a r t + a c c e s s o r i e s

 

可愛らしさの中にある毒々しさ

不思議でどこかノスタルジック

まだ見たことのないネオアンティークな世界

 

 

 

HP http://kyokoumarchen.jimdo.com/



テーマ:

明日は今日より、

良い日になる。


優しくなる。感謝する。美しくなる。愛している。


そんな日になります。


だから、行動や心遣いや仕草は今日より改めて、

完璧主義じゃなくていいから、完了主義。





{EE923E62-657F-4C24-84DE-97C1C335A383}

乙女屋さんの窓辺。



おやすみなさい

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

貴婦人のドレスルームは無事に終了いたしました。


{755E27A0-C43C-448A-A398-ACEE1E5F0A9E}

{A39EC1CB-7BCD-4747-A6D9-C6393042C821}

{E4031F0C-421F-4896-85DE-BE1D193867DF}

{CFE89DAE-A68F-4F3A-814A-B7B90529D3D2}

{48ACA3FC-3583-41B5-B434-815EE34A7C45}

{043A4A8B-1F7D-4E57-A1F7-A555977565DD}

{C61B236D-D822-4A8A-98FC-BE0F3BC6B39A}

{96A5D3E9-6A3A-4AE7-A99F-B01A14699608}

{88D1281B-49C3-4F94-8B0D-ADBF9575FDC9}

{36667AF1-7267-46E1-B3A9-C4596A6BD221}

{B0D2DBFE-521E-4A73-A514-D8B35E88F52F}


大変ありがたいことに、ショール、ぬいぐるみはおかげさまで完売。新作はほぼ完売でした。

本当にありがとうございました。

通販へのアナウンスが全く出来ずに申し訳ありませんでした。

 

みなさま一人一人のご声援に励まされながらここまでやってこれました。

 

ちょうど一年前の同時期から始まり今回で三回目。

自ら状況を変えていかなくては次の景色は見ることができないだろうと感じ、今回を区切りのものとしましたが、すべてのことに意味がありました。


次に繋がる展示と作品たちでした。


空間が出来上がった時の興奮ったらね。毎日、あの空間にいることが本当に幸せでした。

感謝しかありません。


先に、これからの告知をしておきます。


来月また乙女屋さんに少し作品を数点お世話になる機会があり、Rittiさんに通常納品が3点あります。その後は10月のRittiさんの企画展。


オーダーが滞っています、お待ち頂きましてありがとうございます。

順次制作し、ご連絡させていただきます。

 


{9360BFE4-CE09-43AE-B9DC-4421672503B5}



この貴婦人が終わったら何か見えてくるのかな?


始まるまでそんなことを思いながら、あっという間の一週間。

 

これまでとは違う新しいビジョンが見えたとか、これからの方向性へのとくべつな変化に繋がったということはなく、ただ、自分の好きを信じぬくことの大切さをまた経験として重ねられた。とういう感じです。


とある方に言っていただけた、リアリティという言葉の意味。


どうしても芽生えてしまっていた、度を超えた憧れや、認められたいという気持ち。


誰かの理想のために生きてしまうこと。


あなたは、すごい。

あなたも、すごい。

あなたも、すごい。

わたしは、すごくない。


そんな下らない気持ちを持つな、と言われて持てなくなるようには出来ていないです。わたしの中から消えないものを無理に消そうとしたくない。そこには口出ししてほしくない。


そんな感じでちょっと心を閉ざしてしまった状態なのが、あのオブジェから見える部分でした。



{B06000AD-1597-43B2-B859-4FBC0571C095}


そして、ひらひらブローチをペイントで着色したのは、まるで叫びのような、どこか無骨な部分を貴婦人の世界に共存させたかったから。



ネガティブ思考とか、病んでるとか、なんかそういうことではなくて、自分の中にあるそういうネガティブな部分をスルーしてまでポジティブになることはできなくて。


そんな騙し騙しな、リアリティでないものは伝わらない。というか、それっぽいものを作るのは、心がしんどい。


貴婦人のドレスルームは、ショール屋さんになるための企画でも大西けいをブランド化させるためのものでもなく、そういう思いの部分を重視したもの。


虚構メルヘンから生まれたんだから、まぁそうよね。

と思うと、定例化されてしまいそうなペースでの開催は、やっぱり違うよね。



安心できる変化のない世界に居続けたいわけじゃはくて、いつもその先を目指したいし、わたしにはわたしだけの守りたい世界がある。


守り抜くためには、自分の色んな部分にきちんと向き合った上で、自分を信じて歩き続ける強さが必要です。


どこかでまた、そんな思いにも変化の時が訪れるかもしれません。



貴婦人のドレスルームは乙女屋さん以外の場所での開催は考えられません。

でもやめてしまうわけではないから、また成長した形で帰ってこれたらいいなと思います。


この夢のような期間のことを思い出すと泣けてくるなぁ。

幸せすぎました。


{F8165D04-ACCC-4F4F-959B-0485A8A9C569}




最後に、素晴らしい出会いもありました。


{DD270CE9-C7AD-47D6-8E5D-B9B76D631A45}


素直に生きていれば、ちゃんと次に繋がってるのかもしれないな。

{D8C5F5FA-CFBF-40E7-BF1B-B3EF4CFDAA34}



ありがとうございました。



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

FANTANIMA in KANSAIも無事に終幕し、5/3のFANTANIMAから駆け抜けてきたものが終わりました。

虚構メルヘンの作品に興味を持ってくださり、また、お迎えいただきまして、本当にありがとうございました。

審査から始まり、今年はずっとFANTANIMAしていました。無事に終了して、ちょっとホッとしています。


きちんとお礼も綴れないままですが、作品に昇華してお返しできればとおもいます。

さて、貴婦人のドレスルームのお知らせです。

{51BF3C6C-1BD3-4E67-9BA7-E07A832664B3}

{7B1898C5-55CF-4DF9-B7AE-6F7C7F53BBBB}


今回はショールが中心です。

夏の日よけやクーラー対策などに使いやすい薄手のリネンガーゼをメインに、とてもお気に入りの作品が揃います。


部分撮りオフショット。

{6DBC43CC-6BE8-4B76-8CB4-E0CDF056A7C1}

{875D0121-10C1-40AD-AB8A-FB0B25F79672}

{F5626C53-C083-4E1E-9585-4B2AF219C1E5}


フリル使いが多いです。
フリルのくちゃくちゃっと寄った感が大好き。だからギャザーもすき。

フリフリのガーリーロマンチック!!は、わたしは着こなせないけど、でもやっぱりフリル、リボン、レースはときめきます。

素材や質感、合わせ方が変わると、印象がまた変わり、こんな風に纏いたい!!という妄想が楽しい。

ひらひらブローチの新作もあります。
手間が前よりかかるためにほんのちょっと値上げしようかなと思っていたんですが、据え置きにします。(税込1404円)

毎回ちょっとずつ変えています。今回は染めではなく、塗りで色をつけました。
可愛いですよ!!

{BDF9B7CB-E627-4D5B-BF69-8784E1558400}



これから始まる夏を楽しく乗り切るためのアイテムを見にいらしてくださいね。








昨年の同時期から始まり、今回で3回目の貴婦人のドレスルームですが、今回で一旦区切りとなります。

理由はたくさんあるようで、本当にシンプル。
次に進むため、ということです。
本当に大好きで大切すぎる乙女屋さんでこれまで開催させていただけたからこそ、次に進もうと思えました。

その、次というのが何を示唆するのかはまだまだ未知ですが。。
見たことない景色が見たいという感じです。

自分に帰郷するという感覚をじわじわと感じながら、貴婦人シリーズを虚構メルヘンと分けて考えることに、え?なんでだったけ??と、考え直し始めました。

わたしが中途半端な住み分けみたいなことを数年続けていたせいで、
これは、虚構メルヘンですか?大西けいですか?と、聞かれることも多くなりました。

分けていた理由をまたいろいろ思い返してみて、
色々あるんですけど、

うーん、
わたしは「世界観」という言葉の意味を大幅に勘違いしていたんだなぁ。きっと。
本当に視野狭い…

すべてはわたしから生まれてきたものなので、正直どっちでもいいというか、虚構メルヘンの大西けいです〜というのが今の答え…そらそうやんな、というね。

〇〇作家、と自分を言い切ることもできず、小さな引っ掛かりがずっとあったここ数年。

この貴婦人がおわったら、何か見えてくるのかな?
正解のない世界なのに間違うこともあるけど、
今までもこうしてその時々で答えを出してきたんだ、だからきっと大丈夫。


虚構メルヘン・大西けいがつくり出す世界を自分の手で届けたい、というのが、わたしの活動の軸にあります。

なので、いつも在店や接客をするわけですが。。
今回も期間中ほぼ乙女屋さんに居ます。

気にいるものがないときは無理に買わなくて大丈夫です。提案はしますが押し売りはしません。

この感じ好きだけど、アイテム的に使わない…金銭的にきつい…今回気にいるのがない…でもなんか、ほしい…という方のためのひらひらブローチでもあるので、それを値上げするのはなんかちょっとちゃうなぁ…と、思い直しました。

乙女屋にいると、ひらひらブローチを着けている方をよく見かけて、勝手になんかちょっとでも届いてる感があって、本当に本当にうれしいんです。
ありがとうございます…!!


6/24〜7/2まで、火曜水曜がお休みです。
ぜひ、遊びにいらしてください!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

連日FANTANIMAへお越しいただきありがとうございます。

乙女屋でのFANTANIMAはついに明日がラストです。はやいですね。
わたしも行く予定です。
 
Ritti Bearさん企画 百職人展への出品作紹介。
 
「nostalgia」
 
{244A18A2-33F6-4029-BE37-B25180584B7B}
 
{75244BDE-BF7E-4254-B603-6D394B7AD7DC}
 
{11E8ED24-2E0B-46D8-A0E0-3D324B962D19}
 
{FB894E43-12A5-49D5-89EC-3FF287834894}
 
{D39F18CB-42D3-4EFF-AFEF-97FF9E39AF37}
 
{67181C5B-5526-4F7E-ABDE-677293C2EA05}
 
イベント詳細ページ
 
百職人展  100%職人技!
~cento per cento artigiano~
 
国内有名作家の特別な1点物を揃えました。
100%職人技だね!
様々な素材・手法で制作したテディベアやアニマルが集まります。
 
★ 開催期間
 
6月7日(水)~25日(日)
 
★ 応募期間
 
・ギャラリー応募
6月7日(水)~11日(日)11:00~18:00
 
・ホームページ応募
6月12日(月)13:00~ 25日(日)18:00 24時間受付
 
・店舗応募
6月17日(土)~25日(日)11:00~18:00
 
★ 販売方法
 
抽選販売 
 
ギャラリー・店舗及びホームページにて応募受付 
1作品に2名以上応募があった場合は抽選販売とします。
 
★ 結果発表
 
6月28日(水)11:00~18:00 営業時間内
 
★ 開催場所 
 
奈良水門町 五風舎 
〒630-8208 奈良市水門町45
TEL:0742-22-5514
(五風舎は、奈良東大寺の旧境内、大仏殿の近く戒壇院と依水園との中間の西側に位置し、
150年以上続く町屋で六畳三間続きの空間をそのまま展示スペースにしているギャラリーです)
 
・近鉄奈良駅から徒歩10分(市内循環バス2駅)
・JR奈良駅から市内循環バス-県庁東下車
・依水園を目指してお越し下さい。依水園と戒壇院の中間左側です。
 
★ 主催・お問い合せ
 
Ritti Bear( リッティ ベア )
〒531-0063 大阪市北区長柄東1-5-21-1403
tel/fax:06-6809-6820

 

 
 
 
nostalgia
素材はショートモヘアと胴体は綿。
首はダブルジョイントで、詰物が少なめの胴体と相まってくったりします。
サイズは25センチ。
会場が素晴らしいので奈良観光も兼ねてぜひお運びいただければと思います。遠方の方はネット応募も可能です。
 
 
ノスタルジアというと、先日のキミコさんの記事からの流れのようですが、この子の方が先にできあがっていました。
 
百職人展に出品するということの意味をもう一度考えた時、もっともっと自分の世界観と向き合う必要があると感じました。
 
 
わけもなく泣けたり、言葉にできない余韻が残ったり…
それが自分の中にある本当のこと。
それを深めていったときに見えてきたこと。
 
 
決定的なことや具体的な思い出なんかじゃなくてもいい、ただその空気だけで、胸が苦しくなるほど愛おしい。
 
そっと静かに、だけど優しく寄り添ってくれるもの、まなざし。
 
夕暮れ前の静かな部屋を見渡すと、静かに、静かに、大好きな子たちが座っている。
なぐさめてくれてるのかな。ただそのに"在る"だけで泣けてくる。
 
少しセンチメンタルになる空気感も、大丈夫だよって言ってくれているような素朴な安心感のあるまなざしも、自分を否定するものなんて何ひとつないこの空間で感じる言いようのないさみしさとあたたかさ。
 
 
{05FFA9C5-6F5E-416C-9478-FED61E700493}
 
 
キミコさんの記事でも書きましたが、nostalgiaとはギリシア語でnostos(帰郷)+algos(心の痛み)を基にして造った合成語です。
 
FANTANIMAの期間中、本当にいろんなこもを学び、再確認し、改めて突きつけられることも多くありました。
 
そんな中でもう一度自分を見つめ直してみたときに、あーきっとどんなに寄り道しても遠回りしても、わたしはここに帰るんやろうなぁ。と、思って辿り着いたのがnostalgia。
その思いを託して完成させました。

{3BA32EF2-6421-40DD-86E9-418A723D0A28}

 
そしてその流れからのキミコさんだったので余計にこみあげてくるものがあり、全部がここにある…、となって、あの記事を書いた、という余談です。
 
自分の作品からも、いろんな気づきをもらいます。一緒に成長しています。
ただボロいだけじゃない、ボロいから良いとか可愛いとかじゃない、それが世界観じゃない、、
作風なども大切ですが、結局は感じられる空気感こそが世界観なのではと、今は解釈しています。

{560F294E-31BC-4B8E-AA1A-FD47D29BA8FD}

{49651FBD-2FE6-4E02-9306-6D2A0B3BBB4A}

 
わたしのぬいぐるみは、どんな子であれ部屋の片隅が一番似合うんです。
わたしはそんなぬいぐるみに惹かれます。
 
百職人展で実物をご覧いただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 
{8CF5787D-2CE2-43B0-B726-59FEE29DEDC1}

 
 
◆出展情報・参加イベント◆
 
 
5/18〜
関西FANTANIMA!
アラビク&乙女屋
 
6/7〜11
Ritti Bear企画 百職人展
奈良
 
6/24〜7/2
乙女屋 貴婦人のドレスルーム
 
 
 
◆委託店舗◆
 
 
◆ホームページ◆
 
◆Facebook◆
 
◆Instagram◆


 
◆通販・オーダー等 お問い合わせ◆
k.kero79@gmail.com
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:





言葉にすることはおこがましくてできなかった。
わかります!!と、共感めいたことを言ってするする仲間に入ろうとする感覚がどうしても許せなかった。
媚びた仲間意識なんて生ぬるいことがゆるせないのは、ひとつひとつ、ものごとを見抜く全てが自分と違うことを実感していたから。
それでも、なにもわかっていないと思われたくないという気持ちも持っていた。どこかで主張はしてみたかった。

自分をつらぬくことは、真実であったと同時に本当に生きづらかった。
いつしか辛いという感情が勝るようになり、わたしは自我を手離した。
作ることも、装うことも辞め、世間の海を本当に上手に渡りながら生きてきたと思う。闘う乙女に出会うたび、まぶしくて胸が苦しかった。

花は枯れても根は腐ることなく、わたしは自分にかえっていく感覚を少しずつ取り戻すような日々。

わたしはそういう、自分の中にしかないノスタルジアに触れると、涙が出る。
空気が語りかけてくる。


作家を始めてからずっと、本当はアトリエショップがやりたかった。
たまに訪れてくれる人と楽しい時間を過ごして作品を見てもらえるような。
別に収入には繋がらなくてもいいから、なんて、夢物語のような優雅な話。
ただ静かにものづくりをしながら、新たに生まれてきてくれたものたちをそっと棚に乗せる、そしてまたわたしは作りはじめる。そんな場所に本当に憧れた。

アクセサリーだろうとぬいぐるみだろうとオブジェだろうとレースだろうと、なんでも良かった。

元を辿れば、自分だけの夢の国を作って、自分の死に場所を作ろうと思っていた。

死ぬことがこわくてたまらない。でも、だれかと一生を寄り添い合える自信もない。
だから好きなものに囲まれ、好きなことだけできる世界をつくってそこで静かにひとりで死のうとずっと思っていた。
第一発見者にとってはいい迷惑だなぁと思いながらも、諦めきれない夢物語のひとつです。

わたしはずっと他人の人生を生きてきた。
そんなかっこ悪いうすっぺらい自分が嫌いでたまらない。
せめて今を生きる自分を好きなるためにポジティブになる努力をしながら、そんな過去があるからわたしは作家になったのだと、奮い立たせてくれた過去の自分は、全て、愛おしい。


花は咲いている。
けど根も腐っていない。
だから泣いてしまうのかな。


自分をゆるすため、私生活、作家活動、色んなことを試みた。
おかげさまで、よく言うところの本当の自分というものがどれだかわからなくなるまでには、色んなことをやった。

気がついた頃には他人へのプライドばかり立派に成長していた。




わたしは基本的に絵画に興味がない。
違和感を楽しむような、ありものを合わせたコラージュの方がよっぽど好きだった。
顔、体、手足、全てが違っている。
あるはずのないものがそこにある。だけど怪しく調和する。
それは、わたしにとっては、流行りの「ダークファンタジー」「ダークメルヘン」なんて言われるものとは到底違う愉快さと爽快さがあった。

わたしを形成したものは、天使と人形とレースのみ。それ以外のものは、ぬいぐるみだろうとお花だろうとアンティークだろうとコラージュだろうと、絵画だろうと、全て後からついてきたもの。

だけど、わたしは涙がとまらなかった。
にこりともしない少女、孤独、弱さ、強さ、その全てがわたしのノスタルジア。
ノスタルジア、ノスタルジック、使い古された言葉だけれど、語源はギリシア語で帰郷と心の痛み。
だけどそれは、背を背けるものではなくわたしそのもの。

それを、痛いとか、黒歴史とか、病むとか、そんな言葉でしか表現できない人が本当にきらい。
病みかわいいなんて言葉は吐気がするけど、きっとそれはもう時代の変化なんだとおもう。SNSが人と繋がることの最短の手段ならば、そんな言葉やジャンルが確立されることを罵ることもできない。仕方ない。

ギリギリ昭和生まれのわたしですらおもう。時代は変わっていく。
時代の流れは、なんとか逆らうことは出来ても、変えることは絶対できない。
必死で趣味の合う人を探し文通していた時代はおわり、SNSやLINEはしていて当然の手段のように扱われ、わたし自身もお世話になったり苦しめられたりしている。

それでも根は腐らない。どんなに誤魔化しても、誤魔化しきれない場面でわたしは涙する。
きっとそれが自分にとって本当のことで、正しさなんてわからないけど、自分の解釈でのみ成立する真実を貫き通すこと、そしてわたしは作家なのだから、全てを通してそれを表現に変えること。
等身大の自分自身と向き合い、いい作品を作り続けていくこと。
誰のため?自分のために。
わたしにとってのいい作品。他人の人生を生きるのはもう終わりにしたい。


そんなことを半日中、ずっと思いながらうさぎ館にいた。

{7D049DA4-77BA-4692-8837-F9CB750B0B16}

お祝いの花(自分用)は4ひきのねこで仕入れ、ひとりワインで祝杯。



わかってた、でも夢見た、わかりたくなかったから
そう残し死んでいったあなた。

わたしはちゃんと自分自身と、逃げ続けてきた虚構メルヘンと向き合おうという覚悟ができたかな。

どうがんばっても、わたしの起源はそこにあるから、向き合う他に生きていける術がない。
大袈裟でも、なんでもない。


ここまで、虚構メルヘンを応援してくださっている皆さまには感謝しかありません。

あの頃と変わってしまったね、と、離れていってしまった方々の心を繋ぎ止めることは出来なかったし、必要性も特に感じませんでした。誰も悪くない。

それでも、わたしが虚構メルヘンに執着し続けているわけが、きょうの展示を見にきたことで、わかった気がしました。
{24B44F2C-0E59-41EF-9F3E-56C9E8D74FA1}

壮大なる前振りみたいになってしまいました。
お会いできて本当にうれしかったです。

知っている方、と、その場でだけの言葉だったとしてもいっていただけたこと、過ごせた時間は財産です。

結局、わたしは自分のことしか守れずに、人のことは二の次三の次で、連絡すら断ってしまいます。
矛盾もあったりするけれど、そんなわたしのことを気にかけていただけることへは、正直に申し訳なさと、でもそれ以上の感謝しかありまけん。


幸せです。ありがとうございました。

わたしのノートの日記にだけに留めておくか迷いましたが、書いておきたい自分の心に従おうと思いました。
わたしは元気すぎるほど元気です!

FANTANIMAも、まだまだつづきます、残りの会期もよろしくお願いいたします
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。