プールサイドの人魚姫

うつ病回復のきっかけとなった詩集出版、うつ病、不登校、いじめ、引きこもり、虐待などを経験した著者が
迷える人達に心のメッセージを贈る、言葉のかけらを拾い集めてください。

*作者が20歳から28歳までの間に綴られた、全62作品からなる詩集である。「あとがき」によれば、作者が詩に興味を 持ったのは20歳の時だという。そして、最初に手にした詩集は『伊藤整詩集』と『高見順の死の淵より』の2冊だったとも記されている。

作者は幼いころ「心 臓弁膜症」に罹患し、最初に手術を受けた時のことを回想して、『手術台に上がれば』を書いたとのことである。それをきっかけに、いつの間にか62作品の詩 が出来上がっていたらしい。そして、心臓弁膜症に起因するうつ病を患い、現在は回復の途上にあると記されている。ここに本作品群の最大の特質があると言えるだろう。

「うつ病」を克服し、社会復帰を目指す作者の個人史が、その内面の必然性によって詩文の形に表出した、痛切ながら鮮やかな「青春物語」なのである。
*「記念すべき最初の詩」と作者自身が言う『手術台に上がれば』は、純粋な孤独感を表現した作品と言えるだろう。社会的な関係によって成立する作者の日常世界が、手術という出来事によって断ち切られ、それによって自覚された意識の反復が、言語世界として抽象化されている。

「けたたましい車の騒音が/私の耳をつんざく/ああ――/今日もまた彼等は/あの騒がしいラッシュアワーの中を/仕事に出掛けて行く/愚かな独り言を呟いて/私は 又眼を閉じた」―― 「私」は「彼等」とは異なる世界に疎隔されている。かつては自分も所属し、ほとんど意識することもなかった日常世界、それが今は決定的に遠いものとなり、もはやそこに自分の居場所はない。断念と諦念、その後に訪れた孤絶感の淵に作者は重く佇んでおり、本作品はそれを見事に描き切っているのである。
*『偽りの蒼い空』や『不安』といった作品も強く印象に残る。『偽りの蒼い空』は、破綻した「愛」を扱った詩である。「荒涼とした海の上を/私の魂は彷徨っている/現在と過去が綾取りをして/記憶の中を交錯している」といった部分では、青春の詩人・ランボーやヘルダーリンを彷彿とさせる、青春期のたゆたうような精神の「彷徨」が率直に表現されていると言えるだろう。

また『不安』では、「宿命」的な「病」への罹患体験を経て、作者はその奥に「原罪」を見出していく。「眼に見えなく/形のないものが/僕の背中に横たわっている/それは/ずっしりと重く/動かない」――「不安」とは、無根拠に人間の精神を蝕み、苦しめ、抑圧するものである。それを作者は「原罪」と読み替えて解こうとしているのである。

*表題作『天国の地図』は、「死」という非日常の実感を「日常」世界に取り込んでしまった、作者にしか表現することので きない、洒脱で、距離感をもった作品と言えるだろう。

実際には余人の想像を大きく上回る苦しみであったに違いない。だが、作者は自己を「他者」として捉える視座を保っており、詩文には見事な距離感が達成されているのである。重みと痛切さの中にも洒脱さが感じられる所以である。

同様の苦しみの中にある読者なら大いに勇気づけられるだろうし、それ以外の人々も深く共感することだろう。


テーマ:

桜並木



桜の便りとともに

届いたあなたからの手紙

まっさらな便箋にたったひと言

元気にしていますか?

忘れる筈だった

あなたの優しい笑顔

あなたの熱い眼差し

舞い散る花びらとともに

消えた筈の恋だったのに

桜並木に別れの手を振って

しまいかけたわたしの心に

桜便りの風が吹く

AD
いいね!(46)  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「詩・小説」 の記事

テーマ:

武道館

 
3月23日、娘の卒業式に出席するため武道館へ。式場から徒歩で約10分ほどの所にあるホテル・グランドパレスに待機している娘と前妻に合流し、袴姿の娘と一緒に記念撮影をしたが、娘と写真を撮るなど10年ぶりの事で嬉しくて顔が綻びっぱなしであった。

 武道館は6千人を超える卒業生とその保護者たちで溢れかえり、喜びと感謝と緊張が館内を包み込んでいるようだった。

 この4年間、大学で法律を学び勉学に勤しみ、そして4月1日から都内の某大手金融機関で社会人として新たなスタートを切る娘に心から祝福の拍手を贈りたいと思う。

AD
いいね!(47)  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:

蓮華



悲しみが降り積もって

田圃に蓮華の花が咲く

ピンク色で

甘い蜜をたっぷり含んだ

蓮華の花

悲しみの味を

口に含んで

背中のランドセルと一緒に

僕は家路に着く

おやつ替りの蓮華の蜜で

僕の心は一杯になる

悲しみを抱えた蜜で

満たされる

誰もいない

家に帰る


AD
いいね!(43)  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

早稲田


 アップした写真は今から6年前の2010年4月18日、早稲田大学放送研究会 製作部 ドキュメンタリー班のメンバーたちと取材の収録が終わった後に記念撮影したもの。

 事の始まりは一通のメールからだった。永井彰君という青年から「取材の申し込みをしたい」内容のメールが届いた。彼らが私の事をどうやって知り得たのか詳細は知らなかったが、詩集・天国の地図が彼らの眼に止まり、『詩集出版がうつ病克服のジャンプ台』という部分に興味を持ったらしい。

 何通かのメールを永井君とやり取りし、都合の良い日時・場所を決めた。そして取材当日の4月18日、待ち合わせ場所に指定されたJR高田馬場駅・早稲田口へ。日曜日の駅前は雑多な人の波で溢れかえっている。どんな青年がやって来るのだろうと思いながら人の流れに視線を投げていた。

 すると後ろの方から声がした。「神戸さんですか?」振り向くと背の高い茶髪で黒縁のメガネを掛けた20代前半の青年が微笑みながら立っていた。「あ、はい神戸です…」。青年はサッと名刺を私に差し出した。「ここから数分の所に取材場所を確保してありますので、行きましょう」。

 青年はそう告げると足早に早稲田通り方面へと歩を進めて行った。往来の激しい人ごみをすり抜けながら息を弾ませ彼の後を追った。健康な若い男性の身体を恨めしく思ったが、当時はまだまだ心臓も元気だったので、その速度に負けじと食いついて行った。

 「このビルです」10階建てほどの白いビルに入ると、スタジオ風の部屋が幾つもあり、その内のひとつの部屋に通された。部屋の中では数人の班のメンバーが待っており、「こんにちは神戸さん、本日はよろしくお願いします」と丁寧な挨拶を交わして来た。

 収録用と思われる機材や報道などに使われる大型のビデオカメラも設置してあり、本格的な取材なのだと改めて思った。「それでは神戸さん、これから約2時間インタビューをしますので、よろしくお願いします」班の代表が一人、白いテーブルを挟んで向かい合わせに座った。

 ビデオカメラが回り始め、取材が始まった。テーマは『うつ病と自殺』重い内容なだけに、私は慎重に言葉を選びながら質問に答え、体験談などを語った。今でこそ年間自殺者は3万人を下回り減少傾向にあるが、当時は3万人を超え社会問題として国や各自治体、NPO団体などが自殺を食い止めるための方法を模索していたが、画期的な方法は見つからず机上の空論に終わるなど、明るい兆しなど到底見えては来なかった。

 そのような厭世観が漂う現代社会に一抹の光明を見出そうと、彼らなりの実験的な試みを私に求めたものと思われる。実際に『うつ病』を体験し、その暗闇から希望の光を見出した体験者の生の言葉が欲しかったのであろう。

 20代前半の若き早大生と2時間に渡り語り合えた事は、私自身にとっても貴重なひとときであり、まさにこれが『一期一会』だと言えよう。今は社会人となり各々の得意分野で活躍しているであろう彼らに、少しでも生きるヒントを与える事が出来たなら社会人の先輩として満足である。


いいね!(38)  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:

03号


 発刊を重ねる毎にスケールアップして行くムジカは総合藝術雑誌である。03号ではこれまでの表紙を刷新し大幅リニュアール。内容だけではなく、見た目にも渾身のエネルギー注いだ編集部の勢いが見て取れる。

 特筆すべきは、豪華著名人たちによる寄稿である。

 女優・東ちづる、作家/活動家・雨宮処凛、漫画家・西原理恵子、精神科医・香山リカ、ヴォーカリスト・松永天馬

 各界の最前線で活躍するこの5人が、「こわれ者の祭典」代表で作家・詩人の月乃光司氏について語っており、実に興味深く読み応えのある内容となっている。そして更に、ムジカ代表・葛原りょう月乃光司両氏による語らいを18ページに及ぶ特集インタビューとして組んでおり、そのタイトル「病という武器」で、思わず私はのめり込むように読み耽った次第である。

 大衆文藝ムジカはジャンルフリーのエンターテインメント雑誌である。詩・川柳・短歌・俳句・小説・エッセイ・書評・イラスト・絵画・漫画…と多岐に渡っており、表現者とそれを読み解く者たちの架橋になることは間違いないだろう。

 これを機会に是非、一冊手に取ってムジカの世界を確かめてみて欲しい。そして又、ムジカでは新たな書き手も募集しており、興味があれば作品を編集部宛に送ってみては如何だろうか。送付された作品は編集部が責任を持って掲載可否の検討に入る。既に公表済の作品でも可能である。

問い合わせ・参加規定はこちらを参照の事→http://musica.ganriki.net/index.html

お求めは全国の各書店・Amazon・大衆文藝ムジカHP

大衆文藝ムジカ03号

定価/926円+税

ISBN 978-4-9905964-3-9

 

MUSICA’S ARTIST

芦川雄二、綱代浩郎、天野幸道、池田柊月、石川幸雄、市堀玉宗、大島健夫、大山真善美、尾貝 歩、岡田美幸、恩田皓充、香西文夫、加藤さおり、加部洋祐、神戸俊樹、木下峻介、倉田有希、こいけまり、高坂明良、齋藤俊介、齋藤洋由起、佐久間章孔、篠原 景、鈴木吉田友佳。

いいね!(30)  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

万年筆


 皆さま、新年のご挨拶がすっかり遅れてしまい誠に済みません。改めて、新年明けましておめでとうございます。さて、年明け早々にまたひとつ歳を取った訳ですが、静岡在住の息子『勇樹』からスペシャルプレゼントが届きました。

 それはネーム入りの高級万年筆!万年筆で文字を書いていたのは30年以上も昔の事で、今ではもっぱらボールペンが主役でした。パソコンが普及すると更に文字を書く機会が減り、筆記用具の代わりにキーボードを叩くのが日課となってしまった。年末近くになるとほぼ99%の確率で心不全起こし救急搬送になるため、ここ4年は年賀状を書く余裕すらないという情けない状態。

 息子の「この万年筆で作品を沢山書いて欲しい」と言う熱い想いが篭められたネーム入り万年筆を手に取れば、執筆意欲も盛んに沸いて来るというもの。なんと書き心地の良い万年筆だろうと、感動で手までが震えて来る。

 30年ぶりの万年筆は忘れ掛けていた作品への拘りをも思い出させてくれた気がする。息子への想いに応え、小説・エッセイ・詩などを意欲的に書き綴って行こうと、今年の新たなスタートを切る事が出来た。

 今年も不定期更新となるブログですが、よろしくお願いします。そしてもうひとつのブログ『ビーチサイドの人魚姫』も同様に応援よろしくお願いします。

  →http://kanbe0107.blog.fc2.com/


いいね!(49)  |  コメント(17)  |  リブログ(0)

テーマ:

入院


 心不全&腎不全のため入院しておりましたが、11月25日なんとか退院出来ました。暫くは自宅静養になります。

いいね!(68)  |  コメント(20)  |  リブログ(0)

テーマ:

yume



港に降り立つあなたの影を

追ってここまでやって来た

寄り添うカモメは恋慕の証

あなた気付いてくれますか

 

沈む夕陽にさよなら告げて

ささやく灯りは恋しぐれ

波止場の風に吹かれて眠る

恋しいあなたは夢の中

 

ひとりよがりの恋をして

夢色グラスにあなたを注ぐ

ひとり芝居の恋ならば

いっそこの手で終わりにさせて

いいね!(52)  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:

一包化


 
 この数十年、薬の管理は全て自分でやって来たが、余りにも薬の量が増えてしまい、飲み忘れもあっただろう事は察しが付く。そこで訪問看護師さんからアドバイスを頂き『薬の一包化』が漸く実現。こんな便利な事が出来るとは!知らなかった自分はまだまだ病人としては半人前と言う事か。

いいね!(49)  |  コメント(20)  |  リブログ(0)

テーマ:

恋と涙


カモメ横切る みなもの上に

恋のしずくが 落ちました

焦がれる心に 波紋が揺れて

つかみそこねた あなたの笑顔

あああ~ 恋に恋する神田川

今日もひとり 立ち尽くす

 

夢の続きを 見たくて今日も

橋のたもとに もたれて待つわ

たったひとつの 約束だけど

忘れるなんて 出来ないわ

 

あああ~ 恋と涙の神田川

揺れる心に 波しぶき

あああ~ むせび泣いてる神田川

あなたの声が 木霊する

いいね!(55)  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。