Jさんブログ

ケアマネ講師

このブログはコピーしていいですよ。
必要な人に配ってくださいね.. J

テーマ:
世界一の投資家でさ。

ウォーレン・バフェットさんってひとがいるの、
知ってるかな?

ウォーレン・バフェット。

世界の資産家ランキング1位、2位あたりを
何十年か、キープしてるひと。

日本円にするとどれくらいかな。

いま、8兆円くらいかな。

それくらい持ってるひとで。

その世界では有名、ってひとがいるんだよね。

で、その彼が持っている信念っていうのが
いくつか本とかで紹介されてて。

あまりにも彼自身が有名だから、よく取り上げ
られるんだよね。

格言、みたいな感じで。

その1つを紹介するとさ。

いや、言いたいやつのまえに彼の投資信条を
言おっか。

参考になるかも。

あのね。

第1条:損しないこと

第2条:前条を忘れないこと

第3条:借金をしないこと



面白いよね。

第2条は、第1条を忘れないことって
言っているところがミソで。

ここに真髄とも言えるものがあるんだろうね。

何を忘れてもそれだけは忘れるな、って。

勉強になるね。

で、きょう、わたしが話したいのはさ。

あれ?

なんだったっけ?

(笑)

余計なこと言ったから、忘れちゃったな。

えっとね。

う~ん。

マジで思い出せない。



いま、神戸の福祉センターにいるよ。

全国方々から仲間が集まってくれてて、
今からミーティングするの。

今後のことについて。

あ、そうそう、思い出した。

バフェットさんの信念。

あのね。

銘柄について、なんだけどね。

彼曰く、悪い銘柄が良い銘柄に変わることはない、
って。

そう言っていて。

ようは状態の悪い会社にどれだけテコ入れしても
その会社が良くなることはない、って。

だから、最初から良い会社を買うことが大事だ、って。

そう言っているんだよね。

いい会社は最初からいい会社、って。

まあ世界一の彼が言っていることだから、それだけで
信用にも値するわけだけどさ。

ただ、彼も当てずっぽうで言っているわけではなく。

何十年とやってきた結果、試行錯誤もあった結果、
たどり着いた信念なんだよね。

彼は長期投資家だから、すごく長い目で投資を見ていて。

20年以上、再建を目指してテコ入れした企業もあって。

でも、結局は最終的に損切りした。

その事業を売っ払った。

そういう過去もあったりして。

それで今は最初からいい会社しか買わないってことを
徹底しているわけだね。

これさ。

わたしたちの生活場面にも応用できることかな、って。

思うんだよね。

わたしたちって、どうしても、期待ってのをしてしまうよね。

人に対して。

それから、自分に対して。

こう変わらないかな、とか。

こうなったらいいな、とか。

そうやって期待しちゃう。

そういうところがあると思うんだよね。

でもさ。

多くの場合、それは淡い期待で終わるんだよね。

努力しても徒労に終わる。

会社にしろ、人間にしろさ。

基本的には変わらない。

これを理解できるかどうかなんだよね。

ただこれは諦めの話じゃないよ。

人って変わらないっていうとこだけ聞くと、
このまま諦めよう、みたいになるよね。

そうじゃないの。

わたしが言いたいのは。

人間は変わることはできる。

ただね。

それは今の延長で変わるんじゃなくて。

この瞬間にパシッと変わるってことなんだよ。

いま、パシッと変わる。

いい会社って、最初からいい。

悪い会社って、最初から悪い。

で、この悪い会社がいい会社に変わることはない。

たしかにその通り。

でもさ。

いま、悪い会社だとしてね。

諦めるわけにいかないじゃん。

だとしたらね。

いま、いい会社に変わるの。

徐々にじゃなくて。

いま、この時に。

で、そんなことってできるんですか?って、
できないよ。

会社だと。

いろんなしがらみがあるからね。

でもさ。

人間だとこれができるの。

悪い人間がいい人間に徐々に変わっていくことは
ない。

でも、この瞬間にパシッと変わることはできる。

そしたら、そのひとはいい人なんだよ。

そのときから。

これからはもっともっといい人になっていく。

これを覚えておくといいよ。

どんな分野にも言えることだけどさ。

成功者って、最初から成功者なの。

その分野において。

で、落伍者が努力して成功者になるって、ないよ。

ほとんどない。

その落伍者が落ちぶれたまま、心だけ成功者になると、
そのひとは本当に成功する。

この違い、ピンと来るかい?

ウォーレン・バフェットさんの言う通り、たしかに
会社においては変わらないかもしれない。

でも、人間は違う。

人間は、心を入れ替えることができる。

瞬時に生まれ変わることができる。

わたしはそう思ってるし、そう信じてる。

あなたも、もし変わりたいならさ。

今の延長で努力するの、よしたほうがいいかも。

それより生まれ変わってごらん。

そのなりたい自分に。

今。

そっからだよ。

そこから努力してごらん。

そしたら本当にそこに近づいていくから。

抽象的な話かもしれないけど、伝わると嬉しいね。

なりたい自分に今スイッチする。

一度イメージしてみるといいかもしれないね。

J
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事

テーマ:
*********************************************
質問:
初めまして。いつも楽しみに読ませていただいてます。

私は今シングルマザーで、3歳と1歳の子供がいます。

実家にお世話になっております。

元旦那とその不倫相手がストーカーのようになってます。

しかも不倫相手は、前科ありで現在刑務所におります。

元旦那→私と仲良くしたい

不倫相手→私と子供が邪魔

私→この2人と関わり合いたくない

実家も調べられて2回不倫相手の家族総出で来られました。

あと1年で刑務所から出て来ます。

そこで引っ越しを考えています。

他府県に考えてますが、両親も反対半分賛成半分です。

他府県に行くと保育園等、助けが出来なくなるからと。

このまま実家に甘えて居させてもらうべきか。

それとも逃げる用になりますが引っ越しするべきか…
*********************************************

----------Original Message---------
Jです、

相談ありがとう。

それは直感を信じるといいね。

あなたの守護霊さんがどうすべきかを
知っているからね。

こういうときは自分にしか分からない、
直感ってのがあるから。

それを信じること。

直感ってのは、理屈を超えているから、
アタマで考えちゃダメだよ。

人の意見を聞いてもダメ。

感覚が鈍るよ。

知らないとこに一時避難、ってこともあるしね。

永続じゃなくても、一時的によそに移って、
また実家に戻ってくる、ってこともあるよ。

二択じゃないからね。

あんまり重く考えると大変で直感が鈍るから、
もっと軽く考えることね。

そうすると自分が今取るべき行動がわかるよ。

一つ言えるのは、関わんないほうがいいことは
確かだよ。

元夫にも、不倫相手にも。

うまくやることだね。

ストレートに伝えることが聡明ともいえないから、
うまいことやる。

大人に。

なるべく避けるように、避けるように、ってしてたら
自然と遠のいていくとおもうよ。

1年くらいかけると。

おおごとにすると返って、望まない方向へ引っ張られる
ってこともあるからね。

スマートに対処していくといいね。

J
----------End Of Message----------
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
きょうは8時間運転したよ。

クルマ。

神戸と高知の往復で。

おつかれさまだね。

わたし。

途中、生まれも育ちも神戸の奥さんに
「神戸って何で神戸っていうんだっけ?」
って聞いたらさ。

あ、それは支部長が知ってるよ、って。

そのひとに聞けと言わんばかりで。

あんたは知らんのかい、って。

(笑)

そのあと、阪神って大阪の阪と神戸の神で
阪神なの?って聞いたら、わ!先生すごい!
って。

そんな言葉が返ってきて。

いやいやいや。

誰でも気づくでしょ。

(笑)

もいっちょ、「淡路って兵庫?」って聞いたら、
そうだよ、って返ってきて。

阪神淡路大震災の震源地だよ、ってドヤ顏でいうから、
いや、そりゃそうでしょうね、って。

だから、その名前なんでしょうね、って。

誰でも分かるっしょ、って。

そう答えたら、なぜか一人で爆笑してて。

それをバックミラー越しに見ながら、何とも
不思議なひとと結婚したもんだなあと。

しみしみ感じてたんだけどね。



まあ、それはいいんだけどさ。

あなたは写メって撮ることある?

写メ。

これ、撮るとさ。

いい写りのと、そうでもないのとあるよね。

これってさ。

撮るひとによる、っていうのは聞いたことあるかな?

撮られる側じゃなくて撮る側ね。

この撮る人との関係によって、写りが決まる、って。

好きな人とかが撮ってくれると綺麗だったりして。

嫌いな人だと、笑っててもどこかぎこちないとか。

そういうことがあるって、よく聞くんだよね。

実際、わたしもそれには同意見で。

インタビューなんかもさ。

話すわたしより、わたしに質問をするひと次第で
その話の良し悪しの程度が左右されたり。

そういうことがあるんだよね。

なんとなく、実感沸くかい?

で、これってさ。

人間関係も同じなんだよね。

たとえば、あなたという人がいる。

そしてあなたの嫌いなAさんがいて、あなたの好きな
Bさんがいる。

どう?

同じあなただよ。

だけどさ。

あなたの表情、あなたから出る言葉、あなたの態度。

すべて別人くらいに違わない?

同じあなたなのに。

きっと、経験あると思うんだよね。

これってさっきの写メやインタビュー同様さ。

相手で決まる、っていうことだよね。

あなたの状態は。

そして、それってさ。

相手にとっても同じってことになるよね。

相手もあなたを前にして、どんな顔をするか。

どんな心境がするか。

どんな態度を取るか。

これってあなた次第ってことになるよね。

いやーな感じになっちゃうのか。

温かい感じになるのか。

相手の問題だと思っていたけど、あれ?ひょっとして
その部分引き出してるの、わたし?って。

そういう気づきにもつながるよね。

この観点。

わたしも反省することがたくさんで。

わたしに愛がないとき、相手の愛を引き出せないし。

わたしに情熱がないとき、相手の情熱を引き出せないし。

反対に、わたしがネガティブだったりすると、相手の
ネガティブを引き出しちゃうしね。

これは本当に申し訳ないなって思うね。

相手を見て、うわ、やべ、って。

そう反省することがたくさんあるよ。

正直なとこ。

温かくて、また会いたくなっちゃう。

そんなひとになれたいいな、って。

感じるね。

愛の鏡にもなりたいし。

知の鏡にもなりたい。

情熱の鏡、なんてのもいいね。

Jさんに会うと、熱くなるんです、って。

(笑)

あなたは何の鏡かな?

え?

嫌味の鏡?

(笑)

冗談、冗談。

うん。

いい鏡になれるといいね。

お互いに。

J
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)