ライブ評-1【異国の丘】

テーマ:

siki

本当に久しぶりのミュージカル、久しぶりの劇団四季だった。四季劇場すら初めて足を踏み入れたのだから。数週間前に急に思い立ってチケットをとった。最近リアルな戦争モノをテレビや映画で観ていて、舞台はどうだろうと思って…。

ミュージカルをどうしても受け入れない人がいる。タモリとかさんまもたしかテレビでそう言っているように、踊って歌いながら台詞を言うことに、リアリティを感じられない、あるいは目の前で大げさに演じられても感情移入できないと…。確かに言いたいことはわかる気もする。私も今回席が前の方だったこともあり、役者の汗も見えたし、何よりも耳のそばにつけている小さなマイク(←多分)が気になって仕方なかった。

でもそれを凌ぐ迫力が舞台にはあるし、歌にこめられた想いは、台詞よりも感動を誘うこともある。


『異国の丘』  劇団四季 浅利慶太演出


これは実話をアレンジしている。東條英機の前の首相、近衛文麿の息子文隆の人生がベースになっている。原作もある。

文隆(役では九重秀隆)は、17歳からアメリカに留学し、その時代世の中は日中戦争の最中。ある工作員の策略で、中国高官の娘「愛玲」(これは役名)と出会い、恋に落ちる。その後、日中の和平を画策するが、結局失敗に終わり、最終的にシベリアに抑留され、ここで若くして人生を閉じる。

大雑把に言うと、彼の人生がかなりアレンジされ、ミュージカルとして描かれたのが「異国の丘」だ。ソ連にスパイになるよう強要されても、最後まで国を裏切る道を選ばなかった晩年の彼の選択が大きなテーマの一つになっている。

ミュージカルだからなのか、主人公であり実在の人物である九重のキャラからなのか、今ひとつ感情移入しきれなかった部分があった。やはり彼は戦時下の首相の息子という特別な身分であったわけだし、その時代にアメリカに気楽に留学して(実際の史実でも彼は留学時代は勉強をあまりしなかったらしい)、簡単に恋に落ちて(この辺はミュージカルの限界か…)ってところが、どうも最後まで腑に落ちない。何だか大した人ではないような気がしてしまう。

それよりもむしろ多くの名もない日本人が、太平洋戦争戦後長きにわたり、極寒の地で過酷な労働を強いられた事実、そこで多くの人が命を落とした事実の方が、心に刺さるものがある。

多くの日本の若い人は、昭和20年の終戦をもって、復興、平和への道を歩みだしたと思っているが、実際はその後も長きにわたり(ある意味今も)、戦争を引きずり、戦争によって過酷な人生を強いられた人が数多くいる。実際にシベリアの抑留者が最終的に引き上げたのも、戦後11年経った後ということ。

事実の重みが舞台という華やぎを押しつぶしている。そういう意味でミュージカルとして、100%満足な作品かというと疑問も残るが、多くの人にこうして歴史を伝えていくことは大切なことと思う。また、メインの楽曲ではちょっと目頭がうるっときたのも事実。

ただ、ステージが狭くて、ダンスが窮屈そうだった。ささいなことのようだが、こういうことが結構舞台の場合は、興ざめさせる原因になったりすることもある。ライブに感情移入するのは、結構難しい。

AD
白石 一文
私という運命について
白石一文という作家に出会ったのは、初めて。作品を読んだことがなかっただけでなく、名前も知らなかった。いまだに男か女かもわからない。この作品は1人の女性の29歳から40歳の“揺れる10年”を描いていると、帯に書いてあり、ちょうどもうすぐこの10年の終盤にさしかかろうとしている私はふと目が留まってしまった。作家や本との出会いなんてそんなものだ。
さてこの作家が男か女かだが、本当にいまだに知らないのだが、読後感で判断すると、この人は男だと思う。女性を描いているようなので、女性かな…と読むまでは思っていたが、読んでみるとどうも男の描いた女に思えて仕方がない。ただ、それだけ。女性だったら、ごめんなさい。でも「かずふみ」って読むとすれば、普通に考えても男性だよね…。

『私という運命について』  白石 一文 角川書店

この小説のストーリーをすごく簡単に言うと、冬木亜紀(←ちょっとふざけた名前)という女性の10年の物語。その10年を丹念に現実に起こった事件や事実とあわせて、時系列で追っているのだが、1区切りごとに出てくる年表みたいな事実表記(といっても、図表で出てくるのではなく、あくまで文章の中で記載)がちょっと鬱陶しくもある。変に物語までドキュメンタリーじゃないかと錯覚を持ってしまってまぎらわしい。

主人公は一流大学を卒業後、一流企業の総合職として働く東京のまあまあ裕福な中流家庭生まれの容姿端麗の女性。彼女を織り成す人の出会いと別れの物語なのだが、ドラマチックな出来事が次々起こるわりに単調に感じる。

彼女は出会いと別れを繰り返すなかで一応成長していくのだが、どこか他人任せ。本当にドラマチックなのは彼女の人生ではなくて、彼女の彼氏であったり、のちに結婚する男性であったり、弟であったり、義妹の人生で、彼女はただ、その人たちとの出会いと別れに流されつつ、結局運命だと受け入れているだけなのだ。これでは主人公に共感できない。単に運とタイミングの悪い女でしかない。

多分これはこの作家が女を主体として、女の人生を描くことにムリがあったのだと思う。だから単純に男だろうな…と思ったわけで、多分それは真実なのだろう。この主人公は男が描いた女。本当の女はもっとしたたかで、もっと自分を持っている。自分を持たない女もいるけれど、そういう人は主人公にはなりにくい。


*そのほかの白石一文作品↓

白石 一文

一瞬の光

白石 一文

不自由な心

白石 一文

僕のなかの壊れていない部分

AD