a r t + a c c e s s o r i e s

 

可愛らしさの中にある毒々しさ

不思議でどこかノスタルジック

まだ見たことのないネオアンティークな世界

 

 

 

HP http://kyokoumarchen.jimdo.com/



テーマ:
貴婦人のドレスルームへお越しくださいました皆さまありがとうございます。遠方からも、うれしいです。

会期は7/3までで、水曜日がお休み。
6/28・7/1以外は在店予定です。

お買い上げの際には商品お持ち帰りいただいているので、見たかったものがもう無い…ということがあると大変申し訳ないのですが、ご了承ください。

作品紹介していきたいと思います★
虚構メルヘンでの展開時から人気でしたネックレス。

すべて、リボンは取り外し可能で、本体裏側に3つブローチピンがついています。
バッグにつけたりワンピの裾につけたり首元にリボン無しですっきりつけたり、アレンジ自在です。


{679F8CB4-DD39-43FE-9EDC-FF74E13E0631}

{2D6132D7-CF47-4EE0-924F-B7314FCBB5BE}

{A60515DC-E9FA-4713-A95A-0542CCF29360}

{D9AD953C-BFCE-49FC-86DA-74C35B40A87E}


茶 × 白

{2FBA2B99-20B8-488A-9BAD-40256FE513C2}

{DA9588AA-479B-432F-B25A-24F384FEBCB2}

{6064F0B1-3111-454F-9B01-4BA24E804D6C}

{9F02DFB1-2D08-4F40-A4EA-3389E06571D5}

{6BA9C3A8-C742-443D-83B5-D418A0BFD2A3}



{E646E586-BD65-4DBD-84F1-1FBA5F3045EE}

{9914579D-0A61-4946-95BD-7F146188AF42}

{D0C128AA-FB96-4D17-BBCE-E49106DCD075}

{E5849311-C017-40C5-9C54-422ECE9922B3}

{A1EBCA17-04B7-40F4-8226-8455B4919F9E}


昨日載せた、ひらひらブローチとネックレスをデニムにつけるスタイル。
{E23F9433-88A4-444F-A420-2D54BB25E0BF}

これもおすすめです。

ブログコメント、Twitterリプライなどからも通販承ります。

貴婦人のドレスルーム at 乙女屋
6/24~7/3  13:30~19:00 水定休日
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
貴婦人のドレスルーム、6/24から、はじまりました。

{188EDB7E-7869-4762-8E46-E702E3744AFC}

{367B01DB-781B-404D-964E-4D35C167F1A7}

{18EEA56C-9C39-4E2B-821D-32B7A4F24381}



{15EDF4C1-47B8-40C7-8CAA-A9E57DB8FBDA}

{34D0DDBD-3F0D-4CD6-8393-5821292A7EE9}

とても素敵な空間が出来上がりました。
作品も少しずつ紹介していきます。

貴婦人のドレスルームというタイトルから連想されるのは、ゴージャスなドレスを纏った女性だったり、なんだかめかしこんだイメージがあるかな~と、おもいます。

とにかく洋服がすきで、とっかえひっかえに楽しむ派でしたので、洋服の数は本当に凄かったです。質より数。
衣替えごとに、何十袋もリサイクルに出したり譲ったり処分したり、そしてまた買う…

あれとこれを合わせたら可愛いんじゃ??と考え出すと止まらない。眠れなくなるほど楽しい。
雑誌のスナップに載れるようなオシャレさんじゃないけど、オシャレが好きです。


数あるアイテムの中でも、Tシャツとデニムはわたしにとって縁遠い存在でした。
何着か、持ってはいるんですが…
人が着こなしているのを見ると、オシャレだなぁ。と思うのに自分が着てみると地元のスーパーに行く感じ。いもくさい。体型のせい?泣

高いデニムを買えば安物とは何かが違うのかな??でも、デニム1本に何万円もかけるほどの勇気もない。
ていうかスカート、ワンピースのほうが圧倒的に好き…

なんだかお洋服に対してちょっとモヤモヤする時期があったとき、Antique L'armoire de TSUBAKIさんがブローチを重ねづけしていたのがあまりに可愛くって、真似するようになりました。

これとこれをこうして合わせたら可愛くない?!とキャーキャー盛り上がりながら新しい魅力を発見するたびにうれしい気持ちで、それは今でも続いています。

ブローチに出会って、洋服をとんと買わなくなりました。
手持ちのシンプルな洋服が、ブローチを日替わりで楽しむことで印象も変わる。クローゼットに眠っていた洋服が生き返ることもしばしば。

久しぶりにオシャレが楽しいなーと思えるようになり、この感覚は、わたしの中にある貴婦人のイメージにも近いなと、思いました。

お出かけするときに気合いを入れて、とことんめかしこむのはもちろん大好き。背筋が伸びるし歩いていて気持ちがいい。
ですが、Tシャツデニムに、ばさっとストール一枚羽織っただけで、同じようにテンションが上がるもの。

…ひとつの提案ですので、Tシャツとデニムにしか合わせてほしくないわけではないです笑
実際お客さまの大半は、それぞれが一番好きなファッションに上手に取り入れてくれていて、本当に魅力的です。

わたしもまだまだ、Tシャツとデニムは初心者です。
個々のアイテムの良さを目立たせたいと思ったとき洋服の余分なものを減らしていく。
その究極が、Tシャツとデニムなのかなーと。

ネックレスのアレンジ
{FDCD3B1B-9A42-4A08-95F2-74A0A88A4244}

{BAA55FBB-3111-48CD-BA10-C382563A009F}

{02C001A6-9B3F-4CF6-9614-988200B3BB29}

ワンピースと合わせておもいきりドレスアップするのも、Tシャツとデニムでカジュアルに合わせるのも、どっちも好き。気分屋です。
じゃあどっちも楽しみたいなぁ。

新しい発見をすると、下がり気味だったテンションが一気に上がります。
そういう出会いが、この貴婦人のドレスルームにもあれば何よりも嬉しい。

7/3までの期間限定です。
水曜日はお休み。13:30~19:00まで。

6/28・7/1以外は在廊しています。
お隣の乙女屋shopも営業です。

昨日は乙女屋shopにセラフィムさまのワンピース新入荷でにぎやかでした。


めっちゃ可愛かった…!!!試着をして悩まれているお客さまと一緒になってあーだこーだ考えるのは本当にたのしい!!

わたしも着たくなった♪( ´▽`)

貴婦人のドレスルームは、敷居が高い展示会ではないので、おしゃべりにだけでも是非、いらしてくださいね。
{853A99FB-7A9E-4508-B9F4-A52C0345D806}

{B9FC0282-A93D-4BBB-9EB5-552C6DA09AA3}


{3177BD60-7961-4874-9873-BC4E0D868C7A}

{4923B475-CD06-434D-8329-B88954E0677A}

もりおとタマネギさんもいるよー!!!


おまちしております★
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
襤褸は、ぼろ、らんる、と読みます。
春先に、ファッション美術館でもボロの美学という展示をしていました。

貴婦人シリーズの持つイメージと、少し離れたように思えるこの襤褸の世界との出会いは、貴婦人シリーズが虚構メルヘンの中だけにおさまりきらないという思いに至った大きなきっかけです。

襤褸で画像検索をすると、たくさんでてきます。
{620C37A4-7978-4FB5-82CB-6B3A228D33D2}

{DAEAEBED-048A-49F0-800B-7DB1A695BDCD}

襤褸は東北地方が発祥です。今のような使い捨てできるものなんて何もなかった時代、ハギレ一枚だってもったいなくて捨てられない。破れた箇所にハギレをあてがい、ちくちくちくちくとひたすら縫っていくことで、布は丈夫になり、布が重なることで防寒性もあがる。

それでもどうしようもなくなってしまったものは裂いて編んで新しい織物にする(裂織り)…
ものを大事にする気持ちと手仕事、偶然によって出来上がったものの芸術品とも呼べるような美しさに感動しました。

東京浅草にあるアミューズミュージアムでは、常設してあるようです。行きたいのですがまだいけておらず… 


いまは襤褸の特別展示もしているようです。


そこに、レースをあわせてみたとき、こんなに合うのか!と驚きました。
国は違えど、長い時間を経てきたものどうし、共通するものがあるのかな。

ぼろに限らず、古い軍もののテントや頭陀袋のようなもの、蚊帳、酒袋なんかも繊細なレースととてもよく合うんです。感覚的なものでしかないのですが…ときめきます。

ぼろについて、参考図書というか、お気に入りの本を置いているので、そちらもぜひお手にとって見ていただければうれしいです。
虚構メルヘンの感覚が好きな方とかはとくに、襤褸いいなぁ!って言ってくれるような気がするんですが…(o_o)


そして本日、日付的には昨日、搬入してきました。


{A5F6F0CF-5A65-4F12-A2C1-B30BE3A4C262}

{B65E8E82-27A9-4331-96AC-723666553C48}

{1EDAD6D0-8265-45F0-A0A4-3D748458F744}

{85099F9E-C070-4F8E-9607-9D08C5232C17}

貴婦人のドレスルーム、本日24日金曜日からです!

{C561A445-54B1-43C7-9FBE-D13D361CFF2F}

{7C62EEA1-63C0-42F9-8D69-F2E088741269}

かけあし更新で、申し訳ありません。

どうぞよろしくお願いいたします♪( ´▽`)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
6/24から乙女屋にて開催されます貴婦人のドレスルーム。
今回の展示に至った経緯や、今まで書くタイミングがなかったことなど、書いてみました。
全然うまくまとまりませんでしたが…
 

もともと虚構メルヘンの中で、布を重ねてできたアクセサリー…布ブレス、ティペット、バッグ、などのことを、
虚構メルヘンの世界に住む貴婦人のワードローブの一部
というイメージで、貴婦人のドレスルームとしてシリーズものにしていました。

アンティークが好きで、でも貴婦人シリーズの立ち上げ以前は美しすぎるアンティークレースたちにハサミを入れることもできず、仕入れ値のことや、もったいないとかで、自分で染めたり焦がしたりということをずっとしていました。
加工も含め作る過程を楽しみ、虚構メルヘンの味にしていました。

それがだんだんと、大好きだからこそ身につけられるようにしたい!という思いが生まれ、素材へのこだわりなども含めて差別化したいなという思いがあり、貴婦人シリーズというものを作ったのがはじまりです。

ただ、「アンティークだから、いい」という考えを持ったことはなく、全てをアンティークで固めてこそ!みたいな感覚もありません。アンティーク好きな方へ向けたシリーズでもありません。

たくさんの布やレースが重なっていき、ところどころにあるほころび、汚れややぶれさえも含めてひとつの世界観としていて、そこに一番マッチするのが、経年劣化をしたものたちでした。
自分自身がアンティークを好きになったのも、求めていたレースが経年劣化したもの、というのが始まりだったと思います。

なかなかうまく伝えることもできなかったし、結局、アンティークが好きなんだ!わかってくれ!と言うのに必死な感じがありました。
アンティークレース使用。アンティークパーツ使用。と、とにかく言っていた気がします。結果、アンティークだからいい、というように伝わっていたのではないかなあともおもいます。
そして、その中でもやっぱりどこかに虚構メルヘンらしさ、を残さなくては。という思いもあり、布を焦がしたりしていたのですが、作風や気持ちの変化とともに、あえて布を焦がすことの必要性を感じなくなり、そういった加工も自然としなくなりました。

イベントや個展を重ねながら虚構メルヘンの作品も変化していきました。
虚構メルヘンが変化していくというのは、わたし自身の変化でもあります。

ほんとうにいろんな経緯をへて、今でも何が正解なのかわからなく模索的な部分もたくさんあるけれど。。




虚構メルヘンの名前を出さず、本名の大西けいとしての活動にしたのは、虚構メルヘンにある物語性というか、非現実さや存在しない夢の世界というようなものではなく、もっとファッション的にカジュアルに楽しめるものを作りたい、と思ったからです。
今まで虚構メルヘンで作ってきたアクセサリーは、「アートアクセサリー」と謳っていただけあり、半分オブジェのような感覚がありました。

そうではなく、もっと日常のなかに気張らず取り入れられるもの。
目指したいのは、フリルやレースがついていても、夢かわいいでもファンシーでも森ガールでもロリータでも少女趣味でもない、もっともっとカジュアルに纏えるもの。
一点豪華主義で、あとは、無地のTシャツとデニムで良いような…。

大西けい という名をブランド化させたいという気持ちも今はなく、正直全てがまだわからない。ただ、自分の中にある、虚構メルヘンとも違うけれど大好きなもの。虚構メルヘンの中に、無理やり関連させてねじ込めたくないもの。

まだまだ、至らないところがたくさんあるけれど、虚構メルヘンとはまた違った展示と作品たちです。

{2834468F-7C22-40D2-BBF9-6C0E5A93A70D}

{479BE264-7FB4-4C66-8F53-1DA4A0467A0B}



6/24~7/3まで。
水曜日お休みで、13:30~19:00まで。
期間中、6/28と7/1以外は在店します。
場所はいつもお世話になっている乙女屋です。
憧れの、サロンでの展示です。
乙女屋ショップの方も開いています。


長い文章にお付き合いいただきありがとうございます。
これからどうなっていくか、まだまだ未知ですが、自分で作品どれもめっちゃ気に入っています。

6/24金曜日13:30からです。皆さまのお越しをこころよりお待ちしています!!

{DBEA1D9A-50EE-43B6-AD99-D4DB52945B23}

{3C882910-04A0-462D-A1EC-20CF3348B302}


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


FANTANIMA!2016 会期終了しました。


{75E0DBD7-2F0A-4E38-BC35-2D3FC8F20343}

たくさんのご支援をほんとうにありがとうございました!

こんなに楽しい時間を、出展作家として、また、スタッフとして携われたこと…心からうれしくおもいます。

あまりにも思い出写真が多いので、カメラロールをスクショしてみました。
まだまだあるんですが…笑


{B39102CD-9ECC-490A-BF1E-2702A384EC80}

{CE2D50C8-6AF9-48CC-9156-A1C49FE19F93}

{62E62448-D76F-4ADD-AA5B-F981E03BE6BD}

{1B3DB6B6-8F8F-486E-A112-8995B38DB6D2}

{EEBCF549-B32C-4546-8953-8EAF56BB109C}

{2A1A467E-6270-4D73-A08E-7AB59C7336D9}

{3A7F1F60-0D4A-47F4-9072-DB4A04FDC3E0}

{9E6A3D10-9B2F-4CBE-A336-984B3EF01E41}

{D518CAF9-216C-4A92-A3D9-14BA6C4DF965}

{C7022E81-FB8A-43AE-B8C6-50883AA3E298}

{A7630A82-A306-4CE2-9785-FEB2C32D08D8}

{F0D55806-4C2F-4937-A945-6E8ABB64FE55}

{E3A4AAA1-0845-45DC-A07A-63898AB0F431}

{6B0028CC-9A8C-43D2-809B-498547DEFC06}

わたしはカロさんのMr.Forest Guy(森男)をつれてかえりました。
大好きなアイアイは素晴らしいオーナー様の元のへ行ったので…そんなちょっぴり寂しいわたしの気持ちを癒してくれた森男!
会場で見たときはあんなに癒し系で可愛かったのに!おうちに来ると、ちょっと本性だしてきた感じです。さすがやわぁ、もりお。


FANTANIMA、本当に素敵なイベントだなと改めて思います。
虚構メルヘンのぬいぐるみたちも、たくさんおむかえいただき、たくさん遊んでもらいました。本当に本当にありがとうございました。
みんなとても楽しげで、生き生きしていて、イベント会場とも自宅ともちがう、見たことのない表情でした。

そんなぬいぐるみたちにつられて、わたし自身とても元気をもらい、何度も救われました。
寄り添うようにそばにいてくれる子や、悩みなんて笑い飛ばしてくれる子、一緒に泣いたり笑ったりが、本気でできました。

ぬいぐるみ、人形に対する概念などはもちろんですが、ものに対する見方、考え方、はたまた人との接し方など…思っていたより大きなスケールで、感情が動かされ、あたらしい世界へ導いてくれた気がします。


わたしは、ぬいぐるみや人形とおしゃべりができるんです、というようなメルヘンさは全くないので、自分に都合の良い気持ちをファニマ族(FANTANIMAに居たぬいぐるみたち)に代弁させたり押し付けているだけなのかもしれません。
しんどいときには、励ましてくれてるような気がするとか。それでいいんだよと認めてくれている気がするとか。

でも、そんなやり取りを通してみんなで笑いあったり次に進める元気をもらったり、幸せな連鎖が起こっていくこと、それはファニマ族、作家、スタッフ、お客様、みんな望んでいることなのではないのかなと思います。

いい大人が知らない者同士でぬいぐるみや人形を間に挟んでコミュニケーションを取る…独特の世界なのかもしれませんが、そこにいる人たちはみんな全力で、楽しんでいます。

自分の「好き!」に当てはまるファニマ族を見つけて、この子かわいいですねっていう一言から始まる連鎖があれば良いなと思って、
わたしの拙い発信から少しでもそのお手伝いができていれば、と、日々思っていました。
今年はなんとなく遠目で見ているだけで参加できなかったな。という方は、来年またFANTANIMA開催されるとと思うので、その時は一緒に楽しめたらいいなと思います。


FANTANIMAロスは続きますが笑、でも乙女屋FANTANIMAが終わった時の方がロスってたなぁ。
多分アラビクFANTANIMAを指をくわえて見ているのが寂しかったのだとおもいます。笑
今年のFANTANIMAがおわり、次また来年楽しみやー!!という気持ちに切り替わりました。

アラビクへマメに参加できなかったのは、次回イベントの作品製作のため…!

次は、またまた乙女屋さんにお世話になりますよー!

6/24から、貴婦人のドレスルーム。
お洋服のリメイクや、バッグ、ストールなどの服飾雑貨、アクセサリーなどなど、虚構メルヘンの中からうまれた貴婦人のドレスルームというシリーズもののみです。

貴婦人シリーズは、大西けい での活動です。紛らわしくて、すみません。
まだなかなかうまく説明できない部分もあるのですが、貴婦人シリーズを育てていく中で虚構メルヘンとはコンセプトが違ってきました。
このあたりのことはまたきちんとまとめて書けたらなと、おもいます。

とにもかくにもFANTANIMA、ありがとうございました!!!

またみんなに、会えますように…★

長々読んでくださりありがとうございました◎


※最後にこっそりと…デザフェス落選です!残念!!!


◆出展情報・参加イベント◆

・貴婦人のドレスルーム
6/24~7/3 乙女屋

・リッティベア企画展
★10月 Bramale ブラマーレ★
~素晴しい生き物たち~ 
日時:10月6日(木)~10日(月)
場所:神戸 三宮 GALLERY5 
参加作家:56名






◆通販・オーダー等 お問い合わせ◆
k.kero79@gmail.com



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。