Jさんブログ

さくらアカデミー(教材出版)、さくら福祉学院(ケアマネ講師、介護福祉士講師)

このブログはコピーしていいですよ。
必要な人に配ってくださいね.. J
NEW !
テーマ:
ちょっと変わった話かな、これは。

ブログをやっているひとを見るとね。

すこし気付くことがあって。

ノウハウとマインドのバランスが
取れてるひとと、そうでないひと。

けっこう分かれていて。

どっちが正しいというものではなく、
個性がその濃淡に出るんだよね。

ノウハウ色が強いとノウハウコレクターが
集まるところがあって。

試験対策でいうと勉強内容がノウハウね。

勉強法とか。

料理やっているひとのブログなら、
食材とか料理法とか。

こういうのがノウハウ。

そういうものはすごく参考になるけど、
括りとしてはやり方、方法で。

寄ってくるのは生徒さんだね。

一方で、マインドは生きかた、
考えかたで。

きょう、どこそこに行って、
こんなことをしました、とか。

それでこんなことを感じました、とか。

わたし、こう思うんです、とか。

ココロやアタマの中身だね。

これをたくさん伝えていると
ファンが集まるんだよね。

生徒さんとファン。

このバランス。

どちらか一方だけを発信してもいいし、
濃淡のバランスを見てもいい。

わたしはメールでは両方を話してるね。

問題と【Q&A】と【コラム】。

こういうのがバランスね。

一問一答メールは、入り口の部分で
とても間口が広いからね。

いろんなひとのニーズに答えられるよう
ノウハウとマインドが混ざっていて。

講師育成プログラムというのをやっていて、
そっちには毎日、デイリーマインドセット
というマインドに特化した音声を配信していて。

わたしの考えかた、生きかたをシェアする。

そういう構図があるんだよね。

いずれ、ノウハウとマインドの両方を求める
ようになってくると、生徒でもファンでもなく、
弟子や信者というところに人は移ってきて。

上に、上に来るんだよね。

自分との関係というのは、ピラミッド的に見ると
いちばん下に傍観者という人達がいて、その上に
お客さんというひとたちがいて。

その上にノウハウの生徒さん、マインドのファン、
というひとたちがそれぞれいて。

その上に弟子、信者と、こうくるわけだね。

ノウハウのみの発信だと、生徒さん止まりで。

マインドのみの発信だと、ファン止まりで。

ダブルで弟子や信者ができてくる。

こういう構図があって。

もしあなたがメッセージの発信側なら、
そういうところを見るといいね。

ちなみにわたしの近くにいるメンバーは、
全員がブログからのつながりで。

ブログは一問一答を入れていないから、
マインドのみだね。

マインドで寄せられたひとたち。

ここに何かが見えるといいね。

その何かになればと思って一例を話すと、
けんや君は元々、弟子にして下さいって
来たんだよね。

で、講師になった。

そして今は秘書をしてくれてて。

彼はノウハウを学びにきていないから、
蝶にもハチにも化けれる。

ただ蝶教室で集まったひとはハチ教室に
変わったら、辞めるよね。

逆も然り。

ここがむずかしいところだね。

ただ反対に、マインドで集まるということは
もともとノウハウが無いから。

けんや君は講師ノウハウは持ってないし、
秘書ノウハウも持ってない。

ここは一からなの。

だから、何が正解というはなしでは無く、
どう、その濃淡を見ていくか。

自分の性格やタイミングによって。

こういう目も持っているといいよ

J
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
*********************************************
質問:
Jさんのメールを楽しみにしています。

3●歳の女性です。

子供もほしいし3●歳までには結婚したいです。

スポーツサークルや飲み会に参加してるんですけど
彼氏ができません

たまに二年前別れた元彼のことを思い出し、
もし私から別れを言わなかったら
結婚してたのかな?って思ったりします

今彼氏がいないから思うのかもしれないですけど、
モヤモヤしてしまいます。

このモヤモヤは彼氏が出来るとなくなる気がします。

彼氏ができるコツを教えてください

ケアマネとは全然関係ない相談をすみません(><)

Jさんならこのモヤモヤの気持ちを解決してくれそうで
*********************************************

----------Original Message---------
Jです、

メールありがとう。

二年前別れた彼でモヤモヤするってのは
ちょっと健全ではないかもしれないな。

(笑)

若いんだし次、次っていかないと、
ブランク空きすぎるとリハビリが
ちょっとツラくなるよ。

(笑)

いいかい。

誰も怖くて教えてくれないような真実を
伝えるからね。

どうするかはあなたに任せる。

まずね。

小さいところからはじめるの。

講師のコツってのは、まずホワイトボードに書く、
次に5分しゃべる、その次、10分、って。

そうこうしてると1日しゃべれるようになる。

これをベビーステップというの。

で、ほとんどのひとがウマくいかないのはさ。

いきなりアダルトステップを踏むからなんだよ。

いきなり1日デビューしようとしたり。

いきなり結婚相手を見つけようとしたり。

いきなり良い彼氏を見つけようとしたり。

でもね。

そうじゃなくて。

ベビーステップを踏むんだよ。

誰でもいいから相手を見つける。

(笑)

で、スゴい気の毒ではあるんだけど、
そうするともっと良いのが見つかるから
そしたら次、また次、って。

繰り返すの。

そうすると気付いたらすんごい良いのが
見つかってたりするんだよ。

オッケーかい。

これは公開すると非難されるから
ホントは言いたくないの。

(笑)

でも、真実かもしれないよ。

わたしの幸せの礎となってくれと
手を合わせながら、古いひとには
サヨナラしていく。

これはこれでいっかと思ったところで
止まるから。

もっともっとを忘れずに。

(笑)

J
----------End Of Message----------

※このQ&Aコーナーはなるべくドキュメンタリーで
お伝えできればと思っているため、基本的には
校正をかけておりません。

もちろん匿名性は十分配慮しております。

ご理解いただけると嬉しいです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
人間ってさ。

誰しも向上欲というのを持っていると
おもうんだよね。

生まれながらに。

特に誰から教わったというわけでもないのに、
何故か、もっといろんなことを知りたいとか。

もっといろんな世界に行ってみたいとか。

もっともっと人として成長したいとか。

そういう欲を持っていると思うんだよね。

そういった欲が人類の進化・発展を支えてきた
っていう歴史があると思うんだよね。

時代を振り返ると。

だから、そういう目でもって見てみればさ。

向上欲っていうのは決して悪いものでは
ないんだよね。

素晴らしい面があるわけだよね。

ただね。

表があれば裏があって。

何でも反対の面があるわけだよね。

その向上欲がある故にウマくいくことがあるなら
ウマくいかないこともあるはずで。

向上欲がむしろ足を引っ張るなんてケースも、
あったりするわけだよね。

これをさ。

はじめから知ってればいいんだよね。

ただ、知らないとコロッとやられちゃうなんてことが
あったりするから。

試験も近いしね。

ちょっとこの話をしておいたほうがいいかな、って。

感じて。

あのね。

たとえばだけど、あなたが今年のケアマネ試験を
受けるとするよね。

それで合格に向けて、ある程度の勉強対策は
やってきたとするよね。

半年でもいいし、1年でもいいよ。

やってきたとするよね。

そのあなたがもし今、向上欲を持ってしまって
いるとしたらさ。

ちょっと危ないんだよね。

その向上欲がもっともっとというふうに
新しいものを求めるようになって。

知的好奇心から来る欲求にやられてさ。

もっと広く、もっと深く、って。

今以上の知識を広く深く求めるようになって。

新しいもの、新しいもの、って。

ただ人はそんなに多くのものは同時に
持てないからね。

スマホを持っているときはコーヒーは
机に置いとかなきゃだし。

コーヒー飲むときはスマホを置くし。

片手ではどっちかしか持てないよね。

知識も同じでさ。

新しいものを求めれば古いものが落ち、
古いものを持てば新しいものが落ち、って。

そうなってるんだよね。

で、肝心なことはさ。

試験対策に関していうとしたら、もっと広く、
もっと深くと求めたその新しいものってさ。

出ない、ということなんだよね。

もし半年の受験対策準備期間で一度も
目にしたこと無いモノを今日見たとして。

それ、試験に出ると思うかい?

…出ない可能性が高いよね。

もし半年の受験対策準備期間で5度も見て、
もう飽き飽きしてる問題を今日また見たとして。

それは試験に出ると思うかい?

…出る可能性が高いよね。

極論をいうと分かりやすいかな。

たとえば、わたしがいい例かもしれないね。

もしわたしが誰かのケアマネ受験対策セミナー
に参加してさ。

目を輝かせて聞いていたとしたら。

それっていいセミナーだと思うかい?

…ひょっとしたら違うかもしれないね。

わたしにとっていいセミナーってことは、
わたしの知的好奇心を満たしたってことで。

わたしの知らないことをたくさん教えてくれた、
ってことだよね。

それでわたしは大満足。

でもさ、ちょっと待って、って。

わたしはそのセミナーを受ける前でも
試験で満点かそれくらい取るんだよね。

だとしたらさ。

きょう学んだことって何?って。

試験にはまったく要らない知識って
ことになるよね。

それとは反対に、参加したわたしが
グーグー寝てるセミナーがあったとして。

それっていいセミナーかな?

ひょっとしたら、それは受験対策としては
いいセミナーかもしれないね。

自分で300回くらい話したことのある話を
その講師もしているとしたら。

わたしにとっては飽き飽きでつまんない。

だけど、受験対策としてはいいセミナーだね。

大事なとこだから、何度も言うわけで。

その繰り返しが点を伸ばすんだよね。

わたしが飽き飽きしちゃうセミナーこそ、
受験対策としてはいいセミナー。

ここにさ。

気付けるかな。

新しいことを求める知的好奇心は決して
ダメなものではないんだけどさ。

場面によっては足を引っ張るってことも
あったりするから。

すこし意識を持っておくといいね。

より広く広く、より深く深くって
知識欲に駆られるとさ。

大事なとこをストンストン、って。

落とし始めるなんてこともあるから。

勉強好きが故にそうなるなんてことも
よくあるからね。

もし、わたしもその気があるかななんて
思うとしたらさ。

ちょっと気をつけておくといいかもだね

J
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)