛盾(ぇ
東北自動車道のICは松尾八幡平、鹿角八幡平で「鹿角」がついているのに、駅名になると面倒くさくなったのか、「鹿角」が抜けている(ぁ

$メイブレラン潟さんのブログ-八幡平観光名所
観光名所はこんな感じ。
田んぼが多くて秋田らしい車窓。

$メイブレラン潟さんのブログ-このあたりから開ける
八幡平駅あたりから開けてきます。
文字通り平ら(ぁ

$メイブレラン潟さんのブログ-川沿いの並木道
川沿いに木が並んでいます。
まあ、どこにでもありそうな風景ですがw

$メイブレラン潟さんのブログ-陸中大里駅
前記事で書いたように、秋田県なのに旧陸中国。
だから秋田県なのに羽後大里駅ではなく陸中大里駅。
岩手県なのに陸前高田みたいなものか(ぁw

$メイブレラン潟さんのブログ-陸中大里駅前
駅前はこんな感じ。ずっと田んぼ。
鹿角花輪と八幡平という有名スポットに挟まれて目立たない駅(ぇ

$メイブレラン潟さんのブログ-鹿角花輪
鹿角市の中心となる(?)鹿角花輪駅に到着。
花輪線の由来となった駅かな。

$メイブレラン潟さんのブログ-線路がいっぱい
中心駅とだけあって、線路がいっぱいあります。

$メイブレラン潟さんのブログ-柴平駅
有名スポットに挟まれた小さい駅その2。
駅名の通り、平らです(ぁ

$メイブレラン潟さんのブログ-これから進んでいく線路が合流
次の十和田南駅でナゼか列車の進行方向が変わります。
これから進んでいく線路が左から合流してきました。

$メイブレラン潟さんのブログ-十和田南駅
十和田南駅に到着。列車の方向変えるのにしばらく停車。
次駅表示、右側が空欄となっています。
確かに十和田市より南にはあるのですが、かなり南です。
十和田市に行くのにこの駅で降りる人はいるのでしょうか?
ちなみに東北新幹線に七戸十和田という駅がありますw

$メイブレラン潟さんのブログ-東北自動車道
進行方向が変わり、しばらく進むと東北自動車道の下をくぐります。
あれ?東北自動車道のICって十和田ICだったような・・・
十和田市に無い十和田IC・・・
さっきの八幡平といえ、このあたりは隣町の地名が使われたりしてなんか適当です(ぇ

$メイブレラン潟さんのブログ-まだ平野は広がる
山に挟まれながらまだ平野が広がります。

$メイブレラン潟さんのブログ-田んぼの遠くに見える集落
田んぼの向こうに集落が見えます。昨日バスで通ったところでしょうか。
大館から盛岡に行くバスですが、ナゼか十和田ICではなく鹿角八幡平ICから東北自動車道に入りました。
高速けまないという東北自動車道上にあるバス停だと勘違いしそうな一般道上のバス停を経由していました(謎)。

$メイブレラン潟さんのブログ-川沿い
ここからしばらく川沿いを走ります。
川向こうは平野ですが、こちらは山がちです。

$メイブレラン潟さんのブログ-末広
どこにでもありそうな末広という駅に到着。
でもありそうで無いんですかね、陸中末広(羽後末広?)ではなかったです。
ちなみに卯辰山の山頂付近は金沢市末広町です(ぁ

$メイブレラン潟さんのブログ-末広駅
駅舎はこんな感じ。なんか津軽線みたいw

$メイブレラン潟さんのブログ-田んぼと山ばかり
田んぼと山が続きます。

$メイブレラン潟さんのブログ-いかにも秋田な風景
秋田って感じの風景です。

$メイブレラン潟さんのブログ-どぶかい
土深井と書いて「どぶかい」と読む駅に到着。
山がちだから土が深いんですかね・・・(ぁ
それかドブかい!?(汚っ)

$メイブレラン潟さんのブログ-沢尻
これもどこにでもありそうな沢尻という駅に到着。
読みもそのまま「さわじり」。

$メイブレラン潟さんのブログ-十二所の集落
$メイブレラン潟さんのブログ-十二所
十二所という駅に到着。
ん・・・似た名前の駅なかったか?(それは五能線の十二湖)
何かが12ヶ所あるんですよね、きっと。
それか12番目の何か・・・

$メイブレラン潟さんのブログ-大滝温泉駅
湯瀬温泉に続いて温泉駅、大滝温泉に到着。
これもどこにでもありそうな名前の駅(温泉)ですが(ぁw
だって、大きい滝の温泉って、山あいの温泉ならどこでもそれなりに大きい滝がありそうなんですけどね・・・
ただ、駅前は温泉街という雰囲気ではなく、少し離れている感じですね・・・

$メイブレラン潟さんのブログ-川の向こうは大滝温泉
川向こうになんかホテルっぽいものがあるので、きっと川向こうが温泉街なのでしょう。

$メイブレラン潟さんのブログ-使われていないホーム
この大滝温泉駅にも使われていないホームがありました。
あれ?湯瀬温泉駅にもなかったっけ?(ぁ
大滝温泉駅は集落のはずれの行き止まりみたいなところにありました。

$メイブレラン潟さんのブログ-扇田駅
旧比内町唯一の鉄道駅、扇田。
ここが比内鶏の里だろ(ぁw
このあたりから住宅地、市街地になりますが、花輪線はその市街地を迂回するように走っているらしく、田んぼの中を走ります。

$メイブレラン潟さんのブログ-奥羽本線の上を通る
東大館駅を過ぎて少し進むと奥羽本線の上を通ります。
これまでみたいに左から合流・・・という感じではないみたいです。
ちょっとひねくれたパターンというか、仙山線みたいな感じか?

$メイブレラン潟さんのブログ-奥羽本線が合流
奥羽本線が右側から合流してきて終点大館駅に到着です。
さらっと書きましたが、奥羽本線をまたいで弘前側に進んだということは東に進んだということ。
すなわち、大館駅は東大館駅より東にあるという訳分からない状態になってます(ぁ
東大館じゃなくて西大館だろw

$メイブレラン潟さんのブログ-折り返し盛岡行き
折り返し盛岡行きとなりました。
大館駅の発車メロディは独特です。
弘前駅のは三味線w
青森駅や八戸駅はなんか普通でした(ぇ
あの、原ノ町駅と同じヤツねw

$メイブレラン潟さんのブログ-花輪線MACアドレス
MACアドレス。
あれ・・・撮ったかも(ぇ

その後、日本海縦貫線(奥羽本線→羽越本線→信越本線→北陸本線)で富山まで行き、富山駅から1時間くらい歩いて国道41号沿いのネットカフェに宿泊。
その際、0時を過ぎて最初に停まる駅が水橋だったので、水橋~富山の230円の切符を車内で購入し、富山駅で精算。特例その3でした(ぁ
まあ、何が特例かというと、滑川~水橋間ねw
たしか滑川着23:59で本来はここで終了になるのだが、列車は終点が富山でまだ動いているので、0時を過ぎて最初に停まる駅まで特別に行ける・・・という解釈で特例(無理やりか)
あれ?これって列車が遅れた場合どうなるんだろう?
時刻表上での0時を過ぎて最初に停まる駅かな?
なんかちょっとよく分からないルールです。分からないというか、書いてない項目(ぁ
優等列車(特急等)に乗れないって書いてあるだけだからな・・・

次の日は高速バスで金沢に出て金沢から浅野川線、んで町営バスで帰宅しました。長かったー
2013年11月01日(金) 22時14分35秒

3つの特例の北東北旅行 その26~IGRいわて銀河鉄道・花輪線青山~湯瀬温泉編

テーマ:旅行
目が覚めると大雨が降っていて寒い・・・
そういえば台風が来るってニュースでやっていたが、ここはどこだろうか?
気がつくとJR弘前駅に居た。節電の影響か、駅は暗い。奥羽本線や五能線は動いているらしく、改札を行っている。
普通列車の大館行きが入線してきたようだ。俺はあわてて改札をくぐり、乗車した。



・・・
なーんてねw
小説風にしてみました(ぁw
googlemapで弘前駅から国道7号のルートを見てみたら、弘前駅の中央弘前駅側の出口からのルートを案内されたが、実際に行ってみると、城東口という国道7号側の出口もあってびっくりしましたww
この日は台風で大変でした;;
弘前に宿泊し、一番の列車で大館まで行ったはいいが、大館から列車が動かない。
何時頃に列車が動くか聞いてみたら午後5時だとか・・・
さすがに9時間も待てなかったので、バスで盛岡に出ました。なんか1日損した気分(ぇ
盛岡に昼前に到着。ここも列車が止まっていて、どこにも行けない。
仕方なく、バスでネットカフェまで移動し、そこで1日過ごしました(ぁ
実はこっそりメイプルINしました。けやきワールドなくなっていたのにびっくり
よく分からなかったが、厨川駅行きに乗ったんだっけか。

で、その翌日。きっぷの最終日となりました。
え?きっぷの有効期限は3日じゃないのかって?
いやいやw2枚買いました(ぇ
なので・・・
1日目(土):森本→羽後牛島
2日目(日):羽後牛島→八戸(五能線、奥羽本線)
3日目(祝):八戸→青森(八戸線、大湊線)
4日目(火):青森→弘前(津軽線、海峡線、江差線)
5日目(水):弘前→大館→バスで盛岡
6日目(木):青山→富山(IGR、花輪線)
となりました(ぁw
森本まで行きたかったのですが、残念ながら富山止まりとなってしまいましたorz
22:22直江津発のアレねw

$メイブレラン潟さんのブログ-青山駅
ネットカフェから徒歩で青山駅へ。そんなに遠くなかったです。
青山と言っても白新線の青山じゃないよー
IGRいわて銀河鉄道になってから開業した駅だっけw

$メイブレラン潟さんのブログ-上堂口
上堂口というところから入る。

$メイブレラン潟さんのブログ-前九年口
途中で前九年口が分かれる。

$メイブレラン潟さんのブログ-運賃表
青山駅からの運賃表がこれ。
好摩まで500円ちょうど。
雫石より安いとは驚きだ。

$メイブレラン潟さんのブログ-IGR券売機
IGRいわて銀河鉄道の券売機。
前九年口から入ってすぐのところにあります。
時計から分かるように午前5時30分です。朝一番の花輪線の列車に乗ります。

$メイブレラン潟さんのブログ-好摩方面ホームは反対側
八戸・大館ホームは反対側のようです。
跨線橋渡るか、踏切渡るか・・・だな。

$メイブレラン潟さんのブログ-青山
IGR仕様の青山駅。
というか、JR仕様の青山駅というのはありえない。

$メイブレラン潟さんのブログ-青山駅駅舎
青山口から青山駅駅舎を撮影。
早朝なので駅員不在。

$メイブレラン潟さんのブログ-青山口
青山口は踏切の前に出る道と駐輪場の前に出る道の2つの出口があります。

$メイブレラン潟さんのブログ-青山口案内
青山口の案内です。
出入り口が3つあるみたいです。

$メイブレラン潟さんのブログ-不動産もやっている
鉄道だけでなく不動産業もやっているみたいです。
やっぱり色々やらないと厳しいんかね・・・?

$メイブレラン潟さんのブログ-関連事業・会社の案内
関連事業・会社の案内のパンフレットがずらり。
宣伝に必死な感じが伝わります。

$メイブレラン潟さんのブログ-定期でタクシーに乗れる!?
定期券でタクシー割引のサービスまであります。
ここまでしないとやっていけないのか!?

$メイブレラン潟さんのブログ-領収書付きの切符購入
領収書付きの切符も買えるみたいで、領収書付きで購入しました(ぁ

$メイブレラン潟さんのブログ-花輪線列車入線
花輪線の列車が入線しました。
仙台地区(小牛田周辺)や福島地区でよく見かけるタイプの汽車でした。

$メイブレラン潟さんのブログ-大館行き
大館行きです。

$メイブレラン潟さんのブログ-花輪線MACアドレス
MACアドレス。

$メイブレラン潟さんのブログ-岩手山
IGR、市街地からどんどん離れて山に入っていきます。
左手の新幹線の下から岩手山が見えました。

$メイブレラン潟さんのブログ-厨川駅
厨川(くりやがわ)駅到着。
湯ノ岱駅と同様な理由で難読駅。
まあ、ほとんどの人は厨=ちゅうだもんなww
おそらく、駅名で厨の字つくのここだけかも。

$メイブレラン潟さんのブログ-すご駅
しばらく林の中を走っていると、青山駅同様、IGRになってから開業した巣子駅に到着。

$メイブレラン潟さんのブログ-すごっ
ブレてみるとなんだかすごっ!(ぇ

$メイブレラン潟さんのブログ-住宅街の岩手山
このあたりは住宅街です。
住宅街の奥に岩手山が見えます。

$メイブレラン潟さんのブログ-滝沢
日本一人口の多い村の駅、滝沢です(ぁ
岩手県は日本一面積の広い県だから、日本一の村ですねww
一部列車はここ折り返し。

$メイブレラン潟さんのブログ-渋民
石川啄木で有名なしぶたみ。
意外と山でびっくり。

$メイブレラン潟さんのブログ-渋民駅前
渋民駅前はこんな感じ。
割と住宅街。
奥の方に国道4号が走っています。今はバイパスできているのでだいぶ遠くなっていますが・・・

$メイブレラン潟さんのブログ-農地と岩手山
好摩駅近くの農地から岩手山を見る
朝日がまぶしいっ><

$メイブレラン潟さんのブログ-好摩駅
ブレてますが、花輪線がこの好摩駅からスタートします。ここまではIGRいわて銀河鉄道線。
この駅はJR線だけでは盲腸線の駅となっており、ただ単にIGRいわて銀河鉄道という私鉄が接続しているだけに過ぎない駅なのです。
青い森鉄道と違って、盛岡~好摩や八戸~好摩の特例は使えません。だから青山から好摩までの切符を(領収書付きで)購入したのです。
ここだけの内緒話、検札が回ってこなかったため、切符は回収されずにまだ持っています(ぇ
切符買わなくてもバレなかったかなー(ぉぃ
いやwバレるとかバレないとかの問題じゃなくて、ちゃんと切符買って乗ることが地域への支援になるんでしょうw
駅名標も色を変えています。青がIGR、緑がJR。

新幹線開業で並行在来線となり、第3セクターに移管された2つの鉄道。いかがだったでしょうか?
青い森鉄道は特急つがる廃止を受けて(?)青森~八戸で快速列車を走らせたり、大湊線や奥羽本線等のJR線と連携して乗り入れる列車(しかも大湊線は快速)を走らせたりして、利便性や速達性を上げ、高い運賃をカバーしている感じでした。
一方、IGRいわて銀河鉄道は鉄道業以外にも不動産業もやっており、タクシー会社等と連携し、定期券でタクシー料金を割り引くなどのサービスを行っていました。
石川県も、北陸新幹線開業後には並行在来線(石動~金沢間)は3セク化してしまいますが、いったいどうなることでしょう・・・
並行在来線の3セク先輩2兄弟(?)の活躍を見せてもらいましたが、やはり、ここまでがんばらないとやっていけないんだな・・・と感じました。
石川県もここまでやれるのでしょうか。ものすごく不安です。ネガティブですが(ぁ
新幹線開業で観光需要がどうのこうのと明るく騒いでいますが、個人的には上記の点が気になるところです。
やはり生活あっての人ですから、生活が基本だと思うんですよね。
新幹線や特急や言うけど、やはり地域に密着した普通列車があってからこそなんだと思うんですよ。
生活しづらいところは特別その土地に愛着がない限りは誰だって居たくないんですよ。
現在、どこの田舎でも過疎化の問題は深刻ですよね・・・
若い人は生活が不便なところで暮らしたくないんですよ。
新幹線開業で過疎化に一層の拍車がかかるんじゃないかと思うんですよ。
というのも・・・

新幹線開業により在来線が3セク化

鉄道運賃値上げ(特にJR線→3セク線は大幅値上げ)

交通費が多くかかるようになる

市街地に行き辛くなる

生活が不便になる

生活が便利なところに移転できる人は移転してしまう

人口減少

3セク鉄道会社等にも乗客減少等でしわ寄せが来る

何も手を打たなかったらこうなるんじゃないかと・・・
みんな車使うって言うけどどうなんだろうね・・・
俺みたいに免許持ってない(20代後半にしていまだに免許取ってないというのは田舎では恥ずかしいことだが)人は移動はもっぱら公共交通機関だし・・・
こういう人らはモロ生活が不便になっちゃうわけだしorz
あと、高齢者。免許返納とか言ってたっけ。
これから運転できなくなる人が増える。となると、逆に地域の公共交通機関は重要な生活手段になるのでは?
で、いざ使おうとなると不便で使えない→使わなくなる→共倒れという不幸な結末
特に鉄道なんかは少し遠くに行く用事に使える・・・んじゃないかなと。
それこそ新幹線に乗る・・・だとか、買い物に行く等の娯楽・・・だとか。
かほくのイオンによく行くので宇野気の例を挙げるが
宇野気~金沢なんてまさにそれ・・・だよね。
バスだと時間がかかりすぎるが、距離的にはそんなに遠くはない。だから鉄道が一番良い。
それが、いままで400円だったのが630円になりまーす。なーんてやられるとなかなか利用しづらくなるよね?
ちなみに、630円というのはほぼ同じ距離の盛岡~好摩間の運賃を参考にしました。実際どうなるか知らんが(ぇ
何の手も打たないでいると、これはどんどん乗らなくなると思います。
だって、ちょっとの距離でこんなに払うからね・・・割に合わないんですよ(ぁ
たぶん、金沢駅の駐車場に停める料金考えて鉄道の方が安いと結論出して利用している人もいるし・・・そんな人はまず乗らなくなりますね。
それに、あまり高くなると、少しでもケチろうと考えるようになります(ぁ
同じ距離で10円高くなるのと100円高くなるのとでは大違い。
100円高くなるんだったら何としてでもケチろうと考えちゃいます(ぉぃ
まあ、そんなことはおいといて・・・
高くなった割には時間がかかる(というか、変わらない)。新幹線利用したいけど、そこまでが大変。となると、最後の選択肢はこんな不便なところから脱出。となるわけです。
となると、過疎化にますます拍車がかかる・・・(ぁぁ

グダグダ書きましたが、まあ2つの鉄道会社の例を参考にして打開策を考えてみる(ぇ
青い森鉄道方式でやるならば、津幡停車のみの快速定期列車を走らせる。というか、昼間は1時間に1本で快速と普通がかわりばんこに来るダイヤが良いかな。宇野気~金沢を特急で乗ると1000円ぐらいなので、それ考えると安くなったのかな・・・と。
やっぱり新幹線もそうなんだけど、速いのにお金を使いたいですからねw
一方、IGRいわて銀河鉄道方式だと・・・
盛岡をまたぐ区間の運賃が割安になっていたので、盛岡=津幡と考えるともしかすると割安になるかもしれませんが・・・
そして宇野気駅からのタクシー(少なそうだがw)代を定期利用者に限り割引・・・と。
別にタクシー代にこだわらなくても、スーパーでも何でもいいが。
かなり思い切った考えだが、JR七尾線宇野気以北から金沢駅まで往復乗車する人は金沢駅フォーラスで映画見るの半額・・・とかw
特に金沢駅周辺だけ(だけ強調)は新幹線の影響で発展する可能性はあるわけだし、間接的に新幹線開業の恩恵を受けられると思うのだが。

もしかしたら、まだ方法はあるかもしれないが、こんなところかな。

$メイブレラン潟さんのブログ-IGRとお別れ
さて、話を花輪線に戻します。
このあたりで右にIGRの線路が分かれていきます。
元東北本線とだけあって、立派な設備です。

$メイブレラン潟さんのブログ-岩手山が見える方角が変わっていく
こちら側からもきれいな岩手山が拝めます。

$メイブレラン潟さんのブログ-東大更
花輪線に入って2つめの駅、東大更。
昔、この駅の近くの道の駅に行ったっけ(ぁw

$メイブレラン潟さんのブログ-東大更駅前
駅前はこんな感じ。建物が独特ですよね?w

$メイブレラン潟さんのブログ-雲がかかった岩手山
岩手山に雲がかかってきました。
ずっと田んぼと岩手山を見て走ります。

$メイブレラン潟さんのブログ-大更駅
夜ももう更けて朝になりました・・・
ということで大更駅(ぁ
「おおさら」ではなく「おおぶけ」
意外と難読・・・かな?

$メイブレラン潟さんのブログ-岩手山より雄大な山々
岩手山より標高が高そうな山々が行く先に見えます。

$メイブレラン潟さんのブログ-平館駅
$メイブレラン潟さんのブログ-平舘
蟹田からバスで行ける平館に到着です。
もしかしてここも平舘村だった・・・とか?

$メイブレラン潟さんのブログ-平館駅のりかえ
乗り換え案内。蟹田方面には行けません(ぁ

$メイブレラン潟さんのブログ-たいらだて
うん。読みまで同じ「たいらだて」だw

$メイブレラン潟さんのブログ-北森
欠けて一部しか写ってませんが、北森駅です。
北に森があるから北森。なーんて単純な名前の付け方(ぁ
南森はありません。北東北は南○○より北○○の方が多いですねw

$メイブレラン潟さんのブログ-北森駅南側
北森駅の南側はこんな感じ。
ずっと広がる田んぼ。

$メイブレラン潟さんのブログ-松尾八幡平
この駅に着いて、ああそうだ。八幡平市に入ったんだな・・・と気づく。

$メイブレラン潟さんのブログ-松尾八幡平駅駅舎
駅舎は意外と小さいです。

$メイブレラン潟さんのブログ-松尾八幡平駅前
駅前はこんな感じ。
まだまだ田んぼは続きます。

$メイブレラン潟さんのブログ-日詰行きとすれ違う
日詰行きとここですれ違う。
花輪線→IGRいわて銀河鉄道線→東北本線と3線経由。
珍しいので撮っておく(ぁ

$メイブレラン潟さんのブログ-山に入る
このあたりから山に入っていきます。

$メイブレラン潟さんのブログ-紅葉
紅葉がきれいです。

$メイブレラン潟さんのブログ-安比高原
山に入っていく。ということで安比高原に到着。
スキーしに行った思い出がww

$メイブレラン潟さんのブログ-紅葉の渓谷
渓谷の紅葉。きれいです。

$メイブレラン潟さんのブログ-遠くには八幡平の山々
遠くには八幡平の山々が見えます。

$メイブレラン潟さんのブログ-わずかな田園地帯
山の中に開けた田園地帯です。

$メイブレラン潟さんのブログ-国道と並走
国道と並走していきます。
十和田南駅あたりまでずっと並走します。

$メイブレラン潟さんのブログ-東北自動車道の下をくぐる
東北自動車道の下をくぐります。
東北自動車道も十和田南駅あたりまで近くを通ります。
対秋田は秋田自動車道に沿って仙台→北上→横手→秋田が最短でしたが、対青森は仙台→盛岡→好摩→大館→青森と東北自動車道に沿うよりは仙台→盛岡→目時→青森と旧東北本線をなぞる方が最短。接続が悪いんだよね、花輪線;;

$メイブレラン潟さんのブログ-あかさかた
身延線の甲斐上野駅系のおもしろ駅名。
「あかさたな」ではなく「あかさかた」。
甲斐上野とは逆に全部「あ」段。
カ行が2つあるから舌をかまないように(ぁ

$メイブレラン潟さんのブログ-雲をかぶった山
台風の後なので山は雲かぶってます。

$メイブレラン潟さんのブログ-小屋の畑
小屋の畑という第3セクターの駅みたいな駅がありましたw
東北自動車道に畑PAというのがありますが、おそらくここからついたのだと思います。
ついつい「はたけ」って読みたくなるが、「はた」PAです。
小屋と畑。のびのびとした田舎の風景ですね~w
てか小屋の畑って地名なのかな?

$メイブレラン潟さんのブログ-東北自動車道と国道
東北自動車道と国道。まだ並走します。
絡み合いながら進みます。

$メイブレラン潟さんのブログ-荒屋新町
一部の列車が折り返す荒屋新町に到着。
金沢市に荒屋というところがありますが、さすがに荒屋新町ってのは無いわww(ぁ
ローマ字見るかぎりでは「荒屋新町」で1つの地名っぽい。荒屋本町とかそういうのがあるというわけではなく。

$メイブレラン潟さんのブログ-荒屋新町駅駅舎
駅舎はこんな感じ。
無機質な白いコンクリ。

$メイブレラン潟さんのブログ-八幡平の景色
これが八幡平の景色なんですね~

$メイブレラン潟さんのブログ-安代市街地
東北自動車側。安代の市街地です。
安代は今でこそ岩手県ですが、実は昔は陸奥国だった(陸中国分離後も)という内緒話も(ぇ
合併前は岩手郡だったのに?という声が聞こえてきそうですが、岩手郡になる前は二戸郡だったそうです。
東北自動車道や花輪線の影響で岩手郡になったのかもしれませんね・・・

$メイブレラン潟さんのブログ-横間
$メイブレラン潟さんのブログ-横間駅
横から失礼。
横間駅です。
縦間駅はありません(ぁ
北上線じゃあるまいし

$メイブレラン潟さんのブログ-紅葉している八幡平
紅葉がきれいですな~w
十和田八幡平四季彩ラインでしたっけ。
久しぶりに愛称にふさわしい路線に乗った。

$メイブレラン潟さんのブログ-東北自動車道をくぐる
東北自動車道と絡み合います。

$メイブレラン潟さんのブログ-橋を渡る
割と大きな川にかかる橋を渡りますが、まだ岩手県です。
実はここだけの話。この川は日本海に流れます(ぇ

$メイブレラン潟さんのブログ-田山
ありそうでない地名。田山に到着。
逆から読めば山田(やまだw)
山田さん、どうですか?(ぁ
あw山田駅があるからいいって?それは失礼いたしました。

$メイブレラン潟さんのブログ-山に挟まれた集落
県境が近いせいか、このあたりの集落は山に挟まれています。

$メイブレラン潟さんのブログ-東北自動車道の下をくぐる
またくぐります。
集落、川、国道、高速道路、花輪線がそれぞれもつれ合います。

$メイブレラン潟さんのブログ-川と紅葉と国道
何回も渡る川です。
日本海に向かいます。
清涼感たっぷりの写真ですねw紅葉で秋を感じます。

$メイブレラン潟さんのブログ-東北自動車道の橋
またくぐります。

$メイブレラン潟さんのブログ-3線並走
道路と鉄道。3つ並びました。

$メイブレラン潟さんのブログ-兄畑
数少ない兄のつく駅に到着。
姉のつく駅は内房線の姉ヶ崎。
妹のつく駅は函館本線の妹背牛(未乗)。
弟は・・・
弟はどこにあるんですかね?(ぇ
弟のつく駅があれば兄弟姉妹そろうのに(ぁぁ

$メイブレラン潟さんのブログ-岩場
ゴツゴツした岩場でいかにも岩手という感じですが、いつの間にか秋田県入りしています(ぇ

$メイブレラン潟さんのブログ-湯瀬温泉街
温泉街が見えてきました。
花輪線沿線で交通の便が良さそうですが、県境近いため、行くのに時間がかかる温泉です。
まあ、他の秋田の交通の便が悪い温泉よりかははるかにマシですがw

$メイブレラン潟さんのブログ-湯瀬温泉
湯瀬温泉駅に到着。ここから秋田県です。
ややこしいですが、昔は羽後国ではなくなんと陸中国だったそうです。
つまり、このあたりだけ飛び地。
今は和歌山県だけ都道府県の飛び地がありますが、昔も飛び地はあったんですね~

$メイブレラン潟さんのブログ-湯瀬温泉の使われていないホーム
大きそうな駅だからか、使われていないホームがありました。
昔はもっと列車本数多かったのかな?

$メイブレラン潟さんのブログ-温泉街の渓谷
湯瀬温泉駅近くの川を赤い橋で渡ります。

$メイブレラン潟さんのブログ-湯瀬温泉の山並み
山に囲まれた雰囲気の温泉です。
前述したように、交通の便が良いため、秘湯という雰囲気ではありませんが・・・(ぁ
2013年11月01日(金) 20時03分35秒

3つの特例の北東北旅行 その25~江差線木古内~五稜郭編

テーマ:旅行
1時間待って木古内駅を発車!
待ちすぎて耳が遠くなったかも木古恵内(きこえない)

$メイブレラン潟さんのブログ-海の向こうは青森?
水平線の奥にうっすらと陸地。
もしかして青森!?

$メイブレラン潟さんのブログ-海沿いの集落
海沿いにパラパラと集落があります。

$メイブレラン潟さんのブログ-色々な家
北海道の家はマイペースというか、色々個性的な家が多いですね~w
見ていて面白いです。美術館みたいw

$メイブレラン潟さんのブログ-さつかり
ブレてますが、さつかり。
はつかりではなくさつかり(ぁ

$メイブレラン潟さんのブログ-おだやかな海
北海道の海はおだやかです。

$メイブレラン潟さんのブログ-海の向こうの島?
海の向こうにでっかい島のようなものが見えます。

$メイブレラン潟さんのブログ-気になる島
うーん。どうしても気になるなあの島。下北半島・・・まさか。

$メイブレラン潟さんのブログ-泉沢
ブレてますが、泉沢駅到着。

$メイブレラン潟さんのブログ-いずみさわ
青森はりんごでしたが、北海道はサッポロビールの広告になってます。
ここから札幌と青森だと青森の方が近いだろうなぁ・・・(ぁぁ
この泉沢駅で対向列車待ち。

$メイブレラン潟さんのブログ-泉沢駅駅舎
泉沢駅の駅舎はこんなかわいい駅舎。
北海道は駅舎も様々です。

$メイブレラン潟さんのブログ-農地と海
農地と海。奥能登みたいw

$メイブレラン潟さんのブログ-サラキ岬
北海道らしいカタカナ地名。サラキ岬だそうです。

$メイブレラン潟さんのブログ-釜谷駅
釜屋ではなく釜駅です。
んー・・・石巻に釜谷ってところあった記憶が・・・w

$メイブレラン潟さんのブログ-車両と見せかけて駅舎
釜谷駅に停車中の車両・・・

じゃないよ(ぇ
これでも駅舎です。
江差方面でも見ましたが、北海道にはこのテの駅舎がたまにあります。
なんというか適当というか投げ遣りというか・・・
本当に乗客大切にしているのかな?

$メイブレラン潟さんのブログ-国道と湾岸
北海道の湾岸はきれいですよねーw

$メイブレラン潟さんのブログ-海からは結構高い@北斗市境界
このあたりで北斗市に入ります。木古内町広っ!さすが北海道。
海沿いですが、海からは結構高いです。ちょうどのと鉄道の能登鹿島駅周辺みたい。

$メイブレラン潟さんのブログ-北海道らしい牧場関係の建物
北海道の雰囲気が出ている牧場関係の半円形の建物です。

$メイブレラン潟さんのブログ-大きな湾岸
海きれいですねー

$メイブレラン潟さんのブログ-海沿いのログハウス
ログハウスもありました。

$メイブレラン潟さんのブログ-渡島当別
2つめの渡島○○駅。
当別駅は知らんが、石狩当別駅が札沼線にあったっけ(まだ行ったことは無いが)

$メイブレラン潟さんのブログ-渡島当別駅駅舎
駅舎はなんかキリスト教関係の建物をかたどったような教会風の建物。
さすが異国の地、北海道(ぇ

$メイブレラン潟さんのブログ-宗教関係の建物
周辺には宗教関係の建物。
沿線の道路標識にはキリスト教の男子修道院とか書かれていました。
なんでこんな民家の少ない不便なところにあるんだ(ぁ
それも修行なのか、それとも神のお告げなのか

$メイブレラン潟さんのブログ-家が増えてきた
渡島当別の集落に入ったのか、一時的に家が増えていきます。

$メイブレラン潟さんのブログ-一時的に集落が途切れる
が、すぐに途切れます。

$メイブレラン潟さんのブログ-高速道路の入口
こんなところに高速道路が来ているんですね~w

$メイブレラン潟さんのブログ-向こうに見える島は?
向こうにまた島が見えてきました。
さっきの島とはちょっと違うかも(理由:島の左側が海でない)

$メイブレラン潟さんのブログ-かなり大きな島
もう1つの島と首の皮1枚でつながっている感じになってます。かなり大きいです。

$メイブレラン潟さんのブログ-島というより半島?
というか、島というより半島という感じがしてきました。
あ・・・この半島はもしやっ!
下北半島ではありません。

$メイブレラン潟さんのブログ-茂辺地駅駅舎
茂辺地駅到着。ここでまた行き違い。
野辺地、瀬辺地、茂辺地。
辺地兄弟(ぁ

$メイブレラン潟さんのブログ-もへじ
$メイブレラン潟さんのブログ-へのへのもへじ
ついつい上に「へのへの」を書きたくなります(ぁ

$メイブレラン潟さんのブログ-ちょっとブレたもへじ
ブレましたが、まだもへじ駅にいます。
早く列車来ないかなー

$メイブレラン潟さんのブログ-列車行き違い
木古内止まりの列車と行き違いです。

$メイブレラン潟さんのブログ-鉄塔
山側には鉄塔がありました。ほとんど山です。

$メイブレラン潟さんのブログ-よく見ると展望台がかすかに見える
例の半島かもしれないと書いた島、かすかに展望台が見えます。

$メイブレラン潟さんのブログ-写真では分かりにくい展望台
分かりにくいですが、展望台が確かにあります。
これはおそらく函館ですねw

$メイブレラン潟さんのブログ-北海道らしい市街地
だんだんと北海道らしい市街地になってきました。
本州より家が大きい気がします。

$メイブレラン潟さんのブログ-上磯
一部の列車が折り返す上磯駅に到着。かなり大きな駅です。

$メイブレラン潟さんのブログ-上磯市街地
上磯の市街地はこんな感じ。矢本駅前みたいw

$メイブレラン潟さんのブログ-清川口
陸羽西線に清川駅はありますが、こっちは清川口駅。
清川駅までかなり遠いです(ぇ
この駅から高校生らしき人がたくさん乗ってきました。
木古内からガラガラだった車内があっという間に満員に。

$メイブレラン潟さんのブログ-赤い橋と市街地
赤い橋で川を渡り、市街地を見る。

$メイブレラン潟さんのブログ-くねくね
久根別と書いてくねべつ。
読めなくもないが、変な地名。
くねくね

$メイブレラン潟さんのブログ-ひがしくねべつ
くねくねなのでもう1つくねべつがつく駅がありました。
単純に東くね別ですが(ぁ

$メイブレラン潟さんのブログ-東久根別駅駅舎
駅舎の中に売店らしきものがありました。
色々と独特ですね北海道は。

$メイブレラン潟さんのブログ-大野川を渡る
大野川という川を渡ります。
あれ?内灘にも大野川ってなかったっけ?(ぁ

$メイブレラン潟さんのブログ-七重浜駅
函館フェリーターミナル最寄り駅の七重浜駅に到着。
時刻表見るとここから徒歩15分とか案内されています。
てか海側はフェンスが張ってあって入れません。西金沢駅みたいに跨線橋を渡らないと列車に乗れないパターンかな。

$メイブレラン潟さんのブログ-七重浜駅から海側
七重浜駅から海側。フェリーターミナル見えるかな!?(無理)
集合住宅やら学校やらあって人口多そうww

$メイブレラン潟さんのブログ-五稜郭
江差線起点の五稜郭駅に到着。ここで下車。五稜郭~函館はまたの機会にとっておこう。
中学校の歴史で習いますよね、五稜郭の戦い
Googlemapで見ると、その五稜郭は星型をしていますが、この駅からだいぶ遠いみたい(ぁぁ
H74という変な番号がついていました。都市部の駅だからかな?
てか今平成25年だから74年って・・・49年後!?

$メイブレラン潟さんのブログ-五稜郭駅100周年
五稜郭駅は100周年を迎えるそうです。
北陸本線と同い年なんですね~w

$メイブレラン潟さんのブログ-五稜郭駅乗換案内
五稜郭駅の乗換案内です。

$メイブレラン潟さんのブログ-駅前にはコジマ
駅前にはコジマがあります。児島駅と反対(ぁ

$メイブレラン潟さんのブログ-と思ったらヤマダもw
・・・と思ったらヤマダ電機もありましたw
電気店激戦区なんですねww

$メイブレラン潟さんのブログ-ホームが狭い
この五稜郭駅、ホームが狭い。
てかJR北海道はホームが狭い。
予算の関係だろうか・・・?

$メイブレラン潟さんのブログ-SLの菱マークも
停車標です。
列車だいぶ乗りなれて分かってきたことですが、このひし形マークのところに列車の頭がつくように列車は停車するみたいです。
それに合わせて乗り場が決まる・・・らしい。
逆かもしれんが、まあ、列車が停まる位置の目安ねw
で、北海道らしく、これのSLバージョンまでありましたww

$メイブレラン潟さんのブログ-函ハコ
オマケ。
列車のドア下に書かれていた。
函の字はおそらく函館しか見られないだろう・・・
ハコってのもスゴいなww

その後、五稜郭で再び江差行きに乗車。なんとさっきの江差で折り返した函館行きがまた折り返して2両で来ました。そうです。汽車です。
木古内で下車。その後記憶なし(ぇ
2013年11月01日(金) 18時33分14秒

3つの特例の北東北旅行 その24~江差線木古内~江差編

テーマ:旅行
$メイブレラン潟さんのブログ-江差線
江差線の列車が来ました。仙台地区でも見られそうで見られない列車です(何だそりゃ)
いやw色が仙台地区っぽいので(ぁw

$メイブレラン潟さんのブログ-適当方向幕
羽越本線仕様の適当方向幕です。
もう廃止だからやる気が無いんでしょうね・・・(ぁぁ

1両編成の江差線。平日の正午前後なのに席がちょうど埋まる程度に混んでいました。(実際はデッキで立って撮影している人が若干名いたので、厳密には座れない人もいるという表現が適切か)
ほとんどが鉄とみられる人々でした。俺含めて
廃止まで半年以上あるのに(しかも平日)この混雑ですから・・・廃止直前はものすごいことになっていると思います(特に来年の3月末~4月頭、5月ゴールデンウイーク)
ちなみに乗車日は10月15日(火)。鉄道の日の翌日です。

$メイブレラン潟さんのブログ-北海道新幹線の下をくぐる
北海道新幹線(建設中)の下をくぐります。
新幹線が開通する頃にはこの光景は見られなくなっていますorz

北海道らしくのびのびとした農地を進み、やがて森林に入っていきます。
$メイブレラン潟さんのブログ-学校?
木古内の次の駅の渡島鶴岡駅前には学校らしき建物がありました。
列車通学の子供達がいるのかな?

$メイブレラン潟さんのブログ-渡島鶴岡
北海道に入って最初の旧国名がついた渡島鶴岡駅に到着。
まあ渡島支庁だから渡島かもしれないが(ぇ
実はこの江差線、檜山支庁に至る唯一の鉄道路線だったりします。
なので、ここが廃止になると・・・檜山支庁は鉄道で行けなくなります。
まあ、輪島市や珠洲市のような末路になりそうです(ぁぁ
偶然ですが、行きに鶴岡駅を通っていますw

$メイブレラン潟さんのブログ-ただっ広い農園
北海道らしい風景ですねw

$メイブレラン潟さんのブログ-山に入る
だんだん山に入っていきます。

$メイブレラン潟さんのブログ-吉堀
吉堀駅到着。
おしぼり(ぇ

$メイブレラン潟さんのブログ-紅葉している山
北海道でも紅葉が始まっていますw

$メイブレラン潟さんのブログ-どこまでも雄大な山
北海道の山は雄大ですねw

$メイブレラン潟さんのブログ-山の向こうの赤い橋
山の向こうに赤い橋が見えます。
八戸線みたいw

$メイブレラン潟さんのブログ-少し広くなっている
$メイブレラン潟さんのブログ-山の小川
北海道ですねw
山の風景は宮越駅あたりまで続きます。

$メイブレラン潟さんのブログ-しんめい
まぶしくて見づらいですが、しんめい駅です。
いかにスキマ産業かが分かります(ぁ
ちなみにしんめいは神明と書きます。福井にもあった気が・・・(ぇ

$メイブレラン潟さんのブログ-ゆのたい
$メイブレラン潟さんのブログ-湯ノ岱駅
神明の次は湯ノ岱。ここで列車交換。
湯ノ岱って書いて「ゆのたい」って読むそうです。岱の字の読みを知っていればどうということはない読みですが、岱の字はめったに使わないため、難読駅となっていますw
てか岱って何でしょうね・・・?

$メイブレラン潟さんのブログ-湯ノ岱駅駅舎
湯ノ岱駅の駅舎はこんな感じ。
北海道だからか、駅舎が高気密な感じがします。

$メイブレラン潟さんのブログ-このあたりは少しまとまった集落が
湯ノ岱駅は比較的大きな駅らしく、このあたりにはまとまった集落がありました。

$メイブレラン潟さんのブログ-川を渡る
このあたりから何回か川を渡ります。
寒いせいか、きれいで澄んだ水ですねw

$メイブレラン潟さんのブログ-天の川駅
ブレてよく分からないですが、湯ノ岱と宮越の間に天の川という駅がありました(ぇ
あまりに秘境駅すぎて全列車通過となっています。てか時刻表にも載っていません(何
だったら駅の意味ないじゃん・・・って?
いやいやw自己満足ですよ(ぁ
こういうの、俺、なんだか好きです(ぉぃ
ちなみに道路ではなく、砂利。駅ホームですよ。

$メイブレラン潟さんのブログ-これが天野川
この清く澄んだ川が天野川でした。
七夕とは関係・・・ある?

$メイブレラン潟さんのブログ-天野川
天野川の看板。宮越駅近くにて。

$メイブレラン潟さんのブログ-みやこし
「みやこし」といえば岩手県でしょww絶対(ぁ
宮古駅は岩手県にあるわな。
でもここは宮越と書いて「みやこし」w

あwちなみに・・・
次駅表示、天の川じゃなくて湯ノ岱になってますよねww
まあ全列車通過だから載せても意味がないという(ぁ
アレだ。海峡線の中小国駅と同じパターン。うん。

$メイブレラン潟さんのブログ-山が開けてきた
このあたりから山が少しずつ開けてきます。
公園みたいなのが整備されていたり、北海道らしい牧場があったりします。

$メイブレラン潟さんのブログ-広い農地
北海道らしい広い農地ですね~w
思いっきり叫びたい(ぇ

$メイブレラン潟さんのブログ-桂岡
思いっきりふつーの駅名の桂岡駅。
仙台人だと泉パークタウンで桂+寺岡と連想するかなw

$メイブレラン潟さんのブログ-かみのくに
こーこーは あーらたーなー かみーのくーにー♪
分かる人には分かる(ぁ
アイモO.C.
まさかここを歌った・・・わけないかw

$メイブレラン潟さんのブログ-上ノ国駅
神ノ国かと思いきや、上ノ国でしたww

$メイブレラン潟さんのブログ-天の川駅乗車券取扱所
この駅で天の川駅関連の乗車券を販売しているそうです。
もはや鉄道版テーマパークですねww

$メイブレラン潟さんのブログ-神の国の草むしたホーム
ここにも使われていないホームがorz
このあたりから家が多くなるため、作ったのだろうか。
それとも昔はもっと列車本数多かったのだろうか。

$メイブレラン潟さんのブログ-山の上の風車
山の上には風車があります。五能線みたいw
でも五能線の風車よりのびのびした感じです。

$メイブレラン潟さんのブログ-川を渡り、市街地へ
川を渡ってさらに市街地に入ります。川の向こうは海です。

$メイブレラン潟さんのブログ-運動公園
山側は整備された運動公園があります。

$メイブレラン潟さんのブログ-鳥居
運動公園近くに鳥居がありました。
目立ちますが、弥彦には負けます(ぁ

$メイブレラン潟さんのブログ-海沿い
海沿いをトラックが走っています。
津軽海峡側から山越えして日本海側に出ました。
北海道の海は穏やかです。

$メイブレラン潟さんのブログ-道路を渡る
道路を渡り・・・

$メイブレラン潟さんのブログ-海が近い
海の近くでH状に交差している道路の横を通ります。

$メイブレラン潟さんのブログ-江差
いよいよ終点の江差に到着です。
左下の次駅表示が「神の国江差」を表しているみたいでかっこいいですww

$メイブレラン潟さんのブログ-えさし
「えさし」です。
東北人だったら現・奥州市の江刺を連想するでしょうww
てか北海道にはもう1つ「えさし」がありまして、枝幸と書きます。
なんだか紛らわしいですな(´・ω・`)

$メイブレラン潟さんのブログ-追分流れるロマンの里
「追分流れるロマンの里」だそうです。
昔、ニシン漁で栄えた町のようです。

$メイブレラン潟さんのブログ-通勤ラッシュみたいw
折り返し函館行き列車に引き続き乗車したかったのですが、一旦全員降りるように車掌に言われ、下車。
そして乗車待ち。車内清掃をするわけでもなく、5分ほど待って乗車。
写真はその乗車待ちの列。通勤ラッシュみたいになってましたw
帰りもほぼ同じメンバーで木古内まで。
俺はさらに先に行くために引き続き乗車。木古内で一気にガラガラに。
てか木古内で1時間も停車するとは(・∀・;)
さすが北海道、スケールが違うねぇww
2013年11月01日(金) 18時24分01秒

3つの特例の北東北旅行 その23~海峡線・木古内駅編

テーマ:旅行
いよいよ人生初の北海道です!

$メイブレラン潟さんのブログ-特急白鳥車両
ここから第2の特例、特急列車に乗ります。(第1の特例は青い森鉄道)
485と書いた車両が到着しました。
自由席、割と人並んでいましたが、蟹田駅は狭いホームなので多く感じただけで、車内は平日ということもあってガラガラでしたw

$メイブレラン潟さんのブログ-特急白鳥函館行き
函館行きです。北海道の地名がやっと見られましたw
特急白鳥はドアのところに青森県と北海道の地図(の一部)が描かれていましたw

$メイブレラン潟さんのブログ-津軽の田園地帯
蟹田~中小国間の田園地帯です。
津軽線のところに書いても良かったのですが(ぁ

$メイブレラン潟さんのブログ-中小国駅
津軽線の正式な始まりの中小国駅を高速で通過します。

$メイブレラン潟さんのブログ-中小国駅通過中
かなりブレています。いかに高速かが分かるでしょう。

$メイブレラン潟さんのブログ-津軽線とお別れ
左にレールが分岐。さっき乗った津軽線とお別れです。

$メイブレラン潟さんのブログ-津軽線が遠ざかる
津軽線が遠ざかっていきます。本州から離れるのももうすぐです。

$メイブレラン潟さんのブログ-奥津軽駅建設中
新幹線建設中のところを海峡線側から。
左奥にかすかに津軽線が。
ここからたくさんトンネルを抜けます。

$メイブレラン潟さんのブログ-津軽今別
JR北海道の最初の駅、津軽今別に到着です。
駅名標はJR東日本にそっくりですが、東日本は濃い緑色(メロンソーダ色)で、北海道は黄緑色(キャベツ色)です。
左側の駅名標は次駅表示が「かにた たっぴかいてい」となっていますが、右側のは「中小国 竜飛海底」となっていますね・・・w
なお、海峡線の駅が来年いくつか廃止になる予定ですが、この駅だけは存続するようです。でもまあ、廃止になるのも時間の問題(ぇ
そうなると、たっぴかいてい(竜飛海底)がきこない(木古内)に変わるのかな?

さて、この駅からやたら他人に話しかけてくる異臭のする人が乗ってきて大暴れ。なんと俺の隣に座ってきました。さらに隣にいた人、不愉快そうな視線をこちらに向けてきます。
ものすごく不快な気分で本州を抜けることになりましたorz
どこから来たか聞かれたので適当に富山県と答えてやりました(ぁ

$メイブレラン潟さんのブログ-トンネル入る瞬間
さらにいくつかトンネルに入って抜けるを繰り返しますが、これは最後の青函トンネルに入る瞬間です。
とはいっても、かなりのスピードで走行しているため、大ブレで写真が真っ白になりましたorz

さて、トンネル内には廃止予定の竜飛海底駅と吉岡海底駅があり、動画を撮っていたのですが、光の当たり具合が悪く、車内だけ写るという訳分からない状態になってしまいましたorz
なので残念ながら公開できません;;
というか、どんなトンネルを通り、青函トンネルのどの部分を通っているかって車両前部の電光掲示に出るんですね(・∀・;)
あの電光掲示、新幹線同様、普段はニュースが流れています。天気予報もありましたが、札幌と道北、道東という、この列車とは関係なさそうな地区の天気しか流れませんでしたorz
ナゼこんな意味の無いことをするのだろうか(ぁぁ

$メイブレラン潟さんのブログ-吉岡海底駅通過中
試しに撮ってみた。吉岡海底駅通過中。
車内しか写ってませんねwwwww

$メイブレラン潟さんのブログ-北海道に入る
トンネルを抜けていよいよ北海道入りです。
森と川と集落。景色が新鮮ですw

$メイブレラン潟さんのブログ-知内駅ホーム
知内駅も動画撮っていましたが、下しか写らなく、失敗。
ということであわてて撮ってこんな写真(ぁ

$メイブレラン潟さんのブログ-知内駅工事中
もう撤去に向けて工事をしていたのでしょうか(ぁぁ

$メイブレラン潟さんのブログ-北海道の山・集落・田んぼ
雄大な北海道の自然が広がっています。

$メイブレラン潟さんのブログ-江差線分岐
江差線が右奥から合流してきました。
実は江差線も廃止予定(ぇ
いやwだから、急遽大あわてで乗車したってわけだよw

$メイブレラン潟さんのブログ-白鳥3号車
乗っていた白鳥3号車です。
隣に座った人もここで下車。

$メイブレラン潟さんのブログ-木古内駅
海峡線はここまで。木古内駅に到着です。
江差方面も函館方面も江差線となっています。

トンネル続きで耳が痛い。耳が悪くなったのかも。木古恵内(きこえない)
なんちゃって(ぁw
でもそんな地名、本当にありそうww
あるいは枯内とか書かれそうww
色々とネタにされやすい駅名です。

実は特急白鳥と特急スーパー白鳥の2種類の列車が運行しており、特急スーパー白鳥には各座席に駅やトンネルの通過時間を書いた紙が貼ってありました。
$メイブレラン潟さんのブログ-海底トンネル通過時間
$メイブレラン潟さんのブログ-海底トンネル通過時間2
$メイブレラン潟さんのブログ-海底トンネル通過時間3
$メイブレラン潟さんのブログ-海底トンネル通過時間4
こんな感じですw
これはオモシロイですねww

$メイブレラン潟さんのブログ-新幹線木古内駅
この木古恵内木古内駅も新幹線の駅が建設中です。
駅前にツルハと個人商店ぐらいしかない小規模な町に新幹線が停まるんですね~(・∀・;)
新幹線に乗って耳聞こえなくなる人増えそう

$メイブレラン潟さんのブログ-木古内駅海峡線
海峡線ホームがこれ。
隣駅表示が「しりうち」になってます。
案外貴重な写真かもww

$メイブレラン潟さんのブログ-木古内駅江差線
今度は江差線ホーム。
隣駅表示が「おしまつるおか」
「さつかり」側は廃止にならずに3セク化するという噂があるそうですが、「おしまつるおか」側は来年の5月で廃止になるそうだから、これも貴重かも。

$メイブレラン潟さんのブログ-木古内駅駅舎
木古内駅の駅舎はこんな感じ。
駅員は優しそうなメガネかけたお兄さんでしたw
耳は遠くなさそうでした

$メイブレラン潟さんのブログ-道道605号
$メイブレラン潟さんのブログ-道道5号
北海道限定といったらこんなものでしょうか。
県道・・・いや、道道標識がありました。
ん?道道って何て読むんだ?「みちみち」?「どうどう」?「みちどう」?
なんか畳語みたいw

$メイブレラン潟さんのブログ-国道228号
小規模な町ですぐに国道に出ます。
てか駅前にツルハドラッグあってびっくりしたww
ツルハ仙台だけかと思ったww(ぇ

$メイブレラン潟さんのブログ-実は海のそば
トンネル続きで山を抜けてきたので分からなかったのですが、実は意外と海が近いのです。
さすが北海とだけあって道は広いです。

$メイブレラン潟さんのブログ-ここは木古内
北海道らしいものその2。
電柱の地名表示で白地に黒ってあまり見ないなww
本州は緑地か青地に白ですよww

$メイブレラン潟さんのブログ-北海道の海
北海道の海はおだやかです。
でも寒い><

$メイブレラン潟さんのブログ-セイコーマート
北海道限定(?)のコンビニ。セイコーマート。
北海道らしいものあまり売ってなかったが、弁当を購入しました。
木古内駅からここまで徒歩15分くらい。コンビニすらこの距離の駅に新幹線って優遇されすぎじゃね?津幡に新幹線駅作れ

$メイブレラン潟さんのブログ-松前行きバス
松前行きのバスが駅前から出ています。
それどころか函館行きのバスもあります(ぇ

$メイブレラン潟さんのブログ-江差線写真
木古内駅の駅舎内では江差線各駅(来年5月に廃止になる区間)の写真が飾ってありました。
2013年11月01日(金) 18時17分00秒

3つの特例の北東北旅行 その22~津軽線蟹田~三厩編

テーマ:旅行
$メイブレラン潟さんのブログ-三厩行き入線
三厩行きが入ってきました。
ピンク色の車両ではありませんでした。

$メイブレラン潟さんのブログ-適当方向幕
羽越本線仕様の適当方向幕がここでも使用されていました(ぁw

$メイブレラン潟さんのブログ-山里
海の近くの蟹田ですが、蟹田から先はしばらく山里を走ります。
途中、外ケ浜町役場の前を通ります。

$メイブレラン潟さんのブログ-中小国
一応、JR東日本とJR北海道の境界駅である中小国駅に到着です。しかしJR北海道の列車は1本もこの駅に停まりません。
というのも、津軽線はJR東日本、海峡線はJR北海道となっています。で、この駅はその2つの路線が分岐する駅・・・とはなっていますが、青森駅の時刻表にもあったように、海峡線は普通列車が1本も走らない路線のため、全列車特急(+急行はなます)。で、特急は両側が津軽線の蟹田駅に停車した後、この駅を通過して海峡線の駅に停まっていく・・・となる。
じゃあこの駅はどの列車が停まるのかといえば、JR東日本の津軽線の列車だけが停まります。
ちょうど伯備線の布原駅みたいなものかなw
なお、運賃計算は蟹田乗り換えでも中小国で乗り換えたとみなした距離で計算するようです(例:三厩→木古内は三厩→蟹田→木古内と乗り継ぐが、実際は三厩→中小国→木古内の距離で運賃を計算する)
ちなみに、本日は蟹田~中小国間を2往復します(ぁ

ん・・・てか中小国って
大国に対する中小国?(ぁ
ほら、大手に対する中小手みたいなw
中小国で「ちゅうしょうこく」か・・・うーむ。
でもこれ系って中と小を切り離せないんだよねw
だって、中手だと囲碁になるし、小手だとコテじゃんw
で、中国だと岡山とか島根だし、小国・・・はあるか(ぁ
境界駅の駅名に「国」の字が入っているのも、北海道=異国って感じがして良いですなww

$メイブレラン潟さんのブログ-この木が北海道の入口
中小国駅前にあった木。
この木が北海道の入口をさしているのかもしれません(ぇ

$メイブレラン潟さんのブログ-海峡線分起点
右に立派な線路が分岐していきます。海峡線です。
本州と北海道をつなぐ線路だから立派です。

$メイブレラン潟さんのブログ-海峡線さようなら
海峡線よさようなら。

$メイブレラン潟さんのブログ-津軽線側より奥津軽駅
北海道新幹線(建設中)が見えます。
左がそれで、右の高架線は海峡線。
どちらも立派ですが、新幹線は海峡線の上を行ってます(ぁ
上越駅みたいな雰囲気の奥津軽駅が建設中のようです。

$メイブレラン潟さんのブログ-大平駅
その新幹線駅に一番近い駅である大平(おおだい)駅に到着。
「おおだいら」でも「おおひら」でもなく「おおだい」
地味に難読駅ですね・・・w

$メイブレラン潟さんのブログ-深山幽谷へ
ここから深山幽谷に入ります。
RPGに出て来そうな雰囲気の森がありました。
山の割にはあまり起伏はなさそうな雰囲気でした。

$メイブレラン潟さんのブログ-道路が見えた
並行する道路が見えるところもあります。
もちろんトンネルもあります。

$メイブレラン潟さんのブログ-海峡線と再会
海峡線といったん再会。
しかし、津軽線から海峡線は見えず、お互いの道を行くという感じです。

$メイブレラン潟さんのブログ-津軽二股駅から津軽今別駅への連絡橋
次の津軽二股駅、海峡線の津軽今別駅と至近距離にありまして、両者を連絡する通路がありました。
会社が違うから駅名が違うのかな・・・?
今別駅は津軽線、津軽今別駅は海峡線。どっちも津軽にあります。そしてそんなに離れていない。
JRと私鉄の関係みたいですね・・・

$メイブレラン潟さんのブログ-津軽二股駅
これが津軽二股駅。
地名としては二股なんでしょうね、きっと。
あるいは線路が二股に分かれるから津軽二股!?(ぇ
色々とツッコミどころ満載の駅名ですw

$メイブレラン潟さんのブログ-柵の向こうは津軽今別駅
柵の向こうは津軽今別駅です。
あとでとおります

$メイブレラン潟さんのブログ-海峡線の下をくぐる
その海峡線の下をくぐり、本当にお別れです。
大川平という大平と同じパターン(?)の難読駅を過ぎます。
山で全然平らじゃねぇwww

$メイブレラン潟さんのブログ-今別駅
$メイブレラン潟さんのブログ-今別
津軽がつかない今別に到着です。
ここで1両編成の三厩行きは一番満員になりました。

$メイブレラン潟さんのブログ-海に面した今別の町
今別の町は海に面しています。蟹田以来の海です。
ちなみに海沿いに平舘という地域があるのだとか・・・
蟹田駅からそっち方面へ町営バスが出ていました。

$メイブレラン潟さんのブログ-時折海が見えない
三厩まで海の近くを走るのですが、海が見えないところもあります。

$メイブレラン潟さんのブログ-津軽浜名
終点1つ手前の津軽浜名駅に到着です。
小さい駅ですが、ここでほとんどの人が降りていきました。
駅前にある高校へ通学するためでしょうか。

$メイブレラン潟さんのブログ-海と集落とバス
より海に近い道路は町営バスが走っています。

$メイブレラン潟さんのブログ-まだ海沿い
今別を過ぎて三厩に入るところでもまだ海沿いです。

$メイブレラン潟さんのブログ-三厩の町が近づく
三厩の町が近づいていきます。

$メイブレラン潟さんのブログ-すぐ下は海
集落が途切れるあたりが町境。

$メイブレラン潟さんのブログ-三厩の町
三厩の町が見えてきました。
今別を挟んで蟹田と同じ外ケ浜町です(ぇ
津軽半島は飛び地合併だらけです;;

$メイブレラン潟さんのブログ-三厩
いよいよ三厩に到着です。

$メイブレラン潟さんのブログ-三厩駅
終着駅の雰囲気がします。

$メイブレラン潟さんのブログ-津軽線末端
津軽線の末端は車庫でした。
ここからトンネルで竜飛海底駅とつながっている・・・というネタがあればおもしろいのだがww(ぁ

$メイブレラン潟さんのブログ-折り返し蟹田行き
乗ってきた列車は折り返し蟹田行きとなります。
五能線や久慈ほどではないが、鉄が数名、この駅で撮影していましたw
折り返し時間は8分しかないのでかなり急ぎ足でしたが(ぁ

折り返し列車で蟹田まで戻り、いよいよ特急に乗るという特例を使います。

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
メイプル・攻略ブログ
↑参加中。氷雷魔育成の記事を見たらクリックお願いしますm(__)m 無料レンタル 無料レンタル 簡単便利で無料のアメブロ用プラグイン