かんくら's ライフスタイル!!(韓国在住物語)

韓国で暮らし始めてもう二十年!韓国のことから、ハングル、そしてかんくらのライフスタイルをご紹介

当ブログの無断転用転載ご遠慮ください

趣旨(韓国と友好を築こうという)が私と同じようなHPやブログのリンクは大歓迎です。


こんにちは。

韓国の暮らし、略して“かんくら”のブログへようこそ。


初めてこられた方はこちらの記事からどうぞ^^

<初めての方はこちらへ>


韓国語の勉強の仕方についてはこちら

<韓国語の勉強の仕方>



韓国で暮らし始めてはや20年!!

色々とありました・・・(・・・なことが)。
ブログが韓国語に翻訳されて、にもなって出版してもらったり、

今では韓国で日本のアニメの背景画を描くなんて仕事を

美術もろくに学んでない私がやっております。

人生、ほんと、何が起こるかわかりませんね。




韓国生活の悩み相談乗ります!!

韓国に対する疑問質問、何でもお答えします!!

気軽にメッセージ、メールくださいねドキドキ


kankokunokurashi@hotmail.com

(大体2週間に1度くらい確認するので

 返事が遅くなる場合もあります)



*観光関係について知りたい方は

  観光音痴のかんくらよりサイト:コネスト がお勧めです。^^



コメントは過ぎた記事でもぜんぜんOKです。

がんがん書いてくださいね。

NEW !
テーマ:

数日前のことです。

 

 

数年前に友達が多文化の集まりか何かで

コチュジャンを作ってきて、

それをすこし、おすそ分けしてもらったんです。

 

 

少し、と言っても韓国サイズなので、

そうですね~。

 

お味噌にしたら1.5㎏くらいになりますかね。

 

 

で、それをちびちびといいましょうか。

 

 

私はあまり料理に辛い物を使わないので

結構長持ちしていたんです。

 

 

それがとうとう、先日、食べ終わってしまって。

 

 

さて、どうしようかな、と思っていたんですね。

 

 

 

仕方なく、小さめの市販のコチュジャンを

購入してみました。

 

 

数日後。

 

 

友人のお舅さんが亡くなられて

カンウォン道だったので

旦那だけが数人の知り合いと一緒に

お葬式に行ってきたんですね。

 

 

次の日の早朝あたりに帰ってきたんですが

なにか手土産みたいなものを持っていて。

 

 

いれ物が、最近流行っている手作りお塩?みたいなパッケージだったんで、

え~、お塩はいらない~と思ったら(大量のお塩。どんどんたまっていきます)

パッケージはお塩だったんですが

中身はコチュジャンだったんです~~~。

 

 

うわ~~~、すごい!

 

田舎の手作りコチュジャンだ~~~~‼!!!

 

 

とんでもない宝物がやってきて

超うれしかったです!

 

 

ちなみに、私はこういうことをよく起こします。

 

 

欲しいなぁ、と思っていると

どこからかいただくことがよくあるんです。

 

 

ま、大したものじゃないですけどね。^^;;

 

 

思いは吸引力を発揮するのかも?!

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

古い建物の場合、

各家庭別に水道代の請求が来ず、

建物一つでいくら、

という風に来ます。

 

 

一戸建て住宅の場合は

全体の水道代÷(各家庭の家族の数×一つの建物に住んでいる家庭の数)で

一人当たりの水道代が割り出され、

各家庭には、家族の人数分を掛け算した金額が

請求されます。

 

 

時々、ここの家は洗濯物が多いな、

とかいうことになれば、

0.5~1人分、追加されたりします。

 

 

現在、私が住んでいるビルラは

それでも各家庭に計量器があるので

今月分の数字から前の月の数字を引き、

1メモリ当たり1000~1500ウォンで計算して集金します。

 

 

以前、書いたと思いますが、この集金がなかなか面倒でして、

私たちが引っ越してきたばかりの頃は

402号室の奥さんがまとめてやっていてくれました。

 

その方が引っ越しをして、誰もやりたがらなかったことから

ある日、水道局の方から

“滞納しているので水道止めます”

という知らせを受けた、不運な奥様が

“みんなで当番制で回しましょう!”

と当番で集金することになり、

階段と中庭の掃除の業者も雇うことにして

その金額もみんなで割り勘することになりました。

 

 

それなりにうまくいっていたのですが

ある日、やる気満々のご主人さんのいる家族が引っ越してこられ、

“掃除の業者がいい加減すぎる!変えましょう!”

と変え、

その方の前の当番の家庭が

計算能力がないのか集金がうまくいかず、

引っ越してきたばかりのやる気満々のご主人さんが

“私が管理しましょう!その代わり、掃除の業者に払う分は

 うちは集金しないでください”

と言い出したんです。

 

 

人の良い、うちの旦那は

集金がうまくいかなかった奥さんを助けているうちに

引っ越してきたばかりのやる気満々のご主人さんとも意気投合して

“それじゃあ、私が住民たちの合意を集めましょう!”

と、旦那が夜な夜な、やる気満々のご主人さんと一緒に

各部屋を回っていたんです。

 

 

さて、それから三か月後。

 

 

やる気満々のご主人さんが呼んでいる、

ということで旦那がその家庭を訪ねに行ったんですが、

帰ってきたら、手に水道の集金帳を持っているじゃないですか。

 

 

聞いてみると、

やる気満々のご主人さん、

住民たちがあまりにも非協力的なので

やる気がしぼんでしまい、

さらには、計算も合わなくて

自分が6万ウォンも損したと言って

“やっぱり当番制にしましょう”

とうちの旦那に集金帳を渡してきたそうです。

 

 

で、不思議なのは

6万ウォン、損したと言いながら

集金袋の中には5万ウォンの残高が残っているんだそうです。

 

 

まあ、たぶん、計算がどうにも合わなくて

もらうにもらえないお金なんでしょうけどね。

 

 

まあね~、こうなると思っていましたよ。

 

 

当番制がうまく回っていたんだから

下手にやる気を出さなければよかったのに。

 

 

というのは、

自分にも当番が回って来るとなったら

自分が当番じゃない時もいい加減にやらないじゃないですか。

 

 

だって、自分が当番になった時に困りますものね。

 

 

これがいやで引っ越してしまう人もいるようですが、

(隣の老夫婦は、集金なんてできないと、

 自分が当番の時はお土産を持ってきてうちの旦那に任せてしまいます)

怒鳴り声とか聞いたことないので

それなりに皆さん、うまくやれていると思うんですけどね~。

 

 

時には、うちの旦那に押し付けようという人もいますが、

一人がやると、うまくいかなくなるので

それは絶対にやらないように!と念を押しています。

 

 

ちなみにうちの場合、

集金+計算は旦那。

振り込みは私、と役割分担を決めています。^^

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

そういえば、私、韓国で冷蔵庫を買ったことがないかもです。

 

 

最初は確か、捨ててあったのを旦那が拾ってきたんだったっけなぁ。

 

さすがにそれはないとしても

友達からもらってきたんだか何だかだったと思います。

(うーん、怪しいなぁ。

 コムルサンの知り合いのところに手に入ったものを

 もらったような気がする…)

 

*コムルサン:韓国のリサイクルごみを収集して売買する商売

         個人的に古着などを持ち込んでも、

                   お金に変えてくれる。

 

元が新品でないので

修理をしたりとかもよくやっていました。

 

 

なので、またどこかの誰かが新しい冷蔵庫に変える、

という話を小耳にはさむと

うちにあるのよりいいものなのかを確認し、

譲ってもらう、ということを繰り返しています。

 

 

今回もそんな感じで

知り合いの韓国人女性が冷蔵庫を買い替える、

というので、話を聞いてみました。

 

 

なんでも、独立して暮らしていた息子さんが

一緒に暮らすことになったとかで

息子さんにおいしいものをたくさん食べてもらいたいと、

冷蔵庫を大きなものに変えることにしたんだそうです。

 

 

うーん、息子LOVE!

 

 

一回目。

 

ネットで購入した冷蔵庫が運び込まれるという日。

 

交換した冷蔵庫はその女性の家のビルラの外に出しておいてもらって

旦那が夕方、取りに行く、ということにしていました。

 

 

が、冷蔵庫が運び込まれる寸前。

 

業者さんから玄関のサイズを計ってくれという

電話が来たんだそうです。

 

その女性が住んでいるビルラは

とても密集しているらしく、

大きな家具でも窓から入れることはできないんだとか。

 

それで、玄関のサイズを計って業者さんに伝えたところ、

“・・・入りませんね”

と言われてしまったんだそうです。

 

冷蔵庫のドアを外したとしても!

入らないといわれたそうで、

仕方なく、キャンセル。

 

うちも同時にキャンセル。^^;;

 

 

二回目。

 

前回の失敗を繰り返さないためにも

少し小さめの冷蔵庫を注文したんだそうです。

 

業者さんは同じ人だったのか、

なんと、今回はその女性の家まで

玄関のサイズを直接図りに来たんだそうな。

 

で、結果。

 

やっぱりダメ~~~。

 

 

女性は仕方なく、キムチ冷蔵庫を

新しく買ったんだそうです。

 

これで、もう冷蔵庫は買わないのかなぁと思っていたある日。

 

三回目。

 

“私、冷蔵庫、買ったのよ!”

と声をかけてこられたんです。

 

え~、今度はちゃんと入るの?

と聞いたら、今度は大丈夫だとのこと。

 

そして、古い冷蔵庫、あげるからね!と

言われました。

 

このとき、日付を聞かなかったのが間違いでした。

 

 

私が日本に立とうと空港の中をうろうろしていた時、

その女性から電話がかかってきて

“今日、冷蔵庫、来るよ~~~”

というではないですか。

 

 

え?え?私、空港だよっ。

 

 

まあ、もともとうちの旦那が動かすんだから

その女性とうちの旦那はそれなりに交流がある間柄だったので

うちの旦那は今日、冷蔵庫が来ること知ってるんだよね?と聞くと、

知らないという~~~。

 

え~~~~。

 

とりあえず、旦那に電話して

冷蔵庫の入れ替えは全面的に旦那に任せておきました。

 

 

その日の夜遅く。

 

カトクを確認してみると子供たちからメッセージが来ていました。

 

見ると

“お母さん、冷蔵庫、ものすごい音がするよ!

 どうするの!”

と書いてあるではないですか~。

 

 

とりあえず、

“お父さんに言ったの?”

と聞くと

“お父さんに言ったけど、なんの反応もないの~”

と、韓国お父さん、あるあるの反応~。OTL

 

 

うーん。

 

“とりあえず、そのままにしておいて

 どうしてもだめだったら、お母さんが帰った後に

 新しいのを買うよ(泣)”

と返事したら、子供たちも安心したようでした。

 

 

次の日。

 

 

旦那が家に帰ってくる頃を狙って

カカオトークをして旦那に聞いてみたところ

今はそんなにうるさくないとのことでした。

 

なんでも、一度電源を切って動かしたから

冷蔵庫が温まってしまって

それを冷やすのに、モーターがたくさん回ったんだろう、

とのことでした。

 

 

なるなる。

 

 

実際に家に帰ってきたら

多少、音が気になる時もありますが、

ドアさえ閉めてしまえば大丈夫なので

全然オッケーです!

 

 

昔は、ワンルーム(と言ったら聞こえがいいが、

そんなにいいところじゃない)に

住んでいた時は、

部屋の中に冷蔵庫があったので(しかもどこからか拾ってきた)

音がうるさい時もあるし、低周波もあって

本当に嫌だったんですよね~。

 

 

そんなこともあって、

台所に冷蔵庫が置けるってだけでも

嬉しいです。

 

 

そして、前の冷蔵庫よりも少し大きめで

まだまだ使えるきれいな冷蔵庫だったのが

また嬉しい~~~~。

 

 

お礼に何を上げようかと悩みましたが

その女性のカカオストーリーを見たら

何かの病気になってしまったようで、

シナジーの健康食品をあげることにしましたっ。

 

 

いつもいつも食べ物には気を付けていて、

体にいい食べ物しか食べない人で

小麦粉類、インスタント、全く食べない人なのに

何の病気になってしまったのか・・・。

 

本当に心が痛いです~~~。

 

*追記:その後、冷蔵庫をくださった女性は

精密検査を受けられたんですが、

大丈夫だったと連絡をくれました。

 

良かったです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。