えーと、久しぶりに授業の話を書きたいと思います。

1年生は殆ど必修しか取らない人が多いのですが、私の場合は意図的に選択科目を多く取ったため、
2年目は随分ラクチンです。ニコニコ

学校によって仕組みが違うのですが、Whartonの場合は2年間で19単位取れば卒業出来るので、
1年目に12.5単位も取ってしまった私は、2年目は6.5単位でOKというわけです。

今学期(Q1/Q2)に履修した授業は、以下の4つです。

① Sports Business Management (MGMT815)

MLBやNBA、NFL、NHLといったプロスポーツについて、ビジネスの観点から学ぶ授業です。
プロスポーツは、各チームが独立して経営しているわけですが、試合は敵チームがあって
初めて出来るわけで、リーグ全体として繁栄していく必要があります。

なので、あるチームがブッチぎりで勝たないよう(リーグ戦が盛り上がるよう)、
収益分配制度、サラリーキャップ制度(人件費の上限を設定)など、プロスポーツ独自の
仕組みが必要となってきます。

こういった制度は、「どうせ収益を上げても他チームに分けなきゃいけないなら、
真面目にやっても損だよねー。」と、各チームのモチベーションが下がるリスクがあり、
どうやってバランスを取るかが難しいポイントです。

・・・てな具合に、プロスポーツ特有の経営トピックを取り上げる、
ちょっと変わりダネの授業です。個人的には興味深く、面白い授業でした。

② Managerial Decision Making (OPIM690)

学期の前半は、「行動経済学」の授業でした。
行動経済学とは、特に心理学的な側面から経済を分析する学問です。

例えば、
・同じ200円分の得でも、100円分の得を2回分けてもらった方がうれしい。
・1,000円の商品に対する100円の値引きよりも、次回使える100円券を好む人が多い。
・価格がA, B, Cと3種類の選択肢がある場合は、真ん中のBを選ぶ人が多い。

などなど。「ホンマでっか?」という胡散臭い話もありましたが、
こういった傾向を意識することで、プロモーションや商品開発に活かせるかもしれません。

後半は、データに基づいて経営の意思決定をするにあたり、
間違え易いポイントが色々あるから気をつけましょうねっていう話でした。

例えば、あるチラシの効果測定をする際に、チラシを見た人と見ていない人の売上を
比べても駄目ですよ、とか。チラシを見る人は、元々興味があるから見ているわけで、
純粋にチラシの効果だけで売上が高いとは言えないわけです。
(チラシが無くても、その人たちは沢山買うかもねってことです。)

所々「ふーん」「へぇー」って感じで、面白い授業でした。ひらめき電球

③ Pricing Strategy (MKTG754)

文字通り、プライシング(価格)戦略の授業です。
Price Sensitivity, Pricing Psychology, Non linear Pricing, Channel Pricing
といったプライシングに関わる基本トピックを学んでいきます。

講義の内容については、面白くない定量的な計算問題の比重が少し多めで、
定性的な部分でも新たな学びはあまり多くありませんでした。

一方で、グループ課題のレポートは、チームメンバーに恵まれたこともあり刺激的でした。
「プライシングに関わるトピックを何か選んで分析しなさい。」というお題なのですが、
うちのチームは最近流行の「ペニーオークション」を分析しました。

メンバーとのミーティングでは面白い議論が出来ましたし、チームとして作業の進め方も
効率的でした。結果としてアウトプットも満足の行くものとなり、大満足です!にひひ

④ Venture Capital and Entrepreneurial Management (MGMT804)

ベンチャーキャピタル(VC)に関する授業です。
VC投資にあたり、VCファンド/起業家双方の視点から、何が争点になるかを学びます。

例えば、VCファンドは大きな投資リターンを得たいので、安い株価で多くの株数を
保有したいのですが、起業家から見ると取り分が減ってしまうので面白くありません。

また、取締役の数や経営の意思決定についても、どの程度の権限をVCファンドが持つか
大きな交渉ポイントになります。

授業では、それらをケーススタディーをベースに学んでいき、最後はVCファンド側と
起業家側に分かれて交渉のロールプレイを行ないました。ロールプレイをすることで、
授業で学んだことを擬似的に経験することができ、大変勉強になりました。

但し、大変厳しい教授で、膨大な量の課題が出される上にテストまであります。
更に、授業中もコールドコールで生徒を詰めまくります。私もやられました。汗
というわけで、生徒からの評判は最悪ですが、残念ながら(?)最も学びの多かった
授業ではあります。

以上、今学期の振り返りでした。
気付けば、MBAも残すところたったの1学期!!ガーン。

最後だし、来学期こそは真面目に勉強しよう。。。目
AD

Zachのスピーチ

テーマ:
先日、同じラーニングチームメイトのZachが、自身のこれまでの人生を
振り返っての経験と学びを1時間程のプレゼンで共有してくれました。

「Whartonには、せっかく素晴らしいクラスメイトが沢山いるのだから、
授業だけじゃなくてクラスメイトからも学ぼう!」という企画の一環です。

彼のプレゼンが素晴らしかったので、忘れないように感じたことを記しておきます。


①人生を通じて成し遂げたいことって何?

Zachには「映画を通じて多くの人々に何かを伝えたい」という明確なビジョンがあります。
彼は、MBA前は映画プロダクションという異色のキャリアの持ち主です。

卒業後は一旦コンサル業界に進み、そこでの経験を長期的には映画ビジネスに活かそうと
考えているようです。

うーん、明確ですねー。合格

私の場合は、
 ・常に刺激的でチャレンジングな環境に身を置く
 ・将来的にキャリアの選択肢を幅広く持つ
ことを念頭にこれまでのキャリアを積んできましたが、So What?が無いというか、
結果として何を成し遂げたいかが無いわけです。ガクリ

・・・人生でやりたいことが見つかってるって素敵だねって話。


②「想い」があってこそ、人は動かされる。

上の話とも若干かぶりますが、やりたいことがあれば自ずと強い「想い」が生まれてきます。
Zachの話にもすごく彼の「想い」がこもっていて、感動しました。泣

これまた単純ですが、想いって大事だねって話。


人を引っ張っていくリーダーには必ず「ビジョン」があり、「想い」がある。
・・・どっちもねーなー、俺。
AD

卒業写真の撮影

テーマ:

さっき、卒業アルバムに載せる個人写真を撮影してきました。

もう卒業かー。。。しょぼん


そういえば、最近ツイッターを始めました。

ブログもツイッター風に短くつぶやいてみようかと。目


AD
えーと、最近ブログの更新がおざなりになってますが、
まぁ、毎日遊んでるだけなので、あまり書くことが無かったもので。。。

最近の活動内容は主に、

・ジョギング
・ゴルフ
・ボクシング
・Japan Clubのイベント企画
・WICSの準備
・その他クラブ活動(ワイン、料理)

ってな感じです。

そして昨日は、一大イベント「フィラデルフィアマラソン」がありました!日本代表

無謀にも未経験からフルマラソンにエントリーしたわけですが、
何とか完走、それと目標にしていた4時間半を切ることが出来ました!!(完走タイム4:26)グッド!

これまで10kmと走ったことの無かった私ですが、約2ヶ月に渡り週2~3日のペースで
ジョギングを続けたことで、大分走れるようになってきました。

人間、やれば出来るもんやなぁ~。ぼー

最後まで走り続けようと思い、35km地点ぐらいまでは得意の?気合と根性で頑張ったのですが、
最後の最後、ついに歩いてしまいました。ガクリ
この根性無し!!えぐえぐ。。。

ただ、沿道の見知らぬ皆様から頂いた応援は非常にうれしかったですし、
何よりもゴールした瞬間の達成感は、今までに味わったことの無いほどの爽快感でした!すーっ

マラソンも良いもんやなぁ~。ぼー

今日はすっかり筋肉痛というか、すじを痛めて殆ど歩けない状況ですが、
これに懲りず、日本に帰る前にもう1回は走りたいと思います。
今度こそ本当に走りきる「完走」を、そして4時間切りを目指したいと思います!!メラメラ

・・・えーと、よく聞かれますが、俺って何になりたいんでしたっけ???

↓一緒に走った日本人の仲間たちと。

マラソンに引き続きまして、今しか出来ないチャレンジシリーズ第2弾ということで、

ボクシングクラブに入会してみました。


ボクシングとはいえ、殴りあうわけではなく、ひたすら腕立て&腹筋&シャドー&サンドバッグ打ち

って感じで、どちらかといえばボクササイズみたいな感じかな??


でも、運動自体は相当ハードなので、良い体力づくりになってます。

マラソンにも役立つはず??


そして、せっかくやるからには一度はスパーリングに挑戦してみるかね。。。

アメリカ人をぶっ倒すぞー!!!ドンッ


・・・倒れるのは俺か!?ガクリ



↓マイグローブ♪
かまちゃんのWharton MBA留学ブログ


↓ジムの風景
かまちゃんのWharton MBA留学ブログ

かまちゃんのWharton MBA留学ブログ